F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ペレス

レース終了から1日遅れになってしまいました。オーストリアに行っていたわけではありません、ちゃんと日本にいましたよ(笑)
IMG_4013
雨の土曜日予選から、決勝日曜日は晴れました。レッドブルといえば、エアレース大会でも有名ですよね。オープニングではド派手な航空ショーが行われていました。雨でなくてよかったです。飛行機は自動車や鉄道に比べると詳しくはないのですが、ヘリコプターもこんな動きで飛べるのですね。恥ずかしながら知らず、ぱっと見ドキッとしました。
スターティンググリッドは黄旗無視により3グリッド降格が決まっていたマクラーレンのノリスに加え、フェラーリのルクレールも予選時の妨害によりグリッドダウンとなっています。今シーズンのフェラーリは予選順位自体が貴重ですからね、今回の表彰台は厳しそう。
IMG_4015
またQ2のウェットタイヤはリセットされ、各車自由なタイヤコンパウンドを選択しています。フェルスタッペンの今回はソフトタイヤスタートです。さすがに今回は蹴り出し重視かな。ミディアムタイヤを選んだのは中団から後方スタートに散見され、上位はこぞってソフトタイヤとなりました。

IMG_4016
スタートは3番手のサインツが2番手のフェルスタッペンに並んでターン1へ。前戦のノリスと同じパターンですね。
IMG_4017
一瞬サインツが前に出るもトラック外へ。フェルスタッペンが譲らず。これもノリスと同じパターン。歴史は繰り返される。
FullSizeRender
早くもハミルトンが逃げ体制になりつつある1周目終わりに、いきなりセーフティカーが発動されました。今年のレッドブルリンクは予選も含めよく登場するなぁ。何があったのかな?!
IMG_4022
あららベッテルちゃん何だかスッキリしちゃって。既にF1マシンではなくなっているけど、正面から見ればまあまあ悪くないフォルム、なんて(笑)原因はこれか!
IMG_4023
混み合うスタート直後のターン3「レムズ」です。ルクレールが前戦のベッテルをトレースするかのようなインラインから進入。
IMG_4028
後方にいた先代のライコネンはその瞬間をしかと見ていた。ルクレールとベッテルのタイヤが触れ合い、ベッテルのリヤウィングをもぎ取ったわけです。ちょっとルクレールのライン採りが悪く、エイペックスでマシンが制御できなかったか。これは、マシンの位置関係からしてルクレールがよくないですね。
FullSizeRender
当然両者マシンを傷めて走れませんから、ピットに。なぜかここはルクレールが前、ベッテルは待ちぼうけの末リタイヤ。ルクレールもまともに走れず、結局リタイヤ。フェラーリ、終了。
IMG_4026
この状況をどう見ているのでしょうか。一昨年2018年まではさすがにこんなこと無かったですよね。明らかにあなたがチームのトップになってから状況が一変し、悪化の一途を辿っています。両者速い故の同士討ちでもないし、すごくつまらないレースの終え方ですよ、おたく本当に大丈夫?!

IMG_4031
予選は速く、結果的に上位フィニッシュで終えるマクラーレン。結果がよければ全てよしなのですが、決勝レース序盤は大抵こうなっちゃいます。ボッタスに捕らえられたサインツは続いてレッドブルのアルボンにお尻を突かれ始めました。
IMG_4033
いとも簡単に抜かれてしまう。中団に埋もれたノリスはレーシングポイントのストロールとバトル。
IMG_4035
今シーズンはこの2チームの熾烈な戦いが多くなりそうですね。マクラーレンの完全復活は序盤のレースペースがカギを握りそう。

上位では25周目に2位走行のフェルスタッペンがソフトタイヤからミディアムタイヤに履き替え、大きな逃げを打つハミルトンは28周目に同じくミディアムタイヤに履き替えてフェルスタッペンの前で戻っています。今回のハミルトンの前に出るのは至難の業ですね。
FullSizeRender
5位走行中のサインツは33周目のピットで手間取り、給油したかのような7.2秒も時間を要しています。
FullSizeRender
それを知ったストロールは翌周に3.2秒の停止時間で出る。戻ればサインツの前に楽々復帰。
IMG_4045
さらには39周目にペレスは3.7秒で出発。
FullSizeRender
ストロールの後ろで戻ってサインツを完全封印。要らぬミスがたたり、サインツ大損してしまいました。相手がガチのライバルとなりそうなレーシングポイントだから悔しさもひとしおでしょう。
FullSizeRender
どうにかしてこの「ピンクの壁」を突き破りたい!

FullSizeRender
今回のシュタイアーマルクGPはトップの黒を見ているより、よっぽどピンクを注目していた方が面白い。レース後半に入るとペレスが覚醒します。まずは小手調べに相方を46周目に料理。
FullSizeRender
49周目には一人しれっと走る黄色いリカルドも成敗して5位浮上。予選はグズグズだったのに、晴れた決勝はキレッキレでしたね。
IMG_4053
そしてじわりじわりとペースを上げ、いよいよ4番手を単独で走るアルボンを捉えます。暴れるペレスを久々に見た気がします。ただその勢いもココまで。
IMG_4061
アルボンの右リヤにタイヤをぶつけ、フロントウィングを失ってしまいました。
IMG_4062
最終周にこれまで抜いてきたリカルドに近付かれるとリカルドを道連れにコーナー外側へオーバーラン。
FullSizeRender
FullSizeRender
この瞬間を待っていたと言わんばかりにサインツの仇をノリスが狙っていく。またもや最終ラップの奇跡か?!
IMG_4069
最後の最後にノリスが前に。今回はしっかり5位フィニッシュ。

IMG_4074
《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

今回は上位争いをほとんど観ていませんでした。だっていつもの逃げ逃げパターンで面白くないんだもん(笑)途中の眠気をペレスとノリスの走りで何とか持ち堪えていた感じ。優勝はハミルトンの85勝目で幕が下りました。
IMG_4071
パルクフェルメの様子をみると、向かって左手のボッタスの停止角度がおかしいですね。それもボッタスの体勢をみるとコクピットを懸命に押してマシンを戻している様に見えて面白い(笑)でもどうしてあんな形に停めたんだろう。ハミルトンとソーシャルディスタンス?!
IMG_4072
『ヨーロッパ横断F1ウルトラクイズ』決勝戦!
IMG_4073
あとこの授与式、これも滑稽でしたね。解答席が解答者の目の前にラジコン仕掛けで移動するのか。新しい(笑)そこまでしないといけないのかな。自分からトロフィーを獲りにいくなんてご時世になったのですね。将来振り返ることになるのかな「これがF1で初めてトロフィー授与の無人化したレースです」なんて。

《ファステストラップ》
 サインツ(マクラーレン・R)1分05秒619
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

今回はレース後半のペレスの追い上げと、さらにそれを追い上げて最後の最後にチャンスを掴んだノリスで悩みました。スタート降格により中段スタートを余儀なくされたノリスをひいきしたら「今回もかよ」となってしまうので、最後アルボンとの接触はありつつも、ファステストラップを出しながらチームメイトと格の違いを見せつけたペレスにファンの選んだものに異論なく一票を投じます。こういうファステストラップの出し方が、本来は正しい。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 ルクレール(フェラーリ・F)

ルクレールだけを酷評したら可哀想かもしれませんが、今回の件はルクレールが浅はか、少々「天狗」になっていた気がします。前にいたのはベッテルであり、ラインや位置関係は前戦のベッテル同様に無理がありました。2人がどんな関係かまでは知る由ないものの、2人のドライバーをはじめ、今のフェラーリがそもそもよくありません。評論家やOBドライバーからも声があるように、ベッテルは「F1引退」ではなく「休養」の意味合いで今シーズン早々にマシンを降り、暫しの充電と今後の計画を練ることに注力した方がいい気がします。

《第2戦シュタイアーマルクGPのポイント》
・2度目は修正、盤石のメルセデス劇場再演
・晴れれば速い!ピンクのメルセデスを証明
・終盤盛り返すノリス、スタート降格何のその
・何しに来たの?!救い様が無いフェラーリ

また今週末もレースだ。始まった途端にこんな連戦だもんな、ドライバーやスタッフはもちろんのこと、我々ファンも頭を切り替えないとごちゃごちゃになっちゃいますね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仮の名は今シーズン限りか?!レーシングポイントの2号機となるRP20です。父親は偉大なり。

《設計》

 アンドリュー・グリーン


《外見》
IMG_2073
カラーリングに変化は無し。どピンクです。安心しました。ノーズコーンは先端が黒くなり、歴代続いたフォークっぽい塗り分けや2つの縦長開口も取り止めています。IMG_2074
IMG_2075
サイドポンツーン開口は上端外側に丸みを持つ横長です。このチームは昨年も発表とテストでマシンをだいぶ変えてきましたし、正直ココでマシンを見るのは意味がありません。IMG_2076
IMG_2077
IMG_2078

先日から始まったカタロニアサーキットでの開幕前合同テストでのRP20はこちら。5003
何じゃこりゃ。発表会は何だったの?!あの先っぽのアレといい、これ、メルセデスじゃん!
5003
ただサイドポンツーン開口をみると今シーズン型のW11というよりかは昨年型のW10のような滑らかで大型の三角形を採用していますね。ということは、パーツや技術はメルセデスの払い下げか?!パパやるなぁ。
5003
サイドポンツーン後方の絞りはそうキツいものではなく、ふくよかですね。オリジナルな部分も残っているのかな。マシンはピンクだけど、「グリーンの仕事」無くなっちゃいますよね(笑)
エアインテーク側部に面白いものが付いていますね。T型尾翼にエンジン三発のボーイング727みたいです。さすがにRP20のこれはエンジンではありませんね。形状的にリヤウィングまでの整流に効果がありそう。
5003

5003
《シャシー》
RP20
 全長: - mm
 全幅: - mm
 全高: - mm
 最低車体重量:746kg(ドライバー含む)
 最大燃料重量:110kg
 ブレーキキャリパー:ブレンボ
 ブレーキディスク・パッド:
 ホイール:BBS
 サスペンション:フロント プッシュロッド
          リヤ     プルロッド

《エンジン》
メルセデスF1 M11 EQ Performance

 V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ

 排気量:1,600cc
 最高回転数:15,000rpm(制限)
 最大馬力: - 馬力
 燃料・潤滑油:

5003
《ドライバー》
 No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
 No.18 ランス・ストロール(カナダ)

今シーズンもご存知の通りペレスとストロールのラインナップに変わりはありません。毎回miyabikunは便宜上勝手にキャリアや成績からペレスをエースとして記載していますが、実際のところどういう位置付けなのか迷ってしまいます。「ペレス君には本当にお世話になっているよ。今年もウチの息子を頼むよ」なのか「ペレス君わかっているよね。このチームは私がいるから成り立つんだよ」なのか。ローレンス・ストロール氏の存在には感謝しますが、個人的な思いとしては前者の環境であることを祈っています。
荒くれ者のイメージが強かったペレスは持ち前の「タイヤの取り扱い」を強みとして、可能な限り入賞圏内を押さえる走りが出来ています。れっきとした表彰台登壇者の一人ですもんね。もうペイドライバーの一言では済ませられない、一人前のベテランドライバーです。マシンがもう少しよければ、グイグイ上位争いに食い込めます。近年の勢力図に飽き飽きしていて、将来を諦めた感を漂わせる発言が心配ですが、諦めず上位を果敢に狙ってほしいと思います。
ストロールも下手くそは徐々に薄れ、年々成長を続けているドライバーとなりましたよね。一般的なチームにいたら、これほど長く続けられるかに疑問はありつつも、それもこれも偉大な父のお陰か?!ストロールも立派な表彰台登壇者です。中堅チームで表彰台に向けてワンチャンスを狙って成長してほしいです。
5003
「やっぱりパパの資産って、これくらい?あはは」
5003
「いやいやいや、先輩もペイやないかーい!」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_8082
名前は何て変えてくるのかな、ストロール・レーシングかな、フォース・カナディアとかなのかななんて色々想像していたのに「レーシングポイント」のままなんだ、、なんだぁ、つまんないの!チーム消滅の危機を救ってくれただけでも感謝しないといけませんね。
IMG_8194
ケニアのスポーツ賭博企業「スポートペサ」なるところが冠スポンサーとなり、チーム国籍はカナダでもケニアでもなくイギリスになるそうです。ややこしや。チーム名は「レーシング・ポイント」とトロ・ロッソ同様に「・」が入るようですが、こちらはだいぶ長いので今回以降は普通にレーシングポイントと綴ることとします。記念すべき初号機はRP19で始まります。

《設計》
    アンドリュー・グリーン

IMG_8081
《外見》
フォース・インディア時代から引き続きグリーンが手がけているわけですが、メインはピンクのままです。ピンクのマシンは歴代でも少ないのでラインナップの中では一際目立つ色ですね。何かと表現する時にこの色使いは非常に助かります。ご存知の通りちゃまのパパ、ローレンス・ストロールがチーム再建を助け、ちゃまも当然ながら移籍してきました。対して昨シーズンに続いてシートに座るペレスも「持ち込み」支援をしているわけですから、みんなに支えられてこのチームは成り立つわけです。元からいたペレス時代からのピンクに加えて、マクラーレン同様にマシン後方から濃い目の青が侵食してきました。この青がストロール系?!真っ青になれば「チーム・ストロール」の完成か、なんてね。タイトルスポンサーのスポートペサ色のようです。
IMG_8085
一見潤沢な資金になったように思えても、マシンはあくまでエコノミーに、昨シーズンまで使用したVJM11を流用し、レギュレーション変更を伴う部分を新設計にする対応としています。
ノーズはお決まりの「フォーク」のようなカラーリングで直線的に立ち上がっていきます。このチームのカーナンバーは他に比べて先端付近に貼り付けてありますよね。ノーズにはペレスの11があって、ん?
IMG_8084
シャークフィンはストロールの18じゃないか。エコに2人で一台?!な訳はないか。
IMG_8196
こちらは先程の画像と異なり、テストでの様子となりますが、サイドポンツーン開口周辺の色が少し異なってみえます。シルバーから黒に変わったかな。光の加減なのかもしれません。サイドの絞りもキツくなって見えますが、ギヤボックスやリヤサスペンション根元付近は昨年の方が薄く、絞れていた気もします。

IMG_8083
《シャシー》
RP19
    全長: - mm
    全幅: - mm
    全高: - mm
    最低車体重量:743kg(ドライバー含む)
    燃料タンク容量:110kg(制限)
    ブレーキキャリパー: -
    ブレーキディスク・パッド: -
    ホイール:BBS
    サスペンション:フロント プッシュロッド
                                    リヤ     プルロッド

《エンジン》
メルセデスF1 M10 EQ Power+
    V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
    排気量:1,600cc(推定)
    最高回転数:15,000回転(制限)
    最大馬力: - 馬力
    燃料・潤滑油:ペトロナス・ラベノル

IMG_8086
《ドライバー》
    No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
    No.18 ランス・ストロール(カナダ)

IMG_8197
ペレス、ストロールとも何気に表彰台登壇者ですね。ペレスは今でこそ確実な完走と優しいタイヤ使いに定評のあるベテランドライバーになりましたが、古くは実力以上の「マネー」を持ち込んでF1シートを得ましたよね。金も重要ですね。昨年は一瞬だけど「若かりし」シーンがちらほら見受けられました。隣のおぼっちゃまよりは持ち味の堅実な走りを続けてフィニッシュラインまで持ち帰ってきてほしいですね。
ストロールよ、金もマシンも無限ではない。大事に乗りたまえ。シート is マネー。
IMG_8198

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨シーズンも安定走りからランキング4位を堅持したフォース・インディア。テスト前はバタバタです。お金だけはどうも不安定な「VJM11」です。暫定版マシンのようですが、開幕戦までに忘れてしまいそうなので、今の「正」としてみていきます。受け継いできたイニシャルナンバーは、、もしかして今回最後かも?!
IMG_6154

《設計》
アンドリュー・グリーン

IMG_6165
《外見》
ノーズは前作に続いてフォース・インディアらしいいつもの長めのポコです。ザウバーよりはシャープですね。また象徴的なピンクのカラーもノーズについては白に縁取られ、若干膨張して見える印象です。
IMG_6162
ちょっと面白いのはサイドミラーが側面から白い1本、下面から黒い2本に支持されています。これなら体当たりしても脱落しません。
IMG_6160
サイドポンツーン開口は高めに、下部はえぐられていますが、今年のマシンの中では開口がまあまあ大きい方の分類されるように感じます。
IMG_6168
メルセデスエンジン系は今までペトロナスのガソリンやオイルを採用しています。しかしVJM11はオイル(潤滑油)はラベノルというブランドに変更しています。それはレギュレーションに抵触しないのでしょうか。
昨シーズンのマシンは色以外にドライバーは頑張っているのに目立った走りができていませんでした。二の舞を踏むような気がしてならない。マズイぞ。

IMG_6158
《エンジン》
メルセデスF1 M09 EQ Power +
V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
排気量:1,600cc(推定)
最高回転数:15,000回転(制限)
最大馬力: - 馬力
燃料・潤滑油:ラベノル

IMG_6167
《シャシー》
VJM11
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量:733kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量:105kg(制限)
ブレーキキャリパー・パッド:AP
ブレーキディスク:カーボン・インダストリー
ホイール:BBS
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド

IMG_6153
《ドライバー》
No.11 セルジオ・ペレス
No.31 エステバン・オコン

「バチバチ」仲良しコンビの2年目。歴浅オコンを当初少し下に見ていたのかな、ライバルが前も後ろも離れちゃっているもんだから予選も決勝も並ぶこと多し。オコンも意外と走るし速い、壊さない、そして「折れない」。それならば先輩は無線や走りで「誰のお金で〜」と言わんばかりのアピールするも、かなりしぶとい。元暴れん坊も手を焼きました。
ペレスもオコンも堅実な走りができ、エンジンも一級品です。あと必要なのはそれを叶えるべくシャシーですね。お金にも制約があるだろうし、前の3チームまで距離があるのが辛いところだけど、このご時世のF1はスタートからクルージングしているだけではライバルは潰れず、順位も上がっていきません。予選での一発の速さと決勝での武器を備えたいです。後ろにはドロドロの中団争いが「4番手」を虎視眈々と狙っています。ド派手なマシンで存在感を示せるかどうか、ドライバーのキャリアもチームのキャリアも多く背負う「責任重要」なマシンとなりそうです。


これで全10チームの今のところの2018年マシンを見てきました。素人なりの印象としては
    ・目指せフェラーリもどき
    ・サイドポンツーンは高く後ろに下げる
    ・エアインテーク開口は当然ワイドに
が大体の流れと見てとれました。合同テスト時点で完全体を晒してくるチームはないでしょうから、開幕戦までにさらにどんなアップデートを図り、スタートを切るかに注目ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日のシンガポール→マレーシアと同様にアメリカ→メキシコも距離にして1,500km、車で16時間とまあまあ近いです(あくまで「地球規模でみたら」です。日本でいう宇都宮〜鹿児島くらい)とはいえ、日本との距離はさほど変わらないということで、引き続き徹夜か日中我慢の選択を強いられますね。今回はどうしようかなぁ。

《国の基本情報ほか》
国名称:メキシコ合衆国
  人口  :1億2860万人(世界第10位)
  面積  :197万2千㎢(世界第13位)
  設立  :1810年にスペインから独立宣言
               1821年に承認
主言語:なし(スペイン語)
  首都  :メキシコシティ
  通貨  :メキシコ・ペソ

F1開催期間と数:1963〜(選手権扱いで18回目)
開催サーキット:エルマノス・ロドリゲス
                           (旧 マグダレーナ・ミシウカ)
F1ドライバー数:6人(スポット参戦含む)
F1チャンピオン:0人
現役ドライバー:1人(S・ペレス)
著名ドライバー:P・ロドリゲス、R・ロドリゲス
                             E・グティエレス、H・レバーク

メキシコもお隣のアメリカと同様に合衆国でも英語での正式名称にすると異なるのが面白いです。アメリカはUnited States(of America)ですが、メキシコはUnited States of Mexico ではなく「The United Mexican States」となるようです。あくまでUSはアメリカだってことかな。たまに聞く「メヒコ」はスペイン読みです。68もの言語(細かくはもっとあるらしい)が使用され、主言語(公用語)の定めもありません。スペインの植民地でもあったことから最も多いのがスペイン語となっており、その人口は本家スペインよりも多い数になります。それでも「メキシコ語」とはならないんでしょうね。スペイン語を話すペレスとは言うが、メキシコ語を話すアロンソとはならないわけか。
国土の地形的な成り立ち上、国の東側から中央付近に高い山脈が弧を描くように縦断し、南東部に一部低地があるものの、平均的に標高が高めです。航空写真で見ても、木が育ちにくい砂漠のエリアもあるため緑より茶色や赤っぽい色になっています。F1が行われているエルマノス・ロドリゲスはF1のみならず、整備されたサーキットの中で最も標高の高いところにあります。
気候は温帯から熱帯にまたがり、メキシコ高原はF1の舞台では滅多にお目にかかれない高山気候という標高2,000m以上に存在する亜寒帯に近い区分に属しています。雨季は日本と同じ時期の6〜9月に迎えますが、気温変化がとても大きいわけではないため、冬でも氷点下に達することはありません。

《エルマノス・ロドリゲス》
  所在地 :メキシコシティ
市域人口:887万人
市域面積:1,485㎢
標準時差:UTC- 6:00(日本から-15:00)
  F1開催 :1963〜70,86〜92,15〜(18回目)
一周距離:5.000km(1963〜70)
                  4.421km(1986〜92)
                  4.304km(2015〜)
初代優勝:J・クラーク(ロータス)
最多優勝:クラーク、プロスト、マンセル(2回)
最多P.P. :J・クラーク(4回)
最速P.P. :1分41秒860 C・レガッツォーニ(1970)
                  1分16秒346 N・マンセル(1992)
                  1分18秒704 L・ハミルトン(2016)
最多F.L. :J・クラーク(3回)
最速F.L. :1分43秒050 J・イクス(1969)
                  1分17秒711 G・ベルガー(1992)
                  1分20秒521 N・ロズベルグ(2015)

サーキットとしては1962年に完成し、当初はMagdalena Mixhuca「マグダレーナ・ミシウカ」という名でオープンしました。1962年にF1のノンタイトル戦が行われ、地元のリカルド・ロドリゲス(弟)が参戦5戦目20歳の若さで命を落としてしまったことから、追悼の意を込めて「リカルド・ロドリゲス」に改称しています。1963年からポイントを加算できるタイトル戦として1970年までメキシコGPで開催するも、メキシコGPが無くなった1971年に今度はF1で2勝を挙げているペドロ・ロドリゲス(兄)も事故死したことから現在の「エルマノス・ロドリゲス(ロドリゲス兄弟)」に至りました。
コースの特徴は他に類をみない標高2,285mという高地に設営されていること。標高が高いということは気圧が低い(空気が薄い)ため、エンジンに吸気できる量や加給、タイヤの空気圧管理、ウィングやマシンにかかるドラッグやそれから生み出されるダウンフォースなど他のサーキットと異なります。ストレートが長くても、最高速サーキットではありませんでした。またバンピーであったことも有名です。
1992年を最後にメキシコGPは再度幕を閉じていましたが、母国のS・ペレスの活躍もあって2015年に再々復活、お決まりのヘルマン・ティルケの手による改修が施されました。サーキットレイアウトは第1期(1963〜70)が図の青ライン、赤ラインの第2期(1986〜92)、そして現行である第3期(2015〜)の黒ラインで分かれており、時代も離れているため、それらをまたいで出場したドライバーはいません。非常にわかりやすいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ