F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:第2戦

レース終了から1日遅れになってしまいました。オーストリアに行っていたわけではありません、ちゃんと日本にいましたよ(笑)
IMG_4013
雨の土曜日予選から、決勝日曜日は晴れました。レッドブルといえば、エアレース大会でも有名ですよね。オープニングではド派手な航空ショーが行われていました。雨でなくてよかったです。飛行機は自動車や鉄道に比べると詳しくはないのですが、ヘリコプターもこんな動きで飛べるのですね。恥ずかしながら知らず、ぱっと見ドキッとしました。
スターティンググリッドは黄旗無視により3グリッド降格が決まっていたマクラーレンのノリスに加え、フェラーリのルクレールも予選時の妨害によりグリッドダウンとなっています。今シーズンのフェラーリは予選順位自体が貴重ですからね、今回の表彰台は厳しそう。
IMG_4015
またQ2のウェットタイヤはリセットされ、各車自由なタイヤコンパウンドを選択しています。フェルスタッペンの今回はソフトタイヤスタートです。さすがに今回は蹴り出し重視かな。ミディアムタイヤを選んだのは中団から後方スタートに散見され、上位はこぞってソフトタイヤとなりました。

IMG_4016
スタートは3番手のサインツが2番手のフェルスタッペンに並んでターン1へ。前戦のノリスと同じパターンですね。
IMG_4017
一瞬サインツが前に出るもトラック外へ。フェルスタッペンが譲らず。これもノリスと同じパターン。歴史は繰り返される。
FullSizeRender
早くもハミルトンが逃げ体制になりつつある1周目終わりに、いきなりセーフティカーが発動されました。今年のレッドブルリンクは予選も含めよく登場するなぁ。何があったのかな?!
IMG_4022
あららベッテルちゃん何だかスッキリしちゃって。既にF1マシンではなくなっているけど、正面から見ればまあまあ悪くないフォルム、なんて(笑)原因はこれか!
IMG_4023
混み合うスタート直後のターン3「レムズ」です。ルクレールが前戦のベッテルをトレースするかのようなインラインから進入。
IMG_4028
後方にいた先代のライコネンはその瞬間をしかと見ていた。ルクレールとベッテルのタイヤが触れ合い、ベッテルのリヤウィングをもぎ取ったわけです。ちょっとルクレールのライン採りが悪く、エイペックスでマシンが制御できなかったか。これは、マシンの位置関係からしてルクレールがよくないですね。
FullSizeRender
当然両者マシンを傷めて走れませんから、ピットに。なぜかここはルクレールが前、ベッテルは待ちぼうけの末リタイヤ。ルクレールもまともに走れず、結局リタイヤ。フェラーリ、終了。
IMG_4026
この状況をどう見ているのでしょうか。一昨年2018年まではさすがにこんなこと無かったですよね。明らかにあなたがチームのトップになってから状況が一変し、悪化の一途を辿っています。両者速い故の同士討ちでもないし、すごくつまらないレースの終え方ですよ、おたく本当に大丈夫?!

IMG_4031
予選は速く、結果的に上位フィニッシュで終えるマクラーレン。結果がよければ全てよしなのですが、決勝レース序盤は大抵こうなっちゃいます。ボッタスに捕らえられたサインツは続いてレッドブルのアルボンにお尻を突かれ始めました。
IMG_4033
いとも簡単に抜かれてしまう。中団に埋もれたノリスはレーシングポイントのストロールとバトル。
IMG_4035
今シーズンはこの2チームの熾烈な戦いが多くなりそうですね。マクラーレンの完全復活は序盤のレースペースがカギを握りそう。

上位では25周目に2位走行のフェルスタッペンがソフトタイヤからミディアムタイヤに履き替え、大きな逃げを打つハミルトンは28周目に同じくミディアムタイヤに履き替えてフェルスタッペンの前で戻っています。今回のハミルトンの前に出るのは至難の業ですね。
FullSizeRender
5位走行中のサインツは33周目のピットで手間取り、給油したかのような7.2秒も時間を要しています。
FullSizeRender
それを知ったストロールは翌周に3.2秒の停止時間で出る。戻ればサインツの前に楽々復帰。
IMG_4045
さらには39周目にペレスは3.7秒で出発。
FullSizeRender
ストロールの後ろで戻ってサインツを完全封印。要らぬミスがたたり、サインツ大損してしまいました。相手がガチのライバルとなりそうなレーシングポイントだから悔しさもひとしおでしょう。
FullSizeRender
どうにかしてこの「ピンクの壁」を突き破りたい!

FullSizeRender
今回のシュタイアーマルクGPはトップの黒を見ているより、よっぽどピンクを注目していた方が面白い。レース後半に入るとペレスが覚醒します。まずは小手調べに相方を46周目に料理。
FullSizeRender
49周目には一人しれっと走る黄色いリカルドも成敗して5位浮上。予選はグズグズだったのに、晴れた決勝はキレッキレでしたね。
IMG_4053
そしてじわりじわりとペースを上げ、いよいよ4番手を単独で走るアルボンを捉えます。暴れるペレスを久々に見た気がします。ただその勢いもココまで。
IMG_4061
アルボンの右リヤにタイヤをぶつけ、フロントウィングを失ってしまいました。
IMG_4062
最終周にこれまで抜いてきたリカルドに近付かれるとリカルドを道連れにコーナー外側へオーバーラン。
FullSizeRender
FullSizeRender
この瞬間を待っていたと言わんばかりにサインツの仇とノリスが狙っていく。またもや最終ラップの奇跡か?!
IMG_4069
最後の最後にノリスが前に。今回はしっかり5位フィニッシュ。

IMG_4074
《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

今回は上位争いをほとんど観ていませんでした。だっていつもの逃げ逃げパターンで面白くないんだもん(笑)途中の眠気をペレスとノリスの走りで何とか持ち堪えていた感じ。優勝はハミルトンの85勝目で幕が下りました。
IMG_4071
パルクフェルメの様子をみると、向かって左手のボッタスの停止角度がおかしいですね。それもボッタスの体勢をみるとコクピットを懸命に押してマシンを戻している様に見えて面白い(笑)でもどうしてあんな形に停めたんだろう。ハミルトンとソーシャルディスタンス?!
IMG_4072
『ヨーロッパ横断F1ウルトラクイズ』決勝戦!
IMG_4073
あとこの授与式、これも滑稽でしたね。解答席が解答者の目の前にラジコン仕掛けで移動するのか。新しい(笑)そこまでしないといけないのかな。自分からトロフィーを獲りにいくなんてご時世になったのですね。将来振り返ることになるのかな「これがF1で初めてトロフィー授与の無人化したレースです」なんて。

《ファステストラップ》
 サインツ(マクラーレン・R)1分05秒619
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

今回はレース後半のペレスの追い上げと、さらにそれを追い上げて最後の最後にチャンスを掴んだノリスで悩みました。スタート降格により中団スタートを余儀なくされたノリスをひいきしたら「今回もかよ」となってしまうので、最後アルボンとの接触はありつつも、ファステストラップを出しながらチームメイトと格の違いを見せつけたペレスにファンの選んだものに異論なく一票を投じます。こういうファステストラップの出し方が、本来は正しい。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 ルクレール(フェラーリ・F)

ルクレールだけを酷評したら可哀想かもしれませんが、今回の件はルクレールが浅はか、少々「天狗」になっていた気がします。前にいたのはベッテルであり、ラインや位置関係は前戦のベッテル同様に無理がありました。2人がどんな関係かまでは知る由ないものの、2人のドライバーをはじめ、今のフェラーリがそもそもよくありません。評論家やOBドライバーからも声があるように、ベッテルは「F1引退」ではなく「休養」の意味合いで今シーズン早々にマシンを降り、暫しの充電と今後の計画を練ることに注力した方がいい気がします。

《第2戦シュタイアーマルクGPのポイント》
・2度目は修正、盤石のメルセデス劇場再演
・晴れれば速い!ピンクのメルセデスを証明
・終盤盛り返すノリス、スタート降格何のその
・何しに来たの?!救い様が無いフェラーリ

また今週末もレースだ。始まった途端にこんな連戦だもんな、ドライバーやスタッフはもちろんのこと、我々ファンも頭を切り替えないとごちゃごちゃになっちゃいますね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年の梅雨は予想以上の大雨被害が出ていますよね。九州地方の多くの犠牲者をはじめ中部地方の岐阜や長野も避難勧告が出されるなど、今だに冷めやらない新型コロナウイルスに追い討ちをかけるように我々人間に試練を与えます。被害に遭われた地域の方のお見舞いを申し上げると共に、一日も早く収束に向かうことを願うばかりです。
IMG_3968
二週連続開催のレッドブルリンクもこの週末は雨に見舞われ、土曜フリー走行の中止と予選開始に遅れが出る波乱の幕開けとなりました。セーフティカーもチェックランで大忙しです。この予選を前に、マクラーレンのノリスにはフリー走行での黄旗無視による決勝スターティンググリッド3番手分降格が決まっています。初表彰台を獲得して、昨年に引き続く好調に水をさす形となり残念ですね。前戦で表彰台を奪ったキングも同じペナルティを受けたわけですから文句は言えないところ。
IMG_3974
IMG_3975
Q1は46分遅れで開始。スタートを待ちわびる隊列の先頭はフェラーリのベッテルが陣取っています。先行きは不透明、レースでは批判を浴びつつもやる気だけは充分ですね。IMG_3979
開始直後のルクレールのオンボードカメラをみると、セッションが始まったとはいえ前方はこんな水煙が立ち込め、先がほとんど見えません。見づらいですがこの先は緩やかに左に振った後、鋭角な右のターン4です。先日にあのハミルトンとアルボンがコンタクトしたところ。こんなにも先が見えないのはさすがに怖いですね。
IMG_3980
先頭のベッテル初めのラップは1分24秒235。ドライ環境と比べて21〜22秒ほど遅れています。こりゃ先日の予選や決勝のタイムや序列は全く参考にならなさそうですね。エンジンパワーやブレーキ性能がモノをいうレッドブルリンクでは無くなっています。ドライバーの雨への適応力とマシンのダウンフォースが求められます。パワーに不安のあるどこかのチームは救われたでしょうか。IMG_3984
予想通り多くのドライバーがトラックをはみ出したりスピンを喫しています。もちろんこの中にはハースのグロージャンも含まれています。ネタの提供は怠りません(笑)IMG_3985
そんな中、最後尾の番を張るウィリアムズ我慢のラッセルは普段では見られないであろう暫定12番手につけています。荒天に加え、ポテンシャルの高さを活かせれば、ライバルの結果云々でQ3進出もゼロではありません。しかしそんな雨の予選に追い討ちをかけたのがIMG_3986
終了直前のジョビナッツィ。最終コーナーでスピンした上にトラック復帰してパーツをばら撒く。
FullSizeRender
挙げ句の果てはエスケープゾーンの浅い区間に停車。赤旗早期終了。昨年のイギリスGPといい、デビュー2戦目の2017年中国GPもそうでした。ジョビナッツィのリタイヤはレースの流れを止めてしまうド派手な演出が多い気がします。最近ようやくチームメイトのライコネンを上回る結果をみせていたのに。
IMG_3990
ラッセルは無事Q1突破。
IMG_3991
相方ライコネンの進出の足かせになる。あと飛躍しはじめたレーシングポイントのペレスもココでアウト。
IMG_3993
Q2も雨脚変わらずウェット路面のまま。またもベッテルが一番早く出勤。IMG_3995
各車何本かウェットタイヤでのタイムアタックを続けて、ベッテルはギリギリのQ2通過を果たし、逆にルクレールはタイムを伸ばせていません。IMG_3996
この予選はアルファタウリのクビアトがいつも通りも、ガスリーがなかなかいい位置につけていましたね。レッドブルグループの来季のシートも今の今ちょっとした「ざわつき」があって心中穏やかではありませんものね。雨のガスリーか。
IMG_3998
ラッセルはここまで。僅差だっただけに残念!
IMG_3997
IMG_3999
Q3出走の一番乗りはレッドブルのフェルスタッペンでした。第2戦は第1戦の無念を晴らしたいですもんね。セッション開始まで3分近く時間があるけど、今回ライバルは誰も並ばず、フェルスタッペン一人ぼっち。
IMG_4001
このオンボードカメラはそのまま先頭でタイムアタックに入り、ターン1を出た直後のフェルスタッペンになります。
IMG_4002
ココは通常ターン1を外側にはらみ出さんばかりのアウトラインを採るのが一般的ですが、トラックのイン側を走行しています。これ、ピット出口の合流ライン上にあたります。確かにここは各車が必ず通過するラインですので、通過する度にタイヤによって路面の水を跳ね上げて水分が少ないラインになります。考えましたね!
IMG_4003
ボッタスが2回連続のポールを獲得すべく、1分21秒036でトップに立つと、IMG_4004
すかさずハミルトンが上回る。
IMG_4005
続いてフェルスタッペンが1分20秒489でトップに立つと、IMG_4006
ハミルトンがまたも塗り替えていく。精彩を欠いた第1戦を帳消ししたいディフェンディングチャンピオン。
IMG_4008

IMG_4010
《予選結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M) 1分19秒273
 2 フェルスタッペン(レッドブル・H) 1分20秒489
 3 サインツ      (マクラーレン・R)1分20秒671IMG_4009
《先日の予選予想との答え合わせ》
いくら二週連続の開催で予習があるとはいえ、この雨では、ねぇ。予防線は張りつつ答え合わせを。。
10番手ベッテル、14番手クビアト、16番手ライコネンの3人が正解でした。先日のドライも3人、ということはmiyabikunの精度は天候によらないということ(笑)ウィリアムズを外し、意外にもレーシングポイントが冴えませんでした。ノータイムのグロージャンは論外だな。

《トップのハミルトンQ2と各チームの差》
 レッドブル(フェルスタッペン)が0.1秒落ち
 マクラーレン(サインツ)は0.8秒落ち
 メルセデス(ボッタス)も0.8秒落ち
 アルファタウリ(ガスリー)は0.9秒落ち
 ルノー(オコン)も0.9秒落ち
 フェラーリ(ベッテル)は1.7秒落ち
 ウィリアムズ(ラッセル)が1.8秒落ち
 レーシングポイント(ストロール)も1.8秒落ち
 ハース(マグヌッセン)が2.4秒落ち
 アルファロメオ(ライコネン)は3.5秒落ち

ドライの予選であれば「第1戦との比較、伸び率」みたいなことができればと考えていましたが、雨では意味をなしません。また、ベストタイムの多くはQ2が最速でした。相変わらずフェラーリはイマイチですね。タイム差がデカ過ぎる。ウェットのレッドブルリンクで1分17秒台を記録したのはハミルトンとフェルスタッペンの2人だけでした。雨のハミルトンは驚異的です。

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 
 ラッセル(ウィリアムズ・M)

ポールポジションのハミルトンはあっぱれですが、miyabikunの独断と偏見で選ぶこのコーナーがそれではつまらない。最後尾ではないウィリアムズのラッセルに一票投じます。グロージャン無しでもビリではありません!

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 
 ジョビナッツィ(アルファロメオ・F)

さっきの書きっぷりでお察し頂いているかもしれません。今回はフェラーリ以外のいじりどころとしてジョビナッツィですね。日が浅いとか遅いとかでなく、やっぱり「下手くそ」なんですよね。これではライコネン無しで来シーズンは任せられないぞ。頑張れ、貴重なイタリアン!

《決勝の表彰台予想!》
 1 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 2 ハミルトン   (メルセデス・M)
 3 ボッタス    (メルセデス・M)

第1戦の予想と同じ3人による入れ替えです。フェルスタッペンが正常に作動すれば、おそらく表彰台登壇は間違い無いでしょう。あとは気になる順位ですね。前戦はチャンピオンクラスよりも若手の台頭が目立ちました。今回も期待したいですね!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

忙しく早くも2戦目、それも1戦目と同じサーキットという前例の無いことで、不思議な感じがしますね。「シュタイアーマルク」という土地の名前をうまく当て込んだ第2オーストリアGPです。
IMG_0479
《シュタイアーマルクGPの基本情報》
 レッドブル・リンク
     全長     :4.318km×71周=計306.578km
    開催回数  :33回目
  コーナー数:10箇所
     高低差    :63.5m
  DRS区間数:3箇所
  母国レース :レッドブル

《シュタイアーマルクGPの個人的印象》
 ・ココが元祖「ティルケサーキット」
 ・起伏に富んだシンプルなストップ&ゴー
 ・スタート直後は大抵はみ出すターン1
 ・ドラマと事件はココで起きる「レムズ」

ココは先週と変わりません。唯一「開催回数」が増えただけ。楽です(笑)レムズ推しのmiyabikun、先週第1戦の決勝でもここで様々なパッシングがみられましたね、こんなことや
IMG_3919
あんなことも。
FullSizeRender
今回大丈夫かな。。愛情でイジっています。

《過去5年のポールポジション》
 2020年-1 ボッタス (メルセデス)
     1分02秒939
 2019年    ルクレール(フェラーリ)
     1分03秒003
 2018年    ボッタス (メルセデス)
     1分03秒130
 2017年    ボッタス (メルセデス)
     1分04秒251
 2016年    ハミルトン(メルセデス)
     1分07秒922
 2015年    ハミルトン(メルセデス)
     1分08秒455

《ポールポジションレコードタイム》
 2020年-1 ボッタス (メルセデス)
     1分02秒939

《現役ポールポジション獲得者と回数》
  (★はその年のチャンピオン)
 3回 ボッタス (2017,18,20-1)
 2回 ハミルトン(2015★,16)
 1回 ルクレール(2019)

先週もれっきとしたレッドブルリンクでの予選ですので、ちゃんとボッタスの記録を加えました。予選はいよいよ1分02秒台に突入しました。今回はいつもの1年越しではなく、たったの7日越しですから、そう飛躍的にタイム向上はないと思いますが、今年のマシンのクセや先週の失敗や反省などを盛り込んでくることでしょう。1分02秒台のさらなる短縮はあるか?!

《過去5年の優勝者》
 2020年-1 ボッタス    (メルセデス)
 2019年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2018年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2017年 ボッタス    (メルセデス)
 2016年 ハミルトン   (メルセデス)
 2015年 ロズベルグ   (メルセデス)

《現役歴代優勝者と回数》
 2回 フェルスタッペン(2018,19)
   ボッタス    (2017,20-1)
 1回 ハミルトン   (2016)

決勝もボッタスの頑張りをアップデートしました。頑張ったには頑張ったけど、後ろは色入れとっ散らかったのはつゆ知らず、一人蚊帳の外で逃げタスだったからなぁ。優勝争いで盛り上がる、というレースではありませんでしたね。きっかけはフェルスタッペンのストップだったなぁ。
FullSizeRender
メルセデスはシーズン開始直前にマシンカラーを黒に変更してきました。実はそれもあってオーバーヒートを起こしていたという噂を耳にしました。確かに黒は光を吸収する色ですが、本当なのかな。ならば黒いカラーリングはシブいけど、問題アリ(言い換えれば、面白い展開になりそう)ですね。

《過去5年のファステストラップ獲得者》
 2020年-1 ノリス     (マクラーレン)
 2019年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2018年 ライコネン   (フェラーリ)
 2017年 ハミルトン   (メルセデス)
 2016年 ハミルトン   (メルセデス)
 2015年 ロズベルグ   (メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
 2回 ハミルトン   (2016,17★)
 1回 ペレス     (2014)
   ライコネン   (2018)
   フェルスタッペン(2019)
   ノリス     (2020-1)

先週のこの「予選予想」の際、miyabikunはファステストラップポイントについて、不満を述べました。ただレースになれば違いました。ポイントがあるから、というわけではないでしょうが、ファイナルラップのノリスの走りが明暗を分けましたね。結果的には嬉しい方向に働きました。
FullSizeRender
歴代第2位、1位まであと少しという結果も素晴らしいけど、やはり「初表彰台」の方が話題性もあります。アルボンとノリスの同期対決はファステストラップを糧にノリスが先に勝ち取りました。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト  (C4)
 黄:ミディアム(C3)
 白:ハード  (C2)

タイヤは今回も同じチョイスです。以降のレースもしばらくはコレでいくんでしたっけ?!全く同じタイヤ交換と戦略にはならないでしょうから、Q2の戦い方、決勝での使い方に注目しましょう。フェルスタッペンのミディアムタイヤ作戦のリベンジはあるのかな。ネタバレしているからナシかな。

《第1戦オーストリアGPの予選結果と正否》
〜Q1〜
 20.ラティフィ   (ウィリアムズ)→◯
 19.ライコネン   (アルファロメオ)
 18.ジョビナッツィ (アルファロメオ)
 17.ラッセル    (ウィリアムズ)
 16.マグヌッセン  (ハース)
〜Q2〜
 15.グロージャン  (ハース)
 14.オコン     (ルノー)
 13.クビアト    (アルファタウリ)
 12.ガスリー    (アルファタウリ)
 11.ベッテル    (フェラーリ)
〜Q3〜
 10.リカルド    (ルノー)→◯
   9.ストロール   (レーシングポイント)→◯
   8.サインツ    (マクラーレン)
   7.ルクレール   (フェラーリ)
   6.ペレス     (レーシングポイント)
   5.アルボン    (レッドブル)
   4.ノリス     (マクラーレン)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ハミルトン   (メルセデス)
  P.P.ボッタス    (メルセデス)
 ※スターティンググリッドではありません

今までの予選予想ではあり得なかった「先週のおさらい」なんてのが今回はできたりします。正解率の低い結果を載せるのも恥ずかしいですが、今回の予想の手掛かりになるかもしれないと思い、記載しました。
予想外だったことを挙げると「フェラーリを筆頭とするフェラーリエンジン系の低迷」「前評判通りのレーシングポイントの飛躍」といったところでしょうか。
まずフェラーリは特にだらしなかったですね。他のどこかであれば笑い話で済むのに、よりによってフェラーリがシーズン前合同テストからの不調な香りそのまま、それも昨年のポールレコードと比べて「大幅退化」がみられました。ドライバーは変わっていませんし、サーキットのレイアウトも同じ、なのにこの結果ですから、正直あまり期待できません。ハースやアルファロメオに至ってはQ1落ちレベルにまで後退しました。チャンピオン経験者、現役最多出場、ライコネン、今回は頼みますよ!
一方でレーシングポイントは「ほぼメルセデス」と揶揄された通りの速さをみせて、2人揃ってのQ3進出となりました。あのちゃまが、Q3を堂々と走り、決勝ではチャンピオン経験者の手を焼かせることになるのは本当に驚きました。昨日のフリー走行も引き続き好調のご様子。

ほか、細々としたツッコミどころはさておき、これらヒントを踏まえて第2戦の予選を占いたいと思います。

《シュタイアーマルクGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.ラティフィ   (ウィリアムズ)
 19.ラッセル    (ウィリアムズ)
 18.マグヌッセン  (ハース)
 17.グロージャン  (ハース)
 16.ライコネン   (アルファロメオ)
〜Q2〜
 15.ジョビナッツィ (アルファロメオ)
 14.クビアト    (アルファタウリ)
 13.ガスリー    (アルファタウリ)
 12.オコン     (ルノー)
 11.リカルド    (ルノー)
〜Q3〜
 10.ベッテル    (フェラーリ)
   9.ストロール   (レーシングポイント)
   8.ルクレール   (フェラーリ)
   7.サインツ    (マクラーレン)
   6.アルボン    (レッドブル)
   5.ノリス     (マクラーレン)
   4.ペレス     (レーシングポイント)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ハミルトン   (メルセデス)
  P.P.ボッタス    (メルセデス)

何だかmiyabikun保守的じゃない?!そりゃ当てにいきたいもん、まだビビってますよ!奇をてらったりできません。半分答えがみえている2回目は前回のような大外しはしたくないもの(笑)
前回は僅差でポールを逃した(のちに黄旗無視により降格)ハミルトンも当然修正してくることは間違い無しです。ただボッタスの方が腰を据えた安定感があるように思えます。というわけで、またボッタスをポールとし、 1分02秒中盤まで上がってくると予想。フェルスタッペンもフリー走行をハイペースで終えたようですが、一発の速さはメルセデスには敵わないかな、と。フェルスタッペンの持ち味は「決勝」ですから、このあたりでも充分勝ちにいけます。
第1戦の予選は好位置につけたノリスは今回「フリー走行中の黄旗無視」によるペナルティで、決勝3グリッド降格が決まっています。でも今のマクラーレンは「Q3当たり前」の位置に鎮座していますので、ターゲットは前回もバチバチやったペレスとの勝負となるでしょう。ペナルティがある分、サインツに合わせてはいられない。
今回頭を抱えたのはストロールちゃまとルクレール王子の位置関係でした(ベッテルはいいの?!)ストロールの飛躍にはもちろん期待はしているものの、フェラーリにだって意地はあります。ペレスと比べると、ちゃまはまだまだQ3での場数、修行は足りていない。
Q2止まり以下はチーム別に並べてみることにしました。サプライヤーに負けるワークス、ルノーを筆頭に、中段で2人揃ってくすぶるアルファタウリ、そして冴えないアルファロメオとブレーキ問題により2台とも「回転スピン」という曲芸をみせてくれたハース、そこにラッセルがどう食い込んでくるのか、といった具合。

なかなか上手くいかない予選予想、あまり外すようならF1ファン失格!と言われないといいな。恥ずかしさ半面、如何にしてF1をより楽しいものとできるか、これがmiyabikunのモットー、キーポイントです。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_9058
風が強い!周りに何も無く吹きっ晒しみたいな感じですもんね。トラック上にもゴミが沢山入り込んでいました。砂も舞ってシャリシャリになりそうだ。こうなると洗車も大変なんですよね。車がすぐ黄色くなる。セレモニーのガルフエア航空機もサイドスリップしているみたい。F1マシンも風に煽られるぞー。初ルクレール、大丈夫かなぁ。
IMG_9056

IMG_9060
気になるスタートはルクレール出遅れ!イン側2番手のベッテルが貫禄のスタートダッシュを決めています。
IMG_9062
ヤバい、ルクレール食われる!3位に浮上したボッタスに続いて、順位を下げたハミルトンにも並ばれている!軽くタッチしたようですが、3位は何とか死守。ルクレールはトップチームでトップスタートの洗礼を受けています。
IMG_9064
ただこれで終わるルクレールではありません。ボッタスの背後にピタリとついて早い段階でしっかりかわす。続く6周目に先輩ベッテルを捕まえて
FullSizeRender
IMG_9070
抜群に速いセクター1のターン1はアウトから一撃!スタートの出遅れを自らリカバリーします。いいぞ、この優等生はホンモノだ。

同じ頃、今回ちょっとおとなし目の5位フェルスタッペンに元塾生のサインツが噛みつきにいきます。
IMG_9066
あー接触!
IMG_9071
フロントウィングを落としてしまった。惜しい!でもナイスファイトでした。このバーレーンGPはなかなかアグレッシブだぞ。

IMG_9080
14周目にルクレールがミディアム(C2)へ3位に浮上したハミルトンがソフト(C3)へ交換する同時ピットを敢行。ベッテルは翌15周目にハミルトン対策でルクレールと同様のミディアムに。結果は?!
IMG_9083
ベッテルは間に合わず、盤石なハミルトンがアンダーカット成功。スタートでやったはずがやり返されて、ピットインは前を走るものに優先権がありますからね、焦り、追い込まれるベッテルも完成。ルクレール同様に、自力でいくしかない!
IMG_9084
盤石と言いつつも、ハミルトンは今回もパッとしませんでしたね。最終コーナーではらみ出し、イライラのベッテルが詰め寄ってくる。予選でアルボンもココで飛び出してタイムロスしていましたが、そんなに難しいコーナーなんでしょうか。タイヤが辛いか?!風の影響?!23周目にベッテルが前に。これでベッテルもスタート順に復帰、いざルクレール討伐へ。
IMG_9085

IMG_9087
本当におとなし目の5位フェルスタッペンにピンクのラップダウンが迫ってきます。嫌なことを思い出す。
IMG_9088
ここは賢くやり過ごす。フェルスタッペン成長したな!それでよし!

35周目にダラダラになったソフトを捨ててミディアムに切り替えるハミルトン。1回目と同様に翌周に反応したベッテルはミディアム継続で。
FullSizeRender
今回は死守。続いてルクレールが2回目もミディアム継続で復帰しますが、後方で先輩がファステストラップを刻むハミルトンに突かれ始めています。
IMG_9092
そして38周目
IMG_9094
「アンタだけは、絶対に行かせない、、」
FullSizeRender
「うを〜!」
IMG_9096
ベッテル一人向きを変え、かましてしまった。一番恐れていた発作です。シーズン中盤の焦り出してよく見る光景が、この序盤に早くも始まってしまった。
IMG_9098
え?単独の非接触なはずなのに、何でフロントウィングがないの?!
IMG_9099
ああ、そういうことね。フラットスポットからの振動なのか原因はよくわかりませんが、自ら踏み抜いて火花散らす怒りのベッテル。

IMG_9101
先輩も後ろに自ら下がったし、キングはボクにはついてこれないよね、とフェラーリ移籍2戦目、初ポール初優勝が堅いと思われたルクレールにまたもやF1の「壁」が試練を与えます。MGU-Hの不調(後日エンジンのシリンダー不良と判明)でパワーがない。
IMG_9103
みるみるうちにハミルトンが迫る!
FullSizeRender
FullSizeRender
次は髭ボッタスが1周5秒近く早いラップで近付く。
IMG_9107
止むなし。ルクレールは3位まで陥落。

残りあと2周のターン1でルノーのヒュルケンベルグがグラベルへ。予選屋さん、せっかく決勝もいい感じに来ていたのにもったいない。
IMG_9110
直後に相方リカルドまでもが離れたところでストップ。ルノーは時限爆弾でも仕込んであるのかな。やっちゃったルノー。その影響でセーフティカーが発動し、ルクレールは何とかフェルスタッペンの猛追は免れました。よく頑張ったから、その辺までにしてあげて。

IMG_9117
《決勝結果》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)
   2 ボッタス   (メルセデス・M)
   3 ルクレール(フェラーリ・F)

《ファステストラップ》
   ルクレール(フェラーリ)1分33秒411
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ルクレール(フェラーリ)

メルセデスはおこぼれワンツーを得てルクレールの健闘を讃えました。ハミルトンは決して清々しい勝ち方ではないけど、こういう「穴」を確実に獲ることが、結果的に華を結ぶことを分かっています。昨年も第4戦アゼルバイジャンGPでは同様に「もらい優勝」からスタートしたハミルトンが結局シーズンを終了待たずして得たわけです。ハミルトンを逃すと後で辛くなるのは目に見えていること。そしてフェラーリはよく分かっていること。ルクレールは不運でしたが、エースの方はレース後に説教部屋行きですね。
IMG_9116
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ルクレール(フェラーリ)

開幕戦ボッタスに打って変わって、バーレーンGPは完璧なまでのルクレールのモノでした。思いの外早い段階から結果を出してきた優等生はそう時を待たずに表彰台の中央に立てるはずです。

《第2戦バーレーンGPのポイント》
・完璧レースから悪夢でお預けルクレール
・焦りから早くも「発作」発症の先輩ベッテル
・不十分マシンからのごっつぁんメルセデス
・残り2周で同時に絶えた不協和音ルノー

バーレーンGPを終えてF1は999戦終了。次の中国GPでいよいよ通算1,000戦を迎えますね。日本の次なる元号も発表されて、何事においても新たな風が舞い込んできます。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
夕暮れと共にバーレーンGPの舞台が整いつつあります。オーストラリアはF1で恒例となっているいわば「前菜」。このバーレーンから各車のガチンコ対決が始まっていきます。前菜を上手く食べ尽くしたこの人、今シーズンから始まった「あと一声」も獲得して余裕な面持ちです。
IMG_9016

IMG_9020
逆に余裕が全くない人の代表格のこの方。部下はしっかり仕事してくれるのでしょうか。
IMG_9019
真っ先にコースインしたベテランの新人。やっぱり止める。本当は速いドライバーの一人なんですが、合同テストもオーストラリアもバーレーンのフリー走行も見ているだけで辛くなる。一応過去の貴重なポールシッター。
IMG_9024
Q1初めのタイムレコーダーは元気なアルボンから。続いてラッセルとF2あがりがトラックの地固めをしています。ラッセルは昨年のF2チャンピオン、アルボンはランキング3位でした。共にF1昇格しても、マシン選びで1.2秒もの差を生み出してしまいます。
IMG_9025
その後F2ランキング2位のノリス君も続きますよ、さあ行け!
IMG_9026
最速セクターを獲りつつ、アウトラップの先輩方を上手くかわしつつ、、うわっと!
IMG_9027
リヤウィングに「JACK & JONES」これ、またハースじゃない?!グロージャン、本当に毎回ネタを入れてくるなぁ。一日一善ってやつか、善ではないけど。
IMG_9028
「F2あがりの諸君、F1はこう走るのだよ」
魅せますねー先輩。フリー走行からキレキレです。そんなルクレールよりF1先輩の彼はどうよ。
IMG_9030
うーん、今回は地味ね。ちょうど1秒落ち。フェラーリが速過ぎかな、と見守るニューウェイ先生。あ、こちらも髭を蓄えて。今年の流行りなのかな。あと、そちらはまだ生えるのね(笑)
IMG_9029
IMG_9032
Q1の結果はこちら。飛び抜けているウィリアムズ2台は驚かないけど、ここで何とルノーのニコヒュルがアウト、とその横顔はルノー復帰のシロトキンではないか。よかったね、前の職場は君のいた頃より大変そうだよ。ライコネンはギリ15。

IMG_9033
Q2開始は雨でも降り出すのではないかと思わせる渋滞が起きています。大丈夫、バーレーンはまず降らない。こちらは余裕余裕、1分遅れで渋滞回避。
FullSizeRender
IMG_9035
また、ドーンと来る・ルクレール。ハミルトンを0.5秒も追いやって、危なげない。続く先輩は?
IMG_9041
げ、タイヤスモークあげてる。Q1だかでもやってなかった?ルクレールの1.2秒落ちで暫定6番手。こりゃ2本目でやり直しだな。
IMG_9038
Q2の結果です。トロ・ロッソ2台と黄色いリカルドが店じまい。甲高い音で不甲斐ないルノーエンジンは全てをマクラーレンに託しましょう。ベッテル2本目は何とかルクレールの0.3秒落ちまで戻し、他メルセデス、ハース、マクラーレンが2台揃って生き残り。ライコネンはまたもギリ10。
IMG_9040
ミニ・ライコネン2人も見守っています。お兄ちゃんのロビン君、額あたりがパパそっくりだな。パパ、まいかいギリギリでもがんばれ!

IMG_9042
Q3の1本目からルクレールはベッテル先輩の持つポールレコード1分27秒958と全く同じタイムを樹立。非常に乗れています。対してベッテルはこのタイムを見て何を思う。
IMG_9043
Q2でタイヤを1セット余計に使ったため、1回目は走らずに待機。残り3分でベッテル出発。タイムは?
IMG_9045
1年前の自分と今のチームメイトに0.2秒足らず。一方でルクレールはさらにタイムを削ってポールレコード更新。初ポールポジション獲得!
IMG_9046
IMG_9049

IMG_9050
《予選結果》
   1 ルクレール(フェラーリ・F)1分27秒866
   2 ベッテル   (フェラーリ・F) 1分28秒160
   3 ハミルトン(メルセデス・M)1分28秒190

《予想との答え合わせ》
3番手ハミルトン、4番手ボッタス、5番手フェルスタッペン、10番手ノリス、11番手リカルド、18番手ストロール、19番手ラッセル、20番手クビカ。以上8人正解。フロントロウが真逆、あとグロよりマグでした。ハースは速い。サインツとライコネンを下に見過ぎたかな。

IMG_9047
《Q3トップのルクレールとの差》 
    フェラーリ(ベッテル)が0.3秒落ち
    メルセデス(ハミルトン)も0.3秒落ち
    レッドブル(フェルスタッペン)は0.9秒落ち
    ハース(マグヌッセン)も0.9秒落ち
    マクラーレン(サインツ)も0.9秒落ち
    アルファロメオ(ライコネン)が1.1秒落ち
    ルノー(リカルド)は1.6秒落ち
    トロ・ロッソ(アルボン)も1.6秒落ち
    レーシンポイント(ペレス)は1.9秒落ち
    ウィリアムズ(ラッセル)が3.9秒落ち

オーストラリアGPよりバーレーンGPの方が「F1らしい」と言われつつも、フェラーリとメルセデスの入れ替わりとレーシングポイントが落ち込んだ以外、順列は変わりませんでした。また、3番手のレッドブルから9番手レーシングポイントまでは1秒以内にまとまっているあたりも似ています。さらに、ウィリアムズがトップから4秒近く離れていることも同じ。
マクラーレンはようやくサインツも本来の位置に戻り、ノリスの良き見本となっています。本家超えもしたし本家より若いし。決勝のダブル入賞に期待がかかります。

IMG_9039
《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》 
    ルクレール(フェラーリ)

miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイはフェラーリ2戦目でポールレコードを更新する快挙を成し遂げたルクレールに一票!ミスもなく文句無し。

IMG_9051
《決勝の表彰台予想!》
   1 ルクレール(フェラーリ・F)
   2 ベッテル   (フェラーリ・F)
   3 ハミルトン(メルセデス・M)

フリー走行、予選を完璧に過ごした優等生ルクレールは勢いそのままにF1初優勝へ。ライバルチームの先輩フェルスタッペンとは異なったアプローチでトップドライバーに名乗りを上げてきそうな予感。予選順位から変わらず、先輩2人は今回おとなしく若手の成長を受け入れてもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ