F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: なんでもF1

公式発表から少し時間が経ってしまいましたが、2020年シーズンの最終戦までのスケジュールが明らかになりましたね。もうご存知の方がほとんどだと思いますが、ようやくレースの無い週で落ち着きますので、このタイミングで決定したカレンダーを今一度確認しておこうと思います。

《2020年シーズンF1カレンダー 完全版》
 第1戦  オーストリアGP               7/5   開催済
  レッドブルリンク
 第2戦  シュタイアーマルクGP    7/12 開催済
  レッドブルリンク
 第3戦  ハンガリーGP                  7/19 開催済
  ハンガロリンク

 第4戦  イギリスGP                      8/2   開催済
  シルバーストン
 第5戦  F1 70周年記念GP             8/9   開催済
  シルバーストン
 第6戦  スペインGP                       8/16 開催済
  カタロニア

 第7戦  ベルギーGP                       8/30 開催済
  スパ・フランコルシャン
 第8戦  イタリアGP                       9/6   開催済
  モンツァ
 第9戦  トスカーナGP                   9/13 開催済
  ムジェロ
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 第10戦ロシアGP                          9/27
  ソチ・オリンピックパーク

 第11戦アイフェルGP                   10/11 → 7年振り
  ニュルブルクリンク

 第12戦ポルトガルGP                   10/25 → 初開催
  アルガルヴェ国際
 第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1   → 14年振り
  エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ(イモラ)

 第14戦トルコGP                          11/15 → 9年振り
  イスタンブールパーク

 第15戦バーレーンGP                   11/29
  バーレーン国際
 第16戦サクヒールGP                   12/6
  バーレーン国際(アウタートラック)
 最終戦アブダビGP                       12/13
  ヤス・マリーナ

既に行われたGPについてもしつこく掲載しています(笑)結局のところ今シーズンは全17戦で構成されましたね。当初の全22戦の予定から5つ減ってしまったわけですが、一時期の「行えるかどうか、、」なんて言っていた頃を考えると、無理矢理ながら何とか形になったのではないかなと思います。現在、第9戦トスカーナGPを終えて、ちょうどシーズンの折り返し地点ということになります。
第14戦は久々のGPとなるトルコGPが復活開催と相なりました。イスタンブールパークは復活の呼び声高いサーキットの一つですし、今からmiyabikunも待ち遠しい!第15,16戦はバーレーン国際サーキットでの二連戦、そして最終戦はヤス・マリーナでのアブダビGPフィックスで日付は何と12月中旬に及びます。また暗闇のチェッカーの瞬間に花火がドッカン上がってオーラスを迎えるんですね。今の調子でシーズンが進行していくと、今回追加された終盤のレースを前にドライバーズ、コンストラクターズの両チャンピオンは決まってしまっているんだろうなぁ。
今回追加された終盤の開催地について、前回と同様にサーキット概要をまとめてみました。

《シーズン終盤に追加されたサーキット》
トルコGP
 イスタンブールパーク
    所在地    :イスタンブール県イスタンブール
   開業    :2005年
   一周距離  :5.388km
 コーナー数:14箇所
    高低差    : - m
 最速ラップ:1分24秒770(2005年決勝)
  F1GP開催 :7回
 DRS箇所数:未発表

image
ベテランのF1ファンならお馴染みのティルケサーキットが再びF1に帰ってきます。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。アゼルバイジャンと同様にアジアなのかヨーロッパなのか、はたまた中東の血も混ざるど真ん中にあるトルコです。観光地としても名高いトルコのF1開催は比較的近年にあたる2005年から2011年の7シーズンで採用されました。特徴はブラジルのホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)に代表される少数派の反時計回り(左回り)サーキットであり、レイアウト中盤に控える「ターン8」と呼ばれる複合左回りコーナーが高難易度であることで有名ですね。
IMG_2046
2020年現役ドライバーは初代ウィナーであるライコネンを筆頭に、ハミルトン、ベッテル、ペレスの4人はF1での走行を経験しています。冒頭に挙げた最速ラップ1分24秒770は2005年のモントーヤによる決勝ファステストラップであり、予選最速は最終年2011年に当時レッドブルだったベッテルが1分25秒049で走破しています。予選より決勝ファステストラップの方が速いなんて珍しいですよね。9年振りのF1マシンでどれだけ進化があるのか楽しみです。

サクヒール(サヒール)GP
 バーレーン国際(アウタートラック)
    所在地    :南部県サクヒール(サヒール)
   開業    :2004年
   一周距離  :3.543km
 コーナー数:11箇所
    高低差    : - m
 最速ラップ:F1走行無し
  F1GP開催 :アウタートラックでは無し
 DRS箇所数:未発表

今シーズン3箇所目となる「二週連続の同一サーキット開催」となるバーレーン国際サーキット。しかし2回目はGP名だけでなく、サーキットレイアウトも変えての開催です。GP名はサーキットのある地「サクヒール(サヒール)」となります。近代サーキットは様々なレイアウトが採れるので面白いと思います。サーキット監修はイスタンブールパークと同じ、ヘルマン・ティルケ氏。
image
いつものバーレーンGPのレイアウトを黒線とし、サクヒールGPのレイアウトを赤線で結んでいます。中間セクターがショートカットされ「富士山」に代表される鐘状火山のようなシルエットになりました。一周はバーレーンGPの5.411kmに対して、たったの3.543kmとモナコGP並みの長さになります。レース全長を「300km+1周」とすると、コレを86周もするの?!コレ、面白いのかなぁ。オーバルでないだけマシだけど、鋭角コーナーがかなり少ないし、パッシングポイントはメインストレート先のターン1だけになっちゃうんじゃない?!F1がやれなくなるよりかはマシなのかな。もはや贅沢は言えませんね。

image
これで2020年の戦いの舞台が出揃いました。あとは異例の無観客および人数制限が設けられた環境、そして12月中旬にまで忙しく圧縮されたレースをこなすのみ。引き続き熱戦に期待しましょう!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3945
ついこの前、第10戦ロシアGPまでの追加カレンダーをまとめたばかりだっていうのに、また小出しに第13戦までの3GPが発表されましたね。もう、こんなことならもう少し我慢しておけばよかった(笑)ただこのご時世、例え少しずつでも開催可能なGPが決まることはファンとして有り難いことですよね。前回に引き続いて今回追加になったGPを仲間に入れて、カレンダーを改めたいと思います。

《2020年シーズンF1カレンダー(7/24追加)》
 第1戦  オーストリアGP                 7/5   開催済
  レッドブルリンク
 第2戦  シュタイアーマルクGP      7/12 開催済
  レッドブルリンク
 第3戦  ハンガリーGP                    7/19 開催済
  ハンガロリンク
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 第4戦  イギリスGP                       8/2
  シルバーストン
 第5戦  F1 70周年記念GP              8/9
  シルバーストン
 第6戦  スペインGP                       8/16
  カタロニア

 第7戦  ベルギーGP                       8/30
  スパ・フランコルシャン
 第8戦  イタリアGP                       9/6
  モンツァ
 第9戦  トスカーナGP                   9/13
  ムジェロ

 第10戦 ロシアGP                          9/27
 
  ソチ・オリンピックパーク

 第11戦 アイフェルGP                  10/11→7年振り
  ニュルブルクリンク

 第12戦 ポルトガルGP                  10/25→新設初開催
  アルガルヴェ国際(ポルティマオ)
 第13戦 エミリア・ロマーニャGP 11/1 →14年振り
  エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ(イモラ)

既に開催した3戦、先日までに明らかになっていた7戦に続けて、今回の3戦を連ねています。ココまでほぼヨーロッパ大陸での開催に止まっています。やっぱりヨーロッパ以外のエリアへの進出は敷居が高そうですね。今までシーズン終盤に設定されてきたアメリカ大陸系のGP(アメリカ、メキシコ、ブラジルと延期扱いだったカナダ)については、依然としてウイルスが猛威を奮っているため、開催取り止めも併せて発表されました。我々日本のファンからみたら、これで恒例の「鬼の時差対策」は免れた形に(笑)追加開催地について、その位置とサーキット概要を以下に簡単にまとめてみました。

《今回7/24に発表された3GPについて》
アイフェルGP
 ニュルブルクリンク(GPコース)
    所在地    :ラインラント・プファルツ州アイフェル
   開業    :1927年(GPコースは1984年)
   一周距離  :5.148km(GPコース)
 コーナー数:14箇所
    高低差    : - m
 最速ラップ:1分29秒398(2013年予選)
    F1開催    :40回(ヨーロッパGPなど含む)
 DRS箇所数:未発表

第11戦にドイツのニュルブルクリンクが選ばれました。当初は昨年までドイツGPが行われたホッケンハイムリンクと交渉していたようですが折り合いが付かず、2013年以来の7年振りにニュルブルクリンクのGPコースが使用されます。「ドイツGP」でも差し支えないようにも思いますが、先日のシュタイアーマルクと同様に、サーキット所在地である「アイフェル」がGP名に採用されました。FullSizeRender
サーキット所在地は前にも特集したことがありましたね。ドイツの西端、オランダやベルギー、ルクセンブルクの近くにあります。ここで2年間だけルクセンブルクGPという名でF1が開催されました。地図の南方にイタリアのミラノがあります。この近くにイタリアGPの舞台であるモンツァサーキット、そこから少し東にあるボローニャ近傍の「トスカーナGP」のムジェロサーキットや今回発表の「エミリア・ロマーニャGP」として行われることになった通称イモラサーキットがあります。国は違えど、この距離感で様々なGPが集まっています。
IMG_0870
サーキットレイアウトは以前に掲載したそのままを貼り付けています。赤実線のままでおそらく今でも変わっていないと、、もし変更点がわかれば修正します。GPコースはノルトシュライフェ(北コース)の南西区間を使用したショートコースになります。平均速度はさほど高くありませんが、自然の中を起伏に富み、強い減速を伴うコーナーが続くなど、ドライバーのテクニックを要するレイアウトです。

ポルトガルGP
 アルガルヴェ国際(ポルティマオ)
    所在地    :アルガルヴェ地方ポルティマオ
   開業    :2008年
   一周距離  :4.692km
 コーナー数:18箇所
    高低差    : - m
 最速ラップ:F1走行無し
    F1開催    :無し
 DRS箇所数:未発表

ポルトガルのF1と聞くと、エストリルサーキットが真っ先に思い浮かびます。しかし今回選ばれたのはポルティマオにあるアルガルヴェ国際サーキットであり、F1は初開催になります。
FullSizeRender
スペインの都市との位置関係をみるため、対象がずいぶん下の方になって気持ち悪いですが、イベリア半島西部のポルトガル、さらにその南端の温暖なエリアにあります。ココでクイズ!この中でアルガルヴェサーキットはどれでしょう?!
IMG_4344
何となくみんな似ていますよね。正解はこちら!IMG_4345
右端です。左からカタロニア、真ん中がポルトガルGPの先輩エストリル。3つ揃って「イベリア三兄弟」といった感じ。何だろう、イベリア半島好みのデザインなのかな。サーキットレイアウトクイズ、アリかも(笑)開業は2008年となかなか新しめのサーキットです。スーパーバイクや今は無き四輪カテゴリー「A1グランプリ」によるポルトガルGPが行われました。F1は未開催ですのでどんな走りがみられるか楽しみです。うまくいけば、来シーズン以降のポルトガルGPとして定着するかも?!

エミリア・ロマーニャGP
 エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ(イモラ)
    所在地    :ボローニャ県イモラ市
   開業    :1953年
   一周距離  :4.909km
 コーナー数:17箇所
    高低差    : - m
 最速ラップ:1分19秒753(2004年予選)
    F1開催    :27回(サンマリノGPなどを含む)
 DRS箇所数:未発表

ああ、エミリアよ、、miyabikunはせっかく忘れかけた頃なのに今になってまた、、なんて(笑)長ったらしい名前はGP名だけではありません。サーキット正式名の「エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ」も充分に長い!F1ファンなら知らない人はいないフェラーリの創始者エンツォ・フェラーリが1989年に亡くなったことで改称されたサーキットです。長らくイタリア国内において「サンマリノGP」という名で一国二開催を実現し、1994年に発生したラッツェンバーガーとセナの死亡事故のあった現場としても有名ですね。今回の「一連の騒動」があって、イタリアは一国二開催どころか一国三開催の運びとなりました。F1において二例目です。FullSizeRender
先程のニュルブルクリンクの地図からもわかるように、今シーズンのF1は9月初頭にイタリアのミラノからボローニャ近郊に移動し、アルプス山脈を越えてからドイツのニュル、さらにヨーロッパ最西端ポルトガルまで飛んだのち、また1ヶ月半後にボローニャに戻る。ムジェロとイモラは直線距離でたったの70km、車で1時間半程ですから、スケジュール的に何とかならなかったのかな、なんて思ってしまいますね。2006年までのサンマリノGP時代のサーキットレイアウトは皆さんよくご存知の通りだと思います。しかし、実は翌2007年に軽微変更があるんです。今回レースの無い休日を寛ぐミヤビマン・ティルケにもその旨伝えて、急いで再作図させました。IMG_4346
どこが変更されたかわかりますか?!図の北にあたるトラック最終区間にあった左クランク「ヴァリアンテ・バッサ」が無くなって、極緩やかな右コーナーになっているんです。近年は事故の度にシケインが新設置されることはあっても、円滑化するのは結構なレアケース。ただでさえ幅員が狭く高速寄りで危険、かつ抜き辛いと言われたイモラが現代のF1でどのようなレース展開を生むのかに非常に興味があります。いつかのような大きなクラッシュが頻発しないことを願いたいです。

今回11月初旬にあたる第13戦までの開催地が明らかになりました。ヨーロッパ中心で組まれたカレンダーもこれで終了となるでしょうか。そして次の発表でおそらく最終戦までが明らかになることと思います。F1は異例の緊急事態となった2020年シーズンをどのような形で締めくくるのか?!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_4149
ハンガリーGPが終わる頃、例年であればF1はシーズンを半分近く消化し、大方の勢力図がわかり「シーズン前半戦を総括」して短い夏休みを迎える頃でしょうか。ただ今シーズンは実のところ忙しくまだ3戦を終えたばかりです。サーキットにしてたった2つですので、各チーム、ドライバーの勢力図を読むのはなかなか難しいかもしれません。ただテレビ放送をご覧になっている方なら、どこが速いとか誰が速いとか、色々頭の中に思い描いていることと思います。その時間が何とも楽しいんですよね!まだたったの3戦に過ぎませんが、シーズンひと時の休息、ドーバー海峡移動中に「開幕3戦から勢力図」を考えていこうと思います。

まだF1の開幕延期すら予想だにしていなかったシーズン開幕前合同テスト後の3/10に書いた「miyabikunの勢力予想」をおさらいしてみます。

《2020年シーズン開幕前の勢力予想》
   1 メルセデス・M

   2 レッドブル・H
   3 フェラーリ・F

   4 マクラーレン・R
   5 レーシングポイント・M
   6 ルノー・R

   7 アルファタウリ・H

   8 ハース・F
   9 アルファロメオ・F
 10 ウィリアムズ・M

こんな具合に書いていました。昨年2019年のコンストラクターズランキングを基本とし、そこから開幕前合同テストで好調をみせたレーシングポイントを上げ、逆にイマイチであったフェラーリとアルファロメオを少し下げたような順位付けとなっています。近年でみてもマクラーレンが一時期より台頭してきた以外はさほど変わらない順列ですね。大きく奇をてらったものではありません。
しかし異例のオーストリアでの開幕を迎えるとこの比較的テッパンの順位付けにいくつかの差や違和感がありました。

 ・フェラーリエンジン勢が軒並み遅い
 ・レッドブルのドライバー2人の差が大きい
 ・マクラーレンは変わらず好調でノリスが元気
 ・噂以上にレーシングポイントは速そう
 ・ウィリアムズがテールエンダー脱出か?!

などなど、細かい相違をあげればキリがありませんが、やはり本戦になるとテストだけではわかり得ない事実が多く明らかになりますね。
まず上位では抜きん出たメルセデスは想定内としても、フェラーリとレッドブルは期待外れなシーズン開幕を迎えてしまいました。レッドブルはまだフェルスタッペンの底力もあって予選や決勝を上位で終えられているものの、フェラーリはベッテル、ルクレールをもってしても予選の速さが無さ過ぎます。第1戦、第2戦のパワーサーキットはてんでダメでしたね。昨年あれほどパワーをウリにしていたエンジンだと思えませんでした。決勝になると接触事故により入賞もままならないという、不甲斐無さは近年稀にみる状況です。これはかなり重症。
予選の速さより決勝の戦略的追い上げ基調のレッドブルとはいえ、アルボンはレースペースでフェルスタッペンに離され過ぎです。あのバケモノと全く同じようにしろとは言えないけど、離れてしまっては戦略が組み辛いです。アルボンなりに背伸びして、攻撃的に挽回しようものなら、先日のハミルトンとの接触のように負の流れを呼んでしまうこともしばしば。あと予選時点で速さが足りません。それはアルファタウリをみていてもわかりますが、要はホンダエンジンの熟成が足りてないことを意味しています。ドライバースキルは昨年と変わらないはずなのに、マクラーレンはおろかルノーにすらついていけていないのですから、認めざるを得ません。
続いて「いい方の話」をしていきます。ご存知の通り、第1戦ではマクラーレンのノリスが時間いっぱいの走りで初表彰台をもぎ取り、続く第2戦も最終盤に4位浮上と、確実な進化をみせています。サインツは予選こそノリスに負けることはあっても、しっかり3戦全戦入賞を果たしています。来シーズンはエンジンをルノーからメルセデスにスイッチすることでさらなる化学反応に期待したいのですが、ここまで築き上げたサインツのチーム離脱、移籍が今から心配です。
今シーズンの目玉と一つとして「レーシングポイントは銀かピンクか?!」という話題もありますね。不思議なことにレッドブルリンクではその全貌がみえませんでしたが、前戦ハンガロリンクでストロールが驚異的な予選を披露しました。残念ながら決勝はズルズルと後退してしまい、久々の表彰台登壇とはいきませんでしたが、この先に予定されているのはパワー重視のサーキットが続きます。おそらく最後になるであろう「レーシングポイント」の名を歴史に刻めるのではないかという大きな期待があります。
などなど、様々な現実を汲み取り、2020年シーズン序盤での勢力図を組み直してみました。あくまでmiyabikun個人的な考えで並べていますのでハズても恨みっこ無し、また異なった見解があればやんわりとご意見頂ければと思います。

《2020年シーズン3戦を終えての個人的勢力予想》
 →  1 メルセデス・M


  ↑   2 マクラーレン・R
  ↓   3 レッドブル・H
  ↑   4 レーシングポイント・M

  ↓   5 フェラーリ・F
 →  6 ルノー・R

 →  7 アルファタウリ・H

  ↑   8 ウィリアムズ・M
  ↓   9 ハース・F
  ↓ 10 アルファロメオ・F

メルセデスは厳密には「→」でなく「↑」を付けてもいいくらい。ハンガロリンクはお宅じゃないだろうというツッコミも全く無意味「メルセデスのハンガロリンク」でした。もっと言えば「ハミルトンのハンガロリンク」が正しいか。世界中に「ハミルトンの、、、」がいくつあることやら、、。昨シーズンから唯一と言っていいほど、正常進化がみえるのはメルセデスエンジンユーザーの3チームです。嬉しいことに、あのウィリアムズがガチの予選でライバルにちゃんと勝てています。朗報じゃないですか!Mの3チームはアゲですね。
第2グループは予選、決勝、それも2人ともそつなく安定した速さをみせたマクラーレン、表彰台登壇数だけは多いレッドブル(というよりフェルスタッペン)、速いと思われるマシンでハンガロリンクの飛躍をみせたレーシングポイントの3チームで非常に悩みました。このグループはサーキット特性によって多分に上下すると思います。メルセデス一強ではチャンピオン争いも何もありませんが、広い意味でF1を楽しむのなら、このエンジン違いの各チームが2位争奪戦をやってくれれば盛り上がります。
フェラーリは、、この辺かな。ドライバーの力で何とか第2グループに混ざるけど、マシンや戦略をみれば、ルノー(リカルド)に対しても勝てているのか怪しい感じ。先程のM勢がアゲならば、F勢は総じてサゲ。ガンはパワーユニットか?!アルファタウリは、、扱いがようわからん(笑)アルファタウリのドライバーの問題というより、Hのパワーユニットは失礼ながらこの辺りなのかなと思っています。レッドブルグループはフェルスタッペン一人が奮起している、昨年と状況はあまり変わりません。
今後はシルバーストン、スパ・フランコルシャン、モンツァといったF1界でもハイスピードと評されるパワーサーキットが続きます。このままの構図でいくと、メルセデス勢優位は変わらず、フェラーリ勢はさらなる苦戦が予想されます。このままで終わってしまっては、F1界は盛り上がりません。番狂わせや大逆転は大歓迎!劣勢が予想される諸君の奮起に期待したいですね。
IMG_4217

また話は変わって、先日新たに第9戦、第10戦の開催が発表されました。既に終えた3戦分含めて並べてみました。

《2020年シーズンF1カレンダー(発表分)》
  第1戦 オーストリアGP            7/5   → 当初予定通り
  レッドブルリンク
  第2戦 シュタイアーマルクGP 7/12 → 二開催
  レッドブルリンク
  第3戦 ハンガリーGP               7/19 → 8/2から移動
  ハンガロリンク
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  第4戦 イギリスGP                   8/2   → 7/19から移動
  シルバーストン
  第5戦 F1 70周年記念GP         8/9   → 二開催
  シルバーストン
  第6戦 スペインGP                  8/16 → 5/10から移動
  カタロニア

  第7戦 ベルギーGP                  8/30 → 当初予定通り
  スパ・フランコルシャン
  第8戦 イタリアGP                  9/6   → 当初予定通り
  モンツァ
  第9戦   トスカーナGP            9/13 → 新設初開催
  ムジェロ

  第10戦 ロシアGP                   9/27 → 当初予定通り
  ソチ・オリンピックパーク

妙に空くスペースは「お休み週」を示しています。かなりの連戦ですね。イタリアはモンツァに続いてイモラかななんて噂がチラホラありましたが、結局ムジェロで「トスカーナGP」と名付けられた一国二開催の運びとなりました。ベテランのF1ファン、特にフェラーリファンであれば昔から「フェラーリのプライベートテストサーキット」として知られていますね。基本情報と共に少し予習しておきましょう。

《新設初開催のムジェロサーキットとは》
新設と書いたものの、今回のために「新たに建設」したわけではなく、「新たに設定された」の意味の新設です。
FullSizeRender
北西にミラノ、北東にヴェネチア、少し離れた南南東に首都のローマがあり、ボローニャとフィレンツェに挟まれたイタリア北部にサーキットがあります。ちなみにイタリアGPの舞台はミラノ北部、サンマリノGPが行われたエンツォ・エ・ディノ・フェラーリ(イモラ)は地図上のムジェロの「ェ」の上あたりにあります。
FullSizeRender
IMG_4285
ムジェロ
    所在地    :トスカーナ州フィレンツェ県
   開業    :1974年
   一周距離  :5.245km
 コーナー数:15箇所
    高低差    :41.2m
 最速ラップ:1分18秒704(2004年テスト)
  F1GP開催 :無し
 DRS箇所数:未発表

在宅勤務で悶々としているミヤビマン・ティルケを久々に呼び出して、在宅で作図させました。どこかで見たことがあるような無いような、って感じですね。コントロールラインのある長いストレート、また高低差は意外とあります。F1はフェラーリのプライベートテストくらいしか印象にないですが、MotoGPは「イタリアGP」としてミサノサーキットと並んで多く使用されています。MotoGPは全く詳しくはないのですが、M・ドゥーハンやV・ロッシといった名ライダーが連勝したことで有名です。果たしてF1でどんなバトルが繰り広げられるのか注目ですね。

IMG_3838
2020年シーズンはまだ始まったばかり。先行き不透明な面もありつつ、ヨーロッパを中心に今後も続いていきます。どんな展開が待っているのか、どんな記録や感動を生むのか、イギリスGPを楽しみに待ちましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
本来であればF1は今頃ヨーロッパラウンドの真っ最中の頃にあたりますが、ご存知の通り未だ開幕を迎えられていません。理由はただ一つ、世界中に蔓延する新型コロナウイルス「COVID-19」によるものです。今年一番耳にし口にしたフレーズで、正直言いたくもないし聞き飽きましたよね。戦争を知らない世代からすると、これほどまでに世の中の状況を一変させ、それも世界全体まで被害が及ぶ出来事は経験したことのない事態です。一時期は2020年オリンピックをはじめとしたイベント事、特にスポーツは壊滅的であろうと諦めた最中、徐々にではありますが「条件付きの再開、開催」がようやく発表されました。その中にはF1も含まれています。しかし国や土地、被害状況や判断などにより様々な違いが出ました。まず当初予定されていたカレンダーとその判断状況をまとめました。

《2020年F1カレンダーの開催可否状況》
 開幕戦オーストラリアGP     3/15 → 中止
  アルバートパーク
 第2戦  バーレーンGP            3/22 → 延期未定
  バーレーン国際
 第3戦  ベトナムGP               4/5   → 延期未定
  ハノイ市街地
 第4戦  中国GP                      4/19 → 延期未定
  上海国際
 第5戦  オランダGP               5/3   → 中止
  ザントフォールト
 第6戦  スペインGP               5/10 → 8/16に移動
  カタロニア
 第7戦  モナコGP                  5/24 → 中止
  モンテカルロ市街地
 第8戦  アゼルバイジャンGP 6/7  → 中止
  バクー市街地
 第9戦  カナダGP                  6/14 → 延期未定
  ジル・ヴィルヌーブ

 第10戦フランスGP              6/28 → 中止
  ポール・リカール
 第11戦オーストリアGP       7/5   → 予定通り
  レッドブルリンク
 第12戦イギリスGP              7/19 → 8/2に移動
  シルバーストン
 第13戦ハンガリーGP          8/2   → 7/19に移動
  ハンガロリンク
 第14戦ベルギーGP             8/30 → 予定通り
  スパ・フランコルシャン
 第15戦イタリアGP             9/6   → 予定通り
  モンツァ
 第16戦シンガポールGP      9/20 → 中止
  マリーナ・ベイ市街地
 第17戦ロシアGP                9/27 → 未定
  ソチ・オリンピックパーク
 第18戦日本GP                  10/11 → 中止
  鈴鹿
 第19戦アメリカGP           10/25 → 未定
  サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)
 第20戦メキシコGP           11/1   → 未定
  エルマノス・ロドリゲス
 第21戦ブラジルGP           11/15 → 未定
  ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴス)
 最終戦アブダビGP            11/29 → 未定
  ヤス・マリーナ

この記事を掲載する6/16現在、カナダGPまでは終了しており、翌6/28予定であったフランスGPも中止が発表されています。10/11予定の日本GPでアジアラウンドが終わり、以降はアメリカラウンドに入るわけですが、そちらの可否は現時点で明らかになっていません。恐らく、、でモノは言わないようにしているmiyabikunではありますが、アメリカやアブダビはともかく、中南米は今の時点で考えると厳しい気もします。あればあったでなおいいですが。

《2020年の開催中止が決まったGP》
 オーストラリアGP
 オランダGP
 モナコGP
 アゼルバイジャンGP
 フランスGP
 シンガポールGP
 日本GP

上記のカレンダーのうち、2020年シーズンは行わないという判断を下したGPを抜粋しました。開幕戦オーストラリアGPの判断、発表タイミングは何とも衝撃的でしたね。一番初めだし、時期的に悩ましいのもあったわけですが、ドライバーやチームスタッフ、観戦を予定していた観客に対しても苦渋の決断となりました。
中止を決断したGPはモナコGPをはじめ軒並み「市街地サーキット」が占めています。市街地サーキットの場合はクローズドサーキットと異なり「街を占領し、全世界から観客を集める」という点がより感染のリスクを高めてしまいますので致し方がありません。市街地サーキットの中では、今シーズン初開催となる予定であったハノイ市街地でのベトナムGP、また半市街地サーキットといえるカナダのジル・ヴィルヌーブもひとまず「延期」の姿勢を採っていますが、市街地系、さらにはヨーロッパからみて「遠隔地」であることを考えると、開催は困難かなと思っています。
中止GPの中に我らが日本GPの名もつい先日加わってしまいました。日本国内では緊急事態宣言も解かれ、ようやく節度を持った行動が根付き始めたばかりなのに、無観客での開催も許されなかったのはとても悔しいですね。これで今シーズンのmiyabikunのブログは「100%テレビによる観戦記」を書くことが自ずと決定しました。

これら中止や延期といった様々な判断と、各国の感染状況などを勘案、組み直されて、皆さんもご存知の通り、ようやくシーズン開幕に向け変更版カレンダーが一部公開されました。毎年恒例となっている8月の夏休み期間を返上する形でスタートします。

《現時点までに決定しているカレンダー》
 第1戦オーストリアGP            7/5
  レッドブルリンク
 第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
  レッドブルリンク
 第3戦ハンガリーGP    7/19
  ハンガロリンク
 第4戦イギリスGP                  8/2
  シルバーストン
 第5戦70周年記念GP              8/9
  シルバーストン
 第6戦スペインGP                  8/16
  カタロニア
 第7戦ベルギーGP                  8/30
  スパ・フランコルシャン
 第8戦イタリアGP                  9/6
  モンツァ

今のところの発表はちょうどヨーロッパラウンドの期間であるたったの8戦分に止まります。そのあとのアメリカラウンドは白紙です。おそらく時間経過とその国の情勢次第で「そのままの予定通り」か「延期としたGPを差し込む」かになるでしょう。果たしていつ、どのタイミングで判断されるのでしょうか。

《2020年に二開催となるGP》
 オーストリアGP(シュタイアーマルクGP)
 イギリスGP       (70周年記念GP)

開催予定の中には、サーキットはよく知る場所なのに、GP名に馴染みのないものがありますね。この異例のシーズンでさらに異例なのが「開催可能な国で2回やってしまおう」というもの。古い言い方をするならば、先日から繰り返す「一国二開催」です。F1では基本的にご法度のやつですね。どんな呼び名でやるのかななんて興味津々でいると、もちろん今回も裏ワザ的なものを使ってきました。
シルバーストンで行われる第2イギリスGPは「70周年記念GP」という名で行います。こちらはその名の通り「F1の70周年」を記念して、F1の第1戦目を飾ったシルバーストンに上手いこと当て込みました(ちなみにF1は1950年制定ですので、今年2020年は「71年目」のシーズン)これは非常にわかりやすい。でも第2オーストリアGPの「シュタイアーマルクGP」って何ぞや?!という話ですよね。実はこの名前、3年前近く前にこのブログの「オーストリアGPから歴史と地理の勉強」という回で書いたことがあるんです。覚えていますか?!オーストリアGPの舞台であるレッドブルリンクの所在地の名前です。レッドブルリンクはシュタイアーマルク州にあるため、その地名を用いたということ。日本でいう「三重GP」や「東海GP」って呼ぶような感じでしょうか。やはり現在でもF1は一国二開催の原則を守っているのですね。もし、同じサーキットで三開催となったらどう呼ぶのでしょうね。オーストリアなら「ラウダGP」とかになるのかな(笑)

細かいツッコミはいいとして、とにかく絶望視されたF1が開催されることは嬉しいし有難いことです。観戦記を謳う当ブログが「過去を懐かしむだけのブログ」にならずに済みそうです(笑)日本GPは無くなってしまいましたが、また今シーズンを楽しめる可能性が出てきました。まずは7/5のオーストリアGPから、待ち遠しいですね!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

F1の楽しみ方は皆さん様々おありかと思います。フジテレビNEXTやDAZNなどの中継はもちろんのこと、専門書籍を購入して読んだり、このご時世F1の公式サイトで動画配信を観ることもできます。動画を配信してくれるようになったのは実に便利ですね。
先日のゴールデン、いやステイホームウィークで実家に顔を出した時に懐かしいものを漁ってきました。F1関連書籍です。よく読むものは今の住まいに置いていますが、全てはさすがに持ち出せず、他の雑誌も含め実家に預かってもらっています。今回は廃刊になったものや現在も発刊されているもの関係無く、お世話になってきた代表的なものをいくつか挙げてみます。

GPX
FullSizeRender
GPXとは「F1 Grand Prix Express」の略。山海堂から出版されていたF1専門誌で、現在は発刊されていません。miyabikunが高校時代から大学時代にかけて初めてF1専門誌を定期購読(とはいっても毎回自分が書店で買う)したものです。画像では伝わり辛いかもしれませんが、この雑誌、実は結構デカいんです。
FullSizeRender
最近のAUTO SPORTと並べてみれば一目瞭然です。変形B4判にあたるのでしょうか。これは書店で見つけ易く記事記載スペースや写真も大きく取れるという反面、持ち運びや蔵書する際はなかなか手を焼きました。暗所に保管しているので焼けは無いものの、他の関連雑誌と並べると上が飛び出たり、本棚にうまく入らないため、表紙のハッキネン右腕あたりに折り目が入ってしまっています。今回の撮影に際して一週間ほど復元措置を施しました。ハッキネン、暗い中で20年近くお辞儀させていてごめんね。
FullSizeRender
GPXの気に入っていた点は紙面の大きさを活かした画像の大きさでした。迫力満点です。また紙のマットな質感も好きです。1枚が厚く、今この紙と大きさを考えたら500円で作れるのかどうか。高校時代はアルバイトをしておらず小遣い制で限られた資金から毎レース購入。大学生でアルバイトを始めてからも「必要経費」に組み込んでF1情報を入手していました。一時期の人気も下降線に入りつつあり「好きな人しか観ないし知らない」時代が徐々に始まっていましたので雑誌は貴重な情報源でした。
懐かしがって中を開いていくと、こんなものが
FullSizeRender
某大手新聞のスクラップ記事です。この頃のmiyabikunはマメですねー。これは1998年の最終戦日本GPの回でしたので、ハッキネンの初チャンピオン獲得がデカデカと。ふた昔前は大手新聞のスポーツ欄にはまだF1がこんなにも大きく掲載されていたんですね。ハッキネンのチャンピオン獲得、嬉しかったなぁ。この後の大学受験勉強に精が出たものだ。

AUTO SPORT(auto sport)
IMG_3199
三栄書房(現 三栄)より日本のモータースポーツが世に出始めた頃から現在まで定期的に発売されるモータースポーツ誌の有名どころです。画像はだいぶ古い1991年の総集編。miyabikunがちょうどF1を録画観戦し始めた小学生の頃ですので、これは確か大人になってから古本屋を巡って状態の良さそうなものを探し買ったものだと思います。表紙は当然ながら中嶋悟。

AS+F(アズ・エフ)
IMG_3200
ASは先述オートスポーツの略。そのプラスFということで「F1専門」として枝分かれた雑誌でした。これも当時は500円で今は書籍として発売されなくなったものですね(電子書籍で復刻版があるのかな)先程のGPXから1年後となる1999年の最終戦日本GP編です。この頃は贅沢にどちらも買う、またはどちらかは立って斜め読みするという勉強そっちのけで読み漁ってF1を記憶。子供の頃から図鑑や写真集、地図などカラフルな本ばかりを読んできたので、やはりカラー写真は綺麗な方が目に止まります。
IMG_3203
そうそう、こういうのが勉強になります。個人的にだいぶお世話になりました。でも有難いことにテレビでは字幕スーパーや実況で教えてくれるし(たまに間違えている?)サーキットの走行中はカメラの色を見分けるよりかはカーナンバーの方が分かり易かったりするんですよね。
FullSizeRender
ただ後半のメカニカルな「難しい」エリアは二色刷りになっちゃうんですよね。ココもちゃんと読みましたよ、1ページを1週間くらいかけてね。メカは詳しくはないけど好きです。
FullSizeRender
わお、ハイレグ!この流れるような「サイドポンツーン」が何ともすごいなぁ。miyabikunが小学生の時がいわゆる「バブル時代」にあたるのでそのオイシさは知る由もありませんが、F1だけではない、オンナも、まあね、、好きっちゃ好きですよ。乗るのが好きですから(笑)
※女性は乗り物でありません、あしからず。

F1速報
FullSizeRender
「エフ速」って呼ばれているものですね。今コンスタントに毎戦発売されているものですので愛読されている方は多いと思います。昔は毎戦ちゃんと買っていたのですが、本好きなmiyabikunは「買う本は捨てない」としているので貯まっていく一方です。よって「買ってはいるが、買う前に内容を一度斜め読みで拝見して、買う」としています。荒れたレースやメモリアルなレース、また総集編はちゃんと買っています。最近は店によってバンドで固く止めてあったりするので、そういう時は本の上や下や角を傷付かないよう軽くめくって、中を一応確認してから、、買っています。三栄さん、大丈夫です(笑)

F1全史
IMG_3204
三栄(当時 ニューズパブリッシング)から発売されている手軽にF1創成期から現代までを同じフォーマット、それも日本語で書かれている季節誌です。miyabikunとしては「F1百科事典」的なもの。このブログで実際に観たことも無い時代の話やデータをmiyabikunは偉そうに書いているわけですが、こういう古い時代を知る上で重宝しています。ドライバー一人一人の顔写真も有難いです。驚くのはその値段で、一冊4,400円也。うー高いがF1を心底知るには高いと言っていられない。
5年単位が一冊にまとめられており、現在は2011年〜15年の第13巻が最新です。次は2016年〜20年が14巻目として出るはずです。ただし今年20年のF1が開催されれば、の話。

F1マシンコレクション
IMG_3210
これやっている方、多いんじゃないでしょうか。CMでバシバシやっていたし、毎号に「オマケ」が付いてくる。ちゃんと中まで読んでますか?!本がオマケじゃありませんよ?!デアゴスティーニに怒られちゃいますよ!根っからのミニカーファンの方々からみたら、見栄え出来栄えに色々ご意見があるとは思いますが、様々な年代のマシンを同じスケールで横並びにできるのは面白いですよね。中には「なぜその年のそのマシンを選んじゃうのかなー」とか、、って、本がオマケじゃありませんよ。これはれっきとした本、マシンがオマケですからね!(笑)
初回のみ一冊999円、2巻目から一冊2,300円とデアゴスティーニお得意の戦略です。これももうすぐ90巻で終わりだーなんて思っていたら、先日120巻まで延長するというアナウンスが。ざっと計算してみると
 120巻×2,300円=276,000円!これだけでは終わらない、本を整理するバインダーやミニカーを飾るケースが別売であるわけです。これがデアゴスティーニ。miyabikun将来このミニカーの上で生活する覚悟が必要です。お子さんがいる方、ペットを飼われている方、壊されたり食べられないように気を付けて下さいね。


何だか三栄さんだらけで広告のようになってしまいましたが、何か貰ったりしているわけではありません。これ以外の出版社の雑誌、企画物、シリーズなどそれらをひっくるめてmiyabikunができています。おうちで過ごそう!F1再開を楽しみに待とう!ということで、F1を読書で楽しむのも悪くありませんよ!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ