F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ペレス

IMG_8082
名前は何て変えてくるのかな、ストロール・レーシングかな、フォース・カナディアとかなのかななんて色々想像していたのに「レーシングポイント」のままなんだ、、なんだぁ、つまんないの!チーム消滅の危機を救ってくれただけでも感謝しないといけませんね。
IMG_8194
ケニアのスポーツ賭博企業「スポートペサ」なるところが冠スポンサーとなり、チーム国籍はカナダでもケニアでもなくイギリスになるそうです。ややこしや。チーム名は「レーシング・ポイント」とトロ・ロッソ同様に「・」が入るようですが、こちらはだいぶ長いので今回以降は普通にレーシングポイントと綴ることとします。記念すべき初号機はRP19で始まります。

《設計》
    アンドリュー・グリーン

IMG_8081
《外見》
フォース・インディア時代から引き続きグリーンが手がけているわけですが、メインはピンクのままです。ピンクのマシンは歴代でも少ないのでラインナップの中では一際目立つ色ですね。何かと表現する時にこの色使いは非常に助かります。ご存知の通りちゃまのパパ、ローレンス・ストロールがチーム再建を助け、ちゃまも当然ながら移籍してきました。対して昨シーズンに続いてシートに座るペレスも「持ち込み」支援をしているわけですから、みんなに支えられてこのチームは成り立つわけです。元からいたペレス時代からのピンクに加えて、マクラーレン同様にマシン後方から濃い目の青が侵食してきました。この青がストロール系?!真っ青になれば「チーム・ストロール」の完成か、なんてね。タイトルスポンサーのスポートペサ色のようです。
IMG_8085
一見潤沢な資金になったように思えても、マシンはあくまでエコノミーに、昨シーズンまで使用したVJM11を流用し、レギュレーション変更を伴う部分を新設計にする対応としています。
ノーズはお決まりの「フォーク」のようなカラーリングで直線的に立ち上がっていきます。このチームのカーナンバーは他に比べて先端付近に貼り付けてありますよね。ノーズにはペレスの11があって、ん?
IMG_8084
シャークフィンはストロールの18じゃないか。エコに2人で一台?!な訳はないか。
IMG_8196
こちらは先程の画像と異なり、テストでの様子となりますが、サイドポンツーン開口周辺の色が少し異なってみえます。シルバーから黒に変わったかな。光の加減なのかもしれません。サイドの絞りもキツくなって見えますが、ギヤボックスやリヤサスペンション根元付近は昨年の方が薄く、絞れていた気もします。

IMG_8083
《シャシー》
RP19
    全長: - mm
    全幅: - mm
    全高: - mm
    最低車体重量:743kg(ドライバー含む)
    燃料タンク容量:110ℓ(制限)
    ブレーキキャリパー: -
    ブレーキディスク・パッド: -
    ホイール:BBS
    サスペンション:フロント プッシュロッド
                                    リヤ     プルロッド

《エンジン》
メルセデスF1 M10 EQ Power+
    V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
    排気量:1,600cc(推定)
    最高回転数:15,000回転(制限)
    最大馬力: - 馬力
    燃料・潤滑油:ペトロナス・ラベノル

IMG_8086
《ドライバー》
    No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
    No.18 ランス・ストロール(カナダ)

IMG_8197
ペレス、ストロールとも何気に表彰台登壇者ですね。ペレスは今でこそ確実な完走と優しいタイヤ使いに定評のあるベテランドライバーになりましたが、古くは実力以上の「マネー」を持ち込んでF1シートを得ましたよね。金も重要ですね。昨年は一瞬だけど「若かりし」シーンがちらほら見受けられました。隣のおぼっちゃまよりは持ち味の堅実な走りを続けてフィニッシュラインまで持ち帰ってきてほしいですね。
ストロールよ、金もマシンも無限ではない。大事に乗りたまえ。シート is マネー。
IMG_8198

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨シーズンも安定走りからランキング4位を堅持したフォース・インディア。テスト前はバタバタです。お金だけはどうも不安定な「VJM11」です。暫定版マシンのようですが、開幕戦までに忘れてしまいそうなので、今の「正」としてみていきます。受け継いできたイニシャルナンバーは、、もしかして今回最後かも?!
IMG_6154

《設計》
アンドリュー・グリーン

IMG_6165
《外見》
ノーズは前作に続いてフォース・インディアらしいいつもの長めのポコです。ザウバーよりはシャープですね。また象徴的なピンクのカラーもノーズについては白に縁取られ、若干膨張して見える印象です。
IMG_6162
ちょっと面白いのはサイドミラーが側面から白い1本、下面から黒い2本に支持されています。これなら体当たりしても脱落しません。
IMG_6160
サイドポンツーン開口は高めに、下部はえぐられていますが、今年のマシンの中では開口がまあまあ大きい方の分類されるように感じます。
IMG_6168
メルセデスエンジン系は今までペトロナスのガソリンやオイルを採用しています。しかしVJM11はオイル(潤滑油)はラベノルというブランドに変更しています。それはレギュレーションに抵触しないのでしょうか。
昨シーズンのマシンは色以外にドライバーは頑張っているのに目立った走りができていませんでした。二の舞を踏むような気がしてならない。マズイぞ。

IMG_6158
《エンジン》
メルセデスF1 M09 EQ Power +
V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
排気量:1,600cc(推定)
最高回転数:15,000回転(制限)
最大馬力: - 馬力
燃料・潤滑油:ラベノル

IMG_6167
《シャシー》
VJM11
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量:733kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量:105ℓ(制限)
ブレーキキャリパー・パッド:AP
ブレーキディスク:カーボン・インダストリー
ホイール:BBS
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド

IMG_6153
《ドライバー》
No.11 セルジオ・ペレス
No.31 エステバン・オコン

「バチバチ」仲良しコンビの2年目。歴浅オコンを当初少し下に見ていたのかな、ライバルが前も後ろも離れちゃっているもんだから予選も決勝も並ぶこと多し。オコンも意外と走るし速い、壊さない、そして「折れない」。それならば先輩は無線や走りで「誰のお金で〜」と言わんばかりのアピールするも、かなりしぶとい。元暴れん坊も手を焼きました。
ペレスもオコンも堅実な走りができ、エンジンも一級品です。あと必要なのはそれを叶えるべくシャシーですね。お金にも制約があるだろうし、前の3チームまで距離があるのが辛いところだけど、このご時世のF1はスタートからクルージングしているだけではライバルは潰れず、順位も上がっていきません。予選での一発の速さと決勝での武器を備えたいです。後ろにはドロドロの中団争いが「4番手」を虎視眈々と狙っています。ド派手なマシンで存在感を示せるかどうか、ドライバーのキャリアもチームのキャリアも多く背負う「責任重要」なマシンとなりそうです。


これで全10チームの今のところの2018年マシンを見てきました。素人なりの印象としては
    ・目指せフェラーリもどき
    ・サイドポンツーンは高く後ろに下げる
    ・エアインテーク開口は当然ワイドに
が大体の流れと見てとれました。合同テスト時点で完全体を晒してくるチームはないでしょうから、開幕戦までにさらにどんなアップデートを図り、スタートを切るかに注目ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日のシンガポール→マレーシアと同様にアメリカ→メキシコも距離にして1,500km、車で16時間とまあまあ近いです(あくまで「地球規模でみたら」です。日本でいう宇都宮〜鹿児島くらい)とはいえ、日本との距離はさほど変わらないということで、引き続き徹夜か日中我慢の選択を強いられますね。今回はどうしようかなぁ。

《国の基本情報ほか》
国名称:メキシコ合衆国
  人口  :1億2860万人(世界第10位)
  面積  :197万2千㎢(世界第13位)
  設立  :1810年にスペインから独立宣言
               1821年に承認
主言語:なし(スペイン語)
  首都  :メキシコシティ
  通貨  :メキシコ・ペソ

F1開催期間と数:1963〜(選手権扱いで18回目)
開催サーキット:エルマノス・ロドリゲス
                           (旧 マグダレーナ・ミシウカ)
F1ドライバー数:6人(スポット参戦含む)
F1チャンピオン:0人
現役ドライバー:1人(S・ペレス)
著名ドライバー:P・ロドリゲス、R・ロドリゲス
                             E・グティエレス、H・レバーク

メキシコもお隣のアメリカと同様に合衆国でも英語での正式名称にすると異なるのが面白いです。アメリカはUnited States(of America)ですが、メキシコはUnited States of Mexico ではなく「The United Mexican States」となるようです。あくまでUSはアメリカだってことかな。たまに聞く「メヒコ」はスペイン読みです。68もの言語(細かくはもっとあるらしい)が使用され、主言語(公用語)の定めもありません。スペインの植民地でもあったことから最も多いのがスペイン語となっており、その人口は本家スペインよりも多い数になります。それでも「メキシコ語」とはならないんでしょうね。スペイン語を話すペレスとは言うが、メキシコ語を話すアロンソとはならないわけか。
国土の地形的な成り立ち上、国の東側から中央付近に高い山脈が弧を描くように縦断し、南東部に一部低地があるものの、平均的に標高が高めです。航空写真で見ても、木が育ちにくい砂漠のエリアもあるため緑より茶色や赤っぽい色になっています。F1が行われているエルマノス・ロドリゲスはF1のみならず、整備されたサーキットの中で最も標高の高いところにあります。
気候は温帯から熱帯にまたがり、メキシコ高原はF1の舞台では滅多にお目にかかれない高山気候という標高2,000m以上に存在する亜寒帯に近い区分に属しています。雨季は日本と同じ時期の6〜9月に迎えますが、気温変化がとても大きいわけではないため、冬でも氷点下に達することはありません。

《エルマノス・ロドリゲス》
  所在地 :メキシコシティ
市域人口:887万人
市域面積:1,485㎢
標準時差:UTC- 6:00(日本から-15:00)
  F1開催 :1963〜70,86〜92,15〜(18回目)
一周距離:5.000km(1963〜70)
                  4.421km(1986〜92)
                  4.304km(2015〜)
初代優勝:J・クラーク(ロータス)
最多優勝:クラーク、プロスト、マンセル(2回)
最多P.P. :J・クラーク(4回)
最速P.P. :1分41秒860 C・レガッツォーニ(1970)
                  1分16秒346 N・マンセル(1992)
                  1分18秒704 L・ハミルトン(2016)
最多F.L. :J・クラーク(3回)
最速F.L. :1分43秒050 J・イクス(1969)
                  1分17秒711 G・ベルガー(1992)
                  1分20秒521 N・ロズベルグ(2015)

サーキットとしては1962年に完成し、当初はMagdalena Mixhuca「マグダレーナ・ミシウカ」という名でオープンしました。1962年にF1のノンタイトル戦が行われ、地元のリカルド・ロドリゲス(弟)が参戦5戦目20歳の若さで命を落としてしまったことから、追悼の意を込めて「リカルド・ロドリゲス」に改称しています。1963年からポイントを加算できるタイトル戦として1970年までメキシコGPで開催するも、メキシコGPが無くなった1971年に今度はF1で2勝を挙げているペドロ・ロドリゲス(兄)も事故死したことから現在の「エルマノス・ロドリゲス(ロドリゲス兄弟)」に至りました。
コースの特徴は他に類をみない標高2,285mという高地に設営されていること。標高が高いということは気圧が低い(空気が薄い)ため、エンジンに吸気できる量や加給、タイヤの空気圧管理、ウィングやマシンにかかるドラッグやそれから生み出されるダウンフォースなど他のサーキットと異なります。ストレートが長くても、最高速サーキットではありませんでした。またバンピーであったことも有名です。
1992年を最後にメキシコGPは再度幕を閉じていましたが、母国のS・ペレスの活躍もあって2015年に再々復活、お決まりのヘルマン・ティルケの手による改修が施されました。サーキットレイアウトは第1期(1963〜70)が図の青ライン、赤ラインの第2期(1986〜92)、そして現行である第3期(2015〜)の黒ラインで分かれており、時代も離れているため、それらをまたいで出場したドライバーはいません。非常にわかりやすいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

歴史あるプライベーターも今や完全なるテールエンダーと化したザウバー。前にも振り返ったように、以前は大型スポンサーとしてペトロナスを味方につけたり、将来が期待される新人を多く輩出してきたチームでした。創設者であるペーター・ザウバーも身を引き、跡を引き継いだF1初の女性チーム代表モニシャ・カルテンボーンも第7戦カナダGPを最後に退任して「ザウバー」の名残はチーム名称とシャシー名くらいになってしまいましたね。今回はまだギリギリ「ザウバニズム」を感じ取れた2012年「C31」をみていきたいと思います。
《設計》
(ジェームス・キー)
   マット・モリス
   ウィレム・トーレ

《外見》
今はトロ・ロッソでテクニカルディレクターを担うジェームス・キーが2011年のオフシーズンに手がけるも、開幕を前にチームから離脱しているため、このシーズンはマット・モリスがテクニカル部門の指揮を執りました。
この前のマクラーレンMP4-27と同じ2012年ですので、ノーズはマクラーレン以外の各マシンと同じく残念な形をしています。レギュレーションで「こういう形状にしなさい」とあるわけではありませんが、安全を考慮した「ノーズ先端の高さは車体底部から550mm、モノコック前段の高さは625mm」というレギュレーションの中、少しでも合理的なデザインを採るとこぞってこうなってしまうという、ファンのみならずデザイナーやドライバーなど誰もが認める「醜い時代のマシン」でした。当時のザウバーはご覧のような白と黒(濃紺?)のカラーリングに「段差部に白地のナンバー」もあってか、その段差がまた大きく、目立って感じました。
近年はハースが「第2フェラーリ」の地位を担っています。この頃のザウバーは今よりもフェラーリとの距離も近く、エンジンをはじめギヤボックスも供給を受け、リヤサスペンションもフェラーリに合わせる形を取っていました。フェラーリF2012でリヤをプルロッドに変更すると、ザウバーもそれに合わせて前作C30のプッシュロッドからプルロッドに変更を施しています。
見易く図解されたものがあるので、それら画像をお借りして簡単に説明します。図の黄色いバーがロッドで、左側がプッシュロッド、右側がプルロッドになります。昔のF1マシンはロッド自体を細くできる逆ハの字をなすプルロッド(路面からの衝撃に対し、ロッドを「引張」で機能させる)の採用していました。しかしハイノーズが主流になると搭載位置の関係から自由度豊かなハの字のプッシュロッド(路面からの衝撃に対し、ロッドを「圧縮」で機能させる)とするマシンが増えます。ただそれの副産物としてロッドが太くなり若干の高重心と空力的支障をきたしてしまいました。そこでリヤを再び空力処理に有利なプルロッドに変更する傾向にあります。
先日のマクラーレンMP4-27と同様に早い時期から「コアンダ・エキゾースト」を導入、シーズン序盤から好成績のスタートに結びつけました。また、これらリヤエンドの改良によって、前作C30の弱点であったタイヤへの問題を軽減、入力が優しくロングランにも貢献し、この頃に「タイヤを保たせる術」を会得したペレスは今日の走りにも活きてきます。
ザウバーF1といえば、歴代青系か黒系のカラーリングを繰り返しています。この時代は黒と白のツートンカラーにメキシコ企業のスポンサーが増え始めています。ご存知の通りペレスがもたらした資金が多く反映されています。パトロンがいるとやはりシート獲得に有利に働きますね。

《エンジン》
フェラーリTipo056
V型8気筒・バンク角90度
排気量:2,398cc(推定)
最高回転数:18,000rpm(制限)
最大馬力: - 馬力(非公開)
《シャシー》
全長:5,195mm
全幅:1,800mm
全高:1,000mm
最低車体重量:640kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量: - ℓ
ブレーキキャリパー:ブレンボ
ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
ホイール:O・Z
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド
タイヤ:ピレリ

《ドライバー》
No.14 小林可夢偉          (全戦)
No.15 セルジオ・ペレス(全戦)

《戦績》
126ポイント コンストラクター6位
(2位2回、3位2回、4位1回、5位1回ほか)
ポールポジション0回

小林可夢偉とペレスによるコンビ2年目です。表彰台登壇は4回で、その内訳は小林が第15戦日本GPでの3位1回、ペレスの第2戦マレーシアGPと第13戦イタリアGPでの2位と第7戦カナダGPでの3位となっています。コンストラクターズランキングは2001年のN・ハイドフェルドとK・ライコネンのコンビによるC20での4位がザウバーの歴代最高位でした。ただ表彰台はハイドフェルドの3位1回に止まるため、この2012年の方が内容としてもインパクトも優れていたように感じます。
開幕戦オーストラリアGPは予選で小林が13番手、ペレスが17番手(ギヤボックス交換ペナルティにより22番手スタート)に沈むも、決勝ではチーム内接触がありつつ両者入賞を獲得。第2戦マレーシアGPでペレスは予選10番手からチーム最高位となる2位表彰台、第3戦中国GPでは小林がチーム初のファステストラップを獲得するなど、トップチームに引けをとらない走りを披露してくれます。その後ペレスは先述の通りカナダ、イタリアと登壇する活躍をみせ、日本GPを前にフェラーリとの関係を断ち、マクラーレンからオファーを受けて移籍にこぎつけました。結果で一歩劣る小林は、去年振り返ったようにその地元予選4番手(マクラーレンのバトンのギヤボックス交換ペナルティにより3番手スタート)からヘヤピンでの連続パッシングとバトンの猛追を振り切って3位表彰台を獲得、悔しさを走りでカバーしています。
シーズン終盤は小林が2回入賞を果たすもトップチームへの移籍が決まったペレスが全くポイントを稼げず「腑抜け」になってしまいました。さらにチームは2013年に小林と契約更新するためには「ペレスからもたらされた資金を調達することが条件」とされ断念、F1浪人を強いられたのは記憶に新しい出来事だと思います。
F1を離れた小林は今も現役で世界の舞台で戦う日本のトップドライバーの1人です。アジア人でみても上位にくる活躍をもってしても、F1のシートにおさまることができず、片や当時のチームメイトの2人は現在もF1に籍を置けているというのが実情です。いかに現代のF1はドライバーの腕もさることながら「お金とタイミング」が重要であるかを知らしめてくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ココのマシンはまずノーズから見たくなる。今流行りのノーズでない仕上がりをしてくれるフォース・インディア「VJM10」です。昨シーズンは名門ウィリアムズを上回り、4番手チームになり上がりました。ペレスをエースにさらに上を目指せるか?!

《設計》
アンドリュー・グリーン

《外見》
コンセントノーズのメス側改め、フォークのようなコンセントのオス側みたいな形状になりました。両サイドに牙があるので印象は若干薄れますが、分類としては流行りのアリクイになるのでしょうか。とうとう仲間入りです。カラーリングだけで見たらパスタ、いや凍ったアイスを食べるのに適した形。クラッシュ時の凶器に見えてきます。
期待しつつ少しガッカリなノーズから後ろに目をやると、何だこりゃ?!
久々に見た段差。シャークフィンといい、一昔前にみたディテールが復活してます。レギュレーションで定めたノーズの規定、プッシュロッドの取り付け位置が高いのか、ノーズの傾きが低いためかはわかりませんが、決してカッコよくないですね。また、昨シーズンはあったSダクトのスリットはこの様子では見られないものの、どうやら少し見辛いこの側面にある虫食いのような穴がそれをなすとのこと。

今まで見てきた今シーズンのシャークフィンが黒系なのでフォース・インディアのシルバーになると存在感があり、エラく目立ちます。横風なんて、怖くない!
ん?コクピット両サイドにある衝撃構造、これちょっと邪魔過ぎない?!聞いてた?とあたかも2人で確認しているかのよう。

《エンジン》
メルセデスF1 M08 EQ Power +
V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
排気量:1,600cc(推定)
最高回転数:15,000回転(制限)
最大馬力: - 馬力
燃料・潤滑油:ペトロナス

《シャシー》
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量: - kg
燃料タンク容量:105ℓ(制限)
ブレーキキャリパー・パッド:APレーシング
ブレーキディスク:カーボン・インダストリー
ホイール:BBS
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド
《ドライバー》
No.11 セルジオ・ペレス
No.31 エステバン・オコン

ペレスは日々進化をしてそろそろベテランドライバーの領域になります。このままの正常進化を期待すれば、表彰台の頂点も近々訪れていいはずです。まだ蓋を開けてみないとわからないけど、パワーユニットはいまだに秀でているはずですから「前がコケた時に確実にモノにする」つもりで予選Q3は堅持してほしいと思います。
オコンの昨シーズンはマノーで入賞こそなかったものの、決勝9戦9完走でした。メルセデスエンジンを積むフォース・インディアからのフル参戦はオコンのキャリアにとってかなり好条件です。ザウバーに移籍したウェーレインに引けを取らない活躍を引き続き期待したいですね!
まだ全てのチームがマシンのお披露目を終えていませんが、もしかしたら今シーズンで1,2を争う◯◯いマシンな気がする。。カラーリングは好きなんだけどなぁ。
あくまで個人的印象です。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ