F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: 過去のGP

先日も見てきた「日常のモナコ」です。復習!坂を駆け上がってのマスネ、分岐する右と左、どちらでしたっけ?!
FullSizeRender
右分岐が正解でしたね。画像奥に回り込んでいきます。今回は2010年のモナコGPを振り返ります。GP開催前に新生メルセデスの旗揚げと共に現役復帰を果たした「モナコマイスター」はこのようなコメントを発しています。
FullSizeRender
抜けないモナコ、勝つためには度胸も「特別なやり方」も必要。是非参考にしましょう。
FullSizeRender
またモナコで2勝を挙げ、このシーズン5戦で優勝1回、2位1回と上々の滑り出しの「準モナコマイスター」は木曜フリー走行から上機嫌なご様子。
FullSizeRender
ただ土曜日の予選直前となるフリー走行3回目のマスネでクラッシュ。ただでさえスタート位置が重要なモナコの予選参加自体が危うくなります。
FullSizeRender

FullSizeRender
案の定予選までにマシンを修復できなかったアロンソはガレージでお留守番。代わって好調な走りを見せたのが、黄色いルノーのクビカでした。
IMG_0782
Q1は3位通過、Q2は5位に順位を落としますが、Q3の1本目は暫定トップに名乗りを上げます。
IMG_0784
レッドブルのウェバーに上回られてのラストアタック!プールサイドシケインまではいい感じでくるも、セクター3で遅れて2番手止まり。当時のルノーのマシンでレッドブル1台を上回るフロントロウ獲得は殊勲賞。ちなみに日本代表のザウバー小林可夢偉は16番手でした。
IMG_0786
「兎にも角にも、優勝はオレ様が頂くけどね」

《予選結果》
   1 M・ウェバー(レッドブル・R)
   2 R・クビカ    (ルノー・R)
   3 S・ベッテル(レッドブル・R)
   ※タイヤはブリヂストンのワンメイク

予選に次いで重要なのはスタートダッシュ。ココで運命が決まることも多々あります。アウト側の先頭のクビカは狭隘なサン・デボーテの最短ラインを見つめてマウント。
IMG_0787
IMG_0789
うわ、出遅れてウェバーにフタをされ、ベッテルに並ばれた!レッドブルどころか4番手スタートのマッサにまで一瞬先行される。クビカのモナコ、早々に終わったか。

IMG_0791
スタート早々に実はウィリアムズにもいたことがあるヒュル様がトンネルで「ミニ四駆走り」となって大破。早々にセーフティカーの出番が始まります。
IMG_0792
優勝狙いのピットレーンスタート、アロンソはそのタイミングを使い、わずか2周目でタイヤ交換義務を終えるという大博打に打って出ます。アロンソといえば「市街地、セーフティカー、先陣ピットイン、労せず優勝」再現なるか?!
FullSizeRender
6周目にセーフティカーが退去、セーフティカーライン通過後、先頭のウェバーが加速していきます。
FullSizeRender
「ちょっと、ちょっとちょっと!」
アロンソ様どうした?!タイヤはバッチリなんですが最後尾ですから、遅い車にヤキモキ。抜き難いモナコ、同一周回ですから頑張って自力で抜いて下さい。

FullSizeRender
先日のアゼルバイジャンGPでも問題となりましたが、ウィリアムズのバリチェロは30周目のマスネ手前のマンホールにつまずいてクラッシュしています。コレ、市街地サーキットにはつきものではあるのですが、本当に危険です。市街地のベテランであるモナコで起きてしまうという。アルベール王子に叱られるぞ。
FullSizeRender
当然SCですよー今回2回目。
FullSizeRender
34周目にレースが再開されたものの、44周目にまたもやマンホール絡みでSC。miyabikunはSCと書かれると「WAONが使えるショッピングセンター」が真っ先に浮かんでくる(笑)

FullSizeRender
50周目時点の優勝候補ウェバーは隊列もバラけず前がガラ空きであることもあって、逃げ逃げパターンでファステストラップを記録。一方で78周する頃に優勝で終える予定のアロンソは
FullSizeRender
おお18人抜きの6位にまで浮上。もしかしたら、もしかするかも!

レース終盤73周目、ウェバーを目の前にロータスのトゥルーリとHRTのチャンドックがラスカスで絡む。
FullSizeRender
FullSizeRender
まだ当時はハロがない。ド派手にいきましたね。
FullSizeRender
モンテカルロ・ショッピングセンター4回目の出店。このまま残り5周は長蛇の列で終息かなと思いきや、
FullSizeRender
最後は一応レースするらしい。皆さん、セーフティカーラインを越えてから加速ですよー!
FullSizeRender
最後の最後でこの男が目を光らせる。
FullSizeRender
一瞬赤い方がマイスターに見えますが、銀の方です。アントニー・ノウズでインからかわす!これぞモナコ必勝「特別なやり方」
FullSizeRender

《決勝結果》
   1 M・ウェバー(レッドブル・R)
   2 S・ベッテル(レッドブル・R)
   3 R・クビカ    (ルノー・R)

結果的にそのやり方はさすがのマイスターでも認められず却下。決勝タイムに20秒の加算で7位入賞のチャンスから一転、12位の入賞圏外に追いやられてしまいました。
FullSizeRender
過去にはラスカスでの路上駐車違反もありました。それだけモナコで勝つためには必死になりますし、予選順位の重要さとパッシングが容易ではないことがついて回ります。なお現在は「セーフティカーライン通過後」ではなく「コントロールライン通過後」から追い抜くこと、とされています。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_0226
雨で垂れるフェラーリの紋章。1994,95年とベネトンで連覇し、名門再建を託された96年シーズンを6戦終えてもM・シューマッハは未だに成就できず、くすぶっています。この年は第7戦に設定されたスペインGPを迎えました。
これまでウィリアムズのD・ヒルが開幕戦から3連勝と第5戦サンマリノGPを制して4勝。同じくウィリアムズのスーパールーキーJ・ヴィルヌーブがニュルブルクリンクで行われた第4戦ヨーロッパGPで初優勝を遂げ、以前に振り返った前戦第6戦モナコGPはまさかのリジェのパニスが勝利。「名ばかりのトップチーム」フェラーリはシューマッハをもってしても完全復活とは言えないレースが続いています。
IMG_0227
予選もウィリアムズ2台が先行し、シューマッハは3番手が精一杯。4番手5番手には古巣ベネトンのアレジ&ベルガーが続くなど、位置的にはあまり代わり映えがありません。
IMG_0228

《予選結果》
   1 D・ヒル               (ウィリアムズ・R)
   2 J・ヴィルヌーブ (ウィリアムズ・R)
   3 M・シューマッハ(フェラーリ・F)
   ※タイヤはグッドイヤーのワンメイク

IMG_0229
雨も得意とするシューマッハですから、決勝レースのスタートに注目が集まります。
IMG_0230
IMG_0231
IMG_0232
あれっ、3番手のシューマッハ、なかなか加速しない。5番手のベルガーにまで並ばれ、一気に6位まで後退する。ヤバい流れ。実はこの雨のスペインは1周目から非常に荒れ、出走20台中、3台が1周すらできずリタイヤ。2周目もアーバインを含めた3台がスピンなどでリタイヤしています。ポールスタートのヒルもスタートで失敗して、先頭をヴィルヌーブに明け渡すことに。

IMG_0233
どうにか表彰台獲得あたりまでは復帰したいシューマッハは雨のファステストラップを出し続けて前を追います。
IMG_0234
IMG_0235
ヒルも脱落でスルスルと順位を上げるシューマッハ。8周目に早くも2位走行のアレジの襟足を掴める位置まで復帰してきました。我々には水しぶきで見えなくても、シューマッハには見える。
IMG_0236
インをさす!2位浮上。残すはトップのヴィルヌーブ。姿はもう目前に捉えています。
IMG_0238
二世だかCARTチャンピオンだかインディ500制覇だか知らないが、F1キャリアはシューマッハの方が上。F1に来て好き放題はさせない!65周レースの11周目で勝負をかけていく。
IMG_0239
アレジをさばいたコーナーで再びインから並び、抜く!フェラーリ再建の兆しが見えてきたか?!タイヤやエンジンを労わりながらフィニッシュラインを目指しました。
IMG_0240

IMG_0241
《決勝結果》
   1 M・シューマッハ(フェラーリ・F)
   2 J・アレジ            (ベネトン・R)
   3 J・ヴィルヌーブ (ウィリアムズ・R)

IMG_0244
出走20台中完走6台全車入賞というサバイバルレースとなりました。シューマッハはこれがフェラーリ移籍7戦目での初優勝となり、ここから5年連続チャンピオン獲得という前人未到の偉業がスタートしました。ただこのシューマッハをもってしても、チャンピオン獲得に至るまで4年を要しました。「フェラーリを復活、開花させる」にはそれだけの苦労や努力が必要です。
IMG_0246
F1ドライバーになること自体が大層なこと。そこで表彰台に立てたり、ポールポジションや優勝できることもすごいことなのに、彼らにはその先に「フェラーリのドライバーになる」「フェラーリで優勝する」という野望や目標に掲げる者は多くいますね。
FullSizeRender
ルクレールはF1参戦2年目にして、その名誉あるポジションを得て、早くもポールポジションや表彰台を獲得しました。次なる興味は今シーズンのどこかで見られるであろう「初優勝」の時。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

F1開催1,000戦目のメモリアルとなる中国GPは2004年の初開催から数えて今シーズンで16回目となります。アジアを代表するGPの一つとしてだいぶ定着してきましたね。今回振り返るのは2007年の中国GPです。前日まで他の年で準備していましたが、同じ年を多く取り扱ってきたことと、内容がこちらの方が面白いので急遽変更しました。まだこの頃の中国GPはシーズン終盤の第16戦で行われており、日本GPと連ねた秋開催でした。
2007年シーズンも今まで複数回取り上げてきています。今や絶対王者の呼び名が定着するハミルトンのデビューイヤーかつ最年少チャンピオン獲得がかかるというミラクル、その上に前年チャンピオンのアロンソとゴチャついてコンストラクターズポイントを無効にされるというミラクルなシーズンです。トップチームであることはもちろんですが、近年際立つ若手のフェルスタッペンやルクレールが初年度から今のハミルトンといきなり混じってもみ合うようなものですから、いかに強烈なF1デビューだったか想像できますね。第15戦の富士での日本GPを終え、ランキングトップはその新人ハミルトンが107ポイント、2位はチャンピオンのアロンソで95ポイント、3位はハミルトンから17ポイント離されているライコネンの90ポイントとなっています。2位にも12ポイント引き離して余裕はありつつもハミルトンはしっかり歩いてコース下見と、F1初走行の予習に抜かりありません。
IMG_9384
ただGP開催前、そんなハミルトンにチャンピオン獲得までの不安要素が舞い込んできます。前戦の日本GPのセーフティカー先導中に混乱を招く走行をしたとレッドブルグループからクレームがあり、事情聴取を受けています。
IMG_9386
結果的にペナルティなどのおとがめ無しでハミルトンにとっては救われましたが、速いだけではなく「スタンドプレー」にも視線が注がれてしまう若い怪物。

IMG_9388
予選Q3開始時の隊列はハミルトンを先頭にアロンソ、ライコネンとランキング通りで入っていきます。
IMG_9392
マッサがライコネンの暫定トップを塗り替えると、下見バッチリのハミルトンがセクター2通過段階で0.4秒も削る高速ラップをこなしています。初中国走行でもポールポジションを獲得。
IMG_9395
ライコネンは最後のアタックでマッサを0.1秒上回って2番手、アロンソはフェラーリからも離された4番手に沈む。残り2戦となり、とにかく依然としてハミルトンが優位な展開が続きます。

《予選結果》
   1 L・ハミルトン(マクラーレン・M)
   2 K・ライコネン(フェラーリ・F)
   3 F・マッサ       (フェラーリ・F)
      ※タイヤはブリヂストンのワンメイク

決勝は台風の接近もあって雨と風がレースを演出します。4番手スタートのアロンソは思い切りアウトに車を振り、ターン1に進入していきます。
IMG_9399
ただココはライン採りが本当に難しい。アロンソとて濡れた路面でライバルに大苦戦
IMG_9404
IMG_9405
IMG_9406
マッサは捉えるも、イン側に切り替わるタイミングでライコネンに詰まる。
IMG_9401

IMG_9409
当時のツートップ、マクラーレンとフェラーリには特徴的な違いがありました。こちらはセクター2終盤の左ターン10を抜けてストレートを走るハミルトン。
IMG_9410
ストレート中央付近は水しぶきがあがる左に一度膨らみ
IMG_9411
左のターン11進入を控えてトラックの右側に戻ります。一方で2位を走行中のライコネンは
IMG_9412
IMG_9413
ストレートの入口から出口までずっと右側を直進します。こちらが王道の走行ラインであり、両者(両チーム)のマシン特性の違いがみられます。マクラーレンはタイヤへの入力が大きく、すぐに熱入れができます。ただ裏を返せば「タイヤには厳しい」でもあるため、このレースのようなちょい濡れのインターミディエイト(当時はスタンダードウェット)はすぐにダメになってしまいます。そこでマクラーレン陣営は水のある路面でクーリングしながら走行を続けているのです。以前振り返ったことのある2000年ベルギーGPのM・シューマッハも同様の対処をしていましたね。

IMG_9415
15周目にハミルトン、18周目にアロンソ、19周目にライコネンが1回目のピットを迎えますが、タイヤ交換は行なっていません。ちょっと見辛いですが、左右のフロントタイヤの減り方に差があります。左フロントはだいぶ減り、スリックタイヤのようになってますね。ライコネンがピットアウトしてもハミルトンが前のまま。オーバーカットならず。
IMG_9418

路面は徐々に乾きつつあります。ドライのソフトタイヤに履き替えたウィリアムズのヴルツがファステストラップを記録したのを見てマッサも2回目ピットを26周目に敢行、ソフトタイヤに切り替え。ハマればレース内容に大きな変化を生みます。

IMG_9422
トップランナーはボロボロのタイヤを履いたままバトル開始。タイヤに厳しいハミルトンに対して、タイヤに優しいライコネンが1周で2秒近いラップで追い立て始めました。
IMG_9428
最終コーナーではみ出す。こちらも見辛いですが、ハミルトンの右リヤタイヤにブリスターが現れています。キツい!
IMG_9431
IMG_9432
コーナーのインに全くつけず、なす術無し。ライコネンにかわされる。ハミルトンの前にいるトヨタはタイヤに白いラインが入るソフトタイヤ。ハミルトンはトレッドに亀裂が入り、白いベルトが見えるインターミディエイトタイヤ。同じタイヤではありません。
IMG_9435
IMG_9437
30周目には3位アロンソにも1周で7秒縮められています。ポールスタートのポイントリーダーの新人が大ピンチです。31周目に2回目ストップを決断、インレーンに吸い込まれるハミルトン。
FullSizeRender
IMG_9443
え?もしや曲がり切れなかった?!グラベルにハマる。
IMG_9444
「おーい、誰か助けてー!マシンを押して!」
IMG_9445
コースマーシャルが集まり一応押してみる。でもレース中にマシン触ったり押してよかったんだっけ?
IMG_9447
「ダメだ、止め止め!」
IMG_9448
「おいーっ。ちょっ、待てよ!」

IMG_9450
ハミルトンが消えれば翌周にもちろんこちらもタイヤがボロボロのライコネンはソフト、アロンソはハードに履き替え、チャンピオン争いを複雑化させます。そう簡単にF1のチャンピオンを獲られるわけにもいきませんもんね!
IMG_9452

IMG_9456
《決勝結果》
   1 K・ライコネン(フェラーリ・F)
   2 F・アロンソ   (マクラーレン・M)
   3 F・マッサ       (フェラーリ・F)

IMG_9454
F1の神はこの怪物に試練を与える。ハミルトンはこの終盤に痛恨のノーポイント。最終戦ブラジルGPは三つ巴の展開に持ち込まれました。このリタイヤがハミルトンにとってのF1初リタイヤでした。デビューイヤーの全17戦で4勝、表彰台12回、入賞15回、完走16回か。本当にとんでもない新人だ。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バーレーンGPを振り返るのは2回目になります。昨年は2008年を振り返りました。今回はその一年後。今からちょうど10年前となる2009年のバーレーンGPです。この年は第4戦にあたります。
2009年は意外な滑り出しをみせたブラウンGPとバトンは以前にも振り返った第3戦の雨の中国GPを落として逃げ切りもここまでかと感じ始める時期でした。レッドブルがひたひたと近付いてきています。またもう一つ驚きなのは2007、08年とチャンピオン争いを行なった名門フェラーリが3戦で未だに入賞すらできていないこと。超低迷です。フェラーリは一時期を除くとトップから一段下か不作かを繰り返しています。今でこそ当たり前のKERS(現 ERS MGU-K)は当時まだ理解が足りず、逆に足かせとなるチームやドライバーがありましたね。KERS非搭載のマシンの方が好成績でした。

IMG_8951
こちらはこのバーレーンGPからKERSを搭載することにしたBMWザウバーのクビカ。両腕でしっかりマシンを押してタイヤ交換練習に参加しています。
IMG_8952

IMG_8953
日中開催だった時代は気温38℃、路面温度は51℃に達していました。乗る側はもちろんのこと現地で観る側も暑そうで大変ですね。
クビカは13番手、マクラーレンのコバライネンが11番手と上位KERS勢がバタバタとQ2落ちする中、非搭載のブラウンGPのバトンがQ3の暫定ポールに手をつけています。晴れでも暑くてもやっぱり速いブラウンGPか?!
IMG_8957
IMG_8958
ただ今回は違う。ブラウンGPと同じくリヤディフューザーで「ギリギリライン」の工夫を凝らしたトヨタが速い。グロックがバトンを上回ります。グロックがくればこちらはもっと上に。
IMG_8959
予選屋トゥルーリは前回2005年アメリカGP以来のポールポジションを獲得します。アメリカGPは「オトナの事情」で決勝を棄権して悔しい思いをしました。隣はチームメイトだし、久々の復調で表彰台も既に獲得しているため、トヨタ初優勝の期待が寄せられます。
IMG_8960
チームはお祭り騒ぎも、グロックは意外と冷静。
IMG_8961
IMG_8962
《予選結果》
   1 J・トゥルーリ (トヨタ・T)
   2 T・グロック    (トヨタ・T)
   3 S・ベッテル    (レッドブル・R)
   ※Tはトヨタ、タイヤはブリヂストンのワンメイク

IMG_8963
フォーメーションラップでスタート時のガソリン搭載量が公表されました。トヨタ2台は搭載量を減らしての予選走行ならびにスタートとなります。今と違って途中給油ができるこの時代ならではの戦略です。
IMG_8964
外側の走行ライン上からのスタートとなるポールのトゥルーリは予想通りに出遅れ、冷静グロックがターン1を獲ります。そのすぐ後ろKERS勢最前の5番手スタートとなったマクラーレンのハミルトンがインから3番手スタートのベッテルに並び
IMG_8966
予想通りのトゥルーリを捕まえんばかりの好スタートを決めます。
IMG_8967
中団ではKERS不調でイマイチなフェラーリのマッサがライコネンにフロントウィング翼端板を踏まれ、バリチェロとも挟み撃ちに遭っています。タイトなコーナー、スタート直後に加え、ワイドになったフロントウィングとなればあり得る接触です。今年2019年もワイドになったため、こういう想定もされますね。
IMG_8969
ガソリン搭載量はほぼ同じ。スタートダッシュを決められたバトンは2周目にハミルトンをパス。KERS無しで軽く、回頭性も安定しています。

IMG_8970
軽い分、逃げられるうちに逃げる。チームの初優勝を背負ってトヨタ2台が独走態勢を築いていきます。
IMG_8971
先頭に立つグロックは11周目にライン無しのハードタイヤを装着。ただその後、思いの外タイムが上がらない。ハミルトンはハードタイヤのラップタイムを無線で聞き、次のスティントで引き継ぎソフトタイヤを履く要請をしています。
IMG_8972
IMG_8973
トゥルーリも翌12周目にグロック同様にハードへ手堅く。

IMG_8977
タイヤが新しいグロックはハードタイヤの効果発現の前に白いルノーのアロンソにいとも簡単にかわされる始末。
IMG_8976
バトンはハミルトンと共に15周目にソフトを履き、バトンがターン1進入の頃、グロックはまだピット出口を通過中。というわけでバトンはグロックをオーバーカットしています。ハミルトンはトゥルーリをオーバーカット。
IMG_8978

IMG_8981
スタートダッシュを決めてトップにいたはずのグロックはレース終盤の33周目には5位まで陥落。ダメダメなフェラーリのライコネンと1周で1秒も遅い。ハードはもう無理。
IMG_8982
トゥルーリも37周目に上位メンバーとは逆ストラテジーでソフトに戻しても、時既に遅し。順位戻らず。

IMG_8988
《決勝結果》
   1 J・バトン       (ブラウンGP・M)
   2 S・ベッテル   (レッドブル・R)
   3 J・トゥルーリ(トヨタ・T)

IMG_8989
トヨタの日と思われたのは予選からスタート直後までで、結局このレースも大フィーバー継続中のバトンと右肩上がりのベッテルに「君が代」をお預けされてしまいました。スタートで予想通り順位を落としたトゥルーリはさらにチームの戦略、判断も甘く表彰式ではこの悔し顔。今はここまでタイヤ別で支配されることは少なくはなりましたが、タイヤ選択は本当に重要です。
IMG_8992
半分チームのせいでもトゥルーリとトヨタは仲良し。さすがイタリアーン。
FullSizeRender
グロックはレース後もやっぱり冷静な分析。ゲルマンなり。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回2013年の第2戦マレーシアGPを振り返ったばかりですが、今回は同じ年の1戦前となる開幕戦オーストラリアGPを振り返ります。頭をリセットしてご覧下さい。
レッドブルとベッテルが4連覇をかけて挑む2013年はテストからレッドブルVSフェラーリに期待が寄せられました。テストではなかなか見ることができない「本来のポテンシャル」が開幕戦で明らかになります。

IMG_8617
予選はご覧の通り土砂降りの雨。カメラを通してのカメラでもしっかりとその雨粒が確認できます。開始時間を遅らせてひとまずQ1は行われました。
IMG_8613
早速フェラーリのマッサがスピンを喫し、フロントをやっつけてしまいました。アルバートパークはランオフエリアが充分に確保されているところとウォールが間近にある区間と様々です。トラックをはみ出せば水しぶきならぬ泥しぶきが激しい。各車スピンやコースアウトが頻発しています。
IMG_8616
そしてザウバーのグティエレスがマッサと同じ区間で同じようなクラッシュをしたところで、これじゃ予選にならないと予選中止。Q2以降は決勝日曜日の午前中に延期されることなりました。
IMG_8618
翌日午前のQ2はちょい濡れ。Q3にベッテルはスーパーソフトタイヤを装着。2013年の幸先良いスタート位置を確保しました。マクラーレンからこの年メルセデスに移籍したハミルトンはウェバーを挟んだ3番手、そろそろマジでチャンピオンを獲りたいフェラーリのアロンソはその後ろ5番手となり、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、ロータスが4列目までを占めています。
IMG_8619
そうそう、この時代のピレリのタイヤはガケが怖い。気を付けましょうね。

《予選結果》
   1 S・ベッテル   (レッドブル・R)
   2 M・ウェバー  (レッドブル・R)
   3 L・ハミルトン(メルセデス・M)
   ※タイヤはピレリのワンメイク


スタートを前にザウバーのヒュルケンベルグはトラブルによりこんな状態。出走できません。ザ・開幕戦といった感じですね。昔はよくある光景でしたが、近年は本当にトラブルは減りました。
IMG_8620
またフロントロウのウェバーにも不穏な無線やり取りが
IMG_8621
初っ端レースからKERS無しとは。せっかく前が開けているというのに、母国レースでどこまでツイていないんだ!
IMG_8622
IMG_8623
あーやっぱり蹴り出しが良くない。アウトからハミルトンとアロンソ、インからマッサに食われてしまいます。

IMG_8624
タイヤの保ちが不安視されていることもあり、多くは3ピットストップを選択しています。そんな中、ミディアムタイヤスタートで2ストップを図るフォース・インディアのスーティルの1回目とベッテルの2回目が21周目に重なります。ベッテルはピット1回分のギャップを設けなければならないのに
IMG_8625
順位は変わらず。スーティルがガッチリとベッテルの行く手に立ちはだかっています。そうなると、合流で早めに2回目を終えた「本来の相手」にチャンスを与えることにもなります。
IMG_8626
アロンソはベッテルに並び、
IMG_8627
まだタイヤが馴染まないスーティルを簡単にあしらい前へ出ます。ベッテルが懸念していた「タイヤ」で明暗が分かれています。

IMG_8629
実は他にも2ピットストップを企むダークホースがいます。黒いロータスと黒いライコネンはミディアムタイヤを優しく扱ってラップを重ねていきます。
IMG_8631
メルセデスのハミルトンも2ピットストップ戦略ではありましたが、こちらはタイヤがキツい。アロンソに捕まって戦略変更を強いられました。メルセデスは昔も今もタイヤには悩むチームですね。
IMG_8632

IMG_8634
ウチはタイヤには優しいから。うん、大丈夫!
IMG_8635
ピットアウトを見届けて、最終スティントに入ります。

IMG_8636
43周目にライコネンが同じ戦略のスーティルの尻尾を掴みました。
IMG_8638
7番手スタートのライコネンがトップに。レッドブルVSフェラーリの構図に対して、巧みなタイヤ戦略で開幕戦を制しています。

FullSizeRender
《決勝結果》
   1 K・ライコネン(ロータス・R)
   2 F・アロンソ   (フェラーリ・F)
   3 S・ベッテル   (レッドブル・R)

その後フェラーリに移籍し、表彰台には乗るも長らく優勝に至らなかったライコネン。この20勝目が最後かな、なんて忘れかけていた昨年のアメリカGPで久々の優勝を飾り、今シーズンは古巣ザウバー(現 アルファロメオ)に復帰することとなりました。さすがに優勝は遠退くことでしょうが、表彰台獲得とチームや後世にアツい走りを伝えていけることを願っています。
IMG_8642
開幕戦は本当にフタを開けてみないと何が起こるかわかりません。期待や予想を簡単に覆して、驚きの結果を生み出すこともあります。それが開幕戦の醍醐味ですね。それは昔も今も同じ。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ