F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:GP

IMG_5153
予選は日本のファンはもちろんのこと、全世界に散らばるF1ファンの多くが待ち望んだフェルスタッペンの初ポールポジション獲得となりました。今までスタートダッシュや勢いあるパッシングに「フェルスタッペンらしさ」を感じました。ここのところ、スタートでしくじる姿も見かけます。スタートで決まるF1、抜き難いハンガロリンクですから、ポールスタートは果たしてどうなることでしょうか。
FullSizeRender
銀の矢2本が目掛けて飛んでくるぞ、ビビんなよー?(笑)

IMG_5155
フェルスタッペンのスタートは問題無し。イン側に寄せ2番手ボッタスを警戒して行く手を封じ込める。
IMG_5161
FullSizeRender
前がガラ空きになった3番手ハミルトンがアウト側に並ぶと、挟まれたボッタスは堪らずタイヤスモークを上げてハードブレーキング
IMG_5162
IMG_5157
続いてイン側に回られて、またもタイヤスモーク。早々にハミルトンに仕留められる。
IMG_5164
IMG_5158
挙げ句の果ては4番手スタートのルクレールにフロントウィングを踏まれて一気に4番手に後退してピットへ。まさに「踏まれたり蹴られたり」のボッタスのハンガリーGP、終了。ナサケナヒ。
IMG_5163

IMG_5174
抜けないハンガリーは早い段階で落ち着き、集団にまとまりつつありました。トップを死守するフェルスタッペンにハミルトンは離れることなく食らいついています。イヤですね、ピッタリとお尻にくっつかれるの。miyabikunは自動車レースではなく、学生時代の陸上競技や自転車競技にはなりますが、自分の真後ろでペースを真似っこされて走られてやり辛かった経験があります。追われるより追う方が楽なんですよね。
IMG_5176
IMG_5175
IMG_5177
いつまでもこんなことしているわけにもいかないので、26周目にフェルスタッペンからピットインし、ミディアムを捨て、ハードタイヤに履き替えてみることに。ハミルトンはトラック上にステイ。
FullSizeRender
まだフェルスタッペンに分がありますね。

FullSizeRender
ハミルトンは遅らせること6周、32周目に時間をたっぷりかけて同じくハードへチェンジ。フェルスタッペンの後方5.6秒ギャップでの復帰。
IMG_5182

IMG_5184
IMG_5185
ピットがダメなら自分で取り返すしかないと、さすがキング、ファステストラップですぐさまフェルスタッペンを捉えています。タイヤを替えたばかりとはいえ、2秒も早いラップで追いかけてしまうんだからメルセデスのマシン、いやハミルトンって本当にすごい。
FullSizeRender
FullSizeRender
揺さぶり開始!耐えられるか?!
IMG_5188
JV「心配かって?!ふん、全く問題ない」

攻撃が続くこと3周、39周目
IMG_5190
とうとう崩壊か?!
IMG_5193
ハミルトン根負け。やるなフェルスタッペン!

IMG_5197
抜けずのハミルトンは次の方策として、遥か後方を走るルクレールとのギャップを活かして急遽2ピットストップに変更、新しいタイヤで再度フェルスタッペン撃破に向かいます。本来ならココでフェルスタッペンもカバーしたいところでしたが、逆転を懸念してフェルスタッペンはステイ。ここがこのレースの分水嶺でしたね。
IMG_5198
ハミルトンは予定通りラスト3周でタイヤが果てたフェルスタッペンの尻尾を捕まえて
IMG_5199
一気にかわす。今回は防御する余裕もない。ただフェルスタッペンにとって救いだったのはファイナルラップまでほんの少し時間があったことと、3位に上がったベッテルまでのギャップはたっぷりあったこと。ファステストラップを獲得してハミルトンとの差をどうにか6点で抑えています。
IMG_5202
MV「今日は仕方ないよ。やれることはやった」

IMG_5203
《決勝結果》
   1 ハミルトン           (メルセデス・M)
   2 フェルスタッペン(レッドブル・H)
   3 ベッテル              (フェラーリ・F)

普段ポールトゥウィンが多い「退屈な決勝レース」になりがちなハミルトンですが、今回は打つ手無しの中、様々な環境がうまく作用し「早さと速さ」をもって勝利を手繰り寄せました。こういう勝ち方をしてくれると、ハミルトンの底力、速さを素直に讃えることができます。レースは盛り上がり、2人はヘトヘトに疲れたことでしょう。他のドライバーの走りがかき消されてしまうほどの内容だったと思います。

《ファステストラップ》
   フェルスタッペン(レッドブル・H)1分17秒103
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   フェルスタッペン(レッドブル・H)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ハミルトン           (メルセデス・M)

正式な投票はフェルスタッペンの手に渡りましたが、今回は文句無しのハミルトンに投じます。チームの判断、追い上げまでに要する時間、後方とのギャップ、全てが勝つために備わっていました。ハミルトンの走りに感服です。

《第12戦ハンガリーGPのポイント》
・今シーズンを象徴するトップのガチンコ対決
・王者の走り。前に立つ者は必ず仕留める
・ポールトゥウィンは俺の十八番
・ポールトゥウィンはボクの柄に合わない

IMG_5204
これで2019年シーズンも夏休みへ。束の間の休息でドライバーもスタッフもファンもリフレッシュして後半戦に備えましょう!
miyabikunはこの夏休み期間、何のネタやろうか模索中。。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クビカの応援旗が風にたなびいています。母国GPの無いクビカにとっては、ドイツに続いてハンガリーも隣国です。どうしようもないマシンもさることながら、新人からも遅れをとり、未だにおこぼれの1ポイントに止まっています。まさか最後尾が定位置になるとは。
IMG_5113
フリー走行で降った雨も上がり、予選はドライコンディションで迎えられています。ガチンコなスピード勝負がみられそうですね!

IMG_5116
今回はあまり期待できないフェラーリからタイムアタックに入ります。ルクレールがひとまずベッテルを上回り、
IMG_5118
メルセデスに代わってホンダ第4期の立役者フェルスタッペンが1分15秒台でねじ伏せていきます。フェルスタッペンとルクレールの同い年対決続く。
IMG_5119
ただそのルクレールは最終コーナーでテールスライドを喫して
IMG_5120
IMG_5121
リヤからウォールにヒット。今回はドライ路面なんだけど、タイムを上回られて動揺したのかな、結構ド派手にかましていますね。
IMG_5122
IMG_5123
Q1終盤で何とラッセルがギリギリ15番手通過ラインにいます。クビカは定位置ですから、完全に上回っていることを証明できています。
IMG_5124
おーすごい、暫定9番手!いよいよ頭角を表したか!ただーし、夢物語もここまで。走り込めば走り込むほど走行ラインは綺麗に掃除され、ラバーが乗り、ライバルも次々とタイム更新。まるで「椅子取りゲーム」のよう。
IMG_5126
惜しい!ラッセルは15番手に戻る。Q1を突破するようなことがあれば、誰がポールポジションを獲ろうともmiyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイに選定したかった。リカルドはペレスが目障りでQ1落ち。

IMG_5129
リヤウィング後端部がでろでろに壊れたルクレールはQ2に間に合い、事無きを得ました。上位はミディアムタイヤを選択。
IMG_5130
ここからメルセデスは本領発揮となります。ミディアムを履いてポールレコードを易々と更新し、Q1ソフトは何だったのと思わせる。メルセデスはこれがあるから信用ならない。見せつけ感タップリ。
IMG_5131
IMG_5133
トロ・ロッソも予選はこのあたりが定位置になりつつあります。ヒュルケンベルグもここまで。Q2落ち。今シーズンはやっぱり黄色よりオレンジかな。うん、そうしよう。

FullSizeRender
Q3はまだまだタイムが伸びますよー。キングが1分14秒台まであと一歩まで近付くと、ボッタスがそれを0.01秒上回ってきます。お久し振りです、ボッタスさん。
IMG_5137
フェラーリの脅威は所詮セクター1だけなので、ここはチャンス!フェルスタッペンが1人でメルセデス狩りに挑戦。
IMG_5138
1分14秒台に入れて、念願の暫定ポールに王手。ハンガリーでもファンのボルテージをアゲアゲにしていく。
IMG_5142
2本目はさらに削って1分14秒台中盤のラップでとどめを刺す!とうとうクソガキがポールポジションを獲りやがったー。miyabikunの思い描いていた「ノンポールチャンピオン誕生」の夢、脆くも潰える(笑)
IMG_5143
「やったやったー!」
IMG_5144
「ボクもやったやったー!」
IMG_5145
「うーうーうーうー」
この赤ちゃん用のチームTシャツが可愛い。みんなみんなでやったやったー。
IMG_5149

IMG_5148
《予選結果》
   1 フェルスタッペン(レッドブル・H) 1分14秒572
   2 ボッタス              (メルセデス・M)1分14秒590
   3 ハミルトン          (メルセデス・M)1分14秒769

《予想との答え合わせ》
6番手ガスリー、17番手ペレス、そして20番手クビカの3人正解。定位置ガスリーを除く三強全てを外してしまいました。頑なにフェルスタッペンのポールを拒んできたのが仇となりましたね。もう夢は潰えたから、今後は素直に予想してもいいので、少し肩のこわばりが無くなりました。不本意には思いつつ、毎回miyabikunの予想通りに応えてくれるクビカに感謝します。

IMG_5147
《Q3トップのフェルスタッペンとの差》 
    メルセデス(ボッタス)が0.02秒落ち
    フェラーリ(ルクレール)は0.5秒落ち
    レッドブル(ガスリー)が0.9秒落ち
    マクラーレン(ノリス)は1.2秒落ち
    ハース(グロージャン)が1.4秒落ち
    アルファロメオ(ライコネン)は1.5秒落ち
    ルノー(ヒュルケンベルグ)が2.0秒落ち
    トロ・ロッソ(クビアト)は2.1秒落ち
    ウィリアムズ(ラッセル)が2.5秒落ち
    レーシングポイント(ペレス)も2.5秒落ち

メルセデスをコースレコードを塗り替えて勝ち得たフェルスタッペンですが、どうしても比較対象となってしまうのはガスリーですね。1秒弱は本当に大きい。フェルスタッペンという怪物との比較はとてもプレッシャーだし、せっかく勝ち得たチャンスでドライバー生命を脅かすのも複雑な心境かもしれませんが、本当に踏ん張りどころだと思います。今一度冷静に、並走バトルではない予選で一発の速さをみせ、決勝でも賢明な走りで確実な上位フィニッシュを獲得してほしいです。
ウィリアムズが最下位でなくなりました。ハンガロリンクという特異なレイアウトに助けられた面もありますが、流れは大切ですし、クビカとの差も明確に示せていますのでこの「攻め姿勢」でめげずに頑張ってほしいですね!

FullSizeRender
《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》 
    フェルスタッペン(レッドブル)

さっきも書いたように、ラッセルがQ2に進むようなことがあれば悩んだのですが、やっぱりみんな待ち望んでいましたもんね!100人目のポールシッターおめでとう!ココから新たな「伝説」が始まるかもしれません。
同世代のライバルは優勝が先で今回ようやく初ポールを獲得しました。ポールポジションが先であとは優勝が待たれる。どうする、ルクレール?!

IMG_5139
《決勝の表彰台予想!》
   1 フェルスタッペン(レッドブル・H)
   2 ハミルトン           (メルセデス・M)
   3 ボッタス               (メルセデス・M)

前回ドイツGPと全く同じ予想にしました。ポールトゥウィンはフェルスタッペンらしくないんだけど、今シーズンの後半戦はフェルスタッペンに託すしかない。まだハミルトンまでは距離があるけど、今時点ならどうにもならない距離でもない。決勝が楽しみですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

8月に入り、ようやく日本も暑くなってきましたね。今年はジメジメとした梅雨が長かったせいか、身体が鈍っているというか、毎年のことなのになかなか慣れませんね。いい汗かいています。ハンガリーもこの時期は気温が高くなります。コクピット内はとても暑く、ドライバーにとってはさぞかし大変なことでしょう。我々はエアコンの効く涼しい部屋でアツいレースを期待しましょう(笑)
image
《ハンガリーGPの基本情報》
    ハンガロリンク
       全長           :4.381km×70周=計306.670km
       コーナー数:14箇所
       高低差       :34.7m
       DRS区間数:2箇所
       母国GP      :なし

《ハンガリーGPの個人的印象》
・直線が短く、パワーよりコーナー重視
・ポールからの優勝が多く、抜きにくい
・何気に初優勝者を多く輩出している
・近年はココで勝ってもその年は、昨年は打破

ヨーロッパラウンドと呼ばれる中では最も東欧に位置します(アゼルバイジャンをヨーロッパでなくアジア扱いすればなおさら)母国GPの無いフィンランドはココを「半母国扱い」するなんて言っていたこともありました。1人のフィンランド人は優勝できる位置にいるはずなのですが、ここのところパッとしなくなってしまいました。今の主役は完全に「赤い牛」のところ。またレース中にプイッと帰られてしまうぞ!
(先日DRS区間が1箇所減ったという記載をしましたが、勘違いでした。修正しています)

《過去5年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分35秒568
    2017年 ベッテル    (フェラーリ)
               1分16秒276
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
               1分19秒965
    2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分22秒020
    2014年 ロズベルグ(メルセデス)   
               1分22秒715

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ベッテル(レッドブル)
               1分16秒276(一周4.381km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
    6回 ハミルトン(2007,08★,12,13,15★,18★)
    3回 ベッテル    (2010★,11★,17)
    1回 ライコネン(2006)

いつものチャンピオン連中が名を連ねています。数からしてパワーバランスを象徴しているかのよう。最多6回のハミルトンとて、ココでは過去に様々な出来事がありましたよね。ハンガリーGPって地味っぽいけど掘り返すとネタも多い。

《過去5年の優勝者》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
    2017年 ベッテル    (フェラーリ)
    2016年 ハミルトン(メルセデス)
    2015年 ベッテル    (フェラーリ)
    2014年 リカルド    (レッドブル)

《現役歴代優勝者 回数》
    6回 ハミルトン(2007,09,12,13,16,18★)
    2回 ベッテル    (2015,17)
    1回 ライコネン(2005)
           リカルド   (2014)

ハンガロリンクはカレンダーの中でも比較的特異な方ということもあって、チャンピオン獲得にリンクしない結果が続いていました。ところが昨年ハミルトンが勝ち、そのままその年のチャンピオンを獲得したことで、その方程式が覆りました。今年は慣例に従って誰が勝っても大歓迎ですね!コバライネンやバトンのようなダークホースの初優勝いいですねー。今の初優勝が狙えそうなダークホース的存在といえば、、

《過去5回のファステストラップ獲得者》
    2018年 リカルド    (レッドブル)
    2017年 アロンソ    (マクラーレン)
    2016年 ライコネン(フェラーリ)
    2015年 リカルド    (レッドブル)
    2014年 ロズベルグ(メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
    4回 ライコネン(2005,07★,08,16)
    2回 ベッテル    (2010★,12★)
           リカルド   (2015,18)

6回の優勝を誇るキングの存在がみられません。ハンガロリンクは抜き難いサーキットの一つ。ポールポジションやスタートからトップを確保してしまえば、後は後ろや周りをみて走ればいい、そんな感じでしょうか。今シーズンはファステストラップにもポイントが付きますからね、侮れませんよ!

《使用されるタイヤコンパウンド》
    赤:コンパウンド4(C4)
    黄:コンパウンド3(C3)
    白:コンパウンド2(C2)

ココを終えれば夏休み。休みを気持ちよく迎えられるために、後味のいい予選、決勝にしたいですね。晴れても雨でもやり残しのないように。

《ハンガリーGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル             (ウィリアムズ)
 18.ストロール          (レーシングポイント)
 17.ペレス                 (レーシングポイント)
 16.アルボン              (トロ・ロッソ)
〜Q2〜
 15.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 14.クビアト             (トロ・ロッソ)
 13.グロージャン      (ハース)
 12.ノリス                 (マクラーレン)
 11.サインツ              (マクラーレン)
〜Q3〜
 10.マグヌッセン       (ハース)
   9.ライコネン          (アルファロメオ)
   8.リカルド              (ルノー)
   7.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   6.ガスリー              (レッドブル)
   5.ルクレール          (フェラーリ)
   4.ベッテル              (フェラーリ)
   3.ボッタス              (メルセデス)
   2.フェルスタッペン(レッドブル)
P.P.ハミルトン          (メルセデス)

2勝を挙げ波に乗るフェルスタッペン。ハンガロリンクももちろん期待していますが、ドSなmiyabikunは徹底的にポールポジションは与えません(笑)フェルスタッペンの持ち味は決勝で暴れてくれること。ポールポジションから勝つのではない新しいタイプのツワモノ、そちらの方が盛り上がるじゃないですか。一方で速さありきのフェラーリには期待できない。そもそも、今シーズンはもう期待できない。メルセデス打破にはレッドブル、もっと言えばフェルスタッペン以外に期待し辛い。あと期待外されまくりのルノー、ハンガロリンクならばもう少し戦えるか。ライコネンを上げるかどうかで迷いました。決勝になればね、黄色いのは勝手に潰れますから(笑)今シーズンはオレンジをみている方がよっぽど楽しめます。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_4203
大混戦の2007年の末、アロンソの2008年シーズンは隣を歩く1981年生まれ同い歳のコバライネンのシートとトレードしています。コバライネンからしたら、マクラーレンというトップチームへの移籍できたことで第9戦イギリスGPで初ポールポジション獲得に成功しました。一方、トップチームとしてはやや劣る古巣ルノーに復帰したアロンソは
IMG_4205
おいおい、さっきまで隣を仲良さそうに歩いていた人に対してなかなか失礼なこと言いますなぁ。アロンソらしい。実は惜しいことしたと思っているんじゃないの?!(笑)夏休み前の最終戦、2008年の第11戦ハンガリーGPです。
これまでの戦績は2年目に早くもリベンジを図るハミルトンが10戦4勝6表彰台、マッサが3勝6表彰台で続く一方、チャンピオンのライコネンが2勝5表彰台と劣勢となっています。ちなみにアロンソ様は0勝0表彰台であり、3年目の若手クビカの1勝4表彰台にも負けていまーす。

IMG_4206
抜き辛く高地低速が特徴のハンガロリンクから、フェラーリもとうとうエンジンカバー上部にシャークフィンを搭載してきました。またホーンウィング発祥の地であるマクラーレンは、BMWザウバーやホンダでも採用されているノーズ上の小さなホーンウィング(名称わからず)を搭載。この時代までは空力に対する付加物が山のように使われていましたね。
IMG_4208

IMG_4210
予選はトヨタのグロックが好調です。Q3の1本目で暫定ポールに躍り出ます。直後にハミルトンが上回りますが、2本目を前にピットからインフォメーションが入ります。
IMG_4213
「2本目は終了2分前に出発」
以前に振り返った前年2007年のハンガリーGPはある「チーム内抗争」がありました。張本人はもう同じチームにはいませんが、チームとしても苦い出来事。今回はミス無く遂行したいです。まず2分13秒前にコバライネンが出発。
IMG_4214
IMG_4215
そしてハミルトン、事なく1分59秒前に送り出す。
IMG_4216
コバライネンが暫定ハミルトンとクビカの間、2番手につけて
IMG_4217
ハミルトンはさらにタイムを削り、予定通りワンツー体制を確立。マッサも健闘しましたがマクラーレンの壁は厚く3番手止まり。スーパーアグリのF1撤退により独りぼっちの日本人となったウィリアムズの中嶋一貴はQ1落ちの17番手。
FullSizeRender
同郷のライコネンと歳も口調もよく似ている。フィンランド人らしい話し方。

《予選結果》
   1 L・ハミルトン    (マクラーレン・M)
   2 H・コバライネン(マクラーレン・M)
   3 F・マッサ           (フェラーリ・F)
   ※タイヤはブリヂストンのワンメイク

IMG_4219
予選後の記者会見でマッサが言い放った通り、マッサのスタートは強かった。出遅れたコバライネンを早々にかわしたマッサはハミルトンをも捕まえ、フルブレーキングでターン1へ。
IMG_4220
IMG_4221
マッサ2人抜きでトップへ。前に出てからもファステストラップを重ねて逃げていく。今年はボクの番、さすが強いと豪語したマッサ。
IMG_4223

前回振り返った「1994年ドイツGP」ではJ・フェルスタッペンの大火災が話題となりました。このレースも給油にまつわるアクシデントが続きました。31周目に1回目のピットに入ったトロ・ロッソのブルデー
IMG_4225
森脇氏が最悪と言い放つ泡消火器にて消火され、泡あわ。
IMG_4227
翌32周目の中嶋のピットでもノズルを抜いた瞬間にメラメラっと。
IMG_4229
さらに負けじと同一周回のホンダのバリチェロもメラメラ。バリチェロはミラーでしかとその様子を確認。皆事無きを得て一安心です。可燃性のものを扱っているわけだから起きてもおかしくはないんだけど、この辺の安全対策が確立されないと、将来の再給油復活は難しいですね。

IMG_4231
レースも折り返した40周目のトップ3の位置関係です。抜くも抜かれるもない等間隔でレースが進行しています。
IMG_4232
IMG_4234
言った矢先、2位走行ハミルトンの左フロントタイヤが白煙を出し始めて、コースアウト。
IMG_4236
サイドウォールのトレッド側に亀裂が入るパンクに見舞われます。ピットアウトして10位入賞圏外まで陥落、マッサにとってはこの上ない喜び。

マッサは44周目に2回目ピットを終え、残りもあと少し!しかし、残り3周、、
IMG_4242
突然白煙を上げる。
IMG_4243
マッサはこのレース確かに強かった。スタートダッシュでレースを完全掌握していました。しかしF2008に搭載されたTipo056が耐え切れず。

IMG_4245
ハミルトンが消え、マッサが消え、ライコネンはグロックを抜きあぐむ。となれば、スタートで順位を落としたあの方が地味に初優勝。

IMG_4247
トヨタも優勝したかのような盛り上がり。すごく喜んでますね!終盤はチャンピオンからの攻めも耐え抜きました。グロックにとって2位表彰台がF1最上位フィニッシュとなります。もう少し活躍する姿を見ていたかったなぁ。

《決勝結果》
   1 H・コバライネン(マクラーレン・M)
   2 T・グロック       (トヨタ・T)
   3 K・ライコネン   (フェラーリ・F)
   ※Tはトヨタエンジン

参戦2年目、28戦目で栄冠を手にしました。少数精鋭、物静かなフィンランド人が表彰台の中央で感情を露わにします。
IMG_4248
コバライネンの優勝はフィンランド人4人目です。3人目の先輩とシャンパンファイトの前にまず一杯!
IMG_4250
「誰かのワガママ」によって得たトップチームのシートが、コバライネンにとっていい方向に傾きました。これがコバライネンF1における唯一の優勝レース。初優勝って、見ているこちらも嬉しいですし、いい気分になれますね!
FullSizeRender
IMG_4252
こちらは、、見ている方も逆に辛い。勝って喜ぶ者もいれば、負けて泣く者もいる。これが、勝負の世界。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

毎年恒例となってきた夏休み前最後のハンガリーです。休みの前、土日休みの方なら金曜が一番嬉しいですよね。金曜夜は休みじゃないのに休みみたいに次の日を考えなくていいわけだし「花金」とは上手い例えをしたものです。F1関係者にとっても、夏休みを前にテンションが上がるGPなのでしょうか。テンションは上がっても、ウカれるな!ですね。

《サーキットの基本情報》
    ハンガロリンク
        全長           :4.381km×70周=計306.670km
        コーナー数:14箇所
        高低差       :34.7m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
一見「自動車」を連想できないハンガリーでも実に古くからGPが行われていますね。鈴鹿での日本GPの1年前となる1986年から一度も欠く事なく同じハンガロリンクで続いています。出身ドライバーも知る限りは2004年にミナルディをドライブしたZ・バウムガートナーただ1人。戦績は、、ソラでは思い出せません(笑)

レイアウトはいくつかの小変更を繰り返していますが、骨子は変わりません。短い周回の中にクセの無い綺麗なRを描く大小コーナーと程よい高低差を含んでいます。実は今まではmiyabikunこのサーキットがあまり面白く感じていませんでした。ただ歳を重ねるにつれて、そしてゲームを通じて「走っているとなかなか難しく奥が深い」ことに気付きました。あまり詳しくは説けませんが、コーナー自体は中腹部などでRが変化する箇所も少なく、実に綺麗な円弧をなしています。それが右へ行くか左へ行くか。Rが大きいか小さいかがクネクネ短い中に込められています。
IMG_4944
ターン1はこのサーキット最長のストレートをDRS開放で加速して進入するわけですから、速度も高く深めのブレーキングを要します。重要なのはブレーキングもさることながら「コーナーでの走行ラインと通過速度」がモノをいいます。
IMG_4945
どうエイペックスをナメるか、そして
IMG_4946
どのような体勢で出口に到達して加速に繋げるかでラップタイムに大きな影響を与えます。

miyabikunはこのゲームに限らず、レーシングゲームのコーナーについて外側、内側の縁石を使って「トラック幅いっぱい」で走るクセがあります。場所にもよるし、実際にドライブした事はないけど、縁石でブレーキによらない絶妙な減速や荷重移動を制御できた方がmiyabikunは走りやすい。ハンガロリンクの走り方は人それぞれ個性が表れるように思います。
IMG_4947
こちらはターン4,5ですね。進入する手前、
IMG_4948
ターン5のコーナリング時、
IMG_4949
出口はこんな感じ。スローイン・ファストアウトが好み。
IMG_4955
IMG_4956
ハンガロリンクは右回り(時計回り)です。そうなると当然ながら右コーナーが多くなるわけですが、ココは右にも左にもバランスよく大小コーナーが続くため、不思議と「右ばかり」の感覚には陥らない気がします。8の字を描く鈴鹿も同様ですね。
IMG_4958
IMG_4959
クネクネしている割に、DRS区間は2箇所あります。ただし、いずれも作動可能距離は短い。
IMG_4961

《2018年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分35秒658

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ベッテル(フェラーリ)
               1分16秒276(一周4.381km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
               1分12秒901

昨年は雨の影響により予選が進むにつれてタイムが落ちるという逆転現象が起きました。よって最速は2017年のベッテルが築いた1分16秒276となります。
一方でココでのmiyabikunは1分12秒901という「F0規格」のタイムを持っています。あり得ないでしょう(笑)これならば今年のポールタイムにも負けないでしょう。何で苦手だ面白みが無いだ言っているクセにこんなタイムなのか。実はこのゲームを始めた当初、ココと鈴鹿を使って練習しまくったためです。他のサーキットに比べて、各コーナーの舵角や走行ラインをある程度習得しました。もちろんショートカットやインチキはしていません(笑)
ちなみに1/21記事「1ヶ月やってみて」では1分06秒442という「Fマイナス1規格」クラスの最速を持っていました。さすがに非現実過ぎる。3月くらいのアプリアップデートの際、抹消されてしまいました。速く走れるのは嬉しいけど、あまりにも現実離れしてしまうのはゲームとはいえ、、望みません。

IMG_4966
それでは今回も始めましょう!
IMG_4968

IMG_4969
《miyabikun今回の走行タイム》
  2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
  1分10秒526   S1:25秒68 S2:24秒67 S3:19秒55

なかなかいいタイムが出たな。これならば2021年問題にも勝てそうだ!さあハミルトン、かかってこい!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ