F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ファンジオ

先日から気にはなっていたザウバーブランドは2/1より「アルファロメオ・レーシング」へ改称されました。長く続いた名門プライベーターが無くなるのは寂しいことではありますが、アルファロメオもF1にとって一時代を築いた名門ワークスです。miyabikunの年齢的にもあまり詳しくないこのブランド、これまでの戦績をこのタイミングで簡単にみておこうと思います。

FullSizeRender
アルファロメオ
          初参戦     :1950年第1戦イギリスGP
        最終参戦   :1985年第16戦オーストラリアGP
        参戦年数   :9年
    チーム参戦数:110戦
    ドライバー数:18人
      優勝獲得数  :10勝 / 110戦
    表彰台獲得数:18回 / 110戦
    ポールポジション獲得数:12回 / 110戦
    ドライバーズチャンピオン:2回
    コンストラクターズチャンピオン:0回(2回)

IMG_7895
1906年に端を発するイタリアのスポーツカーメーカーです。名前の由来はAnonima Lombarda Fabbrica Automobili の頭文字ALFAと1918年に吸収合併した時の代表ニコラ・ロメオの名前を合体させ「アルファ・ロメオ」となりました。言わずと知れたF1の代名詞「フェラーリ」の創始者エンツォ・フェラーリはこの会社のテストドライバーとして入社し、レーシング部門を担った後に独立、起業していることからアルファロメオの枝分かれであり「母」と表現したことで有名ですよね。

《第1期 モータースポーツ無敵時代》
    50年  6回出走 6人出走 予選PP6回 決勝優勝6回
    51年  7回出走 7人出走 予選PP4回 決勝優勝4回

アルファロメオとモータースポーツとの関わりはF1が制定、開始されるもっと前の1921年頃からと言われています。F1初年の50年にはレーシングマシンとしてライバルに比べて既に成熟していました。開幕戦ドライバーはF1以前から活躍していたファリーナ43歳、ファンジオ38歳、ファジオーリ51歳(その3人のイニシャルから「3F」と呼ばれる)またパーネルは38歳とライバルと比べて高齢ながらも実力も戦績もトップクラスのラインナップで挑んでいます。初戦イギリスGPでファリーナによる記念すべき初ポールと初優勝を飾り、開催7戦中アメリカのインディアナポリスGPを除く全てで優勝して、ファリーナがF1制定初のチャンピオンを獲得。翌51年はフェラーリのアスカリに2戦優勝を奪われ優勝率こそ減ったものの、ファンジオが初のチャンピオンを獲得します(ただしコンストラクターズチャンピオンシップは当時未制定)
IMG_7894
アルファロメオ158は1.5ℓ直列8気筒でスーパーチャージャーによる過給機付きのエンジンを搭載、一方で兄弟チームのフェラーリはアルファロメオが43年に使用した125を改良、過給機付き以外にも4.5ℓV型12気筒のNAエンジンを採用するなど、プロセスの違いもみられました。
2年間はまさに敵無し状態で突き進んだアルファロメオでしたが、資金繰りに苦しみ52年の参戦に合わせ込めず、F1撤退を余儀なくされました。

《第2期 ん?!偽マクラーレン?時代》
    79年   5回出走 2人出走 予選14位1回 決勝12位1回
    80年 14回出走 4人出走 予選PP1回    決勝5位2回
    81年 15回出走 2人出走 予選6位3回   決勝3位1回
    82年 16回出走 2人出走 予選PP1回    決勝3位1回
    83年 15回出走 2人出走 予選3位2回   決勝2位2回
    84年 16回出走 2人出走 予選7位1回   決勝3位1回
    85年 16回出走 2人出走 予選4位1回   決勝9位3回

他チームへエンジンを供給しながら長い時を経て、79年にスポーツカーをベースとした3.0ℓ水平対向12気筒を搭載し177と名付けられたマシンで再びF1の舞台に現れます。第13戦イタリアGPから3.0ℓV12気筒エンジンを採用した179のカラーリングはなんとあの「マールボロカラー」をまとっていました。形は違えど異なるチームで同様のカラーリングを施してくるのは今では考えられませんよね。それだけF1とタバコ広告は根強かったことを象徴していると思います。ただ当時のカラーリングはマクラーレンよりアルファロメオの方が「後のマールボロカラー」らしいデザインでした。
IMG_7896
80年最終戦となるワトキンスグレンでのアメリカ東GPでジャコメリが復帰後初のポールを獲得するも、表彰台は一年後となる81年の最終戦ラスベガスでのアメリカGPまで待たれることとなります。また82年からは「マールボロといえば」のチェザリスが加入し、83年シーズンにドイツGP、南アフリカGPで2位表彰台2回が精一杯でした。晩年はメインスポンサーがマールボロからベネトンに替わり、マシンカラーも緑に急転します。決勝の戦績は入賞はおろか完走すらできない状況に陥り、85年後半は前年84年に使用した184Tを改良して使用するなど迷走したまま消滅。代わってスポンサーのベネトンがトールマンを買収して参戦開始というワークスにとっては何とも恥ずかしい終わり方となりました。
IMG_7902

《スポット参戦時代》
    63年 1回出走 1人出走 予選16位1回 決勝リタイヤ
    65年 1回出走 1人出走 予選17位1回 決勝10位1回

アルファロメオF1の基本は「2つの時代」から成り立っています。よって上記戦績にはカウントしていませんが「アルファロメオのマシンを使ってスポット参戦していた」ことがありました。63年と65年の南アフリカGP限定でピーター・デ・クラークという南アフリカ人がドライブしています。65年の決勝は10位完走を果たしていますが、当時は今のように10位までが入賞ではありませんでした。残念。

《エンジン供給先》
第1期と第2期の間はワークスとしての参戦ではなく「エンジンを供給する」エンジンワークスとして活躍していたことがあります。中でもブラバムに長きにわたり供給し、78年にはラウダの手によって第8戦スウェーデンGPでかの有名な「ファンカー」ことBT46Bで優勝を飾っています。
IMG_7897

    70年            マクラーレン   6戦使用
    71年            マーチ           10戦使用
    76年〜79年 ブラバム       62戦使用
    83年〜88年 オゼッラ       91戦使用

第1期の戦績が強烈過ぎて、近代(といっても30年近く前)は先細りな感じに見えてしまいますね。ザウバーの名が消え、アルファロメオとして再出発しますが、スタッフなどは引き続きザウバー時代のままでいくそうです。フェラーリやメルセデス、ルノーとは少し違った意味での「ワークス」ではあるものの、予算も増加しドライバーも一新して三度目に挑むアルファロメオの活躍に期待しましょう!

IMG_8602

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

6月生まれのF1ドライバーを総勢59人います。

《6月生まれのドライバー》
1959年6月1日   M・ブランドル
1951年6月6日   高原敬武
1898年6月9日   L・ファジオーリ
1939年6月11日 J・スチュワート★
1949年6月11日 T・プライス
1964年6月11日 J・アレジ
1966年6月13日 服部尚貴
1980年6月13日 M・ヴィンケルホック
1958年6月15日 R・パレッティ
1960年6月17日 A・カンポス
1936年6月18日 D・ハルム★
1911年6月24日 J・M・ファンジオ★
1949年6月25日 P・タンベイ
1964年6月25日 J・ハーバート
1985年6月27日 N・ロズベルグ★
1975年6月30日 R・シューマッハ

★はチャンピオン獲得者、◎は2017年現役

今回も1日にアップすることができず、M・ブランデル、いやM・ブランドル(左)の誕生日は過ぎてしまいました。M・ブランデル、いやいやM・ブランドル(左)、ごめんなさい!

6月も著名ドライバーは少な目です。現役ドライバーはいませんが、チャンピオンは多めの4人いました。ロズベルグは今年でまだ32歳なんですね。まだまだやれるのに勿体ない。日本人ドライバーは中嶋悟よりも先にF1をドライブした「本当の元祖」高原敬武、そして同じく中嶋悟に「予選落ちでマシンに八つ当たりしたらダメ」と酷評されてしまった服部尚貴の2人です。

6月生まれの皆さん、そしてドライバー、おめでとう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「白熱したシーズンを探る」の8回目の最終回です。長いF1の歴史の元祖まで遡ってきました。今回は11年分いっちゃいます。

この10年間の個人的印象
・マシンは今と似て非なるもの、でも可愛い
・この時代に遡る「メルセデス最強」時代
・ファンジオが今の時代にいたらとんでもない
・モスはどこまで「惜しい」人なんだ。。
・自分からみて祖父母より歳上のドライバー達

四輪自動車の世界大会はF1より前の戦前の時代からありました。しかしヨーロッパが中心であって、遠い東洋の日本やアジアには縁遠いものだったと思います。当時の日本は戦後から立て直して、いよいよ高度成長期を迎える頃。そもそも自動車自体が盛んでもなければ、こんな世界選手権があった事を知る人がいなかったでしょう。やはり機械工学はヨーロッパが先進的で、勝手な想像ですがF1自体がスポーツというよりかは「富裕層の嗜みや道楽」といった印象を受けます。日本人でF1を身近に触れた著名人は皇太子(今の天皇)による1953年ドイツGPだと言われていますよね。日本人初観戦かはわからないけど。。
ご存知の通り、当時のマシンは今と全く違います。安全なんて言葉はどこにも見当たらない見た目もさることながら、排気量もエンジン配置も駆動形式、ガソリン成分も異なりました。丸っこい葉巻型のマシンもなんだか可愛く見えてきます。ただ四輪の世界最高峰であることや勝てば英雄になれることは今でも変わりません。今より命懸けで、汗と油にまみれて速さや強さを追求していく様は男のロマン、いや男女問わず誰しもがたくましく感じ、憧れる存在だと思います。

ファンジオやアスカリといった、今の時代と比較しても上位にランクインする突出した強者がいて、僅差だったり熾烈なバトルは決して多くはなかったと思います。また、ポイント付与は当初1位8ポイントから5位2ポイントで制定され、ファステストラップ獲得者にも1ポイント与えられたり、マシンを乗り換えるとポイント分与されたり、参戦ドライバーもフル参戦よりスポット参戦が数多く、今と比べると開催レースが少ないのも単純比較できない部分ではあります。

1950年 G・ファリーナ(初戴冠)
「全勝アルファロメオから初代王者は法学博士」
この年からレギュレーションを定め、ポイント加算によるF1世界選手権が始まりました。ポイント加算できるGPと加算しないGPがありました。
イタリア老舗スポーツカーメーカーのアルファロメオが不参戦の第3戦インディアナポリスGP意外を全て優勝し、ファリーナとファンジオが3勝ずつ分け合いました。その中、4位が1回多いファリーナがF1初代チャンピオンとなります。

1951年 J・M・ファンジオ(初戴冠)
「次は自分の番だと、逆転チャンピオン」
初年度で惜敗したファンジオが6戦3勝をマーク。のれん分けフェラーリのアスカリを最終戦イタリアGPで逆転して、先輩アルファロメオが面目を保ちました。

1952年 A・アスカリ(初戴冠)
「生みの母に代わってフェラーリ初の快挙」
撤退せざるを得ない状況となったアルファロメオからフェラーリへ移籍したファリーナ。フェラーリとアスカリは第3戦ベルギーGPから最終戦イタリアGPまで6連勝を獲得して、F1界を席巻しました。

1953年 A・アスカリ(2回目)
「三強の中で初めての連覇達成」
ファンジオの母国であるアルゼンチンGPが南米で初めてカレンダーに追加されたものの、肝心のファンジオはリタイヤ、またファリーナのクラッシュによって観客に死亡事故が起きるといった幸先悪い開催となりました。
アスカリが5勝をあげてF1初の連続チャンピオンを獲得。

1954年 J・M・ファンジオ(2回目)
「マセラティよりドイツの雄、シルバーアロー」
チャンピオンを阻まれていたファンジオは第4戦に2勝したマセラティからドイツのメルセデスにスイッチ。そこから優勝5回、3位1回をあげてライバルの手の届かない領域に達します。イタリア勢が引っ張ってきたF1にドイツが新風を吹き込みました。

1955年 J・M・ファンジオ(3回目)
「メルセデス&ファンジオ連覇で最強時代到来」
徐々に開催地が増え、シーズン当初は全11戦を予定していましたが、ル・マンで発生した死亡事故の影響でフランス、ドイツ、スイス、スペインの4GPが急遽中止になり、歴代最少タイのたった7戦に留まりました。
インディアナポリスGPを除き、メルセデスから勝利をもぎ取れたのは、アスカリが海にダイブした第2戦モナコGPを制したトランティニャンのみで、他はファンジオとモスのメルセデスでした。いつかの時代に似ています。

1956年 J・M・ファンジオ(4回目)
「持つべきものは「慕ってくれる仲間」」
ル・マンでの死亡事故が引き金となり、メルセデスがモータースポーツ自体からしばらくの撤退、ファンジオはフェラーリのチャンピオン返り咲きを託されます。
マセラティに移籍したモスやベーラと共にチャンピオン争いをしていたファンジオが最終戦イタリアGPでリタイヤしてしまい、4連覇が危うくなります。しかしチームメイトのコリンズがファンジオにマシンを貸し、チャンピオン堅持。ポイントを得たコリンズもベーラをちゃっかり上回るという、今ではあり得ない「チームワークと賢さ」がみられました。

1957年 J・M・ファンジオ(5回目)
「私の手にかかればどのマシンもチャンピオン」
ケンカによりチャンピオンチームであるフェラーリを離れ、ファンジオは古巣のマセラティに戻り、モスは第2戦モナコGPよりマセラティからヴァンフォールに移ります。
モスは移籍後にイギリス、ペスカーラ、イタリアGPで勝利しますが時すでに遅し。表彰台かリタイヤかのどちらかのファンジオに及ばす、4年連続5回目の「絶対王者」が生まれる形となりました。

1958年 M・ホーソーン(初戴冠)
「苦節7年 VS 万年2番手」
今では当たり前となっているコンストラクターズチャンピオンシップはこの年からのスタート。絶対王者のファンジオは一線を退いたことで「新時代の到来」を感じさせます。
この年こそはとクーパーから参戦のモスが開幕戦アルゼンチンGP、第3戦オランダGPを制して先行します。しかし第5戦ベルギーGPからフェラーリのホーソーンが安定した表彰台を連ねてあっという間の第7戦までにモスを捉えてしまいます。最終戦までもつれてモスが優勝するも、この時代に珍しく僅か1ポイント差でホーソーンが栄冠を手にしました。

1959年 J・ブラバム(初戴冠)
「メカニック出のドライバーの華開く」
この年あたりからポルシェやロータス、アストンマーチンなどのワークスが新たに参戦し始め、ドライバーだけでなくチームも徐々に増えていきます。
ホーソーンはシーズン前に事故死し、チャンピオン経験者不在の年。表彰台未経験のJ・ブラバムが開幕戦から他に先行される事なく「元航空整備士」がドライバーとなって初チャンピオンを獲得しました。

1960年 J・ブラバム(2回目)
「ポッと出の若手をあしらう貫禄の連覇」
ファステストラップポイントに変わって、6位までポイントが付与されるようになった初年度です。
参戦2年目の22歳、B・マクラーレンが1959年最終戦で最年少優勝した勢いをそのままに、開幕戦アルゼンチンGPも連勝してインディアナポリスGPを挟みます。しかしヨーロッパに戻った第4戦オランダGPから途端にJ・ブラバムが5連勝して逆転、若手に初戴冠を許しませんでした。

昨シーズン末から8回に分けて2016年から1950年までの全67シーズンをグラフを使いつつ簡単に振り返ってみました。レギュレーション変更や世代交代、事故などがきっかけで優劣やチャンピオンシップに変化を迎えるなど、改めて見返すことができたかなと思います。
厳しく「無意味」と言われる近年のレギュレーション。マンネリとしたレース内容にファンも落胆している時代だと思いますが、また何らかのきっかけでF1をはじめとしたモータースポーツの魅力が輝ける日が来ることを願っています!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

F1グランプリ66年の歴史で32人のチャンピオンを輩出してきました。複数回獲得した者は16人。それもすごいことですが、その中で過去に2年以上連続でチャンピオンを獲得した者となると10人とだいぶ減り、さらに3年連続となると3人になってしまいます。かなりの狭き門です。
今シーズンはメルセデスのハミルトンによる3連覇がかかっています。個人的には今シーズンはそろそろ別のチャンピオンが見たいなと思ってしまっていますが、そのハミルトンが3連覇が可能か否か、過去に連覇が止まった時に何があったのかをみていきます。


《3連覇以上を成し遂げたドライバー》
ファン・マヌエル・ファンジオ
   1950,51年、1953~58年 8年在籍
   参戦52戦 通算24勝
   4回連続5回チャンピオン
    (1951年 アルファロメオ 3勝)
      1954年 マセラティ 2勝、メルセデス4勝
      1955年 メルセデス 4勝
      1956年 フェラーリ 3勝
      1957年 マセラティ 4勝
ファンジオのケースは少し異例です。なぜかというと、ご覧の通り確かに連覇はしていますが毎年車を乗り換えての獲得になるからです。いいマシン(コンストラクター)で連覇を成し遂げてきたのを大方予想しましたが、まさか車を変えての連覇となると、それはもうドライバーの腕と運に依存してきます。とんでもないドライバーです。

メルセデス(第1期)が1955年のル・マンで大事故を起こし、F1から撤退するためフェラーリへ移籍します。フェラーリでもチャンピオンを獲得します。しかしボスであるエンツォ・フェラーリとの不仲により離脱、再びマセラティに復帰します。復帰したマセラティでもしっかりチャンピオンになりますが、その年を最後にワークスからエンジンサプライヤーのみになるため、マセラティのエンジンを追い翌年参戦するもシーズン半ばでそのまま引退。
ファンジオの場合はレギュレーションやマシンの不調によるものではなく、チームの撤退が連覇を阻むきっかけになってしまいました。不運といえば不運。慌ただしいです。あとはファンジオの記録として「最年長チャンピオン」があります。最後に獲得したのは46歳ですから、43~46歳での4連覇ということになります。大したものです。年齢的にも連覇は限界だったのかもしれませんね。


ミハエル・シューマッハ
   1991~2006年、2010~12年 19年在籍
   参戦306戦 通算91勝
   5回連続7回チャンピオン
    (1994年 ベネトン・フォード 8勝)
    (1995年 ベネトン・ルノー 9勝)
      2000年 フェラーリ   9勝
      2001年 フェラーリ   9勝
      2002年 フェラーリ 11勝
      2003年 フェラーリ   6勝
      2004年 フェラーリ 13勝
言わずと知れたF1ドライバーの代名詞ともいえる彼は、前人未到の5連覇を成し遂げています。もしかしたら、チャンピオン獲得回数や勝利数で上回る者はいても、この連続回数ばかりはこの先もう現れないんじゃないかなと想像してしまいます。

シューマッハのピークは連覇した2000年代前半よりも1990年代後半にあったと思います。ベネトンで2連覇し、立て直しを求めたフェラーリに移籍したことが、ウィリアムズ・ルノーやマクラーレン・メルセデスの台頭もあって間が空いたのでは、と考えてしまいます。もちろんF1界随一の実力とカリスマ性、猟奇的な面もありましたし、フェラーリに移籍して5連覇ですから結果オーライですが。
2005年もフェラーリは引き続きブリヂストンとの強力な関係がありましたが、ミシュランタイヤを装着しているチームの活躍が目立ちます。連覇が阻まれたのはルノーのアロンソ、マクラーレンのライコネンと若手の台頭に押され、フェラーリがエアロパーツのレギュレーション変更に出遅れたことにあると思います。それもあって「一度身を引いた」ことに繋がります。


セバスチャン・ベッテル
   2007年~ 在籍9年目
   153戦参戦中 現在42勝
   4回連続4回チャンピオン
      2010年 レッドブル・ルノー   5勝
      2011年 レッドブル・ルノー 11勝
      2012年 レッドブル・ルノー   5勝
      2013年 レッドブル・ルノー 13勝
シューマッハを超える逸材じゃないかともてはやされたベッテルも4連覇が精一杯でした。あるドライバーが連覇するとそれを抑えるべくレギュレーション変更を伴うのも大きかったと思います。

2014年からV8気筒2.4ℓのNAエンジンからV6気筒1.6ℓのターボエンジンに変更になりました。またKERSから発展したERSの搭載でエアロ絡みの出来から、エンジンをはじめとしたパワートレインの出来に移行しています。ルノーのそれらの出来があまりにも不調で、ベッテルはチャンピオンから一気に未勝利にまで陥落しました。ベッテルの場合も完全にレギュレーションへの対応不足、エンジンのポテンシャルにあります。さらに追い打ちをかけるようにチームメイトのリカルドが合間を縫って3勝をあげてしまい、ベッテル自身のモチベーション低下が影響してしまっていたのは言うまでもありません。
結果「レッドブル・ルノーとエイドリアン・ニューウェイのマシンだったから勝てていたのでは?」という疑惑やレッテルを貼られてしまう始末。2015年はフェラーリに思い切って移籍。決してピークが過ぎたわけではなく、チャンピオン経験者で仲良しのライコネンに対して即座に上回る3勝をあげ、チャンピオン争いに何とか絡むなど、実力があることはしっかり証明しています。



以上3名の連覇ストップの内容を踏まえて、今シーズンのハミルトンを占ってみます。

ルイス・ハミルトン
   2007年~ 在籍9年目
   167戦参戦中 現在43勝
   2回連続3回チャンピオン(記録継続中)
    (2008年マクラーレン・メルセデス5勝)
      2014年 メルセデス 11勝
      2015年 メルセデス 10勝
マクラーレンで大事に大事に育てられ、初回2008年の1ポイント差のチャンピオン獲得の時より、2014年は強さでチームメイトのロズベルグを振り切り、昨年2015年は絶対的な速さと安定感で連覇を果たしました。私生活の素行はともあれ、ドライバーとしては熟成され、成長しています。シューマッハが3.0ℓ時代の主役でベッテルが2.4ℓ時代の主役ならば、ハミルトンは1.6ℓターボ時代の主役です。時に荒っぽい一面や傲慢な性格が出てしまうのは、チャンピオンを獲得する者、連覇を果たす人材には少なからず必要です。誰かみたいにお人好しではチャンスも遠退いてしまいます。それでも彼はもう若手ではなく、中堅からベテランですので、この2016年で3連覇を逃すと以降は難しいでしょう。
過去の事例をみると同一チームでの連覇は「レギュレーションへの対応不足」がないことが最低限の条件になりそうです。2016年のレギュレーション変更をみてみると「安全装備の徹底」「エキゾーストパイプの取り扱い」「トークン数の延長」など、今シーズンも引き続きドライブするメルセデスにとって特別不利になる内容ではありません。何せベースが秀でているメルセデスですから。

あとはフェラーリをはじめとした他のエンジンサプライヤーの開発具合と出来栄えにかかってきます。2014年の大失敗から立ち直ったフェラーリは2015年にベッテル移籍以前にマシン改善を図り、それが報われて勝利と表彰台をもぎ取りましたし、油断すればすぐ後ろにウィリアムズなど同じメルセデスエンジンを搭載した優秀なチームがあります。とはいえ、あまり想像して冷めてしまうのも残念ですが、正常進化を考えるとハミルトンの3連覇の可能性は結構高い気がします。


ハミルトンの3連覇を抑えるとしたら、、、最有力はやっぱりチームメイトのロズベルグになるでしょうか。マシンは同じなのであとはセッティングとドライビングスタイル、性格や「やる気」次第!次の候補は2015年の雰囲気からいくとフェラーリのベッテルでしょうか。その次にフェラーリのライコネンが絡むとF1界が盛り上がるだろうにな、というのが個人的希望。ウィリアムズのボッタスやレッドブルのリカルド、クビアトあたりが初戴冠ってのも見てみたい気がします。果たしてハミルトンの3連覇なるか?!これから始まる新車発表やシーズン前テストでどうなるかが今から楽しみです!


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ