F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:予選順位予想

また今回も史上最強のヤツが?!進むのが遅いですね。日本上陸を楽しんでいるような、あたかもF1に参戦したいかのような台風接近です。現時点で土曜日に予定されていたF1のフリー走行3回目の中止、予選は日曜日の午前に延期されたことで土曜日の全セッションが取り止めとなる発表がありました。安全第一ですね。ドライバーも走行は危険だし、生観戦を予定しているファンも危険で、本当の地元でもない限り、そもそもが土曜日にサーキット入りすることもままならない。
当初はレースウィークですので土曜から日曜あたりに予選、日曜から月曜で決勝観戦記をアップする予定でいましたが、miyabikunは日曜の朝から外出する予定があるため、おそらく予選はテレビ観戦できません。よって1日から2日のタイムラグが生じてしまいそうです。決勝と予選の記事を逆転させるのも気持ちが悪いし「過去のレース」シリーズと同じように一回にまとめてもいいのですが、備忘録としてこまめに刻んで記録しておきたいので、ご理解頂けると嬉しいです。それもこれも全ては台風のせいでとっ散らかっちゃったんだけどね(笑)
IMG_4830
《日本GPの基本情報》
 鈴鹿サーキット
  全長   :5.807km×53周=計307.771km
  コーナー数:18箇所
  高低差       :40.4m
  DRS区間数:1箇所
  母国GP      :無し(ホンダ)

《日本GPの個人的印象》
 ・様々な要素を含むテクニカルレイアウト
 ・抜きにくく下手に抜きにかかると接触する
 ・ファンのみならずドライバーからも高評価
 ・ままある雨がレースを変貌させる

ままある雨がまんまと今年も当たってしまいました。本来であれば「体育の日」とされている今は気候も穏やかという目論見がありました。しかし台風はまだまだやってくる時期。日本はフライアウェイの遠い遠い東の国か、はたまたTyphoonの国か、ヨーロッパ基準のスポーツに参画できているだけ有難いことでしょうか。
FullSizeRender
フリー走行1回目のトロ・ロッソはガスリーに代わり山本尚貴がステアリングを握りました。嬉しい出来事です。日本GPに日本人ドライバー、例えテストであってもやっぱり地元はこんな特権があっていい。

《過去5年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分27秒760
 2017年 ハミルトン(メルセデス)
    1分27秒319
 2016年 ロズベルグ(メルセデス)
    1分30秒647
 2015年 ロズベルグ(メルセデス)   
    1分32秒584
 2014年 ロズベルグ(メルセデス)
    1分32秒506

《ポールポジションレコードタイム》
 2017年 ハミルトン(メルセデス)
    1分27秒319(一周5.807km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
 4回 ベッテル   (2009,10★,11★,12★)
 2回 ハミルトン(2017★,18★)

近年の5年はメルセですね。その前の5年はレッドブルが5年制覇していました。5年区切りでそろそろ他チームが欲しくなります。久々に「本拠地ポール」願ってみますか?ホンダが最後に鈴鹿のポールポジションを獲得したのは29年前となる1990年のマクラーレンのセナまで遡ることとなります。きっと台風の目から走りを覗いていますよ。
現役獲得者はいつもの2人。ハミルトンについてはしばらく鈴鹿だけはポールを獲れないでいていたところ、2017年にレコードタイムでポールを獲得してからは続いています。それがなければ、ベッテルの独壇場だったのにね。

《過去5年の優勝者》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
 2017年 ハミルトン(メルセデス)
 2016年 ロズベルグ(メルセデス)
 2015年 ハミルトン(メルセデス)
 2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者 回数》
 4回 ベッテル (2009,10★,12★,13★)
   ハミルトン(2014★,15★,17★,18★)
 1回 ライコネン(2005)

優勝もやっぱりメルセです。ポールポジションでは倍半分だったベッテルとハミルトンは優勝単位でみると4勝ずつのイーブンです。現役の優勝者はほか2005年のスーパーライコネンも加えた3人となり、いずれもチャンピオン獲得者です。これも何回か書いていますが、この鈴鹿は「チャンピオンになる者」がほぼ勝ってきています。過去30回のレースでベルガーの2回、ナニーニとパトレーゼとバリチェロ1回ずつ、計5回以外の25回は早かれ遅かれチャンピオンになるドライバーの優勝です。マシンのセットアップや天候気温もさることながら、やはり優れたドライバーのみが優勝を許されているということ。フェルスタッペンやルクレールは喉から手が出るくらい、鈴鹿で勝ちたくなっちゃうよー。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
 2018年 ベッテル (フェラーリ)
 2017年 ボッタス (メルセデス)
 2016年 ベッテル (フェラーリ)
 2015年 ハミルトン(メルセデス)
 2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者 回数》
 3回 ベッテル (2012★,16,18)
 2回 ハミルトン(2014★,15★)
 1回 ライコネン(2005)
   ボッタス (2017)

最後はファステストラップ。ポールよりも優勝よりも一段ハードルの低い、スピード自慢の4人となっています。ちなみに決勝のファステストレコードは先程の2005年のライコネンが終盤44周目に記録した1分31秒540が15年近く破られずに保持しています。ココ最近はポカして空回り気味だし、当の本人はまあ覚えちゃいないと思いますが、このライコネンは実に速かった。まるで同じ人とは思えない(笑)この鈴鹿はそんなライコネンの三十代最後のレースです。miyabikunの半年先に大台へとステップアップされる。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト    (C3)
 黄:ミディアム(C2)
 白:ハード    (C1)

フリー走行2回目までは何とか行われました。モナコのような異例の「一日空き」予選予想をしてみます。

《日本GPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル             (ウィリアムズ)
 18.マグヌッセン      (ハース)
 17.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 16.ストロール          (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.ライコネン          (アルファロメオ)
 14.クビアト              (トロ・ロッソ)
 13.グロージャン       (ハース)
 12.リカルド              (ルノー)
 11.ヒュルケンベルグ(ルノー)
〜Q3〜
 10.ペレス                  (レーシングポイント)
   9.ガスリー              (トロ・ロッソ)
   8.ノリス                  (マクラーレン)
   7.サインツ              (マクラーレン)
   6.アルボン              (レッドブル)
   5.ベッテル              (フェラーリ)
   4.フェルスタッペン(レッドブル)
   3.ルクレール           (フェラーリ)
   2.ハミルトン           (メルセデス)
P.P.ボッタス              (メルセデス)

土曜日午後でなく、日曜午前の「台風一過」を前提とし、現実的な観点と少々の期待も込めて予想を立てました。自力チャンピオンは現時点で消滅しているボッタス、シーズン序盤の好調さを終盤で再び呼び起こして予選のアタマを獲ってほしいと思います。メルセデスに続くのはフェラーリかフェルスタッペンか迷い、ヨーロッパ明けの2つも台頭したルクレールが前としました。2列目からバチバチと第1コーナーの奪い合いしてもらいましょう!
6番手は成長著しいアルボン、そして7番手も中団で頭一つ飛び出たサインツまでは堅くいくと思います。その後ろあたりからは少し悩みます。ノリスくんも頑張ってほしいし、レーシングポイントのペレスも近々は復調をみせているので侮れません。ホンダエンジン最後尾はクビアトは予選より決勝の幸運重視ということで14番手、おっちゃんは肩の力を適度に抜いた15番手としました。

FullSizeRender
レースの無い土曜日、このブログが皆さんの時間潰しとして少しでも役に立てれば幸いです。台風の通過エリアにお住まいの方はくれぐれも無理せず、安全第一でお過ごし下さい。そして何とか日曜日は無事に日本GPが開催され、白熱したレースが繰り広げられますように。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日本GP前のロシアで再び新スペック導入に踏み切ったホンダ。他3人について最後尾は免れますが、地元クビアトのみ開催前から最後尾スタートが決まっています。やっぱりホンダとしては日本GPを最適な状態で入りたいですよね。最後尾なら抜かれる心配はない、ただ抜くだけ。単純明快。クビアト!
image
《ロシアGPの基本情報》
 ソチ・オリンピックパークサーキット
  全長   :5.848km×53周=計309.944km
  コーナー数:19箇所
  高低差       :1.9m
  DRS区間数:2箇所
  母国GP      :クビアト

《ロシアGPの個人的印象》
 ・綺麗な路面でタイヤに優しいサーキット
 ・となれば1ピットストップが王道か?!
 ・長いストレートで全開時間も長め
 ・市街地ではないが直角コーナーが各所に

とにかくタイヤに優しいスムーズな路面です。タイヤがボロクソにタレて、レースペースがガクンと落ちたり、タイヤ交換でグリッドが後退しちゃうもどかしさとかがあった方が盛り上がるんだけどなぁ。

《過去5年のポールポジション》
 2018年 ボッタス (メルセデス)
    1分31秒387
 2017年 ベッテル    (フェラーリ)
    1分33秒194
 2016年 ロズベルグ(メルセデス)
    1分35秒417
 2015年 ロズベルグ(メルセデス)   
    1分37秒113
 2014年 ハミルトン(メルセデス)
    1分38秒513

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ボッタス (メルセデス)
    1分31秒387

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
 1回  ハミルトン(2014★)
   ベッテル    (2017)
   ボッタス (2018)

ロシアGPは今年で6回目なので、近年5年の各結果が全ての結果となります。メルセデスをはじめドイツ系の面々が名を連ねています。現役は3人が仲良く1回ずつ。頭一つ2回目を獲得するのか、いやいや若手の伸び盛りが初ポールに名乗りを上げてくるのか、最近の数レースをみる限りよくわからないですね。

《過去5年の優勝者》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
 2017年 ボッタス (メルセデス)
 2016年 ロズベルグ(メルセデス)
 2015年 ハミルトン(メルセデス)
 2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者 回数》
 3回 ハミルトン(2014★,15★,18★)
 1回 ボッタス (2017)

優勝となると5年連続全てメルセデスから生まれています。メルセデスしか勝てていない、メルセデスに乗れば、ロシアを制する。こちらもわかりません。特に赤いチームに変な化学反応がみられています。まさかの4戦連続?!なんてことになれば、日本GPも荒れそうです。今シーズンの残りは、、赤とか紺とか贅沢は言いませんから、このまま銀以外のチームでいきましょう。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
 2018年 ボッタス (メルセデス)
 2017年 ライコネン(フェラーリ)
 2016年 ロズベルグ(メルセデス)
 2015年 ベッテル (フェラーリ)
 2014年 ボッタス (ウィリアムズ)

《現役ファステストラップ獲得者 回数》
 2回 ボッタス (2014,18)
 1回 ベッテル (2015)
     ライコネン(2017)

ボッタスは初開催の2014年にウィリアムズでも獲っています。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト  (C4)
 黄:ミディアム(C3)
 白:ハード  (C2)

今回から上記タイヤコンパウンドの表記を少し変えました。今シーズンの過去のGPも同様に統一しています。今回の各チームのタイヤ選択もハードタイヤが少なめなオーダーですね。タイヤ、保ちますしね。

《ロシアGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.クビアト              (トロ・ロッソ)
 17.グロージャン       (ハース)
 16.マグヌッセン       (ハース)
〜Q2〜
 15.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 14.ストロール          (レーシングポイント)
 13.ライコネン          (アルファロメオ)
 12.サインツ              (マクラーレン)
 11.ノリス                  (マクラーレン)
〜Q3〜
 10.ペレス                  (レーシングポイント)
 9.リカルド              (ルノー)
 8.ヒュルケンベルグ(ルノー)
 7.ガスリー              (トロ・ロッソ)
 6.アルボン              (レッドブル)
 5.ボッタス              (メルセデス)
 4.ハミルトン          (メルセデス)
 3.ベッテル              (フェラーリ)
 2.フェルスタッペン(レッドブル)
P.P.ルクレール           (フェラーリ)

もう一度整理しますと、レッドブルの2台とトロ・ロッソのガスリーは予選5グリッド降格、クビアトが最後尾スタートが決定しています。本意ではありませんが、アルボンとガスリーはQ3を走らないとの見方を考えましたが、そうなるとタイヤ選択権はあれどかなり後方スタートとなってしまうため、いつも通りの予選に取り組むと予想しました。
フロントロウ争いは熾烈なものとなりそうですね。復調もこれまでかと思われたフェラーリですが、このシンガポールに来てもなかなか好位置でフリー走行を終えました。次世代チャンピオン争いを予感させる若い2人によるポールポジションの取り合いになんてなったら面白いです。
またいつもと少し異なる点として、レーシングポイント2台を少し前に出してみました。市街地サーキットで比較的好結果を残してきた2人ですから、このソチのレイアウトや路面とマッチして2台揃ったポイント獲得に向けて頑張ってほしいと思います。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年シーズンも残り1/3となりました。少しずつではありますが、2020年シーズンの各シートが埋まりつつあります。今シーズンほど大幅な異動はないものの、F1を去る者などもちらほら出始めました。チャンピオン争い、ランキング争いにも注目しつつ、残り7戦の勇姿を見届けてあげたいですね。
IMG_7808
《シンガポールGPの基本情報》
    マリーナ・ベイ市街地サーキット
        全長           :5.063km×61周=計308.843km
        コーナー数:23箇所
        高低差       :5.3m
        DRS区間数:3箇所
        母国GP      :なし

《シンガポールGPの個人的印象》
 ・ナイトレースがさらなる優雅さを演出
 ・バンピーならではの火花が全開!
 ・直角に直角と市街地らしい市街地サーキット
 ・速度が遅く、完走に時間いっぱいかかる

コースレイアウトは変わらずの5.063kmですが、今シーズンはターン13「マーライオン・ヘヤピン」から交差点を鋭角に右折するターン14の間、エスプラネード・ブリッジのストレートもDRS作動可能区間に追加されました。ヘヤピン手前で検知します。タイトコーナーの飛び込みでパッシングが増えるといいのですが、接触やクラッシュのリスクも高くなりますので注意が必要です。

《過去5年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
                1分36秒015
    2017年 ベッテル    (フェラーリ)
                1分39秒491
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
                1分42秒584
    2015年 ベッテル   (フェラーリ)   
                1分43秒885
    2014年 ハミルトン(メルセデス)
                1分45秒681

《ポールポジションレコードタイム》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
                1分36秒015(一周5.063km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
    4回 ハミルトン(2009,12,14★,18★)
   ベッテル   (2011★,13★,15,17)

現役のポールポジション獲得者はたったの2人。スーパーチャンピオンのみに絞られます。それもがっぷり4回ずつ。チームはメルセデスとフェラーリが交互に獲ってきているわけで、今シーズンはフェラーリのターンと言いたいところですが、お世辞にも厳しそう。毎年ココを比較的得意としているチーム、または最終セクターの低速エリアで力を発揮しそうなところが台頭してきそうです。

《過去5年の優勝者》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
    2015年 ベッテル   (フェラーリ)
    2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者 回数》
    4回 ハミルトン(2009,14★,17,18★)
   ベッテル   (2011★,12★,13★,15)

優勝経験者もポールポジションと同じ2人がこちらも同じ回数ですね。今まではレッドブルが得意、ベッテルが得意で続いてきていたところが、現パワーユニットになってからは完全にメルセデスの領地と化しつつあります。パワーのメルセデスのはずが、今シーズンは低速コーナーも貼り付くように速く走るようになりましたので、気温さえ極端に上がらなければ弱みはほぼ克服されたようなもの。恐ろしやー。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
    2018年 マグヌッセン(ハース)
    2017年 ハミルトン    (メルセデス)
    2016年 リカルド       (レッドブル)
    2015年 リカルド       (レッドブル)
    2014年 ハミルトン    (メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者 回数》
    2回 ハミルトン          (2014★,17★)
          リカルド              (2015,16)
    1回 ライコネン          (2008)
          ヒュルケンベルグ(2012)
          ベッテル              (2013★)
          マグヌッセン       (2018)

歴代現役のファステストラップ獲得者はいつもの面々に加えヒュルケンベルグとマグヌッセンも入ってきます。この2人は時として速さをみせるベテランですね。2人はタイプは違えど、どこかが惜しい。ヒュルケンベルグは来年どうするんでしょう。いよいよお払い箱か?!

《使用されるタイヤコンパウンド》
    赤:ソフト  (C5)
    黄:ミディアム(C4)
    白:ハード  (C3)

この前のイタリアGPのようなクソ予選にはならないはずです。生半可な気持ちで取り組めば、マーライオンの餌食になるぞ!

《シンガポールGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.マグヌッセン       (ハース)
 17.グロージャン       (ハース)
 16.ストロール          (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.ライコネン          (アルファロメオ)
 14.ペレス                 (レーシングポイント)
 13.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 12.ヒュルケンベルグ(ルノー)
 11.リカルド              (ルノー)
〜Q3〜
 10.クビアト              (トロ・ロッソ)
   9.ノリス                  (マクラーレン)
   8.サインツ              (マクラーレン)
   7.ガスリー              (トロ・ロッソ)
   6.アルボン              (レッドブル)
   5.ルクレール          (フェラーリ)
   4.ベッテル              (フェラーリ)
   3.ボッタス              (メルセデス)
   2.フェルスタッペン(レッドブル)
P.P.ハミルトン          (メルセデス)

と予想してみました。レッドブルおよびホンダ、フェルスタッペンファンの方々、すみません。毎度のことながら、フェルスタッペンの見せ場は予選より決勝に取っておきたいのです。彼には決勝で暴れてもらいましょう!ならばとボッタスが来てくれれば何よりですが、ソツがなくともいい意味でも悪い意味でも地味過ぎ。というわけで意には半しつつもキングを定位置におさめました。
フリー走行の順位に過ぎませんが、アルボンとガスリーは同じエンジン、同じグループのマシンとはいえ差が歴然と出ています。300戦練磨のチャンピオン経験者ライコネンとて、昨年のトップチームマシンと比較してもだいぶ順位が落ちます。やっぱりマシンの要素って大きいんだなということを知らしめられますね。そんなアルファロメオは「予選だけは」そこそこ走るジョビナッツィを立てました。彼で恐れるは「決勝で何かを発令させるんじゃないか」ということ。最近はレースを左右するオイシいところを押さえる傾向がある。
終盤7戦はフェラーリに代わってレッドブルグループにメルセデス狩りを託しましょう。そして日本GPまでにボルテージを存分に高めてもらいましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

フェラーリようやくの優勝から一週間後の母国モンツァですね。ヨーロッパラウンド最終章も連勝といけるか。ここも獲らなきゃ、あとはないぞ?!
image
《イタリアGPの基本情報》
    モンツァサーキット
        全長           :5.793km×53周=計307.029km
        コーナー数:11箇所
        高低差       :12.8m
        DRS区間数:2箇所
        母国GP      :ジョビナッツィ
                              フェラーリ、トロ・ロッソ

《イタリアGPの個人的印象》
 ・周りは緑、スタンドは真っ赤っか!
 ・昔よりはウィングぺったんこなくなった?
 ・ずっと直線か、ずっと右に曲がっているか
 ・伝統と速度はあるが、見どころは始めだけ?

言わずと知れたハイスピードサーキットで、一般的にここでのパッシングは前車のスリップストリームに入り速度差で抜くか、トラック前半に位置する2箇所のシケインの飛び込みを使います。ただ始まってみると第1シケインの混乱をクリアすれば、あとはまったりとしたレースになる印象を近年は特に感じます。スタートが中団や後方であればあるほどスタート直後の混乱に巻き込まれるわけで、前戦のスパよりは予選順位が重要だと思っています。交換ペナルティ降格もない方がいいに越したことはありません。
母国ドライバーは念願のジョビナッツィただ1人です。モータースポーツ大国にして実はイタリア人で大成したドライバーは数少ないんですよね。ジョビナッツィには少しガッカリなmiyabikun。スパでも予選のみならず決勝の最後の最後でもやらかしがありましたが、敢えてスルーしました。まあとにかく、、です。

IMG_6525

《過去5年のポールポジション》
    2018年 ライコネン(フェラーリ)   
               1分19秒119
    2017年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分35秒554
    2016年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分21秒135
    2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分23秒397
    2014年 ハミルトン(メルセデス)
               1分24秒109

《ポールポジションレコードタイム》
    2018年 ライコネン(フェラーリ)   
               1分19秒119(一周5.793km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
    6回 ハミルトン(2009,12,14★,15★,16,17★)
    3回 ベッテル   (2008,11★,13★)
    2回 ライコネン(2006,18)

昨年の予選は最後の最後に隊列の最後尾にいたライコネンが1年越しのポールポジションを獲得しました。スリップストリーム大作戦成功です。チームメイトやライバルの背中を使ったこの戦略を多用してくるのもこのサーキットの特徴です。

《過去5年の優勝者》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
    2015年 ハミルトン(メルセデス)
    2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者 回数》
    5回 ハミルトン(2012,14★,15★,17★,18★)
    3回 ベッテル    (2008,11★,13★)

優勝は二大チャンピオンに絞られます。ライコネンはここで勝てていません。しかも現パワーユニットではメルセデスのみ!ここでポールポジションまたは勝つドライバーはいずれもチャンピオンを獲得していますから、元気な若手は果敢にモンツァで攻めて大成することを願います。この前一年更新を無事に終えた方だって、勝つ権利は兼ね備えています。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
    2017年 リカルド    (レッドブル)
    2016年 アロンソ    (マクラーレン)
    2015年 ハミルトン(メルセデス)
    2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
    5回 ハミルトン(2011,13,14★,15★,18★)
    3回 ライコネン(2005,06,08)
    1回 リカルド    (2017)

ファステストラップ括りはベッテルに代わってリカルドが名を残しています。リカルドね、リカルド自身はアグレッシブなドライバーなのに、肝心のチームがリカルドに名前負けしている状態。リカルドには頑張ってほしいんだけど、最近はトップチームに加えて若手も元気ですから、2回目はだいぶ厳しいなぁ。

《使用されるタイヤコンパウンド》
    赤:ソフト  (C4)
    黄:ミディアム(C3)
    白:ハード  (C2)

今のF1カレンダーの中では比較的異端な部類の完全パワーサーキット。何度も言いますが、スピードとパワーのみをウリにするチームはここが今シーズン最後の望みになりそう。

《イタリアGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.ストロール          (レーシングポイント)
 17.ペレス                  (レーシングポイント)
 16.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
〜Q2〜
 15.ライコネン          (アルファロメオ)
 14.マグヌッセン       (ハース)
 13.グロージャン       (ハース)
 12.ノリス                  (マクラーレン)
 11.サインツ               (マクラーレン)
〜Q3〜
 10.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   9.リカルド              (ルノー)
   8.ガスリー              (トロ・ロッソ)
   7.クビアト              (トロ・ロッソ)
   6.アルボン              (レッドブル)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ボッタス              (メルセデス)
   3.ハミルトン          (メルセデス)
   2.ベッテル              (フェラーリ)
P.P.ルクレール          (フェラーリ)

かっきりチーム毎に連ねてみました。それもシングルグリッドにホンダ勢4台が順に並ぶという大胆予想!別に面倒臭かったわけではありませんよ(笑)フェラーリばかりではない、トロ・ロッソだって母国GPです。
スパでは予選も決勝もルクレールの手に渡りました。あと1勝しかできない(と決まったわけではないが)としたら、今度こそベッテルの番かな、そんな情けもありつつ、それをかき消すくらいルクレールが仕上がっている様子。ベッテルの今シーズンは、もう無さそう。
アルボンがフェルスタッペンを超えるのは至難の業だろうけど、トロ・ロッソ2台は完全に超えそうです。アルボンはあまり心配していません。心配なのはそのアルボンと入れ替わった方。黄色いのやオレンジのヤツに割ってはいられるようではダメだからね。落第では済まず退学とかにならないように、自身の素質を予選からしっかり示していきましょう!
IMG_6407

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

夏休みも終わりを告げ、来シーズンのドライバーラインナップやGPカレンダーが少しずつ見えてきました。夏休みの宿題を済ませ将来が明るい者もいれば、宿題や課題を残し不安に思う者もいることでしょう。そんな様々な気持ちを寄せたまま、難関なベルギーGPから後半戦が始まります。天気くらいは穏やかに晴れるといいですね!
image
《ベルギーGPの基本情報》
    スパ・フランコルシャンサーキット
        全長           :7.004km×44周=計308.176km
        コーナー数:20箇所
        高低差       :102.2m
        DRS区間数:2箇所
        母国GP      :なし

《ベルギーGPの個人的印象》
 ・大自然に会する高低差と高全開率
 ・F1界の「峠の走り屋」決定戦
 ・一番の敵は気ままに降る「雨」
 ・比較的抜きやすく、荒れて、ドラマも多い

近年は集客や安全性を考慮したサーキットでの開催が多くなってきました。F1をやる側にとっても我々観る側にとっても重要なことではありますが、旧来の荒々しさ、ドライバーの腕や度胸が試される場が減り、F1も近代的になりました。どこか寂しい部分も感じます。その古き良きF1を存分に感じさせてくれるのがココ、スパ・フランコルシャンですね。本当に上手い者が勝つ、天候に左右されない者が勝つ、そして優れたマシンが勝つGPです。昨年までは母国GPの者がいましたが、今シーズンはいません。例え無くても、ココだけはF1が続く以上、開催し続けてほしいものです。

《過去5年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分58秒179
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
               1分42秒553
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
               1分46秒744
    2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分47秒197
    2014年 ロズベルグ(メルセデス)
               2分05秒591

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
               1分42秒553(一周7.004km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
    (★はその年のチャンピオン)
    5回 ハミルトン(2008★,13,15★,17★,18★)
    1回 ライコネン(2007★)
           ベッテル   (2011★)

ご覧の通り、予選はパワーがモノをいうメルセデスが近年のポールポジションを獲り続けています。またココもチャンピオン獲得者が名を連ねてきます。本当に速い者のみが許されるポールポジションです。

《過去5年の優勝者》
    2018年 ベッテル   (フェラーリ)
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
    2016年 ロズベルグ(メルセデス)
    2015年 ハミルトン(メルセデス)
    2014年 リカルド   (レッドブル)

《現役歴代優勝者 回数》
    4回 ライコネン(2004,05,07★,09)
    3回 ハミルトン(2010,15★,17★)
           ベッテル   (2011★,13★,18)
    1回 リカルド   (2014)

最多勝は先日も触れた最年長ライコネンが「参戦第1期」で稼いだ4勝となっています。昨年まで所属したフェラーリであれば、その数を増やすことも出来たでしょうが、今のアルファロメオでは入賞が精一杯か?!ライコネンが鎮まった後、ハミルトンとベッテルが数を重ねています。優勝となれば速さだけではなく巧みな腕をもって制するチャンスも見えてくる。今ノリノリなあの人がもしかしたら名乗りを上げてくるかもしれませんね。

《過去5回のファステストラップ獲得者》
    2018年 ボッタス    (メルセデス)
    2017年 ベッテル    (フェラーリ)
    2016年 ハミルトン(メルセデス)
    2015年 ロズベルグ(メルセデス)
    2014年 ロズベルグ(メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
    3回 ベッテル    (2009,13★,17)
    2回 ライコネン(2004,08)
           ハミルトン(2010,16)
    1回 ボッタス    (2018)

全長が長い上、勾配に高速コーナーが続くスパのファステストラップ獲得も至難の業です。今シーズンからポイントが得られますので、優勝は難しくてこれを狙うドライバーはその至難を乗り越える必要があります。ボッタスに続き、チャンピオン常連のラインナップに新たな挑戦者が加わってきてほしいものです。

《使用されるタイヤコンパウンド》
    赤:ソフト  (C3)
    黄:ミディアム(C2)
    白:ハード  (C1)

最も硬い3種が選出され、大半のチームがC1ハードタイヤを1セットしか選んでいません。使う気無し(笑)軽微な変わり種としてはウィリアムズのラッセルが唯一ハードを2セット選び、メルセデス2台とノリス君がC3ソフトを8セットとしてミディアムをライバルより手厚くしています。メルセデスはさておき、頑張れノリス!

《ベルギーGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                  (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.ジョビナッツィ    (アルファロメオ)
 17.マグヌッセン       (ハース)
 16.ガスリー              (トロ・ロッソ)
〜Q2〜
 15.クビアト              (トロ・ロッソ)
 14.グロージャン       (ハース)
 13.ノリス                  (マクラーレン)
 12.ストロール           (レーシングポイント)
 11.サインツ               (マクラーレン)
〜Q3〜
 10.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   9.ペレス                  (レーシングポイント)
   8.リカルド              (ルノー)
   7.アルボン              (レッドブル)
   6.ライコネン          (アルファロメオ)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ボッタス              (メルセデス)
   3.ハミルトン          (メルセデス)
   2.ルクレール          (フェラーリ)
P.P.ベッテル              (フェラーリ)

前評判からフリー走行までフェラーリがその期待通りに上位に君臨しています。ココで勝てなきゃ今シーズンどこで勝つ?というわけでフロントロウに並べ、経験値とさらなる期待を込めてベッテルを前にしてみました。ルクレールは2回のポールポジションを獲得したものの、ベッテルはまだカナダの1回キリなんですよね。スパは決勝レース中のパッシングも可能なサーキットではありますが、予選から速さと強さを顕示することが重要です。
ドライバースイッチのあったアルボンとガスリーはフリー走行の様子だけでもはっきりと立場が変わっています。そんなにレッドブルとトロ・ロッソのマシン差ってあるんでしょうか。アルボンについては新スペックエンジンを搭載してペナルティ降格が決まっていますが、臆することなく上位で存在感を示してほしいです。
レーシングポイントの2人も元気がありそうですね!市街地以外でもイケるのか?!予選の蓋を開けてみないことには信じ難いけど、長期契約を結んだペレス、久々に好位置に来るのでしょうか。期待しましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ