F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:新車

発表会は早かったのに、クローズアップするのは最後になってしまいました。理由は言うまでもなくお察し頂けると思います。何なのあの発表会。あれじゃ単なるトークショーじゃん。決まり事ではないけど、毎年この時期にやるってわかっているでしょう。テストでガラリとマシンを変えてくるチームもある中で、まず「モノ」がない。テストが始まってもカラーリングもはっきりしないままでした。大丈夫?!メインである市販車の新車発表もそんな感じでやっているのかな。他のチームやマシンを先行して取り扱って時間稼ぎし、限られたソースから引っ張り出しました。miyabikunの中でまだ全然しっくり来ていないR.S.20が2020年型新車10台の〆となります。

《設計》
 ニック・チェスター
 レミ・タファン

《外見》
ニック・チェスターは昨シーズンでチームを離れ、今シーズンはマクラーレンからパット・フライ、ウィリアムズからディア・ダ・ビアが入り、技術陣の強化が図られます。
これが2/12の発表会です。
IMG_2189
IMG_2190
IMG_2191
IMG_2192
5003
ドライバー2人はあたかも今初めて見るかのように振り返りながらスクリーンを見たりして、記者を集めてこれじゃあネット公開と変わらないというか、それよりより酷い。
シーズン前合同テストでお目見えした実際のマシンはこちらでした。
FullSizeRender
現地で見れていないmiyabikunは画像と動画が頼りであり、カラーリングも真っ黒なカラスみたいで詳細がよくわかりませんね。miyabikun昨年「一度真っ黒にして出直したら?!」なんて言ったけど、どうやら届いた模様(笑)ちなみにカラーリングはこんな感じなんでしょうか。
5003
チラ見せ。もっと早くお披露目すりゃいいのに、焦らしたりして。まあまあ、いつもの蛍光黄色に黒と「遮断機カラー」には違いない。
IMG_2079
マシンはこのオコン車の画像が一番見やすいかもしれません。ノーズは細身でやや上に凸のカーブがかかっています。先っぽは何とメルセデス型。「Castrol」のあたりが括れています。
エアインテークはルノー独特の扁平な横置きカプセル型。投影面積は10チームで一番小さそうですね。サイドポンツーン開口もR.S.19と同じような、、うーん、黒過ぎてよくわからないや。黒くてノーズコーンが低いと何だか90年代前半にあったウィング直付けのローノーズに見えてしまう。
5003

5003
《シャシー》
R.S.20
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:
 ブレーキディスク・パッド:
 ホイール:OZ
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ    プルロッド

5003
《エンジン》
ルノー E-Tech 20
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:カストロール

IMG_2193
《ドライバー》
 No.3   ダニエル・リカルド(オーストラリア)
 No.31 エステバン・オコン(フランス)

優勝の可能性を秘めるレッドブルを逃げるように離れて、昨シーズンから籍を移したニコニコなリカルド。そして優勝の可能性を秘めたドライバーと接触してそれを台無しにしてしまったニヤニヤのオコンがニコニコに代わって今シーズンから復帰します。日本のファンを何かと逆撫しがちな2人が並びましたね(笑)たまたまだとは思いますが、希望ナンバーとチームメイトの関係って相通ずるものがあると思いませんか?!ナンバーを自由に選んだり、チームを移籍したりするはずなのに、このルノーは3と31だったり、先日のウィリアムズは6と63、レッドブルは23と33だし。メルセデスは44と77で2人ともゾロ目です。似た考えや縁が結ばれる?!3が大人気(ただしヨーロッパでは13が忌み数)
FullSizeRender
リカルドはルノーに移籍しても速さは健在で「堅実な」走りをするヒュルケンベルグを昨シーズン終盤で一気に突き離しました。速いマシンを与えられれば「性能を上乗せ」も期待できるのですが、今のところココには無いんですよね。速いには速いけど中途半端でした。予選だけは速いチームの先輩がいましたので、なかなか「ファーストドライバー」と絞り辛かった部分もあるかと思います。今シーズンの相方は浪人明けの若手ですし、リカルド自身も「思うがままに走れる」ことに飢えていた上の移籍だったと思いますので、チームも現在のドライバーラインナップで限られた貴重な「優勝請負人」を有しているということを自覚してほしいです。
オコンね。。皆さんはやっぱりまだ嫌い?!(笑)クドいけどmiyabikunは期待していますよ。1年の浪人の間に優秀な若手は増えましたが、将来を楽しませてくれる速さある若手の1人でもありますから。同士討ちに周回遅れでの接触?!まだその話をネチネチ恨みますか?!レースをやっていれば一瞬の判断ミスや不利益をもたらすことなんてザラです。思い返せば過去の名うてのドライバーにもありましたよね。セナプロもシューマッハも、アーバインやらクルサードだってやったし、辞めても最強と揶揄されるアロンソもチームメイトやポイント剥奪にまで及ぶエグいやつ、いくつもあったでしょう。現役ではハミルトンやベッテルもやってきて今があります。もちろん怪我や順位変動に影響してしまうのはいいことではないけど、きっと本人も「あの時はやり過ぎてしまったな」と心の中で思っていることでしょう。今は貴重なシートを得て復帰していますから、純粋な速さと威勢のいい走りを見守りましょうよ。
ドライバー2人よりよっぽどチームの姿勢や発言がよくない!虚勢を張ったり威嚇するのは悪いことではない。ただ、結果が伴わずスベるととても恥ずかしい。一応最高峰のF1に携わる巨大ワークスですから。

FullSizeRender
以上、前後半の5台ずつに分けて参戦10チームの新車(仮)をみてきました。今の時点であれば、全車にチャンスと期待を寄せられますね。シーズン前合同テストも後半に入りました。今回のテストは2日短縮され、たったの6日となってしまいました。開幕戦オーストラリアGPまでの限られた期間にマシンの最終セットアップを行い、20台が競争力ある健全な状態でグリッドに並ぶのを楽しみに待ちましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

落ちるところまで落ちて、これ以上落ちることのない位置にいるウィリアムズです。それでもこの名門は諦めません。なぜなら泣く子も黙る「レース屋」だから。金策や人事など、レース外で頭を抱えがちな近年、今シーズンはF1の1年目と2年目で構成されます。2人にはちゃんと別々の役割分担がある。え、若手育成?!本当に?!実はクレア姉のお歳と同じでもあるFW43です。
IMG_2013

《設計》
 アダム・カーター
 ダグ・マッキーナン

《外見》
昨年所属していたロウをポイして、ダ・ビアも「黄色いところ」に行ってしまいました。ディテールをみる前にカラーリングで驚いてしまいましたね。
IMG_2172
歴代で白や青系を多く用いるチームではありますが、FW43は久々に目立つ赤です。ヴィルヌーブ時代末期って感じ?!そこまで赤くないか。F1というよりかはインディカーなどの他カテゴリーにありそうな色使い「F1っぽいフォーミュラカー」とかでありそうですね。速い遅いは別として、これは紛れもなく実際のF1マシンです。
IMG_2090
ノーズの幅は太く、先頭形状はフェラーリと同様なタイプを採っています。青が入るのでシャープではありますが、今シーズンの幅狭タイプに見慣れるとやはりもっさり感がありますね。ラティフィの「6」は一文字だからいいけど、ラッセルの「63」はとても見辛い配置にしましたね。どこぞのスポンサーロゴかと思ってしまいました。
IMG_2086
サイドポンツーン開口はポッドウィングの配置のせいか、横に薄く見えますね。アルファロメオ市販車のフロントライトのような鋭さだ。
IMG_2091
マシン中央上部のエアインテークはメルセデス様風の横楕円に斜めのステーが入っています。当然ながらこの奥はメルセデス様と同じ型のパワーユニットが搭載されています。ココが本当はすごく重要なはずなんですが、シャシーが変わればラップタイムや順位がどエラく異なります。ラッセルはメルセデス様もお乗りになったことがありますから、その差をよくお分かりでしょう。
IMG_2087
サイドポンツーン後方の絞りはメルセデス系らしい絞り方です。ただ同様のパワーユニットを搭載し、よく似たディテールを採ったレーシングポイントRP20ほどではありませんが、本家に比べるとエンジンカバー上部「ABK BEER」あたりは丸みをもっていますね。ココを突き詰められるのがワークスとカスタマーの違いですね。仕方ないですよね。カスタマーはワークスよりも後に「ほらよっ」と供給されるわけですから、作り込みできる時間や工夫は限られてしまいます。

IMG_2085
《シャシー》
FW43
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:AP
 ブレーキディスク・パッド:AP
 ホイール:App Tech
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

IMG_2088
《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:ペトロナス

5003
《ドライバー》
 No.63 ジョージ・ラッセル(イギリス)
 No.6   ニコラス・ラティフィ(カナダ)

2年目で早くもエース格になったラッセルくんとマルドナドを彷彿とさせる面持ちの新人ラティフィ25歳のコンビです。ラティフィは恐れ多くもウィリアムズに伝わるカーナンバー「6」を採用しました。ロズベルグももう過去の人。それにしてもウィリアムズは最近ドライバーの入れ替わりが激しいですね。
ルクレールに続いて鳴り物入りしたラッセルは昨年ご存知の通り真価が発揮できない初年度でした。でも対クビカ比で明らかなように速さやマシンを完走にもっていく堅実さはよく伝わってきました。アルボンやノリスからは若干遅れた形にはなりましたが、F1キャリアを着実に積み上げています。ウィリアムズのマシンで競争力があればそれが一番だし、そうならなくても今年を耐え抜いてより競争力のある他からの声かけがあるかもしれません。開花した時のラッセルが待ち遠しいですね!
ラティフィの今までの戦績はともかく、ある意味ウィリアムズを助ける「救世主」でもあります。今シーズンから唯一の正ドライバーとなったわけですが、F1マシン自体は2016年のルノーのテストドライバーが発端となります。以降フォースインディア(現 レーシングポイント)ではリザーブとして所属しているため、F1に携わっている期間だけでいえばなかなか長いです。もちろん「救世主」が悪いことでもないし、好成績が望めないわけでもありません。ウィリアムズにとっての「表の救世主」となってくれることが一番でしょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仮の名は今シーズン限りか?!レーシングポイントの2号機となるRP20です。父親は偉大なり。

《設計》

 アンドリュー・グリーン


《外見》
IMG_2073
カラーリングに変化は無し。どピンクです。安心しました。ノーズコーンは先端が黒くなり、歴代続いたフォークっぽい塗り分けや2つの縦長開口も取り止めています。IMG_2074
IMG_2075
サイドポンツーン開口は上端外側に丸みを持つ横長です。このチームは昨年も発表とテストでマシンをだいぶ変えてきましたし、正直ココでマシンを見るのは意味がありません。IMG_2076
IMG_2077
IMG_2078

先日から始まったカタロニアサーキットでの開幕前合同テストでのRP20はこちら。5003
何じゃこりゃ。発表会は何だったの?!あの先っぽのアレといい、これ、メルセデスじゃん!
5003
ただサイドポンツーン開口をみると今シーズン型のW11というよりかは昨年型のW10のような滑らかで大型の三角形を採用していますね。ということは、パーツや技術はメルセデスの払い下げか?!パパやるなぁ。
5003
サイドポンツーン後方の絞りはそうキツいものではなく、ふくよかですね。オリジナルな部分も残っているのかな。マシンはピンクだけど、「グリーンの仕事」無くなっちゃいますよね(笑)
エアインテーク側部に面白いものが付いていますね。T型尾翼にエンジン三発のボーイング727みたいです。さすがにRP20のこれはエンジンではありませんね。形状的にリヤウィングまでの整流に効果がありそう。
5003

5003
《シャシー》
RP20
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:
 ホイール:BBS
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance

 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ

 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:

5003
《ドライバー》
 No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
 No.18 ランス・ストロール(カナダ)

今シーズンもご存知の通りペレスとストロールのラインナップに変わりはありません。毎回miyabikunは便宜上勝手にキャリアや成績からペレスをエースとして記載していますが、実際のところどういう位置付けなのか迷ってしまいます。「ペレス君には本当にお世話になっているよ。今年もウチの息子を頼むよ」なのか「ペレス君わかっているよね。このチームは私がいるから成り立つんだよ」なのか。ローレンス・ストロール氏の存在には感謝しますが、個人的な思いとしては前者の環境であることを祈っています。
荒くれ者のイメージが強かったペレスは持ち前の「タイヤの取り扱い」を強みとして、可能な限り入賞圏内を押さえる走りが出来ています。れっきとした表彰台登壇者の一人ですもんね。もうペイドライバーの一言では済ませられない、一人前のベテランドライバーです。マシンがもう少しよければ、グイグイ上位争いに食い込めます。近年の勢力図に飽き飽きしていて、将来を諦めた感を漂わせる発言が心配ですが、諦めず上位を果敢に狙ってほしいと思います。
ストロールも下手くそは徐々に薄れ、年々成長を続けているドライバーとなりましたよね。一般的なチームにいたら、これほど長く続けられるかに疑問はありつつも、それもこれも偉大な父のお陰か?!ストロールも立派な表彰台登壇者です。中堅チームで表彰台に向けてワンチャンスを狙って成長してほしいです。
5003
「やっぱりパパの資産って、これくらい?あはは」
5003
「いやいやいや、先輩もペイやないかーい!」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1850
正式発表を待ち切れず、発表前にカラーリングをチラ見せなんぞ、とんだハースだ(笑)F1界のマル暴ならぬマルH。スポンサーロゴやチームメイト、ライバルとも、今年こそは揉めません!そろそろ落ち着いた「真の速さ」をみてみたい。フェラーリ系の第三弾、ハースVeryFirst-20です。

《設計》
 ロブ・テイラー
 ベン・アガサンジェロ

《外見》
昨シーズンはスポンサーの兼ね合いもあり黒地に金のエレガントなカラーでしたが、このVF-20は白、赤、黒のお馴染みに原点回帰。いいじゃないですか、この色使いこそがハース。miyabikunが暇な時にやっている「F1 Mobile Racing」のカラーリングにちょっと似てきたのが気に食わないが(笑)あれはハースのオマージュではありませんからね!
IMG_1855
IMG_2094
ノーズはフェラーリ系チームと同様に太めのままです。特にハースはフェラーリに近い形を採ってきました。ノーズコーン先端の形状含め、フェラーリ次第なところがあるのかな。側面からマシンをみればフェラーリが強めのレーキ角を採ればハースもそうなりますね。右へ倣え!
IMG_1854
IMG_2095
マシン下部が黒なのでディフレクターやポッドウィングなど、画像では非常に見にくい。
IMG_1853
サイドポンツーン後方は撫で肩になりつつも、ライバルにあるタイプの断面とは若干異なり、まだまだ大柄にみえます。エアインテークはアルファロメオもやっていたフェラーリ型の三角型。
IMG_1852
総じていえば、各所が相変わらずフェラーリと似ていて、今の最新鋭というよりかは古臭い感じが漂います。

《シャシー》
VF-20
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:
 ブレーキディスク・パッド:
 ホイール:OZ
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

《エンジン》
フェラーリ Tipo065
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:

IMG_2092
《ドライバー》
 No.8   ロマン・グロージャン(フランス)
 No.20 ケビン・マグヌッセン(デンマーク)

仲がいいのか悪いのか。なかなかな空回り、いずれもF1でベテランの領域に入りつつあるこの組み合わせも早4年目。クラッシュのリプレイなんかをみると、スローでこのリヤウィングのロゴ「JACK & JONES」を見る確率が高い気がします。ああまたコイツら絡みなのかと笑ってしまうようになりました。
グロージャンは何だか心底ツイていないし、裏目裏目に出ている気がして、miyabikunは悪く言うことができません(笑)何度も言っていますが、今や大所帯になったフランス人を一人で担った時代もあるし、本当は速いのもわかっています。でもずっと不調、ずっと不安定。グロージャンはまずシーズン序盤からよくないんですよね。「エンジンのかかり」が遅過ぎます。マシンのバランスや出来がよくないと言われつつも、マグヌッセンは荒いながら走れているし、成績以外の他で評価があるのだろうから生き残れていますが、イキのいい若手が来たらそろそろ本格的にヤバい。もう一度輝くところがみてみたいです。
マグヌッセンも争うはチームメイトでなくライバル達ですね。争うといっても力業やダーティーなやり方でなく、スマートに。グロージャンと同様に参戦当初に好成績を残したこともあって、ポテンシャルは高いことがわかります。力ある若手がどんどん輩出されていく中、マグヌッセンにとっても結果が伴わないとシート存続が危うくなってきます。

IMG_2093
荒くれ軍団、笑いのネタのようにみてしまいがちですが、F1はトップもいればハースの2人のような中堅の経験者も重要な位置をなしています。若手に押されずF1の中間層を支える堅実な走りが彼ら2人に求められる命題であり、それを行えば好位置フィニッシュは決して難しい話でもありません。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お休みを挟んで、新車をみる後半戦を続けていきたいと思います。
IMG_2052
アルファが2チームになっちゃった。でも元祖はウチよ、と参戦2年目となるアルファロメオ(ザウバー)のお出ましです。赤ワイン一気飲みのおっちゃんのいる方ですね。先日のクラッシュテストで初回はバラバラに壊れて不通過となり心配されました。今シーズンもシャシー名は「C」を付してきました。ザウバニズムは2020年でも健在です。

《設計》
 ヤン・モンショー
 ニコラス・ヘンネル
 エリック・ガンダラン

《外見》
IMG_2049
IMG_2050
新車初お目見えはお決まり黒のダミーカラーとなりましたね。正式発表の直前なんだし何も隠す必要はないのに、と思うのですが。意外とダミーカラーの方がカッコよく見える。色は結局白とワインレッド、マシン下部が黒の構成でした。ノーズの縁取りもエンジンカバーと揃えられましたね。
IMG_2055
ノーズは中絞りのタイプを採用しています。最近はサスペンションより前が細身のタイプが増えはじめましたので古めかしく感じます。
IMG_2042
IMG_2081
動物的なノーズコーン先端も健在です。ここはまだ黒のままなのでダースベイダー感も残っています。
IMG_2082
ノーズ周りもさることながら、エアインテークの形状も各マシンで形状差が現れる場所です。アルファロメオは引き続き分割された個性的なものを採用。メインの吸気口はお兄さんチームのフェラーリに似た三角形となりました。楕円型も含め、この開口の投影面積はアルファロメオが最も大きなものとなっています。
サイドポンツーン開口は扁平なものを採用しつつ、フェラーリと比べると下端が広く、大きな開口となっています。先程の上部も含め、アルファロメオは開口が大きく冷却に力を注いでいるようにみえますね。マシンカラーが白のせいか、開口周りのポッドウィングは案外シンプル。
IMG_2083
最近のマシンはどうしてもここに目がいってしまいます。サイドポンツーン後方の絞り、だいぶ絞られましたね。ただライバルは今シーズンでエンジンカバー上部もかなり細身にしているところも多く、それに比べるとアルファロメオは「alfa Romeo」とあるあたりをみればまだまだ膨らみがあります。

IMG_2054
《シャシー》
C39
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
 ホイール:OZ
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

《エンジン》
フェラーリ Tipo065
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:

IMG_2041
《ドライバー》
 No.7   キミ・ライコネン(フィンランド)
 No.99 アントニオ・ジョビナッツィ(イタリア)

コンビは変わらずの2人ですね。昨シーズンの序盤はライコネンがさすがの走りで好位置を走行しましたが、後半戦は時が止まったかのように精彩さを欠く低調に転じて、逆にジョビナッツィの方がライコネンを上回る結果となりました。
IMG_2084
ライコネンは現在40歳の最年長かつシーズン途中には「F1決勝最多参戦」の記録を更新します。よくもあの脱力っぷりでこんな多くドライブできたものです。変に政治的な動きや発言をしてこなかったことが好転だったのかもしれませんね。今までの戦績とファンからの人気でうまく渡り歩けています。miyabikunは前厄となる今年、ずっと風邪っぽいし長引くし、体調が優れません。ライコネンは1年先輩ですから、日本では本厄にあたる歳です。大丈夫でしょうか。彼には全く関係なさそうですね(笑)結果云々というよりかはドライブできているのが奇跡的な領域に入ったレジェンド。今シーズン限りなのか単年とかでこの先もドライブするかは明らかになっていませんが、引き続き若手の模範となる走りで世界に点在するファンを魅了してほしいですね。
F1ドライバーにもなれないmiyabikunは昨シーズンの序盤のジョビナッツィに対して、遅いとか悪いでなく「下手クソ」と言い放ちました。だって本当に下手クソなんだもん(笑)要らぬところでスピンするし、それがまた単独というだけでなくレースを左右するきっかけにもなって、後ろ盾もありせっかく得たシートも今年(2019年)限りかなと。ところが後半戦はライコネンとは逆にマシンに馴染んだのかライコネンを上回る予選と完走を続けられるようになりましたね。上り調子で来ているならば、まだまだ伸び代を期待できるということ。F1の2年生を除いて唯一表彰台未経験者です。「無口な見本」が隣にいる間に得るものをしっかり得て、貴重なF1イタリア代表として奮起してほしいと思います。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ