F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:ジャカレパグア

グラフは少し見飽きましたね。目を休めましょう。12月中旬まで及んだ2020年シーズンが終わって早3週間経ちます。そろそろレースを観たくなりませんか?!まだいいって?!(笑)昨年の「過去のレース」は中止や延期になったGPにも合わせて「なんちゃってGP」をこのブログ内で強引に突き進めてきたわけですが、実はその時に載せようかどうかすごく迷って、結局諦めてストックしていたレースがいくつかありました。その中の一つであるジャカレパグアで行われた1983年ブラジルGPを取り扱おうと思います。近年はシーズン終盤に盛り込まれるブラジルGPをどこに差し込むか悩みつつ、隙間を縫って9月中旬に1982年ブラジルGPをねじ込みました。それもピンとこない時期ではありましたが、よりによってこの時期のブラジルGPってのも違和感がありますよね。でもこの年のブラジルGPはあながち遠からずです。なぜならこのレースは開幕戦にあたる3/13に行われたということで、約2ヶ月程度先の話だからです。それにしても1月中旬は早過ぎか(笑)
今から38年も前となる1983年シーズンのレースは今回初採用となります。一見地味にも感じる方は多いかもしれませんが、これがなかなか面白いシーズンとなっています。それを助長させた一つの要因がこれです。
IMG_5554
フェラーリ126C2B
IMG_5555
ウィリアムズFW08C
IMG_5556
ルノーRE30Cと現代も参戦する各チームでマシン自体のディテールも実に多彩です。でもこれ、シャシー名からも分かるように枝番が付けられた前年1982年型の改良車ばかりなのです。どうしてこんな事態に陥ったのかというと、かの有名なグラウンドエフェクトカー廃止(フラットボトム規定)がシーズン開幕3ヶ月前の12月に急遽決まり、予め開発をしていた各チームの各マシンは対応に間に合わず強引にレギュレーションに合わせ込む必要があったからです。近年もマシンレギュレーション変更が数年前から決められ、発表されている通り、これら大幅変更はある程度早い段階から告知しないと、いくら莫大な資金と腕利きが集まるF1カテゴリーであっても対応し切れません。ほとんどのチームがやっつけの改良型で開幕戦を迎える中で、間に合わせてきたチームとマシンがあります。
IMG_5557
以前「名車シリーズ」でも振り返ったブラバムBT52です。空力の鬼才と呼ばれたゴードン・マーレーはライバルと同条件下において、予定していたBT51導入や改良を諦め、レギュレーションに適合する新車をしっかり開幕戦に合わせ込んできました。この辺ができるかできないかでシーズンの戦い方が変わってきます。さすが老舗のブラバム。

前段にだいぶ時間を費やしてしまいましたが、予選は前年にたった1勝でチャンピオンを獲得したN・ロズベルグの父、K・ロズベルグが連覇を目指して好発進のポールポジションを獲得。見た目もチャンピオンの風格を感じさせますが、こう見えてこの当時34歳です。今でいうハミルトンとベッテルの間くらいにあたります。もっというと、これは今から38年前ということで、後にチャンピオンを獲得する息子ニコはまだ生まれていません。2番手はターボを武器に「予選番長」と化するルノーの若手プロスト、3番手に「前年の悪夢」の払拭に挑むフェラーリのタンベイ、4番手は新車に乗るピケが獲得しています。

FullSizeRender
《予選結果》
 1 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
 2 A・プロスト (ルノー・R・MI)
 3 P・タンベイ (フェラーリ・F・GY)
 ※GYはグッドイヤー、MIはミシュラン
  Foはフォード

IMG_5560
スタートでポールポジションのロズベルグは早くも逃げ体制。3番手タンベイは出遅れ、4番手ピケに先行されています。
IMG_5561
途中給油を念頭に軽いマシンで追うピケはプロストをかわして早い段階で2位に浮上してきました。

IMG_5563
ブラバム同様に途中給油の軽タンクで逃げるロズベルグはタイヤを傷め、7周目にピケが隙をついてトップに立ちます。
IMG_5564
軽タンク走行は経験豊かなブラバムが一枚上手か。

IMG_5566
傷むタイヤで27周を耐えたチャンピオンのロズベルグがピットインして予定通りの給油作業に入ります。給油ホースの角度に注目下さい。ドライバーの真後ろに真上から垂直にノズルを挿す形でどうも給油し辛そう、なんて見ていると恐れていたことが、、IMG_5567
発火!
IMG_5569
消火器が向けられ、ロズベルグは堪らずマシンから飛び降りる。レース中の途中給油って、当時の技術からするとかなり高度かつ危険行為です。IMG_5570
レースを諦めたかと思いきや、火は消し止められ「ピットクルーの手を借り」て9位で復帰していきます。たった1勝でもチャンピオンはチャンピオン。簡単にレースを諦めるわけにはいきません。
IMG_5571
軽タンク戦法を得意とするトップのピケの給油作業。こちらの給油は真上からではなく、ノズルが挿し易い横向きです。給油も配慮した設計がなされているBT52はやはり優秀。

IMG_5573
当時のルノーは決勝になるとグズグズしてしまっています。ピケに抜かれ、パトレーゼにも抜かれ、予選9番手のマクラーレンのラウダにまで抜かれる始末。速さだけではレースに勝てない。
IMG_5574
さらには一度燃えた後に復活を果たしたカーナンバー1のロズベルグにまで抜かれてしまいます。ロズベルグは一度9位まで落ちたのに、再び表彰台圏内まで戻ってきました。すごい追い上げだ。
IMG_5575
そのロズベルグはラウダもかわして2位浮上。軽タンク逃げ逃げ途中給油の効果てきめんですね。ただトップのピケまでは距離があるか。
IMG_5576
IMG_5577
予選4番手。でも新車を用意して戦略大当たりのピケが余裕の優勝。前年もトップチェッカーを受けながらマシン違反で失格となったため、これが母国初優勝となりました。IMG_5578
2位は猛追のロズベルグ、賢いラウダがいつものしれっと3位となり表彰式を迎えますが、この年もこのままでは終わりませんでした。
IMG_5580
最終結果はこちら。

《決勝結果》
  1 N・ピケ   (ブラバム・B・MI)
失格 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
  3 N・ラウダ  (マクラーレン・Fo・MI)
 ※BはBMW

思い出して下さい。先程のロズベルグのピットアウトは自力ではなくピットクルーの手を借り押しがけで復帰しています。あの行為が違反の対象となり、前年に引き続き2年連続のブラジルGP失格の裁定が下りました。チャンピオンのロズベルグはちょっと恥ずかしい。通常であれば4位フィニッシュしたウィリアムズのラフィが3位昇格といきたいところでしたが、結局それは行われず、F1で異例の「2位の存在しないレース」に終わっています。
一方で82年は幻の優勝、83年にようやく母国初優勝を飾ったピケは86年も優勝したことが讃えられ、88年にジャカレパグアは「ネルソン・ピケ」という名に改称されることとなりました。存命現役のドライバーがサーキットに名付けられるのは異例です。しかし残念ながら90年からブラジルGPは改修を受けたインテルラゴス(ホセ・カルロス・パーチェ)に移されF1で使用されなくなり、2016年に開催されたリオ五輪のメイン会場に選定されたことにより、今では跡形も無く解体されています。また1973年から開催されてきたブラジルGPの名称も今シーズンから「サンパウロGP」に改称されて消滅することが決定しました。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日あれだけホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)でのブラジルGP予選をみてきたっていうのに、今回振り返るのは1982年第2戦ジャカレパグア(のちのネルソン・ピケ)で行われたブラジルGPです。ブラジルGPには間違いないけど、繋がってなーい(笑)今シーズンはブラジルGPも無いことだし、何でもアリ。
1982年は先日オランダGPで初めて取り扱いました。今回は2回目で「過去のレース」シリーズで現時点での最古のレース更新となります。キャラミでの開幕戦南アフリカGPは前年チャンピオンのピケがリタイヤする一方、ターボが自慢のルノーがポールトゥウィンを飾ってこの第2戦を迎えています。シーズンはまだ始まったばかり。当時はマシンに「グラウンド・エフェクト」いわゆる地面効果に依ったマシンが主流となっていました。マシンフロアに飛行機の翼をひっくり返したような形状を採り、飛行機とは逆に地面に押さえつけるような原理でダウンフォースを得るという画期的な技術ではありましたが、マシンがひとたび挙動を乱したりすると、一気にリセットされて浮き上がってしまうというリスクと紙一重の特性もありました。

予選は開幕戦に続いてルノーのプロストがポールポジションを獲得。2番手もターボエンジンを積むフェラーリのG・ヴィルヌーブが獲り、ターボ車がフロントロウを占めています。ノンターボ(NA)車の最上位はウィリアムズで3番手のK・ロズベルグ、続いてマクラーレンのラウダが4番手となっています。キャラミよりは低速基調のジャカレパグアでもターボ勢が猛威を振るうのか?!

《予選結果》
 1 A・プロスト  (ルノー・R・MI)
 2 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 3 K・ロズベルグ (ウィリアムズ・Fo・GY)
 ※MIはミシュラン、GYはグッドイヤー
  Foはフォード

image
決勝のスタート!画像があまり良くないので、見辛いかもしれませんが、とにかく路面が酷いです。4回に分けて舗装したかのような継目が遠目のカメラでもはっきり見て取れます。一般道であれば車線毎に打ち継ぐのはよくあることですが、ここはサーキットですからね。規格が非常に良くない。スタートでモタつく黄色いプロストに代わって、フェラーリのエースとして名高いヴィルヌーブがトップに立ちます。
image
ロズベルグの攻撃も何のその。
image
プロストからの攻めも怖くない!さすがフェラーリのチャンピオン獲得を託された男です。

image
レースが進行するにつれ、予選7番手に甘んじたチャンピオン、ピケのペースが上がっていきます。ココは俺の地元だよ、と。ノンターボのブラバムでターボのルノーをあおる。
image
次なる標的はいよいよトップをひた走るヴィルヌーブです。
image
NP「おい。兄ちゃんもターボだよな。見てな」
ロズベルグも復調をみせ、ピケとセットでヴィルヌーブ狩りに向かいます。
image
スーッと近付いて
image
インに追いやる。ヴィルヌーブは左側を脱輪して制御できず
image
スピンしながら外側へ。
image
NP「ふん、あいつビビってやんの。可愛いな」
ピケとヴィルヌーブのマシンは触れ合っていません。ピケの巧み勝ち。今でこそこのような「プレッシャーによるバトル」はだいぶ減ってしまいましたが、昔はこうした駆け引きや揺さ振りでライバルを追い込んでいく手段は定石でした。

image
こちらは同じブラバムでも、ピケの相方パトレーゼの方です。マシンを半分グリーンに落として、何やら様子がおかしいです。
image
image
あー回っちゃうー
image
ほぼトラックを横断する形のスピン。リオ・デ・ジャネイロの暑さとこの酷い路面により、意識朦朧になってしまいました。トラック復帰しようと試みるもimage
image
あらら真っ直ぐに走れず、また同じようにくるくるしちゃっています。よくこの状態で自力帰還できたなぁ。コクピット内でほぼ死んでいる。。image

image
ヴィルヌーブをかわした後、順調にラップを重ねるピケは初の母国優勝がみえてきました。1975年のC・パーチェ以来の快挙で観客も大賑わい。image
あーあ、トラックにまでこんなに飛び出しちゃって。喜ばしいことだけど、後続も来るんだし危ないよ!
image

《決勝結果》
 1 N・ピケ   (ブラバム・Fo・GY)
 2 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
 3 A・プロスト (ルノー・R・MI)

image
表彰式はピケ嬉しい嬉しいシーズン初優勝、母国初優勝のはずなのに、こちらも様子がおかしいですね。2位のロズベルグ、3位のプロストも異変を感じる。image
おっとっと、、、
image
喜ぶどころか、立っていられずグニャリと力尽きる。パトレーゼ同様にさすがのピケも限界だったんですね。出走26台中、完走は12台とかなりサバイバルなブラジルGPとなりました。
image

しかし、このレースはこれで終わりではありませんでした。トップ2台はフィニッシュ後にブレーキ冷却水を足して、最低車体重量をクリアしたとのタレコミがあり審議。後日裁定が下りました。

《後日最終結果》
  失格 N・ピケ   (ブラバム・Fo・GY)
  失格 K・ロズベルグ(ウィリアムズ・Fo・GY)
  1 A・プロスト (ルノー・R・MI)
  2 J・ワトソン (マクラーレン・Fo・MI)
  3 N・マンセル (ロータス・Fo・GY)

優勝のピケと2位ロズベルグが失格。3位以下が繰り上がりとなりました。これを不服としたFOCA(Formula One Constructors Association の略で現在でいうFOTAに相当)系に属するチームが第4戦サンマリノGPの出走を辞退し、26台中14台の参戦、完走はたった5台という非常にシラけたレースを行うまでに発展してしまいました。1982年シーズンはご存知の通りK・ロズベルグによるフィンランド人初、わずかシーズン1勝でのチャンピオン獲得となりましたが、もしこのブラジルGPの失格やサンマリノGPの不参加が無ければ、チャンピオン争いも異なる結果になっていたかもしれません。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブラジルGPまで時差観戦になりますが、前の2つに比べたら少しだけ早いでしょうか。ブラジルGPも昔から続く「F1に欠かせない」開催地の一つです。
《国の基本情報ほか》
国名称:ブラジル連邦共和国
  人口  :1億9840万人(世界第5位)
  面積  :851万2千㎢(世界第5位)
  設立  :1823年にポルトガルから独立宣言
               1825年に承認
主言語:ポルトガル語
  首都  :ブラジリア
  通貨  :レアル

F1開催期間と数:1973〜(45回目)
開催サーキット:ホセ・カルロス・パーチェ
                            (インテルラゴス)
                             ネルソン・ピケ
                            (ジャカレパグア)
F1ドライバー数:31人(スポット含む)
F1チャンピオン:3人
現役ドライバー:1人(F・マッサ)
著名ドライバー:
E・フィッティパルディ
                             C・パーチェ、N・ピケ
                             A・セナ、R・バリチェロ

ブラジルは南アメリカで最多、最大の国家です。現在のブラジル連邦共和国になる前はブラジル帝国と呼ばれる、大西洋を隔てた反対側ポルトガルの植民地で首都はブラジリアでなく、サンパウロに次ぐ第2の都市リオ・デ・ジャネイロでした。現在の首都であるブラジリアは人口としては4番目。大都市が点在する大西洋岸ではない、ブラジル連邦共和国設立時に中央高地に遷都した計画都市になります。アマゾン川の本支流が国土を張り巡らし、広大な国土であることから方や大自然、方や高地、方や人口集中する大都市と様々な文化や環境が混在しています。ただ、GDP(国内総生産)は世界第7位にランクインするも、貧困の差も激しく、犯罪も多発する国であり、治安は良くない方です。F1をドライブできる者は比較的富裕層が多いですが、国民的スポーツであるサッカー選手は「大成して豊かな生活をしたい」という夢がある者も多くいますよね。
ブラジルの国旗は星と中に何やら文字が書かれていますよね。気になっていたので調べると、星は9つの星座で構成され、文字はORDEM E PROGRESSO「秩序と進歩」を意味しているようです。
現在のF1では数少ない南半球の国の一つで、気候は北部が熱帯雨林気候、F1が行われてきた南東部に位置する都心部は日本と同様の温帯気候に属します。ただし南半球ですから、7月が冬となり最も降水量が少なく、夏となる1月に雨が多く降ります。昔はF1の開催されていた開幕直後は秋口、現在の11月は春にあたります。
ブラジルは参戦者からみた優勝経験者やチャンピオン経験者の割合が高く、スポット参戦も含めた31人中、優勝は5人に1人にあたる6人、チャンピオンは10人に1人となる3人おり、その3人も複数回獲得しているため、F1での活躍が際立ってみえます(最も割合が高いのはフィンランドで9人中5人が優勝経験者、3人がチャンピオン)その内訳はサンパウロ出身者が多く占め、フィッティパルディ家にはじまり、パーチェ、セナ、バリチェロ、マッサがおり、リオ出身はピケ家など少数派。ピケがセナを差別し罵る一つの理由でもありました。

《ネルソン・ピケ(ジャカレパグア)》
  所在地 :リオ・デ・ジャネイロ市
市域人口:632万人
市域面積:1,260㎢
標準時差:UTC-3:00(日本から-12:00)
  F1開催 :1978,81〜89(10回)
一周距離:5.031km
初代優勝:C・ロイテマン(フェラーリ)
最多優勝:A・プロスト(5回)
最多P.P. :A・セナ(3回)
最速P.P. :1分25秒302 A・セナ(1989)
最多F.L. :A・プロスト (3回)
最速F.L. :1分32秒507 R・パトレーゼ(1989)

インテルラゴス(ホセ・カルロス・パーチェ)でのF1開催に代わってリオ・デ・ジャネイロのジャカレパグア湖に面した位置にサーキットを1978年に開設、当初は「ジャカレパグア」という名でブラジルGPが行われていました。よく見慣れたコースレイアウトは南上が多く、北上にするとこんな見栄えになります。サンパウロ出身のE・フィッティパルディやC・パーチェの活躍の後に開花した地元のN・ピケのチャンピオン獲得の功績を称え、1988年に「ネルソン・ピケ」に改称。一般的に絶命した後に名付けられることが多い中、ココは改称後も本人がドライブしているという珍しい現象が起きています。セナは走り辛かっただろうなぁ。ただピケはジャカレパグア時代に2勝していますが、肝心な改称後はキャリアも下火にさしかかっていたため88年の3位表彰台が最高位でした。
現在はまだ記憶に新しい2016年に行われるリオ・デ・ジャネイロ五輪のメイン会場として同地が選ばれたためサーキットを解体。試しにサーキットレイアウトを重ねてみましたが、現在はほとんど名残はありません。ロシアのソチ五輪の逆パターンですね。
ただ遺伝子の根強いピケの名はしっかりサーキットの場所を替え、自身の生まれ故郷であるブラジリアに1995年に受け継がれて、MotoGPを開催させていました。

《ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)》
  所在地 :サンパウロ市
市域人口:1204万人
市域面積:1,521㎢
標準時差:UTC-3:00(日本から-12:00)
  F1開催 :1973〜77,79,80,90〜(35回目)
一周距離:7.960km(1973〜77)
                  7.874km(1979,80)
                  4.325km(1990〜96)
                  4.292km(1997〜99)
                  4.309km(2000〜)
初代優勝:E・フィッティパルディ(ロータス)
最多優勝:M・シューマッハ(4回)
最多P.P. :セナ、ハッキネン、バリチェロ、
                  マッサ(3回)
最速P.P. :2分29秒880 J・P・ジャリエ(1975)
                  2分21秒400 J・P・ジャブイユ(1980)
                  1分15秒703 N・マンセル(1992)
                  1分16秒004 J・ヴィルヌーブ(1997)
                  1分10秒023 N・ロズベルグ(2014)
最多F.L. :M・シューマッハ(5回)
最速F.L. :2分34秒160 J・P・ジャリエ(1975)
                 2分27秒310 R・アルヌー(1980)
                 1分18秒455 M・シューマッハ(1995)
                 1分18秒397 J・ヴィルヌーブ(1997)
                 1分11秒473 J・P・モントーヤ(2004)

元祖、そして現ブラジルGPの開催地です。開設は1936年とかなり歴史あるサンパウロ市内の国営サーキットです。当初はグアラピランガ湖とビリングス湖に挟まれた「湖の間」という意味にあたる「インテルラゴス」という名で呼ばれていました。新旧レイアウトを重ねるとよくわからないので、下で分解させて描きます。
コースレイアウトは5回の変更を伴い、大きく2つに分類されます。似ているから単に一回り小さくなっただけ、と思いきや、リニューアルと共にうまいことショートカットされていることがわかります。赤ラインがくるくる回折する8km弱に及ぶ旧レイアウト時代。そしてジャカレパグアから再び戻ってきた1990年以降の現在に近い黒ラインのレイアウトとなります。今でこそ増えてきた「反時計回り(左回り)」の古株の一つです。現在の名前は1975年に地元ブラジルGPを制し、1977年に飛行機事故で亡くなった「ホセ・カルロス・パーチェ」から名付けられました。さっきのピケが異例で、こちらの名付け方が一般的。本人は改称を知りません(天国から見ているかな)
サーキットは場所は変わらずもちょこちょこレイアウトの軽微変更を行う所が多い中で、2000年から今まで18年間変わらず4.309kmが続いてています。2000年といえば3.0ℓV10のNAエンジン時代です。そこから2.4ℓV8NA、さらにはKERSやDRSなどの補助装置を経て、現在の1.6ℓV6ハイブリッドターボまでタイムだけの単純比較ができてしまうわけです。最速タイムは上に答えが出ていますが、最後にエンジン別の予選タイム比較を載せてみます。

・3.0ℓV10 NA                 :1分10秒646(2004)
・2.4ℓV8 NA                   :1分10秒680(2006)
・2.4ℓV8 NA(KERS)  :1分14秒470(2010)
・2.4ℓV8 NA KERS DRS:1分11秒918(2011)
・1.6ℓV6 T ERS DRS     :1分10秒023(2014)

天候や気温、重量、回転数制限やエアロパーツの違いなどエンジン以外の細かな要素はあるものの、距離だけの単純比較をするとこんな感じです。うまいこと1分10秒台で頭打ちになっています。今シーズンはいずれのサーキットも向上し、ここはその差が比較的に顕著に出るのではないかと予想します。1分09秒台を飛び越えて、1分08秒台突入か?!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ