F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:第18戦

今日は仕事で東北新幹線に乗り、久々に日本最速の320km/hを体感しました。ある程度「のぞみ慣れ」しているmiyabikunですが320km/hともなると車窓や走行音が格段に速いのがわかります。Gフォースはないものの、速度だけは擬似F1体験できますね。あれを一人ぼっち、狭い幅員の道で抜きつ抜かれつ、ぶつけつつぶつけられつつやるんだからすごいですよね。

FullSizeRender
そしてようやくメキシコGPの決勝に辿り着きました。だいぶ時差が生まれてしまいましたね。その罰として、今回もポイントウォッチで書いていきます。乗っけは色々ありましたが、後半はまあまあ、我慢比べというかまったりというか。振り返りましょう。

《またもスタートで交錯。問題はそこではない》
IMG_9367
スタート直後のターン2で今回はハミルトンとフェルスタッペンがニアミスし、フェルスタッペンが大きく順位を落とすシーンから始まりました。
IMG_9366
このハミルトンの角度は一人だけ見るからにおかしいです。これからの復帰の際にフェルスタッペンはグリーンに逃げ、ハミルトン自身も曲がり切れず、ターン3をカットしていました。この件についてフェルスタッペンは「ハミルトンのペナルティ無し」が腑に落ちないと発言しています。気持ちはわかります。それもそのはず、自身は土曜日のファステストラップを誰とも触れず、シレッと出したのを取り消しになり、さらにペナルティで降格したばかりですもんね。チャンピオン獲得を目前にハミルトンはピリついて、ちょっとがめつくいき過ぎたかな、なんて考えたりもしましたが、ハミルトンはハミルトンでスタート直後にこんなことがありました。
IMG_9368
IMG_9365
おー、ベッテルがガッツリ外に追いやっテル。これでハミルトンは出遅れて降格フェルスタッペンと交錯したわけですね。ならば事の発端はベッテル?!(笑)それは飛躍しすぎだけど、最近のF1はスタート直後に一悶着起こるのが続いています。また鈴鹿もそうでしたが、その共通してフェルスタッペンが絡んでいるのは興味深い。
IMG_9374
今シーズン序盤は冷静でおとなしく、中盤はフェルスタッペンの腕をもってチームの成績の底上げに成功しました。が、終盤戦になると、また絡み出した。「一昔前のフェルスタッペン」に戻ってしまったかのよう。速いライバルに食らいつかんと、やれる最大限を懸命に引き出すあまりのリスクでしょうか。かといってmiyabikunは立て続くスタート直後のフェルスタッペンだけを責めているわけではありません。そもそも今シーズンは「裁定の是非」も一際議論に挙がっています。昔も今もF1のスタートはとてもリスクを伴いますし、時には力技であったり接触を生むこともあります。観ているファン、そしてプレイするドライバーも納得できるような裁定内容と時期にしてほしいと強く思いました。
その隙に漁夫の利を得たアルボンとサインツはあっぱれ(笑)

《久々に見た、お粗末ピットワーク》
スタートと並んで「レースのアクション」に数えられるピットワーク。パッシングの要素が少なくなったのも寂しい風潮です。
IMG_9376
4番手チームをほぼほぼ確立した「新生マクラーレン」ノリスくんが13周目にボロボロのソフトタイヤからハード履き替える。
IMG_9377
モタついた挙句、ばってんマークってもしや、、
FullSizeRender
ノリスは本線合流直前にお預けを食らう。そして、クルーが走る!
IMG_9379
たまにこんな画をF1で見かけますが、これを見る度に頭の中でmiyabikunは「ドリフのテーマ」が流れます。どんなテーマ曲か感づく方はなかなかなお兄さんお姉さんなはず(笑)
IMG_9382
色は違えど、マクラーレンですよ。名門ですよ。ブルースが泣いてますよ、しっかりしてくださいよ!新生なんだからカリカリするなって?!
IMG_9388
こちらも、、
IMG_9386
リヤがグニャンって、何やっとんねん。。ハマる前にシグナル出すなって!またジョビナッツィがミスったと思っちゃうじゃん。ペーターさんが泣いてますよ!ただでさえ抜き辛くなったと言われるF1で、ピットでわざわざライバルにチャンスを与えるなんて御法度です。中堅チームはご愛敬、でも、ココは、、
IMG_9403
と、とにかくこのメキシコはピットワークの不手際が目立ちましたね。

《2人のフェラーリを1人で相手するキング》
IMG_9393
チャンピオンが目前のキングは予選も決勝スタートもほろ苦い。アルボンとサインツに奪われた順位は取り返してちょっと早めの24周にミディアムタイヤからハードへシフト。
IMG_9395
さっさと交換したルクレールに反して、ベッテルは戦略を変えて引っ張って
IMG_9396
引っ張ってせっかくハミルトンの前を走っていたのに、抜かれずして負ける?!
IMG_9397
準ポールのルクレールも他人事ではないですぞ!ピットストップが1回多いんだから、綺麗なタイヤでプッシュプッシュ!
FullSizeRender
こちらも抜かれずして負ける。ルクレールはさっきのピット時のロスはあったにせよ、ベッテル共々無傷だったはずなんですが、蓋を開ければハミルトンが前を走る。戦略には半信半疑ながらも、文句をブツブツ言いつつ勝つ。さすがキングです。スタートでドンガラがっしゃんしないでよかったですね!

IMG_9411
《決勝結果》
   1 ハミルトン  (メルセデス・M)
   2 ベッテル   (フェラーリ・F)
   3 ボッタス   (メルセデス・M)

《ファステストラップ》
   ルクレール   (フェラーリ・F)1分19秒232
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   フェルスタッペン(レッドブル)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ハミルトン   (メルセデス)

今回は捻くれず、先程書いた通り腐らず惑わされず耐え抜いてフェラーリを負かしたキングに一票を投じます。ベッテルはスタートタイヤを温存し、ハードタイヤでハミルトンを追えればカッコよかったのですが、終盤は地味ボッタスに突かれてしまっていました。ちょっぴり期待ハズレ。

IMG_9401
《第18戦メキシコGPのポイント》
 ・スタートとピットにアクションを委ねるF1
 ・2人がかりの異なる戦略もキングは崩れず
 ・今どきピットのロスとミスなんて恥ずかし
 ・腐るなフェルスタッペン、オトナが悪いんだ

《第18戦までのドライバーズランキング》
 1 363 → ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 289 → ボッタス    (メルセデス・M)
 3 236 → ルクレール   (フェラーリ・F)
 4 230  ↑  ベッテル    (フェラーリ・F)
 5 220  ↓  フェルスタッペン(レッドブル・H)

ハミルトンとボッタスのポイント差は74。デッドラインだった78ポイント未満でしたのでチャンピオン決定は次戦以降に持ち越しです。第19戦アメリカGPでボッタスがいかなる順位になろうとも、ハミルトンが4ポイント(8位以内)を獲得した瞬間にハミルトンのチャンピオンが決定します。そんなケチくさい事言わず、アメリカ大好き大得意なハミルトンに有終の美を飾ってもらいましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
メキシコはペレスの国。毎年熱狂的なファンでスタンドが埋め尽くされています。CHECOというペレスの愛称以外は読めませんが、横断幕にしてしっかりサポートを受ける様子が伺えます。と言いつつ、被るキャップはメルセデスのマークが。ペレスの乗るレーシングポイントもメルセデスには違いないから、アリかな。ピンク一色に染まるかなと思いきや、例年に比べると案外フェラーリやレッドブルのサポーターが多いように思えます。
IMG_9318
こちらのミセスはアイルトン・セナか(笑)まあF1を楽しみ、盛り上がれば何でもござれですね。

IMG_9295
現役ドライバーで最多の2勝を誇るフェルスタッペンがQ1をソフトタイヤで1分15秒台に入れてきました。メキシコはホンダにとってもゲンがいいですし、今年も勝てばメキシコマイスターと呼ばれるでしょうから、頑張ってほしいですね。
IMG_9296
Q1終了寸前にウィリアムズのラッセルが1回目の計測をしくじったハースのグロージャンを食って18番手に。いいじゃないですか、ラッセルは速い!
IMG_9297
でも誉めた矢先にそのグロージャンが「最低限の任務」を果たして取り返す。とはいえねぇ、ボス。マグヌッセン共々、いつまでもこんな状況は受け入れ難いですよね。
IMG_9298
IMG_9299
Q1の結果です。下5人のメンバーは先日の予想で当たっている。ただしハースだけが今回逆。早速5人正解が3人正解に減る。

IMG_9305
Q2を黄色いミディアムタイヤで入るトロ・ロッソのクビアト。クドいですが、予選があまりよくないですから、今回はしっかり頼みますよ!
IMG_9306
新たにDRS区間に加わった先のターン12でmiyabikunの思惑通り、外側に飛び出す。
IMG_9307
やっぱりそうなるよね、ココ難しいんですよ。証明してくれてありがとう(笑)でも、予選からしっかり頼みますよ!
FullSizeRender
Q1はレッドブルにワンツーを獲られ、Q2はベッテルが先行されてはチャンピオンのメルセデスは立場がありません。最後は同じミディアムでタイム更新を図り、ワンツーで〆。
FullSizeRender
一方でフェラーリは2台ともソフトに履き替えて、タイムは出さず。今回もセクター1のストレート様々、余裕だな。上位勢はミディアムタイヤスタートに決定。
IMG_9311
Q2は地元のペレス、そして「黒い」ルノーとアルファロメオの2台がアウトでした。こちらも5人のメンバーは当たり。ただ順位がめちゃくちゃ。

FullSizeRender
Q3はメルセデスの出発をフェラーリがしかと確認し、ゴーサインを出す。後に出れば出たほど、トラックにラバーが乗って有利ですもんね。渋滞だけは気を付けてね。
IMG_9313
IMG_9317
フェラーリとメルセデスのガチンコ勝負と思いきや、メキシコ3連覇がかかるメキシコマイスター(仮)が唯一となる1分14秒台に手をかけます。何だかんだ言っても、メキシコはレッドブルの得意サーキットかな?!
IMG_9319
Q3のオーラス。仲良し好敵手ルクレールはタイム更新ならず。ん?
IMG_9320
後ろでメルセデスが潰れてる?!
IMG_9324
うわ、チャンピオン獲得にごく微かな可能性を残すボッタスがクラッシュしています。ボッタスの身体は無事。ただこのままいくと、スタートは6番手。
IMG_9327
IMG_9329
あーこれは終わった。。(どちらにせよチャンピオンはウチだけど)
IMG_9321
ベッテルはボッタスの残骸を横目にアタックを諦める。ただフェルスタッペンは黄旗が振られつつも2本目でさらなるタイム向上を図る。
IMG_9334
結果的には速度を緩めて1本目のタイムを立ててもポールポジションは確定しましたが、これって認められるのかな。今のF1ってルールやレギュレーションが「有って無いようなもの」なので、よくわかりませんね。もしタイムや順位に変更があれば修正します。
→この記事をアップする直前に順位確定。フェルスタッペンは3グリッド降格ペナルティの裁定が下り、ポールポジションはルクレールとなりました。

IMG_9328

IMG_9333
《予選暫定結果》予選終了時点のもの
 1 フェルスタッペン(レッドブル・H)1分14秒758
 2 ルクレール   (フェラーリ・F) 1分15秒024
 3 ベッテル    (フェラーリ・F)1分15秒170

《予選正式結果》予選終了後に確定
 1 ルクレール   (フェラーリ・F) 1分15秒024
 2 ベッテル    (フェラーリ・F)1分15秒170
 3 ハミルトン   (メルセデス・M)1分15秒262
 4 フェルスタッペン(レッドブル・H)

《予想との答え合わせ》
今回は2番手ルクレール、7番手サインツ、16番手ストロール、19番手ラッセル、20番手クビカ、結果5つ正解。さっきも書いたように、Q1、Q2の5人のメンバーが当たれば、必然的にQ3進出のメンバーも当たってはいます。そこは嬉しかった。ただ順位がめちゃくちゃでした。特にQ3の外しっぷりがひどいですね。レッドブル、フェルスタッペンを少し下に見過ぎました。ごめんね、フェルスタッペン。君はすごい。miyabikun予想の頼みの綱はウィリアムズと7番手フィックス化してきたサインツとなっています。
→裁定後の答え合わせは2番手ルクレールがスライドして外れたため、4人正解に減ります。

《Q3トップのフェルスタッペンとの差》 ※
 フェラーリ(ルクレール)は0.3秒落ち
 メルセデス(ハミルトン)が0.5秒落ち
 レッドブル(アルボン)は0.6秒落ち
 マクラーレン(サインツ)が1.3秒落ち
 トロ・ロッソ(クビアト)は1.7秒落ち
 レーシングポイント(ペレス)が1.9秒落ち
 ルノー(ヒュルケンベルグ)は2.1秒落ち
 アルファロメオ(ライコネン)が2.2秒落ち
 ハース(マグヌッセン)は3.7秒落ち
 ウィリアムズ(ラッセル)が4.1秒落ち

ハースとウィリアムズが離れてしまいましたが、三強以下、四から八強までが1秒以内でせめぎ合っています。その序列も多少の入れ替わりがあるものの、固定しつつありますね。
※タイム差についてはフェルスタッペンのファステストラップを使用して算出しています。

IMG_9330
《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》 
 フェルスタッペン(レッドブル)

最後のアタックでの黄旗は見えなかったとしても前車のベッテルはしっかり減速して諦めているし、それは言い訳に過ぎません。しかし、絶対有利と見込まれたフェラーリやメルセデスを抑えた最速ラップは観る者を惹きつけ「メキシコ最速」を知らしめました。裁定がどう転ぶか、現時点でどうなるかはわかりませんが健闘したと思います。
→結局フェルスタッペンのポールポジションは無効となりましたが、頑張ったためmiyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイはそのまま授与します(ちなみに次点はラッセル)

IMG_9308
《決勝の表彰台予想!》裁定後の結果考慮
 1 ルクレール   (フェラーリ・F)
 2 ベッテル    (フェラーリ・F)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

当初はフェルスタッペンにメキシコ3連覇を達成してもらいたいという予想を立てましたが、裁定に合わせて急遽書き換えました。もう、発表が遅過ぎるっての!
気になるメルセデス2人の順位は、、こちらはハミルトンが4位、ボッタスが一つ順位を上げて5位と予想します。そうするとチャンピオン争いはハミルトンとボッタスの差は2ポイント離れるだけなので、メキシコGPでの決定はありません。ボッタスはもう少し「生き地獄」を味わうことに(笑)また、ボッタスが何らかでリタイヤしハミルトンが4位止まりであればメキシコでは決まりませんが、3位になった瞬間に差が15ポイント離れてハミルトンのチャンピオン決定となります。予選のボッタスを見ちゃったりすると、チャンピオンのタマじゃないなと思ってしまう。

IMG_9303
読み辛い書き方になってすみません。裁定前の文章を最大限に活用させて頂きました。
今夜はいつも通り就寝し、月曜はいつも通り起床し、いつも通り仕事に向かう予定です。決勝観戦は月曜深夜になると思いますので、観戦記も月曜深夜から火曜日頃にアップすることになりそうです。早くレースを観れず悔しいけど、身体が保ちません。。月曜は仕事以外のネット閲覧は我慢します。リアルタイム観戦される方はくれぐれもmiyabikunにだけはナイショでお願いします!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

レーシングポイントのペレスが一人で担うメキシコGP。サーキット高低差はほぼありませんが、そもそもの設置位置が高標高であるという、F1唯一無二の貴重なサーキットです。一時期は開催終了なんて噂もチラホラありましたが、ひとまず2022年までの継続開催が決まり、まだしばらくペレスが英雄でいられます。近年のF1勢力図にちょっと飽き飽きし始めているご様子。果たしてメキシコGP終了が先かペレス引退が先か?!縁起でもないって?!(笑)
IMG_9282
《メキシコGPの基本情報》
 エルマノス・ロドリゲスサーキット
  全長   :4.304km×71周=計305.584km
  コーナー数:17箇所
  高低差       :2.8m
  DRS区間数:3箇所
  母国GP      :ペレス

《メキシコGPの個人的印象》
 ・ペレス様々!歓声の大きさが半端じゃない!
 ・起伏はないが実は世界一の高標高サーキット
 ・空気が薄く、パワーもダウンフォースも減
 ・目がいく直前よりテクニカルな区間が重要か

昨年DRS区間追加のオンパレードで来ましたが、今シーズンは再び減らすという回帰をしたサーキットがありました。このエルマノス・ロドリゲスサーキットはセクター3に短いDRS区間を新たに設けたため、3箇所となりました。空気が薄いこの土地で効果がどれだけ表れるのかも興味深いです。また区間がmiyabikunがブレーキを我慢して突っ込んでしまいがちなターン12の手前までですから、実際のドライバーはどうだかわかりませんが、コースオフしたりするとスタジアムセクションの観客の注目の的になりそう。

《過去5回のポールポジション》
 2018年 リカルド (レッドブル)
    1分14秒759
 2017年 ベッテル (フェラーリ)
    1分16秒488
 2016年 ハミルトン(メルセデス)
    1分18秒704
 2015年 ロズベルグ(メルセデス)   
    1分19秒480
 1992年 マンセル (ウィリアムズ)
    1分16秒346 ※
 ※1992年は参考データです。

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 リカルド(レッドブル)
    1分14秒759(一周4.304km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
 1回 ハミルトン(2016)
   ベッテル   (2017)
   リカルド (2018)

先日の「ゲームで走ってみよう」でも書きましたが、昨年のレッドブル時代のリカルドが飛躍的にタイムを更新してポールポジションを獲得しました。ルノーへの移籍について、周辺やファンなど外野からあーだのこーだの言われていることでしょうが、リカルドの心中で「移籍によって何を得て何を失ったか」はっきりとしていることと思います。日本GPで失格を食らったルノー勢、巻き返しや如何に?!

《過去5回の優勝者》
 2018年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2017年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2016年 ハミルトン   (メルセデス)
 2015年 ロズベルグ   (メルセデス)
 1992年 マンセル    (ウィリアムズ)※
 ※1992年は参考データです。

《現役歴代優勝者 回数》
 2回 フェルスタッペン(2017,18)
 1回 ハミルトン   (2016)

近代F1では5回目のメキシコGPとなります。近年4年では勝者は3人、現役は2人であり、さらにはフェルスタッペンがハミルトンをも上回る最多の2勝を挙げています。個人的に縁起がいいサーキットです。本来であれば今シーズンも例年通りいってもらって3連勝を果たしてもらえれば嬉しいのですが、後半戦にきてフェルスタッペンの切れ味がよくありません。長い直線はフェラーリに譲るとしても、得意とする第2セクターはメルセデスにお株を奪われそう。モヤモヤな日本GPの直後ですから、フェルスタッペンの腕とシャシー、エンジンの三位一体で高地攻略を図ってほしいですね。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
 2018年 ボッタス (メルセデス)
 2017年 ベッテル (フェラーリ)
 2016年 リカルド (レッドブル)
 2015年 ロズベルグ(メルセデス)
 1992年 ベルガー (マクラーレン)※
 ※1992年は参考データです。

《現役ファステストラップ獲得者 回数》
 1回 リカルド(2016)
   ベッテル(2017)
   ボッタス(2018)

ファステストラップについては珍しくハミルトンの記録がありません。熾烈なチャンピオン争いの渦中にあった2016年は本気モードで取り組んだはずですが、チャンピオン獲得がイージーになる終盤はハミルトンも若干肩の力を抜き気味になる傾向があります。今シーズンも同じくです。自分よりもボッタス次第ですから、このメキシコGPもイージーモードの充分な心持ちで入るでしょう。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト  (C4)
 黄:ミディアム(C3)
 白:ハード  (C2)

ハミルトンがチャンピオンを決めるか、ボッタスが優勝最有力の位置を確保するか。メキシコは決勝で抜きどころが無いわけではないものの、中団になれば「要らぬリスク」を負いかねない。予選順位がチャンピオン争いのカギを握ります。

《メキシコGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.マグヌッセン       (ハース)
 17.グロージャン       (ハース)
 16.ストロール          (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.ライコネン          (アルファロメオ)
 14.ペレス                 (レーシングポイント)
 13.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 12.リカルド              (ルノー)
 11.ヒュルケンベルグ(ルノー)
〜Q3〜
 10.クビアト              (トロ・ロッソ)
   9.ノリス                  (マクラーレン)
   8.ガスリー              (トロ・ロッソ)
   7.サインツ              (マクラーレン)
   6.アルボン              (レッドブル)
   5.ハミルトン          (メルセデス)
   4.ボッタス              (メルセデス)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ルクレール          (フェラーリ)
P.P.ベッテル              (フェラーリ)

これじゃあボッタス玉砕パターンじゃん!仕方ありません、メキシコでもフェラーリが速そうです。そういう空気なんて全く読む気も無さそうなフェルスタッペンが一人フェラーリとメルセデスの間に割って入ると予想。フェルスタッペンとルクレールを近づけちゃってまあ、、(笑)近い位置でスタートするのは、それだけパワーバランスも近いということ。2人も学習したことでしょう。レッドブルグループでみるとガスリーはそこそこ、問題は予選のクビアト。決勝はどうにか入賞圏内に入ってくるとしても、予選位置があまりよくありません。他車の降格で入賞するのではなく、予選から入賞圏内に留まり、決勝でマクラーレンやルノーを追い立てるレースができないと、貴重な表彰台登壇の快挙も薄れていってしまいます。
中団以下はペレス氏に盛り上げてもらいましょう。毎年大歓声はあるものの、入賞圏内ギリギリ止まり。シーズン後半は何気に復調の兆しもみえていますから、引き続き入賞を、できれば声援に応えてより一つでも前に!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
中央に鎮座するこのトロフィー。みんな欲しいですよね。ハミルトンが獲ればほぼほぼチャンピオン。ベッテルが獲れば首の皮をまだ繋いでおけます。終わらせてあげてほしいような、1戦でも多くハラハラさせてほしいか、複雑ですよね。

先日振り返ったように、ライン上の奇数側がスタートは有利です。ポールのハミルトンは「おっさんは引っ込んでてくれるかな」と言わんばかりにインに押し込んでいきます。
IMG_4983
IMG_4984
それをおっちゃん「んーまぁ関係ないね」とすり抜ける。珍しくライコネンはスタートで順位を上げてトップに立ちます。
IMG_4985

ココのスタート直後は接触にショートカットが多発しますよね。あちらこちらでぶつけるわ避けるわで散らかっています。
IMG_4992
IMG_4993
その中でも一番恐れていたのはこれ。
IMG_4988
IMG_5007
スタート降格した焦りはわかる。ライコネンが前に出られて、自分が出られないわけはない。でも無理しちゃうと、しっぺ返しが大きいんだって。またやりやがったなと思った方は多いと思います。まあ自分からこじ開けないと、どうにもできない状況ではあるのですが、これが毎回ですから、予想が立ってしまう。
IMG_4991
散らかった2周目での順位です。キャンキャンのフェルスタッペンは-9。キャンキャンのベッテルが+9。先代と次代、仲良し。

IMG_5002
シーズン序盤で萎んでしまったリカルドが10周目に停電してマシンを止めると、バーチャルセーフティカーが下ります。ライコネンにおとなしくついていったハミルトンはそのタイミングで動き出して
IMG_5001
フェラーリは?!
IMG_5003
しーーん。タイヤの違いもありますが、ここでトップ2台が分かれて動きが出ました。この手の流れは大抵メルセデスが長けてきましたよね。ライコネン、残念だけど今回も無さそうだな。
IMG_5005
ベッテルは12周かけてふりだしに戻っています。使いまくったタイヤで44周レースのスタート!

やっぱりバーチャルセーフティカー交換は効きますね。ボッタスをどかして元気なタイヤで早くもライコネンを捕まえたハミルトン。
IMG_5010
右からいこうかな
IMG_5011
いやいや、左からかなとしばらく戯れてみる。そう戯れていると、ファステストラップでベッテルが詰めてきています。ハミルトンはこの時にかなり新品ソフトタイヤを酷使してしまっていましたね。今回のライコネンは石でも動きません。イタリアとは一味違うか?!

IMG_5015
21周までウルトラソフトタイヤを保たせたライコネンはペースもよく、25周目にまだスーパーソフトを脱いでいないクタクタのベッテルに道を開けてもらえました。フェラーリはベッテルよりライコネンの優勝に肩入れか、当然ちゃ当然だけど珍しい。ベッテルもあまり粘っていると、後ろから次代が追いかけてきてるぞ!またやるぞ?!ピットに入れば、5位まで下がってチャンピオンが本当に無くなる。でも、今までとさっきの行いが重くのしかかっているし、今更仕方がない。
FullSizeRender

FullSizeRender
ハミルトンはリヤにいつものブリスターたっぷり。さすがに1ピットストップというわけにはいかず、優勝は捨て38周目にまたソフトに替えてベッテルにとどめを刺したい。ファステストラップどころか、コースレコードを塗り替えてスーパーソフトフェルスタッペンを追います。
IMG_5020

フェルスタッペンを抜けば、優勝は無くともハミルトンがチャンピオン。終盤でトップ3台が至近戦になると、フェルスタッペンがややもたつく。
IMG_5024
IMG_5025
ハミルトンはアメリカでチャンピオンを決めたい!粘るかフェルスタッペン、主役ではないのに毎回話題を上手くさらうキーマンだ。

IMG_5036
《決勝結果》
   1 ライコネン           (フェラーリ・F)
   2 フェルスタッペン(レッドブル・TAG)
   3 ハミルトン           (メルセデス・M)

   9 ハートレイ           (トロ・ロッソ・H)※
 12 ガスリー               (トロ・ロッソ・H)※
   ※オコンとマグヌッセンの失格で繰り上げ

IMG_4999
《ドライバーズランキング》
   1 ハミルトン            (メルセデス・M)   346
   2 ベッテル               (フェラーリ・F)     276
   3 ライコネン           (フェラーリ・F)     221
   4 ボッタス               (メルセデス・M)    217
   5 フェルスタッペン(レッドブル・TAG)191

IMG_5037
《第18戦アメリカGPのポイント》
・何気に嬉しそうな5年振りのおっちゃん
・ピット勇み足もやっぱり最速はハミルトン
・命拾いしたベッテルはメキシコもやる?!
・フェルスタッペン残れば、レース盛り上がる

忘れかけていた2013年の開幕戦オーストラリアGP以来5年振りのライコネンの優勝が見られました。もう無いだろうと思っていたし、上手い具合に相方ベッテルの手助け(苦難?!)にもなってスタートから最終周まで楽しめたレースだったと思います。
ハミルトンとベッテルのポイント差が70となり、残り3戦でベッテルがいかなる順位であっても、ハミルトンがいずれかで5ポイント獲得した瞬間にチャンピオンが決まることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_4854
風が強そうですね。一応テキサスの州都で都心からはさほど離れてはいませんが、周囲には目立つ建物も無く吹きっさらし状態です。あの展望台はすごいことになりそうだな。金曜日のフリー走行は雨に降られて、タイヤも取られて、予選や決勝の戦略やデータも不足し、予選や決勝に不安な部分も残しています。

IMG_4834
Q1のガスリーはターン19のアウトへのはらみ出しを受けてタイム取り消しとなっています。画像はハートレイですが、ココを四輪全て縁石から脱輪すると記録抹消です。昨年は決勝でライコネンのインをカットしてフェルスタッペンがパスしたことが議論になりましたもんね。何事も先に喚起しておかないと、後からではうやむやとしてしまいます。
IMG_4835
そのフェルスタッペンはいつものオレンジの縁石に乗り上げて右リヤサスペンションを壊しています。先日富士で行われたWECでも話題となった背の高い縁石。これも他と変わらず要注意ですね。気分は早くも来シーズンへ、今年は捨て気分。
IMG_4837
Q1の結果はこちら。相変わらず最後尾の番を張るバンドーン、それはともかくアロンソですら16番手に沈んでしまうわけですから、今シーズンのマクラーレンは本当にどうしようもないんだな。

FullSizeRender
Q2もウルトラソフトタイヤで臨むライコネンをよそ目にメルセデス2台はスーパーソフトで挑んでいます。渦中のベッテルは?
IMG_4839
スーパーソフトでメルセデスと同じ。当然ながらタイムはライコネンがトップに来ますが、1本目はベッテルがメルセデスを凌駕しています。必死必死!
IMG_4841
結果的にサス壊したッペンと速く走ってもトロトロ走っても変わらないロッソの3台がノータイムフィニッシュで脱落。そして後半は毎回力が抜けちゃうルノーの2人のわずか0.002秒差が分水嶺に。
IMG_4842
ヒュルケンベルグもミスはしていたけど、サインツは惜しかった。決勝もズルズルしちゃうのかな。来シーズンはマクラーレンで、本当にいいのかな。無線であの太いダミ声で不満言わないかな。

IMG_4843
Q3に入ってタイムが一気に上がりました。いよいよメルセデスが牙を剥く。ベッテルの1本目は?
IMG_4844
うーん0.088秒足らずの実質5番手。セクター1のちょこまかゾーンとセクター3のぐりんゾーンは勝ってますが、セクター2だけで大負け。イタリアあたりまでの「魔法」があれば、このセクターも勝てていたかな?!
IMG_4846
FullSizeRender
2本目はなかなか冴えてるおっちゃんが一瞬トップに立つも、後ろから追っていたキングがまたもや0.07秒上回ってくる。さあさあ、チャンはどうする?!
IMG_4848
IMG_4850
うーん0.061足らずの実質5番手。2本目はちょこまかゾーンの遅れをぐりんゾーンのみでまかなうはずが、足りませんでした。これはこれは、黄旗無視が効きますなぁ。時を2日戻したいかな、いや、半年戻したいか。
IMG_4849

IMG_4851
《予選結果》
   1 ハミルトン (メルセデス・M)1分32秒237
   2 ベッテル     (フェラーリ・F)1分32秒298 ※
   3 ライコネン (フェラーリ・F)1分32秒307
   ※金曜日の黄旗無視のため、スタートは3位分降格

《予想との答え合わせ》
ポールのハミルトン、10番手ペレスの2人。これはもうフェルスタッペンやないかい!!サスペンション壊す予想なんて立てられん!F1引退を発表したしてからおとなしくなってきたアロンソ、可哀想だから13位縛りの任務を解いてあげようかな。半分ギャグで縛っていましたが、サーキットによってはその縛りが邪魔することもありました。

《Q3トップのハミルトンとの差》 
    フェラーリ(ベッテル)は0.1秒落ち
    メルセデス(ボッタス)が0.4秒落ち
    レッドブル(リカルド)が1.3秒落ち
    フォース・インディア(オコン)は1.9秒落ち
    ルノー(ヒュルケンベルグ)は2.0秒落ち
    ハース(グロージャン)も2.0秒落ち
    ザウバー(ルクレール)も2.0秒落ち※
    トロ・ロッソ(ガスリー)が2.6秒落ち
    マクラーレン(アロンソ)が3.1秒落ち
    ウィリアムズ(シロトキン)は3.2秒落ち
    ※は最速タイムより算出

パワーユニット交換ペナルティがあったたためトロ・ロッソの真価は測り辛いですが、Q1で13番手だったガスリーは1分34秒850でQ3の上位10傑には入りませんでした。

IMG_4836
《決勝の表彰台予想!》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)
   2 ベッテル   (フェラーリ・M)
   3 ボッタス   (メルセデス・M)

《トロ・ロッソの決勝順位予想!》
 11 ガスリー    (トロ・ロッソ・H)
 14 ハートレイ(トロ・ロッソ・H)

表彰台予想通りで来れば、まだアメリカでは決まりません。メキシコ以降がより苦しいだけです。本人はまだやる気ですからね、あまり悪くは言えません。
トロ・ロッソ予想はスタートのタイトコーナーにやられなければ、前を走るルノーはダレて捕まえられるかな。入賞は、、フェルスタッペンやアメリカンギャング2人がどういうレースをするか、でしょうか。またフェルスタッペンのキャンキャン抜きは楽しみにしています。
FullSizeRender
最近のルクレールといい、来シーズンにウィリアムズからデビューが決まったラッセルにしても、何てはっきり二重のお目目クリクリなんだろう。似て見え出したらmiyabikunもなかなかなおっちゃん?!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ