F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:2012年

前回のフェラーリF10と同様に、他にはない美と工夫を凝らすも、こちらもやっぱり「上昇気流に乗ったレッドブル」の影に隠れてしまった一つである2012年型「マクラーレンMP4-27」をみていきます。戦績だけでみれば、普段のチャンピオンクラスのマシンといえると思います。

《設計》
パディ・ロウ
ティム・ゴス

《外見》
設計は後に常勝チームとなるメルセデス、そして現在はウィリアムズでテクニカルオフィサーの座に就くパディ・ロウが携わりました。
この時代のマシンは一貫して「ノーズに段差があってダサい」シルエットになりましたよね。強いレッドブルも名門フェラーリも例外ではありませんでした。しかし、マクラーレンは違う!
ノーズに段差がある「ステップドノーズ」ではありません。美しいではありませんか!この年以外もマクラーレンにはあの滑稽で醜い段差は一貫して設けないでレギュレーションやクラッシュテストをクリアしています。それはマシン転倒時の安全上「ノーズ先端の高さは車体底部から550mm、モノコック前段の高さは625mm」というレギュレーションに対して、ベース車となっている前年のMP4-26時代からモノコック自体が低く設定されていたため、急激な変更も要しませんでした。
序盤のノーズは緩やかに下方に垂れた形状、
改良型は前方に薄く伸びた形状となっています。カラーリングからして、メタリックアヒル、いや薄い刃物のよう。

またこの年から「エキゾースト・ブローイング(ブロウン・ディフューザー)禁止」に伴い、マクラーレンは新たに「コアンダ・エキゾースト」なるものを開発してきました。コアンダ現象とは「流体(空気)が壁(車体)の曲線などに沿う」動きをすることで、航空機で用いる物理現象の一つです。例えば容器から水をこぼす時に真下にこぼれず、容器に沿い伝って少し流れちゃうアレです。高速、高圧のエキゾーストをエンジンカバーのカーブに伝せて、それを一定の方向を狙うことでトラクション向上を期待します。マクラーレンはサイドポンツーン後方の絞りの中腹にコブを設け、溝から排出しています。メタリックな質感も助けになってかディテールが「航空機にある便器」を連想します。
カラーリングはマクラーレンお決まりのピカピカのシルバーメッキに赤のボーダフォン。ラインナップでひときわ目立つこの色も2006年から7年目ともなるとだいぶ見慣れてきました。
《エンジン》
メルセデス・ベンツFO108Z
V型8気筒・バンク角90度
排気量:2,398cc(推定)
最高回転数:18,000rpm(制限)
最大馬力: - 馬力(非公開)
スパークプラグ:NGK
燃料・潤滑油:モービル

《シャシー》
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量:640kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量: - ℓ
ブレーキキャリパー:曙ブレーキ
ホイール:エンケイ
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド
タイヤ:ピレリ

《ドライバー》
No.3 ジェンソン・バトン(全戦)
No.4 ルイス・ハミルトン(全戦)
《戦績》
378ポイント コンストラクター3位
(1位7回、2位3回、3位3回、4位3回ほか)
ポールポジション8回

ドライバーは2008年チャンピオンのハミルトンと翌2009年チャンピオンのバトンの2人で臨む3年目となります。チャンピオン獲得から少し間がありますが、以降はベッテルが2回連続で獲得していることもあって、ベッテルに次ぐ新しめのチャンピオン2人ではあります。このマシンだけでなく、前年の2011年もMP4-26で全19戦中6勝してもバトンが大きく離された2位、コンステラクターも大敗の2位。2人をもってしても、ベッテル&レッドブル&ニューウェイには敵わない、厚く重厚な壁でした。
2011年シーズンの弱点であった予選はだいぶ改善されました。ハミルトンが開幕から2戦連続で獲得し、序盤はバトンの開幕戦優勝とハミルトンも表彰台を堅持しています。ところが第5戦スペインGPでのハミルトンの「ポール除外」あたりから急激に調子を崩し、ハミルトンは入賞圏内フィニッシュするも、バトンは入賞に程遠い順位が続きました。
改良を施した中盤の第10戦ドイツGPでバトンが久々の2位表彰台を皮切りに第11戦ハンガリーGPがハミルトン、第12戦ベルギーGPはバトン、第13戦イタリアGPでハミルトンが優勝し、第14戦シンガポールはバトンが2位と4戦連続となるポールポジション獲得で息を吹き返しましたと思われました。しかし時既に遅し、終盤の2戦で優勝を飾るも、序盤の足踏みと中盤の追い上げはチームメイトどちらか一方に起きるという大量得点には及ばず、チャンピオンチームのレッドブルと同数となる7勝、また表彰台数13で上回るもフェラーリに抜かれたコンストラクター3位で終えてしまいました。

全20戦で優勝者8人、チャンピオン経験者6人を揃えて混戦したシーズンをバックマーカーの処理やピットでのもたつきなど「あと一歩の詰めの甘さ」で失ったマクラーレンとこのマシン。普段ならチャンピオンクラスの内容でも「切れ味」という意味では山あり谷ありで歴代のマクラーレンのチャンピオンマシンには及びませんでした。徐々にチームへの不満を露わにしたハミルトンはこの年を最後に初めてチームを移籍し、熟成し始めたメルセデスに上手く鞍替え。チャンピオン2人体制に終止符を打つ形で若手のペレスやマグヌッセンを起用する流れに移行することとなります。なお、名門マクラーレンとして優勝は現在に至るまでこのマシンによる最終戦ブラジルGPが最後、間も無く5年経とうとしています。

皆さんはお盆休み満喫できましたか?!とうとうmiyabikunの夏休みも今日で終わり。計画していた愛知まで900km日帰り弾丸ドライブもやらず終いで近所のスーパー銭湯に行けたくらい。F1より先に仕事始めだトホホ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

早くも今シーズン第2戦は最初で最期の「奇跡の優勝」となった2012年スペインGPです。かなり最近なのに、その後「メルセデスフィーバー」があるためか、こんな事があったのを忘れてしまいます。ので思い出します。F1でこんな顔いましたっけ?!この顔だとなかなかイケメンにも見える。

フェラーリで第2戦マレーシアGPを制したアロンソの地元スペイン。第4戦まで終えて優勝者は4人と禁止されたエキゾースト・ブローイングの影響がモロに出たのか「レッドブル主役」ではないこの時期に地元からチャンピオン争いにどう繋いでいけるかが見どころです。

Q1はまだ優勝のないマクラーレンのハミルトンがトップ。しかしQ2になるとアロンソでもベッテルでもなく「マシン名はだけは一流」の第2期ウィリアムズ・ルノーをドライブするマルドナドが頭角を表します。えーい、そうならばとハミルトンの策は「軽々タンク」アタックでした。確かにQ3で再びトップに立ったのはハミルトン。しかし予選後はパルクフェルメで燃料計測を行うルールがありながらも、インラップで停止しマシンを戻す事が出来なかった事で予選終了4時間後に結果除外。ポールポジションはQ3で2番手を獲得したマルドナドが勢いをそのままに獲得しています。この予想だにしないクラッシャーのポール獲得でこの決勝も何かがあるかもしれない。


《予選結果》
      L・ハミルトン(マクラーレン・M)※
   1 P・マルドナド(ウィリアムズ・R)
   2 F・アロンソ(フェラーリ・F)
   3 R・グロージャン(ロータス・R)
      ※予選結果除外、最後尾24番手スタート
ハミルトンは24位で何とか出走許可。ハミルトンがこの位置って珍しいですよね。それにしてもこの顔ぶれ、名前を消してF1知らん人に見せたら「国際◯◯◯◯」のリストと間違えたりしないかな?(笑)ラスト2人が特にアヤしい。。


ハミルトンは後ろ。ちゃんとポールポジションになってますよ、大丈夫!マルドナドも◯◯◯◯に見えないこともないが。。ポールが取れても、F1はスタートが肝心!
初のポールでやや焦ったかマルドナド。よたよたスタートして地元のチャンピオンをインに追いやれど、、あーやっぱりそうなるわな。隣はアロンソですよ、あのマルドナドとはいえビビります。
クラッシャー友達で3番手に繰り上がったグロージャンもチャンピオン経験者のライコネンにスタートで諭されてしまいます。この時のグロージャンは暴れん坊だけど、今より好位置にはつけていました。このままハースでいいのかなぁ。。

ひと通り1回目ピットを終えた12周目に18年振りの組み合わせを再現したウィリアムズ・ルノーを駆るA・セナ改めB・セナはグロージャンとクラッシャー。グロージャンのフロントウィング翼端板が吹き飛んでいます。
その直後に復帰したシューマッハがまたセナと18年振りに1コーナーで絡む。
首を振りお得意のステアリングを投げて怒っていますが、オカマした方がシューマッハで次戦にペナルティが下りました。18年前とでは目と手と足の反応に差があるのかもしれないなと再認識させられる接触でした。両者終了。

差は縮まりつつトップがアロンソ、2位がマルドナドと変わらないまま24周目にマルドナドから2回目のピットを行います。もしやコヤツ、、
アロンソは2周遅れで反応してピットに。トラックに復帰すると、まだ2回目ピットしていないライコネンを先頭に3位に陥落。ということはマルドナドが前に!先に動いたマルドナドがファステストラップを築きアンダーカット成功です。やるじゃないか!

タイヤに優しいがウリのロータスのライコネンは完全にマルドナドの行く手を阻み始めました。最後まではもたないだろうにペースがイマイチにもかかわらず粘ります。結果マルドナドの背後にファステストラップで追うアロンソの影が。負けるな、マケルナド!
ノロノロのライコネン、猛攻のアロンソの2人のチャンピオンから賢く勝ち抜いたマルドナドが記念すべき初優勝!

《決勝結果》
1 P・マルドナド(ウィリアムズ・R)
2 F・アロンソ(フェラーリ・F)
3 K・ライコネン(ロータス・R)


2016年シーズンもチャンピオンに挟まれた「最年少」初優勝がありました。この時はチャンピオン2人に肩車です。何とも豪華な演出!クラッシャー、そして国をあげての潤沢な資金のドライバーという印象しかないですが、立派なF1優勝経験者の1人になりました。
残念ながら支援が減り、F1シート喪失を余儀なくされたマルドナド。今頃いたらグロージャンやペレスなどのブラザーのように丸みを帯びたドライビングができていたのでしょうか?!今シーズンも初優勝者が現れることに大いに期待したいですね!

この直後にマルドナドはF1史に残す伝説を残しています。
優勝パーティでボヤ騒ぎ、、、(笑)
ガレージなのかモーターホームか忘れてしまいましたが、ウィリアムズにとっても久々の勝利、嬉しいので盛り上がっちゃったんでしょうね。そして現在においてこれが今のところの名門ウィリアムズ最終優勝となっています。
にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は連続して、先日の1990年から一気に22年後にタイムスリップした2012年の日本GPです。つい最近のレースですから若いファンも2012年の鈴鹿は、、勘のいい方はもうどんなレースか分かっちゃいますよね!鈴鹿で日本人2人目、F1歴代3人目の表彰台を獲得したレースです。

2012年は一度F1を離れていたK・ライコネンのロータス復帰。最近では想像できないシーズン通して8人の優勝者を生み出すという、ある意味荒れたエキサイティングなシーズンでした。また、2度目のM・シューマッハが引退を決意、空いたメルセデスの一枠をハミルトン、ハミルトンのいたマクラーレンにはザウバーのペレスを起用することをココ日本GPで発表しています。
第15戦日本GP時点では、2012年のチャンピオンは決定しておらず、フェラーリのアロンソVSレッドブルのベッテルが3連覇を懸けて雌雄を決する重要な最中でした。

予選ではザウバー2台の好調が目立ち、日本人唯一のドライバー小林可夢偉に期待がかかります。2台とも順当にQ3まで勝ち進み、ザウバーは時間いっぱいまでライバルの動きを観察、一発勝負を賭けます。
まずペレスからタイムアタックに臨み、続いて可夢偉。となかなかテレビにその様子が映されない中、第一スプーンでバランスを崩したライコネンがスピンしストップ、このタイミングで区間黄旗が振られてしまいます。
ペレスはタイムを出していますが、後から出て行った可夢偉はどうなの?!減速でロス?!はたまたノータイム?!パルクフェルメのタイミングモニターでしかと自身の結果を確認します。
可夢偉は4番タイム!3番手のマクラーレン、バトンはギヤボックス交換ペナルティで5番手分降格が決まっていたため、実質3番手、セカンドロウからのスタートが決定しました!
チャンピオン争いをしているベッテルは危なげなくポールポジションを獲得。ポイントリーダーのアロンソは7番手(決勝は6番手)に沈み、黄色信号が点ります。
《予選結果》
1 S・ベッテル (レッドブル・R)
2 M・ウェバー(レッドブル・R)
3 J・バトン     (マクラーレン・M)※
4 小林可夢偉   (ザウバー・F)
   ※ギヤボックス交換で決勝8番手スタート


決勝はちゃんと可夢偉がセカンドロウです。肝心なスタートは2番手ウェバーの前に上手く出て2番手で第一コーナーに進入しました。
ところが6番手スタートのアロンソは7番手に繰り上がったライコネンと第一コーナーで接触し終了。ベッテルが優勝してもランキングはトップのままですが、残り5戦も残っていて僅差になってしまいます。
スタートの波乱は出遅れたウェバーにも降りかかり、当時クラッシャーで名を馳せたグロージャンとペレスに巻き込まれてスピン。ペナルティはグロージャンに、でもじゃじゃ馬達に絡まれたウェバーの出遅れも悪い(笑)


可夢偉はセーフティカー退去後にベッテルに離されつつも堅実にラップを重ねていきます。相方ペレスも「俺は来年マクラーレンドライバーなんだ!」と言わんばかりの勢いでマクラーレンから去るハミルトンをヘアピンのインからさす。1回目は成功!当時のザウバーは今のザウバーとは二味くらい違う戦闘力がありました。可夢偉も得意なココでトロ・ロッソのリカルドをインからパスしています。
ペレスの2回目はアウトから、、
失敗。。ハミルトン相手にちょっと調子に乗り過ぎ!ココ通常はやらない所だから(笑)

終盤はギヤの不調から立て直したバトンの勢いが増し、マッサにかわされ3番手を走る可夢偉を追い立てますが、地元で何とか粘り勝ち!意地をみせました!DRSを開くとメルセデスエンジンは322km/h!怖い怖い!

《決勝結果》
1 S・ベッテル(レッドブル・R)
2 F・マッサ    (フェラーリ・F)
3 小林可夢偉   (ザウバー・F)


やっぱり母国となると、普段にはない力を発揮するものなのでしょうか。日本GPでの日本人登壇は2人目で、歴代だと佐藤琢磨をはじめ、入賞率は他のGPと比較しても格段に上がる気がします。今シーズンも日本人ドライバーがいないのが非常にさみしいところです。
2位に上がったマッサはアロンソイヤーの2012年初の表彰台を獲得し、フェラーリドライバーとしての首の皮を繋げる形になっています。シャンパンファイトを前に久々で緊張したのか、あららら粗相を。

ドヤ顔で嬉しそうな可夢偉に一つ水を差す苦言を。
表彰インタビュー中の態度がよくなーい!
コラコラ、チャンピオンが話しているでしょうが〜!
あらら今度は背中向けたりして。下にはお母さん、いやお姉さんがあなたの勇姿を見守っているのに。
海外ドライバーならあまり鼻にかからないんですが、真面目で堅い日本人ならではの悪いクセか、ワイヤに足をかけ、背中を向けてもたれる可夢偉に少しガッカリでした。
まあ頑張って表彰台に乗ってくれたから、この日くらいは、許すか!(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今週末の中国GPを前に再び過去のレースを振り返ります。今回は2012年の中国GPです。先日「2012年ブラジルGP」にも書いた通り、この年は過去最多のチャンピオン経験者8人と20戦中8人の優勝者を輩出した年。この中国GPで新たな優勝者を生み出しました。



予選はメルセデスエンジンを搭載したメルセデスとマクラーレンが上位を占め、メルセデスのロズベルグが7年目の111戦目でやっと初のポールポジションを獲得。2位を獲得したマクラーレンのハミルトンがギアボックス交換のために5番手分降格。結果、2番手にメルセデスから復活したM・シューマッハ、そして3番手にはザウバーの小林可夢偉が繰り上がります。2013年のシート確保にもこの好位置は願っても無いチャンスでした(結果、ザウバーのシートは消失したものの、2014年にケータハムから参戦)一方、4年連続のチャンピオンのかかるレッドブルのベッテルは11番手に沈みます。


《予選結果》
1 N・ロズベルグ(メルセデス・M)
2 M・シューマッハ(メルセデス・M)
3 小林可夢偉(ザウバー・F)
   ※Fはフェラーリ



決勝は3番手の小林可夢偉がスタートで出遅れて6位まで後退してしまいます。さらに当時チームメイトであったペレスにも捉えられ、わずか1周で7位になってしまいました。予選で作ってしまったフラットスポットとも戦いながら序盤から苦しいレースを強いられます。

1回目のピットが7周目から早くも始まり、2位を快走していたシューマッハは13周目のピットアウト後マシンを止めてしまいます。
ピットで右フロントタイヤ装着のミス。メルセデスらしからぬつまならないリタイアです。


フロントタイヤに厳しい上海国際サーキットはタイヤを酷使するとすぐにコースアウトを引き起こします。
トップを独走していたロズベルグにも限界が訪れ、上位走行では遅めの14周でピットへ。


こうして振り返ると2012年マシンはノーズが今よりだいぶ高く、途中の段差といいやっぱりダサいですね(笑)フェラーリに比べ、マクラーレンはこの段差を上手く隠して美意識の高いデザインが秀逸です。


この年に再びF1に戻ってきた2位のロータスのライコネン以下は数珠繋ぎに。ライコネンは終盤にタイヤの「崖」を迎えて大きく14位まで結果的に順位を落とすことになります。この頃ピレリタイヤの「崖」は話題になりましたね。


ロズベルグはスタートから終始独走。テレビ放送にほとんど映してもらえませんでしたが、自身の初ポール、初優勝、そしてメルセデスがワークスチームとして復帰してからの初優勝をこの中国GPで獲得しました。このレースが近年常勝になったメルセデスの礎ともいえるでしょう。
小林可夢偉はペレスには勝ったものの何とかファステストラップにしっかり名を刻んで10位入賞に終わりました。上位3台はいずれもメルセデスエンジン。やっぱり上海はフロントタイヤに厳しくパワーに勝るものが有利でしょうか。


《決勝結果》
1 N・ロズベルグ(メルセデス・M)
2 J・バトン(マクラーレン・M)
3 L・ハミルトン(メルセデス・M)



今でこそ頻繁に見られるようになった表彰台の「い〜よいしょ〜」はココが起源です。遅れ馳せながらロズベルグもF1優勝者の仲間入りを果たしました。2015年終盤から2016年の2戦まで連続優勝でノリに乗っているロズベルグ。2016年第2戦終了現在で16勝しており「無冠の帝王」と言われたS・モスに並び、非チャンピオン最多タイです。今年の中国GPも初心に返り、ランキング1位のままいよいよ初チャンピオンを獲得できるか見ものです。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は記憶に新しい2012年の最終戦、ブラジル・インテルラゴスです。インテルラゴスになってもうだいぶ月日も経ちますが、お粗末な管理にこじんまりとまとめられた反時計回りが特徴のサーキットで、クラッシュも多く、最終戦近くに行われることもあって毎年ギリギリのチャンピオン争いが起きますね。

2012年シーズンはレッドブルの独走を抑えるべく、開発競争が行われていたエンジン排気の空力的利用(エキゾースト・ブローイング)が禁止されたことが話題になりました。それによってチーム間の戦力差が縮まったこと、ピレリタイヤの理解から始まり、開幕から7戦続けて異なる優勝者が誕生するという珍しい記録やロズベルグやマルドナドの初優勝とシーズン中の勝者は8人を数え、3年ぶりにF1に復帰したライコネンも健闘し、シューマッハが「2度目の引退」を発表した年でもあります。8人優勝がいるなんて、この1、2年からは想像もつきません。日本代表のザウバー小林可夢偉もシートを失ってからも奮起していたのを覚えています。


チャンピオン争いはベッテルとアロンソの二人に絞られ、どちらが勝ってもチャンピオン3回目。このレースで得点差13ポイント、ベッテルはこのレースの結果が4位以上であれば自力でチャンピオン決定。アロンソは最低でも3位以内でフィニッシュした上で、ベッテルの結果を待つ形でした。ベッテルの有利な立場には変わりありませんでした。

・アロンソが何位でもベッテルが4位以上
    →ベッテルがチャンピオン
・アロンソが1位、ベッテルが5位以下
    →アロンソがチャンピオン
・アロンソが2位、ベッテルが8位以下
    →アロンソがチャンピオン
・アロンソが3位、ベッテルが10位以下
    →アロンソがチャンピオン
・アロンソが4位以下
    →ベッテルがチャンピオン
という状況でした。


予選結果
1 L・ハミルトン(マクラーレン・M・PI)
2 J・バトン(マクラーレン・M・PI)
3 M・ウェバー(レッドブル・R・PI)



ベッテルの予選は4位、アロンソは8位。順当にいけば労せずベッテルでした。
しかしスタートでフェラーリの2台が好スタート、マッサが2位、アロンソが5位に浮上し、ベッテルは7位に後退し、さらに4コーナーで地元B・セナと接触してスピン。ベッテルのマシンはコース中央で後ろ向きになってしまいます。皆と向きが真逆です。辛くも後続車との接触は避けられたもののベッテルは左エキゾースト周りにダメージを受け最後尾に。

余裕と思えたチャンピオンが遠退き、観ているこちらは絶望視しました。一方アロンソはマッサとレッドブルのウェバーとのバトルの間隙を突いて3位へ浮上し、ベッテルは飛ばしに飛ばして着実に一つずつ順位をあげていきます。ベッテルを応援している立場からだと、まったく生きた心地がしませんでした(笑)

10周目を過ぎると各車ピットインが始まり、浅溝のインターミディエイトへ交換したものの、さらに雨が小降りになり、再びスリックへ交換する羽目に。23周目にセーフティカーが導入されたことで2人のギャップは帳消し。ベッテルはアロンソの真後ろに迫ります。

この後トップを走るフォース・インディアのヒュルケンベルグ、マクラーレンのハミルトンがペナルティーやリタイヤで、マクラーレンのバトンがトップに。雨足が強くなってからタイヤを再びインターミディエイトに履き替えて、2位のマッサがアロンソに前を譲り、6位メルセデスのM・シューマッハは後輩ベッテルに前をあっさり譲ります。この順位ではベッテルのチャンピオン。一周一周で目まぐるしく順位とチャンピオン獲得権が行き来します。
ただし、バトンに何事か起きてアロンソがトップに立つようなことがあれば逆転の可能性もまだ残ってました。まさに予断を許さぬ状況。


残り2周のホームストレートでフォース・インディアのディレスタがクラッシュし再度セーフティカー発動、そのままセーフティカー先導でバトンが我関せずと静かに優勝。スタートから続く混乱が嘘のように鎮まり、6位のベッテルが3年連続3回目のドライバーズチャンピオンを獲得しました。アロンソは健闘虚しく2位という結末。2位でもこの表情。


2011年が圧倒的な速さでベッテルが楽々チャンピオンを獲得した次の年の出来事だっただけに、怒涛の2012年を制したベッテルは実力だけでなく運まで味方にして、勝ち得た最終レースまでハラハラドキドキのレースだったと印象に残っています。


決勝結果
1 J・バトン(マクラーレン・M・PI)
2 F・アロンソ(フェラーリ・F・PI)
3 F・マッサ(フェラーリ・F・PI)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ