F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

タグ:イモラ

IMG_6738
現レイアウトによる今回のトロフィーです。画像では見辛いですが「ある場所」にダイヤのようなものでアクセントが施されています。本当はそこ以外にももう一箇所マークしておいてほしいなと思うのですが、やはりこのサーキットでは永久に語り継がれるあの出来事ですからね。遠いところから今回のレースを眺めていることと思います。
IMG_6743
レースの前にスタートタイヤの確認をしておきましょう。毎回異次元の争いをするトップ3人とQ2落ちしたメンバーの多くはミディアムタイヤとなっており、他8人がソフトタイヤをチョイスしています。フリー走行が少ない今回でタイヤデータが充分と言えない中、この選択がレースの面白さを引き立てることとなりました。

FullSizeRender
スタート2番手のハミルトンがフェルスタッペンにかわされ、3位に後退しています。
IMG_6747
最近好調なアルファタウリのガスリーはフェルスタッペンを牽制するハミルトンの隙を縫ってダッシュを図りたかったのですが、
IMG_6748
アウト側を閉められ順位を落とすことに。惜しい!5位に後退したガスリーは9周目にマシントラブルでリタイヤしています。
FullSizeRender
ガスリーが外れたなら、この方が頑張るしかありませんね。6位アルボンと7位クビアトのグループ内対決開始。しかしココは抜けないイモラ、この2人はレースのほとんどをバトルし続けていましたね。

14周目にソフトタイヤでスタートしたルクレールやリカルドがハードタイヤに交換し始めます。アルボンとクビアトも同じソフトを履いていますが
IMG_6756
あータイミングが同じでは、ピット戦略での順位入れ替えも期待できません。トラック上でかわすしかない。

IMG_6762
ミディアムタイヤで先頭を走るボッタスがファステストラップでフェルスタッペンを引き離し始めました。ソフトに対してちょっと早い気もするけど、ミディアム勢もそろそろかな。
IMG_6763
ところが19周目にフェルスタッペンからハードタイヤに履き替え、翌20周目にボッタスがカバー。4位以下に散々ぱら差をつけていますから、ハミルトンに暫定トップを譲ったくらい。トップ3台にタイヤ差なんて全く問題になりません。
IMG_6769
気になるのは暫定トップのハミルトンがいつのタイミングでピットインしてくるか。無線では
IMG_6774
「ペースを上げるつもりだから、止めないでね」
トラック上で抜けないなら、ピット戦略で抜けばいい。タイヤを労りつつファステストラップを連発してボッタスとの差を築いてオーバーカットを狙う所存。いいですねーキングの追い上げ見せてもらいましょう!
FullSizeRender
どんどんペースを上げて、フェルスタッペンを捉える位置まで引き離しました。あとはボッタスを捉えるのみ。

IMG_6775
29周目にルノーのオコンがマシントラブルにより、グリーンの浅い区間にマシンを止めたためバーチャルセーフティカー発動。となれば
IMG_6777
タイミングぴったり!ハミルトンはココでピットへ。そしてタイヤ交換エンディングでバーチャルセーフティカーもエンディング。何だこの短さ、オコンによるハミルトンへのプレゼントか?!(笑)
IMG_6778
ハミルトン以外のベッテル、ライコネン、ラティフィといったミディアムタイヤ勢のピットを図る間も無く、オイシさも無し。そりゃハミルトンがトップで戻れるよねー。オーバーカットを余裕で完遂したことにより、イモラのレースこれにてちゃんちゃん!(笑)
IMG_6780

IMG_6785
バーチャルセーフティカーの恩恵も無く40周まで引っ張ったベッテル。それでもここまで引っ張れば、予選順位よりかはいくつかの浮上は見込めるはず。
IMG_6786
左リヤと右フロントの交換に手間取り、今や給油も無いのに停止時間13.1秒?!
IMG_6787
最低だ、ベッテルの頑張りもクソったれのチームのおかげで予選順位と全く変わらない14位に。いくら何でも可哀想。こんなクソチームとっとと離れちゃえばいいのに。

IMG_6796
序盤のデブリが起因してリヤに不調をきたすボッタスは43周目にコースオフ。フェルスタッペンにとっては大チャンス、この隙を逃すわけが無い。
IMG_6795
この2人はちゃんとバトルしているって感じ。
IMG_6798
あのーもう44周になるのですが、、4位はいいけどアニキいつまで引っ張るつもり?!ライコネンの最初で最後のピットは63周レースの49周目。それも皆が履くハードではなく、当然ソフトで最終スティントを迎えています。皆が採らない奇策ができるあたりが、さすがベテラン。

FullSizeRender
レース終盤の51周目のヴィルヌーブでタイヤを壊してリタイヤするフェルスタッペン。こんなタイミングにセーフティカーを招いています。
IMG_6811
優等生ラッセルが珍しくミスってクラッシュ。
IMG_6813
セーフティカーの間にタイヤ交換を行うレーシングポイントのストロールは未だに「後遺症」が残るのか、ジャッキマンを跳ね飛ばす。
IMG_6815
何だか終盤になって荒れ出したなぁ。おかげで今回のレースの眠気は終始ゼロ(笑)

FullSizeRender
残り少しだけど。再スタートするよー?!7位ペレスが6位でモタつくアルボンに襲いかかる。
FullSizeRender
焦ったアルボンはスピン、後続のサインツはヒヤリハット。この距離感で本当によくぶつからずにかわしたよ。今夜のアルボンは大反省会だな。
IMG_6818

IMG_6825
《決勝結果》
 1 ハミルトン(メルセデス・M)
 2 ボッタス (メルセデス・M)
 3 リカルド (ルノー・R)

IMG_6828
リカルド、例のやつ、ボッタスに飲ませろ!
IMG_6829
キングが飲むのかい!!そうだね、汚いだの臭いだの、そういう差別はよくないもんね。

《ファステストラップ》
 ハミルトン(メルセデス・M)1分15秒484
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ライコネン(アルファロメオ・F)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ライコネン(アルファロメオ・F)

ファン投票結果にあるように、今回のこれはライコネンで間違いないと思います。全く競争力の無いマシンでありながらも「走ることの楽しさ」の理由を体現しているかのようなレースでした。ミディアムタイヤをスタートタイヤに選び、旧友ベッテルと共に交換を引っ張るだけ引っ張りました。マシンに競争力が無いのならライバルが採らないような奇策で前を狙うしかありません。ベッテルは「チームのせい」でハマりませんでしたが、ライコネンは我慢の走りが活き、まだまだ単なる老害でないこと、ファンからの人気だけでF1をドライブしていないことを証明してくれました。これぞベテランの走り。
次点はクビアト、その次はやっぱりしぶとく上位フィニッシュを果たすペレス、あとはライコネンと明暗分かれたベッテルでした。今回のベッテル自身は何も悪くない。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 アルボン(レッドブル・H)

テレビ観戦中の下書きでは怒りと呆れ半々で「フェラーリ・F」でストーリーを組んでいました。が、レース最終盤に気が変わりました。アルボンヌですね。貴重なアジア系だし、明るい性格に憎めない笑顔、アグレッシブな走りを応援はしているのですが、今シーズンはアグレッシブさの中の「危なっかしさや不安」が前面に出てしまっています。レーススタート、そしてローリングスタートが全くよくありません。チームメイトがフェルスタッペンだから、とかマシンがドライビングにマッチしていない、は同情に値しません。かれこれレッドブルに一年以上乗っているわけだし、あなたは「プロ」なんですから。グループの先輩クビアトに長らくお尻を突かれて耐えてはいたものの、それは「抜き難いイモラだから」であって、他のサーキットであったらもっと早い段階でやられていたと思います。仮にレッドブルから離れる判断をされても、アルファタウリに乗れるかわからない、その気で残る今シーズンを戦ってほしいと願っています。

IMG_6807
《第13戦エミリア・ロマーニャGPのポイント》
・実力もさることながら、運も抜群のキング
・タイヤ粘りのベテラン2人はチーム力で明暗
・次なるシューイはボッタスにやらせよう!
・やっぱりイモラ、近代も変わらず抜けない

IMG_6740
トラックリミット騒動に始まった久々のイモラ。抜き難い特性は変わらず、大方の予想通りのオールドサーキットらしいレース内容ではありましたが、ピット戦略で前に出るなど古き良きF1をみれた気がします。あれから四半世紀経ったわけですが、近代F1をこの方はどう見届けたのでしょうか。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_6705
上空からみると、F1で新たに採用されたレイアウト変更がよく分かりますね。ヴァリアンテ・バッサが寂しく残り、画像奥右手にあるタワーがだいぶ先の方になっていて、コントロールラインも後退しています。シケインを新たに設けるサーキットは多くありますが、減らしてくるのはなかなかレアケース。1回キリとなったフリー走行のタイムからも、平均速度向上とタイム短縮は間違いないようです。IMG_6683
ココも懐かしいですねー。誰もが知る「例の現場」今では何も無かったかように綺麗に整備され
FullSizeRender
この上りのカメラアングルもよく観ました。14年振りにF1に復活したオールドサーキットはレイアウトを見ずにどのコーナーを通過しているのがわかるのがいいですね。

IMG_6687
今シーズン3回目の母国GPを迎えたジョビナッツィは来シーズンの契約延長を発表して、意気揚々と出発。そろそろ本当上手くなろう(笑)IMG_6692
たった1回キリ90分のフリー走行のタイムをQ1で更新するハミルトンに対し、ボッタスはトラックリミット規定によりタイムを出せずにいます。
IMG_6695
レッドブルのアルボンも、これではダメ。やり直し。IMG_6697
ボッタスは何とかハミルトンと僅差の2位につけました。アルボンはどう?IMG_6698
大丈夫?!
IMG_6699
第2リバッツァ出口もギリギリ。
IMG_6700
フェルスタッペンとの間に3人を置いて、これならまあ平気か。IMG_6701
前戦ポルトガルGPの決勝1周目で大飛躍をみせ周囲を驚かせ、来シーズンも「自分の意思」で継続参戦を決定されたイモラでポールポジション経験者ライコネンはさすがの一発。FullSizeRender
こちらがQ1の結果。あれ?ライコネン落ちてるじゃん。。IMG_6704
これか、昔はそこまでトラックリミットを厳しく取らなかったよね。また決勝で魅せてもらいましょうか。
IMG_6703
来シーズンがまだ不透明なマグヌッセンは論外。さすがにそれはピットインシフトが早過ぎだよ(笑)

Q2のボッタスは黄色いミディアムタイヤで入場。ほか、レッドブルとフェラーリも一応。
IMG_6709
ベッテルがトップタイム!こんな画も最近見れなくなりましたね。記念に一枚。IMG_6711
赤のソフトタイヤで挑むアルファタウリはクビアトからベッテル超えをし、ガスリーもしっかりそれを上回る。今の流れはあくまで僕。
IMG_6712
フェルスタッペンが1本目でノーパワーの兆候がみられ、ノータイムで一度ピットに戻っています。アルボンはタイムこそ残しますが、ヴァリアンテ・アルタでくるりとスピンを喫し、レッドブル勢はピンチ!
IMG_6713
初めにトップタイムを記録したベッテルさんは第2リバッツァ出口ではらみ「まきびし」をトラック内に撒き散らしています。
IMG_6716
ノータイムのフェルスタッペンの一つ前、ラッセルにも上回られて実質ビリ。これが今シーズンのベッテルQ2。
IMG_6715
IMG_6717
フェルスタッペンはラストアタックもミディアムのまま、ガスリーに続く暫定4位。IMG_6718
アルボンはソフトに切り替えて、ひとまずフェルスタッペンを上回って何とかQ2突破へ。IMG_6721
グラベルのランオフエリアはこれが厄介ですよね。Q2敗退のチャンも一緒に手伝わなきゃ。IMG_6722


IMG_6725
今回のポールは果たしてどちらか?!今シーズンの予選はこれがお決まり。IMG_6726
土煙の先にハミルトンがいます。第2リバッツァではみ出して出したタイムは?!IMG_6727
あんな走りでも1分13秒781。ボッタスの1本目は0.031秒届かず。IMG_6730
アルボンはまたやってる。気持ちはわかるんだけど、取り消されちゃうんだよって。IMG_6731
ハミルトンは2本目でさらに削って1分13秒706。どんどんいく。今回はハミルトン回かな。IMG_6732
おーボッタス上回った!さすがエミリ、、IMG_6734

《予選結果》
 1 ボッタス    (メルセデス・M)1分13秒609
 2 ハミルトン   (メルセデス・M)1分13秒706
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)1分14秒176

《先日の予選予想との答え合わせ》
2択のフロントロウを外してしまいました。。3番手フェルスタッペン、5番手リカルド、14番手ベッテルの3人正解。惨敗。アルファタウリを下に見過ぎていたのがそもそも敗因。ごめん。。

《Q3トップのボッタスと各チームの差》
 
メルセデス(ハミルトン)は0.1秒落ち
 レッドブル(フェルスタッペン)が0.6秒落ち
 アルファタウリ(ガスリー)は0.9秒落ち
 ルノー(リカルド)も0.9秒落ち
 フェラーリ(ルクレール)が1.0秒落ち
 マクラーレン(ノリス)は1.2秒落ち
 レーシングポイント(ペレス)が1.5秒落ち
 ウィリアムズ(ラッセル)は1.7秒落ち
 ハース(グロージャン)が2.3秒落ち
 アルファロメオ(ライコネン)も2.3秒落ち
 ※最速タイムから算出

1分13秒台に到達したのはメルセデスの2台のみ。いつもながら突出しています。2番手チームのレッドブルとの差0.9秒が大き過ぎますね。逆にそれ以下、レッドブルからレーシングポイントまでの6チームが1.0秒以内に集まっておりかなかなか激戦の様相です。ただ1周がさほど長く無いこともあって、トップのメルセデスから最下位チームのアルファロメオの差は2.344秒に止まっています。
先日、歴代のポールポジションタイムを比較し、最速は2004年のB・A・Rのバトンによってマークされた1分19秒753でしたね。今回のボッタスは1分13秒609と6.144秒の短縮です。そう考えると、今回18番手に終わったライコネンは2005年の自身のポールタイムから比較すれば、3.913秒も速いことになります。全く比較不能でまるで別カテゴリーのよう。シケイン廃止により、平均速度が高くなった影響も大きく、さらには15年の技術の向上ですね。

IMG_6733
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 
 ガスリー(アルファタウリ・H)

今回の予選はアルファタウリの2人がとても健闘していました。中でも今シーズンは優勝を経験し、予選から好位置につけるガスリーはクビアトを毎回上回り、マクラーレンやルノーといった中堅上位の壁を見事に突破、お決まりの3人に続く4番手を獲得しています。ホンダ系4台のうちの2番目の地位を確立させてきています。来シーズンはレッドブル再昇格ではなく、アルファタウリで継続する選択もよかったとmiyabikun個人的には思っていますし、決勝の「アイルトン・ガスリー」もレースを盛り上げてくれるであろうと期待したいです。ヘルメット、懐かしいですね。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 
 トラックリミット規定

抽象的な書き方になっていますが、単にトラックリミットを越える走行に対して、罰則を与えることを非難しているのではありません。サーキットは走行してもいい幅員を定めて、それを超越して利益を得るようでは、そもそもサーキットでスポーツする意味も無いため、それを管理し、厳罰にすることに間違いはありませんが、交換ペナルティと同様に「観ているファンや限界まで攻めて走るドライバーにとって時としてゲンナリするものといえます。フジテレビの解説陣からも話題に出た通り「そもそもトラックリミットを規制するならば、トラックリミットさせない措置」を投じるべきでしょう。
一つのアイデアとして、今回のようなオールドサーキットにあるグラベルやグリーンにするという物理的な対策がありますが、それらのデメリットとして「速度が充分に落とし切れなかったり、予測不能な挙動を起こしかねない」また「グラベルやグリーンをトラック上に引き込んでしまう」ということもあり、近代サーキットはコースオフした後も制御可能なターマック(舗装面)とし、ウォールで衝撃吸収を行って安全対策を採っています。もちろん意味があってそうしたのですが、その結果今回のみならず近年運営側が目を光らせて管理する副産物を生み出してしまいました。果たしてどちらがいいのか、具体的な改善案を決める権利や知恵は浮かびませんが、例えば「マシンに搭載した位置情報から電子制御で強制的かつ瞬間的にストールさせる」とか「路面側に新素材を使用して減速させる」などの開発に取り組んでもいいように思います。うまくいけば、我々一般道の施設にも波及し、安全な道路交通の実現に繋がるかもしれません。なんて言うなら、miyabikuが考えてみろ、というのはナシで(笑)長くなりました。

IMG_6696
《決勝の表彰台予想!》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

メルセデスの強さが圧倒的過ぎて、他のチームやドライバーに入り込む余地が考えにくいですね。表彰台メンバーはいつもの3人として、気になるその順番。ポールポジションは辛うじてボッタスが獲得、ただそれが素直に優勝に繋がる足掛かりとなりそうか、、最近の決勝レースを観ているとならない気がします。逆にスタートダッシュやピット戦略なども無く、ハミルトンが逆転する画の方がよっぽど想像できちゃいますよね。というわけで93勝目もトントンっと獲ってくると予想。3位のフェルスタッペンもいつもならボッタスなんぞ容易くぶち抜いてくることにしたいのですが、今回ばかりはメルセデスのレースペースにはついていけそうにありません。この表彰台予想が外れるとしたら、ハミルトンの優勝は手堅いものとして、ボッタスやフェルスタッペンが予期せぬトラブルや接触を起こした時でしょうか。ガスリーが虎視眈々とその座を奪いにくるぞ!楽しみにしましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

突然ですが「ボローニャ」って言い辛いですよね。文字を目で見て、頭の中で読むのは反則ですよ!(笑)「ボリョーニャ」とか「ボローナ」になっちゃいませんか?!miyabikunは滑舌があまりよくないので「ロ」を意識しないと大抵グズグズになっちゃいます。余談でした。
14年振りに緊急復活ですね。若いファンは初めてご覧になる方も多いでしょうし、このサーキットがカレンダーから外れたことも知らずに去っていったベテランのファンもいることでしょう。F1の一国二開催といえばココ、嘘サンマリノGPで有名なエンツォ・エ・ディノ・フェラーリでのエミリア・ロマーニャGPです。

IMG_6681
《エミリア・ロマーニャGPの基本情報》
 エンツォ・エ・ディノ・フェラーリサーキット
  全長           :4.909km×63周=計309.267km
  開催回数 :28回目
  コーナー数:17箇所
  高低差       :m
  DRS区間数:1箇所
  母国レース :ジョビナッツィ
        フェラーリ、アルファタウリ

《サーキットの個人的印象》
 ・以前は「これよりヨーロッパラウンド開始」
 ・モンツァよりフェラーリ色強し
 ・ストップアンドゴーでも幅員狭く抜き難い
 ・とにかく派手なクラッシュが多い

miyabikunの母上と同じ1953年生まれで、miyabikunと同じ1980年から「イタリアGP」としてF1サーキットの仲間入りを果たしたサーキットです。デビューが偉大なモンツァを差し置いてのGPというのがすごいですね。F1で最も多く行われたモンツァ唯一の非開催となっています。基本の形状は大きく変わらず、元々はF1において少数派の左回り(反時計回り)となっており、起伏もある中、高速レイアウトであると言われていました。しかしトラック幅は決して広くなく、いくつかのシケインを有していたものの「追い抜きし難い」という弱点も度々ささやかれていました。よって予選順位は重要で「過去のGP」でも取り上げたことがあるように、マシン差が無いライバルとのバトルはトラック上よりもピット戦略で前に出てしまう、というのが定石です。とはいっても、近年のF1といったら、そんなモンあまり関係無いんだよな。。
14年の時を経て28回目の開催となりますが、今回は2007年から採用されたレイアウトで初本戦となります。先日までに掲載してきたコースレイアウトを若干見直しました。最終の左クランク「ヴァリアンテ・バッサ」が改修され、右へ緩やかな高速コーナーに変貌を遂げています。以下に示すポールポジションレコードを確実に上回ること間違い無しです。

《過去5年のポールポジション》(参考)
 2006年 M・シューマッハ(フェラーリ)
    1分22秒795
 2005年 ライコネン   (マクラーレン)
    2分42秒880 ※
 2004年 バトン     (B・A・R)
    1分19秒753
 2003年 M・シューマッハ(フェラーリ)
    1分22秒327
 2002年 M・シューマッハ(フェラーリ)
    1分21秒091
 ※2005年は2回の予選タイムの合算による

《ポールポジションレコードタイム》
 2004年 バトン     (B・A・R)
    1分19秒753(一周4.933km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
  (★はその年のチャンピオン)
 1回 ライコネン(2005)

歴代のポールポジション獲得者です。ただし最終が14年も前の2006年ですから、キングもチャンもいないわけで、、現役は来シーズンもアルファロメオのおっちゃんただ一人です。ライコネンは15年前となる2005年のマクラーレン時代に獲っています。こちらも以前に振り返りましたよね。サンマリノGPあたりから急に速さをみせたマクラーレンでしたが、序盤にマシントラブルでアロンソ様に勝利を献上してしまったんですよね。歴代獲得者にキングやチャンがいないというのは珍しいし、どこか清々しい。

《過去5年の優勝者》
 2006年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2005年 アロンソ    (ルノー)
 2004年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2003年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2002年 M・シューマッハ(フェラーリ)

《現役歴代優勝者と回数》
 該当無し

先述のように唯一の参戦経験のあるライコネンは2005年以外でも優勝したことがありませんので、ゼロです。最近のサンマリノGPといえばフェラーリのM・シューマッハとルノーのアロンソのバトルが有名ですね。

《過去5年のファステストラップ獲得者》 
 2006年 アロンソ    (ルノー)
 2005年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2004年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2003年 M・シューマッハ(フェラーリ)
 2002年 バリチェロ   (フェラーリ)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
 該当無し

ファステストラップ屋さんのライコネンをもってしても、6回の出走で一度も獲得がありませんでした。無い無い尽くしではつまらないので、今回は以下に「祝2021年シーズン参戦決定」ということで特別にライコネンの全戦績を記載することにします。

《ライコネンの予選、決勝全戦績》参戦6回
 2006年 予選8位   決勝5位  (マクラーレン)
 2005年 予選P.P.   決勝リタイヤ(マクラーレン)
 2004年 予選20位 決勝8位  (マクラーレン)
 2003年 予選6位   決勝2位  (マクラーレン)
 2002年 予選5位   決勝リタイヤ(マクラーレン)
 2001年 予選10位 決勝リタイヤ(ザウバー)

他の項目と同様に新しい順で記載してあります。2001年に当時ザウバー(現 アルファロメオ)からデビューしたライコネンの初イモラは予選10位、決勝はマシントラブルによりリタイヤしています。2年目から名門マクラーレンに抜擢され、徐々に速さに磨きをかける中、マクラーレン時代の最高位は予選が2005年のポールポジション1回、決勝は2003年にM・シューマッハに次ぐ2位表彰台が1回となっています。6回の出走で優勝無し、表彰台1回でリタイヤが3回となると、ライコネンからしてみたらあまり相性のいいサーキットでもなさそうですね。ちなみに、二期にわたるフェラーリ時代はココの出走がありません。

《使用されるタイヤコンパウンド》
 赤:ソフト  (C4)
 黄:ミディアム(C3)
 白:ハード  (C2)

タイヤは真ん中のコンパウンドが採用されており、このGPは金曜日に行われる2回のフリー走行が無く、使用タイヤも少ないため持ち込むタイヤはトータル10セットに制限されています。初めてF1で走行するドライバーがほとんどの中、フリー走行や予選でタイヤを潰してしまうということがあると大変ですね。
金曜のフリー走行が無い=予選予想はよりヤマカンになることを示します。フリー走行まで待ってから予想を立てても時間が無いし、ここはムジェロや先日のアルガルヴェと同様にヤマカンにならざるを得ません。くそぅ。

《エミリア・ロマーニャGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.ラティフィ   (ウィリアムズ)
 19.マグヌッセン  (ハース)
 18.グロージャン  (ハース)
 17.ジョビナッツィ (アルファロメオ)
 16.ライコネン   (アルファロメオ)
〜Q2〜
 15.ラッセル    (ウィリアムズ)
 14.ベッテル    (フェラーリ)
 13.クビアト    (アルファタウリ)
 12.ガスリー    (アルファタウリ)
 11.ストロール   (レーシングポイント)
〜Q3〜
 10.ルクレール   (フェラーリ)
   9.オコン     (ルノー)
   8.アルボン    (レッドブル)
   7.ノリス     (マクラーレン)
   6.サインツ    (マクラーレン)
   5.リカルド    (ルノー)
   4.ペレス     (レーシングポイント)
   3.フェルスタッペン(レッドブル)
   2.ボッタス    (メルセデス)
  P.P. ハミルトン   (メルセデス)

根拠はありませんが、っぽい感じで並べてみました。ぽいでしょう?!(笑)先頭の3人はいつも通りとして、それに続くのは最近予選から好位置につけるペレスを先頭に、リカルド、マクラーレンの2人、そしてアルボン。今回のアルボンはフェルスタッペンまでに挟んだドライバーを抜いて、連なることができるでしょうか?!
またクビアト当てちゃったりして(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

レース前に振り返る「過去のレース」今回1982年第4戦に行われたサンマリノGPです。先日の1988年日本GPはマクラーレンのセナとプロストによるチーム内確執を取り扱いました。近年ではレッドブルのベッテルとウェバー、またメルセデスのハミルトンとロズベルグなどがあったように、チーム内確執は歴代のF1で度々みられたものです。今回のサンマリノGPでもあるチームがある出来事をきっかけに確執が起きたとされるレースとなっています。他人のケンカは蜜の味、ってか?!(笑)
1982年シーズンはつい先日、第2戦ブラジルGPをやりましたね。このサンマリノGPとの間にはロングビーチ市街地でのアメリカ西GPを挟んでいるわけですが、実は一部話が繋がっています。ブラジルGPのレース結果を思い出してみて下さい。フラフラで表彰台の中央に立ったブラバムのピケ、それからウィリアムズで2位となったK・ロズベルグは「レース終了後に水を足して失格」になりましたよね。その裁定を不服とした当時FOCAに属するティレルを除いた10チームがこのGPを出場辞退するという事件が起きました。結果的に参戦は半数以下の7チーム14台というシラけたレースとなっています。

予選はターボパワーを強みにアルヌー、プロストのルノーフランスコンビがフロントロウを占めて、G・ヴィルヌーブ、ピローニのフェラーリコンビはセカンドロウでひとまず我慢。

《予選結果》
 1 R・アルヌー  (ルノー・R・MI)
 2 A・プロスト  (ルノー・R・MI)
 3 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 ※MIはミシュラン、GYはグッドイヤー

IMG_6660
決勝のレーススタート!スタート直後なのに、隊列がホントに短いし、数えるほどのマシンしか見えない。サミし。。
IMG_6661
敵陣でカッコよくフロントロウを奪ったルノーですが、早々にエンジンがお決まりのように果てていく。まずはプロストがヴィルヌーブの餌食に。
IMG_6662
そしてフェラーリの「紅い波」がアルヌーも捉えました。ココはフェラーリの地元、イモラ。シラけたスタンドのボルテージが一気に高まります。ヴィルヌーブに続いてピローニも勢いに乗っかり、フェラーリがワンツー体制を確立。
IMG_6663
IMG_6664
ルノーのコレは当時の「あるある」

IMG_6666
マクラーレンやブラバム、ウィリアムズといった強豪もおらず、出走台数が少ないとはいえ、フェラーリが単独の首位争いをしているとなればファンは嬉しい反面「どちらが勝つの?!」という心配も募ります。ちなみにカーナンバーはヴィルヌーブが27、ピローニが28。ということは契約上は「ヴィルヌーブの方がチームとしてエース扱い」ということがわかります。
IMG_6668
IMG_6669
ピローニは契約通りナンバー27に前を譲ります。
IMG_6670
しかしレースが進むも両者はピタリと連なり、ピローニが隙を狙っているようにもみえます。しつこいですがココはフェラーリの地元、ナニかが起きるのではないかと皆がハラハラ見守ります。
IMG_6671
ピローニが動いた!ヴィルヌーブをかわして前に。何かのデモンストレーションのようにも見えますが、今回のピローニが再び譲る気配は全くありません。こりゃ一大事だぞ!!IMG_6673
そのままの順位でフィニッシュ。フェラーリのワンツーには違いないけど、ピローニはチームの契約を違反する優勝となりました。またレースは出走14台中、完走はたったの5台という、2005年のインディアナポリスでのアメリカGPの上をいくシラけ具合と複雑な気持ちが混じる形でレースが終わっています。

IMG_6674
《決勝結果》
 1 D・ピローニ  (フェラーリ・F・GY)
 2 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 3 M・アルボレート(ティレル・Fo)
 ※Foはフォード

IMG_6675
ウィニングランで早々とヘルメットを脱ぎ、颯爽と風を切りながら勝利に浸るピローニ。スポーツとしてみれば、速い者が勝つ。レースに、それもチームの母国で勝ちたいというピローニの行動に一切間違いはありません。しかし契約に反する結末はチーム内を揺るがし、ヴィルヌーブとの信頼関係を壊すきっかけになってしまいました。ヴィルヌーブは続く第5戦ゾルダーでのベルギーGPの予選でクラッシュし絶命。ピローニもまた第12戦ドイツGPの大クラッシュによりドライバー生命を絶たれるなど、この2人が和解することなく同じ82年で姿を消すという悲しい結末を迎えています。IMG_6676

近年においても明確にエース、セカンドと役割を明確にするチームがいくつかあります。しかしいずれも律儀にチームの指示に従い、エースを中心にレースを運ぶというシーンがみられます。このような過去の出来事から考えると、実に実直で行儀のいいドライバーが増えたと思います。それもこれも「時代のせい」でしょうか。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

予定外のイタリア3発目、懐かしのイモラにF1が戻ってきますね。今回はイタリアGPでもサンマリノGPでもなく「エミリア・ロマーニャGP」の名前で限定復活です。

IMG_6677
《サーキットの基本情報》
 エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ(イモラ)
    全長   :5.000km(1980)
       5.040km(1981〜94)
       4.895km(1995,96)
       4.930km(1997〜99)
       4.933km(2000〜06)
       4.909km(2020)
 コーナー数:17箇所(2007〜)
   開催回数  :27回

サーキットのある地名である「イモラ」で定着していますが、正式にはエンツォ・エ・ディノ・フェラーリ。フェラーリの創始者の名前そのままになります。先日初めて行われたムジェロサーキットとも近く、80年台から2000年台前半までサンマリノGPの舞台としてカレンダーに組み込まれていました。若いF1ファンなら「セナが没した地」として有名かと思いますが、当時は少数派の左周り(反時計回り)高速サーキットとされ、危険かつ歴代で大きな事故が多発したサーキットでもあります。
IMG_2535
 ・1980年         5.000km (オリジナル)
 ・1981〜94年 5.040km 青色(シケイン追加)
 ・1995,96年    4.895km 赤色(コーナー低速化)
 ・1997〜99年  4.930km
 ・2000〜06年 4.933km
 ・2007〜現在  4.909km 下図(最終シケイン廃止)
IMG_4346
上の図がイタリアGP、サンマリノGPで行われていた時代のもの、そして今回のエミリア・ロマーニャGPに際してまた新たなレイアウト変更があります。いずれも「水辺に浮かぶカルガモ」のような形が特徴的ですね(北上で表現すると、上下逆さまになってしまいますが)軽微ながら数回のレイアウト変更を経て現在に至ります。
81年にレイアウト中間部にある右コーナー「アクア・ミネラーニ」にシケインを設置した1周約5kmのレイアウトが90年台前半まで使用されました。その後94年に発生した死亡事故により、その現場となったタンブレロ、ヴィルヌーブの2つの高速コーナーに速度抑制のシケインを設置する変更を受けています。06年を最後に長年続いた「イタリアでの二開催」の歴史に幕を閉じF1カレンダーから外れたわけですが、翌07年にピットおよび最終シケイン「ヴァリアンテ・バッサ」を改修、廃止。緩やかなストレートに変貌を遂げました。久々となるF1本戦走行、果たしてどんなタイムになるか、期待と興味を募らせますね。

《予選P.P.タイム変遷》
 80 5.000km 1分33秒988 アルヌー
 81 5.040km 1分34秒523 Gヴィルヌーブ
 82 5.040km 1分29秒765 アルヌー
 83 5.040km 1分31秒238 アルヌー
 84 5.040km 1分28秒517 ピケ
 85 5.040km 1分27秒327 セナ
 86 5.040km 1分25秒050 セナ
 87 5.040km 1分25秒826 セナ
 88 5.040km 1分27秒148 セナ
 89 5.040km 1分26秒010 セナ
 90 5.040km 1分23秒220 セナ
 91 5.040km 1分21秒877 セナ
 92 5.040km 1分21秒842 マンセル
 93 5.040km 1分22秒070 プロスト
 94 5.040km 1分21秒548 セナ
 95 4.895km 1分27秒274 Mシューマッハ
 96 4.895km 1分26秒890 Mシューマッハ
 97 4.930km 1分23秒303 Jヴィルヌーブ
 98 4.930km 1分25秒973 クルサード
 99 4.930km 1分26秒362 ハッキネン
 00 4.933km 1分24秒714 ハッキネン
 01 4.933km 1分23秒054 クルサード
 02 4.933km 1分21秒091 Mシューマッハ
 03 4.933km 1分22秒327 Mシューマッハ
 04 4.933km 1分19秒753 バトン
 05 4.933km 1分19秒886 ライコネン-1 ※
 06 4.933km 1分22秒795 Mシューマッハ

※2005年はポールポジションタイムではありません

純粋なタイムの変遷です。80年はサンマリノGPではなく「イタリアGP」として9月の秋開催となりますが、グラフでちょこっとした表現差を付けただけで一様に並べました。唯一モンツァサーキットを使わなかったレア年ですね。また今までも数回あったように、05年第4戦サンマリノGPは2回の予選の合算であったため、1回目に速いタイムを記録したマクラーレンのライコネンによるトップタイムを採用しています。
IMG_6648
数字だけの羅列を見ていても気付き辛いですが、グラフにするとまあまあ素直に高低がついたのかなというのが第一印象です。時代はちょうどグラウンド・エフェクトカーが流行りだした80年台初頭、トラックにはシケインが追加されたにも関わらずタイムを縮め、最終年の82年にルノーを駆るアルヌーによる1分29秒765をマークします。当時のルノーはターボエンジン搭載車の先駆けとして、予選でライバルが一目置く存在にありました。グラウンド・エフェクトカーが禁止される83年はフェラーリに移籍したアルヌーでもタイムは一度落ち込み、ここから各車「パワーターボ」が猛威を振るい始めました。83年からターボが禁止される88年までは全てターボエンジン搭載車によるポールポジションであり、最終年の88年は過給圧2.5バールに制限を受けたことにより、タイムがセオリー通り落ち込みました。
NAエンジンの時代に入るとタイムは年々短縮され、94年にウィリアムズをドライブするセナによって1分21秒548が記録されました。しかしその翌日の決勝レースでの「例の大事故」により、このサーキットのみならず全世界のあらゆるサーキットが一時的な改良、そしてマシンレギュレーション変更を余儀なくされました。その結果、翌95年は2箇所のシケイン追加のために5.7秒もタイムが延びてしまいました。
その後もNAエンジンのまま「マシンの進化とレギュレーションによるダウンフォース低下」がせめぎ合いつつもタイムを少しずつ削り、3.0ℓV10エンジン末期の2004年に当時BAR・ホンダのエースであるバトンがマークした1分19秒753が現状の最速ポールポジションタイムとなっています。レギュレーション変更を当てていくと、実にわかりやすくタイムに反映されていますよね。IMG_6678

《予選P.P.平均速度変遷》
 80 5.000km 191.5km/h 100%    アルヌー
 81 5.040km 192.0km/h 100.2% Gヴィルヌーブ
 82 5.040km 202.1km/h 105.5% アルヌー
 83 5.040km 198.9km/h 103.8% アルヌー
 84 5.040km 205.0km/h 107.0% ピケ
 85 5.040km 207.8km/h 108.5% セナ
 86 5.040km 213.3km/h 111.4% セナ
 87 5.040km 211.4km/h 110.4% セナ
 88 5.040km 208.2km/h 108.7% セナ
 89 5.040km 211.0km/h 110.1% セナ
 90 5.040km 218.0km/h 113.8% セナ
 91 5.040km 221.6km/h 115.7% セナ
 92 5.040km 221.7km/h 115.8% マンセル
 93 5.040km 221.1km/h 115.4% プロスト
 94 5.040km 222.5km/h 116.2% セナ
 95 4.895km 201.9km/h 105.4% Mシューマッハ
 96 4.895km 202.8km/h 105.9% Mシューマッハ
 97 4.930km 213.1km/h 111.2% Jヴィルヌーブ
 98 4.930km 206.4km/h 107.8% クルサード
 99 4.930km 205.5km/h 107.3% ハッキネン
 00 4.933km 209.6km/h 109.5% ハッキネン
 01 4.933km 213.8km/h 111.6% クルサード
 02 4.933km 219.0km/h 114.4% Mシューマッハ
 03 4.933km 215.7km/h 112.6% Mシューマッハ
 04 4.933km 222.7km/h 116.3% バトン
 05 4.933km 222.3km/h 116.1% ライコネン-1
 06 4.933km 214.5km/h 112.0% Mシューマッハ

IMG_6647
平均速度を割り出した結果はこうなります。ど真っ直ぐなストレートこそ無いものの、かつては高速コーナーと鋭角コーナーで構成されたストップアンドゴーのレイアウトのイモラですが、平均速度にしてしまうと、トサやリバッツァなどの中低速コーナーがサーキット両端にあるためさほど速くなく、ハンガロリンクやマニ・クール、ジル・ヴィルヌーブや先日のニュルブルクリンク(GPコース)と同程度となります。最速はタイムと同様に04年の222.7km/h、94年の222.5km/h、そして05年の222.3km/hと続いています。こうしてみると、04年や05年など近年はともかく、セナが人生最後に叩き出した94年は「行き着くところまで行き着いたマシンでの渾身の一本」であったことが想像できます。予選最速にこだわり、もちろんレースも勝つ気で取り組んだ予選。残念ながらその速さは「マシンの向上の裏返しの危険」を身を持って表し、以降のF1界に大きな影響力を生んでしまいました。セナがこのイモラで散ることがなければ、マシンはどこまで進化したのでしょう。今とはまた違う世界を生み出していたことに間違いは無さそうです。
IMG_0141

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ