F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: タラレバF1

今シーズンも残すところ2レースとなりました。この企画も残り少なくなってきたということ。今回はブラジルGPの舞台として長く定着したホセ・カルロス・パーチェサーキット(インテルラゴス)です。一周は短く、1分そこそこで駆け抜けてしまうのであっという間です。ハンガロリンク、レッドブルリンク共に練習では度々使わせて頂きました。セクター1のストレート以外は息つく暇が無いサーキットです。

《サーキットの基本情報》
 ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)
  全長   :4.309km×71周=計305.939km
  コーナー数:15箇所
  高低差       :43.0m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
今では珍しくなくなった「元祖反時計回り(左回り)」かつ「高地」なサーキットです。ターン1の入りは特徴的ですよね。
IMG_9948
今はなきトルコのイスタンブールパークも似た構成でした。左に傾き、あかたも吸い込まれるように進入していきます。単独で走るなら自由気ままの綺麗なライン採りができますが、スタート直後やライバルとのバトル中は度々交錯します。今までもやらかしが多々ありましたね。
IMG_9949
この先のうねりはすごい!右に切り返すターン2「エス・ド・セナ」で走行ラインはさらに絞られ
IMG_9950
左のターン3「クルヴァ・ド・ソル」もロス無く抜けないと、このサーキットで希少なストレートの加速が鈍ります。
IMG_9951
IMG_9952
DRSボタンをポチッと、ここで一休み。

IMG_9953
外周を終えてインフィールドセクションとなるセクター2は忙しくなります。右に
IMG_9955
左に
IMG_9956
登ったり
IMG_9957
降りたり。
IMG_9958
F1にコ・ドライバーという役割があったらこれを71回、うーさすがのmiyabikunも酔ってしまいそうだ。。このセクターをいかにロスしないでキビキビと処理できるかがこのサーキット攻略のキーポイントですね。

IMG_9959
そして最終セクター3は「しならせた弓」の如くセクター2のインフィールドで溜めたモヤモヤを
IMG_9960
IMG_9961
ここで一気に開放、射抜く!
IMG_9962
IMG_9963
ギリギリギリ、、ビュン!みたいな。ニュアンス、伝わりました?!(笑)進むにつれてRが変化し、バンクのついた複合の左コーナーを無我夢中で踏み込んでいきます。
IMG_9964
IMG_9965
雨が降れば確かに危険。過去にこのセクターでくるくるがっしゃんしたり、エンジンが根を上げ白煙を吹くシーンも見かけました。ゲームでは雨も降らないし空気も薄くありませんから、ご安心を。
image
どうかご安心を!

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分07秒281

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分07秒281(一周4.309km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分06秒136

 3年ほど前までは1分10秒付近だった予選レコードタイムは2017年に2秒以上飛躍し、昨年はさらに1秒縮めて1分07秒台前半となりました。ロズベルグもビックリでしょうね。当のmiyabikunの持ちタイムはキングを1.1秒上回っています。1年先をいくmiyabikun、一足先に2021年に行っちゃおうかな。

IMG_9967
IMG_9968

IMG_9970
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分06秒200   S1:16秒88 S2:31秒71 S3:17秒47

うわー調子に乗っていたら、いつかの自分に僅差負けだ。1分06秒が限界点か?!ストレート以外は息をつかず、息を止めて流れるように頑張ったつもりだったんだけど。今年のポールに抜かれないことを祈ります。


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

普段はアメリカGPの次がメキシコGPなので、逆だとどこか慣れないですね。先日のメキシコも日本とは充分な時差があるのに、アメリカはもっと強烈。予選が日本時間の朝6時から、決勝は明け方の4時10分からです。日本にしてみたら、ナイトレースを通り過ぎて、モーニングレースとなりますね。朝からお酒を飲むような違和感がある(笑)ゲームはいつでも昼間です。

《サーキットの基本情報》
 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)
  全長   :5.513km×56周=計308.728km
  コーナー数:20箇所
  高低差       :30.8m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
タイムアタックセッションですが、ポールポジションからのドライバービューをパシャり。
IMG_9500
見よ、初っ端からベルギーのスパ・フランコルシャンのように立ちはだかる壁!この先は鋭角な左ターン1となりますが、ココもスパ同様にその先がまるで見えません。
IMG_9502
エイペックスがまだ見えない。
IMG_9503
ターンインし始めてようやく見えてきました。ココはクローズドサーキットですし、この先がまさか崖というわけはないのですが、スタート直後やホームストレートで前車を捉えてインに飛び込もうなんて考える時はとても焦りそう。現にレースシーンもスタート直後は走行ラインが狭いですので外側に膨らんでしまいますよね。このサーキットもヘルマン・ティルケ氏が全世界の著名サーキット、コーナーを模したことで話題となりました。近代サーキットには珍しく高低差30.8mもあり、起伏をうまく取り入れたレイアウトだと思います。

IMG_9504
これはイギリス・シルバーストンの「三兄弟」を模倣した区間。どうですか、似ていますか?!
IMG_9505
IMG_9506

反時計回りの周回ですから、必然的に左コーナーが多くなるわけですが、先程のターン1をはじめ、鋭角の左コーナーが各所に目立ちます。
IMG_9507
IMG_9508
鋭角のターン11を過ぎ、バックストレートの先にあるターン12。ブレーキがキツい。
IMG_9509
「偽ホッケンハイムリンク」を経てターン15。
IMG_9513
最終のターン20も左鋭角。フロントタイヤが可哀想。

行き過ぎてしまったのでちょこっとだけ時間を手前に戻して、、COTAの真似っこで欠かせないのはこのターン16から18に位置するティルケ監修のイスタンブールパーク「偽ターン8」
IMG_9512
昔このブログで航空写真を使い検証もしましたし、トルコGPを観れば明らかですが、本場とはまるで逆ターンです。当初は左回りでなく右回りで検討されていた名残なんでしょうか。こちらは似ている?!似ていない?!逆ターンであることを差し引きしてもmiyabikunはあまり似ていないと思う。やっぱり本場には勝てません。

IMG_9514
COTAを走っていて「一周がだいぶ長い」という錯覚に陥ります。一周は5.5kmなので、鈴鹿より少し長いくらいなんですよね。それは速いS字や長めのストレートに合わせて、ビッグブレーキを要する鋭角コーナーで方向転換するからでしょうか。もし、鈴鹿も各セクターに一つずつヘヤピンがあったら、きっとそう感じそう。様々な要素を兼ね備えた近代サーキットですね。

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分29秒576

近年のアメリカGPといえば第2、第3の母国なんじゃないかと思えるくらいのハミルトンの天下となっています。それをジャパニーズのmiyabikunが3秒弱上回っています。今回はさらにさらにキング様を引き離すことができるか?!
IMG_9533

IMG_9537
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分27秒819   S1:20秒33 S2:35秒76 S3:31秒09

よし、成功した!現実世界ではハミルトンがまもなく連覇を達成するでしょう。しかし、この仮想世界ならば、結構いい線いってるんじゃない?!(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1の終盤戦はアメリカ大陸のアメリカ、ではなく今シーズンはメキシコから。改修を経て復活した「拳銃型レイアウト」は早速存続の危機がありつつも何とか乗り越えて、カレンダーに定着しつつあります。

《サーキットの基本情報》
 エルマノス・ロドリゲスサーキット
  全長   :4.304km×71周=計305.584km
  コーナー数:17箇所
  高低差       :2.8m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
IMG_9146
メインストレートは1km近くあり、スタートしてからターン1まではとにかく長い!
IMG_9147
ストレートをウリにするマシンは有利かもしれません。長いストレートを終えると、ここから先は中低速テクニカルエリアに入ります。
IMG_9148
IMG_9149
歴代で様々な改良を加えられ、時代時代でレイアウトが変わります。現レイアウトが最もシンプルになりました。

IMG_9150
拳銃の「グリップ」にあたるターン5,6はもはや一つのコーナーみたいになっています。ココを縁石を使って綺麗に曲がれると、実に気持ちがいい。
IMG_9151
セクター2の中腹にあたる「引き金」区間、ターン7から11までは鈴鹿のセクター1を彷彿とさせる複合コーナーですね。
IMG_9153
IMG_9154
矢継ぎ早に右に左へと振られる。ストレートの速さ勝負より、このS字をいかに早く駆け抜けられるかがタイム短縮のカギです。この区間も歴代で微妙に手が加えられています。

miyabikunが一番苦手としているのがこの新設された右のターン12。
IMG_9155
ロシア・ソチのターン14と同様に、突っ込み過ぎてしまう。ココでしくじると、スタジアムセクションでみっともないことになる!
IMG_9156
IMG_9157
マンセルにも指を差されて笑われそう。このゲームで再現されているか定かではありませんが、標高が高く空気が薄いため、エンジン出力は普段よりも低下しますし、その負荷も大きいです。また長いストレートの割には全長も短いため、あっという間に1周してしまいます。
IMG_9158

《2018年のポールポジション》
 2018年 リカルド(レッドブル)
    1分14秒759

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 リカルド(レッドブル)
    1分14秒759(一周4.304km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分13秒638

最速ポールは昨年のリカルドさんです。決勝で連勝してきたレッドブルですが、今シーズンはいかがなものでしょうか。後半戦に入って鳴りを潜めてしまいました。リカルドも一年前はポールポジションを獲る位置に居ました。懐かしいですね。miyabikunはあまり得意としていないものの、そのリカルドを1秒上回るタイムを持っています。ポールポジションを確実なモノとするにはもう少し貯金がほしいです。
IMG_9168
IMG_9169

IMG_9171
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分12秒497   S1:25秒63 S2:24秒75 S3:21秒11

何とか自己記録更新はできましたが、もう少しいけそうな気がします。もっと練習しておけばよかったと、後悔。。でも男らしく、やり直しはナシ!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゲームで鈴鹿サーキットを走ります。っておいmiyabikun、日本だよ!何でそんなに素っ気ないんだ!(笑)何だかイマイチ日本にF1が近付いている気がしないんですよね。カタロニアでタイヤテストの真っ最中だからでしょうか。メディアは当然このご時世F1では騒がないし、仕事で渋谷や新宿を通過したのに、誰とも会わなかったしなぁ。でも週末は日本にF1が来ます!おまけに台風も近付いて来ています!世界陸上やラグビーワールドカップに押されている場合じゃない!

《サーキットの基本情報》
 鈴鹿サーキット
  全長   :5.807km×53周=計307.771km
  コーナー数:18箇所
  高低差       :40.4m
  DRS区間数:1箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
鈴鹿は走るのが難しい、観ている我々は楽しい、走る方はなかなか抜けなくて大変なサーキットです。
IMG_8493
第1コーナーも昔々はちゃんと減速して入っていた記憶なんですが、今やノーブレーキコーナーのようになっていますよね。コーナーで減速をしない、自動車運転の原理原則に反しているわけですが、これが技術の向上というわけか。ドライバーは大変です。
IMG_8494
第2コーナーはさすがにブレーキが要ります。ロスの少ないライン採りでこれから迫り来る「サーキットの芸術品」に立ち向かいましょう。
IMG_8495
ここはまさに芸術品。日本のみならず、世界でも指折りの名コーナーゾーンですね。異なる半径、絶妙な勾配、難易度を高めるバンク、とよくぞこんなレイアウトを設計されたと感服します。リズムに乗って、
IMG_8497
うまく縁石も使いつつ、
IMG_8498
綺麗に走るのがプロです。職人技!ホンダの応援席も近いですぞ!
IMG_8499
バイクレーサーの名が付いた「デグナー」1つ目は進入速度は高く、2つ目はなかなかコツが要る。外側にはみ出すドライバーも多くいますよね。
IMG_8500
立体交差を過ぎると右回り(時計回り)から左回り(反時計回り)へとサーキットの性質が変わります。
IMG_8502
2012年はこのヘヤピンでザウバーの小林可夢偉が気持ちいいくらいスパスパと抜いてくれました。簡単そうにやってのけていましたが、本来はそうそうむやみやたらに出来るものではありません。
IMG_8505
スプーンまでは綺麗に右へ弧を描いて走るように。
IMG_8516
いやいや、それは1999年のクルサード(笑)
IMG_8507
「スプーン」もデグナー同様に1つ目は速く、2つ目がなかなか奥深いラインを採ります。ミスるとこの後のバックストレッチや130Rで少しずつ置いていかれます。
IMG_8517
えーっと、これもさっきと同じ99年の引退ヒルか?!
IMG_8509
鈴鹿のDRS区間はご存知の通り1箇所のみで、もし追加するとしたら、このバックストレッチが候補になるでしょうか。ココをDRS区間にすると、後に控える超高速左コーナー「130R」でオーバースピードとなって危険かなと思ったりもしますが、線形改良を行い、近年のハイダウンフォースマシンともなれば、アグレッシブになっていいんじゃないかなとも思います。
IMG_8510
エスケープゾーンが浅いから、やっぱりダメ?!
IMG_8511
鈴鹿はこれが無いと最後が締まらない。いまだにカシオトライアングルと呼んでしまう昭和生まれのmiyabikun。平成生まれはちゃんと呼べるのかな「日立オートモーティブシステムズ・シケイン」です。カシオさんには喜ばれるが、日立さんに怒られちゃいますね。
IMG_8514
うーんこれは89年のセナプロ?98年の高木虎之介もやったし、結構よくある光景だ。そっちに行っちゃダメね。
IMG_8512
IMG_8513
幅員は狭く、安全面に乏しいクラシカルなサーキットだけど、個人的には「海沿い市街地」とか「縞々テストコース」や「タイヤに優しいオリンピック跡地」より全然難易度も高いし、勝つ価値はあると思います。ヨーロッパから遠く離れたこの土地にも、何十年も姿を変えずのいいサーキットはあるものです。いつまで鈴鹿でF1が開催できるかの心配もありつつ、一回一回を大切に楽しもうと思います。

IMG_8515
おっとっと、2周目に90年のセナプロね。しつこくまだやるか(笑)ちょっと調子出てきたぞ。

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分27秒760

《ポールポジションレコードタイム》
 2017年 ハミルトン(メルセデス)
    1分27秒319(一周5.807km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分26秒746

最速ポールは一昨年のハミルトンが持つ1分27秒319です。母国GPとなるmiyabikunはそれから0.6秒上回るタイムとなっています。ゲーム過ぎず速過ぎず、軽ーく上回るくらいの感じがちょうどいいでしょう?!きっと世界には1分10桁台とか反則クラスの魔改造(グラベルも普通にグリップして走り切れちゃう何か)もいるんだろうなぁ。

IMG_8490
IMG_8491
母国GPだけは、負けらーれん!いざ出陣!
IMG_8528

IMG_8529
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分24秒741   S1:25秒99 S2:39秒03 S3:19秒24

はぁ、はぁ、はぁ、miyabikun頑張った。。でもこれが限界。鈴鹿は全セクターで最速は出せません。5ラップのうち、どこかが速くてもどこかでミスします。やはり逆バンクや第2デグナー、第2スプーンは難しい。鈴鹿は実に奥が深い。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シンガポールから一度ヨーロッパ寄りのアジアへ、ロシアGPです。クローズドサーキットではありますが、近代に多い「人工的に造られた色」が強く、オーストラリアのアルバートパークやカナダのジル・ヴィルヌーブ同様の「半市街地サーキット」といった感じですね(いずれもオリンピック絡み)好きか嫌いかは、あなた次第!

《サーキットの基本情報》
 ソチ・オリンピックパークサーキット
  全長   :5.848km×53周=計309.944km
  コーナー数:19箇所
  高低差       :1.9m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
例の如く、右回り(時計回り)のレイアウトのため、右に曲がっている印象が強いです。
IMG_8064
スタート直後の長く滑らかなストレートはF1サーキットでは少数派。スタートダッシュの後のセカンドアクション、ライバルのスリップストリームを使ったパッシングも可能です。一昔前にそれで飛躍したドライバーがいましたよね。
IMG_8065
滑らかに加速したその後にはなかなか細い入口をなすターン2の「おたまの内側」区間に入ります。
IMG_8066
ココ、地味にキンクしています。miyabikunはターン3として扱います。存在感がないようでこれがあるかないかで雰囲気は少し変わります。
IMG_8068
ターン2の次の右はターン5
IMG_8069
ターン6も右
IMG_8070
ターン8も右
IMG_8071
この右はターン11
IMG_8072
「おたまの外側」でDRSを開放しながら左に緩やかに曲がって「柄」の部分へ。
IMG_8073
このターン14はMobileRacingだとすごく曲がりにくいように感じます。何なんでしょう、DRSを開いて飛び込むからダウンフォースが無く、ストール(の逆か?)でもしているかのよう。このゲームをやられている皆さんはどうですか?!
IMG_8074
まだまた右が続きます。ターン17
IMG_8075
18も
IMG_8076
最終のターン19も右。徹底的に右!それもみんな似たり寄ったりな直角!これだけ沢山「右向け右」しているのに、ちゃんと一周が輪になるわけだからすごい(笑)それだけ左も入っているからですね。大したコメントのし様も無く、一周してきました。最近のサーキットはコーナーに名前が無いのも寂しい。「いつもこの時間から登場かよプーチン」は冗談としても、せめて「Yuzuru」みたいにオリンピックの金メダリストの名前にしてくれれば愛着もわくのにね。

《2018年のポールポジション》
 2018年 ボッタス(メルセデス)
    1分31秒387

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ボッタス(メルセデス)
    1分31秒387

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分31秒403

現レコードは昨年塗り替えられた「どこかロシアっぽい香りがしないでもない」ボッタスが持っています。一方でmiyabikun走っているフィーリングは決して悪くはなく、コーナー進入のライン採りも出口の加速もそこそこ手応えはあるつもりですが、うーむ、苦戦しています。濃い顔より色白のスッキリ顔の方が向いているのかな。ツルツル路面はフサフサよりツルッとしている方がいいのかな。なんて適当な事言うのはこのくらいにして、このままではポールポジションを獲れないので本気で取り組みます!
IMG_8063

IMG_8080
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分31秒630   S1:32秒30 S2:31秒29 S3:27秒08

あれ、ダメだ。自分に負けている。。ここのところ調子良く来ていたのに、どうも新興サーキットはよくないですね。。この借りは次の鈴鹿で返してやる!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ