F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:メルセデス

落ちるところまで落ちて、これ以上落ちることのない位置にいるウィリアムズです。それでもこの名門は諦めません。なぜなら泣く子も黙る「レース屋」だから。金策や人事など、レース外で頭を抱えがちな近年、今シーズンはF1の1年目と2年目で構成されます。2人にはちゃんと別々の役割分担がある。え、若手育成?!本当に?!実はクレア姉のお歳と同じでもあるFW43です。
IMG_2013

《設計》
 アダム・カーター
 ダグ・マッキーナン

《外見》
昨年所属していたロウをポイして、ダ・ビアも「黄色いところ」に行ってしまいました。ディテールをみる前にカラーリングで驚いてしまいましたね。
IMG_2172
歴代で白や青系を多く用いるチームではありますが、FW43は久々に目立つ赤です。ヴィルヌーブ時代末期って感じ?!そこまで赤くないか。F1というよりかはインディカーなどの他カテゴリーにありそうな色使い「F1っぽいフォーミュラカー」とかでありそうですね。速い遅いは別として、これは紛れもなく実際のF1マシンです。
IMG_2090
ノーズの幅は太く、先頭形状はフェラーリと同様なタイプを採っています。青が入るのでシャープではありますが、今シーズンの幅狭タイプに見慣れるとやはりもっさり感がありますね。ラティフィの「6」は一文字だからいいけど、ラッセルの「63」はとても見辛い配置にしましたね。どこぞのスポンサーロゴかと思ってしまいました。
IMG_2086
サイドポンツーン開口はポッドウィングの配置のせいか、横に薄く見えますね。アルファロメオ市販車のフロントライトのような鋭さだ。
IMG_2091
マシン中央上部のエアインテークはメルセデス様風の横楕円に斜めのステーが入っています。当然ながらこの奥はメルセデス様と同じ型のパワーユニットが搭載されています。ココが本当はすごく重要なはずなんですが、シャシーが変わればラップタイムや順位がどエラく異なります。ラッセルはメルセデス様もお乗りになったことがありますから、その差をよくお分かりでしょう。
IMG_2087
サイドポンツーン後方の絞りはメルセデス系らしい絞り方です。ただ同様のパワーユニットを搭載し、よく似たディテールを採ったレーシングポイントRP20ほどではありませんが、本家に比べるとエンジンカバー上部「ABK BEER」あたりは丸みをもっていますね。ココを突き詰められるのがワークスとカスタマーの違いですね。仕方ないですよね。カスタマーはワークスよりも後に「ほらよっ」と供給されるわけですから、作り込みできる時間や工夫は限られてしまいます。

IMG_2085
《シャシー》
FW43
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:AP
 ブレーキディスク・パッド:AP
 ホイール:App Tech
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

IMG_2088
《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:ペトロナス

5003
《ドライバー》
 No.63 ジョージ・ラッセル(イギリス)
 No.6   ニコラス・ラティフィ(カナダ)

2年目で早くもエース格になったラッセルくんとマルドナドを彷彿とさせる面持ちの新人ラティフィ25歳のコンビです。ラティフィは恐れ多くもウィリアムズに伝わるカーナンバー「6」を採用しました。ロズベルグももう過去の人。それにしてもウィリアムズは最近ドライバーの入れ替わりが激しいですね。
ルクレールに続いて鳴り物入りしたラッセルは昨年ご存知の通り真価が発揮できない初年度でした。でも対クビカ比で明らかなように速さやマシンを完走にもっていく堅実さはよく伝わってきました。アルボンやノリスからは若干遅れた形にはなりましたが、F1キャリアを着実に積み上げています。ウィリアムズのマシンで競争力があればそれが一番だし、そうならなくても今年を耐え抜いてより競争力のある他からの声かけがあるかもしれません。開花した時のラッセルが待ち遠しいですね!
ラティフィの今までの戦績はともかく、ある意味ウィリアムズを助ける「救世主」でもあります。今シーズンから唯一の正ドライバーとなったわけですが、F1マシン自体は2016年のルノーのテストドライバーが発端となります。以降フォースインディア(現 レーシングポイント)ではリザーブとして所属しているため、F1に携わっている期間だけでいえばなかなか長いです。もちろん「救世主」が悪いことでもないし、好成績が望めないわけでもありません。ウィリアムズにとっての「表の救世主」となってくれることが一番でしょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仮の名は今シーズン限りか?!レーシングポイントの2号機となるRP20です。父親は偉大なり。

《設計》

 アンドリュー・グリーン


《外見》
IMG_2073
カラーリングに変化は無し。どピンクです。安心しました。ノーズコーンは先端が黒くなり、歴代続いたフォークっぽい塗り分けや2つの縦長開口も取り止めています。IMG_2074
IMG_2075
サイドポンツーン開口は上端外側に丸みを持つ横長です。このチームは昨年も発表とテストでマシンをだいぶ変えてきましたし、正直ココでマシンを見るのは意味がありません。IMG_2076
IMG_2077
IMG_2078

先日から始まったカタロニアサーキットでの開幕前合同テストでのRP20はこちら。5003
何じゃこりゃ。発表会は何だったの?!あの先っぽのアレといい、これ、メルセデスじゃん!
5003
ただサイドポンツーン開口をみると今シーズン型のW11というよりかは昨年型のW10のような滑らかで大型の三角形を採用していますね。ということは、パーツや技術はメルセデスの払い下げか?!パパやるなぁ。
5003
サイドポンツーン後方の絞りはそうキツいものではなく、ふくよかですね。オリジナルな部分も残っているのかな。マシンはピンクだけど、「グリーンの仕事」無くなっちゃいますよね(笑)
エアインテーク側部に面白いものが付いていますね。T型尾翼にエンジン三発のボーイング727みたいです。さすがにRP20のこれはエンジンではありませんね。形状的にリヤウィングまでの整流に効果がありそう。
5003

5003
《シャシー》
RP20
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:
 ホイール:BBS
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance

 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ

 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:

5003
《ドライバー》
 No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
 No.18 ランス・ストロール(カナダ)

今シーズンもご存知の通りペレスとストロールのラインナップに変わりはありません。毎回miyabikunは便宜上勝手にキャリアや成績からペレスをエースとして記載していますが、実際のところどういう位置付けなのか迷ってしまいます。「ペレス君には本当にお世話になっているよ。今年もウチの息子を頼むよ」なのか「ペレス君わかっているよね。このチームは私がいるから成り立つんだよ」なのか。ローレンス・ストロール氏の存在には感謝しますが、個人的な思いとしては前者の環境であることを祈っています。
荒くれ者のイメージが強かったペレスは持ち前の「タイヤの取り扱い」を強みとして、可能な限り入賞圏内を押さえる走りが出来ています。れっきとした表彰台登壇者の一人ですもんね。もうペイドライバーの一言では済ませられない、一人前のベテランドライバーです。マシンがもう少しよければ、グイグイ上位争いに食い込めます。近年の勢力図に飽き飽きしていて、将来を諦めた感を漂わせる発言が心配ですが、諦めず上位を果敢に狙ってほしいと思います。
ストロールも下手くそは徐々に薄れ、年々成長を続けているドライバーとなりましたよね。一般的なチームにいたら、これほど長く続けられるかに疑問はありつつも、それもこれも偉大な父のお陰か?!ストロールも立派な表彰台登壇者です。中堅チームで表彰台に向けてワンチャンスを狙って成長してほしいです。
5003
「やっぱりパパの資産って、これくらい?あはは」
5003
「いやいやいや、先輩もペイやないかーい!」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1972
7年連続のダブルチャンピオンを獲得する(予定の)メルセデスです。71年の歴史を持つF1の約1割をそれも連続的に制してしまおうというのですから、近代の「ミスターF1チーム」と化しています。これがいいことなのかよくないのか、各々ご意見があるかと思いますが、それが現実です。一瞬弱みを見せたりもするのに、ライバル(特に赤いとこ)がそれを奪って流れを変えるに至っていません。不謹慎だけどコケてくれないかなぁ。何十年か先に「名車シリーズ」でイジってあげるからさ(笑)

《設計》
 ジェームス・アリソン
 ジョン・オーウェン
 ジェフ・ウィリス

《外見》
某自動車メーカーのパッケージ商品のような名前を今回から「EQ Performance」という、よりスペルの長いものに変えてきました。絶対的自信のあるパフォーマンスをみせてくることと思います。名前が長いと、改行するか略称にするかとか書き記すのに大変なんだから!(笑)今回は新車発表のタイミングなので真面目に書きました。
IMG_1975
IMG_1978
合同テストでチラ見させ、昨シーズン序盤で導入してきたノーズコーン。ブレないですねー。これでいくんですね。ちょうどPIRELLIのロゴの辺りのくびれ、これが何ともね(笑)前方からあたる気流をフィンに導くとかなのかな。強いから文句は言えないんだけど、かといって模倣するところがあるわけもなく。ココの形状ってとても肝らしく、バランスに影響が出るため安に変えることができないと聞いたことがあります。ノーズは引き続きサスペンション取り付け部までスッと細身のタイプを採用していますね。
IMG_1979
昨シーズンのW10と比較してW11の「サイドポンツーン開口の小型化」にまず目がいきました。近年はココを上方かつ扁平の小型にするのがフェラーリ発祥で流行りました。W10は比較的大きく丸みを帯びていましたよね。開口手前を水平にはね出す2枚のポッドウィングがマシン外端で繋がっているわけですが、昔々のマシンはこんな感じの開口だったこと考えれば、現代はだいぶ小さくなったんだなと改めて感じます。気圧や土地も昔と変わらないのに、タイムは飛躍的に向上しているわけだから進化はしています。昔のデザイナーがみたら「冷却は大丈夫か?!」なんて疑うんでしょうね。
IMG_1973
側面からマシンをみると、PETRONASがカクっと折れ曲がって歪むくらいサイドが落とされています。昨年のスペインGPでメルセデスエンジン勢はココをシェイプアップしていました。それをさらに追い込んできたように見えます。丸みがあまり無いけどこの中に1,000馬力近いパワーユニットが載っていると思えないくらいの小ささですね。
IMG_1976
今シーズンからスポンサーとして「イネオス」が加わっています。え、イネオス?!イネオスって、、
5003
これを真っ先に思いついた方、日本人ですねーmiyabikunも御用達です。さてはホンダファンか?!(笑)いやいや、イネオスはこっち
5003
エアインテークやウィングの翼端板内側に描かれているコレですね。太ゴシックな「EOS」のあたりやOの雰囲気もエネオスのロゴを彷彿とさせますよね。イネオスはイギリスのオイルなどの化学系メーカーのようです。ペトロナスとはケンカしないんでしょうかね。業界までエネオスと遠からずとは、、とはいっても某チームの「ロゴ訴訟問題」にはならないのでご安心を。
IMG_1974
《シャシー》
F1 W11 EQ Performance
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
 ホイール:OZ
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

IMG_1977
《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:ペトロナス

IMG_2010
《ドライバー》
 No.44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
 No.77 ヴァルテリ・ボッタス(フィンランド)

マシンだけが完璧というのなら、他のチームもチャンスが沢山あります。ただここはドライバーも超一級と一級品です。鬼に金棒状態が続く。どこまで意識しているのか定かではありませんが、ハミルトンにとってもチームにとっても、先日みたように今シーズンは新記録尽くめとなります。新時代を築いてほしいような、悲しいような、ファンとして複雑な心境にかられます。
ひと昔前のハミルトンなら揚げ足をとったりツッコミどころはいくつもありました。しかし今となればそれらも克服しつつあり「ハミルトン自身の体調不良かマシントラブル、他車からのアクシデント」でもない限り、確実に表彰台のいずれかにはもっていきます。それに言っていいか悩むけど、拍車をかけて「穏便でオトナな解釈」も有り難く頂戴してしまうわけだから、まさに完全無敵状態と化してます。ハミルトンを打ち破る側からみたら、かなりの努力や工夫で隙をつくしかありません。ハミルトンの場合は勝ち負けよりもその先の領域となる記録更新、合わせて「この人、来シーズンはどうするの?!」という点に注目が集まりそうですね。
ボッタスは速い。フィンランド人ならではの一発の速さは兼ね備えています。ただまだ完全体ではありません。どこかにオチを必ず入れてくる。学力テストの成績はいいのに解答用紙に自分の名前を書き忘れるとか、消しゴムを持ち忘れてそれをテスト中にようやく気付く、みたいな。おとなしく謙虚な様はこちらも歴代フィンランド人らしく憎めないですけど、F1の世界では「結果」が命。ライバルより優位な環境にあるのだし、チームが序盤は権利を平等に与えると言ってくれているなら、そのチャンスをモノにする以外何もありません。いつ完全体になるの?!今シーズンでしょ?狙ってますよ、あなたのシート(笑)
FullSizeRender

マシンカラー、昨年のドイツみたいに白を混ぜてくれれば面白かったのに。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回はドイツGP前に取り上げたCMはドライバー2人にセリフがなく、あくまで身振り手振りのストーリー仕立てに仕上がっていました。今回はその続き(別バージョン)をみていきます。最後にスペシャルなゲストが登場しますよ!

IMG_5494
店先に停車する2台のメルセデス。前回登場のカラーと車種が同じです。そこから察すると、手前シルバーのCLS63がロズベルグ、向かって左側のパールホワイトのセダンがシューマッハが乗ってきたものでしょうか。ヨーロッパの高級レストランは外観からしてオシャレ。こんな停め方しても誰も文句言わないでしょうね。乗っているドライバーを聞いたらなおさら。

案の定こちらのバージョンも主演は声を発しません。パントマイムのように身振り手振りでだけで演技をしているのをみると、チャップリンやMr.ビーンを連想させます。ヨーロッパの演劇やお笑いって、こういうテイストなんでしょうか。演技力が無いとできません。2人は演技のド素人なはずですが、演技も上手いということか。
IMG_5495
ロズベルグが誰かとディナーでしょうか、相手は映りませんが、あのデザイナーの奥様でしょうか。ロズベルグのルックスならもう少し、、止めておきましょう(笑)無声をいいことにここからはmiyabikunなりにセリフを付けて遊んでみます(内容が単純なのでそう的外れではないと思うけど、不快な部分はご了承下さい)

「お客様にワインを」
IMG_5496
NR「え?頼んでないけど、、」
IMG_5497
「いえ、あちらのお客様から」
IMG_5498
IMG_5500
IMG_5501
NR「なるほど。先輩、小粋な真似を」
IMG_5502
その先輩もどなたかとディナーを。お相手はコリーナ夫人でしょうか。こちらはこちらでシューマッハ程のセレブリティならもう少し、、止めておきましょう(笑)
MS「ん?」
IMG_5504
「お客様に、あちらの方から」
IMG_5505
IMG_5506
NR「お返しです。最近勝たせてもらってるんで」
IMG_5507
IMG_5509
NR「ちょっとちょっと、またまたご冗談を」
IMG_5510
NR「勘弁して下さいよー先輩!」
IMG_5511
MS「いよっ、次世代のチャンピオン候補に乾杯!」
IMG_5512
「えーお客様に、こちらを」
IMG_5513
IMG_5515
MS「うわ、何これ」
メルセデスのコミカルな掛け合いCMの最中、皮肉にも水を差す栄養ドリンクが。同業他社じゃないからいいものの、日本ではこんなシーンはまずあり得ませんね。上手いこと差し込んできたよなぁ。この当時、F1を席巻するライバルチームですし、それを許したメルセデスもすごい。
IMG_5516
NR「うわ、こっちにも。ちょっと、、」
IMG_5518
MS「君の仕業でしょ?これ」
IMG_5519
NR「ボク?!違いますよ、なぜボクが」

IMG_5520
「これ実は、、あちらの方からなんです」
IMG_5521
IMG_5524
「そういうことだったか」
IMG_5525
MH「はあ〜い!ご機嫌いかが?!」

IMG_5526
NR「もう、悪いジョーク!父に言い付けますよ?」
IMG_5527
MS「いつのどの仕返しかな、ミカ!」

IMG_5528
MH「さあどっち?!飲むの?飲まれるの?!」

実にユーモアに富んだストーリーですね。まさかメルセデスのCMに絡める人が他にいたとは。ハッキネンはご存知の通りメルセデスエンジンを搭載して連覇を果たし、その後のDTM参戦もメルセデスAMGからでした。ハッキネンもれっきとした「メルセデスの人」というわけ。
IMG_5530
IMG_5532
レース結果には飽きてきたが、CMはユーモアに溢れて面白い。メルセデスのCMはまだまだあります。次は、、アレ来るんじゃない?!わかった方も知らない方のために、くれぐれもナイショでお願いします(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=uo5u9W88GiI

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回はちょっと頭を使ったので今回は頭をあまり使わない回。今までは日本国内のCMを取り扱ってきましたが、今回はワールドワイドに「海外でみられるF1関連CM」に目を向けてみることにしました。世界トップクラスのドライバーもちょこちょこCM出演しているんですよね。ご存知の方も多くいると思いますが、比較的有名な「メルセデスベンツ」になります。
メルセデスは歴代で様々なバリエーションがあります。今回チョイスしたのは2011年に放映されたストーリー仕立ての作品です。サブタイトルなのか「Decisions」と名付けられています。果たしてどんな決定を迫られたのでしょう。

IMG_4362
IMG_4363
山道で白煙を上げエン故している車が一台。車種はわかりません。
IMG_4364
車内にはうめき声をあげる妊婦が。どうやら産気付いてしまったか。困りましたね。
IMG_4366
すると対向車線から4ドアクーペの2代目CLS63が登場。これはもう助けてもらうしかない。
IMG_4367
IMG_4368
IMG_4369
中からは何とジャルジャルの福徳、、いやいやF1界のディカプリオことロズベルグが颯爽と登場。まだチャンピオンを獲得する前です。いつもながら爽やかですね。これで産婦人科までファステストラップ並みの走りで向かってもら、、ん?待てよ?!
IMG_4370
IMG_4371
後ろから白のもう一台、こちらにはもっと上級ドライバー、シューマッハも続いてきました。さてどうしよう、妻は限界ギリギリ。
IMG_4372
IMG_4375
旦那は7回チャンピオンのシューマッハに託そうと提案します。
IMG_4376
IMG_4378
ところが妻はロズベルグの方が好みみたい。まあ、わかるな(笑)miyabikunもF1を知らない女子なら、きっとそう言う。
IMG_4381
シューマッハから提案か、モノを言おうとすれば、
IMG_4382
口出しは無用と妻からすごい形相で止められる。
IMG_4383
7回チャンピオンもタジタジ。仕方ない、今が一番ピリピリしています。刺激は禁物。
IMG_4385
旦那はシューマッハを推し、妻はロズベルグを推す。それを延々続け、結局結論が出ぬままCMは終了を迎えます。面白いですよね。車のCMなのに、車のことは一切宣伝していない。有名なF1ドライバーが2人出てくるだけ。それに視聴者としてはどちらを選んだかとても気になるし、きっとどちらに乗ってもメルセデスなら安全で快適に病院まで運んでくれたことでしょう。日本にはない表現と遊び心を持たせた上品な内容に仕立て上げられています。日本でも同じものをやってくれたらよかったのに。
IMG_4386
IMG_4387
もし同じ状況に面したら、皆さんはどちらを選びますか?!
https://youtu.be/-gASrM0d6lA

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ