F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:小林可夢偉

今回のカード対決は5/5こどもの日ということで1998年のTBS「テレビのちから」という番組の中の「スーパーキッズ21世紀夢チャレンジ」で登場した12歳の小林可夢偉です。ハミルトンやベッテルも幼少時代から注目される天才児でしたが、日本でも同様に「F1に乗れそうな子」は昔から注目されてきているものなんですね。
IMG_0253
IMG_0256
先日取り扱った「生ダラカート」でお馴染みの定岡正二が兵庫県尼崎市に住む小林家を訪ね、小林可夢偉と初対面しています。憧れのドライバーはアイルトン・セナ。将来の夢は、ちょっと字が薄くて読み辛いけど「F1レーサーになる」とデカデカと書いています。
IMG_0266
IMG_0267
ひとまず固い握手を交わし、定岡とカート対決と相なりました。定岡正二ってセナをはじめ様々なドライバーとカート対決を行って場数を踏んでいますよね。
IMG_0269
IMG_0272
名神高速道路、東名高速道路を辿ってはるばる千葉県市原市にある「新東京サーキット」に到着。カート対決御用達のロケーションです。
IMG_0270
IMG_0276
定岡先行の半周のハンデを了承してもらい、7周のカート対決スタート!
IMG_0280
レース当日は雨は上がっていますが、路面はウェット。1周が約40秒と考えると、定岡のアドバンテージは20秒。7周レースということは小林は1周あたり3秒早く走らないと追い付きません。
IMG_0283
1周目は約2秒
IMG_0284
3周目は約3秒
IMG_0285
5周目も約3秒と着実にギャップを縮めて定岡のすぐ後ろに近付いてきました。
IMG_0286
IMG_0287
コースをはみ出しつつ、アウトからかぶせて小林が見事ハンデ戦を制しました。

IMG_0281
ただ、このレースはこれで終わりではなかった。定岡のバックに元F1ドライバーが次なる対戦相手として控えていた。小林にはナイショ。
IMG_0291
この方、なぜか坊主頭(まさかアレか?!)の鈴木亜久里。オートバックスカラーのカートで颯爽と登場。
IMG_0292
IMG_0293
小学生2人は拍手でお出迎え。レースは倍の距離となる15周とし、元F1ドライバーと将来期待されるF1ドライバーの対決スタート!
IMG_0297
鈴木はピッタリと小林の背後から離れません。うまく並びかけては
IMG_0300
IMG_0301
青の小林が前を守るといったレース運びが続きます(これがこの後ちょっとした問題に)
IMG_0302
IMG_0303
S字の切り返しで鈴木が前に。前を走るのは憧れのセナと一緒に走り、F1で当時唯一の日本人表彰台を経験した人。小林は是が非でもこの壁を超えていきたいところ。
IMG_0305
IMG_0312
IMG_0313
小林は意外と呆気なく抜き返し、幾度となくお尻を突かれながらも見事に勝利!さすがスーパーキッズ。

IMG_0316
IMG_0317
レース後、勝利したにもかかわらず浮かばぬ表情の小林。鈴木や定岡も気になり問いかけています。どうした?!
IMG_0319
小林曰く、鈴木とのレースは「鈴木が手を抜いていたから勝てた」ということに悔し涙を流していたのです。小学生とはいえレース、バトルですからね。勝てても嬉しいやらナメられているような、複雑な気持ちだったのでしょう。負けず嫌いでないと、スポーツの世界は伸びません。
IMG_0320

ご存知の通り、後に小林はF1へステップアップ。このレースから14年後の2012年日本GPでは鈴木に続く日本人3人目の表彰台を獲得するまでに成長、活躍しました。まさしくこのレース対決した2人だけが、現時点での貴重なF1日本GP表彰台登壇者です。
image

https://youtu.be/F69gMeGTvi4
https://youtu.be/9AB1TMy7RIE
https://youtu.be/JR7MdsEY5jo

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回みていく「珍レース」はまだ日が浅い2016年4月に放映されたTBS「水曜日のダウンタウン」の検証「ゲーム×現実 ミックスカート対決」です。今でも毎週水曜日に放映されるこの番組、ドッキリ系の検証はハラハラしてしまいmiyabikunあまり得意ではないのですが、興味深い検証からくだらない検証など様々あり面白いですよね。ただ帰りが遅くて、リアルタイムで冒頭から通しで観れたことがほとんどありません。

IMG_7008
ご覧になった方ならご存知だと思いますが、よいこ有野晋哉が持ち込むこの企画の主旨は「レースゲームが得意な者とレースが得意な者をミックスさせて競争する」というもの。ゲーム好きの有野らしい面白い企画だと思います。ゲームはWii Uの「マリオカート8」を使って行われます。最近のもの過ぎてmiyabikunこれは持っていないし、やったことがありませんでした。
IMG_7013
IMG_7014
マリオカートを1周して、直後に現実カートを1周。それを繰り返す形で公平に織り交ぜていきます。

IMG_7009
「ゲーム側」の対象者は有野と同様にゲームが大得意なバカリズム。自信はあるとのことですが、実は普通免許をすら持っていないため現実の方は経験はなし。
IMG_7010
「レース側」の対象者として選ばれたのは、この2016年時点で既に「元」となってしまっている小林可夢偉です。ダウンタウンと同郷の兵庫県尼崎市出身ということで、ダウンタウンの他番組でもちょこちょこ共演がありますよね。ちなみにマリオカートは「初期のをやったことがある」程度とのこと。なかなかいい勝負になるかもしれません。
IMG_7015
赤の「マリオ」がバカリズムで画面は左側、対する右側が緑の「ルイージ」小林。見た目がピッタリだし、色がはっきり分かれていてわかりやすい。

IMG_7016
IMG_7018
1周目はゲームはさすがバカリズムに分があるかと思われましたが、小林はしっかりパッシングしてドリフトをかましています。実は小林はマリオカートが上手い?!
IMG_7019
IMG_7020
IMG_7022
その後バカリズムは「アイテム」を使って順位を戻し、続くは現実カートへ。小林から大量リードで逃げるバカリズムも初運転の割にこちらも上手いか?!
IMG_7024
IMG_7025
こちらではバカリズムが単独スピンから小林に先行を許して再びゲームに戻ります。忙しいけど、今までこんな企画のレースは見たことがありませんね。面白い。
IMG_7030
IMG_7032
ゲームは小林もそつなくこなし、カートはバカリズムもそこそこ。と互角の戦いが続きます。でもどうしても勝ちたいバカリズムは考えました。
IMG_7033
小林は2回目のカートを終えて最後のゲーム部屋に向かっていきます。ゲームもリードで終えて、最後のカートで勝利が見えたと思えば、
IMG_7035
あれっ?何気に同時スタート?!どうした小林。
IMG_7037
実は2回目のカートで遅れたバカリズムはカートの停止を本来のコントロールラインを越えて停車しており、戻ってみると差を相殺しています。バカリズム賢いな、こすい(笑)F1でこんなことやったら黒旗失格だろうけど。本領発揮の小林はテールトゥノーズでバカリズムをあおり
IMG_7039
IMG_7043
結果は小林が勝利。バカリズムはあえなくスピンして小林がF1ドライバーの面目を保てました。レースを終えた後のバカリズムの感想も面白い。
IMG_7044
IMG_7045
この動画もYouTubeで閲覧が可能です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。
https://youtu.be/7ep5NyH28bQ

IMG_7046
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これはいつものちゃんとしたレースの振り返りです(笑)
今回は最初の最終戦となった2009年のアブダビGPを振り返ります。この年も数回振り返ってきましたが、あの奇跡の「ブラウンフィーバー」により前戦ブラジルGPまでにドライバーズ、コンストラクターズ共にチャンピオンは決定しています。今シーズンと同じまったりモードです。ヘルマン・ティルケの監修で作られたこのGPは初の「トワイライトスタート」のレースという以外にも「ココならでは」の要素がいくつか含まれています。まずは何といっても目をひくコレ
IMG_6046
ピットアウトレーンと本線の立体交差。インレーンは本線からアウト側に分岐して、アウトレーンは本線のイン側から合流する珍しい形態を採ります。文にするとアウトとインがごっちゃになっちゃいますね。この設計にはちゃんと意味があって、どうやら島を分離している運河(水路)があるため、本線のアウト側の用地を確保できずアンダーパスにしたそうです。ただ金があるからとかカッコよさせそうとかではないんですね。それも単に潜るだけではなく、中でキツいSカーブをなしているので、意外と危険。しっかり下見して路面のグリップや幅員を確かめておきましょう。
IMG_6047
IMG_6107
あと画像では少し見辛いですが、遠心力を緩和できるようコーナー外側はバンク(カント)を付けて高くなるように設計するのが一般的ですが、このサーキットはコーナー外側が低い、いわゆる「逆バンク」が各所にあります。考慮しないとアンダーステアみたいにはらんでしまうことにも注意が必要です。

IMG_6048
2戦前の日本GPで負傷したトヨタのグロックに代わり、アブダビGPでも走ることになった小林可夢偉。フリー走行では三番時計を記録するなど、日本のドライバーが日本のコンストラクターで期待できる位置につけています。

IMG_6050
初アブダビでの初ポールを獲得したのはシーズン2勝を挙げた前チャンピオンのハミルトンでした。また惜しくも最年少チャンピオン獲得ならなかったレッドブルのベッテルはKERS無しでハミルトンの0.66秒落ちの2番手に並びます。一方でチャンピオンを決めたバトンはマシンがキマらず5番手に沈み、期待の小林は12番手、ウィリアムズの中嶋一貴はまあまあ14番手に終わっています。
FullSizeRender

《予選結果》
   1 L・ハミルトン     (マクラーレン・M)
   2 S・ベッテル        (レッドブル・R)
   3 M・ウェバー       (レッドブル・R)
   ※タイヤはブリヂストンのワンメイク


「いいの、いいの。もうチャンピオンを獲得したから5番手スタートでも」
IMG_6052
できれば最終戦もビシッと勝って欲しかったんですが、後半戦は尻すぼみで保守的な走りに徹したバトンです。
IMG_6053
スタートハミルトンらしい弾丸スタートが決まってベッテルの得意な至近戦を避けていきます。中団では1ピットストップを採るであろう小林がヘロヘロなフェラーリのライコネンをかわして11番手に浮上しました。
IMG_6054

スタートの順位のまま5番手でのらりくらりのバトンに対して無線でゲキが飛びます。
IMG_6059
バトンは小林より1回多い2ピットストップなので1回分のロスタイムをトラックで築かなければなりません。しっかりペース上げてくれよ、チャンプ!

17周目に1回目のタイヤ交換と給油を終えてピットアウトするバトン。小林とはかなり際どいタイミングですよ!
IMG_6062
まだ来ていないと思いきや
IMG_6063
実はもう真後ろに来ている!ココはピットアウト側も本線側とも、ドライバーはライバルのことを急に視認する必要があるスリルもあります。
IMG_6065
ニュータイヤとはいえまだ温まり切っていないチャンピオンに2戦目の若手が食らいつく。同一ラップなのでバトンも文句は言えません。
IMG_6067
共にKERS無しのストレート勝負か?!ブレーキを頑張り過ぎたチャンピオンはやはりタイヤの準備が整わっていなかった。
IMG_6069
コーナー出口は小林に軍配。これで共にあと1回ずつのピットストップに並びました。

IMG_6070
トップから快走逃げかと思われたハミルトンは序盤にオーバーランしてブレーキに問題を抱えていることが明らかになっています。イマイチ逃げきれていません。無線から嫌な予感しかしないインフォメーションが流れる。
IMG_6071
ハミルトンよりスタートガソリンを多めに、2周分引っ張ったベッテルは攻めに攻められないハミルトンをオーバーカットすることに成功。
IMG_6072
ハミルトンはピットに引き戻されることになり、記念すべきアブダビGP初ウィナーは叶いませんでした。
IMG_6074

IMG_6079
バトンを蹴散らした小林はガソリンも軽くなりファステストラップで唯一のピットストップに向けて準備万端。30周目に事を終えます。
IMG_6081
次に頑張らなければならないのはバトンの方。まだまだ無線から小林対策の指示が続きます。
IMG_6082

中盤に入り、小林はまだピットストップしていないルノーのアロンソにお尻を突かれる状況になりました。こちらも同一周回であり、かつアロンソはこれからピットインしなければならないわけで、あまり構う必要もありません。
IMG_6084
面倒臭そうなので小林は大きめにラインを外して、ちょっとロス。そのロスが結果的にはバトンにかわされる一因となってしまいました。ラップダウンではないのに、抜かれ方も上手くやらないと結果的に痛手に繋がってしまいます。これも勉強。

IMG_6088
小林のミスに助けられたバトンは終盤に2番手をシレッと走るウェバーを捕まえます。できれば優勝してシーズンを〆たかったけど、2位でいっか。
IMG_6091
そう簡単にはいかず、これがなかなかしぶとい。スリップストリームを使っても、レッドブルの真後ろに入ると安定しません。さすが空気を巧みに扱うレッドブル車です。結局バトンストーリーもここまで、来シーズンの飛躍を予感させるレッドブルのワンツーフィニッシュで初アブダビGPは終結しています。
IMG_6096

《決勝結果》
   1 S・ベッテル   (レッドブル・R)
   2 M・ウェバー  (レッドブル・R)
   3 J・バトン       (ブラウンGP・M)


IMG_6097
結局小林は6位入賞で終えて代走ながら存在感をしっかり残せるレースとなりました。相方トゥルーリも7位に入り、ダブル入賞の喜びを分かち合うトヨタの面々。
FullSizeRender
IMG_6249
ただこのレースを終えた4日後に急遽会見を開き、F1から撤退する事を発表。これが現在においての純日本コンストラクターの最終レースです。またこの他にもBMWもF1ラストレース、F1のレース中給油のラストレースと、F1史において様々な意味でターニングポイントとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

歴史あるプライベーターも今や完全なるテールエンダーと化したザウバー。前にも振り返ったように、以前は大型スポンサーとしてペトロナスを味方につけたり、将来が期待される新人を多く輩出してきたチームでした。創設者であるペーター・ザウバーも身を引き、跡を引き継いだF1初の女性チーム代表モニシャ・カルテンボーンも第7戦カナダGPを最後に退任して「ザウバー」の名残はチーム名称とシャシー名くらいになってしまいましたね。今回はまだギリギリ「ザウバニズム」を感じ取れた2012年「C31」をみていきたいと思います。
《設計》
(ジェームス・キー)
   マット・モリス
   ウィレム・トーレ

《外見》
今はトロ・ロッソでテクニカルディレクターを担うジェームス・キーが2011年のオフシーズンに手がけるも、開幕を前にチームから離脱しているため、このシーズンはマット・モリスがテクニカル部門の指揮を執りました。
この前のマクラーレンMP4-27と同じ2012年ですので、ノーズはマクラーレン以外の各マシンと同じく残念な形をしています。レギュレーションで「こういう形状にしなさい」とあるわけではありませんが、安全を考慮した「ノーズ先端の高さは車体底部から550mm、モノコック前段の高さは625mm」というレギュレーションの中、少しでも合理的なデザインを採るとこぞってこうなってしまうという、ファンのみならずデザイナーやドライバーなど誰もが認める「醜い時代のマシン」でした。当時のザウバーはご覧のような白と黒(濃紺?)のカラーリングに「段差部に白地のナンバー」もあってか、その段差がまた大きく、目立って感じました。
近年はハースが「第2フェラーリ」の地位を担っています。この頃のザウバーは今よりもフェラーリとの距離も近く、エンジンをはじめギヤボックスも供給を受け、リヤサスペンションもフェラーリに合わせる形を取っていました。フェラーリF2012でリヤをプルロッドに変更すると、ザウバーもそれに合わせて前作C30のプッシュロッドからプルロッドに変更を施しています。
見易く図解されたものがあるので、それら画像をお借りして簡単に説明します。図の黄色いバーがロッドで、左側がプッシュロッド、右側がプルロッドになります。昔のF1マシンはロッド自体を細くできる逆ハの字をなすプルロッド(路面からの衝撃に対し、ロッドを「引張」で機能させる)の採用していました。しかしハイノーズが主流になると搭載位置の関係から自由度豊かなハの字のプッシュロッド(路面からの衝撃に対し、ロッドを「圧縮」で機能させる)とするマシンが増えます。ただそれの副産物としてロッドが太くなり若干の高重心と空力的支障をきたしてしまいました。そこでリヤを再び空力処理に有利なプルロッドに変更する傾向にあります。
先日のマクラーレンMP4-27と同様に早い時期から「コアンダ・エキゾースト」を導入、シーズン序盤から好成績のスタートに結びつけました。また、これらリヤエンドの改良によって、前作C30の弱点であったタイヤへの問題を軽減、入力が優しくロングランにも貢献し、この頃に「タイヤを保たせる術」を会得したペレスは今日の走りにも活きてきます。
ザウバーF1といえば、歴代青系か黒系のカラーリングを繰り返しています。この時代は黒と白のツートンカラーにメキシコ企業のスポンサーが増え始めています。ご存知の通りペレスがもたらした資金が多く反映されています。パトロンがいるとやはりシート獲得に有利に働きますね。

《エンジン》
フェラーリTipo056
V型8気筒・バンク角90度
排気量:2,398cc(推定)
最高回転数:18,000rpm(制限)
最大馬力: - 馬力(非公開)
《シャシー》
全長:5,195mm
全幅:1,800mm
全高:1,000mm
最低車体重量:640kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量: - ℓ
ブレーキキャリパー:ブレンボ
ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
ホイール:O・Z
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド
タイヤ:ピレリ

《ドライバー》
No.14 小林可夢偉          (全戦)
No.15 セルジオ・ペレス(全戦)

《戦績》
126ポイント コンストラクター6位
(2位2回、3位2回、4位1回、5位1回ほか)
ポールポジション0回

小林可夢偉とペレスによるコンビ2年目です。表彰台登壇は4回で、その内訳は小林が第15戦日本GPでの3位1回、ペレスの第2戦マレーシアGPと第13戦イタリアGPでの2位と第7戦カナダGPでの3位となっています。コンストラクターズランキングは2001年のN・ハイドフェルドとK・ライコネンのコンビによるC20での4位がザウバーの歴代最高位でした。ただ表彰台はハイドフェルドの3位1回に止まるため、この2012年の方が内容としてもインパクトも優れていたように感じます。
開幕戦オーストラリアGPは予選で小林が13番手、ペレスが17番手(ギヤボックス交換ペナルティにより22番手スタート)に沈むも、決勝ではチーム内接触がありつつ両者入賞を獲得。第2戦マレーシアGPでペレスは予選10番手からチーム最高位となる2位表彰台、第3戦中国GPでは小林がチーム初のファステストラップを獲得するなど、トップチームに引けをとらない走りを披露してくれます。その後ペレスは先述の通りカナダ、イタリアと登壇する活躍をみせ、日本GPを前にフェラーリとの関係を断ち、マクラーレンからオファーを受けて移籍にこぎつけました。結果で一歩劣る小林は、去年振り返ったようにその地元予選4番手(マクラーレンのバトンのギヤボックス交換ペナルティにより3番手スタート)からヘヤピンでの連続パッシングとバトンの猛追を振り切って3位表彰台を獲得、悔しさを走りでカバーしています。
シーズン終盤は小林が2回入賞を果たすもトップチームへの移籍が決まったペレスが全くポイントを稼げず「腑抜け」になってしまいました。さらにチームは2013年に小林と契約更新するためには「ペレスからもたらされた資金を調達することが条件」とされ断念、F1浪人を強いられたのは記憶に新しい出来事だと思います。
F1を離れた小林は今も現役で世界の舞台で戦う日本のトップドライバーの1人です。アジア人でみても上位にくる活躍をもってしても、F1のシートにおさまることができず、片や当時のチームメイトの2人は現在もF1に籍を置けているというのが実情です。いかに現代のF1はドライバーの腕もさることながら「お金とタイミング」が重要であるかを知らしめてくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年の夏は暑いには暑いけど暑さがまだ足りない。あれよあれよと言う間に早くも9月に入りました。9月生まれのF1ドライバーは62人います。

《9月生まれのドライバー》
1994年9月1日   C・サインツ ◎
1958年9月2日   O・グルイヤール
1966年9月2日   O・パニス
1990年9月2日   M・エリクソン ◎
1939年9月5日   C・レガッツォーニ
1963年9月5日   井上隆智穂
1965年9月5日   D・ブラバム
1910年9月7日   L・ウォラード
1956年9月8日   S・ヨハンソン
1960年9月8日   鈴木亜久里
1984年9月8日   V・ペトロフ
1952年9月10日 B・ジャコメリ
1976年9月11日 T・エンゲ
1980年9月11日 A・ピッツォニア
1948年9月12日 J・L・シュレッサー
1986年9月13日 小林可夢偉
1950年9月14日 桑島正美
1929年9月17日 S・モス
1960年9月17日 D・ヒル ★
1996年9月17日 E・オコン ◎
1973年9月19日 C・ダ・マッタ
1975年9月20日 J・P・モントーヤ
1981年9月23日 R・ドーンボス
1942年9月25日 H・ペスカローロ
1991年9月25日 A・ロッシ
1980年9月26日 P・フリーザッハ
1963年9月28日 E・コマス
1968年9月28日 M・ハッキネン ★
1946年9月30日 J・マス
1961年9月30日 E・ヴァン・デ・ポール
1997年9月30日 M・フェルスタッペン ◎

★はチャンピオン獲得者、◎は2017年現役

9月もすごく多いわけではないものの、著名なドライバーや日本人、チャンピオン、現役となかなか潤沢な月です。
まず日本人は「伝説」をいくつも持つ変わり種ドライバーの井上隆智穂、そして数少ない表彰台経験者である鈴木亜久里と小林可夢偉がいます。小林可夢偉は昔「天才小学生ドライバー」としてテレビ番組でF1から退いた鈴木亜久里とカート対決をしているんですよね!まだYouTubeなどで観れるので、よかったらご覧下さい。小林可夢偉は今のようにアクもなくて可愛いですよ(笑)
 
https://youtu.be/F69gMeGTvi4
https://youtu.be/9AB1TMy7RIE
https://youtu.be/JR7MdsEY5jo

チャンピオン経験者は2人。同じ時代を争い、今でもたまにパドックで顔を見せてくれるD・ヒルとM・ハッキネン。現役ではイライラモヤモヤのサインツ、初めはスウェーデンの通信機器メーカーの御曹司かと思ったエリクソン、今年の新人で一番活躍中のリタイヤ知らずオコン、そして、、
おい、君だよ、新成人!
今月末で「ヤンチャ卒業」のフェルスタッペンという4人です。

9月生まれの皆さん、そしてドライバー、おめでとう! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ