F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ピレリ

まだスペインには行きません!引き続きメキシコの話題です。これを読んだら急いで大西洋を渡ってスペインに向かいましょうね。
今回は1986年の第15戦に行われたメキシコGPを振り返ります。1970年から16年振りにメキシコGPが復活しました。86年シーズンは先日のハンガリーGPに続く2回目となります。今年の目標としてきた80年代の振り返りも徐々に増えてきましたね。この調子で最新のレースに併せ、少しずつ過去も遡れたらいいなと思っています。全16戦のうちの第15戦ともなると、チャンピオン争いも佳境を迎えます。マンセルが5勝、ピケが4勝を挙げ、合わせてウィリアムズ9勝。前年85年のチャンピオンであるマクラーレンのプロストが3勝、そしてロータスのセナが2勝で迎えています。シーズン前半はプロストが防衛に向けて着実に上位フィニッシュを重ねるものの、後半に入るとマンセルやピケが連勝を含む3勝を挙げて巻き返しを図っています。
IMG_4657
予選はセナ、ピケ、マンセルに続いて、トールマンを買収して誕生したベネトンの若手ベルガーが4番手を獲得。四天王の一角を崩すことに成功しています。一方チャンピオンのプロストはブラバムのパトレーゼを挟んだ6番手に沈みました。IMG_4658

《予選結果》
 1 A・セナ  (ロータス・R・GY)
 2 N・ピケ  (ウィリアムズ・H・GY)
 3 N・マンセル(ウィリアムズ・H・GY)
 ※GYはグッドイヤー

IMG_4659
画像中段左、イン側スタート3番手のマンセルに注目下さい。IMG_4660
皆が一斉にスタートする中、ほとんど動いていませんね。1速ギヤに入れ損なって、スタート大失敗!まだチャンピオン争いの最中ですから、これは手痛い出遅れです。マンセルは大事な時にこういうポカがままありました。
IMG_4661

IMG_4663
ポールから逃げを図るセナをピケが捉え、その後ろではプロストがベルガーをかわして順位が入れ替わります。

IMG_4666
3位に浮上したプロストをはじめ
IMG_4667
トップのピケ
IMG_4668
2位セナとタイヤ交換を行いにピットに向かいます。これら上位を走行するのは皆グッドイヤータイヤを履くドライバーです。そんな中、ピレリタイヤを履き予選で健闘したベルガーは
IMG_4670
ピットイン無し。このレースはタイヤ交換無しで挑む所存です。トップに浮上します。

IMG_4672
猛追するセナは2度目のピットインでまたベルガーが遠退いていく。ベルガーはステイアウト。逃げろベルガー!
IMG_4673

IMG_4674
スタートでチョンボしたマンセルはどうにか4位に甘んじるピケの背後まで盛り返してきました。スタートでしくじらなければ、きっとピケの前も夢ではなかったろうに、もったいない。この日のウィリアムズはちょっぴり不甲斐無い。

IMG_4675
ベルガーは本当にタイヤ交換無しで走り切り、2位プロストに25秒もの差をつけて記念すべき初優勝!

《決勝結果》
 1 G・ベルガー(ベネトン・B・PI)
 2 A・プロスト(マクラーレン・TP・GY)
 3 A・セナ  (ロータス・R・GY)
 ※BはBMW、TPはタグポルシェ、PIはピレリ

IMG_4679
まずはプロストにかけかけ
IMG_4680
続いてセナにかけかけ。嬉しそう。今ではあり得ませんが、マシンの左側はハード、右側にソフトタイヤを履きタイヤ無交換戦略を成功させたベルガー。ピレリタイヤが右回り(時計回り)のメキシコのダスティな路面にマッチしていました。ピレリタイヤ様々です。IMG_4677
F1参戦3年目、35戦目の27歳。自身としてもチームとしても初優勝を挙げ、今後期待のドライバーの堂々仲間入りです。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_4382
決勝レースを大型ビジョンで見守るピレリのスタッフ。どこか気が気ではない様子です。このレースはピレリにまつわる出来事が盛り沢山でした。今回は7年前にあたる2013年第8戦に行われたイギリスGPです。実際も二連戦ならば、先日のオーストリアGPと同様に振り返り二連戦!

2013年シーズン振り返りは第3弾となります。この年はレッドブル&ベッテルの4連覇がかかっていました。ドイツの偉大な先輩、M・シューマッハの後任に相応しいかどうか、F1全体で見守られています。逆にレッドブル創成期から支えたベテランのウェバーはこの年限りでF1を離れる発表をしています。ポッと出の若いガキにたくさん振り回され、かつ成績の比較対象にされ、さすがに心底疲れてしまいましたよね。
IMG_4378
このイギリスGPを迎える前にFIA法廷である審判が下されました。GPの前に行われたタイヤテストでメルセデスが旧型マシンではなく「現行マシン」が使用されたためです。タイヤは今と同じピレリのワンメイク時代。現行マシンで行えば、タイヤのデータ取りで当然有利に働きます。
FullSizeRender
結果、メルセデスは後日行われる若手テストに参加できないという比較的軽微な罰で済みました。こういう類は大抵ロス・ブラウンが関わっているイメージです。巧いというか賢いというか、この方どこかコスいんだよなぁ。記者に紛れて密かにサインツがいる?!(笑)

予選はそのメルセデスがフロントロウを獲得。近年やりたい放題のベッテルの前を「グレーの壁」として立ちはだかります。この時代あたりからじわりじわりと頭角を示し始めていました。セカンドロウのレッドブルの後ろ、5番手タイムだったフォース・インディアのディ・レスタはマシンの最低重量違反を犯して最後尾(1位分繰り上がって21番手)に下がっています。

《予選結果》
 1 L・ハミルトン(メルセデス・M)
 2 N・ロズベルグ(メルセデス・M)
 3 S・ベッテル (レッドブル・R)
 ※タイヤはピレリのワンメイク

IMG_4381
ハミルトンは実にスムーズな加速をするも、 2番手ロズベルグが右に左にあたふたしている間にベッテルに先行を許してしまいます。父はチャンピオンになれたけど、このお坊っちゃまは速さはあれどこんな事ではチャンピオンに程遠いな。

母国でポールトゥウィンを狙うハミルトンは 2位のベッテルに2秒近い差を付けた後、何やら8周目のストレートでマシンをバタつかせ
IMG_4384
左リヤタイヤがバーストしています。ミディアムタイヤとはいえ、まだ始まったばかりで早くないか?!誰とも接触していないけど、何か踏んだのでしょうか。戦えるわけもなくピットでタイヤ交換しなければなりません。
IMG_4387
あーあ、ビロビロ。バーストしたタイヤって見てはいけないもののようなエグさがありますよね。
IMG_4388
それをピレリがいそいそと遺体回収、隠滅隠滅。
IMG_4389
2周後となる10周目に11位スタートから4位浮上のマッサがコースアウト。手前には黒いパーツがあるけどこれってもしや、、
IMG_4390
あ、またミディアムの左リヤだ。こちらもまだ浅い周でのバースト。これ何か怪しいぞ。

IMG_4391
14周目になかなかペースの上がらないロータスのグロージャンに対して、チームメイトのライコネンを先行させるよう指示が飛びます。
IMG_4393
素直に応じてライコネンが前に立つ瞬間、前方を走るトロ・ロッソのベルニュから破片が飛び散る。
IMG_4394
また左リヤ、それもベルニュはミディアムタイヤでなくハードタイヤでもこうなる。危うくロータス2台とも巻き添えを食らうところでした。完全に怪しい!マシンのせいでなくタイヤそのもののの構造上の欠陥であると誰もが疑います。
IMG_4397
ベルニュのばら撒いたデブリを回収するためにセーフティカーが発動し、トップを走るベッテルにも無線で「縁石の乗り方」について注意喚起されました。

FullSizeRender
セーフティカーが退去し、35周目を終え2回目のハードタイヤに切り替えてもトップを守るベッテルですが、レース終盤の41周目にタイヤでなくギヤボックスのトラブルによってスローダウン。
IMG_4410
コントロールライン付近にゆるゆるとマシンを止め、2度目のセーフティカー発動となります。

代わってトップに立ったスタートイマイチのロズベルグは念のため42周目にハードタイヤに三度交換
IMG_4412
その様子をしかと見守るロス・ブラウン。ロズベルグは大丈夫でしょう、ハミルトンは災難でしたが、お宅はしっかりテストしたはずだから(笑)
IMG_4413
2位に上がったウェバーも相方の分を取り返すべくフレッシュタイヤへ。今日だけ「エース」ドライバー。ピットに入らずステイして2位に浮上したライコネンは無線で心配そう。
IMG_4416
タイヤの扱いが優しいライコネンとはいえ、今回は懸念がありますからね。チームの回答は「分からないが、もうこのままいくしかない」

IMG_4417
レースが再開すると、予選9番手で忘れかけていたフェラーリのアロンソがマクラーレンのペレスを狙っています。
IMG_4418
背後につくと
IMG_4419
また左リヤタイヤがバースト。今日は「左リヤ祭り」慣れっこになってきました。ペレスはそのままピットに戻ってリ・タイヤ。

IMG_4420
一度順位を捨てて、安心タイヤで猛追するウェバーはやる気満々!
IMG_4423
古タイヤのライコネンを47周目に簡単にかわして2位へ。その後49周目にアロンソ、50周目には序盤でコケたハミルトンにまでかわされて、5位に陥落。
IMG_4424
IMG_4425
「だから言ったべ、あの時タイヤ交換だったんだ」

IMG_4432
《決勝結果》
 1 N・ロズベルグ(メルセデス・M)
 2 M・ウェバー (レッドブル・R)
 3 F・アロンソ (フェラーリ・F)

FullSizeRender
先日のイギリスGPはタイヤに翻弄されたレースとなりました。7年前のイギリスGPも実にタイヤに翻弄されたレースだったんです。先日振り返った「1987年イギリスGP」とこちらのどちらを先にやろうか悩んで時系列で並べてみたわけですが、こんな事ならこちらを先にやった方がおさまりがよかった気がしました。とはいえ、この前のレース前ではさすがに予想できなかったので仕方が無い結果ですが。ピレリにとってはまた課題が残る一戦となりました。
IMG_4435
スタートダサダサのロズベルグは棚ぼたの3勝目、2013年シーズン2勝目を挙げてヒーローに。勝ち癖をつけていきたいところ。ウェバーは伸び伸びと「定位置」の2位を獲得しています。
IMG_4434
表彰台下では嬉しそうに見守る夫人。それにしても何でロズベルグはこの、、、いや、さすがに毎回イジるのは失礼だ、止めておこう(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の過去のレースは1985年にポール・リカールで行われた第7戦フランスGPです。85年は先日の第15戦南アフリカGPに続く2回目となります。今でこそ名物の「ミストラルストレート」中腹で左に折れるシケインが設けられていますが、この年まではまだそれが無く、2.5kmに及ぶF1屈指の超ロングストレートが存在しました。
このシーズンこれまでの6戦は前年僅差でチャンピオンを獲得したマクラーレンのラウダがリタイヤ続きの絶不調。代わってリードしたのはチームメイトのプロストで開幕戦ブラジルGPと第4戦モナコGPを制して唯一の2勝を挙げています。前年84年は際どく競り負けてしまいましたよね。リベンジに注力しています。また、若手の期待、ロータスのセナは第2戦ポルトガルGPで初優勝を果たし、そのチームメイトのであるデ・アンジェリスは第3戦サンマリノGPで1勝、フェラーリのエースのアルボレートが第5戦カナダGPで1勝となかなかの混戦模様。

IMG_3643
近年のフランスGPを滅法得意としていたルノーの予選は低迷し、ホンダエンジンを搭載したウィリアムズで8番手となったマンセルはクラッシュによる体調不良を訴えて決勝を欠場することになりました。それならばもう一人が頑張るしかない。
IMG_3645
ポールポジションはカーナンバー6のロズベルグ。一応チャンピオン経験者です。フロントロウには伸び盛りのセナ。ベテランに混ざって一人前の面持ち。レースには関係ありませんが、黄色いドリンクが懐かしい。レース後のインタビューとかでピッチャーに入ったこんなドリンクをみんな飲んでいましたよね。ドリンクの入っている容器はペットボトルでしょうか。こんな時代からあったんでしたっけ?!
IMG_3646

《予選結果》
 1 K・ロズベルグ (ウィリアムズ・H・GY)
 2 A・セナ    (ロータス・R・GY)
 3 M・アルボレート(フェラーリ・F・GY)
 ※GYはグッドイヤー

IMG_3648
決勝レーススタート!シーニュ先からミストラルストレートエンドをみると、今ある「縞々」はありません。絶対こっちの方がいいと思うんだけどー。
IMG_3649
南仏のポール・リカールは今までは地元のルノーをはじめ、ターボエンジン勢が有利とされてきました。気温も路面温度も高めで、追い討ちをかけるべく存在する長大なストレートによりマシンへの過酷さが増します。まずは地元リジェのラフィは2周足らずでターボが火を吹く。
IMG_3650
5周目のアルボレートはミストラルストレートエンドでジ・エンド。こちらもターボ起因。

IMG_3651
気持ちよく逃げるロズベルグの後ろ、2位争いをしているのは黒いセナと白いピケ。ブラジリアン対決です。セナはギヤに不調が出てペースダウンし始めました。ブラバムお得意の「軽タンク猛追作戦」でセナをかわしていきます。ピケの持ち味は決勝での巻き返し。
IMG_3652
その勢いでじりじりとトップのロズベルグを狙います。グッドイヤーを履くロズベルグよりも、ピレリを履くブラバムは暑さに強い。
IMG_3656
シーニュでテールトゥノーズにつけ、インから綺麗なライン採りでさばいて、ピケが前に。

IMG_3657
IMG_3658
ロズベルグはセナが緊急ピットインを行う間に順位を上げたマクラーレンにあおられ始めました。マクラーレンもウィリアムズと同じグッドイヤーを履いています。危うし!
IMG_3659
レースちょうど半分の26周目。遅れを取り戻したいセナですが、シーニュの進入でバランスを崩す。
IMG_3660
こちらもエンジン?!リヤエンドが光って見える。
IMG_3661
遠心力のなすがまま、
IMG_3663
キャッチフェンスに捕まって、若き勢いは土煙に散る。

IMG_3664
終盤にピケのピレリも限界か、リヤを滑らせドリフトしています。でも何とか持ち堪え、シーズン初勝利へ。

IMG_3667

《決勝結果》
 1 N・ピケ   (ブラバム・B・PI)
 2 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・H・GY)
 3 A・プロスト (マクラーレン・TP・GY)
 ※BはBMW、TPはタグポルシェ、PIはピレリ

予選はそこそこに、決勝でとにかく勝てばいい。逃げ切りレースでない昔の猛者はこのようにしてシーズンを制してきました。ピケらしいレース運びでした。
IMG_3668
近年も「誰か」していて物議になったこの頭を指差す仕草。今回のピケは違います。ピレリのおかげ。

翌年86年のフランスGPは同じくポール・リカールで行われますが、GP前の合同テストでブラバムに移籍したデ・アンジェリスがクラッシュ時に火に巻かれて死亡したことにより、急遽3.813kmのショートレイアウトに変更されています。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1に限らず、乗り物、特に車輪を持つものにとってタイヤは地面を蹴り、地面からの振動を抑え、また地面に抵抗して速度を落とし進路を変える重要な部品の一つです。

F1のタイヤはレギュレーションによって交換できる年や複数メーカーによる競合がある年もありましたが、今までもこれから先もレギュレーションが変われど成績や結果に非常に左右されるものになっています。ここで基本であるタイヤについて、今一度基礎から復習してみたいと思います。


タイヤはご存知の通り、2011年からピレリというイタリア・ミラノが本社のタイヤメーカーが採用されています。実はピレリは過去に3回F1タイヤで使われていたのを知っていますか?
   第1期は1950年から1958年の9年間
   第2期は1981年から1986年の6年間
   第3期は1989年から1991年の3年間
今は第4期として2011年から現在です。
ブランドはP ZEROで市販車用にもハイパワー用としてあります。

日本のブリヂストンが撤退して、エンターテイメント性を高める意図で「わざと」傷みやすい、磨耗して劣化しやすい工夫がしてあります。面白いですよね、普通メーカーなら「高出力で高速なF1に耐えうるタイヤを作れるぞ」と企業力を全世界に知らしめたいところですが、その逆をやりました。ワンメイクならではの演出です。導入当時はドライバーやファンからも先代のブリヂストンとの比較で色々言われていましたよね。今後またミシュランが参加するとかしないとか。

タイヤの規格は市販されているものではないので無理矢理計算して当てはめるとしたら、ドライは外径660mmで
   フロント   245 / 67.3 R13 Y
   リア          325 / 50.7 R13 Y
ウェットはドライより外径が10mm大きい670mmで
   フロント   245 / 69.3 R13 Y
   リア          325 / 52.3 R13 Y  相当です。
計算するとそんな変な数字にはならないんですね。計算を間違えてないよな?!(笑)
重量や価格も調べてみましたが、一本3〜4kgで100万円だか。公表はされていませんでした。また、使ったタイヤはピレリが回収し、一度ホイールに付けられたタイヤは使わなくても処分するとのこと。知りませんでした。環境を考慮し始めたF1の割に、そこらへんはエコではないですね。


タイヤのコンパウンドによって2013年から
   スーパーソフトは赤
   ソフトは黄
   ミディアムは白
   ハードは橙
   インターミディエイトは緑
   ウェットは青
とサイドウォール部のロゴを色分けしています。柔らかい方が熱が入りやすくグリップはするが、寿命が短い。硬い側が熱の入りに時間はかかりますが、寿命が長いです。将来は各サーキットで各チームが好きなコンパウンドを選べるようになるんじゃないかーという噂はあるものの、現状は晴れた日は各サーキットで予め指定されたコンパウンドを2種類必ず履き替える、また予選2回目に履いたタイヤで決勝もスタートする、というレギュレーションです。
ちなみに「プライムタイヤ」はそのサーキットで定められた硬い方のタイヤで「オプションタイヤ」は柔らかい方のタイヤを示します。

雨に使用する2種類は浅溝のインターミディエイトがフルスピードで毎秒25ℓの排水効果、深溝のウェットが毎秒65ℓの排水効果とのこと。ピンと来ませんが、先日のイギリスGPでライコネンがいち早くインターミディエイトを履き順位を落とし、絶妙な読みをしたハミルトンは追ってくるロズベルグを寄せ付けませんでした。タイヤ選択はとても重要で成績に直結します。

ドライからインターミディエイト、そしてウェットと雨の降る量だけではなく、走行で跳ねあげられる雨水による路面の乾き具合や濡れ具合、また広いサーキットや高低差があるところだと一周だけでも状況が変わるので、タイヤ交換のタイミングや走り方、温度、内圧にも気を遣わなければならないので、戦略も重要です。

タイヤはオーバーヒートやグリップを失っては機能しなくなりますし、当然寿命も早めます。2000年のベルギーGP、スパ・フランコルシャンではオーバーヒートを防ぐためにフェラーリを駆るM・シューマッハは意図的に濡れた路面でタイヤ温度をコントロールしていたのを思い出します。



テレビ中継を観戦していて、タイヤにまつわる横文字の専門用語が多く飛び交います。昔はそう多く聞きませんでしたが、最近は当然のように解説者も使うので、代表的なやつを簡単におさらいしてみます。

・フラットスポット
名前の直訳の通り「平らな場所」です。コーナー進入前にオーバースピードだったりタイヤが傷んできたり、またブレーキトラブルでタイヤが転がらず路面に止まった、ロックした状態で摩擦すると白煙を上げてコレができます。市販の車の通常走行では気になりませんが、柔らかいレーシングタイヤだと丸い部分が平らに削れます。
コレができると、平らな面に来たところで振動し、次のブレーキでもそこで摩擦をしてさらに酷くしたり、車体がガタガタ振動します。軽度であれば、他の面もすり減りますから直ることがあるようですが、基本は交換です。無駄なピットインを強いられます。放置すれば当然乗り心地や繊細なマシンを傷め、ひどい時は壊してしまいます。近年で有名なのは2005年ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)で当時マクラーレンのライコネンが最終周回まで先頭を走行中に右フロントサスペンションを破壊させリタイヤしたやつです。

・グレーニング
タイヤの使い始めにできるささくれのことです。コレができるとアンダーステア気味になり、ラップタイムも落ちてしまいます。ただ、軽度であればタイヤも落ち着き、直ることもあるようです。タイヤに濃い黒い部分が見え始めます。

・デグラデーション
ひと昔前まで川井ちゃんがよく口にしていた「タレ」です。いわゆるタイヤの性能劣化です。もちろんコンパウンドの違いでもこの出るタイミングは変わりますし、マシンの特性やもっと言えばドライバーの運転の仕方やクセ、サーキットの特性によって変わります。タイヤに優しいって言っている場合はコレが起きにくい、または他よりも来るのが遅いということです。この状態で無理して使うといずれタイヤの限界が来て、後に紹介する「崖」が訪れます。

・ブリスター
タイヤは温めた方がよくグリップしますが、温め過ぎてオーバーヒート気味になるとゴムの中の空気や水分が膨張して表面に気泡ができます。それです。当然ながらタイヤは劣化し、トレッドが剥がれたり裂けたりします。ブリスターはグレーニングとは違い、できてしまうと直りません。交換するしかありません。こちらも黒い筋が現れます。

・「タイヤの崖」
正式名称はよくわかりませんが、クリフとも呼ぶようです。ピレリが意図的に取り入れたタイヤの寿命、使用期限です。これが来たら最後、タイヤを履いているにもかかわらず、急激にラップタイムに影響します。コレが話題となった2012年シーズンはレース中に度々見られ、終盤にみるみる順位を落とす痛々しい光景がありました。これもタイヤ交換をせず頑張りすぎるとなります。最近はだいぶ減りました。

・マーブル
路面に散らばるタイヤカスです。片山右京はデブリと呼んでることもあります。レーシングタイヤでなく市販の車のタイヤでも国道の舗装を見れば落ちてます。ただレーシングタイヤはそのカスが大きく剥がれ、走行ラインから外れたところに黒い雪のように溜まります。走行ライン上ならベタつく溶けたタイヤの跡がつき、そこは非常にグリップして走りやすいですが、ただタイヤカスがある上を走るとグリップせず滑ります。砂利道の上のようなものです。パッシングする際に走行ラインを外したり、周回遅れをパスする時は要注意です。基本的には周回遅れにされる側が走行ラインを外して譲ります。


タイヤ一つでめちゃくちゃ長くなってしまいました。用語は今後観戦する上で誤解なく理解できそうな気がします。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ