F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: F1サーキットいろは

今シーズンも残すところ2レースとなりました。この企画も残り少なくなってきたということ。今回はブラジルGPの舞台として長く定着したホセ・カルロス・パーチェサーキット(インテルラゴス)です。一周は短く、1分そこそこで駆け抜けてしまうのであっという間です。ハンガロリンク、レッドブルリンク共に練習では度々使わせて頂きました。セクター1のストレート以外は息つく暇が無いサーキットです。

《サーキットの基本情報》
 ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)
  全長   :4.309km×71周=計305.939km
  コーナー数:15箇所
  高低差       :43.0m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
今では珍しくなくなった「元祖反時計回り(左回り)」かつ「高地」なサーキットです。ターン1の入りは特徴的ですよね。
IMG_9948
今はなきトルコのイスタンブールパークも似た構成でした。左に傾き、あかたも吸い込まれるように進入していきます。単独で走るなら自由気ままの綺麗なライン採りができますが、スタート直後やライバルとのバトル中は度々交錯します。今までもやらかしが多々ありましたね。
IMG_9949
この先のうねりはすごい!右に切り返すターン2「エス・ド・セナ」で走行ラインはさらに絞られ
IMG_9950
左のターン3「クルヴァ・ド・ソル」もロス無く抜けないと、このサーキットで希少なストレートの加速が鈍ります。
IMG_9951
IMG_9952
DRSボタンをポチッと、ここで一休み。

IMG_9953
外周を終えてインフィールドセクションとなるセクター2は忙しくなります。右に
IMG_9955
左に
IMG_9956
登ったり
IMG_9957
降りたり。
IMG_9958
F1にコ・ドライバーという役割があったらこれを71回、うーさすがのmiyabikunも酔ってしまいそうだ。。このセクターをいかにロスしないでキビキビと処理できるかがこのサーキット攻略のキーポイントですね。

IMG_9959
そして最終セクター3は「しならせた弓」の如くセクター2のインフィールドで溜めたモヤモヤを
IMG_9960
IMG_9961
ここで一気に開放、射抜く!
IMG_9962
IMG_9963
ギリギリギリ、、ビュン!みたいな。ニュアンス、伝わりました?!(笑)進むにつれてRが変化し、バンクのついた複合の左コーナーを無我夢中で踏み込んでいきます。
IMG_9964
IMG_9965
雨が降れば確かに危険。過去にこのセクターでくるくるがっしゃんしたり、エンジンが根を上げ白煙を吹くシーンも見かけました。ゲームでは雨も降らないし空気も薄くありませんから、ご安心を。
image
どうかご安心を!

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分07秒281

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分07秒281(一周4.309km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分06秒136

 3年ほど前までは1分10秒付近だった予選レコードタイムは2017年に2秒以上飛躍し、昨年はさらに1秒縮めて1分07秒台前半となりました。ロズベルグもビックリでしょうね。当のmiyabikunの持ちタイムはキングを1.1秒上回っています。1年先をいくmiyabikun、一足先に2021年に行っちゃおうかな。

IMG_9967
IMG_9968

IMG_9970
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分06秒200   S1:16秒88 S2:31秒71 S3:17秒47

うわー調子に乗っていたら、いつかの自分に僅差負けだ。1分06秒が限界点か?!ストレート以外は息をつかず、息を止めて流れるように頑張ったつもりだったんだけど。今年のポールに抜かれないことを祈ります。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドライバーズチャンピオンも決まり、残り2戦は各ドライバー、各チームの最終順位決定に向けて奮起する時期に入りました。時差3連戦の合間を使って、息抜きクイズを10問出題しようと思います。題して「F1コレどこGP」です。F1は今まで実に多くのサーキットと多彩に富んだレイアウトで争われています。要は年間通じてポイントを多く獲得したものがチャンピオンになるわけですが、F1を漠然と「速い遅い」だけで観ていませんか?!勝敗を演出するサーキットをじっくり見るのもなかなか面白いですよ。という強引な持っていき方で今回は「このストレートどこだ?!」編やっていきたいと思います。近年に行われるサーキットから抽出しましたので、若いF1好きの方でもすぐにわかるはずです。サーキット名なんて容易いやい、という方は何というストレートかまで当ててみて下さい。

Q①
IMG_9753
ヒント:世界遺産と湖に挟まれたストリートをこんな速度で走っていいの?!F1開催の時のみOKです。縦に微妙に波は打ってますが、ベタ踏みでいっちゃってください。ただスロットルは踏み込んでいても、ブレーキの暇を持て余していることも忘れずに。冷えたブレーキは効きません。いざ使うときに驚かないでね!
IMG_9754

Q②
IMG_9759
ヒント:長い!ただただ長い!長いだけではなく、しましま。って言ってしまえばストレート云々でなくどこだかわかってしまいそうですね。途中の「寄り道」を止めればもっと長くできるのですが、それを無くすとパッシングのきっかけも削がれることになりますので、寄り道は大事。
IMG_9760

Q③
IMG_9761
ヒント:ストレートの序盤で軽く右に折れています。ここでは過去に数々のバトルが生まれました。この先にあるコーナーまでに前車を捉えるという、メリハリあるこのサーキットを代表するパッシングポイント。これがあって、この人気サーキットは成立します。
IMG_9762

Q④
IMG_9763
ヒント:特徴的なのは中腹にあるオーバーパスでしょうか。本線側がわざわざそれを潜っています。単なる歩道や跨道橋ではありません。F1のみならずモータースポーツを代表する貴重な遺産の一つですね。大事に保存していきましょう。
IMG_9764

Q⑤
IMG_9771
ヒント:そこそこ長めのストレートではあるものの、ここは「DRS作動」が未だ許されていない区間。将来は「キングの一声」により追加されることがあるかも?!穏やかな緑に囲まれた上り坂の細道を抜けた先には、ドライバーの度胸を試される強烈な横Gが待っている。
IMG_9772

Q⑥
IMG_9755
ヒント:ここも長いですね。行きはクネクネのストップアンドゴー、帰りはズバッと直線で戻ります。綺麗な公園の中、いくら気持ちいいからといって調子に乗り過ぎないようにしましょう。この先で止まりきれないとタイヤ交換でもないのにピットインしてしまいますし、縁石を踏み違えれば、その先にある壁に圧縮されますから。
FullSizeRender

Q⑦
IMG_9770
ヒント:くるくる回り込んで疲れたら、この長い長い直線で一息。道幅も広いので安心できますね。奥には立派な屋根付きスタンド、そして鋭角かつ外側に変に設置された縁石をもつ右コーナーが後に控えています。ボーッとしていると、右側から勢いあるライバルが差し込んできますので、最後はキチッとレースに気を戻しましょうね。
IMG_9769

Q⑧
IMG_9768
ヒント:途中にコーナーを数えますが、ほぼ直線扱い。走行ラインに気を付けつつ山登りです。テッペンにそびえる次のコーナーはエイペックスが見えませんし、ライバルはそれをチャンスとみて攻撃してきます。くれぐれも外側に追いやられないように。
IMG_9767

Q⑨
IMG_9775
ヒント:こちらも派手なスタンド。バナナの葉を模してデザインされたそうです。屋根があれば観客は突然のスコールを回避できるかな?!1つのサーキットに2本あるロングストレートのどちらかです。ヒントは屋根がトラックの左側、いやいや2本とも左側だって!(笑)では末端が鋭角コーナーの方!
IMG_9774

Q⑩
IMG_9766
ヒント:見通しがいいですね。緑も少なく周囲の起伏も無さそう。人工的に造られた土地でしょうか。このサーキットはF1には欠かせない歴史と開催回数があり、レイアウト自体も原型は留めつつも幾度となく変更されてきました。しかしこのストレートはほぼ同じ形。きっと昔のF1シーンでもドライバーからは同じように見えていたはずです。
IMG_9765

いかがでしょうか。ヒントが過ぎたかな。ストレートですから線形の特徴よりかは周辺の風景が決め手になりそうですね。準備はよろしいでしょうか、答え合わせしてみましょう。
image

 A①:セクター3(バクー市街地)
 A②:ミストラル(ポールリカール)
 A③:ケメル(スパ・フランコルシャン)
 A④:セクター2(モンツァ)
 A⑤:バックストレッチ(鈴鹿)
 A⑥:カジノ(ジル・ヴィルヌーブ)
 A⑦:セクター3(上海国際)
 A⑧:セクター1(レッドブルリンク)
 A⑨:ペナン(セパン国際)
 A⑩:ハンガー(シルバーストン)

1つだけ現役でないやつも入れてみました。最近のサーキットから選べば簡単でしょう。こんな感じで今後もちょこちょこクイズネタを入れていきたいと思います。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

普段はアメリカGPの次がメキシコGPなので、逆だとどこか慣れないですね。先日のメキシコも日本とは充分な時差があるのに、アメリカはもっと強烈。予選が日本時間の朝6時から、決勝は明け方の4時10分からです。日本にしてみたら、ナイトレースを通り過ぎて、モーニングレースとなりますね。朝からお酒を飲むような違和感がある(笑)ゲームはいつでも昼間です。

《サーキットの基本情報》
 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)
  全長   :5.513km×56周=計308.728km
  コーナー数:20箇所
  高低差       :30.8m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
タイムアタックセッションですが、ポールポジションからのドライバービューをパシャり。
IMG_9500
見よ、初っ端からベルギーのスパ・フランコルシャンのように立ちはだかる壁!この先は鋭角な左ターン1となりますが、ココもスパ同様にその先がまるで見えません。
IMG_9502
エイペックスがまだ見えない。
IMG_9503
ターンインし始めてようやく見えてきました。ココはクローズドサーキットですし、この先がまさか崖というわけはないのですが、スタート直後やホームストレートで前車を捉えてインに飛び込もうなんて考える時はとても焦りそう。現にレースシーンもスタート直後は走行ラインが狭いですので外側に膨らんでしまいますよね。このサーキットもヘルマン・ティルケ氏が全世界の著名サーキット、コーナーを模したことで話題となりました。近代サーキットには珍しく高低差30.8mもあり、起伏をうまく取り入れたレイアウトだと思います。

IMG_9504
これはイギリス・シルバーストンの「三兄弟」を模倣した区間。どうですか、似ていますか?!
IMG_9505
IMG_9506

反時計回りの周回ですから、必然的に左コーナーが多くなるわけですが、先程のターン1をはじめ、鋭角の左コーナーが各所に目立ちます。
IMG_9507
IMG_9508
鋭角のターン11を過ぎ、バックストレートの先にあるターン12。ブレーキがキツい。
IMG_9509
「偽ホッケンハイムリンク」を経てターン15。
IMG_9513
最終のターン20も左鋭角。フロントタイヤが可哀想。

行き過ぎてしまったのでちょこっとだけ時間を手前に戻して、、COTAの真似っこで欠かせないのはこのターン16から18に位置するティルケ監修のイスタンブールパーク「偽ターン8」
IMG_9512
昔このブログで航空写真を使い検証もしましたし、トルコGPを観れば明らかですが、本場とはまるで逆ターンです。当初は左回りでなく右回りで検討されていた名残なんでしょうか。こちらは似ている?!似ていない?!逆ターンであることを差し引きしてもmiyabikunはあまり似ていないと思う。やっぱり本場には勝てません。

IMG_9514
COTAを走っていて「一周がだいぶ長い」という錯覚に陥ります。一周は5.5kmなので、鈴鹿より少し長いくらいなんですよね。それは速いS字や長めのストレートに合わせて、ビッグブレーキを要する鋭角コーナーで方向転換するからでしょうか。もし、鈴鹿も各セクターに一つずつヘヤピンがあったら、きっとそう感じそう。様々な要素を兼ね備えた近代サーキットですね。

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分29秒576

近年のアメリカGPといえば第2、第3の母国なんじゃないかと思えるくらいのハミルトンの天下となっています。それをジャパニーズのmiyabikunが3秒弱上回っています。今回はさらにさらにキング様を引き離すことができるか?!
IMG_9533

IMG_9537
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分27秒819   S1:20秒33 S2:35秒76 S3:31秒09

よし、成功した!現実世界ではハミルトンがまもなく連覇を達成するでしょう。しかし、この仮想世界ならば、結構いい線いってるんじゃない?!(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1の終盤戦はアメリカ大陸のアメリカ、ではなく今シーズンはメキシコから。改修を経て復活した「拳銃型レイアウト」は早速存続の危機がありつつも何とか乗り越えて、カレンダーに定着しつつあります。

《サーキットの基本情報》
 エルマノス・ロドリゲスサーキット
  全長   :4.304km×71周=計305.584km
  コーナー数:17箇所
  高低差       :2.8m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
IMG_9146
メインストレートは1km近くあり、スタートしてからターン1まではとにかく長い!
IMG_9147
ストレートをウリにするマシンは有利かもしれません。長いストレートを終えると、ここから先は中低速テクニカルエリアに入ります。
IMG_9148
IMG_9149
歴代で様々な改良を加えられ、時代時代でレイアウトが変わります。現レイアウトが最もシンプルになりました。

IMG_9150
拳銃の「グリップ」にあたるターン5,6はもはや一つのコーナーみたいになっています。ココを縁石を使って綺麗に曲がれると、実に気持ちがいい。
IMG_9151
セクター2の中腹にあたる「引き金」区間、ターン7から11までは鈴鹿のセクター1を彷彿とさせる複合コーナーですね。
IMG_9153
IMG_9154
矢継ぎ早に右に左へと振られる。ストレートの速さ勝負より、このS字をいかに早く駆け抜けられるかがタイム短縮のカギです。この区間も歴代で微妙に手が加えられています。

miyabikunが一番苦手としているのがこの新設された右のターン12。
IMG_9155
ロシア・ソチのターン14と同様に、突っ込み過ぎてしまう。ココでしくじると、スタジアムセクションでみっともないことになる!
IMG_9156
IMG_9157
マンセルにも指を差されて笑われそう。このゲームで再現されているか定かではありませんが、標高が高く空気が薄いため、エンジン出力は普段よりも低下しますし、その負荷も大きいです。また長いストレートの割には全長も短いため、あっという間に1周してしまいます。
IMG_9158

《2018年のポールポジション》
 2018年 リカルド(レッドブル)
    1分14秒759

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 リカルド(レッドブル)
    1分14秒759(一周4.304km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分13秒638

最速ポールは昨年のリカルドさんです。決勝で連勝してきたレッドブルですが、今シーズンはいかがなものでしょうか。後半戦に入って鳴りを潜めてしまいました。リカルドも一年前はポールポジションを獲る位置に居ました。懐かしいですね。miyabikunはあまり得意としていないものの、そのリカルドを1秒上回るタイムを持っています。ポールポジションを確実なモノとするにはもう少し貯金がほしいです。
IMG_9168
IMG_9169

IMG_9171
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分12秒497   S1:25秒63 S2:24秒75 S3:21秒11

何とか自己記録更新はできましたが、もう少しいけそうな気がします。もっと練習しておけばよかったと、後悔。。でも男らしく、やり直しはナシ!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1一行は何とか日本GPを終えてアジアラウンドを離れ、アメリカ大陸へと向かいました。アジア圏は日本を筆頭に中国やシンガポール、これからはベトナムを加えて、これからも継続的にF1の重要開催地として選出されていきます。成長著しい中国は2004年より上海に新設された上海国際サーキットで継続的に開催されています。今でこそカレンダーに無くてはならないGPとして定着しましたが、人口は世界最大規模、経済急成長の中国にしては、もちろん関心や政策、意図などで日本とは考えた方の違いはあるにせよ、初開催が遅いと思いませんか?!実はもう少し早く、それも上海国際サーキットではない場所で中国GP誘致を計画していたことがありました。今回は久し振りにサーキット関連となるネタ「幻の中国GP」について書きます。

中国GPの初舞台を計画していたのは「上海」ではなく、中国南部の広東省珠海市に建設された「珠海国際サーキット」です。
IMG_8416
《珠海国際》
  所在地 :広東省珠海市
  F1開催 :1999年〜頓挫
   一周距離  :4.319km
 コーナー数:14箇所
    開業   :1996年11月

miyabikunは中国語が英語以上に読めないのですが、珠海を日本語読みすると「しゅかい」中国語をカタカナ読みにした場合は「チューハイ」になるとのこと。サーキット名を漢字にすると「珠海國際賽車場」です。
IMG_8420
赤いピンの立つのがサーキットの位置になります。日本からみると上海から遠く離れ、ラオスやベトナム、フィリピンなどに近い東南アジア寄りですね。
IMG_9021
もう少し拡大した航空写真には香港やマカオといった都市の名前が近くにあります。珠海市はマカオGPで有名な澳門のすぐ北側の人口160万人近い大都市です。
IMG_8436
サーキットをいつもの通り北上の同縮尺にしてトレースしてみました。F1の「F」を左反転したような、右90°回転させて西上にすると「ウサギのかぶり物」のような形に見えますね。他にもどこかで見覚えがあるような、、さらに日本のモータースポーツファンの方ならそう思った方も多いかもしれません。
IMG_8434
栃木県茂木町にある「ツインリンクもてぎ」のロードコースによく似ています。そうそう、これこれ!縮尺を合わせるとスケール感も近い。ストレートの後の直角コーナーが連続し、角が2本のストップアンドゴーレイアウトといった感じ。ツインリンクもてぎは鈴鹿サーキットと同様に本田技研工業の関連サーキットです。どことなく似ているからここはもしや、、と思い調べたのですが、わかりませんでした。。たぶん関係は無さそう。

中国初のF1誘致を目指して1996年11月に開業、1999年第2戦になる予定でしたが、結局うまくいかず、それから5年後の2004年に開業したヘルマン・ティルケ監修の上海国際サーキットまで初開催は待たれることとなりました。
IMG_8435
こちらがご存知の上海国際サーキット。並べてみると、上海は豪華設備にかなりの費用を投じたようですが、レイアウトは実にコンパクトにおさめられており、スケール感は同じくらい。ただ、上海には回り込むコーナーや長いストレート、中高速コーナーも各所に設けられ、ティルケサーキットの中では面白みのあるレイアウトだと思います。設備や集客を考えて、もし珠海サーキットで初開催されていたとしても、そう回数を重ねることなく、上海に舞台を移すことになっていたかもしれません。珠海国際サーキットでF1は開催できませんでしたが、現在も現役のサーキットとして、アジアF3や中国ツーリングカー選手権に使用されているようです。
IMG_9022

なお次回のF1中国GPはいつもの上海国際サーキットで2020年4月19日が決勝となる第4戦に設定されています。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ