F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:手作り

今回は昨年やり残してしまっていた「2020年シーズンのテレビ放映の録画ディスクのレーベルを作ろう」回です。
FullSizeRender
年明けてから前年のことをやるのってちょっぴり恥ずかしいけど、残してしまったmiyabikunが悪い!miyabikunなりにコンセプトを取り入れて各種作成してみましたので、ナンボのもんじゃいとご覧下さい。

①決勝+GPニュース:6枚
FullSizeRender
決勝のノーカット版とその合間に差し込まれる解説番組「GPニュース」を時系列で並べました。昨シーズンは当初予定22戦から5戦減った全17戦で行われました。さらには怒涛の三週連続開催があったため、基本的には一枚3戦ずつでまとめ、その後のGPニュースで構成しました。開催地が少しずつ決まったこともあり、5枚目にあたる第13戦エミリア・ロマーニャGPと第14戦トルコGPは2戦に止め、6枚目に中東三連戦をまとめた形にしています。予定外だったのはスタート直後に近年稀にみる大クラッシュを起こしてしまったグロージャンによって長時間の中断を強いられた第15戦バーレーンGPです。録画保存されていた皆さんも同じ事態に遭遇したんじゃないかと思いますが、生放送は時間内におさまらず、後ろ(早朝)に延長されてしまいました。リアルタイムで観れていたので見逃しはありませんでしたが、1本の番組として録画できませんでしたので、再放送を継ぎ足す形で二番組に分かれてしまいました。グロージャンは無事で何よりでしたね。FullSizeRender
レーベルは「F1 70周年」の記念シーズンということで、F1ロゴ+70ロゴの組み合わせを上半分に採用。下半分は「無観客のスタンドに飾られたドライバー全員の顔写真」を採用しました。昨シーズンの多くが「無観客レース」であったことも忘れられない特徴でした。今シーズンももしかしたらそうせざるを得ない状況になりそうですが、あの異様な光景は色んな意味で忘れられない、忘れてはならないものです。画像奥、向かって右からアルファロメオのライコネンにはじまり、フェラーリ2人を中心に両サイドで各チームが対となっています。画像の顔を数えていくと、左側は紺色のアルボンが欠けた19人しか見えません。1人足りませんね、誰だろう、、ライコネンの相方、、あっジョビナッツィか!ごめん、、画像は四角なのにディスクが丸いせいでついつい、、(笑)ジョビナッツィをディスったわけではありませんからね、ディスクのせいですから。今シーズンは全戦でライコネンを上回れるように頑張りましょう!

②予選+決勝:3枚
FullSizeRender
こちらはレース翌週に放送される予選と決勝の事前事後のイベントをカットしたシンプル版の詰め合わせです。全17戦を6戦ずつ、3枚に5倍速くらいで濃縮しました。フリー走行の全ては取っておけないけど、予選は観返したくなることがありますよね。
上半分は先程の①と同じ。下半分は「その年のチャンピオン」を採用することを基本としているため、不本意ながら今年もハミルトン+ヴォルフの表彰台シーンとしました。毎年のことながら、近年のレーベルのほとんどがハミルトンになってきました。完全無欠のチャンピオン獲得で異論はないものの、ちょっと多過ぎる。。miyabikunハミルトンの大ファンみたいになっていますね。今シーズンは本当に誰でもいいから頑張ってほしい!誰でもって、もちろんハミルトン以外ね(笑)

③GPニュース:2枚
レースも減れば、必然的に「GPニュース」も減ってしまいます。今回は開幕前にアクシデントがあった関係で開幕直前に3回も特番的な回が入っていますが、年明けに放映された「大阪モーターショー」のトークを含めた全13回を2枚にまとめました。
FullSizeRender
例年であれば番組のオープニングをレーベルに拝借していましたが、今回は一年前に逝去した今宮純氏と森脇基恭氏によるピットでのツーショットをお借りして作りました。今宮さんもF1中継になくてはならない存在でしたね。昨シーズンはいなくなった余韻に浸る前に騒動がありバタバタしてしまいました。今宮さんは昨シーズンのF1をどう観ていたのでしょうか。屈強なハミルトンに食らいつく若手の台頭。行われると聞いていなかったであろうオールドサーキット復活に驚き、懐かしがっていたことでしょう。森脇さんは一昨年の日本GPで生でお会いして、ほんの少しお話しする機会があったので今まで以上に親近感が湧くようになりました。森脇さんにはこれから先も末長くF1の解説に携わってほしいですね。

④その他:2枚
FullSizeRender
昨シーズンオフに行われた「F1 LEGENDS」3レース分を1枚におさめました。いずれのレースもダイジェスト版は所有していたのですが、しっかり1レース分は持っていなかったので新たにコレクションに加わりました。オランダGP、なかなか日の目を見ることがありませんね。昨年のオランダGPがあるはずだった直前に振り返った1982年はうまく外れてくれたのがよかったです。FullSizeRender
こちらは昨年末に放映された総集編になります。例年であれば年内にアップしていたため、どうしてもこのディスクだけは翌年繰越になりがちでしたが、今回は間に合いました。上半分は何事も無くコンストラクターズを獲得したメルセデスの集合写真を採用。シーズン再開直前に急遽カラーリングを変えてきて、この色で大コケしたら面白いのにと思ったのに。ムテキデスは今シーズンも続くのか?!カワラナイデスか?!

FullSizeRender
以上、真っ白けっけだったレーベルがこのような感じで色づきました。まだ終わったばかりなので、ヘビーローテーションで観ることは無さそうですが、持っておけばいつか振り返りに役に立つはず!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
今回は2019年の話題ですよー。この時期にお決まりの「2019年版の自作ディスクレーベル」です。毎年チャンピオンがレーベルを飾ることになります。果たして誰が飾るのでしょうかー?!

①決勝+GPニュース:10枚
FullSizeRender
GP決勝のノーカット版とそのGP直後にフジテレビNEXTで放映される解説番組「GPニュース」を非圧縮で同じディスクにまとめているものです。GPは昨シーズンと同じ全21戦で行われており、11枚を要したものが何故だか今シーズンは10枚におさまりました。怒涛の三連戦が無くなり、GPの配分の仕方が異なるからでしょうか。はたまた一説にある「F1中継の4K化」によって、2K放送の画質が落ち、容量が減ったから?!確かに画質は落ちた気がします。何故そう思うのか、miyabikunは観戦記を書くために「放送を一時停止している」ため、目で見てそう感じます。前は静止画がもっと綺麗でした。F1を4Kで観るのは憧れるし、今の環境で観ようと思えば観れなくはないのですが、今回の話題の通り「記録するハード機」が整っていないのです。壊れていないのにレコーダーを高価なものに買い換える余裕がありません。残念ながらやれても「リアルタイム観戦は4K、記録や保存は2K」で我慢するしかありません。
レーベルは家族やチームメイトを前に3年連続6回目のチャンピオンを獲得して羽ばたくハミルトンを採用しました。実は母親の姿も画像中央付近にお見えになっているのですが、切れてしまいました。ママ、ごめんなさい。

②予選+決勝:3枚
FullSizeRender
GP翌週末に再放送される「カット版」の予選、決勝を7レースずつ3枚に分けました。21レースは3で割れば7レースずつになりますが、来シーズンは過去最多の22レースで行われますので、またこのシリーズの「まとめ方」は考えなければならなくなりました。22は2でしか割れません。レースにもよりますが予選は大抵1時間半、決勝は2時間半といったところで1レース4時間程度です。片面二層の50GBディスク1枚に11レース詰め込んだら、44時間分か。何倍速に圧縮しなければならないかというところだし、たぶんギザギザのモザイクみたいに劣化して、観れたモンじゃないだろうな(笑)6レース分と5レース分で4枚になるでしょうね。
レーベルは今年の画像ではありません。ラウダは今シーズンのレースに一度も帯同していないからです。しかしハミルトンのメルセデス移籍や移籍後の活躍、メンタル面のアドバイスなど、ラウダあっての結果だと思っています。二度とみることができなくなった「不死鳥のレジェンドと現役最強レジェンド」のツーショットを2019年の代表ディスクに採用しました。

③GPニュース:2枚
FullSizeRender
こちらも昨年の3枚から2枚に非圧縮の状態でおさまりました。やっぱり1回の容量が減っているのでしょうね。開幕直前スペシャルからシーズン途中の前半戦総括、最終戦アブダビGPとシーズン総括まで全てを記録しました。このディスクも歴代で残してはいるものの、川井ちゃんには申し訳ないのですが、そう頻繁に観返すことはありません(笑)
今シーズンのレーベルは川井ちゃんとベテランアナウンサーである野崎さんを採用しました。フジテレビF1中継黎明期の実況を担当するなど、F1の知識にも長けたアナウンサーなので、昔の出来事を絡めながら安心して聴けますが、声がたまに耳に障ることがある。声が大きいのかな、音圧が強い?!これはmiyabikunの好みの問題です。川井ちゃんの「高い」に似た耳障り感(笑)


④その他:3枚
FullSizeRender
最後はいつもの「さらに前のシーズン」と「とてもとても前のシーズン」のディスクとなる、2018年の総集編1枚とシーズンオフF1 LEGENDS 2枚です。総集編は2018年のチャンピオンであるハミルトンが表彰台で「悟りを開いた瞬間」の様子を採用しました。近年はずーっとハミルトンなのです。そろそろハミルトンでないチャンピオンが出てくれないと、miyabikunの作るレーベルがハミルトンだらけになってしまう。ハミルトンのビデオを集めているのではなく、あくまで「F1レース」のコレクションです。頑張ってくれよ、ハミルトン以外の諸君!

FullSizeRender
シーズンオフはこれらのレースを観返して、当時気付かなかったことや、トップ争い以外で光るドライビングなどを見付けたいと思います。また12/29にはフジテレビNEXTにて「2019年総集編」が3時間にわたり放映されます。見逃したレースのある方は必見です!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前日までシーズンを振り返れば、残されたものは、そう、毎年この時期恒例の「録画したレースをディスクにまとめてオリジナルレーベルを作ろう」です。今年もああでもないこうでもないと、無い知恵絞って数パターン作ってみましたのでご報告します。

FullSizeRender
あれっ、前からそんなケースに入れていたんだっけ?!実は今シーズンから変えたのです。前に使っていたものには入り切れない枚数になってしまいました。前に使っていた白いやつも健在ですよ!今「飛行機のノンフィクションドラマ」が使っています。
以前に「ブルーレイディスクのレーベルなのに、中心部分を印刷していない意味がわからない」というご意見を頂きました。おっしゃる通りで、ブルーレイディスクはあの部分も印刷することが可能で、そこが印刷しないために泣く泣くが諦めた図案も多くありました。そこでmiyabikunの環境でもその部分が印刷できるか調べたところ、、、ソフトは対応していましたが、残念ながらインクジェットプリンターが非対応。。くそぅ型が古過ぎだ!というわけで今年もそこはダサいままですが、突き進むことにしました。ご了承下さい。
IMG_6885

①決勝+GPニュース:11枚
FullSizeRender
GP終了毎、時系列で非圧縮保存している「速報版」は昨年2017年の20戦10枚から21戦11枚に増加。21戦ってレース数も何だか中途半端に感じます。何かにつけて奇数より偶数の方が落ち着くmiyabikunです。10枚か12枚が気持ちいいのに(笑)
レーベルは今までと基本形は同じ。せっかくロゴマークも変わったことだし、オープニングのラストに登場するブラックバックでドーンと上半分を占拠しました。また下半分は昨年と同じくメキシコGPでチャンピオンを決めたハミルトンと健闘をたたえ合ったベッテルのワンシーンを借用。このシーン、何回観ても感動します。ライバル同士ピリついているのかな、いややっぱり長きに渡りF1を支える二大エース、言葉は無くとも「おめでとう、さすがだよ!」「ありがとう、来年もやろうな!」と会話しているかのように見えます。

②予選+決勝:3枚
FullSizeRender
予選+決勝の保存版は7戦分を1枚にまとめて3枚となり、2016年と同じリズムに。21戦は3つに割るか7つに割るかしかおさめようがありません。来年も21戦でいくようなので、欠かさず保存できたら同じことになると思います。こちらはこの容量をBL-R DLに無理矢理おさめているので、確か5倍速録画に圧縮しました。①の決勝との違いは「オープニングテーマから始まる」点です。サクッと観始めたい時はこちらが便利。
上半分は①と同じ。下半分はチャンピオンを載せることを「決まり事」としているためハミルトン単体にしています。こちらは日本GPのワンシーンで、ピットにたたずむマシンの前でご満悦のハミルトンをお借りしました。毎年ご紹介している手作りレーベルは前に書いたように2012年版から始めています。できれば毎年チャンピオンが変わり、皆違う顔触れになることを願っているのですが、7年間で使わせてもらったドライバーはたったの3人。ベッテル、ハミルトン、ロズベルグだけです。2019年はニューフェイスが現れてくれるといいなぁ。

③GPニュース:3枚
FullSizeRender
今シーズンは日本GPの直前スペシャルを除くと全15回でした。1GP分ならば1時間の放送、2GPで1時間半、さらに今シーズンは驚異の3GP分となる2時間版もありましたね。よって3枚それぞれの収録本数はまちまちになりました。ちなみに、日本GP直前の現地放送回、前夜祭、ドライバーズパレードなどは②の日本GP回にねじ込みました。
FullSizeRender
今回はフリーアナウンサーの山本耕一アナを起用しました。この方はとても親しみやすい合いの手を入れますよね。川井ちゃんとも歳が近いとのことで、友達のような掛け合いがみられます。まだF1実況歴も浅く、時々ミスも見かけますが、今後も続けて慣れてくれるでしょう。とても個人的な余談ですが、父並み、いや父以上に世話になった今は亡き叔父に、笑った顔やふくよかな体型など見た目がそっくり!54歳の若さで病死してしまったのですが、山本アナは今51歳、近いものを感じてしまうのも無理はありません。叔父さん、アッチでも酒呑んで元気にやってるかな。

FullSizeRender
今回は3種類のレーベルとなりました。こんな感じ。合計17枚で予選、決勝、GPニュースを重複させつつ全カバー。

④その他:4枚
FullSizeRender
これは昨年に載せ切れなかったもの2種類。年末に放送された2017年の総集編と年明けから開幕までの期間に放送された「F1 LEGENDS 20XX」になります。この企画自体を年末にやるのではなく、開幕前に全て出揃ってからやればこんな今更感がないのでは?!まあまあ、シーズンオフにやっちゃいたいじゃないですか(笑)開幕前は新車やテストでバタつくし。総集編はチャンピオンマシンF1 W08 EQ Power+でウィニングランをする真正面ハミルトンを選びました。
今シーズンも来たる12/23に2018年の総集編、そして年明けからF1LEGENDSが予定されていますね。個人的には「198X」以前が観たいです。その時代miyabikunは市販の総集編DVDしか持っていません。

以上、2018年版レーベルでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この時期の毎年恒例行事となってきたF1番組のディスク化「2017年版のディスクレーベル」を年越し前に済ませました。ブルーレイレコーダーとインクジェットプリンターがフル稼働!

①決勝+GPニュース:10枚
次の②が集まるまでの「速報版」は昨シーズンと同様に決勝とGPニュースをリズミカルに絡めた版です。20レースっていうキレのいい数は扱いやすいですね。でも早くディスク作成できる非圧縮だと10枚にもなってしまいました。大体片面二層のブルーレイディスクは10枚で4,000円くらいで売られていますし、フジテレビNEXTの追加料金が1,200円として9ヶ月で10,800円ということは、決勝とGPニュースの1年分で約15,000円かかっているということか。一枚あたり1,500円の価値をもつディスク達です。高いと思うか、安いと思うかは「あなた次第」
レーベルはメキシコGPでチャンピオンを決めたハミルトンのパルクフェルメと川井ちゃんと小穴アナによるGPニュースのオープニング映像を選びました。毎度の事ながら3人には「無許可」です。いつもごめんなさい、決して1,600円とかで商売したりはしませんので、、お借りします。文字はやっぱり白の方が見やすかったかもしれません。

②予選+決勝:4枚
予選+決勝の保存版は5戦分を1枚にまとめて4枚におさめました。さっきの試算でいけば1枚3,750円です。以前にもネタで書いたことがあるジェネオン・ユニバーサルから発売されていたDVD「F1 GRAND PRIX」の2010年版は4枚組で1枚が定価4,100円でした。おお、いいところじゃないですか。パッケージ分安い、それもこちらは全周回、全セッションのノーカット!
少し欠けてしまっていますが、同じくメキシコGPで4回チャンピオンを獲得して指で示すハミルトンと、国旗を片手にウィニングランをする勇姿を採用しました。

③GPニュース:4枚
今シーズンは撮り逃すこともなく第1回から第16回まで全て録画できたので、日本GP関連スペシャルの全てを含めた4枚にまとめました。日本GPだけ別にしても結局1年で1回しか観返しませんでした。合わせておけば、ちゃんと観返すかもしれない?!

④F1 LIVE LONDON 編:1枚
今までのF1ではこんなイベントはあり得ませんでしたよね。賛否両論ありそうですが、リバティメディアならではの演出でした。肝心な母国のチャンピオン(当時は候補)は参加せず。ドライバーによってドーナツターンの良し悪しを見られるのが面白い。ヘッタクソなヤツが何人かいましたよね。ロンドン市街地サーキットは果たして実現するのでしょうか。

全ての仕上がりはこんな感じです。ガチャガチャはしていますが、真っ白けっけよりはいいですよね。全体的にグレーっぽいテイストです。メルセデスが勝てば仕方がない。あとは後日放映される総集編を録画しておさめたら、2017年映像も完成となります。

最後にオマケの昨シーズンには載せられなかった「2016年総集編」と「F1 LEGENDS 19XX」はこんな感じに仕上げています。やる、やると言ってやれていないVHSのブルーレイ化のうち、ほんの一部はディスク化できた形となったので助かりました。このシーズンオフにも「F1 LEGENDS 20XX」が放映されますよね。以前に振り返ったこともある2000年ベルギーGPのスーパーオーバーテイクをはじめ、あんなのやこんなのが観られると思うと楽しみです。

2日ほど前から完全に風邪をひいてしまいました。1年に一回くらいデカい風邪をひいてしまいます。私の場合は鼻水からくるもので、今は味がする咳が出ます。市販薬を3回飲んでダメだから、そろそろ病院に行かなきゃかなぁ。皆さんはシーズンオフに入りいかがお過ごしですか?!冬本番になりました。体調には気を付けていきましょうね!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年の春先は長らく放置していた録画ブルーレイディスクの自作レーベルを大量に作成しました。そして先日、2016年シーズンも無事に終わり、なかなか決められていなかった図案も決めて「2016年版のディスクレーベル」をそう放置せず作成できました。

今年から「F1 GP ニュース」含めてフジテレビNEXTのみの視聴・録画となり、保存しても一番組一度しかディスクへの書き込みができなくなったため、ミスやトラブルを考慮してリピート放送も含めて録画していました。


①決勝+GPニュース:7枚
このブログを書くにもお世話になった「速報版」の意味合いで仮として作ったものです。CS放送の場合、容量が大きいため決勝2レースとそのGPニュースを含めた計4番組が非圧縮で片面二層のブルーレイディスクに書き込む限界でした。
中国GPで優勝したロズベルグのパルクフェルメとGPニュースのオープニング映像を採用しました。「個人で楽しむ」ものとしてロズベルグをはじめとして川井ちゃんと西岡アナにも無許可でお借りしました。

②予選+決勝:3枚
これが本来の保存版のつもりです。全レースの予選と決勝(国歌斉唱終了~表彰式インタビューまで)です。さすがに42番組になりますから7戦14番組を3枚に分けて5倍速で書き込みしてギュウギュウに詰めました。書き込みに1枚12時間近くかかりましたが、5倍速でも充分視聴できる圧縮率でした。VHS時代の3倍速より綺麗で進化していますよね。
ベルギーGPの表彰台のロズベルグを採用しました。横顔だけどこのカットはカッコいいし好きです。

③GPニュース:2枚
第1回は撮り逃してしまいましたが、第2回から第16回までを2枚にまとめました。GPニュースは観ていて毎回勉強になります。
それにしてもオープニングの川井ちゃん、少し下向き加減で不機嫌そうです(笑)来年はオープニングから甲高い声とにこやかなカメラ目線で始めてほしいです。

④GPニュース日本GP編:1枚
GPニュースの日本GPは木曜から決勝直前まで細やかに番組があるため、まとめて別枠の1枚にしました。そう頻繁に観返えすことはなさそうだけど。。
国際映像のコース概要をバックに入れて区別してみました。

結果、色々な組み合わせやまとめ方をして13枚4種類のブルーレイディスクになりました。インディーズアーティストの自作CD作りみたいでした(笑)

これで何とかカッコだけはつきましたね!この前ご紹介した2012年から5年分を一枚ずつ並べるとこんな感じです。
似ているようで全てレーベルが違うので年次で差別化できました。これで安心して年を越せます。
あと残るは1990年から2011年まで飛び飛びで残してあるお気に入りレースのVHSが70本近く、、それをいつDVD化しよう。。。死ぬまでにはやります(笑)

余談ですが、来たる12月20日22時からフジテレビNEXTで「2016 F1グランプリ総集編」が放映予定です。全21戦をたったの2時間でダイジェストされるようです。1戦が5分くらいになっちゃうのでしょうか。見逃したレースがある方やザックリ観たい方は必見です。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ