F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:マシン

今シーズン最後の新車になります。カラーリングは早々に公開されましたが、マシンは何だかはっきりしませんでしたよね。経験豊かな荒くれ者2人を手離し、新人2人を起用するという思い切ったハースのVF-21を見ていきましょう。

《設計》
 ロブ・テイラー
 ベン・アガサンジェロ
(シモーネ・レスタ)

IMG_8466
《外見》
チームは多少のカラーリング変更はあれど、概ね「イメージカラー」的なものがあります。フェラーリは赤(紅)、メルセデスは銀(近年は黒か)、レッドブルは歴代で濃紺を使ってきますし、ルノーはこれまで黄色や黒を多く採用してきました。ただハースはビビットな色遣いで毎年ちょこちょこ色を変えてきます。今シーズンは白を基調に赤と青、黒を使って籍を置くアメリカを表現したとのことですが、、これってロシアじゃないの?!ロシアといえば、今シーズンから加入したマゼピンの母国であると同時に「組織的なドーピング問題」のため、国旗の提示や国歌斉唱が2年間できないことで話題となったばかりです。それを踏まえた上で「アメリカ国旗を模した」というこのカラーリングは問題になりそうですね。だって、誰が見たってアメリカというよりロシアだもん(笑)まあチームに潤沢な資金を投じたマゼピンの父の「ウラルカリ」のスポンサーカラーと言われたらそれまでだけど、あからさまな気がします。ちなみに国旗や国歌についてはマゼピンに限った話ではなく、今シーズンからアルピーヌの控えドライバーに就いたクビアトが代走してもし優勝した際も当然適用されます。
IMG_8465
カラーはそのくらいにして、ディテールの方はと。
IMG_8464
うーん、今シーズンもフロア面積のカットなどマシンレギュレーションが同じというわけではなく、細かには変えてきているんだろうけど、、どこか変わった?!最後だから手を抜いて見ているというわけではないんですが、ぱっと見、前作VF-20とそんな差はないような。。
IMG_8468
ハースは早々に「来シーズン(2022年)を見つめている」なんて発言をしており、今シーズンは仕方無く参戦(生き残ること重視)しているんでしょうか。またフェラーリから出向するレスタはどうこのマシンを改良していくんでしょう。「フェラーリイズム」が正常に伝承されることをみる役割なのかな(笑)結局目の入ったところはカラーリングというところでmiyabikun大したコメントもできず、、。

IMG_8467
《シャシー》
VF-21
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:752kg
 最大燃料搭載量:110kg
 ブレーキキャリパー: - 
 ブレーキディスク・パッド: - 
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ  プルロッド
 ホイール:OZ
 タイヤ:ピレリ

IMG_8469
《エンジン》
 フェラーリ 065/6
  V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:シェル
FullSizeRender
《ドライバー》
 No.9   ニキータ・マゼピン(ロシア)でいい?!
 No.47 ミック・シューマッハ(ドイツ)

ドライバー2人が入れ替わりです。それも他チームの経験者同士でなく完全なる「F1一年生」大丈夫でしょうか。いくら下位カテゴリーで輝かしい成績を残したり、金なら困らないくらいあるとはいえ、ドライビングのいろはやわからないことをどう教わるのでしょうか。シミュレーターやレースエンジニアからのアドバイスでF1は乗りこなせるものなのでしょうか。「下手な経験より客寄せとブツがほしい」ハース、本当に困っているんだろうなぁ。
IMG_8578
走る前から話題性抜群のマゼピンです。クビアト先輩と同じ国からの参戦となりますが、諸事情のため国旗を掲げての参戦ができなくなってしまいました(これはマゼピンのせいではない)前にも話したように、下位カテゴリーでは数々のヤンチャをしてきたようですが、miyabikunあまりよく知らないので、今からは叩きません。いざF1でデビューし、怪我人を出したりレースをめちゃくちゃにするようなら容赦しないけど(笑)いつも鉄仮面のような無骨な顔つきをしているイメージですが、この画像は穏やかで可愛らしく見える。F1ドライバーになる立場をわきまえたのかな。言ってもまだ22歳ですもんね。過去や経緯はどうであれ乗ったモン勝ちだし、結果を出せばイメージはいくらでも覆せます。
IMG_8577
もしかしたら、なんて幼い頃から見守っていた子が本当にF1に昇格してきましたね。父親の輪郭に母親似の顔立ち、お父さんよりは近代的で柔和でしょうか。今までやり易さとやり難さのどちらも経験してきたことと思います。初めてのレギュラードライブがハースということで、ルクレール先輩やラッセル先輩のように辛い下積みをする必要があります。見る目は厳しいかもしれないけど、助けになってくれる先輩や仲間も多いはず。ここまで上り詰めたら、お父さんの経歴は気にせず、自身の持ち味を活かして結果を出すだけです。
マゼピンにシューマッハ、どちらにせよ先入観やひいきは無く、プレーンな気持ちで頑張りや結果を評価したいです。昨シーズンまでは何かと「小ネタ」を差し込んでくれたハースですが、今シーズンは笑いどころの内容にならないことを祈りたいですね。

FullSizeRender
お休みを挟みながら、ざっと2021年の新車を見てきました。今シーズンの合同テストはバーレーン国際サーキットとなり、たった3日間の非常に限られたタイミングで各チームは最終調整に入っていきます。昨年を上回る白熱したシーズンを迎えられるといいですね!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

完全に名ばかりとなってしまった名門ウィリアムズ。チーム名とシャシー名が引き継がれているだけでもファンとしてありがたいですね。かつての名門ではなく新興チームと思い込んだとしても、今の立ち位置は致し方ないというファンはいないはずです。昨年のセカンドモデルの如く「Bタイプ」と名付けられたウィリアムズFW43Bになります。

《設計》
 ダグ・マッキナーン
 アダム・カーター
 デイヴ・ロブソン
 デイヴ・ウィーター

IMG_8575
《外見》
当初の発表ではマシンを3Dで投影する意気込みを見せていましたが、直前になり取り止めになってしまいましたね。ちょっと見てみたかったけど、今の技術ならなぜ他のチームはやってこなかったのかという素朴な疑問を持ちました。
IMG_8572
ウィリアムズのマシンを見るにあたり、かねて気にしていたのはカラーリングでした(本来はチーム独自の技術やライバルと対比すべきなのにね)ウィリアムズは歴代白や青系のラインを入れてくるのが一般的でした。今回のFW43Bは昨年型FW43の改良版ではありますが、色は同じくも全く装いを新たにしてきました。フロントウィングの低いフラップは紺、高いフラップは白としてノーズ上部のコクピット付近まで続きます。
IMG_8576
フロントサスペンションが取り付くあたりから明るめのオレンジと水色を介して、鮮やかな青に切り替わります。エンジンカバーはサメのヒレのような水色と青のルーバー柄、そしてリヤエンドは先端部と同様の紺色に戻っていく。一言で言ってしまうと、統一感がないし、何が言いたいんだかよくわからん(笑)スポンサーの兼ね合い?いやスポンサーすら少ないからそれはないか?!
IMG_8488
ノーズの先端の白が細くなっているため錯覚してしまいそうですが、他のメルセデス系3チームとは異なり、太めのノーズを継承する独自路線です。またフェラーリの時に触れたサスペンション上付近に取り付くフィンが「ウサギの耳」の向きが上に伸びるのではなく、L字形に横へ突き出してから上に向かう形をしています。これもウィリアムズ独自のディテールです。
IMG_8574
今シーズンからメルセデスパワーユニットを使用するチームはメルセデスワークスを含め4チームとなりました。他3チームについては前日まで見てきており、このウィリアムズが最後となります。サイドポンツーン側部をみると、メルセデス系特有の下部への落ち込みはみられるものの、エンジンカバーのこぶは無いかわりに、全体的に上に持ち上がるようなカーブをなしています。こぶの無いマクラーレンともまた異なる造形です。ワークスとアストンマーティンはこの部分を余すことなくタイトに絞り込み、マクラーレンとこのウィリアムズはその対処をしなかった。ここの造形はリヤエンド、またリヤウィングに与える影響にも左右する重要な部分です。考え方の違いともとれますが、このあたりがもしかしたら「ワークスとの距離感、親密度」が表れているともいえるようにも思えます。

IMG_8573
《シャシー》
FW43B
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:752kg
 最大燃料搭載量:110kg
 ブレーキキャリパー:AP
 ブレーキディスク・パッド: - 
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ  プルロッド
 ホイール:App Tech
 タイヤ:ピレリ

IMG_8489
《エンジン》
メルセデスAMG M12 E Performance
 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油: - 

IMG_8571
《ドライバー》
 No.63 ジョージ・ラッセル(イギリス)
 No.6   ニコラス・ラティフィ(カナダ)

ウィリアムズのドライバー2人も変更がありませんので、今のコンビネーションは2年目となります。
FullSizeRender
ウィリアムズでのラッセルは予選において完璧な仕事をこなしています。2年のF1キャリアでチームメイトに一度も負けた事がありません。特に昨年はチームメイトはおろか下位に並ぶフェラーリ系の2チームも食い、Q2進出を度々実現しました。低レベルな誉め言葉かもしれませんが、あのウィリアムズにおいてそれを可能にするのは期待値通りのラッセルのポテンシャルであるといえます。「ウィリアムズでの入賞」が待たれる中、決勝では惜しい思いをいくつもしました。必死にもがく姿、完璧と思えたキャラもふと気を抜いた瞬間に大失敗を起こしてしまうあたり、ラッセルはまだ若く「人間である瞬間」を垣間みれたように思いました。ラッセルの話題になると同じようなフォローを繰り返していますが、今のキャリアは決して無駄ではないこと、腐らずチャンスをうかがう気持ちは忘れてほしくありません。昨年もひょんなことで最強マシンの代役を買い「ハードが整えばここまでやれる」ということを絵に描いたように証明しました。今味わう悔しい気持ちや戦い方は将来必ず報われます。世界中のファンがラッセルのポテンシャルを理解し、ウィリアムズで奮闘する姿に注目しています。
IMG_8569
昨シーズン唯一の新人、初めは単なる金持ちとしかみていなかったラティフィも蓋を開けてみれば奮闘したと思います。どうしても先述のラッセルをチームメイトにおいたチーム内対決では劣勢にみられがちですが、決勝レースにおいて11位の入賞圏外フィニッシュはラッセル1回に対してラティフィは3回と上回り、入賞に近い位置でした。ラッセル同様にマシンポテンシャルの関係でどうしても地味になりがちですし、ド派手なミスも無ければキラリと光る特徴も見出し難いですが、2年目となる今シーズンは3人の新人に対して「経験者」を思わせる走りを見せつけてほしいと思います。特に後に残す「アメリカ系ロシアチーム」はビッグネームの息子とラティフィ同様の金持ちの息子であり、決して戦闘力の高い車ではありませんものね。F1初ポイントを掴んでもらいましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

miyabikun七年目を向かえつつ、残してしまった2021年新車3チームをみていきたいと思います。後半一台目は遅めの登場、体制を一部改めて復活を誓うフェラーリSF21です。

FullSizeRender
《設計》
 マッティア・ビノット(兼 チーム代表)
 エンリコ・カーディル
 エンリコ・グアルティエーリ
(シモーネ・レスタ)

シモーネ・レスタは一昨年までアルファロメオに出向、昨年はフェラーリに復帰したと思いきやまたまた今年に入りハースへの出向が命ぜられました。miyabikunにはその度合いこそ定かではありませんが、SF21の開発には当然関与したであろうとし、連名にしました。レスタはライバルチームからその結果を見守ることになりますね。

FullSizeRender
《外見》
とにかく太い!何が?もちろんアレがですよ!(笑)太さでマシンの速さが決まるわけではありませんが、ライバルが続々と路線変更、追従する中、フェラーリは引き続き太く角ばったノーズコーンを貫いています。この辺が「フェラーリ」というべきか、伝統と意地が表れています。ただ先端のディテールはやや複雑になり、上から平面的にみると尖って見えますね。少し洗練されたかな。FullSizeRender
近年は各車、ノーズが角度を変えるフロントサスペンションの取り付け部にウサギの耳のような小さなフィン(ベイン)を設置しています。このSF21にもあるわけですが、形状、配置がライバルと少し異なります。
FullSizeRender
ノーズの屈曲を補うかのようなカスケード状に小さなフィンが連なっています。赤鬼のゲジゲジ眉毛みたい。
FullSizeRender
マシン中央部で気になったのはサイドポンツーンからエンジンカバーまでの形状が低く下部に向かっている点です(ちょうど「UPS」のロゴ付近)レッドブルの時に度々こんな例えをしますが「マシンを上から掴み辛そうなヒョウタン型断面」をなしています。マシンの心臓部はパワーユニットの載る位置です。フェラーリのパワーユニットは近年物議を醸し、昨年はすこぶる芳しくありませんでした。フェラーリ曰く、今シーズンはパワーアップを可能としたようで、それがこの形状を可能にしたのかもしれません。またフェラーリもリヤエンドにトークンを充てて改良してきたとのことで、ドライバーが口を揃えて語った「ドラッギーなマシン」は少しでも改善され、パワーを犠牲にしない走りがみられることと思います。


最後に突っ込もうかどうか悩みましたが、やっぱり突っ込みたいと思います。エンジンカバーに描かれた「MISSION WINNOW」のロゴの黄緑、ヤメテ!miyabikunの目ん玉ではチカチカ見えてならない。縁取りが見えずぼんやりします。赤と黄緑(緑)は補色(反対に属する色)です。気持ち悪い。。アストンマーティンの緑地にピンクラインとはまた違う不協和色です。また、リヤエンドにかけて、赤が黒く変化して、くすんでいるように見えてしまう。エキゾーストで焦げちゃったかな?!メルセデスW12のグラデーションに比べると、ちょっとセンスがないかも。。

FullSizeRender
《シャシー》
SF21
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:752kg
 最大燃料搭載量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ  プルロッド
 ホイール: -
 タイヤ:ピレリ

《エンジン》
 フェラーリ 065/6
  V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:シェル

FullSizeRender
《ドライバー》
 No.16 シャルル・ルクレール(モナコ)
 No.55 カルロス・サインツ(スペイン)

昨シーズン開幕前にベッテルが早々の離脱を発表。気になる後任はマクラーレン復活の兆しの功労者といえるサインツが加わることとなり、2007年のマッサ、ライコネン体制以来の「ノンチャンピオンによるコンビネーション」となりました。2007年と異なる点としては「ノンチャンピオンとはいえ新加入のライコネンは既に数回の優勝経験がある」ものでしたが、サインツはご存知の通り表彰台登壇はあれど、未勝利です。若く、成長の真っ只中の2人を並べるのは名門フェラーリとして珍しく、先般のマクラーレンと同様に新たな風を取り込むためのチャレンジであり、それだけ切羽詰まっているともうかがえます。
FullSizeRender
「月刊ルクレール&サインツ」
なんちゃって(笑)前から思っていましたが、この2人って英語の発音が硬く、強めですよね。どうでもいいか。
ルクレールはF1参戦前から絶大な期待を寄せられ、デビューイヤーの2018年はザウバーでありながら才能の片鱗を見せつける走りをし、早くも2年目でセオリー通りのフェラーリに昇格を果たし、いくつもポールポジションと優勝を挙げるなど、実に確実なステップアップとそれ相応の結果を残してきました。しかし3年目となる昨シーズンはF1参戦で初めてともいえる屈辱的で不毛な経験をしました。ルクレールはとても賢く、また顔に似合わず切れ味抜群の攻めた走りができる若手です。ただフェラーリに昇格を果たすとそれら長所に加えてやや勝気で頑なな性格も露わとなりました。もちろんF1ドライバーである以上、相手が誰であろうとも誰かさんのようなお人好しではいつまでもライバルを上回れず、後々泣きをみるのは自分自身で終わりますので、負けず嫌いや譲らぬ性格という資質も必要です。しかし、これがライバルだけでなくチームメイトとなると、いささか話が変わってきます。昨シーズンまではチームメイトが格上の先輩でしたから、時折それが生意気に、横柄にみえることもありました。それが今シーズンからはキャリアも歳も先輩ではありますがチャンピオン経験も優勝経験も無いサインツになりますので、果たして彼の性格がどのような形で表れるのかまだ未知数です。賢いルクレールです、過去の苦い経験や振るわぬマシンの上での出来事は学習して、チーム一丸となってチームの復興、そして健全なキャリアアップにしてほしいと願っています。
サインツは渡り鳥、苦労人だと思います。近年において苦労人と聞くと、チャンピオンチームにいながら2番手を強いられた者、チャンピオン獲得の可能性がみえた時に限って力を発揮できなかった者、そして堅実な走りに評価がありつつ中堅チームで長年くすぶり結局表彰台に辿り着けなかった者、様々思い出されます。サインツの場合はF1で7年目にして4つもチームが変わっています。諸事情はあるものの同期のフェルスタッペンはまだ2チーム(グループとしては1つ)ですから、同じキャリアを積みながら、これだけの違いを経て現在に至ります。ただサインツが近代の先輩苦労人と異なるのは「チームの浮上に貢献している」という点です。第三期ルノーワークスにおいても「レンタルからの本採用」という経緯を踏んだわけですが、ベテランのヒュルケンベルグに対しても引けをとらない安定感で予選Q3進出や入賞の常連となりました。また同郷の先輩に代わって移籍したマクラーレンではご存知の通り先輩が成し得なかった復興を牽引し、自身の表彰台獲得とコンストラクターズランキング浮上をやってのけました。派手さは無くとも決して不遇ばかりではない、渡り鳥ながらその土地土地で結果を残してステップアップを図ってきました。サインツは今の未勝利現役ドライバーで最も初優勝に近い位置にいるドライバーです。フェラーリと聞けば聞こえはいいですが、今や落ちるところまで落ちた迷走期に入っています。昨年のレースではルクレールと度々バトルを演じてくれました。チームに馴染む後輩ルクレールに臆する事なく、土地土地で結果を残してきた経験と自信で初ポールに初優勝を早々に獲得してほしいですね。ルクレールに追いつき追い越す可能性はまだまだあります。

FullSizeRender
F1はフェラーリのためにある。フェラーリはF1のためにある。汚れなき精神、初心と野心を忘れず「ミスターF1チーム」の座を取り返せ!


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何だよ何だよ、引っ張るだけ引っ張って結局そうなるんだから。と無事に?キングの単年契約が決まり、コンビネーションも5年目に突入する無敵艦隊、メルセです。みんなみんな気になりますよね。最強チームの作り上げるさらなる最強マシンを。miyabikunは2015年シーズン開幕からライブドアでブログを書いているわけですが、ずっとこのメルセデスがチャンピオンを獲り続けているということ。正直そろそろ他のチームやドライバーがチャンピオン獲得してほしいものデス。
今シーズンはWの数字は一つ増え、綴りは一文字短くW12 E Performanceとなりました。いいパフォーマンスね、よく日本語をわかっていらっしゃる。間違いなく近年のF1において年々いいパフォーマンスをみせていることに全く異論はありません。フロントのDASは禁止になったけど、今年はリヤのキャンバーでもいじってきちゃう?!はたまた可変ホイールベースとか?!(笑)今時点でどんな隠し球を搭載しているかわかりません。ただわかること「見ただけで強そう」デス。

IMG_8441
《設計》
 ジェームス・アリソン

《外見》
気になるカラーリングからです。というか、今シーズンは各チーム例年に比べて画像が少ない気がします。ほしい角度がなかなか見られないというか、当然ながら隠しますよね。この後出てくる画像の多くはブラックバックだし。どうせ合同テストや開幕では違うパーツを載せてくるのにねぇ。ケチい(笑)明るく車体が見られるうちに見ちゃうしかない。
IMG_8439
昨シーズンでブラックセール終了かと思いきや、2年連続のブラック。。カッコはいいけど、メルセデスの今後はクロセデスになるのか。シルバーやゴールドも上回るのがブラックですね。ノーズ下からサイドを這うように波打つエメラルドグリーンのラインの上にはシルバーのラインもなぞられ、ここにメルセデスのアイデンティティを一応ほんのり感じます。
IMG_8442
真紅に塗られた中のINEOSロゴは変わらずも、エンジンカバーは無数のスリーポインテッドスターから無数のAMGに変わりました。アルファベットはややうるさめな印象を受けます。ただmiyabikunのような庶民はAMGのロゴを見ただけで高級感がプンプン香ってきます。シャークフィンにかけてブラックからシルバーに転じるグラデーションはハイセンス。
IMG_8438
前後ウィングのフィンはエメラルドグリーンに染められました。ブラックが基調のマシンでさらにはブラックバックに置かれると存在感が増します。ざっとカラーリングの印象だけみてもライバルが近付き難い存在感と重厚さ、高級感に誇りがにじみ出ていますね。IMG_8417
ノーズから分かる範囲でディテールを見ていくと、ノーズコーンは現在のトレンド呼んでいい形状から変えた様子はみられません。フロントのブレーキダクトの形状はユニークで、ダクト上部より下部に拡がりがみられ、あたかも耳たぶのようになっています。フロントウィングによってはね上げられた気流をブレーキダクトによって阻害されることなくモノコック側部に流すような措置が採られています。IMG_8444
そして先日のアストンマーティンAMR21にみられたエンジンカバー側部の膨らみが本家メルセデスW12存在します。後先が逆となりましたが、パワーユニットの改良を伴いながらエンジンカバーがいかに極限まで絞られているかを象徴するようなディテールですね。そしてマクラーレンやこれからみる予定のウィリアムズにはないアストンマーティンの「そっくりさ」が垣間見れます。IMG_8420
メルセデスもリヤセクションにトークンを充てたと言われています。が、画像からはどこにどう充てたかよくわかりません。まだナイショと言っていますしね。様子をみましょう(笑)

IMG_8418
《シャシー》
F1 W12 E Performance
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:752kg
 最大燃料搭載量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:カーボンインダストリー
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ  プルロッド
 ホイール:OZ
 タイヤ:ピレリ

《エンジン》
 メルセデスF1 M12 E Performance
  V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:ペトロナス

IMG_8440
《ドライバー》
 No.44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
 No.77 ヴァルテリ・ボッタス(フィンランド)

こちらも今シーズン少数派のドライバーラインナップ変更無しということで、走る前からチーム内序列もわかっちゃってるって?!いやいやまだ決めつけちゃっちゃあ面白くない。今年はやってくれるカモしれません。
IMG_8523
昨シーズンは歴代の最多系記録更新のオンパレードでした。その中でもキングの最多優勝と最多チャンピオン獲得タイはなかなか更新が難しい偉大な記録でした。恐ろしいのは今シーズンもほぼ同じ環境下にあるため、それらの記録をさらに上乗せできる可能性を充分に秘めています。誰か止められないのでしょうか。チームも変わらず、軽微なマシンレギュレーション変更くらいでは覆せないものなのでしょうか。予選の速さはもちろんのこと、キングの強さは決勝レースの組み立て方、タイヤの扱い方、タイミングの判断の絶妙さなど、あらゆる面でライバルの付け入る隙を作らないこと。加えて、対抗になり得る強豪が自らチャンスを逃したりあれよあれよと消えてくれるモンだから、さらに楽勝な状況を招く。それがずっと続いています。この体制が今シーズンも続き、前人未到を続けるのか、逆にキングがこのマシンで現役の間に誰が打ち破れるのかに注目が集まります。IMG_8520
で、その相方です。速さという点では、瞬発的にキングの上をいくポテンシャルを兼ね備えていますし、クソが付くくらい素直で真面目。きっと人としていいヤツに違いありませんが、戦いの世界、ことにF1において「お人好しが正義」というシナリオは必ずしも生みません。ただ与えられたチャンス、タイミングを度々逃して苦汁をなめるというのも、その者のセンスであり運命なのかもしれません。同じようなシチュエーションにおいて、前任者は頭脳戦、心理戦を用いて隙をついた試しがありました。この方もそれらをうまく使えるところまで近付き、追い越す策しか無いと思います。柄ではないかもしれませんが、やはり今までのような甘くぬるいレースとはきっぱり決別し、恨みを買うくらいの「悪人」になる必要があるかもしれません。怪我人さえ出さなければ、悪人でもヒールでもいいと思うんです。要は結果的に勝てればいいのだから。キャラや走りが180°変わっちゃうくらいのシーズンとなればこの上なく面白い。
IMG_8518
ここまで本文にドライバーの名前を出さずに書き切った!(笑)繰り返しになりますが、近年のF1はこのチームがいかに強くいつまで絶対的王者でいられるか、反してこのチームやドライバーを誰がいつ打ち勝てるかに尽きると思います。見た目からして負ける気を感じないこの猛者がどんなものか、開幕が恐ろしく、また楽しみです。

IMG_8519
これまで10チーム中7チームまで見てきました。残るは何かと怪しげな3チームとなりますね。新車はここらで一休み。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

予想通りのピンクから深緑へ。ただピンクもちゃんとワンポイントで入っています。昔からmiyabikunも憧れるイギリスの高級スポーツカーメーカー「アストンマーティン」の名を得て、昨シーズンよりもさらなる好成績を残したいところです。レーシングポイント改めアストンマーティンAMR21がベールを脱ぎました。
IMG_8401

《設計》
アンドリュー・グリーン

IMG_8399
《外見》
注目されたマシンカラーから。グリーンの名の通り往年のイギリスのナショナルカラーである「グリーン」をまといました。以前に今回のアストンマーティンと同様に「なんちゃってワークスチーム」のジャガーという英系チームがあり、同じくグリーンのカラーリングでしたよね。ジャガーの緑より今回のアストンマーティンの緑は暗く感じます。前にも話した通り、miyabikunは色盲の気あるため緑、もっというと深緑が苦手で体調により極めて黒のように見えてしまうことがあるのですが、メタリックな深緑と黒のツートンカラーを採用しており、その境界をピンクのラインで表現しています。緑とピンクという一見ミスマッチな色を非常に上品にまとめましたね。今シーズン取り扱ったマシン、これから取り扱う予定のマシン含め、ざっと見た中でmiyabikunはこれが一番カッコいいんじゃないかなと思いました。皆さんはいかがでしょうか。
IMG_8402

FullSizeRender
昨年までレーシングポイントはさんざっぱら「メルセデスのコピー」と揶揄されましたね。見た目だけではなく、速さや安定感も増し、昨シーズンの好成績に繋がったので、それにより拍車がかかってしまった訳ですが、今シーズンはどんな感じでしょう。今シーズンのメルセデスW12ではなく、あくまで昨シーズンのW11を思い出しながら見てみましょう。IMG_8408
頭の中で黒の塗装を剥いで、緑に塗り替えてみてください。IMG_8406
ほほう、メルセデスのエメラルドグリーンがピンクになって波を打つカラーリングもIMG_8403
だいぶ似ていますね。これはまさしく「グリーンメルセデス」また言われちゃいそうですね。公然たる事実って感じ。これはまたまた速いのかな。昨年のペレスやストロールも表彰台やポールポジションをかっさらったぐらいですから、もしベッテルが本来のポテンシャルを活かせたとしたら、、あるかもしれませんね。面白いことになりそうだ!

ただ昨年のW11にみられなかったわかりやすい部分があります。マシンを真横から見てみます。
IMG_8405
わかりますか?!拡大すればすぐ気付きます。IMG_8412
エンジンカバーに膨らみがありますね。これはW11にはなかった(ただし、もうご存知の方がほとんどだと思いますが、今年型W12は似たような膨らみがあります)リヤウィングに対して有効な整流を期待しているのでしょうか。それともメルセデスパワーユニットの改良によるものなのでしょうか。先日見た同じメルセデスパワーユニットを積むマクラーレンにはありませんでしたよね。やっぱりマクラーレンよりはアストンマーティンは載せ換えもなく、深い間柄ということで開発に少し有利か。今シーズンのパワーユニットの詳しい配置が明らかになれば、この謎が解けるような気がします。

FullSizeRender
《シャシー》
AMR21
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:752kg
 最大燃料搭載量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド: - 
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ  プルロッド
 ホイール:BBS
 タイヤ:ピレリ

FullSizeRender
《エンジン》
 メルセデスF1 M12 E Performance
  V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油: - 

《ドライバー》
 No.18 ランス・ストロール(カナダ)
 No.5   セバスチャン・ベッテル(ドイツ)

昨シーズン早々にフェラーリのシートを離脱したベッテルでしたが、シーズン終盤にレーシングポイント(現 アストンマーティン)の移籍を決めました。一時期は浪人もしくはF1引退か、なんてささやかれていましたから、よくこの決断ができたと驚きましたよね。その割を食ったのが結果オーライのペレスですし、またベッテルとストロールとのコンビネーションが完成したのが今でも若干の違和感を覚えます。F1ではどうも弟感満載のベッテルも近年は歳下ドライバーと組み、兄ちゃんやっています。実際には弟がいる兄ちゃんのようですし、面倒見もよさそう。ただし「弟が変に噛み付いてこなければ」
FullSizeRender
ストロールもペレス同様に昨年は好調なマシンあってか、例年よりだいぶ落ち着きと速さをみせてくれました。決勝レースは今ひとつでしたが、ネチャネチャ第14戦トルコGPの意表を突いたポールポジションは見事でした。キャリア最高位で終わらないことを祈りたい(笑)マッサの隣で得たことは何もないなんてほざいていた時代もありますが、ベッテルの隣はペレスとはまた違ったものを得られるのではないかなと思います。あ、でもブチ切れるのだけは真似しちゃダメね(笑)
FullSizeRender
またベッテルの話に戻すと、今年正念場だと思います。何だか毎年正念場な感じですが、なぜなら「もうマシンやチームメイトを引き合いに出せないから」前に乗っていたところのマシンより競争力はあるのではないかな。前のチームメイトよりかは成長具合はゆっくり目。移籍したばかりでもベッテルクラスとなれば「即戦力」と期待されます。新人のようなヘマ、子供のような態度、何せあなたは4回チャンピオンなんですから、劣化や賞味期限切れなどの噂を払拭しようじゃありませんか。ココでダメならもう行くところは無いと、肝を据えて挑んでほしいですね。本来ハミルトンと対等にやれるのはあなたしかいないはずなんです。

FullSizeRender
近年のベッテルには同じようなことを叱咤激励しています。この後もう一人、檄を飛ばさなきゃならない人がいますね(笑)再三しつこいし届く訳はないんですが、届くまで言い続けますよー。言われるうちが華です。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ