F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:振り返る

先日は2020年シーズン後半の予選についてまとめました。今回は決勝編です。予選編よりちょっぴりボリュームがありますが、引き続きお付き合い下さい。

IMG_7573
《優勝者》
 第10戦 ボッタス    (メルセデス・M)
 第11戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第12戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第13戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第14戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第15戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第16戦 ペレス     (レーシングポイント・M)
 最終戦 フェルスタッペン(レッドブル・H)

前半9戦はメルセデス7勝、レッドブルとアルファタウリのホンダ系が1勝ずつとかなり偏った内容で進行していました。後半8戦は第10戦ロシアGPのボッタスにはじまり、第15戦バーレーンGPまでメルセデスが制していたものの、ハミルトンが欠場を強いられた第16戦サクヒールGPでトップのミスの隙をうまくモノにしたペレスが初優勝。最終戦はポールポジションからそのまま逃げ切ったフェルスタッペンがシーズン 2勝目を挙げたことにより、メルセデス6勝、レーシングポイント1勝、レッドブル1勝となりました。レーシングポイントはご存知の通りメルセデス製のパワーユニット搭載車ですので、後半8戦もメルセデスとホンダの2メーカーのみの勝利ということになります。最近速さをみせるルノー系ならまだしも、今シーズンのフェラーリ系は優勝はおろか表彰台登壇が精一杯な状況でしたよね。ホンダがメルセデス系全勝を阻んでくれたことに感謝です。

《決勝平均順位》
決勝の平均順位です。いつものように「リタイヤは20位」とみなしています。予選と同様に何人かの代走を伴いましたのでスポット参戦者の順位も掲載、欠場したドライバーは「出走したレース数」で平均順位を割り出しました。またウィリアムズとメルセデスのステアリングを握ったラッセルは「ラッセル自身の順位成績」で集計しました。
IMG_7760
あはは、やっぱりこうなったか(笑)ハミルトンがグラフに破線で入れた入賞ラインや表彰台ラインなんぞ全く無用の文句無し1位台。何だかいるのかいないのかよくわからないくらいだぞ。でもこれぞチャンピオン、キングという戦績ですね。以下をかなり引き離してしまっています。今シーズンの、いや近年のパワーバランスを大袈裟に示すと、きっとこんな感じになりそうですね。決して他のドライバーがだらしなかったり、遅いのではない。そのくらいキングは別格。あまり誉めたくない(笑)
2位はボッタスでもフェルスタッペンでもなく、黄色はラストのリカルドですよ!なぜかというと、ボッタスは欠席は無くとも、第11戦アイフェルGPでリタイヤをかまし、ヌルヌルの第14戦トルコGPではレース数と同じ14位完走に終わったから。フェルスタッペンの方はイモラで行われた第13戦ロマーニャGPとまだ記憶に新しい第16戦サクヒールGPでの「非接触クラッシュ」で2つ落としたためにこのような評価になりました。するするっと二強を上回ったリカルドの後半戦はなかなか力強い走りをしましたよね。予選からサードロウ付近にちらほら顔を覗かせ、ボッタスとフェルスタッペンが落とした3位表彰台をもぎ取りました。そんなルノーの底上げに貢献したリカルドも来シーズンは「オレンジの矢」マクラーレンに移籍します。今シーズンまでのパワーバランスはマクラーレンの方が少ーし上でしょうか。表彰台で一芸みせるオレンジのリカルドが度々お目にかかれることと思います。
熾烈な入賞圏内クラスのドライバーの中で前半戦と比較すると、ノリスくんが少し振るわなかったでしょうか。前半9戦平均6.89位だったのに対し、後半8戦は10.38位と入賞圏内の危うい位置にまで下がりました。第1戦オーストリアGPで初表彰台を経験してから、何とか入賞圏内に留まりますが、後半戦に入るとリタイヤ1回、入賞圏外完走が2回となっています。雰囲気的には先輩サインツの好走が印象的でした。そのサインツが来年お世話になる「紅い名門」はルクレールが8.63位と堅調さ(とはいっても、本来いるべき位置かは考えたらダメダメ)をみせるも、4回チャンピオンは安定の11位入賞圏外と、サインツ立場からは不安でしかない成績。

IMG_7759
コンストラクター単位の平均順位です。トップを走るメルセデスはさておき、レッドブルが3位以下を引き離す単独2位と思いがちですが、miyabikun評価法ではリタイヤ数が効いてしまうこともあり、レッドブルが想像より低めに出てきます。こうしてみるとレーシングポイントまでの6チームが団子状態ですね。その上位7チームで入賞圏内を奪い合い、下位3チームの付け入る隙を与えません。下位の中では遅くともリタイヤが少ないアルファロメオが頭一つ出た形となり、ビリは平均16.31位の同率でウィリアムズとハースが並びました。前半はウィリアムズが16.22位、ハースが16.28位でしたので、前半より平均値は落としつつ、僅差でウィリアムズがピリから脱出しました。

《決勝走行周回数》
予選には無い、決勝ならではの評価の一つ「走行周回数」です。もちろんこの蓄積にはドライバー由来ではなく、チームやマシン、ライバルやサーキットによるものなど様々な要因を含んでいるわけですが、規定の周回数、長い距離を走破することもF1を戦うためには必要不可欠です。後半8戦の一人あたりのトータルは499周となります。周回数とレギュラードライバーには周回走破率を多い順に記載して並べてみました。
IMG_7758
1位はメルセデスでなくルノーのリカルドで消化率99.8%、1周足らずの498周となりました。リカルドはアルガルヴェ国際サーキットで初開催となった第12戦ポルトガルGPで9位入賞ながらラップダウンしているため全周回数走破となりませんでした。それでも8戦全て入賞圏内でフィニッシュし、この後出てくるドライバーズポイントランキング上位浮上に成功しています。周回数2位もメルセデスではなく、何とあのベッテルちゃんが4周足らずの495周となっています。遅いマシンで投げやりにみえたのですが、実は本人出来る限り頑張っていたのが伝わってきますね。腐ってもチャンピオン、ちゃんとしたマシンを今一度与えて、まだまだ速さがあるというところを知らしめてほしいですね。3位はクビアトとライコネンの中堅と超ベテランの2人が入ってきました。ライコネンに明日はありますが、残念ながらクビアトに明日は無くなってしまいました。
フェルスタッペンって、成績やインパクトのある走りをするので存在感は抜群にあるのですが、この周回数に関していうといつも下位にいる気がします。歳やキャリアを重ね、かなり賢く強みのある走りができるまで成長して今があるものの、何かに巻き込まれたり何かが根をあげたりとマシンがついてきていないというか、まだまだチャンピオンの貫禄や運は持ち合わせていないというか、、。彼に安定感や信頼性を与えたら、かなりのバケモノが誕生するんだろうな、という期待を年々楽しみにしています。
これ、あまり言いたくないのですが、今回ハミルトンは第16戦の欠場のため総周回数のくくりで順位を落としたわけですが、それを無しとして参戦7戦分で計算すると、周回数は412周になります。ハミルトンも412周しています。ということは出たレースの消化率は紛れも無く100%。でもでも、miyabikunは意地悪なので、断固499周で計算しています(笑)休んでも出ても、やっぱりキングはキング。

IMG_7757
続いてコンストラクター単位の周回数です。相変わらずアルファロメオは走りますね。あとちょっと速ければ、中団はさらなる混戦模様を演出してくれるのですが。もったいないですね。3位のアルファタウリは前半9戦と比べて安定した上位入賞を確保するようになりました。フェラーリも同様にダメダメな中で「ドライバーの」努力と忍耐で距離を伸ばせました。逆にレーシングポイントがいい時と悪い時の差が大きく、レッドブルに続く3位を逃す形となりました。この借りはアストンマーチンとなって晴らすか?!

《ファステストラップ獲得者》
 第10戦 ボッタス    (メルセデス・M) 51/53周
 第11戦 フェルスタッペン(メルセデス・M) 60/60周
 第12戦 ハミルトン   (メルセデス・M) 63/66周
 第13戦 ハミルトン   (メルセデス・M) 63/63周
 第14戦 ノリス     (マクラーレン・R)58/58周
 第15戦 フェルスタッペン(レッドブル・R) 48/57周
 第16戦 ラッセル    (メルセデス・M) 80/87周
 最終戦 リカルド    (ルノー・R)   55/55周

入賞した場合に1ポイントのボーナスが付与されることとなったファステストラップです。ハミルトンとフェルスタッペンが2回。ボッタス、ノリス、ラッセル、リカルドの4人が1回ずつの獲得となっています。
この中で印象に残っているのは第16戦サクヒールGPで獲得したラッセルです。レースの詳細は今回割愛(過去の決勝観戦記をご覧下さい)しますが、ファステストラップを記録した80周目はどうにか順位を一つでも戻そうとしたソフトタイヤでのラップです。いつも通りにやれていれば、ファステストラップポイントよりも大きなポイントを得られたのにね。誰もがうらやむメルセデスのシートを得られたのはチームのおかげ、ただそのチャンスを踏みにじる形となったのもまたチームのおかげ(せい)でしたね。チャンスはそう簡単には舞い込んでこない。チャンスをモノにできるかできないかは己の努力「だけ」とも限らない。

《決勝チーム内対決》
IMG_7761
決勝のチーム内バトルの結果です。代走は連名で表示、集計し、細分はしていません。ごめんなさい。後半は8戦なので4勝4勝がイーブン、また決勝は「共にリタイヤは引き分け」があり得ますが、今回はうまいこと勝敗が分かれました。
差が大きい順でみていくと、7勝1勝のレーシングポイント1チーム。6勝2勝がフェラーリ、レッドブル、ルノー、ハースの4チーム。5勝3勝はメルセデス、マクラーレン、アルファロメオ、ウィリアムズの4チームで、アルファタウリのみが4勝ずつのイーブンでした。チーム内のパワーバランスを考えるとそれぞれの勝敗が何処となく想像できますよね。細かくみていくと、レーシングポイントは最終戦アブダビGPでペレスのリタイヤが唯一の黒星となり、ストロールに勝ちを与えました。メルセデスはハミルトン&ラッセルが5勝でボッタスが3勝という内訳ですが、ボッタスの3勝は「ハミルトンから2勝、代理ラッセルから1勝」から成り立っています。ラッセルに勝った第16戦サクヒールGPはメルセデスにとって悪夢といえる「しっちゃかめっちゃか回」でした。もし手堅いレース運びができていたら、ボッタスはもう一つ勝ち星を失っていた可能性もあります。そのくらい、ボッタスは今シーズン勝負に弱かった。。

《ポイントランキング》
F1はコレを獲るためにある。ポイントランキングです。まずはドライバーズのトップ3。
IMG_7771
前半戦を終わった時点の順位のまま、交わること無くシーズンが終了しました。2020年もハミルトンの年。さすがに倍半分とまではいきませんが、ハミルトンが前半で獲得した205ポイントに対し、ボッタスとフェルスタッペンの2人が最終戦終了時点でようやく近付き上回った感じです。ハミルトン強過ぎですねーつまらないですねー、さっさと次のグループにいっちゃいましょう。
IMG_7773
次はランキング4位から12位まで一気にみていきます。特に4位ペレスから9位ノリスまでのバトルが濃厚でしたね。後半戦で確実に上位を獲ってきたリカルドを捉えて上回ったのはサクヒールGPで初優勝を飾ったペレスでした。シートが喪失することになって特に強みを増し、マクラーレンやリカルドを一人で立ち向かっていった姿は立派でした。頑張ったらまた日が当たるかもしれない、それを信じてシーズン後半戦に挑んでいたのが走りからひしひしと伝わりました。IMG_7772
こちらは残念ながら下位に相当するグループです。ベッテルがいます。今シーズンでシートを追われることになったドライバー達に紛れている。信じられません。チームメイトのルクレールからは大きく離れ、傍からみて闘争心が感じられず、既に悟りを開いたかのような落ち着きしか見えませんでした。ランキング争いをしたクビアトとの差は「チャンピオン経験者である」という点でしょうか。その過去のブランド力を活かし、来シーズンも何とかF1をドライブできます。新天地でもう一花咲かせられるかがベッテルに課された任務です。長く続けるライコネンや来シーズンからは再びアロンソも復帰してきますので、ベテランの意地を見せてほしいものですね。

IMG_7768
最後はコンストラクターズランキンググラフです。ポイントを獲得した9チームを一気に並べてみました。差が大き過ぎて、何も見えてきません(笑)というわけで、後半8戦を盛り上げてくれた3位から7位の5チームをクローズアップ!
IMG_7767
特にアツかったのはドライバーズと同様にマクラーレン、レーシングポイント、ルノーの3チームでした。前半戦は頭一つ抜け出してそのまま逃げ切りかなと思われたマクラーレンでしたが、ドライバー2人は確実にポイントを積み重ねるも派手さはありませんでした。一方でペレスの初優勝を後ろ盾に終盤でランキング争いを制すると思われたレーシングポイントはノーポイントが響き、結果的にはマクラーレンに逆転される形となりました。マクラーレンの強みは「2人でポイント獲得できた」ことに尽きます。レーシングポイントもルノーもエースが牽引してもセカンドドライバーの成績が実に低調でした。F1はドライバーの活躍が目立ちがちですが、チームプレイを競う面もあるため、両ドライバーが機能しないとこの争いができません。それにしても、フェラーリのラスト3戦はグラフにするとよりエグいですね(笑)


ポイントランキングについてはシーズンの合算でみたため、後半8戦のピックアップになっていませんね(笑)まあ細かいことはいいにして、ひとまず予選、決勝とも各ジャンルを前半9戦と同じ基準でまとめてみました。ヤバいな、残り数日で2020年の総括する時間があるのだろうか、、。焦ってきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年も残り十数日となりました。例年であればシーズンが無事に閉幕を迎え、12月にゆったりとやってきた「まとめ」ですが、今年は本当に忙しいタイミングとなってきました。もうこの時期だし、シーズンを一気にまとめてしまおうか、とも考えましたが、前半戦も区切ってしまったし、あとで見返すときのために分けてやった方がいいだろうと判断して「シーズン後半戦」の予選編をまとめてみておこうと思いました。月並みな内容ではありますが、頑張ってまとめましたのでお付き合い頂ければ幸いです。

IMG_7052
《ポールポジション獲得者》
 第10戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第11戦 ボッタス    (メルセデス・M)
 第12戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第13戦 ボッタス    (メルセデス・M)
 第14戦 ストロール   (レーシングポイント・M)
 第15戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第16戦 ボッタス    (メルセデス・M)
 最終戦 フェルスタッペン(レッドブル・H)

まずは前半戦9戦でも行ったポールシッター後半戦8戦分です。前半は思い出すまでもなくメルセデスの無双状態で9戦中ハミルトンが7回、ボッタス2回とほぼ「戦闘力に見合った」ような感じで進行していました。通常であれば前半戦と後半戦の間に夏休みが入って、そこで勢力図の入れ替わりがあったり無かったりするわけですが、今シーズンはその夏休みもなく前半戦の流れを汲んだまま第13戦エミリア・ロマーニャGPまで続きました。今シーズンはこんな状態でチャンピオンも早々にみえているメルセデスが全予選を制してしまうのかなと諦めた矢先、久々トルコでまさかのレーシングポイント、それもペレスでなくストロールが初ポールを大差でかっさらってしまうのには驚きましたよね。第14戦トルコGPについては、以下もちょこちょこ話題となる大荒れGPの一つでした。荒れレースであっても、それを絶好のチャンスとしてもぎ取ったのは大きかったです。またまだ記憶に新しい最終戦アブダビGPでは2番手チームのフェルスタッペンが僅差でメルセデスを撃破し、遅ればせながらのポールポジションを獲得しました。年間のシーズン振り返りはまた別の機会でみていく予定としていますが、結局2020年はドライバー4人、3チーム、パワーユニットはメルセデスとホンダの2メーカーに止まり、フェラーリやルノー系からポールポジションはありませんでした。

《予選最速タイムと各チームの差》
今回も後半戦8戦のポールポジションを基点としたチーム最速予選タイムをグラフ化しました。
IMG_7751
トルコGPがどえらいことになっていますね。当時もお話ししましたが、トルコGPが行われたイスタンブールパークサーキットは久し振りの開催で初めて走るドライバーが多かった、以上に開催に先立ち行われたトラックの再舗装、さらに雨によって浮き上がった油と幾多の大波乱要素が合わさって行われました。そこで意外にも最強メルセデスが低迷し(決勝レースは優勝)そんな中レーシングポイントとレッドブルが健闘しました。ライバルからしたらポールポジション(優勝)を獲得できる今シーズン最大のチャンスでした。
グラフをぼんやり見てみると、大なり小なりあるものの各チーム似たような波形となっています。特異なのはトルコGPで圧倒的な適応力でポールポジションを獲得したレーシングポイント。あとサーキット様々な特性がある中でトップとのタイム差が上下せず、0.2〜0.5秒の範囲内におさめてきているのも面白いです。メルセデスですら苦戦したトルコにおいても、一人平然とそのタイム差を貫いています。メルセデスがせっかくペースダウンしたんだから、チャンスだったんですけどね(笑)律儀にトップのレーシングポイントとのギャップを保ちました。
これまでに様々な番狂わせを生んだ問題児のトルコGPを仮に外したグラフを作ってみました。
IMG_7752
イモラでのエミリア・ロマーニャGPとバーレーンGPが意外にも違和感無く繋がっているようにみえます。トルコGPに諸問題が無く、フルアタックできていた場合はどんな予選ギャップになったのか、想像すると面白いかもしれません。開催前は「ターン8」だの「ティルケの最高傑作」だの沢山言っていたものの、実際のところそれら持ち味を活かし切れない予選と決勝に終わってしまいました。来シーズンのF1カレンダーにはトルコGPは入っていませんが、もし入ったら、そしてドライ環境ならどうなるのかみてみたいですね。

1分切りのラップとなったバーレーン国際サーキットのアウタートラックと他のサーキットのタイム差と横並びにするのはおかしい!ということで、前半戦でも作図した「タイム差でなく割合」に換算してグラフを描くとこうなります。
IMG_7750
こうすることでギュッと圧縮されたライバルとの位置関係が間引きとなり、他サーキットと同じ指標で比較できます。同一サーキット、異レイアウトのバーレーン2連戦はそのままタイム差が比例するのかと思いきや、まあまあ近しいものの単純に比例しているわけではありませんでした。中でも面白いなと思ったのは、元気の無かったフェラーリ系3チームがバーレーンGP(GPトラック)よりもサクヒールGP(アウタートラック)でライバル(特にメルセデスやウィリアムズ)と比べて向上がみられます。バーレーン国際サーキットはストレートと鋭角コーナーからなる典型的なストップアンドゴーで、鋭角コーナーへの的確な進入角、コーナー直後での立ち上がりのスムーズな加速が要求されるサーキットです(予選編なので燃費は度外視)同じサーキットでもそれらが少ないレイアウトの方が彼らにとってはよかったのかもしれません。

《予選平均順位》
ドライバーの後半8戦の平均予選順位となります。後半戦はストロールの代走をしたヒュルケンベルグ、グロージャンの代走をしたフィッティパルディ 、ハミルトンの代走ラッセルのさらに代走となったエイトケンも載せたため、総勢23人になりました。それらスポットドライバーは斜線2色で区別してあります。
IMG_7737
三強はハミルトンを先頭に横一列、2番手台に並んでいます。あれだけ数多くフロントロウに鎮座し、2人よりも頭一つ出たハミルトンもトルコGPの6番手によって平均値を下げてしまいました。同様にボッタスはそのトルコで9番手に沈み、3番手を守り抜いたフェルスタッペンに結果として食われる形となっています。
レッドブルのもう一角でアルボンはフェルスタッペンからかなり離されましたね。後半戦8戦の平均順位は上から四番目ではありますが、平気順位としてはフェルスタッペンから4位離されています。アルボンとフェルスタッペンとの間には大抵マクラーレン2人やルノーのリカルド、レーシングポイントのペレスに止まらず、アルファタウリのガスリーやフェラーリのルクレールなどがライバルになりがちでした。レッドブルは優勝はできても、コンストラクターランキングのトップに近付けない理由の一つでもあります。そしてこのレッドブル勢の上をいくチームメイト格差になっているのがフェラーリです。ルクレールが8.13位に対して、ベッテルは13位ちょうど。差にして4.87位にもなります。同じマシンに乗り、方や才能アリとはいえF1参戦数年数勝のドライバー、方や歴代3位4回のチャンピオンを経験するドライバーがこの差ですから、単にマシンがよくない、合っていないでは説明つきません。ベッテルは来シーズンどうにか運よく中堅チームの移籍先があるのが救いですが、並のチャンピオンでこれをしでかしたら「終焉」の一言で片付けられる内容です。母国メルセデスのエンジンを積んだ新生アストンマーチンでの再起を願うばかりです。
中団で平均10.29位に位置するストロールあたりまでがQ3進出を戦ったクラス。15.25位のジョビナッツィあたりがQ1突破クラスになります。Q1突破も板についてきたウィリアムズのラッセルは13.75位にいるものの、第16戦サクヒールGPの「大抜擢」による2番手を含んでいるため、ウィリアムズ単体となると順位は15.43位まで落ち込んでしまいます。それでもジョビナッツィとライコネンのアルファロメオに割って入る形になり、Q1突破クラスと言っていい走りでした。

IMG_7736
続いてコンストラクター単位でみていきます。サクヒールGPなメルセデスから出走したラッセルの成績は「メルセデス」の方に入っています。ドライバー2人が2番手台、スポットのラッセルも2番手でしたので、平均は2.44位となります。ラッセルがメルセデスの予選成績を下げるような結果にはなりませんでした。2番手チームのレッドブルはフェルスタッペン個人が2.50番手だったのに対し、アルボンが6.50番手だったため、間をとる4.50番手と評価されてしまいました。
熾烈な中団争いは後半戦に速さをみせたルノーのリカルドの活躍もあって、前半で先行されたレーシングポイントとマクラーレンを上回る8.06番手に浮上し、逆に後半戦が2人揃っておとなしめであったマクラーレンが9.19番手まで落としています。チャンピオン争いにはだいぶ遠いこれら3チームですが、ライバルとしのぎを削る白熱さはトップより楽しめました。近年のF1、特に今シーズン組み込まれた各サーキットは追い抜きに手を焼くサーキットが多かったため、この予選順位がポイントランキングにも波及してきます。本来はチャンピオン争いでこのような至近戦が繰り広げられると、なおいいですね。
フェラーリはルクレールの健闘も虚しく、アルファタウリに僅差で負けた10.56番手。そしてシーズン後半戦のビリチームはハースとウィリアムズが仲良く17.44番手で並びました。ハースもウィリアムズもスポット参戦者が混じっていたわけですが、ラッセルの代走を担ったエイトケンは18番手でしたので、ビリではありませんでした。頑張りましたね!

《予選チーム内対決》
予選編の最後は予選順位でチーム内の白黒を判定する「チーム内バトル」です。いつものことながら、予選はリタイヤが無く順位がカッキリ決まるため引き分けはありません。ただ後半は第10戦から最終第17戦を対象としており8戦分で戦わせますので、勝敗の引き分けはあります。IMG_7738メルセデスはハミルトン&ラッセルが4勝、ボッタスは単体で4勝のためイーブンです。レッドブルはフェルスタッペン8勝でアルボンは完敗。シーズン通しは以降改めてやる予定ですが、先に言ってしまうとシーズン全17戦でフェルスタッペンに一度も勝てませんでした。まあまあ、F1は予選成績が全てではありませんし、決勝レースで追い抜ければぶっちゃけた話何位でもいいんです。レースはアグレッシブな走りをみせてくれるし、元気があってよかったのですが、チームからは烙印を押された形になりましたね。ほか、偏りの大きい7勝1敗だったのがルノーのリカルドVSオコン。ウィリアムズのラッセル&エイトケンVSラティフィですね。フォローしておくと、ラッセルの1敗はエイトケンによるもので、シーズンを通してみればラッセルはラティフィ「には」負けていません。6勝2敗組のフェラーリは先述の通りとして、アルファタウリの方も少なからず去就に影響のある勝敗となりました。尻に火がつき始めた終盤でクビアトも健闘しましたが、時既に遅し。個人的に期待していたドライバーの一人だけに、シート喪失は残念です。まだ若いし復帰の経験もある苦労人ではありますが、次はさすがに厳しいだろうな。

image
2020年も残り少なく、年内に終えられるかどうか怪しくなってきましたが、何とか年内のことは年内に、という心構えで次も頑張ります。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

image
7月から始まった2020年シーズン、ドライバーをはじめチーム関係者や運営の方々、そして我々ファンも転戦連戦お疲れ様でした。このタイミングを使い、2回に分けて2020年シーズンを振り返っています。今回は「決勝編」と題して各データをまとめましたのでご覧下さい。

《優勝者》
 第1戦 ボッタス    (メルセデス・M)
 第2戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第3戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第4戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第5戦 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 第6戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第7戦 ハミルトン   (メルセデス・M)
 第8戦 ガスリー    (アルファタウリ・H)
 第9戦 ハミルトン   (メルセデス・M)

前半9戦の優勝者一覧です。予選は見事なまでの「メルセデス祭り」ですので決勝もそうなっちゃうのかなと思いきや「全戦優勝」は避けられた形となりました。優勝の内訳はハミルトンが6勝で勝率は66.7%。ほか第1戦オーストリアGPのボッタス、第5戦の70周年記念GPはフェルスタッペン、そして大波乱で運の要素が強い第8戦イタリアGPで初優勝を挙げたアルファタウリのガスリーが1勝と、勝率はそれぞれ11.1%。3人を束ねてもハミルトン1人に敵いません。メルセデスの速さは予想できたけど、まさかここまでハミルトンに偏るとは。スポーツにあまり運やタラレバを言ってはいけないけど、ハミルトンは第4戦イギリスGPのタイヤバーストを逃げ切るという強運も持ち合わせていました。何かと記録更新の可能性を秘める今シーズンも相変わらず手強いし、堅実ですね。ちなみにパワーユニット別に優勝をみるとメルセデス系が7勝の77.8%、ホンダ系が2勝の22.2%となり、ルノー系とフェラーリ系2社の優勝はありません。

《決勝平均順位》
予選と同様の色遣いで決勝順位を平均化してグラフにしています。毎年毎回恒例のヤツですので、算定方法はご承知頂いているかと思いますが、決勝リタイヤは自爆やもらい事故関係無く「20位扱い」としていますので、印象よりも低めの値を示す場合もあります。たださすがに2戦欠場を強いられたレーシングポイントのペレスを「2戦リタイヤ」とするのは可哀想なので7戦の平均値としましたが、代走ヒュルケンベルグの第4戦イギリスGPの「スタートできず」は申し訳ないのですがリタイヤとしました。恨むならmiyabikunではなくチームを恨んで下さい(笑)まずはドライバー単位です。image
予選で平均1.22位を叩き出したハミルトンは2.11位に順位を落としています。ポールポジションからは1位を保たない以外は順位が下がる、こればかりはキングとはいえ仕方が無い。7位に沈んだ第8戦イタリアGPが荒れなければ、もう少し高い位置をいっていた可能性はありました。ところがこれよりも2位につけるボッタスの方はそうも言っていられません。予選は平均2位ちょうどだったものが、決勝で3.56位に下がる。これはすなわち「決勝で順位を落とす=ライバルよりポイントを稼げない」ことを意味します。もちろんココでの最大のライバルといえば、ほかでも無いチームメイトのハミルトンです。つまりこんな内容でレースを続けていても、永久にチャンピオンにはなれません。ボッタスも充分に速いドライバーですし、自身は頑張っているのでしょうが、もっと頑張らないとなれない。同じ時代、同じチームにハミルトンがいたのは運が悪かったとしか言えませんね。
平均順位3位は優勝や表彰台を重ねるフェルスタッペンでも、フェラーリに移籍を決めたサインツ先輩でもなく、後輩の最年少ノリスくんでした。早くも念願の表彰台を獲得し、予選の速さもさることながら、決勝も果敢に上位を獲ってきます。前半9戦でリタイヤは無く、第3戦ハンガリーGPの13位完走以外は全て入賞圏内に入れてきます。ちょっと不思議な結果になったのは平均8.11位に終わったフェルスタッペンでしょうか。あれだけ安定した予選3番手と全ての順位の表彰台に登壇しているのに、アルボンに負けています。これは9戦中3レースでリタイヤをかましてしまい「miyabikun式算出法」のイタズラによるものです。表彰台かリタイヤかの白黒はっきりした内容だと不利に働きます。リタイヤはフェルスタッペン起因というよりかはアクシデントがほとんどなため、本人としてもやり切れない気持ちになるでしょう。
平均順位結果全体を眺めると、ボッタスまでが表彰台確実範囲。9.11位で8番目につけるストロールまでが入賞確実圏内。他それ以下という分類ができます。10.78位のサインツから12位ちょうどのベッテルあたりが混戦で、残り2枠の入賞を取り合う感じとなっています。フェラーリ2人は揃いも揃ってこの集団に呑み込まれてしまいました。ルノーのオコンやアルファタウリ2人はいつでも入賞を狙ってきますので、今シーズンのフェラーリはそのあたりがガチのライバルと言えます。image
続いてチーム単位の平均順位になります。予選編と同様にシーズンのパワーバランス、コンストラクターズ順位に直結してくる指標となります。予選編以上にメルセデスが鉄壁の表彰台確実圏内に鎮座し、2番手チームのレッドブルと大きな差を築いています。本来であればこの間にフェラーリが入り込むのが近年の流れであったのですが、今シーズンはそれがなく、レーシングポイントやマクラーレン、ルノーといった中団チームにシェアする形となりました。レッドブルも実のところそれらライバルに迫られていますので、安泰とは言い難い位置です。マクラーレンの堅調は昨シーズンからも感じ取れていましたので大した驚きではありません。しかし「メルセデスのコピー」と揶揄されたレーシングポイントは「周囲の予想を裏切らない」速さで予選のみならず決勝でも切れ味と粘りのある走りをみせてくれています。中でもストロールが非常に成長し「下手クソなお坊ちゃま」から脱却して第8戦イタリアGPで二度目の表彰台に登壇しています。
どうしても目がいく「フェラーリの行方」は上から7番目、下から4番目で一応「ワークスチームの意地」はみせています。ただフェラーリにとって最重要GPとされるイタリアGPとムジェロでのトスカーナGPではリタイヤもあってハースやアルファロメオの後塵を拝するレースをしてしまっています。予選ではセットアップが決まらず速さが無いため中団に沈み、決勝は中団スタートが仇となってアクシデントに巻き込まれたり追い抜きが困難と、近年稀にみる不作のシーズンであることが早い段階から露呈されました。

《決勝走行周回数》
予選は「一発の速さ」があればいいし、決勝に向けていいスタート位置を得ることが目的。決勝は速さはさることながら、いかにライバルとの位置関係や戦略を駆使して規定された周回数をこなす「賢さと安定感」が求められます。スポンサーからの支援を受けてF1は成り立っているので、例え遅くてもパワーが無くても走ってナンボ。こちらもドライバー別からみていきましょう。
image
この前半9戦は全てを完走すると538周となります。メルセデス2台だけが優勝しようが表彰台圏外になろうが全完走を果たしています。周回遅れもありません。急遽銀のカラーリングが黒になってもメルセデスはメルセデスですね。メルセデスに次いだのは決勝最終盤まで攻めの走りをして一つでも前で入賞を目指すノリスが2周足らずの536周でした。第3戦ハンガリーGPの13位、第6戦スペインGPの10位入賞がそれぞれ1周遅れとなっています。この後みるドライバーズランキングでも先輩サインツの上をいっていますし、この若手、将来が本当に楽しみです。
ほか、上位には予選でチームメイトとの開きがあるだとかパッシングがアグレッシブ過ぎだとかもう一度降格させるぞ、なんて叩かれがちなレッドブルのアルボンが消化率99.1%の533周。戦闘力はまるで無いクソ遅マシンと自らの老体にムチを打ちつつ健闘するアルファロメオのライコネンが消化率95.7%の515周。あといつもどこを走っているのかよくわからないけど、デカいネタは相方に比べたら控えめ、ポイントもお決まりの控えめハースのグロージャンも何気に511周走破しています。
近年はマシントラブルによるリタイヤはだいぶ少なくなりました。しかし今シーズンはタイヤバーストにスタートや再スタート直後の接触が多く、セーフティカーの出番も多い印象です。セーフティカーが出れば、長いレース中に拡がる隊列やタイム差もリセットされるため、入賞は逃しても周回遅れは免れるケースが出てきます。よって、その状況下でも周回をこなせないドライバーは「そのセーフティカーを呼ぶきっかけやそれに巻き込まれた者」や「スタート直後やレース序盤で大クラッシュした者」になります。繰り返しになりますが、中団スタートになれば、スタート直後の混乱に巻き込まれがちですし、無理なパッシングを仕掛ければ、自らの位置や寿命を早めてしまうこともありますから、予選でいかに前でスタートできるか、また抜き辛いマシンで抜き辛いサーキットやコーナーで抜けるタイミングを見計らうことができるかが現代F1の必須要求です。image
チーム別の周回数になります。各チーム2人でエントリーしていますから、周回数は倍です。メルセデスは当然チーム単位でも満点で2位のマクラーレンに対して100周引き離しています。こんなこと言っちゃいけないんだけど、速さも強さも距離も全てにおいてメルセデスが他との次元が違い過ぎて逆に目立ちます。メルセデスが仮にいなければ、もう少し見応えや盛り上がりのあるカテゴリーになると思うのですが、、これがスポーツだしメルセデスが頑張っている賜物ですから、間違えたことは全くしていませんね。それにしても、一時期は最大のライバルと言われたフェラーリが消化率77.2%の831周のビリですからね。レースの3/4程度しか走れないし、その上遅いでは後半戦もお先真っ暗です。ただフェラーリ様はF1における最重要チームですから、こんな順位や仕事量であっても、これらライバル達よりも分配金はたんまり貰えます。これがミスターF1ことフェラーリなのです。

《ファステストラップ獲得者》
 第1戦 ノリス     (マクラーレン・R)71/71周
 第2戦 サインツ    (マクラーレン・R)68/71周
 第3戦 ハミルトン   (メルセデス・M)70/70周
 第4戦 フェルスタッペン(レッドブル・H)52/52周
 第5戦 ハミルトン   (メルセデス・M)43/52周
 第6戦 ボッタス    (メルセデス・M)66/66周
 第7戦 リカルド    (ルノー・R)  44/44周
 第8戦 ハミルトン   (メルセデス・M)34/53周
 第9戦 ハミルトン   (メルセデス・M)58/59周

パソコンやタブレットでご覧頂いている方は違和感が無いかもしれませんが、スマートフォンからご覧になる方は変に改行されて見辛いかもしれません。ごめんなさい。こうなる理由は今回に限らず「フェルスタッペンの名が長いから」(笑)ファーストネームの「マックス」にすれば解決するのですが、ファーストネームはmiyabikunこのブログで基本的に使いません。 文中ではキングだクソガキだおっちゃんだのと変なあだ名をつけたり、一時期変則的に「フェルスタ」と略したこともありましたが、ダサいので止めました。miyabikunの変なこだわり。
入賞圏内フィニッシュで1ポイント得られるシステムとなる2年目。今までもこの制度には異論と不満を述べてきたわけですが、今シーズンも取り組み方としては変わりませんね。特にメルセデスあたりがレースに余裕が出ると、遊び半分で狙い出すところが何とも気に食わない(笑)タイミングもガソリンが軽く、レースに決着がつきつつある最終盤で記録されるのがセオリーになっています。
メルセデス以外の獲得者をみると、序盤のレッドブルリンクでの二連戦ではマクラーレンの2人、第4戦イギリスGPではフェルスタッペン、第7戦ベルギーGPはルノーのリカルドが最終周でマークしました。ルノーはストレートが長いパワーサーキットにおいて速さをみせてきました。リカルドはチームに「来シーズンの復調」なる餞別を渡していけるのか。

《決勝チーム内対決》
予選と同じく、決勝も「チーム内対決」させてみましょう。決勝は予選には無い「リタイヤ」が存在するため、チームの両ドライバーがリタイヤした場合は「イーブン」の判定でグラフ中央にその数を示すようにしました。
image
チーム内格差が出たのはメルセデス、ルノー、アルファロメオが7対2。レッドブル、マクラーレン、レーシングポイント、ウィリアムズが6対3となりました。メルセデスはさっき散々ディスったし、ルノーの勝者リカルドは来シーズン移籍してしまうのでいいとして、アルファロメオは一言言っておきましょう。観戦記でも口癖の如く繰り返し書いてきましたが、ジョビナッツィはとにかく「下手クソ」です。マシンが遅いとかまだ経験が浅いとか、相方がライコネンでは厳しいとかではなく、単に下手クソ。以上!(笑)ルノーのオコンも久々の本戦走行となりましたが、前回はもう少し攻めと粘りのある走りができていました。来シーズンは後輩としてアロンソが加入します。かなり手強いチームメイトですので、今のうちにリカルドのいいところを沢山盗んでおきましょう。
特筆すべきはレーシングポイントのストロールの9戦6勝が光ります。途中ペレスが離脱してベテランの代走ヒュルケンベルグとの対決をものともせず、チームの飛躍にしっかり貢献していますね。速いマシンは乗っていて楽しいと思います。来シーズンはオコン同様に手強い後輩の加入が決まりました。チーム内に味方も多いし、活躍する同世代の中に混ざってより成長しましょう。

《ポイントランキング》
最後はF1最大の目的であるポイントランキングです。まだ前半9戦しか終えていないのに、早くもある程度チャンピオン候補者が絞られてきています。今回のドライバーズランキンググラフはトップ3人と4位以下の2段階に分けて作成しました。トップ3人はメルセデスの2人とフェルスタッペンです。ハミルトンが9戦で獲得したポイントは190であり、仮に後半戦であと倍獲得するとするとしたら380ポイントになります。優勝とファステストラップポイントを加算した26ポイントを残り8戦で稼げるのは208ポイント、ということは、チャンピオン争いはこの3人しか挑戦権が残されていないと考えていいと思います。
image
第1戦で優勝したボッタスがランキングトップに座ったのは第2戦終了までで、第3戦以降はハンガリーGPで優勝したハミルトンがトップに立ち、さらに優勝を重ねています。ボッタスは第4戦イギリスGPで入賞圏外の11位で終えた以降はフェルスタッペンに抜かれ、前半戦終盤のイタリア二連戦で単独の2位に落ち着きました。フェルスタッペンは第1戦のリタイヤでダッシュにつまずき、2位3位に甘んじたレースが続いた時点でハミルトンとの差が付いてしまい、さらにはイタリア二連戦のリタイヤがかなりの痛手となりました。やる気充分のフェルスタッペンとは裏腹にマシンがついてこないというもどかしさのまま、後半戦の巻き返しに期待が寄せられます。かなり苦しい状態ではあるものの、微かにチャンピオン獲得のチャンスはまだ残っています。image
こちらのグラフは色遣いが複雑で見難いと思います。ごめんなさい。4位以下は「メルセデス以外の残り一枠の表彰台」をかけて熾烈なランキング争いを繰り広げていますね。こちらのグラフは煩雑なため「優勝」「ファステストラップ」の記載は止めました。このグループのトップを走るのはマクラーレンのノリスで65ポイント。ただし第9戦トスカーナGPでようやく初表彰台を獲得したレッドブルのアルボンがハイペースで追い上げてきました。さらには同じく表彰台登壇のストロールがペレス先輩を上回る戦績で侮れません。ライコネンはトスカーナGPでようやく今シーズンようやく初ポイントを獲得したことで、現時点のノーポイントはウィリアムズの2人とハースのグロージャンの3人となっています。グロージャンは走行距離は上位でも、未だ「エンジンがかからず」ですね。image
コンストラクターズポイントグラフは一枚にまとめました。メルセデスはグラフの傾きを変えることなく、ライバル達とは別の次元でひた走っています。レッドブルの行く末はマシンの信頼性と「アルボンの頑張り」にかかっています。今の調子のままが続くとピンクやオレンジに食われてしまう、なんて可能性もゼロではありません。

image
予選編に比べて決勝編はボリュームも多く、最後の方は尻すぼみな感じになってしまいましたが、2回に分けて何とか第10戦ロシアGPが始まる前にシーズン前半9戦を振り返ってみました。今後もヨーロッパを主体にロシア、ドイツ、三たびのイタリア、そして中東エリアへと転戦していきます。大筋の勢力図に変化は無いでしょうが、もう何回か番狂わせのGPがあるかもしれませんね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

image
今シーズンは全17戦で争われることが決まったため、先日の第9戦トスカーナGPがシーズンのちょうど折り返しとなります。次戦第10戦ロシアGPまで一週空きますので、このタイミングで前半レースを振り返りたいと思います。今回は予選編です。

《ポールポジション獲得者》9/21追記
 第1戦 ボッタス (メルセデス・M)
 第2戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第3戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第4戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第5戦 ボッタス (メルセデス・M)
 第6戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第7戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第8戦 ハミルトン(メルセデス・M)
 第9戦 ハミルトン(メルセデス・M)

記事アップ時は記載するまでもないかなと省略していましたが、一応シーズンの振り返りには残した方がいいと思い立ち、追記しました。
前半9戦のポールポジションは全てメルセデスによるものです。予選はメルセデスだけのためにあるわけではない、と声を大にして言いたいのですが、速いので仕方がありません。第8戦イタリアGPから「予選モード禁止」(決勝も同じエンジンモードを使用しなければならない)が導入されたものの、臆することなく最速神話は覆りませんでした。惜しいのが無かったわけではないけど、メルセデスが確実に獲ってきました。内訳はハミルトンが7つ、ボッタスが2つであり、この後出てくる「チーム内対決」の結果にそのまま直結しています。ポールを獲ったモン勝ち。明瞭!

《予選最速タイムと各チームの差》
いつものまとめ回と同様に、予選後に毎回速報版の「最速タイムと各チームの差」を0.001秒単位で整理しグラフ化したものになります。各チームのカラーリングもmiyabikunの独断と偏見で選んでいます。メルセデスについてはシルバーとエメラルドグリーンで定着していたものを今シーズンは急遽ブラックに変更してきました。メルセデスが「一番ブラック」ではあるのですが、ブラックはいつものハースに譲り、今までのまま同じエメラルドグリーンを使いましたので結果的に昨年と色は変えていません。
image
各GPのポールタイム(一部予選最速タイム)を基点とし、遅れ具合をプロット。それをチーム単位で結んでいます。同じサーキットを使ったGPが2箇所ありつつも、ウェットコンディションであったり、タイヤコンパウンドに違いがあったこともあり、イイ感じにデコボコした波形となりました。最速タイム=メルセデスのため、単純に「メルセデスとの差」としてみることができます。
昨年のシーズン1/3まとめ(2019/6/17掲載)と比較してみると、行われるGPに違いはあれど、絶対的テールエンダーの地位にいた水色のウィリアムズが今シーズン前半は「完全なる」テールエンダーではなくなりました。レッドブルリンクでの第2戦シュタイアーマルクGPの1.811秒遅れから第8戦イタリアGPの2.7秒遅れの0.9秒間におさまるタイムを刻めています。先日8/25に「一年でどれだけ速くなったか」と題し、同一サーキットでの割合比較をしており、そちらの方が分かりやすいのですが、昨年3.0〜4.5秒遅れが当たり前であったシーズン序盤と比べて劇的な飛躍をみせていることがわかります。特にエースのラッセルはチームメイトに一度も負けることなく、Q2に進出し続ける頑張りをみせていますよね。シーズン前半のテールエンダーはワインレッドのアルファロメオや黒のハースにバトンタッチされました。グラフ全体を眺めていくと、最速無敵のメルセデスに続く2番手は完全にレッドブル(というよりフェルスタッペン)が定着しましたね。結局前半9戦全てでメルセデスが最速を獲ったわけですが、雨の第2戦Q2はトップタイムのハミルトンまで0.113秒差まで詰め寄りました。一方で昨年の2番手チームはというと、確か紅色の、、ライバルに呑み込まれて、何番手か分からないくらい混戦のタイム差をつけられるまで離されています。特に昨年最速を誇ったベルギー、イタリアの両パワーサーキットにおけるタイム差は大きく、ベルギーGPはハース、アルファロメオ共々ライバルに大きく引き離されました。
今シーズンの大飛躍といえば、前評判通りのレーシングポイントでしょう。テクニカルなハンガリーと70周年記念GPでメルセデスから0.9秒落ちとはいえ二番時計をマークしました。ひとえに「メルセデスからの恩恵」と合わせて、ストロールの成長と代走ヒュルケンベルグの活躍を評価したいですね。他、昨シーズンに引き続きマクラーレンの安定感と速さをウリとするルノーについてもフェラーリを食う走りができています。
本来タイム差は「サーキットの全長や特性」に左右されるため、比較はナンセンスです。そこで最速タイムを100%とした割合に換算し、グラフ化してみました。image
あまり見た目上タイムグラフと変わり映え無く、順位こそ変わりませんが、こんな見栄えになります。第8戦イタリアGPから「予選モード禁止」となりました。そこで参考までにタイム差、割合共に目立たない程度に薄緑色で強調しています。エンジンメーカーで差が出るのかなと思ったのですが、これらグラフからその様子はうかがえませんでした。兎にも角にも、メルセデスはライバルから頭一つ出た最速であったということを知らしめられます。

《予選平均順位》
次はドライバー別の予選平均順位です。レーシンポイントのペレスはイギリス二連戦で欠場していますので参戦した7戦の平均を、代走のヒュルケンベルグは2戦の平均となり若干アンフェアではありますが、ペナルティ降格前の予選順位を平均化して低い順に並べるとこうなります。image
参考までにQ1落ちに相当する15位とQ2落ちに相当する10位破線を入れてみました。ハミルトンは9戦中ポールポジション7回、2番手2回(1回は5番手降格スタート)の好成績で唯一の1位台となっています。相方ボッタスはポールポジション2回を獲得して平均は2位ちょうどということで、予選は完全にメルセデスが制しました。昨年序盤はフェラーリにもポールポジションがあったため、ここまで高い水準には達していませんでしたので、今シーズンのメルセデスはまさに敵無し状態。3番手が多かったフェルスタッペンは何とかそのまま3位台を死守する形で、これも大方予想通りかと思います。
問題はそれより下。メルセデスとフェルスタッペンが上位を占めたこともあり、第2グループに位置するレーシングポイント、マクラーレン、ルノーらドライバー8人が7位台から8位台中盤までで大混戦となっています。ここまでがQ3進出常連クラスです。特にレーシングポイントとマクラーレンはいい勝負をしてくれていましたね。ペレスと大差がつくと思われたストロールも第3戦ハンガリーGPに3番手を獲得して非常に頑張りました。
その次のオコンからクビアトの4人(もしくはラッセルも含めた5人)のグループはQ2クラスです。平均8.44位のルクレールに対して、ベッテルの今シーズン前半戦はいいところを全く見せることができず、腐りに腐り切った平均11.56位に沈んでいます。マシンの不出来もさることながら、ベッテル自身の「やる気、意気込み」も感じられなかったように思います。Q2にちょこちょこ顔を覗かせたウィリアムズのラッセルは平均15.67位となりました。昨シーズン1/3期は平均18.71位だったことから考えれば、喜ばしい内容ですね。
アルファロメオのライコネンを先頭とした下位5人はQ1敗退常連でシーズン前半を終えています。新人のラティフィを除く4人は見事にフェラーリパワーユニット使用車です。フェラーリは平均にすると一つ前のグループに踏みとどまったものの、ベッテルは第8戦イタリアGPでライコネンに、第9戦トスカーナGPはライコネンとハース2台に上回れているわけですから「ワークスだから」といって安心していられる状況でもありませんね。まあベッテルについては先述の「やる気」の点で後押しとなる何かが欠けていそうですが。
image
コンストラクター別の平均順位になります。いわばこれが「速さ」という点の勢力図と言っていい気がします。メルセデスが完全な一人旅、ドライバー2人のポールポジション争奪戦となっており、レッドブルもチーム単位でみればレーシングポイントやマクラーレンに詰め寄られている状況です。これはアルボンがフェルスタッペンから離されて、レーシングポイントとマクラーレンに先行されているためです。毎度ながら決勝ではアグレッシブな走りをみせるアルボンですが、予選時点で格差が付き過ぎです。予選をフェルスタッペンに近い位置で終えることができるようになれば、アルボンはもっと表彰台登壇が楽になるはずです。
フェラーリの前半戦はルノーとアルファタウリに挟まれた平均順位10位ちょうどの6番手チームに終わりました。残念だけど今シーズンは完全な不発。早期なドライバーラインナップ確定と合わせて、気持ちは来シーズン以降の飛躍に向けて準備をし始めていい気がします。
下位の3チームも実に拮抗しています。この後またチーム内対決で明らかにしていますが、テールエンダーから脱したウィリアムズはラッセルの健闘をラティフィで帳消しにする形でハースに負けてしまいました。ラティフィは新人とはいえ9戦を経験し、F1マシンや予選に慣れてきたはずですから、シーズン後半でハースやアルファロメオに上回る走りができる可能性を秘めています。アルファロメオのシーズン序盤こそジョビナッツィが先行する予選が続いたものの、高速連戦に入れば結局ライコネンに上回られ、チーム順位は最下位に転落しました。チャンピオン経験者をもってしても、大苦戦を強いられています。

《予選チーム内対決》
予選まとめの最後は「チーム内バトル」です。左手のファーストドライバー、右手のセカンドドライバーの分けはmiyabikunの独断で決めさせて頂きました。ペナルティ降格を無視、順位がはっきり表れるため、引き分けはありません。
image
チーム内格差が大きかったのはレッドブルとウィリアムズが9対0、ルノーが8対1、メルセデスとフェラーリとアルファタウリが7対2となっています。まず9対0についてウィリアムズはともかくレッドブルはちょっといただけませんね。単に順位上負けているだけならばまだしも、先程みたようにフェルスタッペンとアルボンの予選に開きがあることがマズい。コンストラクターズランキングは単独の2位につけてはいますが、マクラーレンはダブルでポイントを得るポテンシャルを兼ね備えていますので、レッドブルにありがちな「一台リタイヤ」をやらかした日にはシーズン終了時に痛い思いをしかねません。メルセデスの7対2についてはポールポジションか2位かの差の勝敗ではあるものの、一昔前のF1であれば問題になるものではなく、決勝のレースペースやピット戦略でリカバーできる話。でも現代のF1は違います。ましてや前にハミルトンが立てば、ボッタスにはやり返すポテンシャルがありません。ボッタスがハミルトンを打ち負かすには「予選から常に前に立つこと」が絶対条件です。
逆にチーム内で拮抗しているのはマクラーレンやアルファロメオ、ハースの3チームが5対4となっています。面白い点として「平均順位も拮抗している」こと。マクラーレンは来シーズンにフェラーリへの移籍を決めたサインツに食らい付く若手ノリスの健闘が光ります。決勝については後日改めてみていく予定としていますが、ノリスは開幕戦で初の表彰台も獲得し、ドライバーズランキングについてはサインツをも上回る4位につけています。観ていて非常に面白いチームに成長しています。またいよいよ最年長もココまでかという印象で始まったアルファロメオのライコネンも、9戦終えてジョビナッツィに勝ち越しています。本来はこんな位置で争っていていいドライバーではないのですが、年齢は10歳以上離れています。最高峰カテゴリーの過酷な状況下で若手に屈することなく戦う姿には同世代として頭が下がります。ハースは、、何にしても「仲良し」ですね(笑)よく似た2人で予選、決勝関わらず今シーズンもネタをしっかりとぶち込んでくるあたりが憎めません。

image
全てのドライバー、チームの細かな分析には至りませんが、ひとまず予選に的を絞って整理してみました。次回は決勝についてみていきたいと思います。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
過去レースを振り返るを振り返る?!って何ぞや?レース前や今のようにシーズンオフや夏休みなど空いた時期に度々差し込んできた「過去のレースを振り返る」が先日の1996年ポルトガルGPでキリ番の100GPを迎えました。というわけでごめんなさい、今回はmiyabikunの自己満の回。100GPがどんなだったかを振り返りたいというわけです。何だよ、そんなの知らねーし関係ねーよ!まあまあ、たまにはmiyabikunのワガママも許して下さいよ(笑)miyabikunからみたら「選択の傾向や今後強化すべきシーズンやポイントの見直し」そしていつもご覧頂いている皆さんは「あ、あのレースやっていたんだ。見逃していた」や「何であのレースやらないんだよ、やってくれよ」といった着眼点でお付き合い頂きたく思います。
まず取り扱った100GPを一気にリストアップしてみます。今から下に100行並びますよ、覚悟はよろしいですか?!(笑)どんな順番で並べようか考えた結果、本来のレースの時系列ではなく、このブログで取り上げた順とさせて頂きました。時代は行ったり来たり忙しいですが、検索はし易いはずです。

IMG_9214
《2015年》8戦
      1   8/9   2005年第18戦日本GP
      2   8/13 2000年第13戦ベルギーGP
      3   8/17 2012年第20戦ブラジルGP
      4   8/28 2006年第15戦イタリアGP
      5   9/23 1999年第16戦日本GP
      6 10/20 2005年第9戦  アメリカGP
      7 11/8   2007年第17戦ブラジルGP
      8 11/22 1998年第13戦ベルギーGP
《2016年》17戦
      9   2/8   2008年第16戦日本GP
  10  3/14 2003年第3戦  ブラジルGP
  11   4/7   2006年第16戦中国GP
  12   4/13 2012年第3戦  中国GP
  13   5/12 1994年第5戦  スペインGP
  14   5/25 2003年第7戦  モナコGP
  15   6/3   2008年第18戦ブラジルGP
  16   7/17 2006年第13戦ハンガリーGP
  17   8/5   2008年第14戦イタリアGP
  18   8/15 1999年第14戦ヨーロッパGP
  19   8/18 1992年第12戦ベルギーGP
  20   9/15 2008年第15戦シンガポールGP
  21   9/28 2003年第2戦  マレーシアGP
  22 10/5   1990年第15戦日本GP
  23 10/6   2012年第15戦日本GP
  24 10/20 2004年第9戦  アメリカGP
  25 11/10 1991年第2戦  ブラジルGP
《2017年》29戦
  26   1/21 1998年第1戦  オーストラリアGP
  27   1/23 2012年第5戦  スペインGP
  28   1/25 2005年第8戦  ヨーロッパGP
  29   2/5   2007年第6戦  カナダGP
  30   2/7   1994年第8戦  イギリスGP
  31   2/9   1994年第11戦ベルギーGP
  32   3/18 1997年第17戦ヨーロッパGP
  33   3/24 2009年第1戦  オーストラリアGP
  34   4/5   2005年第19戦中国GP
  35   4/18 1990年第7戦  フランスGP
  36   5/11 2001年第5戦  スペインGP
  37   5/25 2006年第7戦  モナコGP
  38   6/8   2008年第7戦  カナダGP
  39   6/16 2000年第11戦ドイツGP
  40   7/5   1989年第13戦ポルトガルGP
  41   7/12 1991年第13戦ポルトガルGP
  42   7/27 2007年第11戦ハンガリーGP
  43   8/11 2010年第11戦ドイツGP
  44   8/23 2004年第13戦ベルギーGP
  45   8/32 1999年第13戦イタリアGP
  46   9/12 2006年第14戦トルコGP
  47   9/20 1993年第15戦日本GP
  48   9/26 1994年第2戦  パシフィックGP
  49 10/5   2000年第16戦日本GP
  50 10/19 1990年第1戦  アメリカGP
  51 10/27 1992年第2戦  メキシコGP
  52 11/9   1995年第1戦  ブラジルGP
  53 11/23 2012年第18戦アブダビGP
  54 12/21 2002年第11戦フランスGP
《2018年》25戦
  55   1/7   2009年第9戦  ドイツGP
  56   1/26 2005年第4戦  サンマリノGP
  57   2/6   2006年第4戦  サンマリノGP
  58   2/20 2010年第17戦韓国GP
  59   3/23 1996年第1戦  オーストラリアGP
  60   4/6   2008年第3戦  バーレーンGP
  61   4/12 2009年第3戦  中国GP
  62   4/23 2005年第14戦トルコGP
  63   5/9   1991年第14戦スペインGP
  64   5/20 1996年第6戦  モナコGP
  65   5/24 2004年第6戦  モナコGP
  66   6/7   2011年第7戦  カナダGP
  67   6/29 1999年第9戦  オーストリアGP
  68   7/19 1997年第10戦ドイツGP
  69   7/27 1997年第11戦ハンガリーGP
  70   8/21 1995年第11戦ベルギーGP
  71   8/23 2005年第15戦イタリアGP
  72   9/11 1990年第1戦  南アフリカGP
  73   9/23 1998年第15戦ルクセンブルクGP
  74 10/3   1998年第16戦日本GP
  75 10/5   2003年第16戦日本GP
  76 10/18 2012年第19戦アメリカGP
  77 10/26 1991年第6戦  メキシコGP
  78 11/5   1995年第2戦  アルゼンチンGP
  79 11/22 2009年第17戦アブダビGP
《2019年》20戦
  80   2/28 2013年第2戦  マレーシアGP
  81   3/15 2013年第1戦  オーストラリアGP
  82   3/28 2009年第4戦  バーレーンGP
  83   4/11 2007年第16戦中国GP
  84   5/9   1996年第7戦  スペインGP
  85   5/23 2010年第6戦  モナコGP
  86   6/7   1991年第5戦  カナダGP
  87   6/28 1998年第10戦オーストリアGP
  88   7/11 1999年第8戦  イギリスGP
  89   7/25 1994年第9戦  ドイツGP
  90   8/2   2008年第11戦ハンガリーGP
  91   8/29 2009年第12戦ベルギーGP
  92   9/6   1995年第12戦イタリアGP
  93   9/15 1999年第15戦マレーシアGP
  94 10/6   1995年第15戦パシフィックGP
  95 10/10 2001年第17戦日本GP
  96 10/19 2002年第16戦アメリカGP
  97 10/25 1990年第6戦  メキシコGP
  98 11/14 2005年第17戦ブラジルGP
  99 11/28 2014年第19戦アブダビGP
《2020年》1戦
   100  1/28 1996年第15戦ポルトガルGP

これが今までの全てになります。本当に100GPやっていたでしょ?目がチカチカしてしまいますね。初回はmiyabikun一番のお気に入りと言っても過言ではない2005年日本GPにはじまり、ほぼほぼリアルタイムで観戦して印象やメッセージ性の強い1989年以降のレースから選んできました。一応こだわりとして「5年以上経過したもの」「時代や勝者が偏らないこと」とか「GP前の復習として押さえておきたいこと」など細々と規定してきました。レース冒頭に流れるアクションゾーンと遠からずなんじゃないかななんて思っています。さっきはズラズラと並べたので2つの項目でソートしてみます。

IMG_4243
《GP別レース数》
 10戦 日本GP(鈴鹿、富士スピードウェイ)
   7戦 ブラジルGP
  (ネルソン・ピケ、ホセ・カルロス・パーチェ)
      7戦 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
   5戦 アメリカGP
  (フェニックス市街地、インディアナポリス、
   COTA)
      5戦 イタリアGP(モンツァ)
      5戦 スペインGP(カタロニア)
      5戦 ドイツGP
       (ホッケンハイムリンク、ニュルブルクリンク)
      5戦 モナコGP(モンテカルロ市街地)
      5戦 中国GP(上海国際)
      4戦 オーストラリアGP(アルバートパーク)
      4戦 カナダGP(ジル・ヴィルヌーブ)
      4戦 ハンガリーGP(ハンガロリンク)
      3戦 アブダビGP(ヤス・マリーナ)
      3戦 ポルトガルGP(エストリル)
      3戦 マレーシアGP(セパン国際)
      3戦 メキシコGP(エルマノス・ロドリゲス)
      3戦 ヨーロッパGP
       (ヘレス、ニュルブルクリンク)
      2戦 イギリスGP(シルバーストン)
      2戦 オーストリアGP(A1リンク)
      2戦 サンマリノGP
       (エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ)
      2戦 トルコGP(イスタンブールパーク)
      2戦 バーレーンGP(バーレーン国際)
      2戦 フランスGP
       (マニ・クール、ポールリカール)
      2戦 パシフィックGP(TI英田)
      1戦 アルゼンチンGP(オスカル・ガルベス) 
      1戦 シンガポールGP(マリーナ・ベイ市街地)
      1戦 ルクセンブルクGP(ニュルブルクリンク)
      1戦 南アフリカGP(キャラミ)
      1戦 韓国GP(韓国国際)

少しは整理できました。多い順にみていくと日本が10GPと飛び抜けて多い。そりゃmiyabikun日本人だもの、ひいき目でみちゃいますよ。数々のチャンピオン決定の舞台でもありますし、見どころやドラマも多かったですよね。次点は日本のみならず世界中のファンやドライバーから好評のベルギーGPも7GP。また個人的にあまり好きではないと思い込んでいたブラジルも何気に多かった。ということは、実はブラジルも面白いレースが多いということになるのか?!この企画でイメージがちょっと変わった気がします。
全てではないのですが、miyabikunは管理者画面で各記事で何となくの「閲覧数ランキング」が見られます(パソコン版だと画面右横に表示されているようなもの)それにはそう新しいネタではないのに2005年アメリカGPと2010年韓国GPが常に上位に入ってきます。見て頂けていることはとても有難いことなのですが、他にもいいレースがあるのにそれらが上位に来る理由がわかりません。誰かこのレースを推すファンがいるのかな。色んな意味でインパクトのあるレースでしたね。

IMG_3653
《シーズン別レース数》
 1989年 1戦 / 全16戦
 1990年 4戦 / 全16戦
 1991年 5戦 / 全16戦
 1992年 2戦 / 全16戦
 1993年 2戦 / 全16戦
 1994年 5戦 / 全16戦
 1995年 5戦 / 全17戦
 1996年 4戦 / 全16戦
 1997年 3戦 / 全17戦
 1998年 5戦 / 全16戦
 1999年 6戦 / 全16戦
 2000年 3戦 / 全17戦
 2001年 2戦 / 全17戦
 2002年 2戦 / 全17戦
 2003年 4戦 / 全16戦
 2004年 3戦 / 全18戦
 2005年 8戦 / 全19戦
 2006年 6戦 / 全18戦
 2007年 4戦 / 全17戦
 2008年 7戦 / 全18戦
 2009年 6戦 / 全17戦
 2010年 3戦 / 全19戦
 2011年 1戦 / 全19戦
 2012年 6戦 / 全20戦
 2013年 2戦 / 全19戦
 2014年 1戦 / 全19戦

シーズン別にみていくと、多い年と少ない年が入り乱れています。こちらも以前に書いたことがありますが「混戦のシーズン」の方がレースの盛り上がりや印象も色濃く残るものです。2000年台前半は「ある理由」により結果は毎回同じで突出した何かに欠けたから少なめだし「ある方の飛躍」がみられた1990年台中盤や「ある方の衰退」があった2000年台後半も見応えがありました。「ある」は言うまでもなく共通項です。最多は全19戦中8戦振り返った2005年でした。今まで慣れっこだったレース展開が急転し「新しい風」が吹き荒れたシーズンでした。2008年も7戦で多いです。誰かさんの「土壇場」初チャンピオンイヤーでした。

IMG_5172
昨年F1は1,000戦を迎えました。この「振り返る」シリーズで100戦を振り返り、2015年から5シーズンの予選決勝全戦の観戦記もやっているため、ブログで扱うレース数は200戦を超えました。それはF1レースの1/5にあたる数を取り扱っていることになります。自分で言うのも何だけど、なかなか長続きしていますね(もう削除してしまいましたが、このブログの前に他でも2010年シーズンからやっていたので、それを数えれば実はもう少し多い)これからの目標としては、リアルタイムで観れていない1988年以前のレースにもチャレンジしてみようと考えています。さらに初期に書いたレースと最近とではボリュームや着眼点も変わってきていますので、少しずつリメイクもしていければと思います。miyabikunの記憶や知識だけで書いている面もあるため、誤りが多々あるかもしれませんので、その時は今までと同様に優しくご指摘下さい。miyabikunの自己満の回にお付き合い頂き、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ