F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ハッキネン

IMG_3790
フェラーリ移籍4年目。ウィリアムズ・ルノーのタッグが解消されて失った戦闘力の隙をつけると思ったら、次は昔世話になったメルセデスを敵とし悔しい思いをしました。決して得意な部類ではないけど、宿敵マクラーレンの母国で鼻を明かしてチャンピオン返り咲きに目を光らせる1999年イギリスGPです。最近はこのあたりの時代ばかりに偏ってしまっていますね。
イギリスGPまでの7戦の内訳はチャンピオンのハッキネンが3勝5表彰台、M・シューマッハが2勝4表彰台と遅れをとっています。まだ巻き返せるチャンスは残されていますが、ハッキネンは開幕戦から5連続ポールを獲得する速さをみせており、M・シューマッハにとって厄介なのはハッキネンに「ポールから逃げ切られてしまう」こと。
IMG_3791

予選のM・シューマッハはフロントロウこそ獲得するも、ポールのハッキネンに0.4秒離されてしまいました。スタートで前に出ないと、またウマくない状況に持ち込まれそうだ。アロウズにチームを移し、日本人「虎軍奮闘」の高木虎之介はチームメイトのデ・ラ・ロサの一つ前となる19番手を獲得しています。

《予選結果》
   1 M・ハッキネン    (マクラーレン・M)
   2 M・シューマッハ(フェラーリ・F)
   3 D・クルサード    (マクラーレン・M)
   ※タイヤはブリヂストンのワンメイク

IMG_3792
必ず前を押さえる、その熱い想いが空回りしたか、M・シューマッハはスタートで大失敗!3番手クルサード、4番手アーバインにまでに先行されて、4位まで陥落する。
IMG_3755
IMG_3756
と同時に、9番手スタートのB・A・Rのヴィルヌーブ、13番手スタートのウィリアムズのザナルディの「CART覇者」コンビがスタートで微動だにせず、赤旗中断が告げられます。
IMG_3757

IMG_3759
そんなこともお構い無しのM・シューマッハはハンガーストレートでスピードに乗り、ストウのインからアーバインをさす
IMG_3760
IMG_3796
IMG_3761
と思いきや、ターンインもせずグラベルへ一直線!画像からも見て取れる完全なタイヤロックをし、右フロントタイヤがステアリングと連動していません。
IMG_3799
IMG_3798
IMG_3797
ど真っ直ぐ。これ怖い!
IMG_3795
ズドーンとタイヤバリヤに107km/hで突き刺さる。
IMG_3763
IMG_3766
RS「大丈夫かなぁ、兄ちゃん。。」
IMG_3767
シューマッハは即座に病院へ搬送され、右足2箇所の骨折と診断されました。フェラーリからの発表ではフロントブレーキではなく、リヤブレーキのトラブルとのこと。M・シューマッハは治療のため以降6戦分を棒に振り、復活は第15戦マレーシアGPまで待つことになりました。

IMG_3765
EI「ミハエルには悪いが、いよいよオレ様の時代」
4番手アーバインの前が開け、仕切り直しです。
(スタート位置は現在と異なります)
IMG_3770
「シューマッハの権利」を得て気合いが入るアーバインはセミフロントロウから上手くクルサードを攻略して2位を奪っていきます。
IMG_3772
アーバインが地元ならクルサードにとってもマクラーレンにとっても地元。ハッキネンに食らいついていかなければ、立場がない。
IMG_3775
アーバインの壁、厚し。どうやら志が違う。アーバインってイギリス人というよりも、イタリア人かなと思っちゃう時があります。

IMG_3776
24周目に4位ジョーダンのフレンツェンと5位ウィリアムズのR・シューマッハの順で同時にピットイン。
IMG_3777
アウトはウィリアムズが前に。迅速なピットは今も変わらずですね。マシンより早そう(笑)

同じく24周目にハッキネン、クルサードもピットを済ませ、2周後にアーバインの番です。
IMG_3778
モタモタして、ロスしている。ピットアウトすると、クルサードが前となりスタートダッシュが水の泡に。逆シューマッハ(笑)
IMG_3779

トップ独走のハッキネンはピットを終えた直後からペースがおかしい。右フロントタイヤを浮かす不可解な傾きになっています(画像右端にチラッと見えるのは左リヤです)
IMG_3803
IMG_3780
あっ左リヤが外れた!対角の二輪走行になっている。起きた場所の運が良く、即座にピットへ。
IMG_3782
ん?
IMG_3800
ん?ハマらない。いいや、とりあえず出す。ほぼビリ。
IMG_3783
IMG_3801
「ボス、アレ、無理っすわ。ダメなヤツっす」
IMG_3807
28周目にファステストラップを記録するも、どうも左リヤに不安があるようで強制召喚、リタイヤ。せっかくチームの地元でトップを独走し、宿敵M・シューマッハが戦線離脱したっていうのに、非常にもったいない。そりゃ不満多々あることでしょう。名門のチャンピオンチームらしからぬミスと不備です。結果はご存知の通り最終戦でハッキネンが自力防衛できたわけですが、M・シューマッハを欠くシーズンの辛勝は流れとしてはあまり良くありませんでしたね。
IMG_3806

IMG_3784
トップ2人が消えれば、2番手の2人がのびのびです。アンダーカット?!のままの順位で変わらず、ダブル地元のクルサードがレースを制しています。

《決勝結果》
   1 D・クルサード    (マクラーレン・M)
   2 E・アーバイン    (フェラーリ・F)
   3 R・シューマッハ(ウィリアムズ・SR)
   ※SRはスーパーテック(ルノーカスタム)

IMG_3789
RD「よーしよしよし、今日だけは、誉めてやる」
3位はピットの助けもあり、アニキの雪辱を晴らしたR・シューマッハがガッチリ獲得。アーバインとは意味合いが違う感じがする(笑)
IMG_3787
MH「はいはいブラボーブラボー」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回の名車はマクラーレン回です。長年の宿敵と死闘の末、敗北した2000年型マクラーレンMP4-15を取り上げます。所有の1/18ミニカーを引っ張り出しました。他にはない「独自アイデア」も搭載されています。

《設計》
    エイドリアン・ニューウェイ
    ニール・オートレイ

IMG_3651
《外見》
見た目は一見MP4-14とそっくりなのですが、ニューウェイ先生曰く「ほとんどが新設計」とのこと。実車を目の前で並べて見ていないのでわかりませんね。とはいっても、MP4-14は十分完成度の高いマシンでしたのでそれをベースに弱点を克服する形を採りました。
ニューウェイの作るマシンは空力に長け、パワー一辺倒ではないものを多く輩出してきました。しかしこの方が突き詰めすぎるとF1ドライバーをもってしても操ることに手を焼く「繊細なマシン」になってしまうのは後にも先にも有名な話です。前年1999年はハッキネンの最終戦まで続く死闘の末、ドライバーチャンピオンこそ連覇を成し遂げますが、コンストラクターズはシューマッハを欠くフェラーリの手に渡りました。原因は「速さはあれど、マシンが扱い辛い」「マシントラブルが多い」ことでした。
FullSizeRender
ドライバー2人が口を揃えて訴えた「リヤの不安定さ」をなくすべく、ホイールベースを延長をしています。またフェラーリに端を発するこの時代のトレンドの一つ「上方排気システム」(エンジンカバー後方から上向きにエキゾーストパイプを取り回して排出する)を取り入れなかったマクラーレンは新たな策を投じました。それは「センターエキゾースト」です。頑張って撮ってみましたが、ミニカーではそれが再現されていません。
FullSizeRender
エキゾーストパイプをギヤボックス下で中央にまとめ、センターディフューザー内で排出します。そうすることで高圧、高速の気流がディフューザーの効率を高め、ダウンフォースを得られるというもの。そんなに難しい理屈じゃないのに、何でこんな事に気付かなかったの、と思ってしまいそうですが、アイデア自体は1980年代からありました。しかし、排気圧は常に一定というわけではなく、いわゆる「エンジンの回転数(スロットルの開度)」に依存しているため、時として不安定なものであると考えられてきました。これがなぜ実現、導入に踏み切れたかというと、搭載するメルセデスが「スロットル開度に依らない排気圧の制御」を可能にしたことで実現しました。フェラーリのトレンドに依らないところが当時のマクラーレンらしいマシン作りです。
IMG_3636
それに伴って取り組まれたデバイスに「チムニーダクト」があります。chimneyとは英語で「煙突」を指します。これはサイドポンツーン内にこもる熱対策として設けられました。こちらもこのマクラーレンが発祥でしたね。後に採用したチームも多くあります。
FullSizeRender
ノーズはマクラーレンのトレードマークでもあるローノーズの部類ではありますが、鼻っぱしらは少しだけ高めになりました。
IMG_3630
カラーリングは歴代受け継ぐシルバーアローのウェストカラー。タバコ広告禁止国に対してはWest表記が「Mika」「David」に差し替わります。観戦者側からすれば識別は容易ですが、名前がデカデカと書かれるの、ちょっと恥ずかしい(笑)クラッシュしたらバレてしまう。他、スポンサーも歴代と変わらずドイツのアパレルメーカーであるヒューゴ・ボス、シーメンス、富士通、そしてモービル。お決まりですね。

IMG_3645
《シャシー》
    全長:4,397mm
    全幅:1,795mm
    全高:   959mm
    最低車体重量: - kg
    燃料タンク容量: - ℓ
    ブレーキキャリパー:AP
    ブレーキディスク・パッド: -
    サスペンション:フロント プッシュロッド
                                     リヤ    プッシュロッド
    ホイール:エンケイ
    タイヤ:ブリヂストン

《エンジン》
    メルセデス・ベンツFO110J
    V型10気筒・バンク角72度
    排気量:2,990cc(推定)
    最高回転数: - rpm(非公開)
    最大馬力: 842馬力(推定)
    スパークプラグ:NGK
    燃料・潤滑油:モービル

高出力に定評のメルセデスエンジンはより小型で低重心を追求したFO110Jを導入。パワーアップにも成功しています。

FullSizeRender
《ドライバー》
    No.1 ミカ・ハッキネン       (全戦)
    No.2 デビッド・クルサード(全戦)

ドライバーは1996年から続く2人が担います。いずれもチャンピオン獲得を託せる強力なラインナップです。

《戦績》
    152ポイント コンストラクター2位 ※
    ※第10戦オーストリアGPはポイント剥奪
    (1位7回、2位10回、3位5回、4位3回ほか)
    ポールポジション7回

ハッキネンの三連覇のかかったシーズンです。開幕戦オーストラリアGPも圧倒的な速さでフロントロウを占めて逃げ切りレースが予想されますが、2番手クルサードは11周目、ポールのハッキネンは18周目にニューマチックバルブのトラブルによってリタイヤ。第2戦ブラジルGPもフロントロウスタートしたもののハッキネンは30周目にまたもエンジン絡みでリタイヤし、2位フィニッシュのクルサードは後にフロントウィング規定違反により失格と暗雲立ち込める序盤となりました。
IMG_3644
チーム初勝利はクルサードによる第4戦イギリスGP、チャンピオンのハッキネンは第5戦スペインGPまで時間を要しています。クルサードにとってはこの年に導入したセンターエキゾーストで安定した表彰台登壇を続ける一方で、逆にハッキネンはさらに乗りにくさを訴えて持ち味の「速さ」をなかなか見出せません。それでも何とかシーズン折り返しとなるフランス、オーストリア、ドイツでリタイヤするシューマッハの間隙を縫って勝利や表彰台を重ねて何とかチャンピオン争いに食らいついていきます(第10戦オーストリアGPの優勝はハッキネンでしたが、コンピューターのFIA封印が外れていたことによる違反が発覚し、コンストラクターポイントのみ剥奪)
IMG_3646
勢いそのままに第12戦ハンガリーGP、第13戦ベルギーGPではケメルストレートでスーパーパッシングを披露して連勝するハッキネンでしたが、第15戦アメリカGPの25周目に痛恨のリタイヤを喫してしまいます。それが仇となり、第16戦日本GPで惜しくもチャンピオン三連覇の道が断たれてしまいました。miyabikunも生でそのレースを現地観戦してとても悔しい思いをしたのを今でも覚えています。
IMG_3653
リタイヤもとにかくエンジン絡みが多く、ドライバーではどうしようもない点も悔やまれます。ハッキネンは翌2001年もマクラーレンをドライブしますが、チャンピオン争いから早々に脱落し、休養宣言から引退をむかえますので、実質このマシンが「シューマッハ×ハッキネン時代」の最終章であったといえます。

IMG_3652
マシンから話題が離れてしまいますが、マクラーレンとシューマッハを擁するフェラーリとの違いは「主従関係を設けるかどうか」でした。マクラーレンは古くから「ジョイントナンバーワン」を提唱しており、ハッキネンとクルサードはあくまで5対5(ポールポジション獲得やチャンピオン獲得経験を考慮すると6対4くらいのハッキネン寄りか)の扱いでした。しかしフェラーリはシューマッハと相方アーバインやバリチェロでは9対1(もしかしたら9.5対0.5とも)のシェアであることは公の事実でした。スポーツでありながらの主従関係は不公平であるとも捉えられるし、一人しかなれないチャンピオンを組み立てる上では重要な要素でもあります。マクラーレンはジョイントナンバーワンにこだわった結果、シューマッハ一人にその座を献上してしまったことになりました。
近年もチームによっての優劣関係が「暗黙の了解」があるところと「はっきり定めを設けない」ところと様々あります。どちらが正しいのか、スポーツとしてF1を楽しむ場合とエンターテイメントとして楽しむ場合とで解釈の仕方も変わってきますね。
IMG_3626
久々に取り出したミニカー。中は綺麗だけど、箱が汚かったー(笑)たまに手入れしてあげなきゃダメですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_2908
やっぱりのどかー。この頃はまだF1にレッドなブルがいなかった頃。こちらはホワイトカウって感じですね。今回は現レイアウトでの開催2回目、1998年のオーストリアGPを取り上げます。

今年のオーストリアGPはまだまだ前半戦の第9戦に設定されていますが、この年は全16戦中の第10戦にあたり、後半戦に入っています。ここまでマクラーレンのハッキネンとクルサードの2人で5勝、そのうちハッキネンが4勝。一方で最大のライバルであるフェラーリはM・シューマッハ一人で4勝を挙げ、がっぷり四つの状態で進行しています。ただし流れは至近レースで3連勝中のシューマッハにあり、ハッキネンとしてはこのヨーロッパラウンド中盤を乗り切れるか否かが初チャンピオン獲得のカギとなっています。

予選は濡れた路面で始まり、ドライ方向に向かうという番狂わせの様相。走る度にコンディションがよくなるため、いかに「時間いっぱいギリギリでタイムアタックできるか」にかかっています。
FullSizeRender
大穴登場!ポールをもぎ取ったのは参戦3年目、35戦目となるベネトンのフィジケラが初獲得。希少なイタリア人の久々の快挙でした。2番手はそのフィジケラにベネトンを明け渡してザウバーで戦う不運のベテラン、アレジ。ポール屋さんになりつつあるハッキネンは3番手に止まり、4番手のシューマッハと共にセカンドロウに並んでいます。日本人はティレルの高木虎之介が20番手、ミナルディから出走する中野信治が21番手で「予選落ち屋さん」ロセットの前はしっかり確保。

IMG_2866
《予選結果》
   1 G・フィジケラ(ベネトン・PR・BS)
   2 J・アレジ        (ザウバー・F・GY)
   3 M・ハッキネン(マクラーレン・M・BS)
   ※BSはブリヂストン、GYはグッドイヤー
     PRはプレイライフ(ルノーカスタム)

ココののスタートは登り坂の「高速椅子取り合戦」ですからね。
IMG_2869
IMG_2870
3番手のハッキネンがターン1までに定位置を獲得、メルセデスエンジン+ブリヂストンの組み合わせは他とは蹴り出しが違う。4番手シューマッハもアレジまでは捕まえて、ハッキネンを易々と逃すわけにはいかない。
IMG_2871
ほら、ターン1は気を付けなきゃ!先頭集団ではなく、最後尾集団が散らかっています。
IMG_2872
中嶋師匠からPIAAを継承した高木がターン1で止まり切れず、前後が反転してリヤウィングを無くしています。決勝でコーナーを一つも曲がらず終了。実は中野もそのとばっちりを受けてしまっています。日本人同士のニアミス。
IMG_2878
1周目はこれで終わらない。続くレムズで「黒カラス」アロウズのサロとディニスがやらかした。
IMG_2879
そしてこの日は何故か黒銀のクルサードもこんなところにいてとばっちりを食らいました。クルサードは雨の予選に大失敗して14番手スタートでした。いつもの3,4番手とは勝手が異なります。2箇所でやらかせば当然コレの出番。
IMG_2880
クルサードは高木のケースと異なり、交換可能なフロントウィングのため、セーフティカー発動のタイミングを活かしてピットイン、楽々な最後尾に喜んで戻っていきます。

IMG_2881
せっかく逃げ逃げハッキネンの思惑は外れ、上昇気流に乗る紅のライバルが真後ろに迫ってきました。レムズで仕掛ける!
IMG_2882
ハッキネンはツボをつくライン採りでしのぎ、シューマッハの攻撃失敗。一度フィジケラを前にやり過ごします。
IMG_2883
IMG_2884
初ポールごめんね、フィジケラを簡単にさばき、軽タンクで2ピット戦略のシューマッハはファステストラップを記録しつつ、再びターゲットをロックオン!
IMG_2886
IMG_2887
今度はインからか?!ハッキネンは意地でも譲らない。ターン9でアンダーステアとなったシューマッハは、外側縁石を越え、
IMG_2888
うわ!
IMG_2889
IMG_2890
フロントウィングをグラベルで粉砕して、傷を負ったまま1周分を乗り切らなければならないという試練が降りかかる。
IMG_2891
IMG_2892
シューマッハも良かれと思って攻めた結果、ほぼビリの16位。

あさっての位置を走る先頭はさておき、シューマッハが消えて熾烈になるのは表彰台争奪戦。ヤングイタリアンVS輝き切れないベテラン。
IMG_2893
IMG_2894
21周目のレムズ。
IMG_2897
インのフィジケラがガッつき、アウトのアレジは行く手を閉める。
IMG_2895
アレジはクルンと向きを変え、フィジケラはフロントサスペンションを折損して終了。フィジケラは勢いで行ってしまった。若いドライバーはどうしても前に出たいのです。こうやってベテランが諭して若手が洗練されていくものですね。

IMG_2898
初っ端のもらい事故により最後尾を強いられたクルサードは30周目にファステストラップを刻みながら実は2位まで浮上しています。この年のマクラーレンは本当に速い。もらい事故、もっと言えば決勝前日の予選から悔やまれますね。

こちらも最後尾を味わったシューマッハも54周目には5位まで浮上し、前はライバルチームの実弟R・シューマッハに遭遇します。
IMG_2899
抵抗はしないよねー。ボスも怒らないであろう(笑)
IMG_2900
最終盤67周目に3位走行中のチームメイト、アーバインもレムズ手前で進路を開けています。これはあくまでアーバインの「マシントラブル」とのこと。アヤシイ。。シューマッハはこのオーストリアGP前にフェラーリとの契約延長を発表していますが、これがあったからかどうか、アーバインもレース後にフェラーリとの契約延長にこぎつけています。

IMG_2902
《決勝結果》
   1 M・ハッキネン    (マクラーレン・M・BS)
   2 D・クルサード    (マクラーレン・M・BS)
   3 M・シューマッハ(フェラーリ・F・GY)

IMG_2904
先頭を走っている人を全く触れていませんでしたね(最近もこんなセリフ言った記憶が)スタートダッシュをしっかり決めて、後方での接触などつゆ知らず、ハッキネンがシューマッハの4連勝を食い止めました。いつの時代も後ろが見えないくらいぶっちぎっちゃうレース、あるものでした。数日後に控える2019年のオーストリアGP、今回こそはこうはならないレース運びだといいですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

F1関連CMまだまだあります。今回は建機で有名な小松製作所とロータスのタッグです。一年近く前に塩野義製薬「新ポポンS錠」で取り扱った時と同じ組み合わせになります。まずは1992年バージョンから。
IMG_9177
IMG_9178
かつてベネトンで指揮を執ったピーター・コリンズを招き、日本が誇る小松製作所のギヤボックスを採用していました。ちなみに、F1初期のフェラーリを駆ったピーター・コリンズという同姓同名のドライバーがいます。しかしそちらは1958年ドイツGPで事故死しているため、当然ながら別人です。
コマツは日本のトップシェア、世界でもキャタピラー社に次ぐ超大手の建機メーカーです。社名の通り、発祥は石川県の小松市。一時期はニューヨークヤンキースにも所属した同郷の野球選手、松井秀喜もCM起用していましたね。パワーショベルのように力強く豪快なスイングは企業イメージにピッタリ。
IMG_9179
エンジンカバーを開けて、まさしくマシンのこの辺りにKOMATSUの技術力が活かされています。日本企業が最高峰のモータースポーツの一端を担うのは、例え見えない部分だとしても誇らしいですね!縁の下の力持ち。
IMG_9180
IMG_9181
「お二方、準備はいいですか?!行きますよ」
名門チーム立て直しをかけた期待のドライバーを引き連れていざ出陣!といった感じ。気品があるなぁ。
IMG_9183
「I wanted KOMATSU」
分かりやすい英文ありがとう(笑)
IMG_9184
IMG_9185
こちらはコマツ側の回答ですか。プロポーズに答えたい、だなんて。相思相愛だな!
IMG_9317
コリンズも満足気ですね。このCMは覚えていました。

もう1本、こちらは出典によると1994年のものらしい。miyabikunこちらは覚えていませんでした。今回調べて知りました。確かにマシンは白と緑の1994年モデル109ですね。この時代のハッキネンはマクラーレンに旅立ったためエースのハーバートのみの出演となっています。
倉庫の中に収められているのは
IMG_9243
IMG_9244
超巨大なダンプ。これはなかなか一般の道路では見かけないですね。ダム建設で岩石を運ぶ時に使われているヤツです。小さい頃にこのオモチャを持っていて、miyabikunはレゴブロックの運搬に使っていたなぁ。
IMG_9318
今の型でいうと980Eという名前のようです。積載重量はなんと370t。馬力も規格外の3,750psとF1マシンの4倍近い!ただし最高速度は60km/hとそこだけは親しみやすい(笑)
IMG_9245
陽炎の中、力強く向かってくると、
IMG_9247
えっ、爆発?炎の中から
IMG_9249
IMG_9251
IMG_9252
ロータス109のお出ましです。なるほど、ダンプのメカニズムがF1に活かされているわけね。マシンが3,750psあれば、シューマッハは屁でもないけど、最高速度がたったの60km/hではやっぱり勝負にはならないよな。何よりドライブするハーバートも中で加速の度に「ムンクの叫び」みたいになっちゃいますね。
IMG_9254
IMG_9255
IMG_9256
IMG_9257

ロータスの晩年を支えたコマツとのタッグは92年が全16戦でハッキネンの4位2回を含む8回の入賞。パートナーをザナルディに代えた93年の全16戦はハーバートの4位3回を含む入賞5回。そして94年の全16戦のうち7位入賞圏外が最上位と成績下降もあって、残念ながらこのシーズンをもって名門ロータスがF1から撤退しています。

https://youtu.be/xNfjn87q4ls
https://youtu.be/MH21WgvOj9U

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_3941
日本GPを前に今年も恒例の「鈴鹿ラッシュ」差し込んでいきます。前回ロシアGP前に振り返った1998年ルクセンブルクGPに続いてそのまま次戦最終戦の日本GPです。幾多のチャンピオン争いを経験したM・シューマッハは初めてF1参戦前からの同世代ライバル、 ハッキネンとF1の舞台で雌雄を決します。それも再建を託されたフェラーリの大きな期待を背負う。
IMG_3932
一方でハッキネンは下位マシンのデビューから
リザーブ、大事故を経験し、遅咲きながらこの年念願の最速マシンを手にしてセナ以来のマクラーレンチャンピオンへ。
IMG_3933
ドライバー、チームだけではなく、2社のタイヤメーカー争いも白黒が付きます。フェラーリ有するF1ベテランのグッドイヤー、そして日は浅くも日本技術で初戴冠を狙うブリヂストン。異なる条件で最強最速の頂上が決まるバトルは観るものを一層アツくしますよね。

今まで99年、2000年の鈴鹿を振り返ったわけですが、この年の予選からこの2人が主役を演じています。他のライバル達は全くついていけない「2人だけのバトル」となっています。
IMG_3934
先にシューマッハが自らのタイムを0.47秒もちぎる1分36秒293を叩き出してハッキネンに無言のプレッシャーをかける。J・シェクター以来となるチャンピオン決定の瞬間を目の前で見ようと、遠い日本まで駆けつけたこの人を唸らせています。
IMG_3935
IMG_3936
あとはハッキネンがどう出てくるか、第2デグナーから立体交差の区間ではらみ出して大失敗!
IMG_3937
当然ダメだ、セクター1だけで0.48秒離れて止め。2番手に決まり、フロントロウが整いました。健闘を讃えつつ、互いのマシンをしばし見つめる。
IMG_3938
IMG_3940

《予選結果》
   1 M・シューマッハ(フェラーリ・F・GY)
   2 M・ハッキネン   (マクラーレン・ M・BS)
   3 D・クルサード    (マクラーレン・ M・BS)
   ※GYはグッドイヤー、BSはブリヂストン

IMG_3942
決勝スタート前も固く握手を交わす2人。今はこういうシーンはあまり無いんですよね。競い合う中にも信頼と尊敬があるし、ファンの関心を掻き立てるエンターテイメント性があります。イマドキじゃあり得ない思想かな。
IMG_3944
IMG_3945
スターティンググリッドにつくと黄旗が振られて隊列が乱れます。
IMG_3946
14番手プロストの若手トゥルーリがストールしています。スタートやり直し。
IMG_3947
IMG_3948
気合いを入れ直すポールのシューマッハは2回目のフォーメーションラップをかなり飛ばし、後続の到着を待ちます。ん?
IMG_3949
あっ、クラッチが繋がってしまいシューマッハもストール。チャンピオン決定で劣勢からのポールスタートで何やってるの!再々スタートはトゥルーリより後ろの最後尾21番手(エントリーは22台ですが、ミナルディのR・ロセットは予選107%ルール未達で予選落ち)まで降格することに。シューマッハ、大ピンチ!ハッキネンにとってはだいぶ楽な状況になりました。
IMG_3950

IMG_3952
赤がフロントから消えた再々スタートです。相方を無くしたアーバインは3番手改め2番手スタートのクルサードよりも好スタートを見せ、最後のハッキネン潰しを図りにいきます。
IMG_3953
最後尾スタートを強いられたシューマッハも前はアーバインに託し、まだ諦めたわけではありません。下位チームを1コーナーまでに5台パス。格の違いを見せつけています。
IMG_3954
IMG_3956
その後も1台ずつ1台ずつ丁寧に処理して、1回目のピットインまでに5位まで浮上しました。問題はココからです。アーバインは何とかなるため、あと抜かすに難関なマクラーレン勢2台を残しています。

IMG_3959
レース後半戦に入る28周目のカシオトライアングルでティレルの高木虎之介とミナルディのE・トゥエロが交錯してデブリをばら撒きリタイヤ。1年目の高木虎之介も母国GPを台無しにされて怒る!
IMG_3960
IMG_3961
その後ろを3位走行していたシューマッハは1コーナー手前でマシンから何かを高らかと飛ばして白煙を上げています。
IMG_3963
あー!右リヤがバーストして、サイドポンツーンに穴が開いている。2コーナーの内側にマシンを止めて、シューマッハ終了。原因は明らかにされていませんが、高木達のクラッシュの直後を走っていてタイヤバーストしていることからも、その時のデブリが起因したと思われます。
IMG_3966
シューマッハリタイヤの情報を先頭で知る由もないハッキネンにロン・デニスが報告。あっさりと初ワールドチャンピオン決定、終結しています。
IMG_3968
開幕当初は圧倒的な速さを見せつけられ、それでも最終戦までポールポジションを獲得するまで追い詰めたシューマッハは大したものでした。その緊張の糸が解けたか2コーナーで肩を落とす。無情にもチャンピオンマシンが目の前を横切っていきます。
IMG_3970
IMG_3973
《決勝結果》
   1 M・ハッキネン(マクラーレン・ M・BS)
   2 E・アーバイン (フェラーリ・F・GY)
   3 D・クルサード (マクラーレン・ M・BS)

IMG_3975
開幕戦も泣いたし、最終戦も泣く。苦労を乗り越えてやっと手にした最速マシン。シーズン序盤はもっと楽勝に獲得することを予想していましたが、意外にも最終戦まで引っ張ってしまいました。ファンとしては消化試合もなく、それも我が日本でそれを決定してくれることほど楽しさや喜びはありませんね。最後はシューマッハのリタイヤで呆気ない幕切れとなりますが、長年のライバルはちゃんと負けを認め、パルクフェルメで出迎えています。
IMG_3976
IMG_3977
IMG_3980
表彰台の中央でブリヂストンのロゴを指差すハッキネン。日本にもちゃんとお礼してサービス精神ありますね。そうですよ、あなたの初チャンピオンはエンジンやシャシーのみならず、相方クルサードやブリジストンタイヤといった様々なタッグの結晶から成り立っているのですよ!
IMG_3969

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ