今回のエミリア・ロマーニャGPはスプリント無し週間でした。ここからしばらくスプリント無しのGPが続きます。足し算が少なくなるから助かります(笑)

《第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選順位》
P.P.   フェルスタッペン 25pts
 2 ピアストリ    18pts
 3 ノリス      15pts
 4 ルクレール    12pts
 5 サインツ     10pts
 6 ラッセル          8pts
 7 角田裕毅       6pts
 8 ハミルトン      4pts
 9 リカルド       2pts
  10 ヒュルケンベルグ  1pt
  11 ペレス
  12 オコン
  13 ストロール
  14 アルボン
  15 ガスリー
  16 ボッタス
  17 周冠宇
  18 マグヌッセン
  19 アロンソ
  20    サージェント
Fast   フェルスタッペン   1pt

ポールポジションは、、誰でしたっけ。覚えていますか?!
FullSizeRender
IMG_3436
忘れるわけないですよね。いつもと同じですから。フェルスタッペン選手です!最速はこのポールポジションタイムでしたので、フルでポイントをお持ち帰り下さい。
IMG_3435
相変わらずの結果に、この企画自体退屈になってしまっていますが、微かな朗報というか、希望に感じられたのがこちらです。
FullSizeRender
マクラーレンのノリスがフェルスタッペンの0.091秒落ち。
FullSizeRender
相方ピアストリは0.074秒落ちまで迫っています。予選自慢の母国GPフェラーリを差し置いて、マクラーレンが2人でフェルスタッペンまで僅差。ドライバーの腕はもちろんのこと、マクラーレンのマシンポテンシャルに加えて、レッドブルはもう1人がどこかに行っちゃっていることを考えても、レッドブルとの差は確実に縮まりつつあるように思います。
IMG_3493
例えチャンピオンは防衛できても、ウカウカしていられないかもしれないぞ。
今回ポイントを得た10人のうち、2人で(予選)入賞したのはマクラーレン、フェラーリ、メルセデスとレーシングブルズ。
IMG_3424
角田はQ3進出が珍しくなくなってきましたが、今回はしっかりとリカルドも入りました。決勝は残念ながら角田が10位入賞ギリギリで、リカルドはこぼれたものの、追い抜き困難なサーキットにおいて予選から好位置を掴む。重要です!

IMG_3437
第7戦エミリア・ロマーニャGP予選で獲得したポイントを加算した結果はこうだー!

《予選ドライバーズポイントランキング》
 1 → フェルスタッペン 194pts
 2  ↑  ルクレール      98pts(-96pts)
 3  ↓  ペレス        97pts  (-1pt)
 4  ↑  ノリス           86pts(-11pts)
 5  ↓  サインツ       81pts  (-5pts)
 6  ↑  ピアストリ      70pts(-11pts)
 7  ↓  アロンソ       53pts(-17pts)
 8 → ラッセル       47pts  (-6pts)
 9 → ハミルトン      27pts(-20pts)
  10 → 角田裕毅      14pts(-13pts)

《予選コンストラクターズポイントランキング》
 1 → レッドブル     291pts
 2 → フェラーリ     179pts(-112pts)
 3 → マクラーレン    156pts  (-23pts)
 4 → メルセデス       74pts  (-82pts)
 5 → アストンマーティン   58pts  (-16pts)
 6 → レーシングブルズ    21pts  (-37pts)
 7 → ハース         6pts  (-15pts)
 8 → キックザウバー       1pt      (-5pts)
 -   ウィリアムズ         0pts
 -   アルピーヌ          0pts

ドライバーズランキングは2位〜7位が目まぐるしく変わっていますね。特に2位に浮上したルクレールから6位浮上のピアストリまでの5人は毎レースで入れ替われる位置関係にあります。1位はまあ、放っておいても1位でしょう。
コンストラクターズランキングに変動は無いものの、 2位フェラーリと3位マクラーレンの差は小さいです。予選自慢のフェラーリも「自慢できなくなる日」は近いかもしれません。

以下は「本来の」決勝のポイントランキング参考値になります。予選編のランキングと似た感じで進行しています。

参考《ドライバーズポイントランキング》
 1 → フェルスタッペン 161pts
 2  ↑  ルクレール       113pts(-48pts)
 3  ↓  ペレス      107pts  (-6pts)
 4 → ノリス         101pts  (-6pts)
 5 → サインツ          93pts  (-8pts)
 6 → ピアストリ      53pts(-40pts)
 7 → ラッセル       44pts  (-9pts)
 8  ↑  ハミルトン      35pts  (-9pts)
 9  ↓  アロンソ       33pts  (-2pts)
  10 → 角田裕毅         15pts(-18pts)

参考《コンストラクターズポイントランキング》
 1 → レッドブル     268pts
 2 → フェラーリ     212pts(-56pts)
 3 → マクラーレン    154pts(-58pts)
 4 → メルセデス       79pts(-75pts)
 5 → アストンマーティン   44pts(-35pts)
 6 → レーシングブルズ  20pts(-24pts)
 7 → ハース         7pts(-13pts)
 8 → アルピーヌ       1pts  (-6pts)
 -   ウィリアムズ       0pts
 -   キックザウバー      0pts

IMG_1084
miyabikunはマツモト市をあとにし、明日はトウキョウ都、明後日トチギ県ウツノミヤ市、土曜にはモナコー。カンコーじゃないよ、シゴトだよー。

モータースポーツランキング にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村