F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:2020年

皆さん風邪をひいたりしたりしていませんか?!miyabikunは年末年始で風邪をひいてしまい、しばらく鼻水に鼻声と格闘をして、ようやく調子が戻ってきました。まだまだ寒い日が続きますから、身体を暖かくして予防に努めましょう。本当は開幕前の方がいいかなーと温めていたものを早くもこの時期に放出したいと思います。来る2020年シーズンは大きなレギュレーション変更やドライバー変更もなく、ドライバー、マシンとも正常進化のシーズンが予想されます。しかしそんな中、いくつかの「F1歴代記録更新」がみられるかもしれません。それらがどんなもので今どんな状態なのかをまとめてみました。カッコ内の数字はタイ記録ではなく「記録更新までの数字や期間」を記しました(毎度毎度、ちゃんと数えたつもりですが、間違えているものがあるかもしれませんので、そんな時は優しく教えて下さいね)

IMG_4090
《優勝回数》
 91勝 M・シューマッハ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 84勝 L・ハミルトン(-8勝)

ハミルトンは今まで後人未到とも思われたM・シューマッハの偉大な勝利数まであと7勝に迫りました。F1参戦以来「勝たない年がない」ハミルトンです。それだけでも大したモノですが近年を調べていくと、2014年は11勝、15年と16年が10勝、17年に9勝、18年と19年11勝しています。7勝で並び、8勝で上回る。悔しいけど余裕そうですね。これをやられた日には2020年のチャンピオンもハミルトンの手に渡ることになるだろうし、M・シューマッハの持つ7回チャンピオンにも並びます。これはもう「F1のため」にも誰か是が非でも抑えてもらうしかないですね。ハミルトンの作る記録もまた「F1」ではあるのだけど(笑)

《表彰台登壇数》
 155回 M・シューマッハ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 151回 L・ハミルトン(-5回)

こちらもM・シューマッハとハミルトンの一騎打ちです。8勝が容易くみえるのであれば、5回登壇くらいなんてこと無い。22戦もあればヨーロッパラウンドの早い段階で奪取できそうです。ちなみにM・シューマッハはこの登壇数を19シーズン要したのに対し、ハミルトンは14シーズン目で到達しようとしています。2人の時代と異なる点は言わずと知れた「年間レース数の増加」が助けになっています。M・シューマッハの登壇数も今のレース数があれば、もっとすごいことになっていそう。

IMG_0588
《決勝参戦数》
 322戦 R・バリチェロ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 312戦 K・ライコネン(-11戦)

この記録はキングよりもおっちゃんが断然有利です。他への浮気2年を挟んだ18シーズンで謙虚に、いや無骨に「鉄人の域」に達してきました。こちらは自身が途中で投げ出したりしない限り、初夏の第11戦オーストリアGPで確実に到達します。アルファロメオとの契約は今シーズンいっぱい。新レギュレーションにトライするのかはたまたラリーに復帰か。本人全く気にしていないであろう「新鉄人」の去就が気になります。老いようが衰えようが、実績と人気は抜群。実は「俺は今後F1に乗らないと一言も言っていない」なんて、新レギュレーション到来も内心めちゃくちゃ楽しみにしていたりしてね(笑)

《入賞回数》
 221回 M・シューマッハ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 213回 K・ライコネン(-9回)
 213回 L・ハミルトン(-9回)

入賞回数も更新の可能性を秘めています。ターゲットはやはりM・シューマッハ、チャレンジャーは変わらず2007年にガチンコやり合ったこの2人です。更新の可能性は絶対的にハミルトンが有利ですが、一応年功序列で敬意を表しました。ガチンコやり合ったとはいえ、2年の浮気があるとはいえ、2001年と2007年デビューの差を埋めてくるキングはとんでもないヤツですね。現役2人が同時にこの記録に立ち向かう一方、現役第3位、歴代第5位に位置するベッテルは195回と18回の差があります。本来ならば3人並んでもいいはずですが、並びませんでしたね。ちゃんはヤンチャだから(笑)

《完走回数》
 254回 F・アロンソ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 251回 K・ライコネン(-4回)

これ、シューマッハじゃないんですよ。もちろんバリチェロでもありません。最多は耐久も悪路も何でもござれ、オールジャンルチャレンジャーのアロンソ様が持っておられます。それを歳上の同期が2年遅れで到達します。アロンソは1年留年、ライコネンは2年間浮気をしました。ライコネンは現時点でアロンソより1年長く走って近似ということは、結果的に2人の完走率も似たり寄ったりということ。付かず離れずの2人がフェラーリで一瞬チームメイトになった時は驚きましたよね。アレをもってしても今以上の無残な戦績でした。今となれば、笑い話かな。

《ハットトリック回数》
 22回 M・シューマッハ
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 15回 L・ハミルトン(-8回)

優勝と共に願わくはあまり期待したくない記録も更新に手が届く位置にはあります。ハットトリックはサッカーでよく聞く単語だと思います。F1の場合は「1GPでポールポジション、優勝、ファステストラップの3つ全てを獲得する」ことを意味します。ハミルトンならまんざらでもなさそうでしょう?!いいんですよ、獲らなくても。獲らないでいてくれる方が、F1は盛り上がりますよー?!このハットトリックの上にはテニスで耳にする「グランドスラム」というのがF1にもあります。ハットトリックに加えて「ピットストップを含め、決勝で一度もトップを譲らないで走り切る」というとんでもないやつです。最多はクラークの8回でハミルトンは現時点で6回となっています。あと3回でこちらも最多となりますが、話題自体があまりにハミルトンハミルトンし過ぎるし、滅多に出せるものでもないのでオマケ扱いとしました。

《ポールポジション獲得最年少》
 21歳 S・ベッテル
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 20歳 L・ノリス(2020年最終戦まで)

ベッテルは1987年7月3日生まれで、最年少ポールポジション記録は2008年9月13日の第14戦イタリアGPで記録しました。21歳と72日で記録。つまり21歳2ヶ月くらいまでにポールポジションを獲得しないと、ちゃんベッテルの記録は更新できません。今シーズンでまだ20歳でいられるのは1999年11月13日生まれの現役最年少ノリスちゃんのみ権利があります。ベッテルとノリスって、ちょうど一回りの歳の差なんですね。ベッテルも歳とったなぁ。ちゃんは卒業しないとですね(笑)ノリスは2020年11月28日予定の最終戦アブダビGPまでそのチャンスがあるということ。あと22回チャンスがあります。上り調子のマクラーレン&ノリスは果たしてその「一度しか獲れない貴重な記録」の更新なるでしょうか。10年以上経過したこの記録もそろそろ更新を期待したいですね。

FullSizeRender
《ドライバーズチャンピオン獲得最年少》
 23歳 S・ベッテル
  - - - - - - - - - - - - - - - -
 22歳 M・フェルスタッペン(2020年最終戦まで)
 22歳 C・ルクレール      (2020年最終戦まで)
 21歳 G・ラッセル       (2020年最終戦まで)
 21歳 L・ストロール       (2021年最終戦まで)
 20歳 L・ノリス      (2022年最終戦まで)

ベッテルの最年少ドライバーズチャンピオン記録は2010年11月14日に行われた最終戦アブダビGPでしたので、23歳と134日目となります。ざっくりみて「23歳4ヶ月半」まで。獲れそう獲れなさそうに関係なく「記録上可能な者」となると、対象は5人に絞られます。さらにその5人も少しずつ誕生日が異なるので、様々な「制限時間」と共に対象者は減っていきます。まず一番制限時間が少ないのは、5人の中で比較的獲得する可能性の高い9月生まれのフェルスタッペンと10月生まれルクレールの1997年生まれ組。2人とも23歳4ヶ月半に到達するのは2021年になってからですが、正月早々にGPもなければチャンピオンも決定するわけもないため、チャンスは今シーズンの1年だけ。あと可哀想なのが1998年でも2月生まれで、6月にチャンピオンが決まるわけがないので実質上記2人と同じタイミングとなる「秘めたる原石」ラッセルもチャンスはあと1年です。あとは新レギュレーションで開花するのか、まだF1に乗れているのかのストロールはあと2シーズンのチャンスがあり、最年少ノリス君はその頃マクラーレンドライバーかどうかもわからない3シーズン先までチャンスを有しています。

今回はドライバーにまつわる記録をクローズアップしました。コンストラクターとしては2000年台前半を席巻したフェラーリ6連覇を上回る「メルセデス7連覇」という末恐ろしい記録もかかっています。といった具合で大型レギュレーション変更前の「変化の小さな」2020年ではありますが、我々はこれらの新記録を目の当たりにできるかもしれません。そんなシーズン開幕まであと2ヶ月!
FullSizeRender

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1229
明けましておめでとうございます。今年も初日の出を見てきました。少し遅刻したかなと思ったら、東側に厚い雲があったため少しだけ時間稼ぎができました。元旦から早起きすると気持ちいいし一日が長く感じます(笑)

今シーズン2020年のF1は昨年より1戦多い最多となる全22戦で行われ、新たにベトナムGPと久々復活のオランダGPが加わります。オランダの盛り上がりはいよいよ最高潮に達することでしょう。何かあった時に暴動など起きないか心配もありますが。また、ドライバーはウィリアムズから新たにラティフィが加わり、大人気のオコンはルノーから復帰します。ウィリアムズもルノーももう一段高い位置でレースできるようになるといいですね!他は大幅なレギュレーション変更はありませんので、勢力図に大きな影響は出ないかもしれませんが、ドライバーの経験値や質は昨年にも増して上がり、高い精度がモノをいうようになりそうですね。

2020年は日本でオリンピックも予定されていますので、いつもとは違う「スポーツへの盛り上がり」をみせてくれると思います。昨年のライコネンに続いてmiyabikunも今年「人生の大きな節目」を迎える年でもあります。あまり難しいことやニュースなど最新のネタや技術について詳しく解説は出来ないけど、いつもと似たようなリズムに似たようなコンセプトでつらつらとF1にまつわる何かを書いていければいいなと考えています。ご愛顧のほど今年もよろしくお願いします。
miyabikun


そういえば年末に横浜駅でこんな広告を見かけました。
IMG_0995
miyabikun愛用のキャリバーの新作かな。ちゃんと仕事していますなーフェルスタッペンくん。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0631
昨年発表されたベトナムに続いて2020年に新たな開催地が復活しますね。フェルスタッペンの活躍にわくオランダGP。スタンドはオレンジ一色に染まることでしょう。舞台は昨年夏休み明け頃に「今はなきGPとサーキット ヨーロッパ編①」でも取り上げたザントフォールトサーキットです。そちらも引用しながら改めて予習しておきましょう。

《オランダGPの基本情報》(以前の転記)
    ザントフォールト
        所在地 :北ホラント州ザントフォールト
        F1開催 :1952,53,55,58〜71,73〜85(30回)
      一周距離:4.193km(1952,53,55,58〜71)
                        4.226km(1973〜79)
                        4.252km(1980〜85)
      初代優勝:A・アスカリ(フェラーリ)
      最多優勝:J・クラーク(4回)
      最多P.P. :R・アルヌー(3回)
      最速P.P. :1分17秒420 J・イクス(1971)
                        1分15秒461 R・アルヌー(1979)
                        1分11秒074 N・ピケ(1985)
      最多F.L. :J・クラーク(5回)
      最速F.L. :1分19秒230 J・イクス(1970)
                        1分19秒438 G・ヴィルヌーブ(1979)
                        1分16秒538 A・プロスト(1985)
     2020距離:4.307km× - 周=計 - km(71周?)
   コーナー数:14箇所
       高低差   : - m
     最高速度  : - km/h
   DRS区間数: - 箇所(2箇所くらいか?)

ご存知の通り、今まで30回コンスタントに開催され、この度35年の時を経てF1カレンダーに組み込まれることになりました。その頃からはコースレイアウトの半分近くが変更されました(旧レイアウトは今回割愛します。以前の記事を参照下さい)
IMG_0628
大都市アムステルダムからも近く、スキポール空港からさほど離れていません。東京駅からの行き方は、まず、、いや、それは将来のためにとっておこう(笑)海がとても近いのでいいロケーションではありますが、浜風を受けそうですね。
IMG_0704
全長は4.3kmとかなり短い部類になります。ただまだ数字を追えていませんが、高低差はまあまあありそう。昨年下書きをしたものがこちら。
IMG_0702
市街地サーキットではなく専用サーキットなのでトレースは楽です。コーナー名は一旦削除しました。近年増えた味気ない「ターン◯」ではなく、有名な「ターザン」をはじめ、企業名などを冠したちゃんとしたコーナー名が続きます。これぞオールドサーキットのいいところ!ただし、幅員が狭い!
IMG_0640
IMG_0641

ちょっとした紹介ビデオも公開されて、サーキット俯瞰が観れたりもしますが、ポイントで見ると、どこか見覚えがあるような、ないような。
IMG_0633
これとかも。似ていませんか?
IMG_0634
鈴鹿?!似ている。確か鈴鹿サーキットの基本設計はホンダ社員の塩崎定夫が行い、詳細設計はオランダ人技術者ジョン・フーゲンホルツが行いました。フーゲンホルツは1949年からこのザントフォールトサーキットの支配人をしていたそうです(ただし設計者ではない)鈴鹿サーキットは1961年にこちらは設計、翌1962年に完成していますので、いわば「鈴鹿サーキットの兄貴分」という。似ているわけだ。鈴鹿といえばホンダ、ホンダといえばレッドブル、レッドブルといえばフェルスタッペン、フェルスタッペンといえばオランダ、オランダといえばザントフォールト、ザントフォールトといえばフーゲンホルツ、フーゲンホルツといえば鈴鹿。おお、繋がった!無理矢理なようで実は「日本に縁のある地」ということですね。サーキット縮尺ネタのお決まり「兄弟サーキットの揃い踏み」です。
IMG_0705
並べるとスケール感がまず違うし、近い形はいくつかあるけど、この兄弟そう似ていないな(笑)フーゲンホルツについては他にもいくつか手がけたサーキットがあるので、今後改めて取り上げてみたいと思います。

IMG_2080
新たな地が追加されるのはワクワクしますね!あとは「新GPが追加される=どこが無くなる?」問題がわいてきます。ベトナムとオランダが追加されることは明らかになりました。どこも無くならないのであれば、2020年は全23戦。どこか危ういところ2〜3箇所入れ替わりになり、年間20戦くらいになるのでしょうか。ドライバー情報やマシン情報もさることながら、開催地情報も非常に気になるところです。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

近年は運営や開催することも危ぶまれているGPがいくつかあります。その反面、F1を誘致したい国やサーキットもチラホラ見られ、面白いものです。新たなサーキットがカレンダーに入ることはある程度予想や噂があったものの、新興国は当分ないんだろうななんて思っていた矢先、先日F1自体が初めて開催される国の発表がありましたね。もう皆さんももうご存知「ベトナムGP」です。タイは噂があったのにまさかのベトナムは意表を突かれた感じ。まだサーキットは整備されていませんし、開催は2020年とまだ少し先ですが、わかる限りの範囲で下見してみましょう。
FullSizeRender

IMG_5772
ベトナムは日本からも近いアジアの国。先日行われたシンガポールや昨年限りで消滅したマレーシアよりも日本に近い位置となります。フォーやパクチーなどに代表される料理は得意不得意が分かれるところですが、物価が安く観光などで日本も交流が多くあります。行かれたことある方も多いでしょう。ちなみにmiyabikunベトナム料理はそう苦手というわけではなく、たまーに食べたくなります。ただ実際に渡航したことはありません。
IMG_5771
ベトナムはホーチミンという地名はよく耳にすると思います。首都は中国にも近い北部の都市ハノイで、F1はその市街地で行われます。緯度的には香港と同じくらいの位置にあります。まあ細かなウンチクは開催される直前くらいまでとっておきましょう(それまでこのブログが続いていれば、、、)
IMG_5769
ハノイは首都だけあってなかなか立派な街です。都心の東側に国立競技場があり、周辺の一部手付かずの空き地があるココを整備してサーキットが開設されるそうです。公式発表があったサーキットを参考に、最近暇を持て余すようになったミヤビマン・ティルケに依頼、地図に落とし込んでもらいました。

IMG_5774
こんな感じだそうです。あくまでイメージから察した、まだ不確定な部分もあるものの、スケール感や要所は押さえられたかなと思っている、と申しております(笑)

IMG_5830
《ベトナムGPの基本情報》(仮)
    ハノイ市街地
        全長           :5.565km× - 周=計 - km(55周?)
        コーナー数:22箇所
        高低差        : - m(見る限りあまりなさそう)
        最高速度    :335km/h
        DRS区間数: - 箇所(一般的な2,3箇所?)

FullSizeRender
空き地の部分にピットやコントロールタワーが建設されるようです。正しく土地の有効活用ですね。既存の大通りとロータリー交差点を使って漢字の「上」というよりかは「人」みたいな三又で反時計回りのレイアウト。監修はミヤビマン、、いや本家のヘルマン・ティルケとのこと。またか!
FullSizeRender
長いストレートにクルリと回るコーナーはティルケらしい感じがしますね。新設されるエリアはアメリカのCOTAと同様に世界の名物コーナーのオマージュのようですね。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
確かに終盤セクションはmiyabikunも大好き鈴鹿の複合S字に似ている。やっぱりココ面白いもん、ミヤビマン・ティルケも選んでいたし。
FullSizeRender

FullSizeRender
高低差やDRS区間長なども含め、ディテールがわかりませんが、わかり次第コースレイアウトに盛り込んでいきたいと思います。

最後に皆さんお馴染みの鈴鹿サーキットと北上同縮尺の想定で並べてみました。
IMG_5775
スケール感は似たような感じですが、既存の通りを目一杯使ったストレートの長さに圧倒されてしまいますね。まだ2020年のレースカレンダーのどのあたりに組み込まれるかも明らかにはなっていませんが、この年ならばまだ日本GPも開催されるはずですので、中国と連ねる春開催なのか、シンガポールや日本などの秋開催かも注目ですね!くれぐれも日本GPの「体育の日」は外れませんように。集客面でもmiyabikunのような中年以降のサラリーマンファンにとっても、それ、重要なことですから。

近くて安いベトナムなら、近い将来に生観戦できそうな気がします。ストレートじゃつまらないから、観るならロータリー区間の進入あたりかな。
https://youtu.be/z7CvkGNtHTs
https://youtu.be/Z8vGfM9BZsU

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ