F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: なんでもF1

とうとう来た、このゲームで一番苦手なGPが。始めた頃よりかは少しはマシになったはずです(1月中旬の時点では1分17秒081もかかっていた)が、未だに「コツ掴んだー!」という手応えもなく今に至ります。得意不得意はあっていいじゃないか、にんげんだもの。

《サーキットの基本情報》
    モンテカルロ市街地サーキット
        全長           :3.340km×78周=計260.520km
        コーナー数:19箇所
        高低差       :41.8m
        DRS区間数:1箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
IMG_0841
他のサーキットに比べ、空の描写よりガードレールや建造物が多いこともあって「ゲーム感」は強めに感じます。全体的に暗く、グレーグレーしています。でもモナコらしさは伝わってきますね。
IMG_0842
まず要注意はこのターン1「サン・デボーテ」です。スタート直後の渋滞発生源であり、レースウィークで誰かが必ずと言っていいほどぶつけます。ちょっと奇妙にキンクしているんですよね。ピットアウトレーンのライバルが目に入ると、さらに焦ります。
IMG_0844
一昔前なんかは「ボー・リバージュ」の登りでエンジンが息絶えるマシンも多くいましたね。また、登り切ってからの左コーナー「マスネ」は右ガードレールにヒットする車が多くいます。ゲームもそれは同じ。
IMG_0847
「カジノ」を越えた下り直線にはお馴染みの「ぽっこり」もちゃんと表現されています。ゲームでココを直線的に抜けるとどの程度のロスかは検証していないのですが、実際のマシンをドライブする際は右側に避けて下さい。そして例のココ
IMG_0849
IMG_0850
普段走る分には楽しいんだけど、F1マシンで「フェアモント(ロウズ)ヘヤピン」走るのは苦手。ブレーキを強くかけ過ぎて停止しちゃっていたりして。
IMG_0853
IMG_0854
パッシングポイントでもある「ヌーベルシケイン」は観ている分には好き。ただ走るとなれば話は別。フェルスタッペンばりのショートカット上等(笑)
IMG_0856
あとこれも苦手です。お尻フリフリ「ラスカス」MobileRacing以外のレースゲームで何回も走ってきたはずなんですが、このゲームだとラスカスが綺麗に走れた試しがない。こんなタイトなラインでしたっけ?ヘヤピンより難しい気がします。
IMG_0857
最後の最後「アントニー・ノウズ」もギリギリ。右のピレリにぶつけるか、左のピレリにぶつけるかは、体調による(笑)
以上、苦手苦手の言い訳と文句ばかり(笑)

《2018年のポールポジション》
    2018年 リカルド(レッドブル)
                1分10秒810

《ポールポジションレコードタイム》
    2018年 リカルド(レッドブル)
                1分10秒810(一周3.340km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
                1分11秒738

このタイムアタック前までの精一杯がこのタイムです。これは2017年までであればポールタイムより速いのですが、2018年では怒リカルドから0.9秒も遅れた6番手となってしまいます。たった1年で飛躍的なタイム更新ですね。
やる前から全く自信なし。。でもやってみる!
IMG_0872
IMG_0873

IMG_0874
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分11秒376   S1:20秒19 S2:31秒77 S3:19秒40

うー悔しい。あそこがキマれば、そこでしくじる。あそこでしくじってもそこはキマる、といった定まらないラップを繰り返して、首や肩がカチコチになりそうだった。miyabikunにモナコマイスターは程遠い。苦手苦手言う前に、モナコGP自体が好きになるところから始めなければならないですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

カタロニアです。テストでもお馴染みの温暖な気候に様々な要素たっぷりのレイアウトに今回チャレンジしていきます。レイアウトはよく知っているけど、得意かと聞かれたら、そう得意ではない部類です。

《サーキットの基本情報》
    カタロニアサーキット
        全長           :4.655km×66周=計307.104km
        コーナー数:16箇所
        高低差       :29.6m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
IMG_0334
IMG_0335
一昔前は長いストレートなんて言われてきましたが、最近はもっと長いストレートを有するサーキットがボコボコで始めたので、あまり珍しくもなくなってきましたよね。
個人的に走っていて気持ちいいのはココ。
IMG_0336
IMG_0337
IMG_0338
IMG_0339
方向が180°変わる長く大きな右コーナー「ルノー」ノーブレーキで耐えていくのが気持ちいい。カタロニアはこのようなビッグターンがいくつかあり、ライン採りをミスすると不用意なブレーキングを必要とするのでとても繊細、故にミスは命取り。
IMG_0340
IMG_0341
セクター2の右コーナー「カンプサ」以降に控えるDRS区間。スピードに乗ってからの左「ラ・カイシャ」は結構難しい。またセクション終盤、昔より手前にズレた「ユーロップカー」
IMG_0342
ズレから生まれたこの左
IMG_0344
IMG_0345
右のシケイン。とても忙しいです。ショートカットしたいけど、はみ出し過ぎると急減速を食らうので程々に。また最終右コーナー「ニュー・ホーランド」もうまく片付けないと、自慢のメインストレートの速度不足を伴います。こじんまりとしている割に実に様々な要素がバランスよく盛り込まれています。

《2018年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
                1分16秒173

《ポールポジションレコードタイム》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
                1分16秒173(一周4.655km)

《2019年開幕前合同テストの最速タイム》
    2019年 ベッテル(フェラーリ)
                1分16秒221(C5)
    2019年 サインツ(マクラーレン)
                1分17秒144(C4)
    2019年 フェルスタッペン(レッドブル)
                1分17秒709(C3)予選Q3タイヤ

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
                1分16秒731

昨年キングによって更新された全長4.655kmバージョンのポールレコードは現時点で上回っています。ちなみにマシンレギュレーション変更後の初っ端に行われた合同テストでは、ハイパーソフトタイヤ相当のC5でもタイム低下しており、今シーズンのスペインGPでQ3で使用されるであろうC3では1.6秒以上も遅れています。ヨーロッパラウンドに入り、各チームでアップデートが持ち込まれるでしょう。合同テストから如何にタイム向上してくるかが見ものですね。

このMobile Racingも先日から今シーズン使用のディテールに変更されました。あまりカッコよくないなぁ。
IMG_0351
あーmiyabikunの「4」が正式にノリスのモノとなり、とうとう使用できなくなった。。14は気が進まないし44はキングが使っているから今後は「24」を使うことにしました。
IMG_0350
IMG_0353

IMG_0354
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分15秒628   S1:20秒46 S2:26秒57 S3:27秒61

出来がいいとは言えなかった割に、意外にも持ちタイムから1.1秒縮めることに成功しました。このタイムはさすがにキングも追いつけなかろう(笑)ナンバー24で心機一転、頑張ります!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回のカード対決は5/5こどもの日ということで1998年のTBS「テレビのちから」という番組の中の「スーパーキッズ21世紀夢チャレンジ」で登場した12歳の小林可夢偉です。ハミルトンやベッテルも幼少時代から注目される天才児でしたが、日本でも同様に「F1に乗れそうな子」は昔から注目されてきているものなんですね。
IMG_0253
IMG_0256
先日取り扱った「生ダラカート」でお馴染みの定岡正二が兵庫県尼崎市に住む小林家を訪ね、小林可夢偉と初対面しています。憧れのドライバーはアイルトン・セナ。将来の夢は、ちょっと字が薄くて読み辛いけど「F1レーサーになる」とデカデカと書いています。
IMG_0266
IMG_0267
ひとまず固い握手を交わし、定岡とカート対決と相なりました。定岡正二ってセナをはじめ様々なドライバーとカート対決を行って場数を踏んでいますよね。
IMG_0269
IMG_0272
名神高速道路、東名高速道路を辿ってはるばる千葉県市原市にある「新東京サーキット」に到着。カート対決御用達のロケーションです。
IMG_0270
IMG_0276
定岡先行の半周のハンデを了承してもらい、7周のカート対決スタート!
IMG_0280
レース当日は雨は上がっていますが、路面はウェット。1周が約40秒と考えると、定岡のアドバンテージは20秒。7周レースということは小林は1周あたり3秒早く走らないと追い付きません。
IMG_0283
1周目は約2秒
IMG_0284
3周目は約3秒
IMG_0285
5周目も約3秒と着実にギャップを縮めて定岡のすぐ後ろに近付いてきました。
IMG_0286
IMG_0287
コースをはみ出しつつ、アウトからかぶせて小林が見事ハンデ戦を制しました。

IMG_0281
ただ、このレースはこれで終わりではなかった。定岡のバックに元F1ドライバーが次なる対戦相手として控えていた。小林にはナイショ。
IMG_0291
この方、なぜか坊主頭(まさかアレか?!)の鈴木亜久里。オートバックスカラーのカートで颯爽と登場。
IMG_0292
IMG_0293
小学生2人は拍手でお出迎え。レースは倍の距離となる15周とし、元F1ドライバーと将来期待されるF1ドライバーの対決スタート!
IMG_0297
鈴木はピッタリと小林の背後から離れません。うまく並びかけては
IMG_0300
IMG_0301
青の小林が前を守るといったレース運びが続きます(これがこの後ちょっとした問題に)
IMG_0302
IMG_0303
S字の切り返しで鈴木が前に。前を走るのは憧れのセナと一緒に走り、F1で当時唯一の日本人表彰台を経験した人。小林は是が非でもこの壁を超えていきたいところ。
IMG_0305
IMG_0312
IMG_0313
小林は意外と呆気なく抜き返し、幾度となくお尻を突かれながらも見事に勝利!さすがスーパーキッズ。

IMG_0316
IMG_0317
レース後、勝利したにもかかわらず浮かばぬ表情の小林。鈴木や定岡も気になり問いかけています。どうした?!
IMG_0319
小林曰く、鈴木とのレースは「鈴木が手を抜いていたから勝てた」ということに悔し涙を流していたのです。小学生とはいえレース、バトルですからね。勝てても嬉しいやらナメられているような、複雑な気持ちだったのでしょう。負けず嫌いでないと、スポーツの世界は伸びません。
IMG_0320

ご存知の通り、後に小林はF1へステップアップ。このレースから14年後の2012年日本GPでは鈴木に続く日本人3人目の表彰台を獲得するまでに成長、活躍しました。まさしくこのレース対決した2人だけが、現時点での貴重なF1日本GP表彰台登壇者です。
image

https://youtu.be/F69gMeGTvi4
https://youtu.be/9AB1TMy7RIE
https://youtu.be/JR7MdsEY5jo

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_9203
前回に続いて、中嶋悟シリーズをもう一本。今回は1991年に放映された日本信販グループ(現 三菱UFJニコス)のCMです。F1は世界を転戦する「走る広告塔」であり、前のEPSONやPIAAと同時期のものですから、いかに当時のF1と日本企業の関わりが濃かったか、また「F1のスポンサーをしている」ことにインパクトがあったかが伺えますね。
日本信販といえば「赤地に白のC」が目印の信販会社、いわゆるクレジットカードの会社です。この旧社名だけでは今の若い方には馴染みが少ないかもしれませんが「ニコス」「ミリオンカード」「DCカード」といった方が通じやすいかもしれません。ニコスは田村正和やナインティナインが、ミリオンカードは高嶋政宏、DCカードは中井貴一が「カッパとたぬき」のコンビでコミカルなCMを長らくシリーズ化してやっていましたよね。今ではそれらカードと同じ会社になります。現社名の通り、三菱UFJ銀行系のクレジットカード会社。miyabikunもいくつかクレジットカードを持っていますが、財布を見たけどココのは持っていなかった。さらには三菱UFJ銀行の口座も避けていたわけではないが開設していなかった。
IMG_9204
そうですね。中嶋悟の乗るティレル020のコクピット前部とリヤウィング翼端板にデカデカとロゴがありましたね。前年019も同様に入っていました。
IMG_9205
あとココ。サイドポンツーン開口上部にもさり気なくNippon Shinpanの文字。こちらが当時の正式名称ですね。ちゃんとスポンサードですよと文字情報が入っています。信用問題が大切な会社です。嘘、偽りございません!
IMG_9207
IMG_9208
特に中嶋悟のことは紹介されていませんが、当時のF1といえば中嶋悟、特別な説明は不要です。信用して下さい。
IMG_9209
市街地サーキットをバックにひたすらグループ会社の名前が続々と紹介されています。日立グループや東芝グループにも似ていますね。結構なスピードでロールされているため、とても読み上げるには困難です。とにかくとにかく、たくさんの会社で日本信販は成り立っています。
IMG_9214

We are a borderless company.

「私達は国境なき会社です」

CM内のしっとりとしたナレーションにもある通り、F1は世界を股にかけ戦うモータースポーツ。日本信販も世界を股にかけビジネスシーンや買い物を楽しめる便利なカード、というわけです。

IMG_9216


IMG_0200

IMG_0204

もう一つのバージョンです。中嶋悟の前にチラつくNICOSカード。F1色よりも自社商品が前に出てきました。こらこらっダメですよ、またEPSONに目を取られては。今回は日本信販のCMですからね!

IMG_0208

IMG_0209

マクラーレンの前を走るティレル中嶋。同一周回か周回遅れかは、お楽しみ。

IMG_0210

あ、今BRAUNに目を取らた方、ダメですよ!今回は日本信販!

IMG_0211

IMG_0212

こちらも先程と同様にグループ企業の名がズラりと続きます。miyabikun本職のお勤め先にもグループ会社が多くあるのですが、実のところ全てを覚えていないし、一字違いの会社名があったり、一体何を扱う会社なのか分からず仕事をしています。知れば「え、何でこんなものを扱ってるの?!」なんてのもあると思います。吸収したり統廃合されると、よく分からなくなってしまいますね。

IMG_0214

IMG_0215

今回の〆言葉は「世界で会いましょう。」です。カード会社も系列や派閥みたいなものがあってたまーに「申し訳ございません、当店は◯◯のクレジットカードのみのお取り扱いでございます」というケースもありますね。カッコつけても一気に台無しになってしまいます。ゴールデンウィークは特に外出先や高額な買い物をして、クレジットカードを使う機会も多いと思います。くれぐれも入口やレジの前で使用可能なカード会社を確認の上、お買い物を楽しみましょう。

https://youtu.be/mzbpj1Izdl8

https://youtu.be/WdRqhGfG2gQ


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今週末は高速市街地のバクーですね。いよいよ来たか、miyabikunは未だにココが得意ではありません。

《サーキットの基本情報》
    バクー市街地サーキット
        全長           :6.003km×51周=計306.153km
        コーナー数:20箇所
        高低差       :26.8m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
世界遺産や歴史的建造物が建ち並ぶバクーの中心地。F1が走っていなければきっと小鳥のさえずりなども聞こえてくるだろう、のどかなで上品な街なんだと思います。ご存知の通り、ここのサーキットレイアウトはいくつかの特徴的なセクションに分かれています。
序盤は区画された都市の中を駆け抜ける「とにかく真っ直ぐと直角ゾーン」入口でインに寄せ過ぎれば、こう
IMG_9904
出口で膨らめばこうなります。
IMG_9903
実際のF1でもよく見かけますよね。モナコと同様に市街地サーキットで一番の注意点です。壁を擦れば
IMG_9909
サンダー(グラインダー)のような火の粉が飛ぶ。火の粉で済めばまだいいけど、実際のF1ではホイールを割ったり、タイヤのサイドウォールを傷めるようなことがあっては大変ですね。ゲームではそこまでの再現はされませんが、痛々しい音が鳴り、速度とペースがガクンと落ちます。

IMG_9915
IMG_9916
中盤は幅員の狭い「世界遺産ゾーン」ですね。ターン5〜6は狭くて苦手だなぁ。縁石の掛け方は思考錯誤しています。ターン7もキツい。
IMG_9924
問題はココ!ターン8〜12の「F1どふネズミ」区間。あっても面白いんだけど、本当によくココをレイアウトに選んだよなぁ。
IMG_9925
IMG_9926
IMG_9927
IMG_9928
最近はわかりませんが、昔は横Gの強いコーナー通過時、ドライバーは息を止めていると聞きました。miyabikunもこの区間は毎回息を止めて、石橋貴明バリの怒り肩で力んでいる気がします。左ー、ちっちゃく右左、右ー、すぐ左ー、といった感じで、ちゃんと見てステアリングを切るというよりかは、リズムに乗って無心に切っています。だからたまにその波長が合わないと、当てちゃうん。。
IMG_9929
あと意外と難しいのがこのターン15。なかなかスピードに乗ってからの狭小ブラインドな左コーナーですね。今まで出口の右バリアの黄色いピレリに何回も「ご挨拶」させて頂きました。

IMG_9931
終盤は微妙に屈曲はしているものの、ほぼフルスロットル区間。DRSを開いて「いつまで回しちゃうの?!」ってくらい踏み続ける。今回のタイムアタック前までの最高速度は346km/hとなっています。あまりソコばかりを狙い過ぎると、
IMG_9905
ズダーン!と緑のロレックスをゲット(笑)ドッカンブレーキでちゃんと減速して、コーナーを曲がり切れちゃうリカルドって、やっぱりすごいんだなぁ。一芸だ。

《2018年のポールポジション》
    2018年 ベッテル   (フェラーリ)
                1分41秒498

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
                 1分40秒593

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
                 1分40秒280

今の持ちタイムは1分40秒280とポールレコードを少し上回ってはいます。最新2018年のポールタイムはベッテルが0.9秒落ちのタイムでした。2019年の予選はタイヤは硬い側になるし、もう少しタイムが落ちちゃうんじゃないかな。このまま苦手なmiyabikunがココのポールを頂いちゃおうかな!
IMG_9982

IMG_9983
何回か擦った。。あまり手応えは、ないなあ。

IMG_9985
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分40秒620   S1:33秒85 S2:38秒40 S3:26秒81

げげっ、miyabikun自身にも負けて、ハミルトンのポールレコードに負けてとるじゃん。これってフリー走行の金曜日まで調子良くて、土曜午後に辱められるパターンだ。気温が低かったカナ(笑)リアルの2019年マシンは、理論上最高速度が低下して、ベタ踏みセクター3で伸びてこないはず。miyabikunにポールポジション獲らせてー!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ