F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ブラジルGP

グラフは少し見飽きましたね。目を休めましょう。12月中旬まで及んだ2020年シーズンが終わって早3週間経ちます。そろそろレースを観たくなりませんか?!まだいいって?!(笑)昨年の「過去のレース」は中止や延期になったGPにも合わせて「なんちゃってGP」をこのブログ内で強引に突き進めてきたわけですが、実はその時に載せようかどうかすごく迷って、結局諦めてストックしていたレースがいくつかありました。その中の一つであるジャカレパグアで行われた1983年ブラジルGPを取り扱おうと思います。近年はシーズン終盤に盛り込まれるブラジルGPをどこに差し込むか悩みつつ、隙間を縫って9月中旬に1982年ブラジルGPをねじ込みました。それもピンとこない時期ではありましたが、よりによってこの時期のブラジルGPってのも違和感がありますよね。でもこの年のブラジルGPはあながち遠からずです。なぜならこのレースは開幕戦にあたる3/13に行われたということで、約2ヶ月程度先の話だからです。それにしても1月中旬は早過ぎか(笑)
今から38年も前となる1983年シーズンのレースは今回初採用となります。一見地味にも感じる方は多いかもしれませんが、これがなかなか面白いシーズンとなっています。それを助長させた一つの要因がこれです。
IMG_5554
フェラーリ126C2B
IMG_5555
ウィリアムズFW08C
IMG_5556
ルノーRE30Cと現代も参戦する各チームでマシン自体のディテールも実に多彩です。でもこれ、シャシー名からも分かるように枝番が付けられた前年1982年型の改良車ばかりなのです。どうしてこんな事態に陥ったのかというと、かの有名なグラウンドエフェクトカー廃止(フラットボトム規定)がシーズン開幕3ヶ月前の12月に急遽決まり、予め開発をしていた各チームの各マシンは対応に間に合わず強引にレギュレーションに合わせ込む必要があったからです。近年もマシンレギュレーション変更が数年前から決められ、発表されている通り、これら大幅変更はある程度早い段階から告知しないと、いくら莫大な資金と腕利きが集まるF1カテゴリーであっても対応し切れません。ほとんどのチームがやっつけの改良型で開幕戦を迎える中で、間に合わせてきたチームとマシンがあります。
IMG_5557
以前「名車シリーズ」でも振り返ったブラバムBT52です。空力の鬼才と呼ばれたゴードン・マーレーはライバルと同条件下において、予定していたBT51導入や改良を諦め、レギュレーションに適合する新車をしっかり開幕戦に合わせ込んできました。この辺ができるかできないかでシーズンの戦い方が変わってきます。さすが老舗のブラバム。

前段にだいぶ時間を費やしてしまいましたが、予選は前年にたった1勝でチャンピオンを獲得したN・ロズベルグの父、K・ロズベルグが連覇を目指して好発進のポールポジションを獲得。見た目もチャンピオンの風格を感じさせますが、こう見えてこの当時34歳です。今でいうハミルトンとベッテルの間くらいにあたります。もっというと、これは今から38年前ということで、後にチャンピオンを獲得する息子ニコはまだ生まれていません。2番手はターボを武器に「予選番長」と化するルノーの若手プロスト、3番手に「前年の悪夢」の払拭に挑むフェラーリのタンベイ、4番手は新車に乗るピケが獲得しています。

FullSizeRender
《予選結果》
 1 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
 2 A・プロスト (ルノー・R・MI)
 3 P・タンベイ (フェラーリ・F・GY)
 ※GYはグッドイヤー、MIはミシュラン
  Foはフォード

IMG_5560
スタートでポールポジションのロズベルグは早くも逃げ体制。3番手タンベイは出遅れ、4番手ピケに先行されています。
IMG_5561
途中給油を念頭に軽いマシンで追うピケはプロストをかわして早い段階で2位に浮上してきました。

IMG_5563
ブラバム同様に途中給油の軽タンクで逃げるロズベルグはタイヤを傷め、7周目にピケが隙をついてトップに立ちます。
IMG_5564
軽タンク走行は経験豊かなブラバムが一枚上手か。

IMG_5566
傷むタイヤで27周を耐えたチャンピオンのロズベルグがピットインして予定通りの給油作業に入ります。給油ホースの角度に注目下さい。ドライバーの真後ろに真上から垂直にノズルを挿す形でどうも給油し辛そう、なんて見ていると恐れていたことが、、IMG_5567
発火!
IMG_5569
消火器が向けられ、ロズベルグは堪らずマシンから飛び降りる。レース中の途中給油って、当時の技術からするとかなり高度かつ危険行為です。IMG_5570
レースを諦めたかと思いきや、火は消し止められ「ピットクルーの手を借り」て9位で復帰していきます。たった1勝でもチャンピオンはチャンピオン。簡単にレースを諦めるわけにはいきません。
IMG_5571
軽タンク戦法を得意とするトップのピケの給油作業。こちらの給油は真上からではなく、ノズルが挿し易い横向きです。給油も配慮した設計がなされているBT52はやはり優秀。

IMG_5573
当時のルノーは決勝になるとグズグズしてしまっています。ピケに抜かれ、パトレーゼにも抜かれ、予選9番手のマクラーレンのラウダにまで抜かれる始末。速さだけではレースに勝てない。
IMG_5574
さらには一度燃えた後に復活を果たしたカーナンバー1のロズベルグにまで抜かれてしまいます。ロズベルグは一度9位まで落ちたのに、再び表彰台圏内まで戻ってきました。すごい追い上げだ。
IMG_5575
そのロズベルグはラウダもかわして2位浮上。軽タンク逃げ逃げ途中給油の効果てきめんですね。ただトップのピケまでは距離があるか。
IMG_5576
IMG_5577
予選4番手。でも新車を用意して戦略大当たりのピケが余裕の優勝。前年もトップチェッカーを受けながらマシン違反で失格となったため、これが母国初優勝となりました。IMG_5578
2位は猛追のロズベルグ、賢いラウダがいつものしれっと3位となり表彰式を迎えますが、この年もこのままでは終わりませんでした。
IMG_5580
最終結果はこちら。

《決勝結果》
  1 N・ピケ   (ブラバム・B・MI)
失格 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
  3 N・ラウダ  (マクラーレン・Fo・MI)
 ※BはBMW

思い出して下さい。先程のロズベルグのピットアウトは自力ではなくピットクルーの手を借り押しがけで復帰しています。あの行為が違反の対象となり、前年に引き続き2年連続のブラジルGP失格の裁定が下りました。チャンピオンのロズベルグはちょっと恥ずかしい。通常であれば4位フィニッシュしたウィリアムズのラフィが3位昇格といきたいところでしたが、結局それは行われず、F1で異例の「2位の存在しないレース」に終わっています。
一方で82年は幻の優勝、83年にようやく母国初優勝を飾ったピケは86年も優勝したことが讃えられ、88年にジャカレパグアは「ネルソン・ピケ」という名に改称されることとなりました。存命現役のドライバーがサーキットに名付けられるのは異例です。しかし残念ながら90年からブラジルGPは改修を受けたインテルラゴス(ホセ・カルロス・パーチェ)に移されF1で使用されなくなり、2016年に開催されたリオ五輪のメイン会場に選定されたことにより、今では跡形も無く解体されています。また1973年から開催されてきたブラジルGPの名称も今シーズンから「サンパウロGP」に改称されて消滅することが決定しました。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日あれだけホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)でのブラジルGP予選をみてきたっていうのに、今回振り返るのは1982年第2戦ジャカレパグア(のちのネルソン・ピケ)で行われたブラジルGPです。ブラジルGPには間違いないけど、繋がってなーい(笑)今シーズンはブラジルGPも無いことだし、何でもアリ。
1982年は先日オランダGPで初めて取り扱いました。今回は2回目で「過去のレース」シリーズで現時点での最古のレース更新となります。キャラミでの開幕戦南アフリカGPは前年チャンピオンのピケがリタイヤする一方、ターボが自慢のルノーがポールトゥウィンを飾ってこの第2戦を迎えています。シーズンはまだ始まったばかり。当時はマシンに「グラウンド・エフェクト」いわゆる地面効果に依ったマシンが主流となっていました。マシンフロアに飛行機の翼をひっくり返したような形状を採り、飛行機とは逆に地面に押さえつけるような原理でダウンフォースを得るという画期的な技術ではありましたが、マシンがひとたび挙動を乱したりすると、一気にリセットされて浮き上がってしまうというリスクと紙一重の特性もありました。

予選は開幕戦に続いてルノーのプロストがポールポジションを獲得。2番手もターボエンジンを積むフェラーリのG・ヴィルヌーブが獲り、ターボ車がフロントロウを占めています。ノンターボ(NA)車の最上位はウィリアムズで3番手のK・ロズベルグ、続いてマクラーレンのラウダが4番手となっています。キャラミよりは低速基調のジャカレパグアでもターボ勢が猛威を振るうのか?!

《予選結果》
 1 A・プロスト  (ルノー・R・MI)
 2 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 3 K・ロズベルグ (ウィリアムズ・Fo・GY)
 ※MIはミシュラン、GYはグッドイヤー
  Foはフォード

image
決勝のスタート!画像があまり良くないので、見辛いかもしれませんが、とにかく路面が酷いです。4回に分けて舗装したかのような継目が遠目のカメラでもはっきり見て取れます。一般道であれば車線毎に打ち継ぐのはよくあることですが、ここはサーキットですからね。規格が非常に良くない。スタートでモタつく黄色いプロストに代わって、フェラーリのエースとして名高いヴィルヌーブがトップに立ちます。
image
ロズベルグの攻撃も何のその。
image
プロストからの攻めも怖くない!さすがフェラーリのチャンピオン獲得を託された男です。

image
レースが進行するにつれ、予選7番手に甘んじたチャンピオン、ピケのペースが上がっていきます。ココは俺の地元だよ、と。ノンターボのブラバムでターボのルノーをあおる。
image
次なる標的はいよいよトップをひた走るヴィルヌーブです。
image
NP「おい。兄ちゃんもターボだよな。見てな」
ロズベルグも復調をみせ、ピケとセットでヴィルヌーブ狩りに向かいます。
image
スーッと近付いて
image
インに追いやる。ヴィルヌーブは左側を脱輪して制御できず
image
スピンしながら外側へ。
image
NP「ふん、あいつビビってやんの。可愛いな」
ピケとヴィルヌーブのマシンは触れ合っていません。ピケの巧み勝ち。今でこそこのような「プレッシャーによるバトル」はだいぶ減ってしまいましたが、昔はこうした駆け引きや揺さ振りでライバルを追い込んでいく手段は定石でした。

image
こちらは同じブラバムでも、ピケの相方パトレーゼの方です。マシンを半分グリーンに落として、何やら様子がおかしいです。
image
image
あー回っちゃうー
image
ほぼトラックを横断する形のスピン。リオ・デ・ジャネイロの暑さとこの酷い路面により、意識朦朧になってしまいました。トラック復帰しようと試みるもimage
image
あらら真っ直ぐに走れず、また同じようにくるくるしちゃっています。よくこの状態で自力帰還できたなぁ。コクピット内でほぼ死んでいる。。image

image
ヴィルヌーブをかわした後、順調にラップを重ねるピケは初の母国優勝がみえてきました。1975年のC・パーチェ以来の快挙で観客も大賑わい。image
あーあ、トラックにまでこんなに飛び出しちゃって。喜ばしいことだけど、後続も来るんだし危ないよ!
image

《決勝結果》
 1 N・ピケ   (ブラバム・Fo・GY)
 2 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
 3 A・プロスト (ルノー・R・MI)

image
表彰式はピケ嬉しい嬉しいシーズン初優勝、母国初優勝のはずなのに、こちらも様子がおかしいですね。2位のロズベルグ、3位のプロストも異変を感じる。image
おっとっと、、、
image
喜ぶどころか、立っていられずグニャリと力尽きる。パトレーゼ同様にさすがのピケも限界だったんですね。出走26台中、完走は12台とかなりサバイバルなブラジルGPとなりました。
image

しかし、このレースはこれで終わりではありませんでした。トップ2台はフィニッシュ後にブレーキ冷却水を足して、最低車体重量をクリアしたとのタレコミがあり審議。後日裁定が下りました。

《後日最終結果》
  失格 N・ピケ   (ブラバム・Fo・GY)
  失格 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
  1 A・プロスト (ルノー・R・MI)
  2 J・ワトソン (マクラーレン・Fo・MI)
  3 N・マンセル (ロータス・Fo・GY)

優勝のピケと2位ロズベルグが失格。3位以下が繰り上がりとなりました。これを不服としたFOCA(Formula One Constructors Association の略で現在でいうFOTAに相当)系に属するチームが第4戦サンマリノGPの出走を辞退し、26台中14台の参戦、完走はたった5台という非常にシラけたレースを行うまでに発展してしまいました。1982年シーズンはご存知の通りK・ロズベルグによるフィンランド人初、わずかシーズン1勝でのチャンピオン獲得となりましたが、もしこのブラジルGPの失格やサンマリノGPの不参加が無ければ、チャンピオン争いも異なる結果になっていたかもしれません。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今週末はF1では有名、でも本戦では未開催となるムジェロでのトスカーナGPです。しかし未開催ということはいつものコレができないわけで、となれば「本来は行われるはずであったサーキット」に代わりを頼むしかありません。今回は9月初頭には馴染みがないブラジルGPの舞台であるホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)の歴代ポールポジションタイムをみていきます。開催されないってのにどうにか隙間みて差し込むなんて、miyabikunは頑なよね(笑)だって可哀想じゃないですか、一時期はF1大国といわれたブラジルは今や現役ドライバー0人。おまけにココだっていつまで開催されるか分からなくなってきたし。ここが終われば、今シーズン予定だったアメリカ大陸系のGPは終わり、対象もだいぶ減ってきます。

image
《ホセ・カルロス・パーチェの基本情報》
    全長   :7.960km(1973〜77)
       7.874km(1979,80)
       4.325km(1990〜96)
       4.292km(1997,99)
       4.309km(2000〜)
 コーナー数:15箇所(2000〜)
   開催回数  :37回

サンパウロの近く、東西を湖で挟まれた間にあるサーキットです。サーキット自体は1936年開業と非常に古く、F1が初めて開催されたのはそのだいぶ後、73年からになります。当初は「湖の間」という意味のインテルラゴスという名称で呼ばれていましたが、開催3年目の75年にここで優勝を挙げ、のちに飛行機事故で命を落とした英雄、カルロス・パーチェの名前に改称され今に至ります。メキシコGPが行われるエルマノス・ロドリゲスの存在により、さほど目立たなくなってしまいましたが、標高800mの土地にあるため、他のサーキットに比べると空気が薄いといわれる時代もありました。
レイアウトは数回の変更を経ていますが、大きく分けると2種類に分類されます。
image
 ・1973〜77年 7.960km 赤色(オリジナル)
 ・1979,80年    7.874km
 ・1990〜96年 4.325km(ショートレイアウト)
 ・1997,99年    4.292km
 ・2000〜現在  4.309km 黒色

miyabikun横着して、前に描いた2つのままです。ごめんなさい。でも凡そこの2つを押さえておけば説明できます。右側の黒が現レイアウトの馴染みがあるもの。左側の赤が旧レイアウトです。似ているけど、赤がとても複雑にみえます。重ねてみると、違いがよくわかります。
image
現サーキットが一回り内側にありますね。ちょうどターン2,3に位置する「エス・ド・セナ」で内側にシフトし、旧レイアウトを逆走するような形になります。そしてサーキット後半にあたる低速のインフィールド区間手前で再び旧レイアウトに戻っていきます。
旧レイアウトと現レイアウトの間に9年の空白期間があります。78年の1年を含めた10シーズンはリオ・デ・ジャネイロにあるネルソン・ピケ(旧 ジャカレパグア)サーキットにブラジルGPが移されたためです。また、こちらも今でこそ珍しくなくなりましたが、かつてはGPサーキット少数派となる「反時計回り(左回り)」のサーキットとしても有名でしたね。開催は開幕に近い夏から秋の1月〜4月、2003年からは閉幕に近い春にあたる10月や11月に行われています。今のような9月はまだ冬。南半球ですから日本と季節も逆。

《ホセ・カルロス・パーチェの予選P.P.タイム変遷》
 73 7.960km 2分30秒500 ピーターソン
 74 7.960km 2分32秒970 Eフィッティパルディ
 75 7.960km 2分29秒880 ジャリエ
 76 7.960km 2分32秒500 ハント
 77 7.960km 2分30秒110 ハント
 78 
 79 7.874km 1分23秒070 ラフィ
 80 7.874km 1分21秒400 ジャブイユ

 90 4.325km 1分17秒277 セナ
 91 4.325km 1分16秒392 セナ
 92 4.325km 1分15秒703 マンセル
 93 4.325km 1分15秒866 プロスト
 94 4.325km 1分15秒962 セナ
 95 4.325km 1分20秒081 Dヒル
 96 4.325km 1分18秒111 Dヒル
 97 4.292km 1分16秒004 Jヴィルヌーブ
 98 4.292km 1分17秒092 ハッキネン
 99 4.292km 1分16秒568 ハッキネン
 00 4.309km 1分14秒111 ハッキネン
 01 4.309km 1分13秒780 Mシューマッハ
 02 4.309km 1分13秒114 モントーヤ
 03 4.309km 1分13秒807 バリチェロ
 04 4.309km 1分10秒646 バリチェロ
 05 4.309km 1分11秒988 アロンソ
 06 4.309km 1分10秒680 マッサ
 07 4.309km 1分11秒931 マッサ
 08 4.309km 1分12秒368 マッサ
 09 4.309km 1分19秒576 バリチェロ
 10 4.309km 1分14秒470 ヒュルケンベルグ
 11 4.309km 1分11秒918 ベッテル
 12 4.309km 1分12秒458 ハミルトン
 13 4.309km 1分26秒479 ベッテル
 14 4.309km 1分10秒023 Nロズベルグ
 15 4.309km 1分11秒282 Nロズベルグ
 16 4.309km 1分10秒736 ハミルトン
 17 4.309km 1分08秒322 ボッタス
 18 4.309km 1分07秒281 ハミルトン
 19 4.309km 1分07秒508 Mフェルスタッペン

空白期間の81〜89年は省略しました。そのタイミングでサーキットも大幅改良されていますのでちょうどいいですね。
image
旧レイアウト時代は8km弱を2分30秒かけて走破していました。ドイツやベルギーなどと同様にオールドサーキットは一周距離が長いため、現代の1分台で走破する時代からみるとだいぶ長く感じます。グラフをみても大人と子供の差のようで全く比較になりません。
image
そこでいつものように近代サーキットのみを抜粋して再作図しました。これでだいぶ見易くなります。ざっと見る限り、時代変化とともに少しずつ綺麗にタイム低下しているようですね。3.0ℓV10末期の2004年あたりまで順調にタイムを削り、2.4ℓV8になると一度タイムが遅れ、現パワーユニットになり急激に速くなっています。
以前に「過去のレース」で振り返ったこともある95年、ウィリアムズのヒルが記録した1分20秒081は前年のセナの記録から4秒近く遅れています。これは雨絡みではあるものの、ハーフウェットコンディションによるタイムではあるものの、このレース自体のタイムが低調でした。これは前年の「重大事故」以降のマシンレギュレーション変更により、ダウンフォースが削られたためです。
続いて2.4ℓV8時代に着目すると、中間期にあたる09年や10年が遅めとなっています。これは言うまでもなくウェット路面による影響になります。さらにいうと、09年シーズンは前年まで続いた「ウィング類の排除」に伴い、再びダウンフォースの大幅な低下を余儀無くされました。外周の高速区間はともかく、インフィールド区間でのダウンフォース低下はタイムに大きく影響します。ちなみに09年はフリー走行2回目が最も速く、当時フェラーリのアロンソが1分12秒314で走破。翌10年のフリー走行2回目はレッドブルのベッテルが1分11秒968となっていますが、それを前後のドライ予選に当て込んでも横ばいな感じですね。13年の振り切れているグラフも雨です。ブラジルは雨が絡むと決勝は非常に危険なレースとなります。
グラフでいうオレンジの帯、現在使用される一周全長4.309kmレイアウトは2000年から20年に渡って変更されていません。ということは、大きく3種類の異なるパワーユニットの比較ができるということ。タイム編の〆は3.0ℓV10、2.4ℓV8、そして現在の1.6ℓV6ハイブリッドターボのセクター別最速タイム比較をしてみたいと思います。

・ブラインドコーナーを流れるようにセクター1
 04バリチェロ  06マッサ  18ハミルトン
    17秒883      18秒014       17秒454
・クネクネと上り下りイライラのセクター2
 04バリチェロ  06マッサ  18ハミルトン
    36秒071      35秒375      34秒122
・左へ左へ、とにかく踏め踏めセクター3
 04バリチェロ  06マッサ  18ハミルトン
    16秒692       17秒139      15秒601
● 1周ポールポジションタイム※
 04バリチェロ  06マッサ  18ハミルトン
 1分10秒646  1分10秒680  1分07秒281

※セクター最速タイムを記載しているため、
 各セクター合算とポールタイムに差があります

三者比較するとハミルトンが記録した18年の歴代最速タイムが一際目立ちますね。マシンはそこそこ重たいはずなのに、全セクターで頭一つ速いです。僅差となる04年の「二代目」バリチェロと06年の「三代目」マッサの違いとしては、ストレート基調のセクター1や3の部分の遅れをクネクネなセクター2で帳消しにしている点。 2年の違いでパワーはかなり低下しましたが、回転数を20,000回転近くまで回し、空力的にも向上させました。どんなサーキットでもパワーがあるに越したことはありませんが、先程も書いたように、このサーキットはセクター2のインフィールド区間で如何にしてロスしないか、これが重要だと思います。
IMG_5889

《ホセ・カルロス・パーチェの予選P.P.平均速度変遷》
 73 7.960km 190.4km/h 100%    ピーターソン
 74 7.960km 187.3km/h   98.4% Eフィッティパルディ
 75 7.960km 191.2km/h 100.4% ジャリエ
 76 7.960km 187.9km/h   98.7% ハント
 77 7.960km 190.9km/h 100.3% ハント
 78 
 79 7.874km 198.1km/h 104.1% ラフィ
 80 7.874km 200.5km/h 105.3% ジャブイユ

 90 4.325km 201.5km/h 105.8% セナ
 91 4.325km 203.8km/h 107.0% セナ
 92 4.325km 205.7km/h 108.0% マンセル
 93 4.325km 205.2km/h 107.8% プロスト
 94 4.325km 205.0km/h 107.6% セナ
 95 4.325km 194.4km/h 102.1% Dヒル
 96 4.325km 199.3km/h 104.7% Dヒル
 97 4.292km 203.3km/h 106.8% Jヴィルヌーブ
 98 4.292km 200.4km/h 105.3% ハッキネン
 99 4.292km 201.8km/h 106.0% ハッキネン
 00 4.309km 209.3km/h 109.9% ハッキネン
 01 4.309km 210.3km/h 110.4% Mシューマッハ
 02 4.309km 212.2km/h 111.4% モントーヤ
 03 4.309km 210.2km/h 110.4% バリチェロ
 04 4.309km 219.6km/h 115.3% バリチェロ
 05 4.309km 215.5km/h 113.2% アロンソ
 06 4.309km 219.5km/h 115.3% マッサ
 07 4.309km 215.7km/h 113.3% マッサ
 08 4.309km 214.4km/h 112.6% マッサ
 09 4.309km 194.9km/h 102.4% バリチェロ
 10 4.309km 208.3km/h 109.4% ヒュルケンベルグ
 11 4.309km 215.7km/h 113.3% ベッテル
 12 4.309km 214.1km/h 112.4% ハミルトン
 13 4.309km 179.4km/h   94.2% ベッテル
 14 4.309km 221.5km/h 116.3% Nロズベルグ
 15 4.309km 217.6km/h 114.3% Nロズベルグ
 16 4.309km 219.3km/h 115.2% ハミルトン
 17 4.309km 227.0km/h 119.2% ボッタス
 18 4.309km 230.6km/h 121.1% ハミルトン
 19 4.309km 229.8km/h 120.7% Mフェルスタッペン

image
平均速度での比較です。旧レイアウト込みのグラフになりますが、先程のタイムグラフのような「突き抜け」に対し、速度変換をするとさほど違和感なく右肩上がりの速度向上に落ち着きます。ただ70年代のマシンとなると、初代となる紫帯の7.960km時代最速が191.2km/h、次の水色帯7.874km時代の最速は200.5km/hと200km/hがやっとな感じでした。レイアウトを見てわかるように、当時を知らない者からするとちょっとクネクネし過ぎているんですよね。同じような景色を度々見て、パッとオンボード画像を見せられても、どこにいるんだか分かり辛そう。助手席に乗せられたら確実に車酔いしちゃうだろうな。
image
こちらも90年以降を抽出しています。マシンレギュレーションに翻弄される開幕戦となった95年、そして雨に翻弄された09年が200km/h以下となり、旧レイアウト相当の落ち込みとなりましたが、他は年々順調に速度を上げ、18年は230km/hを超えるまでになりました。今までみてきたサーキットでも同様なことを書いていますが、近年はマシン時代の最高速度自体は一時期に比べれば上昇を止めています。しかしタイムは特にこの2、3年で急激に向上しています。ということは「ストレートで速いだけではなく、コーナー通過も速い」ことでタイムが向上していることが明らかです。コーナーがコーナーでないような扱いになっているということになります。ここのインフィールド区間はまだブレーキングを必要とする中低速、中速クラスの半径が続くものの、それらを速く通過できるようになったからこそ、このようなゲインがみられます。タイムや速度とは関係ない余談ですが、ポールシッターの面々をみていると、何かに気付きませんか?!フィッティパルディにはじまり、セナ、バリチェロ、マッサと地元ブラジル人ドライバーが多く、それも複数回ポールポジションを獲得していますね。やっぱり母国は他には無い力が生まれてくるのでしょうか。とは言いつつ、有名なブラジル人チャンピオンの名が珍しく見当たらないけど(笑)

一昔前のこのサーキットはどちらかといえば中低速のサーキットという印象が強くありました。ところがマシンが進化するにつれ、速度も徐々に上がり、タイム向上だけでなくドライバーへの体力的負荷も確実に大きくなっていきます。今シーズンは残念ながら開催しませんから、その進化具合を目の当たりにはできません。次回開催されることになったら、またどれだけタイムが向上してくるのか、またどこが限界点なのか興味深いところですね。また冒頭にも書いた通り、ブラジルGPの移転開催の噂もチラホラ耳にします。危険だとか治安が悪いとか、悪名も聞かれるサーキットではありますが、長いこと行われてきたサーキットが使われなくなるのもどこか寂しさを感じます。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0147
サーキットの傍らでは上半身裸でボールを蹴る子供達。ブラジルといえばやっぱりサッカーですね。世界の競技人口で1,2を争うサッカーは例え11人集まらなくても、ゴールネットが無くてもボール1つあればできます。モータースポーツに比べるとお金もかからないし、ルールも明確で手軽ですね。F1ももう少し端的で手軽に楽しめるようになるといいのですが。
今シーズンのアメリカ大陸の時差対戦は最終章を迎えました。案の定月曜の帰宅後の観戦で今更になってしまいましたので、ピンポイントバージョンで綴っていきます。いやー序盤はマッタリ、終盤は大荒れのレースとなりましたね。

《キングなんぞ関係ない!抜けMAX!》
自身2度目となるポールポジションを獲得したフェルスタッペンのブラジルGPは終始元気MAXでした。
IMG_0152
予定通りスタートでしくじったベッテルをかわしたハミルトンに対してグングン差を広げてポールトゥウィンに向かって発進しました。
21周目に再びソフトタイヤに履き替えたハミルトンに合わせて翌22周目にタイヤ交換。
IMG_0156
IMG_0166
クビカにちょっとしたいたずらをされつつ、ハミルトンにアンダーカットを食らう。でも「F1界の小島よしお」こと今日のフェルスタッペンにはそんなの関係ない。
IMG_0163
IMG_0165
23周目にセオリー通りテールを捉えてかわす。フェルスタッペンのパッシングはいつ観ても爽快!1回キリではありませんよ、途中のゴチャゴチャはひとまずスルーして、終盤のセーフティカー明け。大渋滞のローリングスタートはいつでもどうぞ。
FullSizeRender
ねえねえ、見ててよ!
IMG_0196
力づくでかわすよ!ほら。
IMG_0192
ハミルトンは2スティント目のソフトタイヤ選択に文句言っていましたね。フェルスタッペン対策にハミルトンはだいぶ焦っていたご様子。次の新チャンピオン候補筆頭は来年こそ序盤からキングを蹴散らしていきたいですね。

《超えられぬ、壁》
先程のハミルトン然り、好調と不調を繰り返すボッタスのブラジルGPは「冴えない回」でした。
IMG_0188
1回目のタイヤ交換は引っ張り、ハードタイヤに履き替えるも思いの外早く脱ぎ捨てて2回目を終えたボッタスは中団スタートのルクレールに前を塞がれています。
FullSizeRender
このセリフも今シーズン何回言ったことか。ほらチャンピオンチームだろ、捉えたら抜けよ!
IMG_0174
先程のフェルスタッペンと同じシチュエーションなんだけど、人がいいのか臆病なのか、キレが悪い。
FullSizeRender
次なるチャンスも
IMG_0178
IMG_0179
ダメ。ファステストラップは取れても、抜けない。そんなことをのらりくらりやった挙句の果てには
IMG_0182
白煙。抜けなかったのはパワーユニットのせいではないからね。さらにはこの件はマシン撤去のためにセーフティカーを発動させたきっかけにもなりましたね。この後起きるカオス状態は想像もしていなかったでしょう。チームメイトだけでなく他のメンバーもこの後大変だったのよ?!
FullSizeRender

《おろかもの》
IMG_0198
60周目のセーフティカー明けでアルボンにかわされたベッテルは仕返しを試みますが、順位を取り返せずモタモタ。
IMG_0200
IMG_0202
そうこうしているうちに同じマシンに乗るルクレールが近付いてきました。今の順位のままでは優勝を目指すフェルスタッペンにドライバーズランキング3位を獲られてしまう。悪いけど先に行くよ、先輩。
IMG_0203
ただ先輩にも意地とプライドがある。まさか中団スタートの後輩に順位を明け渡すなんて、許されない。
IMG_0204
IMG_0205
DRSを開いて取り返しに行く!でも2人してタイヤが触れ合っていないか?!
IMG_0206
IMG_0207
一瞬だけ、それも大きな衝撃は見られませんでしたが、ルクレールの右フロントとベッテルの左リヤが壊れていく。表彰台から陥落して、さらにはまさかの同士討ちとは呆れた。あまり汚い言葉を使わないように来たけど、今回は敢えて言わせてもらう。こいつらバカじゃないの?!
IMG_0210
来シーズンも同じラインナップでいくことが決まっていますが、この2人とこのチーム、今の時点でチャンピオン獲得は無理なんじゃないかと悟ります。
IMG_0209
IMG_0221
《決勝結果》
   1 フェルスタッペン(レッドブル・H)
   2 ガスリー    (トロ・ロッソ・H)
   3 サインツ    (マクラーレン・R)

終盤は呆れるくらい荒れました。チャンピオンを獲得しても2位を諦めなかったハミルトンはがめつくアルボンを攻めたのはいいものの、アルボンの初表彰台を奪う接触にてペナルティ。間隙を上手く抜けたガスリーと繰り上がりサインツが揃って初表彰台獲得は嬉しい話題でした。ドイツGPに続き、レッドブル塾生の快挙です。

《ファステストラップ》
   ボッタス      (メルセデス・M)1分10秒698
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   フェルスタッペン(レッドブル)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   アルボン    (レッドブル)

フェルスタッペンと「紅のおろかもの」をクローズアップしてしまい、アルボンに触れてあげる事はできませんでしたが、ベッテルをかわして猛追に耐え、さらにはハミルトンに果敢にチャレンジした姿勢は評価に値します。ノーポイントは可哀想だからmiyabikunは「4位表彰台」を心の中であげたいくらいです。

IMG_0214
《第20戦ブラジルGPのポイント》
 ・ピットで抜かれてもトラックで抜く、お見事!
 ・ガスリー、サインツ、表彰台おめでとう!
 ・メルセデスのブラジルは劣勢ちぐはぐ
 ・来期も無理じゃないか?!このおろかもの

《第20戦までのドライバーズランキング》
 1 387 → ハミルトン   (メルセデス・M)★
 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 3 260  ↑  フェルスタッペン(レッドブル・H)
 4 249  ↓  ルクレール   (フェラーリ・F)
 5 230 → ベッテル    (フェラーリ・F)
 6   95  ↑  ガスリー    (トロ・ロッソ・H)
 7   95  ↑  サインツ    (マクラーレン・R)
 8   84  ↓  アルボン    (レッドブル・H)

《第20戦までのコンストラクターズランキング》
 1 701 → メルセデス・M ★
 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 5   91 → ルノー・R
 6   83  ↑  トロ・ロッソ・H
 7   67  ↓  レーシングポイント・M
 8   57 → アルファロメオ・F

荒れには荒れたけど、こういうレースもあっていいですね。レースは最後の最後まで何があるかわらない。最終戦もこんなの期待してしまいそう(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0056
アイルトン・セナ。没後25年半が経過し、ブラジルには他にも存命のチャンピオンであるフィッティパルディやピケがいるにも関わらず、今だに絶大な人気を誇ります。セナの場合は引退後に亡くなったのではなく「現役中の殉職」という点がなお惜しまれるところなのでしょう。果たして近年のドライバーで引退後何年もこのように名前を掲げられる偉大なドライバーは現れるのでしょうか。
先日も書いたようにフェラーリのルクレールは予選を前に、パワーユニット交換によって決勝スターティンググリッド降格が決まっています。中団ドライバーにとってはグリッドを1つ上げられるチャンスですね。

IMG_0060
Q1は毎回お決まりとなっているウィリアムズによる露払いの後、ラッセルが1分10秒688を記録しました。今シーズンデビューのドライバーはどうしてもアルボンやノリスの活躍に注目が集まりますが、ご存知の通りその中でもラッセルはF2チャンピオンを獲得した実力者です。もっとクローズアップしてあげたいんだけど、このような形が今シーズンの精一杯です。来シーズンもウィリアムズのシートを獲得していますし、まだまだ若いので挫けることなく次世代のライバル達と肩を並べる位置に浮上してほしいです。
IMG_0061
そのラッセルともライバルになるであろう同門アルボンはフリー走行でクラッシュを喫しましたが、予選でも元気があります。
IMG_0062
そのアルボンと入れ替わりでトロ・ロッソへ出戻りを命ぜられたガスリーもいいですね。いいんだよ、必ずしもレッドブルでなくても上位は狙える。人間「合う合わない」はあるしね。
IMG_0063
ではもう一人のトロ・ロッソはというと、、冴えないおっちゃんに時間いっぱいで押し出されて、Q1敗退が決定。クビアトはレッドブルグループ4人で一番長いキャリアなはずなのに、予選から本当に冴えないなぁ。一応、来シーズンもトロ・ロッソ改め「アルファタウリ」でのシートは得ています。4番手チーム、7番手ドライバーを確立しつつあるマクラーレンのサインツはマシントラブルによってノータイムフィニッシュでした。
IMG_0064

IMG_0065
今シーズンでポールポジションと優勝を経験したルクレールもF1ドライバーとしては2年目の若手なんですよね。フェラーリ所属だと中堅あたりかと勘違いしてしまいそうです。ほとんどがソフトタイヤでのアタックする中でルクレールのQ2はミディアムタイヤを履き暫定トップタイムを叩き出しています。騒ぐ「グレー」な話題は走りで「紅」である証明をするしかありません。
IMG_0066
Q2は孤軍となった若手成長中のノリスと貴重なアメリカ大陸代表のペレス、グレーいや黄色いルノー2台がアウト。アメリカ大陸の準代表グロマグは今回2台ともQ3へ。本来はこのあたりに毎戦いるべき位置ですね。久々におっちゃんも残りました。

IMG_0067
フェルスタッペンに押されがちな予選でいよいよベテランが頭角を示してきました。ベッテルがQ2トップのフェルスタッペンに若干劣る1分07秒631で暫定ポールに位置すると
IMG_0068
ミスしながらもやっぱりフェルスタッペンに0.008秒という超僅差で上回られる。この予選はフェルスタッペンの日かな。
IMG_0070
フェルスタッペンの2本目はミスを修正しさらにタイムを削っています。他のライバル達の行方は?!
IMG_0071
Q1、Q2でしのぎを削ってきたルクレールも届かずベッテルも諦め、近年のブラジルGPのポールポジションを立て続けてきた「チャンピオンチーム」は今回相手にもならず。今日は一日フェルスタッペンの日でした。
IMG_0072

IMG_0074
《予選結果》
 1 フェルスタッペン(レッドブル・H)1分07秒508
 2 ベッテル    (フェラーリ・F)1分07秒631
 3 ハミルトン     (メルセデス・M)1分07秒699

《予想との答え合わせ》
3回ほど確認しましたが6番手アルボン以外は外してしまいました。惜しいものはいくつかあったので、サインツ(のマシン)のせいということにしておきたい(笑)

《Q3トップのフェルスタッペンとの差》 
 フェラーリ(ベッテル)は0.1秒落ち
 メルセデス(ハミルトン)が0.2秒落ち
 レッドブル(アルボン)は0.4秒落ち
 ハース(グロージャン)が1.2秒落ち※
 トロ・ロッソ(ガスリー)は1.3秒落ち※
 アルファロメオ(ライコネン)が1.4秒落ち※
 マクラーレン(ノリス)も1.4秒落ち
 ルノー(リカルド)も1.4秒落ち
 レーシングポイント(ペレス)は1.5秒落ち
 ウィリアムズ(ラッセル)が2.6秒落ち
 ※は最速タイム(Q2)から算出

Q3進出者においてもQ2で最速タイムを記録していました。1周が短く、ウィリアムズを除けば中団チームは非常に僅差でした。ポールタイムもレコード更新はなりませんでしたね。超余談ですが、Q1で取り上げたラッセルが記録した2本目の最速1分10秒614は2016年のハミルトンよりも速いタイムです(笑)ウィングが狭く低ダウンフォース時代でしたので、今とはマシンの形がそもそも違います。

IMG_0073
《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》 
 フェルスタッペン(レッドブル)

細かいことを振り返るまでもなく、全セッションでトップタイムを記録したフェルスタッペンに一票。最近いいことなくてふてくされていたから、あと1勝くらいはしておきたいよね。

《決勝の表彰台予想!》
 1 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 2 ハミルトン   (メルセデス・M)
 3 ベッテル    (フェラーリ・F)

チャンピオンは決まりましたので皆カリカリに攻めた走りをしてもらいたいのですが、どうもグレーいや紅のチームは決勝でズルズルやるんじゃないかという予想が付きまとい、ベッテルはやられる気がします。言い換えれば「フェルスタッペンVSハミルトン」がみられるのを楽しみにしたいと思います。

IMG_0057
決勝はリアルタイムで観るべきか我慢して寝るべきか。この悩みも今シーズンは今回が最後ですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ