F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:1992〜1994年

F1関連CMまだまだあります。今回は建機で有名な小松製作所とロータスのタッグです。一年近く前に塩野義製薬「新ポポンS錠」で取り扱った時と同じ組み合わせになります。まずは1992年バージョンから。
IMG_9177
IMG_9178
かつてベネトンで指揮を執ったピーター・コリンズを招き、日本が誇る小松製作所のギヤボックスを採用していました。ちなみに、F1初期のフェラーリを駆ったピーター・コリンズという同姓同名のドライバーがいます。しかしそちらは1958年ドイツGPで事故死しているため、当然ながら別人です。
コマツは日本のトップシェア、世界でもキャタピラー社に次ぐ超大手の建機メーカーです。社名の通り、発祥は石川県の小松市。一時期はニューヨークヤンキースにも所属した同郷の野球選手、松井秀喜もCM起用していましたね。パワーショベルのように力強く豪快なスイングは企業イメージにピッタリ。
IMG_9179
エンジンカバーを開けて、まさしくマシンのこの辺りにKOMATSUの技術力が活かされています。日本企業が最高峰のモータースポーツの一端を担うのは、例え見えない部分だとしても誇らしいですね!縁の下の力持ち。
IMG_9180
IMG_9181
「お二方、準備はいいですか?!行きますよ」
名門チーム立て直しをかけた期待のドライバーを引き連れていざ出陣!といった感じ。気品があるなぁ。
IMG_9183
「I wanted KOMATSU」
分かりやすい英文ありがとう(笑)
IMG_9184
IMG_9185
こちらはコマツ側の回答ですか。プロポーズに答えたい、だなんて。相思相愛だな!
IMG_9317
コリンズも満足気ですね。このCMは覚えていました。

もう1本、こちらは出典によると1994年のものらしい。miyabikunこちらは覚えていませんでした。今回調べて知りました。確かにマシンは白と緑の1994年モデル109ですね。この時代のハッキネンはマクラーレンに旅立ったためエースのハーバートのみの出演となっています。
倉庫の中に収められているのは
IMG_9243
IMG_9244
超巨大なダンプ。これはなかなか一般の道路では見かけないですね。ダム建設で岩石を運ぶ時に使われているヤツです。小さい頃にこのオモチャを持っていて、miyabikunはレゴブロックの運搬に使っていたなぁ。
IMG_9318
今の型でいうと980Eという名前のようです。積載重量はなんと370t。馬力も規格外の3,750psとF1マシンの4倍近い!ただし最高速度は60km/hとそこだけは親しみやすい(笑)
IMG_9245
陽炎の中、力強く向かってくると、
IMG_9247
えっ、爆発?炎の中から
IMG_9249
IMG_9251
IMG_9252
ロータス109のお出ましです。なるほど、ダンプのメカニズムがF1に活かされているわけね。マシンが3,750psあれば、シューマッハは屁でもないけど、最高速度がたったの60km/hではやっぱり勝負にはならないよな。何よりドライブするハーバートも中で加速の度に「ムンクの叫び」みたいになっちゃいますね。
IMG_9254
IMG_9255
IMG_9256
IMG_9257

ロータスの晩年を支えたコマツとのタッグは92年が全16戦でハッキネンの4位2回を含む8回の入賞。パートナーをザナルディに代えた93年の全16戦はハーバートの4位3回を含む入賞5回。そして94年の全16戦のうち7位入賞圏外が最上位と成績下降もあって、残念ながらこのシーズンをもって名門ロータスがF1から撤退しています。

https://youtu.be/xNfjn87q4ls
https://youtu.be/MH21WgvOj9U

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日の「ロータス」で軽く触れましたので早速久々に「F1関連CM」復活です。ロータスの晩年を支えたハーバートと新人のハッキネンによる塩野義製薬(現 シオノギヘルスケア)の「新ポポンS錠」になります。塩野義製薬の商品だと思いきや、最近はどうやらグループ会社のものになっていたのは今回調べて初めて知りました。今でも続く元祖音楽番組の一つ「ミュージックフェア」に独占提供していた時代もあるのでモータースポーツに興味のない方にも見覚えのあるCMかもしれません。古豪チームにハーバートはF1で3シーズン目、ハッキネンはデビュー直後と今でいうウィリアムズを駆る2人のようなコンビネーションにあたるでしょうか。

1990年まで採用されたキャメルイエローから一度マイナーチェンジの102Bで白地に緑に変身、1992年のさらなるマイナーチェンジ102Dは黄色と緑の配色を採用しています。この時代は同じくイギリス所属のジョーダンも緑を使用しており、今では見なくなった緑色のカラーリングをいくつか見ることができた時代です。CMは1992年から94年頃に何パターンかあり、全体的に夕暮れのような黄味がかったテイストとなっています。
IMG_7731
砂時計のようなシオノギのマークはコクピット直前にデカデカと入っています。これは薬を調合する際に使用する分銅(重り)をイメージしているとのこと。また、親会社の「塩野義製薬」は創設者が塩野義三郎という名前に由来しています。シオノギと聞き慣れているせいか、苗字だけの「塩野製薬」とかだとしっくりきませんね。「義」まで採ったのがミソか。
IMG_7736
サイドポンツーン上端にKOMATSUのロゴも見えます。日本を代表する重機メーカーです。

IMG_7753
別パターンです。今回はドライバー主体のカット。おお、若かりしハーバートの筋トレ。俳優みたいでカッコいい!
IMG_7757
IMG_7758
手前ではハッキネンも負けじとトレーニングに励みます。チームもハーバートもイギリス出身でハッキネンはフィンランド人ですが、彼がF1昇格のチャンスを得たのはハーバートと同様のイギリスF3でした。この後にドライブしたマクラーレンイギリスチームですから、イギリスに縁のある方です。辞めた後はドイツとの結びつきが強くなっています。
IMG_7756
このシーンだけ見ていると、アブナイ関係にも見えてくる(笑)ファイト〜一発〜!という言葉も〆に出てしまいそう。新ポポンSも肉体疲労時の栄養補給、滋養強壮に貢献するビタミン剤です。滋養強壮な彼らが筋肉疲労した時にピッタリなアイテムというわけです。
IMG_7763
IMG_7760
それにしてもこのハーバートの表情はすごい。メリメリメリって音が聞こえてきそう。実はひょうきん者でチャラチャラなくせに真面目に練習しちゃうんだかラン(笑)

IMG_7764
こちらはあたかもレースを思わせるオープニングで入りました。今までのCMでよく見かけたスタート前の緊迫したスタッフやドライバーのシーンですね。
IMG_7766
IMG_7767
IMG_7770
ふむふむ、1位がマンセル、2位パトレーゼ、3位セナ、4位ベルガー、5位シューマッハで6位にハーバート、続いてハッキネンか。並びがガッツリ1992年ですね。仮にCM用に色をつけようものでもココまでが現実的でしょうか。これ以上の成績はこの時代のロータスでは残念ですがとても敵いません。
IMG_7769
IMG_7773
リヤウィングにHITACHIがあります。先程のコマツも同様に90年代前半は日本企業が多くF1業界に提供していました。また中団や下位チームもトップチームとは違った形でトレンドを取り入れて、ジョーダンやマーチなどフロントウィングやノーズなどは特に似ていました。
IMG_7776
IMG_7777
最後はチーム最終年1994年の109によるものです。黄色の領域が減り、白みが強いカラーリングです。
IMG_7779
スピンターン!
IMG_7780
マシンをぶん回すだけぶん回して
IMG_7781
走り抜ける。
IMG_7786
今日を、完全燃焼。
この年をもってロータスのF1も完全燃焼して幕を下ろしています。いつものようにこれらのCMもYouTubeで閲覧可能です。

https://youtu.be/F9YFLSL-dWk
https://youtu.be/EKae5yDc0XQ
https://youtu.be/2-ShIY6DFPs

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ