F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:トロ・ロッソ

オフシーズンはなかなか忙しく、終電や日付をまたぐ日が続いたこともあってあまり暇潰しネタを書けませんでした。。うかうかしているうちに2019年シーズン用マシンが少しずつ発表され始めましたね。まずは我ら日本人も期待するトロ・ロッソSTR14から見ていくことにしましょう。
※毎度のことですが、難しいことは書けません。見た目だけで判断していきます。情報に誤りや未確定が明らかになったものがあれば、随時更新していきます。

IMG_7953
《設計》
(エイドリアン・ニューウェイほか)
    ジョディ・エジントン

トロ・ロッソのマシンは可能な限りレッドブルを流用するとのことです。また、今まで使っていたマシンの「キー」をどこかに無くしてしまったので、副テクニカルディレクターのジョディ・エジントンがチームの技術部門トップになるのでしょうか。

IMG_7954
《外見》
カラーリングは缶カンのままです。これでいいと思います。走る広告塔を体現しています。今のラインナップでは「純粋な青」を基調とする唯一のマシンになりましたね。
IMG_7939
2019年のレギュレーション変更で目立つ部分、ブレーキダクトやフロントとリヤのウィングは当然ながら対応しており、撮り方や角度もあるのでしょうが見た目はこんな感じになるんですね。フロントウィングの存在感がシンプルかつワイドになったことでより際立ってみえます。雪掻きできそうだな(笑)翼端板も真っ平で四角い「板」になってしまいました。リヤの拡がり具合もエグいくらい湾曲しています。
IMG_7948
IMG_7931
サイドポンツーン開口も昨年の三角形からいわゆる「フェラーリ型」の横長で似ています。フェラーリ型なんて言ったらレッドブルに怒られてしまうかな。ミラーのステーもコクピット横からポットウィングを兼ねるかのように開口外端付近まで持ち出されています。
IMG_7945
レッドブルを踏襲しているわけですから、あの「掴みどころのなさそうな」ひょうたん型エンジンカバーもこちらに反映されました。

IMG_7940
《シャシー》
STR14
    全長: - mm
    全幅: - mm
    全高: - mm
    最低車体重量:743kg(ドライバー含む)
    燃料タンク容量:110ℓ(制限)
    ブレーキキャリパー・パッド: -
    ブレーキディスク: -
    ホイール: -
    サスペンション:フロント プッシュロッド
                                    リヤ     プルロッド

ブレーキ関連は昨シーズンまでブレンボ製を搭載していましたが、今シーズンはレッドブルと共通仕様になっています。

《エンジン》
ホンダ RA619H
    V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
    排気量:1,600cc(推定)
    最高回転数:15,000回転(制限)
    最大馬力: - 馬力
    燃料・潤滑油:エクソンモービル

前作RA618Hからは燃費性能を向上させ、MGU-Hの信頼性改善を目指しています。今シーズンは4台体制で、トップチームへの供給も始まるわけですから緊張感も走ります。期待しましょう!

FullSizeRender
《ドライバー》
    No.26 ダニール・クビアト           (ロシア)
    No.23 アレクサンダー・アルボン(タイ)

ドライバーは一新され、復帰のクビアトと新人アルボンのラインナップとなっています。クビアトは一応表彰台経験者の一人、落ち着けば速いんです。アタフタしちゃうと、散らかる。miyabikunも似たところがあるので理解できます。チームメイトが新人だから、先輩風吹かせて余裕を持った走りをみせてほしいですね。
IMG_8004
アルボンは下位カテゴリーのF2ランキング3位で、フォーミュラE行きから一転しての起用となりました。決定までゴタゴタしてしまいましたが、正式なF1ドライバーの仲間入りです。クセが強めなグループの先輩3人から多くを学び、シート獲得を後悔させないドライバーを目指しましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

合同テスト1回目が終わっているのに、まだ2チームの新車ネタを残しています。テストまとめも下準備はできているのですが、まだアップに至らない内容なのでそのまま新車ネタを続けます。
エンジンスイッチのあったもう1チーム、ネタバレが先、遅ればせながら登場となったトロ・ロッソ「STR13」になります。
IMG_6100
FullSizeRender
《設計》
ジェームス・キー

《外見》
トロ・ロッソのカラーリングは引き続き商品イメージのまま。色だけはカッコいいんですよね。これで速ければなおいいんですが。カッコいいのはカラーリングだけではない。ここはメルセデス同様に例の先っぽも、、
IMG_6101
ん?ちょっと待って、見辛い
IMG_6108
あれ、やっちゃった。ポコっと出ちゃった。。「トレンド」に乗ったのね。。これで唯一はメルセデスだけになっちゃったんじゃないか(まだフォース・インディアが残ってますが、あそこはそもそもがフォーク型でもポコはありますもんね。正式発表があっても、期待はできないな)でも不思議ですよね。速いマシン、強いチームはライバルも模倣されるのがF1の常。今まで数年にわたって最速最強はメルセデスなんです。なのにフェラーリを模倣するチームが増えても、メルセデスのノーズは模倣されない。何なんでしょうね。みんなカッコよくないということは周知なはずですが、やっぱりレギュレーションを守りつつノーズ下に気流を取り込もうと考えると、この形状が最適解になるんでしょうか。昨シーズンのキーの発想は失敗と読んだか、メルセデスだけは観点が違う。違っても結果は出ているわけだから、そこを追求してもいい気がするのですが。
IMG_6107
サイドポンツーン開口は前作と似通っています。ココは独自路線をいっています。その後方のカバーも兄貴レッドブルに倣わず、絞りがみられます。
IMG_6114
ハロは色のせいもあってかツヤツヤで滑らかなラインです。上端にフィン(フェアリング)が設けられていますが、こちらは乗降の際に手をかけてはならないようです。折れてしまいますもんね。さらに注意しないとレーシングスーツに引っ掛けてしまうようです。ガスリーは既に何箇所か破いています。身の安全を確保するもの、衣服を傷付け、乗り物なのに乗り方に気を遣うという。。ルールの中、速く走るためには仕方がないことか。
IMG_6118
エンジンを変えるということはシャシーの形状やバランス、設備配置などにも影響が出ます。方針や設計変更を限られた短期間に行う必要があります。まずはちゃんと完走し、入賞を重ねることができること。日本を代表する、世界に名を知らしめるモータースポーツブランドであることは「結果」で示さなければなりません。

IMG_6115
《エンジン》
ホンダ RA618H
V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ
排気量:1,600cc(推定)
最高回転数:15,000回転(制限)
最大馬力: - 馬力
燃料・潤滑油:エクソンモービル

IMG_6102
《シャシー》
STR13
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量:733kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量:105ℓ(制限)
ブレーキキャリパー・パッド:ブレンボ
ブレーキディスク:ブレンボ
ホイール:OZ
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド

IMG_6116
《ドライバー》
No.10 ピエール・ガスリー
No.28 ブレンドン・ハートレイ

まだまだ若いガスリーに意外と歳を取ってるハートレイのフル参戦は初の2人です。本戦キャリアだけでみるとウィリアムズより浅いっちゃ浅い。まだF1走行での実力は測りきれていない部分もあるのでよくわかりません。ハートレイに至っては自身のせいではない予選降格ペナルティもあって真っ当な順位からのスタートではありませんでしたもんね。シーズン終盤のルノーエンジンの怠惰振りには本当に泣かされました。ワークスからの順位狙いの嫌がらせなのかって本気で思ってしまいました。
半信半疑のままでのホンダ乗り換え初年となります。日本人からしたら「日本ブランドはいいよ」と感じてもらえるような仕上がりと結果になってもらえたらいいなと思います。カタロニアで行われている合同テストでは昨シーズンまでと打って変わって周回数を順調に重ねることができました。やればできるんです。けなされたり下に見られるよりかは褒めたり期待された方がエンジンやスタッフも伸びるんです。人間も機械も。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FullSizeRender
いよいよ2018年シーズンのドライバーラインナップが揃いました。年末からクビカは厳しいかなと思ってはいましたが、ウィリアムズはクビアトに代わってシロトキンがロシア代表となりました。フェラーリ以外のシャシー名は予想ですが、他も合わせて決まり次第修正していきます。

メルセデス   F1 W09 EQ Power +
   44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
   77 ヴァルテリ・ボッタス(フィンランド)

フェラーリ   SF71H

     5 セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
     7 キミ・ライコネン(フィンランド)

レッドブル・タグホイヤー(ルノー)RB14
     3 ダニエル・リカルド(オーストラリア)
   33 マックス・フェルスタッペン(オランダ)

フォース・インディア・メルセデス   VJM11
   11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
   31 エステバン・オコン(フランス)

ウィリアムズ・メルセデス   FW41
   18 ランス・ストロール(カナダ)
   35 セルゲイ・シロトキン(ロシア)

ルノー   R.S.18
   27 ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)
   55 カルロス・サインツ(スペイン)

トロ・ロッソ・ホンダ   STR13
   10 ピエール・ガスリー(フランス)
   28 ブレンドン・ハートレイ(ニュージーランド)

ハース・フェラーリ   VF-18
     8 ロマン・グロージャン(フランス)
   20 ケビン・マグヌッセン(デンマーク)

マクラーレン・ルノー   MCL33
   14 フェルナンド・アロンソ(スペイン)
     2 ストフェル・バンドーン(ベルギー)

ザウバー・フェラーリ   C37
     9 マーカス・エリクソン(スウェーデン)
   16 シャルル・ルクレール(モナコ)

トップチームは2017年から変更がありません。サインツについても見切り発車があったので驚きません。驚くといえば、ポイントならぬマネーを得るエリクソンがウェーレインを差し置いてザウバーのシートを得ています。またフェラーリの秘蔵っ子ルクレールが「練習台」からF1デビュー。シャルル・ルクレールか。現役で Tが山ほどつくドライバーが一人いますが、日本では君にはルが4つもつくのよ、と是非に知らせてあげたい!「クレ」も遠目で見れば「ル」に見えなくもないし、こいつシャルル・ルルールじゃんと小学生時代ならイジったろうなぁ。小さい頃に電車の図鑑で東京モノレールを「東京モルール」と読んでからかったりふざけていたmiyabichanです(笑)
またウィリアムズは酒造メーカーのマルティニを引っさげて、開幕直前は2人足してやっと42歳でサマになります。この先輩はたった1人で今年38歳だぞ!ということで、試しにこんなグラフを。
IMG_2836
ミニ・ライコネン「これ、パパのことだよね!」
IMG_2436
キミ・ライコネン「んん〜まぁ」

IMG_4437
年功序列で作っています。また、テストドライバーを除いたドライバーの時期を黒塗りとしました。前にデビュー年を調べたことがありますが、近年は大体が20〜22歳くらいにデビューしているのでキャリアスタートまでの長さは皆似たり寄ったりにはなるものの、こうしてみるとキャリアの長い人と浅い人が極端にみえます。海外の方、F1において元号表記はしませんが、上位6人のヒュルケンベルグまでが日本でいう昭和生まれ。他3/4程度が平成生まれのドライバー達です。また、ライコネン、アロンソのF1デビューが2001年からですから、今シーズンでも最年少となる1998年生まれのストロールからしてみたら、3歳になる年デビューの先輩と同じ仕事しているわけか。あと、並べてみて気付いたのですが、ハートレイって長い間F1に名前が通っていただけあって、若くないですね。
私の勤める業界も古めの体質ということもあって、ベテランが大半を占めて、若手が採用が増えたり減ったりの若手が少し多くはなりますが、働き盛りの中間層が薄くなります。F1とは全然関係ない話ですが、働き盛りなわけですから、何らか仕事をしなければ生きていけないはなずなのに、この少ない中間層は一体どこにいってしまうのでしょうか。中間層ばかりが集まる業界や採用先があるのかな、といつも疑問に思います。このベテラン勢が一気に辞めると、今の中間層がベテランになる。競合は少ないかもしれないけど、少し心配。F1にもそこは同じことが言えますね。だから若手は今のうちから生意気だろうが多少危険だろうが、アグレッシブな走りといいマシンを得るチャンスを目指してスキルアップしないとならないのです。勝利が偏る近年のF1、その隙を図って伸びが期待できそうな若手もチラホラいます。最多タイの21戦で行われる今シーズンも、バトルの激化や下克上などで盛り上がるといいですよね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨シーズンのフェラーリ型落ちエンジンで右下がりな結果に終わったトロ・ロッソ。ココはわかりやすく連番の「STR12」になります。今シーズンは兄貴と同じルノーエンジンの最新型を搭載し、ドライバーも叩き上げで一軍を目指したいところ。なぜトロ・ロッソは「ルノー」エンジンを名乗れるのでしょう。兄貴と違って愚痴や文句を言わない「お利口さん」だから?

《設計》
ジェームス・キー

《外見》
見てください、この美しいノーズ。メルセデスと同じ処理をしてきました。ツルツルのテカテカ、そしてさりげない母国の国旗。ノーズのスラントといい兄貴より全体的にメルセデスに似た形になってきました。ジェームス・キー曰く「メルセデスに似て残念」なんて言ってますが、本音でしょうか?!内心はめちゃくちゃ安心しているんじゃないですか?(笑)マシンのフロントから8割近くがメルセデス似でエンドが何となくレッドブルっぽい。パクったわけではないですが、うまいことブレンドされた仕上がりに感じます。
コクピット側面の衝撃構造は真横を覗けるスリット付き?!
驚いたのはこのカラーリング。まさに走る広告塔になってます。材質はアルミ?!だったら面白いのに。歴代大きな変化のなかったトロ・ロッソが兄貴より先に商品に似通っていてカッコいいと思います。

《エンジン》
ルノー R.E.17
V型6気筒・バンク角90度 シングルターボ     
排気量:1,600cc(推定)
最高回転数:15,000回転(制限)
最大馬力: - 馬力
燃料・潤滑油: - 

《シャシー》
全長: - mm
全幅: - mm
全高: - mm
最低車体重量:728kg
燃料タンク容量:105ℓ(制限)
ブレーキキャリパー:ブレンボ
ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
ホイール:AP
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プルロッド
《ドライバー》
No.55 カルロス・サインツ
No.26 ダニール・クビアト

昨年はフェラーリの旧型エンジンだったこともあって序盤は好位置につけていたものの、進化のないパワーユニットが尻すぼみな結果となりました。さらにはクビアトにとっては屈辱的な精神的ダメージとサインツも悔しさをバネにシーズンを送ったことと思います。しかし今年はそれがありません。気分を改め、兄貴と同じ心臓をもってスタートからガチでいけます。
レッドブル系4人で唯一レッドブルを経験できていないサインツ、才能はあるのにどうも報われない。しばらくレッドブルのドライバーは動きを見せなそうですので「いいコマ」で終わらないように祈りたいばかりです。
クビアトは散々な昨シーズンを送りました。落ち着いてからもヘマや切れ味の鈍さもあって、2、3年前に比べるとだいぶ価値を下げてしまったと思います。こんなこと言わなくても本人が一番わかっているはず。名前のようにならないこと!
トロ・ロッソの2人には個人的にどうにかこのマシンでキャリアの飛躍を期待しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

F1には歴史と伝統ある名門チームもあれば、潤沢な資金でドライバーやスタッフを揃えられるチーム、買収して始まったチームなどなど、出来ては消え、また出来ては消えと様々なチーム、コンストラクターが存在し、今日まで支えています。
世界最高峰のドライバーが集まるF1。とはいえ、皆が皆、初めからその中の頂点になれるわけはなく、大抵の人が「叩き上げ」で名門チームやトップチームに成り上がれるようにステップアップを目指すものです。そこにいつの時代も「F1入門」の役割を担うチーム、若手育成に尽力を注ぐチームが数多く存在します。ロータス、ブラバム、マーチ、ティレルもそう、今や名門のウィリアムズな ど、これらから多くの若手を発掘し、頂点になったドライバーも多いですよね。

いつもトップや名門ばかりクローズアップしても面白くない。たまには若手発掘・育成に長けた「若手に有難い」チームを一つずつみていきたいと思います。まず第一弾は最新の育成チームである「トロ・ロッソ」を挙げてみます。

《スクーデリア・トロ・ロッソ》
2006年に先行してチームを始めたレッドブルが名門ミナルディを買収して設立したチームです。元々レーシングドライバーで、引退後はR・シューマッハなどのマネージャーをしていたフランツ・トストが初代のチーム代表として、今日までトロ・ロッソを牽引しています。G・ベルガーもチームにひと噛みしていますよね。
トロ・ロッソの採る過去には珍しい形態として、皆さんご存知の通り「成績次第でレッドブルに昇格できる」というもの。文字通りの「F1のトップチームへの道の入門編」をやっています。近年のレッドブルのドライバーのほとんどがこのトロ・ロッソで下積みし、評価をされて成り上がっています。成績でクラスが変わるなんて、大手進学塾みたいです(笑)その進級を左右しているのが、チームと帯同している元F1ドライバーのヘルムート・マルコです。

《主な輩出ドライバー》
   成績はトロ・ロッソ時代のもの
   ◎は2016年現役ドライバー
    ※は他チームF1ドライバーとして移籍
   ★は後にチャンピオン獲得
V・リウィツィ※
   2006年~2007年 優勝0回 入賞2回
   →2009年からF・インディアへ
S・スピード
   2006年~2007年 優勝0回 入賞0回
   →2007年に解雇
S・ベッテル★◎※(デビューはBMW)
   2007年~2008年 優勝1回 入賞10回
   →2009年からレッドブルへ
S・ブルデー
   2008年~2009年 優勝0回 入賞4回
   →2009年でF1シート喪失
S・ブエミ
   2009年~2011年 優勝0回 入賞15回
   →2011年でF1シート喪失
J・アルグエルスアリ
   2009年~2011年 優勝0回 入賞10回
   →2011年でF1シート喪失
D・リカルド◎
   2012年~2013年 優勝0回 入賞13回
   →2014年からレッドブルへ
J・E・ベルニュ
   2012年~2014年 優勝0回 入賞14回
   →2014年でF1シート喪失
D・クビアト◎
    2014年,2016年   優勝0回 入賞5回
   →2015年からレッドブル、2016年降格復帰
M・フェルスタッペン◎
    2015年~2016年 優勝0回 入賞13回
   →2016年シーズン中にレッドブルへ
C・サインツ◎
    2015年~現在      優勝0回 入賞15回
   →現在もトロ・ロッソ所属

初代トロ・ロッソ塾の生徒はV・リウィツィでした。成績はイマイチでしたが、比較的息の長いF1ドライバーでした。先日までイタリアの先輩、J・トゥルーリが率いるフォーミュラEで参戦していました。今はトゥルーリと運命を共に、どこにいったかわかりません(笑)
マルコの見る目が見事当たって、最も大成したドライバーは言わずと知れたS・ベッテルですね。一度BMWザウバーにレンタルして、ある程度才能は示してからのトロ・ロッソ正ドライバーになりましたが、今のところ唯一のチームの優勝、そしてお兄さんチームのレッドブルを打ち負かすという逆転現象を起こした立役者です。

最近ではD・リカルド、D・クビアトがレッドブル昇格を果たし、今シーズンは辛くもクビアトが最年少のM・フェルスタッペンにお株を奪われ、トレードといった事態もありました。シーズンが終了しなくても昇格や降格があり得るという怖ろしさも知らしめられています。
ベッテルが今のところ唯一の「養成塾唯一のチャンピオン」となっています。まだ歴史が浅く、今後もこのシステムが続くと思いますが、次なるチャンピオンがリカルドなのかフェルスタッペンなのか、はたまたもっと優秀な若手を発掘して大成させるのか、トロ・ロッソの位置付けと育成方法に期待しています。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ