F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:スタート勝負

IMG_2908
やっぱりのどかー。この頃はまだF1にレッドなブルがいなかった頃。こちらはホワイトカウって感じですね。今回は現レイアウトでの開催2回目、1998年のオーストリアGPを取り上げます。

今年のオーストリアGPはまだまだ前半戦の第9戦に設定されていますが、この年は全16戦中の第10戦にあたり、後半戦に入っています。ここまでマクラーレンのハッキネンとクルサードの2人で5勝、そのうちハッキネンが4勝。一方で最大のライバルであるフェラーリはM・シューマッハ一人で4勝を挙げ、がっぷり四つの状態で進行しています。ただし流れは至近レースで3連勝中のシューマッハにあり、ハッキネンとしてはこのヨーロッパラウンド中盤を乗り切れるか否かが初チャンピオン獲得のカギとなっています。

予選は濡れた路面で始まり、ドライ方向に向かうという番狂わせの様相。走る度にコンディションがよくなるため、いかに「時間いっぱいギリギリでタイムアタックできるか」にかかっています。
FullSizeRender
大穴登場!ポールをもぎ取ったのは参戦3年目、35戦目となるベネトンのフィジケラが初獲得。希少なイタリア人の久々の快挙でした。2番手はそのフィジケラにベネトンを明け渡してザウバーで戦う不運のベテラン、アレジ。ポール屋さんになりつつあるハッキネンは3番手に止まり、4番手のシューマッハと共にセカンドロウに並んでいます。日本人はティレルの高木虎之介が20番手、ミナルディから出走する中野信治が21番手で「予選落ち屋さん」ロセットの前はしっかり確保。

IMG_2866
《予選結果》
   1 G・フィジケラ(ベネトン・PR・BS)
   2 J・アレジ        (ザウバー・F・GY)
   3 M・ハッキネン(マクラーレン・M・BS)
   ※BSはブリヂストン、GYはグッドイヤー
     PRはプレイライフ(ルノーカスタム)

ココのスタートは登り坂の「高速椅子取り合戦」ですからね。
IMG_2869
IMG_2870
3番手のハッキネンがターン1までに定位置を獲得、メルセデスエンジン+ブリヂストンの組み合わせは他とは蹴り出しが違う。4番手シューマッハもアレジまでは捕まえて、ハッキネンを易々と逃すわけにはいかない。
IMG_2871
ほら、ターン1は気を付けなきゃ!先頭集団ではなく、最後尾集団が散らかっています。
IMG_2872
中嶋師匠からPIAAを継承した高木がターン1で止まり切れず、前後が反転してリヤウィングを無くしています。決勝でコーナーを一つも曲がらず終了。実は中野もそのとばっちりを受けてしまっています。日本人同士のニアミス。
IMG_2878
1周目はこれで終わらない。続くレムズで「黒カラス」アロウズのサロとディニスがやらかした。
IMG_2879
そしてこの日は何故か黒銀のクルサードもこんなところにいてとばっちりを食らいました。クルサードは雨の予選に大失敗して14番手スタートでした。いつもの3,4番手とは勝手が異なります。2箇所でやらかせば当然コレの出番。
IMG_2880
クルサードは高木のケースと異なり、交換可能なフロントウィングのため、セーフティカー発動のタイミングを活かしてピットイン、楽々な最後尾に喜んで戻っていきます。

IMG_2881
せっかく逃げ逃げハッキネンの思惑は外れ、上昇気流に乗る紅のライバルが真後ろに迫ってきました。レムズで仕掛ける!
IMG_2882
ハッキネンはツボをつくライン採りでしのぎ、シューマッハの攻撃失敗。一度フィジケラを前にやり過ごします。
IMG_2883
IMG_2884
初ポールごめんね、フィジケラを簡単にさばき、軽タンクで2ピット戦略のシューマッハはファステストラップを記録しつつ、再びターゲットをロックオン!
IMG_2886
IMG_2887
今度はインからか?!ハッキネンは意地でも譲らない。ターン9でアンダーステアとなったシューマッハは、外側縁石を越え、
IMG_2888
うわ!
IMG_2889
IMG_2890
フロントウィングをグラベルで粉砕して、傷を負ったまま1周分を乗り切らなければならないという試練が降りかかる。
IMG_2891
IMG_2892
シューマッハも良かれと思って攻めた結果、ほぼビリの16位。

あさっての位置を走る先頭はさておき、シューマッハが消えて熾烈になるのは表彰台争奪戦。ヤングイタリアンVS輝き切れないベテラン。
IMG_2893
IMG_2894
21周目のレムズ。
IMG_2897
インのフィジケラがガッつき、アウトのアレジは行く手を閉める。
IMG_2895
アレジはクルンと向きを変え、フィジケラはフロントサスペンションを折損して終了。フィジケラは勢いで行ってしまった。若いドライバーはどうしても前に出たいのです。こうやってベテランが諭して若手が洗練されていくものですね。

IMG_2898
初っ端のもらい事故により最後尾を強いられたクルサードは30周目にファステストラップを刻みながら実は2位まで浮上しています。この年のマクラーレンは本当に速い。もらい事故、もっと言えば決勝前日の予選から悔やまれますね。

こちらも最後尾を味わったシューマッハも54周目には5位まで浮上し、前はライバルチームの実弟R・シューマッハに遭遇します。
IMG_2899
抵抗はしないよねー。ボスも怒らないであろう(笑)
IMG_2900
最終盤67周目に3位走行中のチームメイト、アーバインもレムズ手前で進路を開けています。これはあくまでアーバインの「マシントラブル」とのこと。アヤシイ。。シューマッハはこのオーストリアGP前にフェラーリとの契約延長を発表していますが、これがあったからかどうか、アーバインもレース後にフェラーリとの契約延長にこぎつけています。

IMG_2902
《決勝結果》
   1 M・ハッキネン    (マクラーレン・M・BS)
   2 D・クルサード    (マクラーレン・M・BS)
   3 M・シューマッハ(フェラーリ・F・GY)

IMG_2904
先頭を走っている人を全く触れていませんでしたね(最近もこんなセリフ言った記憶が)スタートダッシュをしっかり決めて、後方での接触などつゆ知らず、ハッキネンがシューマッハの4連勝を食い止めました。いつの時代も後ろが見えないくらいぶっちぎっちゃうレース、あるものでした。数日後に控える2019年のオーストリアGP、今回こそはこうはならないレース運びだといいですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_9576
日本人と中国人は似ているけど、ちょっと違う。男性の方が分かりやすいように思います。お顔は伏せつつこの方はレッドブルを応援している様子、日本の方かな(間違えていたらすみません)バーレーンに引き続き、風が強そう。長い直線に回り込むコーナーのレイアウトは風の影響をモロに受けそうですね。

IMG_9581
奇数の走行ライン上からいいスタートを切れるかと思われたボッタスはもたつき、インのハミルトンと競り合うこともなくターン1へ。ポールスタートからこれやっちゃダメよ。セカンドロウに並ぶフェラーリもライン上のベッテルがボッタスのもたつきに逃げ場をなくしたか、ガラ空きのインをルクレールにプレゼント。上海はライン上の奇数スタートよりもイン側の偶数列の方がターン1、2をコンパクトに旋回できて有利そう。
IMG_9583
後ろでオレンジが跳ねている。
IMG_9585
まずトロ・ロッソのクビアトがサインツと触れ合い跳ねる。
IMG_9586
IMG_9610
反動でノリスを押し上げる。これか。ノリスはだいぶ飛んでいるな。「怪我」の代償はノリスだけでなく、クビアトが大きかった。ピットレーンのドライブスルーの罰を食らっています。スタート直後で接近中だったため仕方ない気もするが、、。

IMG_9588
予選不出走からピットスタートとなったアルボンはそんなゴチャゴチャな中団の助けもあって16位まで浮上。結果的には10位入賞を獲得してドライバー・オブ・ザ・デイに選出されましたね。予選前の出来事からよくぞ腐らず走り続けました!ジョビナッツィは、、うーん頑張れ。

IMG_9590
逃げちゃうメルセデスはさておき、その後ろは接近し始めましたよ。前がしたたかな弟ルクレール、後ろかんしゃく持ちの兄ベッテル。兄チャン、ここはひとつ落ち着いてね。チャンピオン獲りにいくんだもんね?
FullSizeRender
スタートは上手く前に出たルクレールのペースがイマイチよくなく、チームは入れ替えを指示。
IMG_9592
IMG_9594
譲ったら譲ったで前を追い始めるかと思いきや、コーナー各所でタイヤスモークを上げている。フェラーリはバーレーンGPから一転、明らかにメルセデスほどキメ切れいない。争う相手が後ろから追うフェルスタッペンになりつつある。そんなことやっている場合ではないのに。

18周目に5位走行中のフェルスタッペンがハードに交換。その前をじゃれ合うフェラーリの採った判断は
IMG_9597
IMG_9598
翌周に前を走るベッテルを先に入れて、フェルスタッペンをカバー。当然前には復帰します。ただこの2人、門下生同士よく出会うんだよな(笑)
IMG_9599
1周早めにタイヤ作りをしていたフェルスタッペンがインへ飛び込む。怖い怖い!
IMG_9602
塾では「やったらやり返す」と指導されています(笑)ベッテルは押し出して順位を堅守。さっきも書いたけど、ベッテルの争う相手はルクレールやフェルスタッペンではないんだけどね。

IMG_9604
ルクレールはベッテルから遅れること4周タイヤを引っ張って、フェルスタッペンがターンイン、ルクレールはまだピットレーン内に隠れるようなギャップとなっています。フェラーリのチームの指示によりフェルスタッペンのアンダーカットが成立しました。序盤のペースがよくなかったことに起因するけど、せっかくスタートで表彰台に手をかけたと思いきや、先輩に差し出して、見るはずもないライバルに先行されて、ルクレールは今「真のフェラーリ」を体感しているはずです。

13番手スタートからタイヤを引っ張るだけ引っ張り、第1スティントで一時期6位を走行したライコネンはレースの約半分となる26周目に一度キリのピットへ。
FullSizeRender
入賞圏外のトラックインでもマグヌッセン抜くネン
IMG_9608
IMG_9609
元相方、同じエンジンのグロージャンも抜くネンと活きのイイ若手の如く、中堅チームは手早く料理し入賞圏内復帰へ。おっちゃんはリラックスしてF1楽しむ。

FullSizeRender
てっきり上位陣は1ピットストップが王道かなと想像していると、6位走行のガスリーから大幅リードを築いたフェルスタッペンが35周目にミディアムタイヤに履き替え。ダルマ落とし式に翌36周目にベッテルがカバー、続いて余裕しゃくしゃくなツートップも連続ピットを敢行しています。
IMG_9613

ちょっと待たされてトラックインしたボッタスの前に、今回は戦略の甚大な被害者ルクレールに追いツーク。
FullSizeRender
頑張ール、けど堪え切レーズ、抜かレール。
IMG_9616
ニュータイヤのベッテールにまたもや先行さレール。今回のルクレールは我慢のレースでしたね。
FullSizeRender
「ハタは振られるモノ。ボク、振りナレテイナイ」

FullSizeRender
《決勝結果》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)
   2 ボッタス   (メルセデス・M)
   3 ベッテル   (フェラーリ・F)

《ファステストラップ》
   ガスリー      (レッドブル)1分34秒742
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   アルボン      (トロ・ロッソ)

スタートとピット以外ほとんど映されることも印象にも残らなかったメルセデス2人。結果的に上位3人はスタート順位のままでしたね。盤石だったメルセデス、いやフェラーリは太刀打ちも出来ず、さらには本来競争相手でないレッドブル1台に割って入られる「苦い」レースでした。開幕戦からピリッとしないできたガスリーは最後の最後に履いたソフトタイヤで少しは目立つことができたかな?

IMG_9618
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   アルボン      (トロ・ロッソ)

個人的にはスタート1発でレースを決めたハミルトン、ボロタイヤも我慢しつつしっかり入賞まではもっていくライコネンも候補にはありました。ただやっぱり今回も投票通り「ビリからの健気な積み重ね」が花開いたアルボンヌに一票を投じます。

IMG_9624
《第3戦中国GPのポイント》
・イン側偶数列に勝機アリ!スタート逃げ
・ライバルよりチーム内でレースするフェラーリ
・勢い余るクビアト、ペナルティちょっと重過ぎ
・おっちゃんはF1楽しむだけでも入賞できる

記念すべき1,000戦目は100戦前と同様のハミルトンが涼しげにゲット。1,001戦目もみんなで盛り上がっていきましょう!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_8756
決勝は兎にも角にもチャーリー・ホワイティングの追悼から始まりました。現役ドライバーのみならず多くの歴代ドライバーやチームもお世話になりましたよね。雲一つないメルボルンの空からきっと今日のレースを観ていることでしょう。予選で他を寄せ付けない頭一つ出たメルセデスはどのようなレースを繰り広げてくるか。

IMG_8759
スタートはポールのハミルトン、3番手ベッテルよりも機敏に反応した2番手ボッタスが心地良い加速をみせて、1コーナーをさらっていきます。
IMG_8762
ん、中団で黄色いのが弾んで土煙が上がっている。地元の星リカルドは誰に押されたわけでもなくイン側のグリーンに引っ掛けてフロントウィングを粉砕しています。F1の神は今年もこの男にいたずらをするのか?!地元であろうとも容赦ないシーズン幕開けとなりました。あのワイドでシンプルになったフロントウィングは今シーズンのレースの何かと鬼門になる気がします。
IMG_8763
リカルドと同様に1周目にフロントウィングを傷め、離れた最後尾を張るウィリアムズのクビカのさらに背後に、先頭のボッタスの影が浮かんできました。トラブルがあっての走行ではありますが、8周目に幸先不安なウィリアムズにラップダウンの裁定が早くも近付いています。本当はこんなペースでこの位置を走るために得たシートではないのに、今はこれが現実。

IMG_8765
レースは概ね1ピットストップ戦略を採ると予想される中、タイヤを保たせてくるかなと思っていた9番手スタート9位走行のライコネンが13周目にC4(赤)から1ピットストップには足りないであろうC3(黄)にチェンジ。それをみた8位走行のルノーのヒュルケンベルグが翌14周目に反応してこちらはC2(白)でカバー。それを皮切りに各車タイヤ交換のラッシュを迎えます。
IMG_8767
3位走行のベッテルはライコネンと同様に15周目にC3。ボッタスにお株を奪われたハミルトンも当然ながらベッテルの真似っこで16周目にC3を履き応戦します。まだレース1/3程度なのに、本当に1ピットストップでいくつもり?!
IMG_8769

昨年のオーストラリアGPではハースがタイヤ交換でしでかして赤っ恥をかきましたよね。グロージャンが16周目に元気なノリスと同時ピットに入り、結果的に逆転されてトラックインしていきます。え?ピット静止時間がノリス2.5秒に対して、グロージャンは10.8秒?!また何かやらかしたか?!
IMG_8770
IMG_8773
左フロントのホイールガンをカメラが捉えています。犯人はまたこれか!しばらく走行は続けますが、レース後半にタイヤがグラグラであることが判明、レースを終えています。こればかりはグロージャンのせいではない。ハースは一年前から進歩無し。全く懲りていないな。
IMG_8791

IMG_8775
まだタイヤ交換を済ませていない久々本戦のジョビナッツィにタイヤ交換は済ませたグロの相方マグがロックオン。近付くと怖いぞ、殴られるぞ〜!しばし圧力をかけると
IMG_8776
ジョビナッツィはそれに耐え切れず。そこからはヒュルケンベルグにライコネンと立て続けにパスされています。久々とはいえ、まだまだイタリアンには慣れが必要そう。
IMG_8778

FullSizeRender
上位はボッタスが24周目、フェルスタッペンは26周目、ルクレールが29周目に王道のタイミングでタイヤ交換を終えると、タイヤがくたびれ始めた3位ベッテルに4位フェルスタッペンが迫っています。
IMG_8789
「フェラーリなんて、大したことないじゃん」
IMG_8790
ピッタリ背後につけ、31周目にアウトからかぶせながら前へ。フェラーリの前評判はどこへいった。むしろホンダエンジンに載せ替えたフェルスタッペンの勢いは今シーズンも健在のよう。またイジれる、安心しました。

IMG_8796
スタートから逃げ切るボッタスを追える者は誰一人もおらず、ファステストラップも求めて叶える勢いがありました。ボッタスの完勝です。

IMG_8802
《決勝結果》
   1 ボッタス               (メルセデス・M)
   2 ハミルトン           (メルセデス・M)
   3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

《ファステストラップ》
   ボッタス(メルセデス)1分25秒580
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ボッタス(メルセデス)

3位予想だったベッテルはルクレールにも肉薄される出来で、合同テストまでの好調から一転。課題の残るレースでした。逆に昨年は意表をつかれて落とした開幕戦を今年はフリー走行から予選、決勝と完璧な仕上がりで完勝したメルセデス。それもボッタスが獲ったという点が今後のレースを盛り上げそうで嬉しく思います。

IMG_8801
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ボッタス(メルセデス)

レース中盤までは健闘するフェルスタッペンを推そうと思っていましたが、勝ちに留まることないボッタスがしっかりファステストラップまで獲得したことで、miyabikunも異論無しのドライバー・オブ・ザ・デイに選びます。決勝は初めから終わりまで完膚無きまでボッタスの一日でした。

IMG_8757
《開幕戦オーストラリアGPのポイント》
・自力で勝ち取る髭面効果てきめんのボッタス
・フェラーリは案外大したことない?!
・今年は戦えそうなホンダエンジン
・予選妨害にずさんなピットと懲りぬハース

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_0755
グレーの空を連想しがちなイギリスの空は気持ちよく晴れて、路面を熱々にしてくれました。今回のイギリスも薄肉タイヤ導入で、前回のオーストリアのようなブツブツなブリスターまでの心配は要らなそうですが、上手に使う方がいいに越したことはありません。

地元で連続ポールは獲得しつつ、ほんのちょこっとだけライバルより使ってしまっているハミルトンのスタートに注目されます。
IMG_0756
IMG_0762
2番手のベッテルの方が蹴り出しがよく、1コーナーのアビーまでに先行を許してしまいました。おまけに3コーナーで3番手スタートのライコネンにまで並ばれて
IMG_0757
IMG_0763
FullSizeRender
方向転換からほぼ最後尾へ。ここまではいい感じでイギリスマイスターを続けて、ポールからなら本来ゴタゴタに巻き込まれないはずなのに、のっけから黄色信号が灯っています。ここのところアグレッシブなライコネンは一度サードロウのレッドブル2人にやられて5位に落ちた後、リカルドだけは捕まえて4位に定着。

IMG_0764
7周目まではシレッと走り続けますが、審議の裁定は10秒ピットストップペナルティが下されました。ハミルトンは10位まで盛り返しつつもライコネンからは14秒遅れているわけだし、ライコネンの当て勝ち感はあります。
IMG_0765
フェルスタッペンと軽くバトってタイヤを使い、空力的にもお気に召さないライコネンは14周目に早くもペナルティ&タイヤ交換に向かいます。ミディアムタイヤへ。
IMG_0767
18周目にファステストラップを記録しても、以前にかわしたはずのリカルドに1.6秒及ばず。速く走れてもこういうところでペナルティストップが響いてきますね。

トップのベッテルは21周目、2位ボッタスは翌22周目にピットを終えてミディアムタイヤで復帰すると、マシンを痛めながら粘り続けるハミルトンとコンタクトしています。
IMG_0771
シーズンの主役、GPの主役はハミルトンですが、この今のレースの優先権はボッタスにあります。素直に譲って自身は26周目でピットへ。

IMG_0774
1ピットストップレースが想定されましたが、今回実に存在感のないレッドブルのリカルドは31周終了時に2回目ピットでソフトタイヤに履き替えたその直後
IMG_0775
33周目にエリクソンは今回追加されたコントロールライン上のDRS区間終了付近の1コーナーでバランスを崩し曲がらず直進クラッシュ。アビーは速度が高い右コーナーだから危険度も高いです。追加された3つ目にしては、危険な気もします(コプス手前やマゴッツ手前を提案したmiyabikun案も危険ちゃ危険)
IMG_0777
セーフティカーが導入されて、トップのベッテル以下、フェルスタッペンもライコネンも満を持してタイヤ交換に向かいます。トラックに留まったボッタスとハミルトンはミディアムタイヤで1ストップのまま終盤に入ります。吉と出るか凶と出るか?!
IMG_0778

IMG_0779
レース再開の38周目にアグレッシブライコネンが再びフェルスタッペンを襲いにいく。フェルスタッペンもタイヤは新しいためしっかり応戦。今回はおとなし目だけど、ボクも元気だよ!フェルスタッペンのカバーはいつも通りですが、最近は特にライコネンがイキイキして攻める姿勢が見られます。いいことです。
IMG_0780

IMG_0786
FullSizeRender
続く39周目に11位争いをしていたグロージャンとサインツがコプスの進入でイン側のグロージャンがクリッピングポイントを押さえきれずアウト側にはらんで接触、この事故で再びセーフティカーの出番となります。

IMG_0790
終盤に入ってタイヤを引っ張るメルセデス2台にタイヤを替えてまだ余力があるフェラーリ2台が背後に。逃げ切るかと思われたハミルトンのイギリスがピンチを迎えています。近年には無かったメルセデスとフェラーリの至近の攻防戦が2台揃って見られるのは、両者の差が小さいことの現れだと感じます。
IMG_0791
47周目にベッテルがボッタスを処理すると、今度は先程と逆にボッタスとハミルトンを入れ替えてハミルトンが直々にベッテル討伐に向かいます。
IMG_0792
ボッタスは3位の座もライコネンに捕らえられてもうボロボロ。少しタイヤ交換にズレはあるものの、使い込んだミディアムタイヤでファステストラップを築いて追って2位にまで復帰したハミルトンにアッパレです。いつものポールトゥウィンよりも、このような底力で巻き返してくれた方が観ている方は強さと速さを大いに感じます。優勝こそなりませんでしたが、ハミルトンの印象的なレースの一つです。

IMG_0794
《決勝結果》
   1 ベッテル     (フェラーリ・F)
   2 ハミルトン (メルセデス・M)
   3 ライコネン (フェラーリ・F)

IMG_0795
《ドライバーズランキング》
   1 ベッテル    (フェラーリ・F)       171
   2 ハミルトン (メルセデス・M)     163
   3 ライコネン (フェラーリ・F)      116
   4 リカルド    (レッドブル・TAG)  106
   5 ボッタス    (メルセデス・M)      104

《第10戦イギリスGPのポイント》
・ハミルトンの勝ちパターンをスタートで阻止
・後ろから抜いてきての2位はさすが
・ペナルティに恐れるな、まだまだ攻めでいこう
・レースはやっぱり2ストップくらいでやろうよ

3連戦お疲れ様でした。夏休みまであと2つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ