F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:一国二開催

忙しく早くも2戦目、それも1戦目と同じサーキットという前例の無いことで、不思議な感じがしますね。「シュタイアーマルク」という土地の名前をうまく当て込んだ第2オーストリアGPです。
IMG_0479
《シュタイアーマルクGPの基本情報》
 レッドブル・リンク
     全長     :4.318km×71周=計306.578km
    開催回数  :33回目
  コーナー数:10箇所
     高低差    :63.5m
  DRS区間数:3箇所
  母国レース :レッドブル

《シュタイアーマルクGPの個人的印象》
 ・ココが元祖「ティルケサーキット」
 ・起伏に富んだシンプルなストップ&ゴー
 ・スタート直後は大抵はみ出すターン1
 ・ドラマと事件はココで起きる「レムズ」

ココは先週と変わりません。唯一「開催回数」が増えただけ。楽です(笑)レムズ推しのmiyabikun、先週第1戦の決勝でもここで様々なパッシングがみられましたね、こんなことや
IMG_3919
あんなことも。
FullSizeRender
今回大丈夫かな。。愛情でイジっています。

《過去5年のポールポジション》
 2020年-1 ボッタス (メルセデス)
     1分02秒939
 2019年    ルクレール(フェラーリ)
     1分03秒003
 2018年    ボッタス (メルセデス)
     1分03秒130
 2017年    ボッタス (メルセデス)
     1分04秒251
 2016年    ハミルトン(メルセデス)
     1分07秒922
 2015年    ハミルトン(メルセデス)
     1分08秒455

《ポールポジションレコードタイム》
 2020年-1 ボッタス (メルセデス)
     1分02秒939

《現役ポールポジション獲得者と回数》
  (★はその年のチャンピオン)
 3回 ボッタス (2017,18,20-1)
 2回 ハミルトン(2015★,16)
 1回 ルクレール(2019)

先週もれっきとしたレッドブルリンクでの予選ですので、ちゃんとボッタスの記録を加えました。予選はいよいよ1分02秒台に突入しました。今回はいつもの1年越しではなく、たったの7日越しですから、そう飛躍的にタイム向上はないと思いますが、今年のマシンのクセや先週の失敗や反省などを盛り込んでくることでしょう。1分02秒台のさらなる短縮はあるか?!

《過去5年の優勝者》
 2020年-1 ボッタス    (メルセデス)
 2019年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2018年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2017年 ボッタス    (メルセデス)
 2016年 ハミルトン   (メルセデス)
 2015年 ロズベルグ   (メルセデス)

《現役歴代優勝者と回数》
 2回 フェルスタッペン(2018,19)
   ボッタス    (2017,20-1)
 1回 ハミルトン   (2016)

決勝もボッタスの頑張りをアップデートしました。頑張ったには頑張ったけど、後ろは色入れとっ散らかったのはつゆ知らず、一人蚊帳の外で逃げタスだったからなぁ。優勝争いで盛り上がる、というレースではありませんでしたね。きっかけはフェルスタッペンのストップだったなぁ。
FullSizeRender
メルセデスはシーズン開始直前にマシンカラーを黒に変更してきました。実はそれもあってオーバーヒートを起こしていたという噂を耳にしました。確かに黒は光を吸収する色ですが、本当なのかな。ならば黒いカラーリングはシブいけど、問題アリ(言い換えれば、面白い展開になりそう)ですね。

《過去5年のファステストラップ獲得者》
 2020年-1 ノリス     (マクラーレン)
 2019年 フェルスタッペン(レッドブル)
 2018年 ライコネン   (フェラーリ)
 2017年 ハミルトン   (メルセデス)
 2016年 ハミルトン   (メルセデス)
 2015年 ロズベルグ   (メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
 2回 ハミルトン   (2016,17★)
 1回 ペレス     (2014)
   ライコネン   (2018)
   フェルスタッペン(2019)
   ノリス     (2020-1)

先週のこの「予選予想」の際、miyabikunはファステストラップポイントについて、不満を述べました。ただレースになれば違いました。ポイントがあるから、というわけではないでしょうが、ファイナルラップのノリスの走りが明暗を分けましたね。結果的には嬉しい方向に働きました。
FullSizeRender
歴代第2位、1位まであと少しという結果も素晴らしいけど、やはり「初表彰台」の方が話題性もあります。アルボンとノリスの同期対決はファステストラップを糧にノリスが先に勝ち取りました。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト  (C4)
 黄:ミディアム(C3)
 白:ハード  (C2)

タイヤは今回も同じチョイスです。以降のレースもしばらくはコレでいくんでしたっけ?!全く同じタイヤ交換と戦略にはならないでしょうから、Q2の戦い方、決勝での使い方に注目しましょう。フェルスタッペンのミディアムタイヤ作戦のリベンジはあるのかな。ネタバレしているからナシかな。

《第1戦オーストリアGPの予選結果と正否》
〜Q1〜
 20.ラティフィ   (ウィリアムズ)→◯
 19.ライコネン   (アルファロメオ)
 18.ジョビナッツィ (アルファロメオ)
 17.ラッセル    (ウィリアムズ)
 16.マグヌッセン  (ハース)
〜Q2〜
 15.グロージャン  (ハース)
 14.オコン     (ルノー)
 13.クビアト    (アルファタウリ)
 12.ガスリー    (アルファタウリ)
 11.ベッテル    (フェラーリ)
〜Q3〜
 10.リカルド    (ルノー)→◯
   9.ストロール   (レーシングポイント)→◯
   8.サインツ    (マクラーレン)
   7.ルクレール   (フェラーリ)
   6.ペレス     (レーシングポイント)
   5.アルボン    (レッドブル)
   4.ノリス     (マクラーレン)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ハミルトン   (メルセデス)
  P.P.ボッタス    (メルセデス)
 ※スターティンググリッドではありません

今までの予選予想ではあり得なかった「先週のおさらい」なんてのが今回はできたりします。正解率の低い結果を載せるのも恥ずかしいですが、今回の予想の手掛かりになるかもしれないと思い、記載しました。
予想外だったことを挙げると「フェラーリを筆頭とするフェラーリエンジン系の低迷」「前評判通りのレーシングポイントの飛躍」といったところでしょうか。
まずフェラーリは特にだらしなかったですね。他のどこかであれば笑い話で済むのに、よりによってフェラーリがシーズン前合同テストからの不調な香りそのまま、それも昨年のポールレコードと比べて「大幅退化」がみられました。ドライバーは変わっていませんし、サーキットのレイアウトも同じ、なのにこの結果ですから、正直あまり期待できません。ハースやアルファロメオに至ってはQ1落ちレベルにまで後退しました。チャンピオン経験者、現役最多出場、ライコネン、今回は頼みますよ!
一方でレーシングポイントは「ほぼメルセデス」と揶揄された通りの速さをみせて、2人揃ってのQ3進出となりました。あのちゃまが、Q3を堂々と走り、決勝ではチャンピオン経験者の手を焼かせることになるのは本当に驚きました。昨日のフリー走行も引き続き好調のご様子。

ほか、細々としたツッコミどころはさておき、これらヒントを踏まえて第2戦の予選を占いたいと思います。

《シュタイアーマルクGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.ラティフィ   (ウィリアムズ)
 19.ラッセル    (ウィリアムズ)
 18.マグヌッセン  (ハース)
 17.グロージャン  (ハース)
 16.ライコネン   (アルファロメオ)
〜Q2〜
 15.ジョビナッツィ (アルファロメオ)
 14.クビアト    (アルファタウリ)
 13.ガスリー    (アルファタウリ)
 12.オコン     (ルノー)
 11.リカルド    (ルノー)
〜Q3〜
 10.ベッテル    (フェラーリ)
   9.ストロール   (レーシングポイント)
   8.ルクレール   (フェラーリ)
   7.サインツ    (マクラーレン)
   6.アルボン    (レッドブル)
   5.ノリス     (マクラーレン)
   4.ペレス     (レーシングポイント)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ハミルトン   (メルセデス)
  P.P.ボッタス    (メルセデス)

何だかmiyabikun保守的じゃない?!そりゃ当てにいきたいもん、まだビビってますよ!奇をてらったりできません。半分答えがみえている2回目は前回のような大外しはしたくないもの(笑)
前回は僅差でポールを逃した(のちに黄旗無視により降格)ハミルトンも当然修正してくることは間違い無しです。ただボッタスの方が腰を据えた安定感があるように思えます。というわけで、またボッタスをポールとし、 1分02秒中盤まで上がってくると予想。フェルスタッペンもフリー走行をハイペースで終えたようですが、一発の速さはメルセデスには敵わないかな、と。フェルスタッペンの持ち味は「決勝」ですから、このあたりでも充分勝ちにいけます。
第1戦の予選は好位置につけたノリスは今回「フリー走行中の黄旗無視」によるペナルティで、決勝3グリッド降格が決まっています。でも今のマクラーレンは「Q3当たり前」の位置に鎮座していますので、ターゲットは前回もバチバチやったペレスとの勝負となるでしょう。ペナルティがある分、サインツに合わせてはいられない。
今回頭を抱えたのはストロールちゃまとルクレール王子の位置関係でした(ベッテルはいいの?!)ストロールの飛躍にはもちろん期待はしているものの、フェラーリにだって意地はあります。ペレスと比べると、ちゃまはまだまだQ3での場数、修行は足りていない。
Q2止まり以下はチーム別に並べてみることにしました。サプライヤーに負けるワークス、ルノーを筆頭に、中段で2人揃ってくすぶるアルファタウリ、そして冴えないアルファロメオとブレーキ問題により2台とも「回転スピン」という曲芸をみせてくれたハース、そこにラッセルがどう食い込んでくるのか、といった具合。

なかなか上手くいかない予選予想、あまり外すようならF1ファン失格!と言われないといいな。恥ずかしさ半面、如何にしてF1をより楽しいものとできるか、これがmiyabikunのモットー、キーポイントです。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
本来であればF1は今頃ヨーロッパラウンドの真っ最中の頃にあたりますが、ご存知の通り未だ開幕を迎えられていません。理由はただ一つ、世界中に蔓延する新型コロナウイルス「COVID-19」によるものです。今年一番耳にし口にしたフレーズで、正直言いたくもないし聞き飽きましたよね。戦争を知らない世代からすると、これほどまでに世の中の状況を一変させ、それも世界全体まで被害が及ぶ出来事は経験したことのない事態です。一時期は2020年オリンピックをはじめとしたイベント事、特にスポーツは壊滅的であろうと諦めた最中、徐々にではありますが「条件付きの再開、開催」がようやく発表されました。その中にはF1も含まれています。しかし国や土地、被害状況や判断などにより様々な違いが出ました。まず当初予定されていたカレンダーとその判断状況をまとめました。

《2020年F1カレンダーの開催可否状況》
 開幕戦オーストラリアGP     3/15 → 中止
  アルバートパーク
 第2戦  バーレーンGP            3/22 → 延期未定
  バーレーン国際
 第3戦  ベトナムGP               4/5   → 延期未定
  ハノイ市街地
 第4戦  中国GP                      4/19 → 延期未定
  上海国際
 第5戦  オランダGP               5/3   → 中止
  ザントフォールト
 第6戦  スペインGP               5/10 → 8/16に移動
  カタロニア
 第7戦  モナコGP                  5/24 → 中止
  モンテカルロ市街地
 第8戦  アゼルバイジャンGP 6/7  → 中止
  バクー市街地
 第9戦  カナダGP                  6/14 → 延期未定
  ジル・ヴィルヌーブ

 第10戦フランスGP              6/28 → 中止
  ポール・リカール
 第11戦オーストリアGP       7/5   → 予定通り
  レッドブルリンク
 第12戦イギリスGP              7/19 → 8/2に移動
  シルバーストン
 第13戦ハンガリーGP          8/2   → 7/19に移動
  ハンガロリンク
 第14戦ベルギーGP             8/30 → 予定通り
  スパ・フランコルシャン
 第15戦イタリアGP             9/6   → 予定通り
  モンツァ
 第16戦シンガポールGP      9/20 → 中止
  マリーナ・ベイ市街地
 第17戦ロシアGP                9/27 → 未定
  ソチ・オリンピックパーク
 第18戦日本GP                  10/11 → 中止
  鈴鹿
 第19戦アメリカGP           10/25 → 未定
  サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)
 第20戦メキシコGP           11/1   → 未定
  エルマノス・ロドリゲス
 第21戦ブラジルGP           11/15 → 未定
  ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)
 最終戦アブダビGP            11/29 → 未定
  ヤス・マリーナ

この記事を掲載する6/16現在、カナダGPまでは終了しており、翌6/28予定であったフランスGPも中止が発表されています。10/11予定の日本GPでアジアラウンドが終わり、以降はアメリカラウンドに入るわけですが、そちらの可否は現時点で明らかになっていません。恐らく、、でモノは言わないようにしているmiyabikunではありますが、アメリカやアブダビはともかく、中南米は今の時点で考えると厳しい気もします。あればあったでなおいいですが。

《2020年の開催中止が決まったGP》
 オーストラリアGP
 オランダGP
 モナコGP
 アゼルバイジャンGP
 フランスGP
 シンガポールGP
 日本GP

上記のカレンダーのうち、2020年シーズンは行わないという判断を下したGPを抜粋しました。開幕戦オーストラリアGPの判断、発表タイミングは何とも衝撃的でしたね。一番初めだし、時期的に悩ましいのもあったわけですが、ドライバーやチームスタッフ、観戦を予定していた観客に対しても苦渋の決断となりました。
中止を決断したGPはモナコGPをはじめ軒並み「市街地サーキット」が占めています。市街地サーキットの場合はクローズドサーキットと異なり「街を占領し、全世界から観客を集める」という点がより感染のリスクを高めてしまいますので致し方がありません。市街地サーキットの中では、今シーズン初開催となる予定であったハノイ市街地でのベトナムGP、また半市街地サーキットといえるカナダのジル・ヴィルヌーブもひとまず「延期」の姿勢を採っていますが、市街地系、さらにはヨーロッパからみて「遠隔地」であることを考えると、開催は困難かなと思っています。
中止GPの中に我らが日本GPの名もつい先日加わってしまいました。日本国内では緊急事態宣言も解かれ、ようやく節度を持った行動が根付き始めたばかりなのに、無観客での開催も許されなかったのはとても悔しいですね。これで今シーズンのmiyabikunのブログは「100%テレビによる観戦記」を書くことが自ずと決定しました。

これら中止や延期といった様々な判断と、各国の感染状況などを勘案、組み直されて、皆さんもご存知の通り、ようやくシーズン開幕に向け変更版カレンダーが一部公開されました。毎年恒例となっている8月の夏休み期間を返上する形でスタートします。

《現時点までに決定しているカレンダー》
 第1戦オーストリアGP            7/5
  レッドブルリンク
 第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
  レッドブルリンク
 第3戦ハンガリーGP    7/19
  ハンガロリンク
 第4戦イギリスGP                  8/2
  シルバーストン
 第5戦70周年記念GP              8/9
  シルバーストン
 第6戦スペインGP                  8/16
  カタロニア
 第7戦ベルギーGP                  8/30
  スパ・フランコルシャン
 第8戦イタリアGP                  9/6
  モンツァ

今のところの発表はちょうどヨーロッパラウンドの期間であるたったの8戦分に止まります。そのあとのアメリカラウンドは白紙です。おそらく時間経過とその国の情勢次第で「そのままの予定通り」か「延期としたGPを差し込む」かになるでしょう。果たしていつ、どのタイミングで判断されるのでしょうか。

《2020年に二開催となるGP》
 オーストリアGP(シュタイアーマルクGP)
 イギリスGP       (70周年記念GP)

開催予定の中には、サーキットはよく知る場所なのに、GP名に馴染みのないものがありますね。この異例のシーズンでさらに異例なのが「開催可能な国で2回やってしまおう」というもの。古い言い方をするならば、先日から繰り返す「一国二開催」です。F1では基本的にご法度のやつですね。どんな呼び名でやるのかななんて興味津々でいると、もちろん今回も裏ワザ的なものを使ってきました。
シルバーストンで行われる第2イギリスGPは「70周年記念GP」という名で行います。こちらはその名の通り「F1の70周年」を記念して、F1の第1戦目を飾ったシルバーストンに上手いこと当て込みました(ちなみにF1は1950年制定ですので、今年2020年は「71年目」のシーズン)これは非常にわかりやすい。でも第2オーストリアGPの「シュタイアーマルクGP」って何ぞや?!という話ですよね。実はこの名前、3年前近く前にこのブログの「オーストリアGPから歴史と地理の勉強」という回で書いたことがあるんです。覚えていますか?!オーストリアGPの舞台であるレッドブルリンクの所在地の名前です。レッドブルリンクはシュタイアーマルク州にあるため、その地名を用いたということ。日本でいう「三重GP」や「東海GP」って呼ぶような感じでしょうか。やはり現在でもF1は一国二開催の原則を守っているのですね。もし、同じサーキットで三開催となったらどう呼ぶのでしょうね。オーストリアなら「ラウダGP」とかになるのかな(笑)

細かいツッコミはいいとして、とにかく絶望視されたF1が開催されることは嬉しいし有難いことです。観戦記を謳う当ブログが「過去を懐かしむだけのブログ」にならずに済みそうです(笑)日本GPは無くなってしまいましたが、また今シーズンを楽しめる可能性が出てきました。まずは7/5のオーストリアGPから、待ち遠しいですね!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3073
新型コロナウィルスに翻弄されて、未だ明確な開催に踏み切れないでいる今シーズンのF1。開催可能なサーキットで二回連続開催やら、逆走レイアウト採用だの様々な検討、模索していますね。ファンとしては何らかの形で無事に開幕してくれれば文句は言いませんし、むしろ感謝したいところですが、やはりスタッフや現地観戦するファンの安全が第一。世界を転戦するイベントなだけに感染拡大や批判の対象など無いよう慎重な判断を願いたいものです。
この開催すらできていない状況には反した話題にはなりますが、今までF1では「一国一開催」の原則がある中、様々な工夫と理由で複数開催を行った時代やGPがあります。本来であれば来週は元ヨーロッパGP、現アゼルバイジャンGPの行われる時期です。今回はヨーロッパGPに代表されるF1の「一国二開催以上のGPと変遷」をフォーカスしたいと思います。

まず四の五の言う前に今回はグラフを先に掲載したいと思います。
IMG_3297
これがノンタイトル戦を除き一国二開催以上を行った国とサーキット一覧になります。縦軸は1950年から5年刻みに破線を入れ、色の表現により開催の有無を示しました。何だかモールス信号みたいになってしまいました(笑)いつものグラフや表の2倍の大きさです。ダメですよ、この大きさをA4サイズで印刷したら「小さ過ぎて読めない!」なんて上司に怒られてしまいますよ、A3サイズ縦にしないと(笑)

グラフの見方を説明します。
 濃い色の塗り潰し :その国のメインGP
           ex.鈴鹿での日本GP
 薄い色の塗り潰し :二開催目以上にあたるサブGP
           ex.日本のパシフィックGP
 塗り潰しの無いもの:グラフにないサーキット
           ex.富士、COTAなど
 黒太枠で囲ったもの:「ヨーロッパGP」を強調
 枠すら無いもの  :F1が開催されていない

ケチらずその国で行われた全てのサーキットも並べればよかったのですが、それをやるとA2サイズで印刷しなければならないくらい大きく、さらに煩雑になるので割愛しました。GPは四輪の場合「その国の最高峰の大会」に冠しますので、F1で日本GPを名乗るとF1以外の四輪カテゴリーで日本GPは使えません。二輪は四輪とは別に日本GPが使用できます。また当然ながら一国一開催が原則であるため、何らかの理由で二開催する際は別称を与えて「あくまで一開催である」表現をする必要があります。では以下で各国単位に四の五の書いていきたいと思います。


《イタリア》
 57年第2戦 ペスカーラGP ペスカーラ市街地
 57年第8戦 イタリアGP     モンツァ

F1における最も古い「一国二開催」はイタリアによるものでした。F1制定初年の50年からイタリアGPといえばミラノ郊外にあるモンツァが代表格です。そんな中、57年に東海岸のペスカーラの市街地を使って一周25kmにも及ぶF1史上最長のペスカーラGPがたった1回だけ行われました。なぜペスカーラが選ばれたのかmiyabikunは定かではありませんが、この50年代後半は55年のル・マン24時間レースで多数の死亡事故が起き、スイスやスペイン、ドイツやフランスGPといったF1開催の常連国が中止するなど、モータースポーツに対して消極的な時期と重なりますので、昔からレースが行われきたこの地を選手権に加えたのでしょうか。ペスカーラ市街地でのカーレース自体は57年に止まらず、F1制定前の1924年から61年までと実に長きに渡り使用されていました。

 81年〜06年 サンマリノGP イモラ
 81年〜06年 イタリアGP     モンツァ

イタリアの二開催の代表格といえばボローニャ郊外のイモラ市にあるエンツォ・エ・ディノ・フェラーリで行われたサンマリノGPですね(グラフでは長いので「イモラ」と表現しています)前に「今はなきGPとサーキット」でも書いていますが、サンマリノ国は実際に近隣にあるものの、このサーキットの所在はイタリア国内となります。F1の長い歴史の中で最多の開催を誇るのがイタリアGPのモンツァで、その数は69回です。80年の1年だけこのサーキットを使ったイタリアGPが行われ、以降はサンマリノGPという冠でイタリアの一国二開催を続けてきました。セナやラッツェンバーガーの死亡事故で悪名高いイメージがある通り、高速寄りのマシンレイアウトでこれ以外の事故も多発し、度々の軽微変更を繰り返しています。F1といえばフェラーリ、フェラーリといえばイタリアのサーキットが真っ赤に染まるのは風物詩でもあります。しかし、たまたまなのか偶然か、フェラーリで5連覇を果たしたM・シューマッハの引退と時を同じく06年をもってイタリアの一国二開催にピリオドが打たれました。サーキットは今でも現存し、他カテゴリーで使用されています。

《アメリカ》
 59年〜60年 インディアナポリスGP
 59年第9戦   アメリカGP  セブリング
 60年第10戦 アメリカGP  リバーサイド

F1はヨーロッパ発祥のモータースポーツ。その体質は今でも大きく変わらないわけですが、実は大国アメリカにもF1は古くから多くの関わりを持っています。まずは今でも「世界三大レース」に数えられるインディアナポリスGPから始まりました。いわゆるインディ500です。ただご存知の通りインディアナポリスGPと他のGPではドライバーやチームに隔たりがあり「同じF1というくくり」としては温度差を感じます。したがって実質的な「アメリカの初F1上陸」は59年の第9戦に設定されたセブリングが発祥になりそうですね。こちらは我々もよく知る名前のドライバーやチームで占められます。

 76年〜83年 アメリカ西GP ロングビーチ市街地
 76年〜80年 アメリカ東GP ワトキンスグレン
 81年〜82年 アメリカGP     ラスベガス
 82年〜84年 アメリカ東GP デトロイト市街地
 84年第9戦   アメリカGP     ダラス市街地

グラフからもわかるように、アメリカGPは全く行われない時期を度々経験してきました。60年シーズンから15年近くの空白の時を経て、70年代後半からは「アメリカ黄金期」ともいえる大フィーバーを迎えます。アメリカを東西に分けて一国二開催を実現しました。それの最たるものが82年です。第3戦ロングビーチでのアメリカ西GP、第7戦は自動車産業が盛んなデトロイトでのアメリカ東GP、そして最終戦はカジノなどの娯楽が盛んなラスベガスでホテルの駐車場をサーキットに仕立てたアメリカGP(ラスベガスGP)の「一国三開催」です。自国でも独自のモータースポーツ文化がありながら「盛り上がる(お金をおとしてくれる)ならウェルカム」という、さすがアメリカといった感じですね。ちょっと変わった点としては85年と86年の2年はデトロイトに絞った開催なのに「アメリカ東」という名で行ったたのが面白いです。その後フェニックス市街地や先述インディアナポリスのバンクを逆走させて復活したり、オースティンに新設したサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称COTA)など現在も続くアメリカGPですが、現時点は原則の一国一開催に戻りました。今のF1の興行権を持つのがアメリカのテレビ会社「リバティメディア」度々第二アメリカGP計画が噂に上がり、今後新たな一国二開催を実現しそうな国の最有力候補にあります。やりたい主催者、よく思わない住民。市街地サーキットはこの協議が大変。

《フランス》
 82年第11戦 フランスGP ポール・リカール
 82年第14戦 スイスGP    ディジョン・プレノワ

久々の復活を果たしたフランスGPも一度だけ一国二開催を経験しています。実はスイスGPも首都ベルンのブレムガルテンでF1初年の50年から5回行われていました。しかし先述55年ル・マン24時間レースの死亡事故の影響から廃止されています。ちょうどフランス人のプロストが台頭した頃、フランスGPとして開催されていたディジョンとポールリカールのどちらも開催するために、このディジョンを82年だけスイスGPと冠して行いました。先程のサンマリノGPもそうですが、実際はやっていないのに近くの国の名前をお借りしてやるのは本当はズルだけど、その国の人からみればちょっと得した気分になります。日本は島国だからこのやり方は通用しませんし、日本の採った策はこのあと取り上げます。

《イギリス》
 83年,85年 イギリスGP     シルバーストン
 83年,85年 ヨーロッパGP ブランズハッチ

F1では古くから歴史を持つイギリスGPも過去にやっていました。現在もイギリスGPの舞台として続くシルバーストンと交互開催を行ってきたブランズハッチに対して、83年にブランズハッチ側をヨーロッパGPと名付けて2回開催しました。時期的にはちょうど母国のマンセルやマクラーレンの台頭にあたる頃でしょうか。一国二開催を象徴する非常に便利な呼び名「ヨーロッパGP」はこれが発祥です。

 93年第3戦   ヨーロッパGP ドニントンパーク
 93年第14戦 イギリスGP     シルバーストン

90年代に入り、次はシルバーストンとドニントンパークによる二開催もありましたね。こちらは見事なスタートダッシュを決めたセナで超有名な「雨のドニントン」と呼ばれるやつですね。ドニントンでのF1はF1史において非常に有名ではありますが、F1が行われたのはたったの一度キリ。サーキット自体は現存し、他カテゴリーが使用しています。

《ドイツ》
 84年第12戦 ドイツGP        ホッケンハイムリンク
 84年第15戦 ヨーロッパGP ニュルブルクリンク

 95年〜96年 ドイツGP        ホッケンハイムリンク
 95年〜96年 ヨーロッパGP ニュルブルクリンク
 97年〜98年 ドイツGP               ホッケンハイムリンク
 97年〜98年 ルクセンブルクGP ニュルブルクリンク
 99年〜06年 ドイツGP        ホッケンハイムリンク
 99年〜06年 ヨーロッパGP ニュルブルクリンク

一国二開催のF1でイタリアとサンマリノの関係の次に有名ともいえるのがドイツですね。上記だけみていると名前も長いしややこしく見えますが、ルールは実にシンプル。ドイツGPがホッケンハイムリンクでヨーロッパGPがニュルブルクリンクです。元々ドイツGPといえば市販車開発テストやゲームなどでもお馴染みのニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ)が用いられてきましたが、長く狭く難しく、ラウダ瀕死の事故も発生し、危険であることから舞台をホッケンハイムリンクに移すこととなりました。しかしニュルブルクリンクは短絡な「GPコース」を開設し、83年にイギリスGPで採用されたヨーロッパGPの名を使って84年に復活、以降95年から06年まで二開催を実現しました。95年から06年までのドイツといわれると、ある人がピンと浮かぶと思います。そうM・シューマッハ。まさしくシューマッハの活躍に乗っかった形の一国二開催であることが明白です。そんなドイツも先程のサンマリノGPと同様に06年までという「シューマッハの引退」とちょうど重なっているのがまた分かりやすい。ちなみに97年と98年の2年間だけ、ニュルブルクリンクはご近所のルクセンブルクGPを名乗るも、シューマッハは優勝もチャンピオンも逃しています。またドイツの面白い点としては07年にニュルブルクリンクでのヨーロッパGPは行われましたが、肝心なドイツGPがありませんでした。近年になり有能なドライバーやチームが参戦しているというのに、肝心なGP開催が不安定というか不透明ですよね。母国の人達が可哀想です。

《日本》
 94年〜95年 パシフィックGP TI英田(岡山国際)
 94年〜95年 日本GP               鈴鹿

いよいよ日本の登場です。言うまでもなく皆さんよくご存知だと思います。まだ日本もF1人気があった頃、定着しつつある鈴鹿サーキットでの日本GPに対抗すべく、第二のGP開催を目指してゴルフ場を経営をしていたタナカインターナショナルが当時のFIA副会長であるバーニー・エクレストンに直談判して岡山県のTIサーキット英田でのF1開催にこぎつけています。さすがにヨーロッパGPのような便利な愛称が使えない日本は「太平洋」を意味する「パシフィック」を用いて94年に組み込まれました。
ヨーロッパがダメなら日本には「アジアGP」がちょうどいいのでは、と思いますよね。アジアGPは93年にメキシコGPの代替としてオートポリス(大分県)で使用する予定でした。しかし前年92年にサーキット所有する日本オートポリス自体が倒産して開催できなかったという「いわく」が付いています。
アジアの呼び名を避け、パシフィックを用いて始動したわけですが、2回目の95年は開催前に阪神・淡路大震災が発生。急遽日本GPの前に差し込み「日本二週連続開催」で事なきを得たものの、翌96年は予定通り春開催を望むFIAと、鈴鹿と連ねた秋開催を望んだサーキット側の意見が合わず、そのまま消滅する形となりました。

《スペイン》
 94年,97年 スペインGP     カタロニア
 94年,97年 ヨーロッパGP ヘレス

最後はつい最近まで一国二開催を行ってきたスペインです。その初めはヨーロッパ諸国では最も遅い94年にヘレスでヨーロッパGPを開催しています。ヘレスも古くはスペインGPの舞台として度々使用されてきたサーキットです。ただ90年代に入った頃にオリンピックを控えたバルセロナにカタロニアサーキットを新設したことでスペインGPの座を奪われました。以前にこのブログで振り返ったことのあるヨーロッパGPで2回目の97年は珍事がありました。マクラーレンのハッキネンが自身初となる優勝で表彰式を迎えた際、本来はメルセデス会長がプレゼンターだったにも関わらず、急遽地元の市長が割って入ったことでFIA側が激怒し「今後ヘレスでF1は行わない」という事件が起きてしまいました。実際にこの97年以降、ヨーロッパGPを含めヘレスではF1は行われていません。

 08年〜12年 スペインGP     カタロニア
 08年〜12年 ヨーロッパGP ヴァレンシア市街地

ヘレスでの珍事から9年後の08年から新設のヴァレンシア市街地を使ったヨーロッパGPが復活開催されました。スペインは他の主要ヨーロッパ諸国に比べ、輩出ドライバーは少なく、またチームも無いためF1の人気や貢献度はどちらかというと低め。そんなスペインを二開催するまでに引き上げたのは何だったのか。スペイン人初のチャンピオンを獲得したアロンソの存在と活躍に尽きます。サーキットはヘルマン・ティルケ監修で倉庫や港を取り囲む公道を周回するレイアウトを採用。コントロールラインから最も遠く、海にせり出した区間は可動橋となっており、普段は船が航行する水路をなし、サーキット使用時は橋になるという工夫が施されました。アロンソがチャンピオンを獲得した翌々年08年からフェラーリに移籍してもなかなかチャンピオンを獲れないでいる12年までの5年間でスペインGPとの二開催を実現しますが、もう少し粘ってくれたら、アロンソはどうにかなったかも?!(笑)このヴァレンシアでの二開催終了が現時点での最後の開催となります(ヨーロッパGPという名は16年のバクー市街地で復活)

IMG_3093
以上、今まで70年の歴史において一国二開催以上の開催例は64例129戦ありました。いずれも人気ドライバー出現や国における力の入れ具合により実現されたものとなります。近年は新規開催の計画や噂が出つつもなかなか合意に至らない例、そして既存のサーキットやGP自体がコストなどの問題により開催できないケースすら出てきています。F1は莫大なコストがかかるモータースポーツです。さらにF1時代の人気や集客を考えると、一国二開催は勢いがあった頃の「過去の輝かしい栄光」ということで今後は一部の地域を除き廃れてしまう可能性が高いと思われます。ただ冒頭にも書いたように、今シーズンは新型コロナウィルスの影響で国々によって状況や解釈が異なり、開催に前向きな所や否定的な所と様々あります。もしかしたら例外的に一国二開催が行われるかもしれません。今後の判断や決定が気になるところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ