F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:フジテレビ

今回のこちらも実はご無沙汰でした「F1関連CM」です。以前にプレイステーション時代の「FORMULA 1 ‘97」を取り扱いました。今回は時代は進みプレイステーション2で初めて収録された「FORMULA ONE 2001」です。
IMG_1397
小学生の頃はテレビゲーム=ファミリーコンピューターとして育ったmiyabikunとしては、高校生の頃になりソニーのプレイステーションが発売された頃はその綺麗さに大変驚き、憧れたのを思い出します。頭の中は勉強そっちのけで車漬けな高校生miyabikunは金を貯め苦労して「グランツーリスモ」を入手。ただしゲーム機の進化は待ってくれず、早くも成人式を迎えた2000年には次世代機プレイステーション2が発売。今回のこのシリーズからF1もプレイステーション2に移植されました。せっかく金を貯めて買ったのに、もう新しいハード機だもんな。大人って、やり方がキタナい!(笑)
前回紹介の’97と同様にこちらもF1公式ライセンスを取得しており、たばこ広告を除いたマシンカラーリングをはじめ、ドライバーの名前やサーキットも全て実在するものが収録されています。今のようにスマートフォンで自由にF1を走らせられる時代ではありませんでしたし、他のレーシングゲームにあったような「F1っぽいマシンにどこかありそうでなさそうなサーキット」でない、全て実在する本物であることがプレイする喜びであり、F1をより身近に感じられるゲームでした。

IMG_1398
グラフィックはだいぶ滑らかに、音もリアルになりました。このCMは日本GP中に放映されていたもののようで、実況や文字情報にも工夫が施されています。
IMG_1399
「日本GPの途中ですが、引き続き日本GPをお楽しみ下さい」
F1を意図して観ている視聴者ならば、言っている意味はわかりますが、何となくテレビを映していた人だと、何のこと言っているか一瞬わかりませんよね(笑)実況は当時のF1といえばフジテレビの三宅正治アナです。CMには出てきませんが、前作と同じく今宮純の合いの手も入っています。飽きてくると逆走したりしてね、「あらららら」なんて今宮さんを困らせるのを楽しみました。F1の声は今宮サウンド込みで完成します。今宮さん、今まで沢山からかってごめんなさい。

IMG_1401
IMG_1402
本当にリアルですね。今の若い子はもっと綺麗なグラフィックやサウンドに慣れてしまって、こんなのじゃ感動しないんだろうな。これ20年前よ、当時は本当にすごかったんだからね?!
IMG_1405
このリヤビューは今でもオンボードカメラで確認できますよね。

IMG_1407
ここでベネトンのフィジケラがピットイン。と同時に実況の三宅アナもピットイン。
IMG_1409
そうですよね、出場しているドライバーやスタッフは当然ながら、実況や解説している方たちもレース中に「ピット」に行きたくなることもあるでしょう。実はmiyabikunのF1観戦は「放送より30分ほど遅らせた、録画追いかけ」で行っています。そうすれば、ここぞというシーンで一時停止できたり、体調不良時の「緊急ピット」にも対応できるからです。
IMG_1411
さあ三宅アナのピット時間は何秒だ?!ロリポップが丸くなくカクカクしていたり、ジャッキマンが撫で肩で頼りなさそうに見えるのはご愛敬ということで。。
IMG_1412
おお、12秒3か。なかなかな好タイムです。でもそんな短時間でピット終えられるもの?!いくら「小」の方でもコクピットに戻るまでに30秒くらいかからないかな。ピットの中に「ピット」がない限り、こんな早く復帰できるとは思えないんだけど?!まあいいか(笑)

IMG_1414
アングルはトップを捉えています。マシンからも左上の文字情報からもどのドライバーかは明瞭なのですが、CM内の実況は「例のチームの例の男が、例のエンジン、、」と言ってごまかしています。何でCMで言えないんだろう。他のスポンサーへの配慮でしょうか。
IMG_1416
2番手はこの黄色いジョーダンです。いきなりコースアウトして、グリーンでバタつく挙動までもなかなかのリアルさです。
IMG_1418
IMG_1419
このシリーズから、コントローラーだけでなく「GT FORCE」なるステアリングでプレイできるようになったのも特徴です。結局一度もそれでプレイすることはありませんでした。もう大人を通り越しておっちゃんの領域に入りつつあるけど、今更ながらデビューしちゃおうかな(笑)
IMG_1422

IMG_1413
最近はゲーム機でなくスマートフォンのゲームで気軽に済ませてしまっていますが、久々にちゃんとしたテレビ画面でゲームがやってみたくなりました。
IMG_1421
https://youtu.be/ZE0-1EPsOOQ

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

年末年始など寒い時期になるとこういった知らせを耳にする気がします。昨年は開幕直後のC・ホワイティングやヨーロッパラウンドに入る頃にN・ラウダと立て続いて、F1界に不幸が重なりましたね。そして今年も入って早々に舞い込んできました。日本でF1をテレビ観戦したことがある方なら、一度は耳にしているであろう声。モータージャーナリストの今宮純氏が亡くなりました。中継や解説に無くてはならない人物でmiyabikunもF1ファン初期の頃から大変お世話になりました。経歴についてあまり詳しく知りませんが、今回は掲載予定を急遽変更し、今宮氏に対してmiyabikunが思う印象を言葉にし、偲びたいと思います。

IMG_1370
今宮純
 1949年3月18日生
 神奈川県小田原市出身
 慶應義塾大学文学部図書館学科卒業
 1973年から執筆開始
 1981年からピットレポート開始
 1987年からF1解説開始
 2020年1月4日没(70歳)

年齢的には昨年亡くなったラウダと1ヶ月違いの生まれということで、miyabikunの父と母の間の世代、いわばちょうど親くらいの方。母はまだ存命ですが、このご時世70歳で亡くなるのはまだまだ若過ぎましたね。
大学時代は自動車部に所属し、卒業後は特定の企業に就かずに自動車情報誌に記事を投稿することから始めたようです。文系の出身ですからメカニカルな面から入るというよりかは自動車に魅了された「生粋のマニア目線から」といったところでしょうか。慶應義塾大学出身なのは知りませんでした。優秀な方だったんですね。発言や立ち振る舞いからもインテリな香りはプンプン感じます。

まだF1が日本にあまり知られていない1973年ザントフォールトでの第10戦オランダGPを現地取材されています。奇しくも今シーズンからオランダGPが予定されていますが、残念ながらそのGP観戦には間に合いませんでした。きっと存命であれば当時のオランダGPとの対比を絡めつつ、フェルスタッペン人気をクローズアップされていたんだろうと想像します。
IMG_1365
1987年から始まった日本でのF1全戦放送では初期から解説者に就き「F1放送の顔(声)」と言っても過言ではないくらいの貢献度でした。miyabikunのみならず皆さんもF1を理解する上で重要な位置をなしていた方だったと思います。実直で落ち着きのある語り口はF1の走行シーンとぴったりリンクして頭に刻み込まれています。

IMG_6155
今宮氏の解説で印象的だったのは「数字」「歴史」を盛り込むことが多かったように思います。例えば「このレースが◯戦目」とか「ここで優勝すれば◯◯とタイ記録」「数年前も◯◯が似た事故を起こしていた」とか。miyabikunも観戦記だの過去のレースだのアマチュアF1ジャーナリスト気取りなわけですが、数字を並べたり絡めたりするあたり、どことなく似ていませんか?!意識して真似しているわけではないのですが、これ今宮氏の影響なんじゃないかなと思いました。長い歴史を持つF1ですし、順位や速さ、ポイントを争うF1ですから、単に◯◯が速いとか、抜き方がズルいだ何だというよりかは、それらを絡めた方が盛り上がるし見方も変わると思ってやっています。幼い頃から中継を観て今宮氏の解説を聞き、そういう「F1の見方」が浸透しているんでしょうか。IMG_1368
また時に今宮氏の解説は「無線の英訳能力が無い」や「メカニカルな面など専門性に欠ける」という批判も耳にしました。語学力についてはmiyabikunも恥ずかしながら言い訳できませんが、同じくフジテレビ時代の解説陣には工学の教養もある川井一仁氏をはじめ、実際にモータースポーツでメカニックの経験のある津川哲夫氏や森脇基恭氏なども就いています。それと比較すると感情論や感覚論で説く色が強い今宮氏の解説は少々物足りないと思う方もいたかと思います。でもF1放送は何もモータースポーツマニアや専門家ばかりが観るのではなく「多くの方に関心と楽しさを受け入れてもらう」ことにあると思います。miyabikun個人的にはその角度の解説でも充分楽しむことはできるし、逆に技術だ専門用語だ並べ過ぎるより、これでよかったのではないかなと考えます。現にmiyabikunもブログに書き記すにあたり、多少の専門用語は出てくるにせよ「F1自体を観始めたばかりの方」「久々にF1を思い出す方」「今回初めてブログを読む方」などにも取っつきやすい書き方にしたいと心がけています。そういった思いや考えが今宮氏にもあり、まだ日本にF1に馴染みの無い時代にファンの関心をグッと掴んでこれたんだと思います。

IMG_1366
訃報を聞き、改めて今シーズンの中継を振り返ると、最後にカメラの前に姿が映ったのは第17戦日本GPの「レース前GPニュース」であり、解説された決勝の最後は第19戦アメリカGPでした。声を聞く限り、最近呂律が悪くなったなと感じつつも、いつも通りの解説で違和感は感じませんでした。ただ顔が映ると急に痩せ、顔色を見るとどこか身体に不調があったのかなと不安に感じますよね。まさかこんな短期間で亡くなられるとは、体調が優れない中での解説だったのかと想像すると、心が痛くなります。
IMG_1367

IMG_1371
妻の雅子氏と共に長くモータージャーナリストとして活躍され、時には感情的に感傷的にも語った今宮氏。2020年のF1観戦も楽しみにされていたことでしょう。もうあの落ち着きのあるソフトな語り口を聞くことはできなくなりましたが、今後も遠くからF1観戦し、大好きだったセナと思う存分に対談してもらえたらいいなと思います。心からご冥福をお祈りします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の「懐かしのF1オープニングテーマ」はお決まりT-SQUAREの「TRUTH」ではあるんだけど「RESONANCE-T Truth Drum'n Bass Mix」という、編曲されたバージョンになります。2002年から2006年に採用され、曲は耳にこびりついていたのですが、こんなタイトルであったのを今回初めて知りました。
IMG_7214
前回も原曲は同じTRUTHの「TRUTH 21c」というアレンジものだったわけですが、それに続いたこちらはさらに進化し、力強くさのメリハリが増したことで、軽やかで上品な原曲からだいぶ様変わりしています。これの次はどんなTRUTHになるんだろうと興味半分と不安で待っていたら、以前みたQueenシリーズに飛んだので、その驚きは半端じゃなかったなぁ。
45秒程で表現されるこのオープニングテーマの映像はCGがあまり無く、ほぼ実映像を断続的に瞬時に入れ替えるタイプの演出で進行していきます。非常にスピード感はあるのですが、数回観て慣れないと、初めは誰が何が映っているのか判読できないくらいの速さだったことを思い出します。使われるコマはいくつかにグループ分けされています。

序盤ゾーンは当時のトップドライバーの5〜6名ほどピックアップしています。本当に早いですよーまばたきしたらアウトなくらい早いですから、目を凝らしていて下さい。
IMG_7215
IMG_7216
IMG_7217
IMG_7218
IMG_7219
わかりましたか?!静止画にしているんだからわかるって?!(笑)まずライコネンに始まり、モントーヤ、トゥルーリ(遠くに小さくR・シューマッハ)、アロンソ、そして最後のM・シューマッハだけなぜか色がつく。チャンピオン様だからかな。確かに当時優勝経験のある方達ばかりですね。そうそうたるメンバーなのに、この自体はなかなかチャンピオンを獲得するには至りませんでした。その辺は今の時代も変わらずですね。

次のグループはレース中のスタッフサイドの躍動的なカットが続いていきます。
IMG_7281
この方を見る度に毎回言ってしまうのですが、本当にオシャレでカッコいいなと思います。こういう上司なら、頑張って誉められたいと思えますよね。偉いんだけど気さくそうだし、スマートだし、オマケにエロそう(笑)
IMG_7282
IMG_7285
miyabikunはレース中の再給油は推奨派です。

中盤以降はレースシーンなんですが、単なるレースシーンではないことに気付きました。ご存知でしたか?!
IMG_7205
これはモナコGPの「タバコ」に向かう有名なカットです。マシンを一台一台よく見て下さい。前からヘルメットの感じからおそらくクルサードのマクラーレン、その後ろはCOMPAQとキドニーグリルからウィリアムズとわかります。そのさらに後ろから追うフェラーリ、そしてアウト側からマールボロ・マクラーレンが抜きにかかる。ん?マクラーレン?!2台いる?
そうなんです。これ時代の違う車を合成させて争っているんですよね。面白いですよね。
IMG_7207
こちらは今でも芸術車と人気の高い7upジョーダン191ですね。後ろは定かではありませんがおそらくリヤウィングのマールボロから当時のフェラーリだと思います。
IMG_7301
これも文字化けしていて見辛い。先頭を走るのはCanonのリヤウィングに真四角のサイドポンツーン開口からFW11Bとあるように見えます。後ろはフェラーリでその後ろにもう一台ウィリアムズが隠れています。往年の名車と並べるのはユニークな演出です。できればもっとじっくり見てみたいものですね。

IMG_7227
IMG_7231
IMG_7232
2005年版のオープニングになると、全体的に前年「まで」活躍したフェラーリと、やっぱり日本のメーカーと日本のドライバー推しの内容になっています。フジテレビはホンダが大好き!
IMG_7234

IMG_7224
ウェット路面でオーバーランするマクラーレン。
IMG_7225
「大丈夫、ですか?」
IMG_7226
KR「放っておいてくれ!あっちへ行け!」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

またオープニングテーマのお世話になります(笑)このネタも無限にあるわけでもないので、むやみに使うのは避けなければなりませんね。F1中継のテーマソングといえばT-SQUARE「TRUTH」が代名詞となっていますが、そのTRUTHのアレンジ版が使用されたことが何回かありました。今回は2001年から2シーズン採用されたT-SQUARE「TRUTH 21c」のオープニングをみていきます。21cとは21centuryの略、つまり21世紀バージョンにアレンジされたものということ。
IMG_4110
時期はちょうど「21世紀」と呼ばれる時代に突入した頃。miyabikunの中学生や高校生といった学生時代はいわゆる「世紀末」でした。西暦は1990年代から2000年代になるのに、どうして20世紀と呼ばず21世紀となるのか、友人と議論したことがありました。理由はさほど難しいものではなく「西暦の区切り方」によるもので、

              西暦               世紀
          1年〜  100年       1世紀
      101年〜  200年       2世紀
    ・・・・・・・・・・・・
    1901年〜2000年     20世紀
    2001年〜2100年     21世紀

西暦0年、0世紀を除いて100年区切りしているだけです。よって「終了年の上2桁」を読めばその世紀がわかります。今このブログをご覧頂いている方のほとんどが21世紀で生涯を終えられる方なはずで、ほんのごく一部は22世紀を体験される方がいるかもしれません。当然ながらその頃までこのブログは続いていないし、miyabikun自身もいないでしょうから、22世紀を体験された方がいたら遠くにいるmiyabikunに「どんな時代になったか」お知らせ下さい(笑)

話を戻すと、フュージョンというジャンルに分類される原曲に比べて、ハードロック調な仕上がりで、上品で軽快、スピード感のあるTRUTHに「力強さとメリハリ」を加えたようなものになっています。初めて聞いた時は原曲慣れしていたこともあって違和感を覚えました。ただ聴いていけば(F1を観る以上、聴かざるを得ない)慣れるもので、映像の演出も相まってなかなかカッコいいです。

IMG_4111
2002年版はトヨタTF102のCG画像から始まります。昔のTRUTH時代をオマージュしたマシンをグルリと舐めるように眺めた画ですね。
IMG_4112
サイドポンツーンにはこちらも日本を代表する「世界の松下」Panasonicが堂々と鎮座しています。前にも書きましたが、トヨタのカラーリング、白地に赤の刷毛で塗ったような「和のテイスト」がカッコよかったです。「日の丸チック」はよそでお使いでしたしね。
IMG_4113
IMG_4114
ステアリング中央にはクラクション、ではなくクッション材とスリーポインテッドスター。とくれば言わずと知れた
IMG_4116
マクラーレンMP4-17ですね。クッション材は1995年の最終戦オーストラリアGPで遭遇したハッキネンの「瀕死の大事故」によって取り付けられたもの。当のハッキネンは前年2001年をもって休養(のちに引退)したため、この年から後任として母国の後輩であるライコネンに代わっています。ノーズコーンは徐々にハイになった頃。
IMG_4117
続いてBMWのロゴが見えてきました。BMWといえばクビカやハイドフェルドが所属したザウバーとのタッグの印象が強いですが、F1第2期はウィリアムズからでした。こちらはウィリアムズFW24。
IMG_4118
BMWパワーが地元ドイツのR・シューマッハ、またF1に殴り込みをかけたJ・P・モントーヤの「あくなき挑戦」を手助けしています。
IMG_4119
それらの挑戦を受けて立つのがロゴの一部でもわかるあのチームです。
IMG_4120
丸みを帯びた赤のフォルムに白のアクセント。結果的に表彰台登壇率100%を誇った怪物マシン、フェラーリF2002。とにかく強かった。
IMG_4121
ボーダフォンって懐かしいですよね。miyabikunも当時使っていました。特別フェラーリ推しではなかったけど(笑)
IMG_4122
大トリはもちろんホンダ第3期で支えた黄色いジョーダンEJ12ですね。そりゃあまあ、フジテレビだもん。
IMG_4123
エンジンカバーに描かれたHONDAのロゴは現在の第4期トロ・ロッソに似たもので、かの有名な「POWERD by HONDA」は使われなくなってしまいました。最近思うのが、トロ・ロッソはあれだけ大きなロゴを入れているのに、レッドブルはなぜあんなに小さい!(笑)謙虚過ぎる。自信ないから?!アストンマーチンを配慮してのあのサイズ感なんでしょうか。先日のオーストリアGPでは第4期初優勝をあげましたもんね、日本GPではもう少し堂々と表記してもらえないかなぁ。
IMG_4124

IMG_4126
今まではTRUTH時代ではないものばかりを取り上げてきました。ひとえにTRUTHといっても何パターンかありますよね。原曲の前にアレンジ版をみてきました。他のはまた別の機会に。

IMG_4128
https://youtu.be/8akcXGM-cL4

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日はCMを振り返りました。今回はこちらも度々取り扱っている「F1のオープニングテーマ」の方。前回のCMに比べるとこちらはもう10年近く後なので、記憶にある方も多いでしょう。この歌にこの演出は色んな意味でインパクトが強かった。タイミング的にピッタリな「2007年イギリスGP」のオープニングになります。

IMG_3392
冒頭でイギリスの位置とサーキットレイアウトを「ゲーム感覚」で紹介しています。過去にはmiyabikunもネタでこんなことやってましたなぁ。決して真似したわけではないんだけど(笑)
IMG_3395
マゴッツ、ベケッツ、チャペルの三兄弟。やっぱ言うよねーシルバーストンだもん。高速コプスやチャペルの先のハンガーストレートからのストウもなかなかアグレッシブなんですが。あっ、ちなみに当時は今とコースレイアウトが異なります。2010年から旧滑走路を使用したインフィールド区間を設けた現レイアウトとなり一周距離が伸びて、2011年からコントロールラインが半周分ほどズレています。
IMG_3400
なんじゃこりゃ、アニメ?!それもアメリカチック。これ、F1中継のオープニングですよ。若い方、信じられないでしょう?!(笑)少しでも取っつきやすいように工夫したのでしょうか。当時観た時は開いた口が塞がりませんでした。
IMG_3401
おお、マシン浮いとるやん。ちょっと古い例えをするならば、スーパーファミコンにあった「F-ZERO」みたい。2007年のF1ではなく2107年なら、あるかもしれない。
IMG_3402
うわ、並んでる。リアルでいうとこんなイメージでしょうか。
IMG_3403
浮いていれば前後だけでなく、左右や上下にもグリッドに就けるという。「今日のフロントロウには10機のマシンが並んでおります!」なんてアナウンスされたりして(笑)サーキットというよりは「レーシングスペース」みたいな概念になりそうですね。
IMG_3405
ん?誰アナタ?
IMG_3406
シグナルを見て、
IMG_3408
スタート!これを前でやられたらたまったモンじゃないですね。とても前後に並べられなさそうだ。スリップストリームもクソもない。
IMG_3410
IMG_3415
一体誰と誰なんだ?!いそうでいない。そのくらいの方が想像力を掻き立ててくれますね。
この頃のフジテレビのF1は世界的に有名なイギリスのロックバンド「Queen」が使用されていました。ちょうどフジテレビで木村拓哉や竹内結子が主演の月9ドラマ「プライド」で「I Was Born To Love You」を挿入歌として取り扱って以降、再ブームがありました。昨年日本でも公開された映画「Bohemian Rhapsody」が大ヒットしましたね。F1では「Flash」や「Don't Stop Me Now」が使われています。プロデューサーの好みだったのかな、流行りにあやかっただけかな。伸びのある歌声のフレディ・マーキュリーの欠けたQueenではありますが、実はまだ解散はしていないんです。現役バリバリですよ!
IMG_3418
レーシングスーツが違うので、違うチームであろう誰かと誰かの2人が目を見合わせて
IMG_3419
IMG_3420
後続の誰かを
IMG_3421
IMG_3424
ドッカン!実際のレースであったら、ライセンス剥奪だなこりゃ。そこまでデフォルメしなくても、ねぇ。誰だ誰だのヒーロー達。名前がこれから明かされます。
IMG_3428
IMG_3429
IMG_3430
なるほど、似ていなくはないが、アメリカンアニメ感が強い。並んだ時の身長はリアル。
IMG_3431
IMG_3432
マクラーレン2人がニコイチに対して、ラルフは何だかエラいな。スーパーマンのような出で立ちだ。アニキ辞めたし、唯一の「シューマッハ」になりました。
IMG_3433
IMG_3434
アロンソはまあまあ似ている。チャンピオンを獲った直後のモジャクル時代みたい。2007年は移籍したての「同期の二大巨塔」シーズンになるかと思いましたが、結果的にはもう一人、メガトン級の新人がいましたね。アニメーション作成時はさすがにそこまで読めずか。
IMG_3436
IMG_3438
IMG_3446
おまけにもう一つ。こちらはハンガリーGPのものです。テーマソングは同じくQueenの「Don't Stop Me Now」
IMG_3440
上手いことキーワードを当て込みましたね!顔が本当に「苦悩」の表情をしています。そういう顔してくださいと、お願いしたかのようなカット。
IMG_3441
この人に「恐怖」という言葉はあるのかな。「恐怖?知らねーし」と言われそう。飄々としたシベリアンハスキーのようだ。
IMG_3443
このハミルトン、カッコいいんですよね。若いしシュッとしている。生意気新人ではあったけど、フェルスタッペンやルクレールよりは歳上だし、失敗も多かったですよね。ちゃんと成長して、今日のキングがあります。
IMG_3444
Don't stop me now!ならぬSomebody stop him now!と言いたい。といった具合のチャンピオン争いもオープニングも規格外だった2007年でした。

〆はこの方に
IMG_3445
「エンガチョ!」
横顔が息子そっくり!逆か。

https://youtu.be/LQByVXERrC4
https://youtu.be/uQcYwLKoQdI

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ