F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:成績

FullSizeRender
この1年近くスマートフォン用F1公式レーシングゲーム「F1 MOBILE RACING」を使って2019年開催のGP予選前にタイムアタックを行ってきました。その後は接続不良などもあって、以前に比べるとゲームする時間は減りましたが、先日の12/21の「開始1年」までにどれだけのタイム向上ができたか、腕を上げることができたかを「2019年予選前までの現実の各最速タイム」と比較して確認してみました。

《12/21時点の走行距離と勝率》
 走行距離:22,879km
 レース数:3,399戦
   勝利数  :1,872勝
  勝率 :55.1%

まずはゲーム全体としての戦績です。距離は22,000kmを超えました。現実世界のmiyabikunはサンデードライバーではあるものの、年間で大体同じくらい走行していますので、今年は倍の距離を運転しているかのようです。レース数は約3,400戦で、単純に365日で割ると1日平均9.3戦。そんなにやっていた感覚はないのですが、開始1ヶ月の平均19.3戦に比べると半分くらいになりました。勝率55.1%とこちらは1ヶ月と比べれば向上しています。相変わらず理不尽なレースでこの辺はコントロールされている気もします。

《各サーキットの各時点の最速ラップ》
以下にズラズラと各GP各時点のタイムを連ねます。見方は最上段が「2019年予選前までの現実予選最速タイム」です。それをベンチマークとして、開始1ヶ月と1年のタイムと現実予選とのタイム差を割り出し、タイム向上や成長を評価します。

 アルバートパーク:現実最速   1分21秒164
          開始1ヶ月 1分28秒614
                  (+7秒450)
          予選前    1分22秒403
                  (+1秒239)
               開始1年     1分20秒372
                  (-0秒792)
 バーレーン国際:現実最速   1分27秒958
         開始1ヶ月 1分31秒857
              (+3秒899)
         予選前      1分29秒302
               (+1秒344)
         開始1年     1分26秒265
                (-1秒693)
 上海国際:現実最速   1分31秒095
      開始1ヶ月 1分34秒285
            (+3秒190)
      予選前       1分29秒825
             (-1秒270)
      開始1年     1分27秒852
             (-3秒243)
 バクー市街地:現実最速   1分41秒498
        開始1ヶ月 1分45秒823
              (+4秒325)
        予選前      1分40秒620
              (-0秒838)
        開始1年    1分37秒700
              (-3秒798)
 カタロニア:現実最速   1分16秒173
       開始1ヶ月 1分18秒257
            (+2秒084)
     
  予選前      1分15秒628
               (-0秒545)
       開始1年    1分12秒991
            (-3秒182)
 モンテカルロ市街地:現実最速   1分10秒810
           開始1ヶ月 1分17秒081
                   (+6秒271)
                予選前       1分11秒376
                   (+0秒566)
           開始1年     1分08秒509
                    (-2秒301)
 ジル・ヴィルヌーブ:現実最速   1分10秒764
           開始1ヶ月 1分13秒940
                   (+3秒176)
           予選前      1分08秒274
                    (-2秒490)
           開始1年    1分08秒232
                    (-2秒532)
 ポール・リカール:現実最速   1分30秒029
          開始1ヶ月 1分34秒197
                (+4秒168)
          予選前      1分29秒192
                (-0秒837)
          開始1年    1分28秒672
                (-1秒357)
 レッドブルリンク:現実最速   1分03秒130
          開始1ヶ月       -
                 ( 秒  )
          予選前       1分04秒080
                (+0秒950)
          開始1年     1分03秒189
                (+0秒059)
 シルバーストン:現実最速   1分25秒892
         開始1ヶ月 1分32秒159
              (+6秒267)
         予選前      1分25秒782
               (-0秒110)
         開始1年    1分24秒127
               (-1秒765)
 ホッケンハイムリンク:現実最速   1分11秒212
            開始1ヶ月 1分11秒778
                      (+0秒566)
            予選前      1分11秒631
                      (+0秒419)
            開始1年    1分11秒048
                      (-0秒164)
 ハンガロリンク:現実最速   1分16秒276
         開始1ヶ月 1分06秒442
               (-9秒836)
         予選前       1分10秒526
               (-5秒750)
         開始1年     1分07秒411
               (-8秒865)
 スパ・フランコルシャン:現実最速   1分41秒501
             開始1ヶ月 1分47秒836
                          (+6秒335)
             予選前      1分39秒483
                           (-2秒018)
             開始1年    1分39秒446
                          (-2秒055)
 モンツァ:現実最速   1分19秒119
      開始1ヶ月 1分17秒252
            (-1秒867)
      予選前      1分17秒890
            (-1秒239)
      開始1年    1分17秒890
            (-1秒239)
 マリーナ・ベイ市街地:現実最速   1分36秒015
            開始1ヶ月 1分32秒884
                        (-3秒131)
            予選前      1分33秒011
                       (-3秒004)
            開始1年    1分31秒617
                      (-4秒398)
 ソチ:現実最速   1分31秒387
    開始1ヶ月 1分25秒287
             (-6秒100)
    予選前      1分31秒630
          (+0秒243)
    開始1年    1分30秒085
           (-1秒302)
 鈴鹿:現実最速   1分27秒319
    開始1ヶ月 1分25秒234
          (-2秒085)
    予選前      1分24秒741
          (-2秒578)
    開始1年    1分24秒741
          (-2秒578)
 エルマノス・ロドリゲス:現実最速   1分14秒759
             開始1ヶ月 1分16秒741
                  (+1秒982)
             予選前       1分12秒497
                           (-2秒262)
             開始1年     1分11秒238
                          (-3秒521)
 COTA :現実最速   1分32秒237
     開始1ヶ月 1分35秒718
             (+3秒481)
     予選前      1分27秒819
             (-4秒418)
     開始1年    1分27秒501
             (-4秒736)
 カルロス・パーチェ:現実最速   1分07秒281
           開始1ヶ月 1分04秒020
                     (-3秒261)
           予選前      1分06秒200
                    (-1秒081)
           開始1年    1分05秒595
                    (-1秒686)
 ヤス・マリーナ:現実最速1分34秒794
         開始1ヶ月       -
               ( 秒  )
         予選前1分30秒892
               (-3秒902)
         開始1年1分30秒155
               (-4秒639)
 ※レッドブルリンクとヤス・マリーナの開始1ヶ月時点は未走行。

カッコ内は現実の予選最速タイム差で、下回ったものをマイナス、上回ったものにプラスをつけています。全体的にみればマイナスとなっているものが多くあるのは嬉しいですね。少なくとも2018年の予選ではポールポジションを獲得できているということです。本来であれば始めて1ヶ月目よりさらに走り込んだ予選前のタイムアタックの方がタイム向上されていいはずなのです。しかし、いつだか定かではありませんがアップデート時に一度レコードが消去されて、かつドライブフィーリングが変わってタイムが悪くなったGPがあります。得意とするハンガロリンクがわかりやすく、1ヶ月時点では現実から-9秒836のギャップがあったにも関わらず、半年近く後の予選前になると-5秒750となり4秒も遅くなりました。まあそもそもハンガロリンクで1分06秒442というタイム自体が異常だったわけですが。

《予選前アタックでポールが獲れなかったGP》
 アルバートパーク   1分22秒403(+1秒239)
 バーレーン国際    1分29秒302(+1秒344)
 モンテカルロ市街地  1分11秒376(+0秒566)
 レッドブルリンク   1分04秒080(+0秒950)
 ホッケンハイムリンク 1分11秒631(+0秒419)
 ソチ         1分31秒630(+0秒243)

この6GPでポールポジションを逃しました。シーズン前半寄りですね。miyabikunが個人的にあまり好みでないサーキットが多いです。好きこそものの上手なれと言われているみたいだ。中にはアルバートパークやレッドブルリンクはお気に入りの部類のサーキットなのですが、想いとは裏腹に結果が出ませんでした。

《現実と予選前アタックのギャップ上位と下位》
  1 ハンガロリンク             -5秒750
  2 COTA                            -4秒418
  3 ヤス・マリーナ            -3秒902
  4 マリーナ・ベイ市街地 -3秒004
  5 鈴鹿                              -2秒578
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
17 ホッケンハイムリンク +0秒419
18 モンテカルロ市街地    +0秒566
19 レッドブルリンク        +0秒950
20 アルバートパーク        +1秒239
21 バーレーン国際           +1秒344

先程の現実予選に敵わなかった下位に加えて、逆に現実をギャフンと言わせるタイムを記録した上位の5GPをピックアップしました。最も現実からかけ離れたタイムを叩き出したのはmiyabikunの第2ホームGPと化していたハンガロリンクでした。あの短めで中速コーナーが続くサーキットでよくそんなにタイム更新ができたなと自分でも信じ難い。コーナーの通過速度を下げないで走れたと思います。月1回に首や肩に鍼治療しているmiyabikunです。あとは何といっても本来のホームである鈴鹿でポールポジションを獲れたのは嬉しいですね。決勝でのパッシングは手を焼きます。あまり得意でないと思っていたシンガポールGPのマリーナ・ベイが速かったのは意外でした。

《開始1年経ってもポールが獲れなかったGP》
 レッドブルリンク         1分03秒189(+0秒059)

予選前アタックを終え、通常のプレイ中にランダムに選択されてレースに挑んでも、唯一レッドブルリンクだけはわずか足りないタイムです。悔しいなーこれは年末に強化合宿しないとな。

《開始1ヶ月から11ヶ月間のタイム更新上位と下位》
  1 モンテカルロ市街地             -8秒572
  2 スパ・フランコルシャン     -8秒390
  3 アルバートパーク                -8秒242
  4 COTA                                   -8秒217
  5 バクー市街地                       -8秒123
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
17 鈴鹿                                      -0秒493
18 モンツァ                              +0秒628
19 ハンガロリンク                   +0秒969
20 カルロス・パーチェ            +1秒575
21 ソチ                                     +4秒798

こちらは開始1ヶ月から1年までの11ヶ月間でのタイム向上、いわゆる「練習の成果」をみるものです。「当初は苦手としていたけど、慣れたりコツを掴んだ」ところが上位に来ます。よってモンテカルロやバクーといったトラックサイドに余裕の無い市街地サーキットがみられます。一方で先程現実を上回るタイムを記録したハンガロリンクや鈴鹿は伸び代が少なく、下位に来ます。ハンガロリンクもそうだし、ソチの+4秒798って酷過ぎる。始めに記録したタイムは何だったんだ?!ということです。ソチへの合宿は、、きっと雪降っているだろうし、いいや(笑)

予定では12/22あたりのアップを予定していた当企画も、12月に入り仕事の帰りが遅く、先日のシーズンのまとめも含め思うようなタイミングでアップすることができませんでした。今日が今年の仕事納めという方も多くいらっしゃると思います。1年間お疲れ様でした。まだ年末までガッツリ仕事だよという方は、あと一踏ん張り気合入れていきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1のチーム(コンストラクター)はワークス(自動車メーカー)とプライベーターと呼ばれる個人事業者や自動車業界でないものに大きく分かれます。

現在のワークス
    フェラーリ
    メルセデス
    ロータス(2016年からルノー)
過去のワークスには、、
    アルファロメオ
    クーパー
    ジャガー
    トヨタ
    ポルシェ
    ホンダ
    マセラッティ
    BMW(ザウバー)            など

自動車メーカーからの参戦は、メーカーの技術力の披露、市販車へのフィードバック(実際にはされていないものやその逆でF1には許されない技術や製品もありますが)であり、最たる目的は全世界で行われ多くの視聴者を前にした「広告」です。またメーカーでありながらマシンは作らなくても、ランボルギーニやヤマハといったエンジンのみを製造・販売することで参戦していたメーカーもあります。

一方プライベーターは自身で車を作る技術は持っていなくても、経験者を募ってチームを形成し、エンジンやシャシーをメーカーから買って参戦しています。目的は企業系ならばメーカー系と同様に「広告」であったり、個人事業者の場合は、、自己満?(失礼)いやレース参戦を生業としている方達になるのでしょうか。

現在のプライベーター
    マクラーレン(最近はワークスとも)
    ウィリアムズ(個人事業者)
    レッドブル、トロ・ロッソ(飲料業界)
    ザウバー(個人事業者)
過去のプライベーターには、、
    アロウズ(個人事業者)
    ザクスピード(個人事業者)
    ジョーダン(個人事業者)
    ティレル(個人事業者)
    トールマン(個人事業者)
    フットワーク(運送業界)
    ベネトン(アパレル業界)
    ミナルディ(個人事業者)
    リジェ(個人事業者)
    ローラ(繊維業界)
    B・A・R(個人事業者)
    BRM(個人事業者)         など

傾向としてはどちらかというとワークスの方が技術力やスポンサーの有無などもあってかコンストラクターズチャンピオンを獲得することが多い気がします。とはいえ、プライベーターも奮闘し、近年ではレッドブルや老舗のウィリアムズなどプライベーターでもチャンピオンを獲得しているところもあります。


プライベーターにはチャンピオンを経験した元ドライバーも歴代に何名かいます。野球でよく使われる「名選手、名監督にあらず」という言葉がありますが、F1の世界は実際どうだったのでしょう。今回はレーサー時代の経歴と監督になってからの経歴をみてみたいと思います。



ジョン・サーティース
    参戦数111(13年参戦)
    優勝6回 表彰台24回 
    ポール8回 ファステストラップ11回 
    チャンピオン1回

    →サーティース
       参戦数118(9年参戦)
       優勝0回 表彰台2回 
       ポール0回 ファステストラップ3回 
       チャンピオン0回

1970年にマクラーレンの型落ちマシンに自身の名を冠してスタート。翌年1971年からは3台で参戦し、ペイドライバーをも確保し活躍しましたが、資金繰りに苦しみ一時期はコンドームメーカーをスポンサーにつけたため、母国イギリスのF1中継が無くなる珍事もあったようです(笑)
日本人初のF1ドライバーである高原敬武が1976年の第16戦日本GPで乗ったのはサーティースのマシンでした。



グラハム・ヒル
    参戦数175(18年参戦)   
    優勝14回 表彰台36回 
    ポール13回 ファステストラップ10回 
    チャンピオン2回

    →エンバシー・ヒル
       参戦数10(1年参戦)
       優勝0回 表彰台0回 
       ポール0回 ファステストラップ0回 
       チャンピオン0回

デーモン・ヒルのパパ、グラハムのチームです。昔過ぎて現役を知りませんが、晩年にシャドウやローラからマシンを購入し、最後に自社製シャシーGH1で自らドライブするマシンを駆りました。しかし自社製デビューレース1975年の第4戦スペインGPでチームメイトのR・シュトメレンのクラッシュで観客4人を死亡させてしまいます。
翌年の1976年用マシンGH2をテストするためにフランスに自ら操縦する軽飛行機で向かった帰りゴルフ場に墜落し、ヒルとチームメイトのT・ブライズとともに命を落としてしまいます。我がチームと偉大なチャンピオンが結果を残す前に運命を共にしました。


エマーソン・フィッティパルディ
    参戦数144(11年参戦)
    優勝14回 表彰台35回 
    ポール6回 ファステストラップ6回 
    チャンピオン2回

    →コパスカー・フィッティパルディ
       参戦数104(8年参戦)
       優勝0回 表彰台3回 
       ポール0回 ファステストラップ0回 
       チャンピオン0回

兄ウィルソンと弟エマーソンとで設立したチームです。実は参戦前からこの兄弟はカートや市販車を改造するビジネスもこなしていたとのこと。
序盤はコパスカーという名で1975年に兄ウィルソン自らドライブする形でデビューします。翌1976年から弟エマーソンにドライバーをスイッチ、入賞や表彰台はあったもののコパスカーが撤退してしまいます。1980年から名を冠したフィッティパルディに改称し、フェラーリをも上回る結果も出しました。が、翌年からの低迷で借金を多く抱えたまま撤退する形に。


ジャッキー・スチュワート
    参戦数99回(9年参戦)
    優勝27回 表彰台43回 
    ポール17回 ファステストラップ15回 
    チャンピオン3回

    →スチュワート・グランプリ
       参戦数49回(3年参戦)
       優勝1回 表彰台5回 
       ポール1回 ファステストラップ0回 
       チャンピオン0回

歴代チャンピオンが自らのチームで参戦する者が多い中、近代のスチュワートは当初からオーナーとしての参戦でした。フォードのマシンを白でまとい、スチュワートのトレードマークでもあるタータンチェックの帯をかけ、デビューイヤーの1997年から表彰台を獲得するなど、幸先良いスタートでした。
歴代先輩達がなしえなかった勝利は参戦3年目のジョニー・ハーバートによってもたらされこともあってコンストラクターズ4位で終えるも、それが残念ながら最後の年。再びフォードに身を売り翌年からは緑のジャガーに化けました。もしフォードに売却しなければ、、もしかしたら名コンストラクターになったかならなかったかも?!


アラン・プロスト
    参戦数202回(13年参戦)
    優勝51回 表彰台106回 
    ポール33回 ファステストラップ41回 
    チャンピオン4回

    →プロスト・グランプリ
       参戦数83回(5年参戦)
       優勝0回 表彰台3回 
       ポール0回 ファステストラップ0回 
       チャンピオン0回

現役時代にも何度かチームオーナー計画があったものの、実現したのは引退した後の1997年、リジェを買収し実現しました。フランス製のプジョーエンジンを搭載し、車体はフレンチブルー。ドライバーはオリビエ・パニスとフランス色満載でデビューの予定でしたが、初年度はプジョーを使うジョーダンから横槍が入り、初年度は無限ホンダエンジンと中野信治の組み合わせで参戦となります。
早く欲しい母国のプジョーエンジン。ミーティングはフランス語でかわされるなど無限ホンダとセットの中野信治は日本ブランドには非常に差別があったのは有名な話です。プジョーにこだわり、無限ホンダを手放すと成績も芳しくなく、以降プジョーも撤退、型落ちフェラーリエンジンを使用せざるをえなくなり、最後は破産。チャンピオン経験者最後の悲しい末路です。


〜オマケ〜
鈴木亜久里
    参戦数88回(5年参戦)
    優勝0回 表彰台1回 
    ポール0回 ファステストラップ0回 
    チャンピオン0回

    →スーパーアグリF1
       参戦数39回(3年参戦)
       優勝0回 表彰台0回 
       ポール0回 ファステストラップ0回 
       チャンピオン0回

名選手、と呼ぶにはそうそうたるメンバーの中で浮くかもしれませんが、日本を代表するチームオーナーでした。プロストのフランス色があれば亜久里の日本色もある。エンジンも日本、ドライバー2人も日本、タイヤも日本、そして経営者も日本と厳しい世界だと本人が一番理解しつつ、ガッツあるファイターだと誉めたいです。
シャシーはホンダからでなく、エンジンの大きさすら違う4年落ちのアロウズを改造し、お金も苦労しかき集め参戦の許可をもらい、1年目の2006年は悔しいシーズン。2年目にやっとエースドライバーの佐藤琢磨が2回の入賞で4ポイントを獲得しましたが、それを最後に翌2008年のシーズン序盤に撤退、破産しています。



こうしてみてみると、二世ドライバー同様に、師匠(オーナー)を超えるのは至難の業でいくら輝かしい経歴をもってしても、それを超える結果は困難であることがわかります。サー・フランク・ウィリアムズやエディ・ジョーダン、ペーター・ザウバーのような若手発掘にも貢献する名将もいる中「餅は餅屋」ということなのでしょうか。
ちょっとだけスチュワート・グランプリの行く末やメルセデスのご意見番として帯同する賢いニキ・ラウダあたりがオーナーをやるとどうなってるのかな、と想像してしまいました。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ