F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:スポンサー

シーズンも終わったし、まとめもそこそこ。今回はジュースでも飲んで一休み。さあ、どちらを飲みますか?!
どちらも最近急に出てきた「エナジードリンク」という類ですよね。コンビニやスーパーで見かけて迷ったことありませんか?シーズン中だと特に「monsterを買うとメルセデスを勝たせてしまう気が」とか。一昔前までは栄養ドリンクはリポビタンDやオロナミンC、タフマンなど、薬局やドラッグストアに小瓶で売られていたものですが、今は自動販売機でも見かけるし、だいぶ高いけどどこでも買える。本当に元気になるのか、翼を授かるのかはさておき、現代のF1も支える2種類のエナジードリンクについて調べてみました。

《レッドブル》
いうまでもなくて、まんまチーム名であり、メインスポンサーでもあり、商品名です。1978年にタイの製薬会社「TCファーマシューティカル・インダストリー」が「Krating Daeng」(赤い牛)という名で日本のリポビタンDより安価な栄養ドリンクとして製造販売していたものを参考に、1984年にオーストリア人のディートリヒ・マテシッツが販売権を取得し、世界展開を始めることとなります。この人の名前はF1でも有名ですよね。Krating DaengやリポビタンDを元に研究と改良を経て商品名は上記のタイ語から英語表記の「Red Bull」(赤い雄牛)としました。日本では2005年からレッドブルジャパンが輸入、販売を始めています。現在では世界の171カ国で売られているそうです。

F1では1995年から2002年にザウバーに対して「レッドブル・ザウバー・ペトロナス」と冠スポンサーとして参加。並行してアロウズにも支援していた時代があります。そして2004年シーズン末にジャガーからチームを1ドルで購入し、自らがコンストラクターとして2005年から参戦するようになりました。飲料水メーカーの潤沢な資金で衰えを知らない新興チームは2006年に名門ミナルディをも買収し、2チーム目となるスクーデリア・トロ・ロッソを設立しています。ご存知の通りイタリア語で赤い牛ですね。

様々なサイズのものが販売されていますが、味はスタンダードのものとシュガーフリーの2種類。miyabikunはゼロカロリーが大の苦手なのでスタンダードしか口にした事がありません。
もちろんレースシーンでリカルドやフェルスタッペンのみならず、トロ・ロッソの面々が目立つボトルで飲む様子が見られます。ただたくさんも飲めるものなんでしょうか。中身は違うのかな。

《モンスターエナジー》
レッドブルの可愛らしい書体に対しておどろおどろしい「m」が際立つモンスターエナジーは2002年にアメリカの「モンスター・ビバレッジ」によって発売されたレッドブルよりは後発品になります。ロゴマークの「m」はレッドブルには入っていない成分の一つである高麗人参をイメージしているとか、モンスターの引っ掻いた爪痕だとか諸説あるようです。本場アメリカのものは元気の源「タウリン」が入っていますが、日本では「アルギニン」に替えているそうです。タウリンが入っていると「清涼飲料水」ではなく「指定医薬部外品」となります。これはレッドブルも同じです。あくまでジュースってこと?!そうなるとリポビタンDとかは清涼飲料水ではないわけか。
モンスターといえば2012年にアメリカで大量摂取による死亡事故が話題となりました。カフェインを大量摂取したことによる不整脈が原因と言われていますが、本当にそれがモンスターによるものかは断定できていません。

モンスターはレッドブル以上にラインナップがあります。
・モンスターエナジー
   (緑色)
・モンスターカオス
   (橙色)
・モンスターエナジーアブソリュートリーゼロ
   (水色)
・モンスターコーヒー
   (茶色)
・モンスターエナジーウルトラ
   (白色)

F1には2009年にブラウンGPの数少ないスポンサーの一つとして登場し、2010年からメルセデスのスポンサーを担っています。うまーくチャンピオンチームを渡り歩けていますね。レッドブルとは異なり、メインスポンサーではないため、あのロゴもさり気なくヘルメットやレーシングスーツの襟元に小さく見える程度です。ロズベルグやボッタスにはイマイチ似合ってないけど、ハミルトンにはピッタリなロゴだ。入れ墨していても、違和感は無さそう(笑)

《成分比較》
最後に100mℓ(100g=100,000mg)に含まれる成分の比較をしてみます。

                      レッドブル   モンスター
エネルギー          46kcal < 50kcal
炭水化物               10.7g < 13.0g
ナトリウム            80mg > 78mg
ビタミンB2        0.09mg < 0.70mg
ビタミンB6          2.0mg > 0.8mg
ビタミンB12         2.0μg > 1.0μg
ナイアシン           3.0mg < 8.5mg
パントテン酸       2.0mg >  -  mg
アルギニン          120mg < 125mg
カフェイン         32.0mg < 40.0mg
D・リボース          -  mg < 125mg
高麗人参                -  mg < 82mg
カルニチン             -  mg < 29mg

良し悪しは別として、大小比較してみました。パントテン酸はレッドブルにしかなく、逆にD・リボース、高麗人参、カルニチンはモンスターにしかありません。ざっとみた限り、F1同様にモンスターの方がパンチが効きそう。とはいえ、物理学系のmiyabikunは化学や薬学はさっぱりわかりません。詳しい方がいたら教えて下さい。

タバコ広告が減り、いよいよ飲料水がF1を支える時代になりました。miyabikunはこの手の効果はあまり感じないタイプなのが残念ですが、今後は「こっちを勝たせたいな」と思うウィークエンドに飲んでみることにします。ただ、先ほども書いたように「飲み過ぎ」には気を付けましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回も少し脱線して、、一昔前までテレビCMや駅の広告、看板にもあったタバコ。F1のスポンサーとタバコは切っても切れない関係でした。
昔は「カッコいい」「大人の男」と言われていても今は「百害あって一利なし」完全に世の中から広告がなくなりました。タバコも吸えない歳の頃から銘柄だけはマシンから学んでよく知っている。古き良き時代の話です。過去にあったタバコスポンサーを見ていくと、いくつかのグループに分かれたりします。また、タバコ広告の禁止国では工夫し「タバコの広告ではないけど、意味はわかるよね?」的なごまかし方も数々ありました。古き良き時代を懐かしみつつ見返していこうと思います。


《ロータス、キャメル、ルノー系》
ロータス × GOLD LEAF
これが元祖「タバコスポンサー」インペリアル社のタバコで1968年に始まりました。生まれていない時代でよくわかりませんが、色使いは好きです。

ロータス × John Player Special
セナファンであるとマールボロカラーかこのカラーかで世代がわかってしまう(笑)自分は前者です。高級感漂う漆黒に金文字、渋いですね。最近このカラーリングが復活するのでは?!なんて噂もありましたね。

ロータス × CAMEL
このロータスもセナですが、中嶋悟を連想する方も多いはず。今のF1には珍しいキャメルイエロー。インパクトは抜群です。今のマシンに塗ったらまた見栄えも変わるでしょう。

ウィリアムズ × CAMEL
マンセルファンにはたまらないキャメルとキヤノンの組合せ。紺と黄色の補色が強いウィリアムズを思い出させてくれます。

ベネトン × CAMEL
キャメルはロータスからアパレルメーカーのベネトンへ。キャメルイエローにライトグリーン。さらに派手に。ピケの終盤と若きシューマッハを連想します。

ベネトン × MILD SEVEN
キャメルが撤退すると我が国のタバコブランド、日本たばこ産業が参入。黄色からそのままマイルドセブンの水色に変わりました。シューマッハの初チャンピオンマシンです。

ルノー × MILD SEVEN
水色のマイルドセブンと黄色いルノーで補色コラボレーションです。強かったこともあってカッコよく見えます。こちらはアロンソの初チャンピオンマシンになりました。

ミナルディ × MILD SEVEN
ベネトンと同時期に日本たばこ産業がスポンサーとなったミナルディ。こちらは片山右京が持ってきました。ベネトンよりは青みが少なめ。


《マールボロ、ウェスト系》
BRM × Marlboro
長きに渡ってF1をスポンサードしたマールボロカラーの発祥はここにあります。パッケージをそのままマシンに表しました。マールボロはフェラーリ以外、このカラーリングが一般的です。

アルファロメオ × Marlboro
イタリアスポーツカーメーカーの祖はマールボロのスポンサーで1980年から3年間マクラーレンとそっくりでした。実績はマクラーレンの勝ち。

マクラーレン × Marlboro
マクラーレンといえばマールボロ!日本にF1ブームを巻き起こした時のセナ・プロ車として有名でした。幼きアロンソもカートに模したというこのマシンでのスポンサーは世界的に大成功だったと思います。これが本来の広告の形か。

マクラーレン × West
マールボロがフェラーリに移ると、マクラーレンはインペリアル社と契約し、日本では馴染みの薄いWestを冠します。今では手に入りやすいですが、当時は欲しくてもなかなか手に入らなかった銘柄です。往年のシルバーアローの再来、ハッキネンカラーといった感じです。

フェラーリ × Marlboro
1997年からマクラーレンに替わりフェラーリのメインスポンサーを始めたマールボロ。ロゴは出せずも2015年までは粘っていました。フェラーリはマシンにスポンサーロゴを大々的に貼ったり、チームカラーを変えたりはしません。マールボロのくさびのみを描いたり、バーコードで広告を出す。工夫に工夫を凝らして「走る広告塔」を支援していました。フェラーリの場合、全面の広告費をフィリップモリス社が買い取り、他のスポンサーはフィリップモリス社を通じて貼るというのも独特でした。

ザクスピード × West
マクラーレンよりもっと前にウェストが支援してのは鈴木亜久里も乗ったザクスピードでした。パッケージはこちらの方が近い気がしますが、タバコ広告禁止国はEastになるのはマクラーレンよりユニーク。


《ロスマンズ、ウィリアムズ系》
マーチ × Rothmans
ロスマンズ初のスポンサーチームです。マーチより個人的にはその後のレイトンハウスの方が馴染みがあります。ウィリアムズに比べて白みが多いカラーリングです。

RAM × Rothmans(SKOAL BANDIT)
このチームとカラーリングをよく知りません。。調べると、マーチなのかRAMなのか、ん??女性ドライバーのヴィロタの父親やJ・ヴィルヌーブの叔父にあたるJ・ヴィルヌーブがドライブしています。

ウィリアムズ × Rothmans
強いウィリアムズ、セナを亡くしたウィリアムズとして、印象に強いスポンサーです。ウィリアムズというと真っ先に頭をよぎるカラーだという方も多いのではないでしょうか。

ウィリアムズ × Winfield
ロスマンズブルーからウィンフィールドの赤に。マシンイメージが変わり過ぎたのと成績も下降線を辿り、あまり強いイメージではない頃のウィリアムズカラーでした。


《フレンチブルー系》
リジェ × GITANES
ジタンはフランスのタバコブランド。パッケージも青です。リジェもフランス人ということもありカラーリングも青に。
創設から最終年以外でスポンサードしていました。

リジェ × GAULOISES
リジェ最終年の1996年の1年間だけ同じフランスのタバコブランドのゴロワーズに鞍替えしています。そのままチームはプロストに引き継がれ、伝統あるチームは消滅してしまいました。

プロスト × GAULOISES
リジェを引き継ぎ、フレンチブルーとゴロワーズのブルーで真っ青になりました。色合いはカッコよかったのですが名選手、名監督あらず。日本人ドライバーは中野信治がドライブしています。


《B・A・T、ホンダ系》
B・A・R × LUCKY STRIKEと555
クレイグ・ポロックがマネージメントしていたJ・ヴィルヌーブの「ために」ティレルを買収し設立したようなチームでした。2台の色が異なるカラーリングを検討したり、ノーズからファスナーでラッキーストライクと555と半分半分にしたカラーリングはユニークなアイデアでした。チャンピオンは成就せず、ホンダエンジンを積み晩年は佐藤琢磨がドライブし、3位表彰台を獲得しました。

ホンダ × LUCKY STRIKE
B・A・Rを乗っ取った(笑)ホンダがそのままブリティッシュ・アメリカン・タバコのラッキーストライクを継続スポンサーにしています。ちなみに「日の丸カラー」と騒いでいましたが、ラッキーストライクは会社名の通りイギリスのブランドです。


《キャビンとジャパンパワー系》
ルース × CABIN
ラルースといえば星野一義、片山右京です。キャビンはF1では地味でも日本のモータースポーツには縁のあるブランドです。残念ながらF3000よりF1でのキャビンはロゴが小さい!

ティレル × CABIN
ラルースから移籍した片山右京が一緒に持ってきたスポンサーです。詳しく知りませんが、片山右京はタバコを吸う方なのでしょうか?!イメージ的にタバコには縁遠い印象です。


《その他》
ジョーダン × BENSON & HEDGES
ジョーダンが緑から真っ黄色に染まった時期です。ノーズコーンに蜂やサメが描かれて攻撃的なカラーリングです。エディ・ジョーダンならやりかねない感じ。


アロウズ × BARCLAY
恥ずかしながらこの頃のアロウズやバークレーという銘柄も知りませんでした。アメリカで初となる紙巻きタバコで今でいうとKENTシリーズになるらしいです。うん、KENTなら知ってます。


ーネリ × VICEROY
このチームもタバコも調べるまで知りませんでした。バイスロイという銘柄がスポンサーです。なんと1974年にマリオ・アンドレッティがドライブするも写真はなし。残念。。

ATS × VICEROY
1982年のATSにはノーズにバイスロイのロゴがあります。ただそのロゴよりもサイドポンツーンにあるABBAのロゴが気になります。あのABBAなんでしょうか?!




といった感じで今回も徹底的に調べて振り返りました。愛煙家の方、吸い過ぎには気をつけましょう。また、タバコは二十歳になってから。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ