F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:初日の出

IMG_7842
明けましておめでとうございます。2021年一発目のブログも初日の出からスタートします。今朝の関東もガッツリ氷点下の冷え込みでしたが、雲一つ無い晴れやかな空で見通しのいい河原まで行って、しっかりと初日の出を見てきました。マスクをする生活にもだいぶ慣れ、今朝はいつも以上にマスクの存在にありがたみを感じました。初日の出を見た年は気持ち一年が平和に過ごせる気がするので、体調が悪く無い年は見に行くことにしています。今年も何かいいことがあるといいな。

今シーズン(2021年)のF1といえば、何といっても小林可夢偉以来の7年振りに日本人ドライバーが復活することに期待が寄せられますね。アルファタウリから角田裕毅くんがデビューします。ノリスくんより半年も歳下の2000年生まれということは20歳ということで、まだまだだいぶ若い!とうとうmiyabikunと倍半分の子がF1デビューする時代になったか。。となればライコネン先輩とも倍半分ということ。令和って感じだーオジサン!(笑)

昨年は例年よりも「間引き運転」になってしまいました。在宅勤務が増えて、少しは落ち着いてブログを書けるようになるのかなと思いきや、その逆で通勤や仕事中に移動する機会もだいぶ減り、思いの外落ち着いて取り組むことができない一年となってしまいました。今年もおそらく似たような体制を取らざるを得ない日々が続くと思いますので「数よりも質の向上」をモットーに進めていきたいと考えています。ニホンゴもそろそろ本気でちゃんとしないとね(笑)

今シーズンは果たして予定通りのスケジュールで進行できるのでしょうか。新たなドライバーを交え、いつもとは違った面白い展開が繰り広げられるのでしょうか。テストの機会は減る一方、GP数は増えるという、F1関係者をはじむ我々ファンとしてもより過酷なシーズンが待ち構えていますが、今から開幕が待ち遠しいですね!
FullSizeRender
この一年もmiyabikunとこのF1ブログ「F1 えきぞーすとのーと」をよろしくお願いします。

miyabikun

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1229
明けましておめでとうございます。今年も初日の出を見てきました。少し遅刻したかなと思ったら、東側に厚い雲があったため少しだけ時間稼ぎができました。元旦から早起きすると気持ちいいし一日が長く感じます(笑)

今シーズン2020年のF1は昨年より1戦多い最多となる全22戦で行われ、新たにベトナムGPと久々復活のオランダGPが加わります。オランダの盛り上がりはいよいよ最高潮に達することでしょう。何かあった時に暴動など起きないか心配もありますが。また、ドライバーはウィリアムズから新たにラティフィが加わり、大人気のオコンはルノーから復帰します。ウィリアムズもルノーももう一段高い位置でレースできるようになるといいですね!他は大幅なレギュレーション変更はありませんので、勢力図に大きな影響は出ないかもしれませんが、ドライバーの経験値や質は昨年にも増して上がり、高い精度がモノをいうようになりそうですね。

2020年は日本でオリンピックも予定されていますので、いつもとは違う「スポーツへの盛り上がり」をみせてくれると思います。昨年のライコネンに続いてmiyabikunも今年「人生の大きな節目」を迎える年でもあります。あまり難しいことやニュースなど最新のネタや技術について詳しく解説は出来ないけど、いつもと似たようなリズムに似たようなコンセプトでつらつらとF1にまつわる何かを書いていければいいなと考えています。ご愛顧のほど今年もよろしくお願いします。
miyabikun


そういえば年末に横浜駅でこんな広告を見かけました。
IMG_0995
miyabikun愛用のキャリバーの新作かな。ちゃんと仕事していますなーフェルスタッペンくん。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_7340
明けましておめでとうございます。今年も撮れたての初日の出からスタートします。関東は雲もない気持ちいい元旦を迎えることができました。雨が少なく乾燥していて各地で火災が起きていますね。火の取り扱いはくれぐれも気を付けましょう。

この2019年はドライバーの大幅移籍が行われます。チーム数は変わらずも全20人のうち新人が3人、復帰が3人、移籍が6人もいて六割が替わることになります。ワークスでベテランと組むリカルドをはじめ、トップチームを獲得したルクレール、ガスリー。チームの底上げが期待されるライコネンとクビカのベテラン。直下のカテゴリーで実績を積んだラッセル、ノリス、アルボンら新人。昨年2018年と異なる勢力図を生むことは間違いなしです。
また日本のファンとしてはホンダがいよいよ2チームへの供給がスタートし、その相手先はトップチームの一角をなすレッドブルですから気は一層抜けませんね。古くはウィリアムズ、ロータス、マクラーレン、ジョーダンなど名門チームの活躍に貢献した輝かしい実績がありますから、レッドブル×ホンダがそれらの歴史に残る組み合わせとなるか期待したいですね!
先日もみてきたように、マシン側もウィングは大型にかつシンプルに変更が入りますのでそれが果たして「多くのバトルやドラマ」を生み出すきっかけとなってくれるといいなと思っています。

毎年毎回、日本語の下手さやミスなどに後から気付いたり指摘頂いて修正するというお恥ずかしい部分がなかなか改善されません。見苦しい部分、不快な表現も多々あるかと思いますが、気になったり異なる見解などがありましたら、遠慮なくおっしゃってください。ただし、お手柔らかにね(笑)miyabikunは1990年からF1をテレビ観戦、生観戦し始めて今年で30年目に突入。人生の多くをF1を楽しむ「最長に続く趣味」となりつつあります。ただ最新のニュースやゴシップ、技術的見解やプロドライバー目線のような記事は書けませんし、書きません。観戦し始めて日の浅い方、昔は観ていたけど今は観れない方、今のドライバーやルールは知らないけど昔なら知っている方など、色々なファンにも入ってきやすい書き方とネタをなるべく定期的に発信できるように心掛けていきます。実はもういくつかのネタの整理も完了して控えていますのでお楽しみに。

IMG_4393
2019年も皆さんにとって明るく健康で幸せな一年になりますように。今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あけましておめでとうございます。平成29年一発目は撮れたての初日の出と共に1日から開店してみました。

2017年のF1は全20戦で3月26日決勝の恒例オーストラリアGPが開幕、その前の2月27日から4日間と3月7日から4日間にこれまた恒例のスペイン・カタロニアでの合同テストが予定されています。このテストには概ね新レギュレーションのマシンが連ねるわけですが、今からニューマシンが楽しみですよね!何せ今シーズンは例年よりも「カッコいいマシン」がみられるハズ、です。タイヤはワイドに、ウイングも見た目長く感じて噂では「3〜4秒のラップタイム減」を目論んでるとのこと。いきなりそんなに早くなるのか?と疑いたくなりますが、期待しましょう!

細かいのは抜きにして、知る限りの主だったレギュレーション変更をチェックしました。
《マシン》
・フロントタイヤの幅の拡大
    245mm→350mm
・リヤタイヤの幅の拡大
    325mm→405mmに
・フロントウィングの幅の拡大
    1,650mm→1,800mm
・リヤウィングの幅の拡大
    750mm→950mm
・リヤウィングの高さの縮小
    950mm→800mm
・サイドポンツーンの幅の拡大
    1,400mmまで→1,600mmまで
・ディフューザーの高さと幅の拡大
    高さ125mm→175mm
    幅    1,000mm→1,050mm

前に公表されたイメージ図から察する限り、より長く、扁平になる感じでしょうか。以前から数字が若干変わった気がします。フロントウィングは上からみて矢印のような後退翼、リアウィングも後退しますから、見た目だけでもスピード感があって、空気を捉える面積も広くなります。リヤウィングは一昔前はこんな感じにワイドだったので、結果元に戻ったというか。

《その他》
・ウェット時の再スタート方法の変更
    ローリング→グリッドスタンディング
・ヘルメットのカラーリング変更
    変更禁止→シーズン中で一度変更可能

といった感じです。再スタートがグリッドにまた整列するとなると時間はかかりそうですが、やれセーフティカーが遅いだの前車の水煙がどうのという苦情はなく、スタートミスの自己責任が色濃くなりますね。ドライ時のセーフティカー明けはどうなるんだろう、、そこは変わらずローリングスタートでしょうか?!ちゃんと調べたら書いてあるのかな?
とにかく、マシンは大幅に変わります。どうせならあのみっともないノーズコーンも定めて欲しかったな、、2016年はダサければダサいほどあまり速くなかった印象です。

全くの余談ですが新幹線もモデルチェンジ毎に卑猥でダサくなる。あれでは若き青少年も古き良きを知るベテランも憧れません。速さ以上に安全性や経済性を盛り込むと、あんな感じに収束するもの?!見た目以上の厳しい規定で縛るのが「フォーミュラ」ですが、新幹線もF1も業界のフラッグシップ。どうせならカッコよく縛って下さい!

とまあ今シーズンは今までとは大きく異なる見た目で、大きく異なる勢力図やバトルが見られることに期待したいですね!今年もコツコツ観察し、データを引っ張り出したり、無い知恵絞ってF1を多角的に捉えていきたいと考えています。お付き合いのほど、よろしくお願いします。
にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ