F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

カテゴリ: 観戦記(決勝)

バーレーンGPはいつも似たような画像から入ってしまうので、バーレーンらしいけどたまにはいつもとは違う入り方をしてみます。
IMG_8747
F1はいくつかの航空会社にスポンサードされています。世界を転戦するF1も非常にお世話になっています。バーレーンといえばガルフエアです。バーレーンの国営会社になります。この超低空飛行は毎回圧巻です。このご時世、航空業界も多大な損失を受けて、まだ使える機体を売るのではなく「廃棄」する傾向がみられます。見るのは大好き、乗るのはやや苦手なmiyabikunですが、また出張や旅行でお世話になる機会があるのでしょうか。また近い将来、気軽に旅に出られる日が来るといいですね。

スタートタイヤはフェルスタッペン、ハミルトン、ボッタスのトップ3と5番手のガスリーの4人がミディアムタイヤで他のトップ10の6人がソフトタイヤです。後方は逆にウィリアムズの2台とオコンの3人がソフトをチョイスし、他7人がミディアムとほぼほぼ半分に分かれました。さすがにハードタイヤスタートをチョイスした者ははいませんでしたね。
IMG_8748
予選Q1の黄旗の影響でベッテルは最後尾スタートとなりました。隣は張本人のマゼピンと並び、せっかく再起したいのに開幕戦早々の屈辱。
FullSizeRender
あとフォーメーションラップでペレスがターン13を前にストップ。最近のレッドブルの開幕戦ってどちらか必ず何かが起きている気がします。1周のエキストラを挟んで何とか復帰できてよかったですよね。

IMG_8753
シーズンの運命を占う肝心のスタート。フェルスタッペンはピタピタに追ってくるハミルトンをどうにか封じてターン1へ飛び込む。よし、ひとまず乗り切った!
FullSizeRender
よしよし、ターン2,3のカウンターも無し!と思いきや、1台あさっての方向を向いてますね。このアングルは昨年の事故と重なってドキッとしますよね。
FullSizeRender
またマゼピンか。それも接触でなくまたもやピン。おまけにセーフティカーを呼びつけるというなかなかの惨事ですね。うーん、ある意味キーマンになりつつあるなぁ。

IMG_8764
ローリングスタート気を付けろよー。キングが噛み付いてくるぞー。
IMG_8765
またぴたりと背後につく。逃げろ!!

IMG_8772
こう着状態が続く14周目にアンダーカット狙いで2位のハミルトンからピットインしてハードに履き替え。
FullSizeRender
フェルスタッペンは反応せずステイアウト。想像通りフレッシュタイヤのハミルトンがみるみる縮める。この判断は賢明だったのかなと考えてしまいます。ハミルトンから4周引っ張った18周目にタイヤ交換を終えてトラックインすると
FullSizeRender
ハミルトンから7秒近く遅れて、ハミルトンのアンダーカット成立。政権交代の予感から一転、よくあるパターンの予感が蘇ってきます。

FullSizeRender
中団でも激しいバトルが各所で行われていましたね。21周目のベッテル、アロンソ、サインツの隊列です。
IMG_8779
ドライバーの名前だけみていると、誰がフェラーリに乗っているかわからなくなってしまいますね(笑)タイヤ引っ張り作戦敢行中のベッテルにアロンソ、サインツのスペイン兄弟が襲いかかる。
FullSizeRender
続くはスペイン兄弟対決。前が元フェラーリで現在はルノー改めアルピーヌをドライブするアロンソ。後ろが以前ルノーにも在籍し、今シーズンからフェラーリへ移籍したサインツ(笑)
IMG_8781
サインツ、母国の偉大な先輩をかわした!IMG_8782
その隙を狙って、先程は一度折れかけた昨年までフェラーリをドライブしたアストンマーティンのベッテルがアロンソをかわしてフェラーリに続く。ややこしや。miyabikunの回りくどい言い方の問題か(笑)アロンソ様の復帰初戦は34周目にガレージに戻りリタイヤに終わっています。

IMG_8787
28周目にようやくフェルスタッペンがハミルトンと同じファインダーに入る位置まで近付いてきました。余裕しゃくしゃくのハミルトンに対してペースで勝るフェルスタッペン。正直必死です。何せ金曜から決勝の1スティント目までトップだったのに、易々とアンダーカットを食らったわけですから。IMG_8788
翌29周目にハミルトンは先手で2回目のピットへ。FullSizeRender
うーん、フェルスタッペンはどうにかオーバーカットしたいのですが、やっぱりフレッシュなタイヤを履くハミルトンのペースが上がっています。FullSizeRender
フェルスタッペンはハミルトンから遅れること11周の40周目にタイヤ交換を済ませて復帰すると、ハミルトンとはこの差。完全に1回目のピットタイミングから狂い出しています。
IMG_8801
もうトラック上でかわすしかありませんね。ファステストラップで追いかけていく。FullSizeRender
残り5周。フェルスタッペンはハイペースにハイペースを重ねて、ハミルトンを射程圏内に捉えました。残り4周のターン4で外側にはみ出しつつ抜く!IMG_8816
しかしトラックリミットペナルティを察して律儀に順位を戻して、これまで完璧に進めてきた開幕戦の勝利を諦めざるを得ない形で終わりました。IMG_8814

《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 3 ボッタス    (メルセデス・M)

結果的には昨シーズン何度もみたラインナップの開幕戦となりましたね。悔しいなぁ、今回は完全にフェルスタッペンのレースだと思っていたのに、手堅いハミルトンにやられてしまいました。F1は速さだけではなく、戦略の大切さを改めて感じさせられた気がします。全く触れずにきてしまってごめんなさいの角田くんデビュー戦はチャンピオン経験者とのバトルをものともせず、着実に順位を上げて9位2ポイント獲得です。あっぱれ!

《ファステストラップ》
 ボッタス(メルセデス・M)1分32秒090
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レッドブル・H)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 フェルスタッペン(レッドブル・H)

フォーメーションラップでトラブルに見舞われたペレスの挽回と健闘は認めるところですが、miyabikunの中ではドライバー・オブ・ザ・デイではありませんでした。今回は惜しくも優勝を逃したフェルスタッペンにあげたいと思います。金曜、土曜を完璧に終え、決勝スタートもバッチリ決めました。しかしちょっと首を傾げたくなるピット戦略にハマり、モノにできた優勝をキングに明け渡してしまいました。フェルスタッペン自身はそれをカバーすべく懸命に追走し、速さの面ではキングよりも確実に上にいたはずです。チームはなぜハミルトンと合わせ込まず、王道を選んでしまったのか。ハミルトンのみならず多くのドライバーがトラックリミットを越える走りをしていたにも関わらず、スチュワードに言及せず、パッシングをかけた際に律儀にポジションを戻したのか。グレーの部分も残しつつ、真面目に正直な道を選んだばかりに大きな損を冒してしまったのは勿体なかったと思います。速さは勝りつつ、戦略で負けてしまいました。
結果的にはmiyabikunは選ばなかったものの、実際に選出されたペレスのほか、レース序盤のベッテルも密かに候補ではありました。ただこの後書くように台無しになってしまったわけですが。

IMG_8804
《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 ベッテル(アストンマーティン・M)

チャンピオンに対して失礼かもしれませんが、当初は同情の目でみていました。自身が招いた状況ではあるものの、近年は運にも見放され、シートを喪失。そこからどうにかアストンマーティンに働き口を見つけて、心機一転、最後のチャンスとばかり今シーズンに意気込んでいたはずです。ところがマシンが思うように機能せず、挙げ句の果てには予選を新人に邪魔されて、その新人よりも後方スタートを強いられるという屈辱的な開幕戦スタートとなりました。無理を承知で1回ピットストップを選択し、若手やベテランなどにバカスカ抜かれても、中盤までは辛抱して走っていましたよね。ところがオコンとのあの絡み。風向きなのか諸条件が重なったにせよ、あの挙動をベッテルクラスがやるモンではありません。真剣に応援していたドライバーの一人としてみていたからなおさらガッカリです。昨年までと何も変わっていない。もし今後もF1で走るのなら、また一旗揚げることを考えているのなら変えなきゃダメ。ファンや若手からますますバカにされてしまいます。
ベッテルがこんなことになるまでは、決勝の初っ端に単独でやらかしたマゼピン一択かななんて考えていました。ただ同僚のシューマッハも同じようにコーナー立ち上がりでスロットルを入れた際に同様にスピンしたことからも、マシン自体の未成熟さもあると思ったため、今回とがめるのは止めました。マゼピンについては、今後も注意深く観察していく必要がありそうですね。

《開幕戦バーレーンGPのポイント》
・正直者が馬鹿をみる
・ベッテルの予選不運と追突後退は別問題
・マシンもよくないが、マゼピン要注意かも
・角田くん、デビュー戦入賞おめでとう! 

やっぱりF1はいいですね。結果はいつも通りかもしれないけど、最終周まで続いたトップ争い、新旧ドライバー相見えるバトルなど、終始緊張感あるレースで退屈する暇はありませんでした。まだ1戦ですが、少しだけ勢力図も明らかになりましたし、今シーズンは中団だけでなくトップも混戦の予感がしました。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_7672
せっかく久々にアブダビGPでメルセデス以外のポールシッター誕生なのに、無観客(観客は一部のV.I.P.のみ?)だと、心なしか寂しく感じます。チャンピオンは決まってしまいましたが、このレースでドライバーズ、コンストラクターズとも最終準備が決定しますから、決して気を抜けません。IMG_7677
スタートタイヤ一覧になります。Q2敗退以降はミディアムタイヤとハードタイヤを選択する者もいてバラエティに富んでいます。レッドブル、レーシングポイント、フェラーリやルノーはチーム内でタイヤチョイスを変えてきました。数珠繋ぎになりがちなアブダビGPで変化をもたらしてくれれば、レースは少し面白くなりますね。

FullSizeRender
フェルスタッペンのスタートはまずボッタスを警戒
FullSizeRender
続いてアウト側のハミルトンも警戒と右へ左へウロつきつつ、無事にターン1を制します。アブダビGPはまずココを押さえることが重要。
FullSizeRender
FullSizeRender
ズラズラズラーっと一列に連なっちゃいますもんね。今シーズン限りでF1を降りると思われるマグヌッセンが唯一3位分浮上しているものの、中団以下でパラパラと入れ替わるくらいでやはりヤスマリはおとなしめ。
IMG_7682

IMG_7683
10周目に動きがありましたね。前戦サクヒールGPで遅れ馳せながら悲願の優勝を挙げたペレス が息絶える。
IMG_7684
まさかこんなオチでひとまずF1キャリアを終えることになるとは。。毎度クドいですが、絶賛就活中!
IMG_7685
マシンが路肩側に止まっているのに、初めはヴァーチャルセーフティカーでした。明らかにセーフティカーでもよさげな位置なのに、後から切り替わるあたりが判断力の悪さを感じます。この判断が時としてレース内容を左右しますから、来シーズンはしっかり判断してほしいものですね。IMG_7688
フェルスタッペンをはじめ、大半のマシンがタイヤ交換を行う中、上位ではルノーのリカルドやフェラーリ2台がステイアウトの策を採ります。確かに序盤の早いタイミングではありますが、ライバルの多くは1回ピットで乗り切ろうっていうのに、大丈夫?!IMG_7689
順位は上がるけど、前にも後ろにもタイヤ交換を終えた者ばかりだよ?!どう戦うつもりでしょうか。
FullSizeRender
ルクレールは来シーズンのチームメイトにあっさり抜かれている。今シーズンは何かと近い位置で争う2人ですね。抜いたサインツは来シーズン抜かれたマシンに乗るわけです。複雑な心境だろうなぁ。

IMG_7693
ヤス・マリーナは鋭角なシケインを挟んで2本のストレートがあります。1本目のストレートでDRSを使って前に出ても
FullSizeRender
FullSizeRender
弓形の2本目でDRSを使われて逆転され、結果「無かったこと」になっちゃう。シケインでミスを誘うか、ちょっとエグめなブロックラインとかで閉めちゃうしかない。
あと、こんなのもあります。
FullSizeRender
IMG_7698
1本目で追尾されつつもシケインで要所を押さえて前に出さず。でもIMG_7699
2本目でしつこくリベンジに遭い
IMG_7700
やられる。動きの少ないレースでちょっと時間があったのでクローズアップしてみました(笑)どちらもフェラーリというのが何とも恥ずかしい。。

FullSizeRender
そんなルクレールはストロールにやられ、ガスリーにもオコンにまでやられて、タイヤゲージがボディカラーと同じく真っ赤っか。幸運にも恵まれず堪らず23周目に苦しい苦しいピットインへ。
IMG_7703
結果はこう。ルクレールは最終戦に最後尾に落ちる辱めを受けています。カワイソウ。。IMG_7704
フェラーリ勢と同様にステイアウトを採ったハードタイヤスタートのリカルドはレースの7割以上にあたる40周まで耐え抜き
IMG_7705
マクラーレン2台にかわされた7位で復帰。紅いチームより被害は最小限で食い止めました。
ファイナルラップ1周前の54周目の順位増減はこちら。IMG_7709
いつもよりかは地味目ですよね。奇策のリカルドは結果的にマイナス4と光りましたね。一方で元相方のクビアトはプラス4と予選の好位置を活かせず、来シーズンのシート獲得で黄色信号が灯ります。

というわけで、フェラーリばかりいじり倒して優勝争いはスタート以外ほとんど触れず、花火ドーン!
FullSizeRender
フェルスタッペンのポールトゥウィンで異例中の異例の2020年シーズンの完全閉幕となりました。

《決勝結果》
 1 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 ハミルトン   (メルセデス・M)

《ファステストラップ》
 リカルド(ルノー・R)1分40秒926

《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 フェルスタッペン(レッドブル・H)

IMG_7711
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 フェルスタッペン(レッドブル・H)

レースとして決して面白味のあるものではありませんでしたが、無事にフェルスタッペンがポールトゥウィンを果たし、メルセデスが近年ほしいままにしてきたアブダビGPを撃破しました。それも2位のボッタスと16秒も差を付けての圧勝です。最近のフェルスタッペンはフラストレーションの溜まるレースが続いていましたから、今回の優勝は実に爽快だったと思います。この勢いで来シーズンも幸先いいスタートを切ってくれることを祈りたいですね。でも毎年開幕戦ではこれがリセットされちゃうんだよなぁ(笑)メルセデスが素晴らしいのは分かったから、そろそろライバルがその出鼻を挫いてほしいと願います。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 フェラーリ・F

まだ今年を総括するには早いものの、今シーズンのフェラーリを象徴するかのようなレース運びとなりましたね。1回ピットが王道と考えられる中で、フェラーリは何故あのタイミングでステイアウトを選んだのでしょうか。一瞬でも「見かけの上位」を見てみたかったのでしょうか。アブダビGPは例年マッタリ気味なレースとなるのに、もう一度くらいセーフティカーがあるとでも踏んだのでしょうか。ベッテルこそストロールからの猛攻にしばらく耐え、粘りに粘って予選順位プラス1でしたが、ルクレールはバカスカ抜かれて、結局入賞のチャンスを逃しています。ルクレールはトラックリミット違反で警告があったものの、あの抜かれ様は見ていても可哀想でした。ピットストップの迅速さもないし、チームはドライバー達に試練でも与えたかったのでしょうか。miyabikunはF1の素人ですが、あれほどの戦略や取り組み方が理解できません。

IMG_7714
《最終戦アブダビGPのポイント》
・アブダビGPらしいレース内容と結果
・表彰台争いをほとんど観ること無く
・フェラーリはドライバーに試練を与える
・F1関係者の方々、一年間お疲れ様でした!

一時期は開催すら危ぶまれたF1も何とか継ぎ接ぎ手を変え品を変え、全17戦という形で閉幕を迎えました。二週連続同一サーキットをはじめ、新規サーキットや復活サーキット、また史上初となる無観客レース。ドライバーの方では最多勝利者にチャンピオン連覇、最多出走者誕生と今後も永遠と語り継がれるであろうシーズンを我々は目の当たりにしました。今後も資金繰りやカーボンニュートラルの時代に向かうなど、新たな課題や問題は続きつつも、F1が無事に開催され、我々ファンを魅了するレースが繰り広げられることを祈りたいですね。

IMG_7664
F1関係者、さらには全世界のF1ファンの皆さん。一年間お疲れ様でした。miyabikunはこれからいそいそとシーズン振り返りの準備に入ります。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_7519
「誰がいないかって?!ちゃんと来ているよ!」
ギクっ!き、来ていたんですね。。今シーズンはもう帯同しないと聞いていたはずなんですが、、。ルクレールはいてもいなくても成績には左右されないから大丈夫ってか。
IMG_7520
「来るなら来るって言って下さいよーもう!」
「ごめーん。チーム気になって、来ちゃった」
悪い方向に向かなきゃいいのですが(笑)IMG_7522
急遽訪れた「エース」の座。若かろうが期待されていようが、こっちはレギュラードライバーなんだ。今回はポールトゥウィンで完勝してやる。優勝候補最有力が胸中で静かに誓う。

IMG_7536
イン側2番手のラッセルのスタートがいい!ポールの先輩をいとも簡単に討伐。初入賞初優勝に向かって好発進を決めました。
FullSizeRender
FullSizeRender
後方でライコネンがバランスを崩しています。前戦とは逆のイン側。位置はほぼ同じ。カメラアングル的にも嫌な予感がしてしまいますね。IMG_7538
IMG_7540
アウタートラックに分岐する手前の鋭角ターン4でピンクのレーシングポイントがアウト側からターンインする際に接触。
FullSizeRender
左フロントを折損したルクレールと、一旦引いたフェルスタッペンが避けようとしたら制御が利かず、2人仲良くドッカン。ペレスは当然最後尾。早速セーフティカー発動。レイアウトは違うはずなのにどこか似ていますね。
FullSizeRender
「ボク来たの、やっぱマズかったカナ」

FullSizeRender
事故処理を明け7周目からレース再開です。ラッセル、もう一度気合入れていこうね!IMG_7543
ラッセルは順調に加速。あららら、ボッタス。3位のソフトタイヤサインツにやられとるじゃん。この後のコーナーでサインツがコースアウトしたおかげで順位は取り返しますが、かなり危なっかしい。

FullSizeRender
長い長い87周レース。途中は一気にかっ飛ばしますが、トップのラッセルはミディアムタイヤを46周目まで保たせ、ハードタイヤに乗り換え。ボッタスは4周後の50周まで引っ張りますが順位の入れ替えは無し。
FullSizeRender
好スタートののち、一度地獄を味わったペレスが57周目に3位の元チームメイトのオコンを捉えて表彰台を獲得する位置に復帰してきました。レース中盤から後半にかけての追い上げがこのレースでも冴え渡っています。キングを彷彿とさせる追い上げ方だ。
IMG_7551
54周目のラティフィに続き、初参戦となったエイトケンが最終ターン11出口でフロントウィングの落とし物。ヴァーチャルセーフティカーからセーフティカーに切り替わり、まだタイヤをそう酷使していないメルセデス2台がなぜだか一応タイヤ交換。IMG_7552
ラッセルが出て、ボッタスが
IMG_7554
なかなか出ない。27.4秒?!一体何リッターのガソリンを給油したんだよ(笑)IMG_7555
ラッセルは余裕でトップ復帰していきますが、ボッタスはじっくりコトコトのタイヤ交換のため、ストロールにも先行を許し5位復帰。メルセデスにしては珍しいチョンボだな。
ただこのチョンボ。ボッタスに止まらなかった。初優勝街道まっしぐらのラッセルに耳を疑うような無線が飛びましたね。まさかの「タイヤ付け間違い」
FullSizeRender
四輪のコンパウンドを見る限りは疑わしきものに気付きませんが、実はボッタスのタイヤを装着されていたとは、、。ボッタスのピットの際、ピットクルーの様子が明らかにおかしかったですよね。ハミルトンのタイヤならまだしも、よりによってボッタスのを履かされてしまうのは運が悪い!って、そういう問題じゃないって?!(笑)
FullSizeRender
罪無きラッセルは「会社都合」によりボッタスの後ろの5位に降格だなんて可哀想。これも明らかなインシデントだな。
IMG_7559
一方、1周目の最後尾ペレスが自動的にトップへ。ラッセルには申し訳ないけど、ペレスにとっても貴重な初優勝への道が開けました。
IMG_7561
怒りのラッセルは先輩なんぞ関係無い!ラッセルとは逆にボロクソタイヤを再び履きペースの冴えないボッタス
FullSizeRender
ストロール年下先輩
FullSizeRender
先代のメルセデスっ子オコンとなりふり構わず飛ばす。こんな荒々しい追い上げをみせるラッセルは初めてですね。チョンボしてもマシンはピカイチのメルセデスだからこそなせる業。
IMG_7566
さあ残るはしれっとトップに浮上したペレスのみ。まだ初優勝は諦めてはいない。ところがラッセルに2回目の試練が、、、

まさかのスローパンク。いくら一周が短いとはいえ、さすがに残り8周を走り切れるわけがない。
IMG_7569
セーフティカー明けのレース再開から間もないこともあって隊列は圧縮されており、ソフトタイヤの猛追には時間足らず。幸運の女神は別の者に笑顔をもたらす結果となりました。IMG_7570

IMG_7573
《決勝結果》
 1 ペレス  (レーシングポイント・M)
 2 オコン  (ルノー・R)
 3 ストロール(レーシングポイント・M)

長らく待った初優勝は参戦192戦目。これまでウェバーが保持していた132戦目を大きく上回る最遅記録更新です。よかった、優勝できて。

《ファステストラップ》
 ラッセル(メルセデス・M)55秒404
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ラッセル(メルセデス・M)

IMG_7575
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

迷いますね。ラッセルはスタートからフィニッシュまで手に汗はかかない季節ですが、レース終始力が入りました。勝たせたい、勝ってほしい。スタートも完璧、レースペースも悪くない、悪いのは全てチームのミス。しがないmiyabikunの同情票では足りないくらい悔しい気持ちでいっぱいですが、F1の神様が「そう簡単に優勝をくれてはならぬ」という思し召しがあったと思うしかありません。本家のドライバー・オブ・ザ・デイは無事にラッセルの元に届いたはずですので、miyabikunは今度こそペレスを讃えたいと思います。
今シーズン度々このコーナーに登場するペレスは本当によくやっていると思います。今回もスタートが冴えていましたし、アクシデントで一時期は優勝の「ゆ」の字も出てこない最後尾まで転落しました。しかしペレスは決して諦めなかった。直線が多く、一周距離の短いこのレイアウトを活かし、トップのポカがあったとはいえ、優勝に手の届く位置までハイペースでしっかりリカバリーしてきました。解説陣も話していましたが、シート喪失が決まってからのペレスは今まで以上に気持ちや戦い方が変わったように感じます。やれ乱暴だ、金でシートを得た、トップチーム抜擢で調子に乗っている、なんて揶揄された時期も経て、いつの間にかF1のベテラン、タイヤの扱いに好評を得るドライバーとなって成熟しました。来シーズン、もしくは再来シーズンのシート獲得に向け、腐ることなく結果を出し、ランキング上位にい続ける。この姿勢はいつか報われると信じています。長く時間を要したF1優勝。これが最後の優勝とならないことを切に願っています。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 メルセデス・M

言うまでも無く、このレースの悪はメルセデスですね。いつも完璧な戦略を企て、完膚無き勝利を積み重ねたチャンピオンチームが「このレースに限って」とんでもないミスをしでかしました。やっぱりハミルトンがいないと締まらないのでしょうか。いくら最速マシンを作り上げ、若き才能があったとしても、ソレをやっちゃあお終いよ。最後のスローパンクは不可抗力とはいえ、あんなヘマが無ければ、ラッセルは最終盤であんなカリついた走りをする必要無く、いつも通りのワンツーフィニッシュだったわけです。今夜はピットクルー全員がヴォルフからゲンコツ貰って下さい。ヴォルフはラッセルからゲンコツを貰って下さい。そしてラッセルを全身全霊で慰め、よき計らいを早急に計画してあげて下さい。

IMG_7565
《第16戦サクヒールGPのポイント》
・苦労人ペレス。ひねり出したF1初優勝!
・思わぬ好転、溢れる才能、まさかの転落
・チャンピオン、ソレをやっちゃあお終いよ
・面白レイアウトではあるが、レースは単調

キング不在の異例な結果を予想しましたが、その予想をさらに覆す驚きや嬉しさ、悔しさなど様々な感情が入り乱れる「初開催」となりましたね。ラッセルへの苦難は目も当てられないくらい辛い内容でしたが、フリー走行から予選、そして決勝のスタートダッシュや3スティント目の猛追は確実に実力を示すに値し、この悔しさも必ずや報われる日が来ることでしょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_7325
ようやくバーレーンから戻りました(笑)今シーズンはアメリカ大陸戦が無くなったことにより、身を削るような夜更かし戦が無くホッとしていたのですが、今回のバーレーンGPは思わぬアクシデントにより長丁場のレースとなりましたね。明けた月曜日、まだ頭が軽くモヤモヤしていますが、レースを振り返っていきたいと思います。

昨年に比べて1ランク柔らかめのコンパウンドが採用され、これまで「タイヤの使い方」に各車頭を悩ませていましたね。決勝レースを前にスタートタイヤを確認しておきます。
IMG_7328
Q2突破のトップ10は皆が黄色のミディアムタイヤをチョイスしており、中団以下はちらほらハードタイヤをチョイスするドライバーもみられます。そんな中、予選でスピンを喫し怒り心頭のサインツは紅一点のソフトタイヤで果敢にチャレンジする形に。失うものは無い、前進あるのみ。やぶれかぶれか。

IMG_7352
スタートは見事に偶数側のボッタスとアルボンがもたつき、3番手フェルスタッペンと5番手ペレスがスッと前に出てきます。ペレスはインからフェルスタッペンと並んで好スタートが冴え渡りました。
FullSizeRender
IMG_7331
遠目の後方が散らかっていますね。バーレーンのターン1,2の切り返しって混乱しがちですよね。大外に逃げるのはライコネンかな。
IMG_7332
うわ、何あれ。ミサイルに撃墜されたかのような爆発なんだけど、、誰だ?!レースは当然ながら赤旗中断。
IMG_7340
IMG_7338
IMG_7339
クビアトの前を突如斜行するハースはグロージャンか。ちょうど引き込み線のあるガードレールに向かってドッカン!マシンの前半分が無いじゃん。こんな爆発F1で観るの久し振りだ。これヤバくないか?!
IMG_7357
昔「バックドラフト」という消防士のアクション映画がありました。このシーンは映画さながらというか、戦場ドキュメンタリーを観ているかのような、、とてもF1のレース中と思えない光景ですね。
FullSizeRender
火の中からグロージャン自ら脱出しています。命には別条なさそう。ひとまずよかった。

ちょっとショッキングな画像なので、まじまじと見るのもどうかと思いますが、これが事故現場の実情です。安全面が強化されたとはいえ、やはりF1は死と隣り合わせのスポーツであることを再認識させられます。今後の貴重な資料として掲載したいと思います。不快に思われる方は飛ばして下さい。
IMG_7342
ちょうどコクピット後端で千切られた形となっています。ここがうまく切断されたことも最悪の事態を招かれた要因ともいえます。リヤセクションはあまり火に巻かれなかったのか、マシンの変色が見られません。
IMG_7343
しかしコクピットより前はガードレールの切れ目に斜めの状態で突き刺さり、完全に燃焼されています。オンボードカメラやハロの位置から察して、グロージャンのいた位置はうまいこと空間となっており、ギリギリで難を逃れたことがわかります。
IMG_7354
過去には火災やガードレールによって身体を傷付けて命を絶たれたドライバーは多くいます。ハロがあったことによりガードレールをかわしてくれたのでしょう。使われない方がいいに越したことはありませんが、この事故はサバイバルセルや近年導入されたハロの存在が、大切な命を守ったと大いに感じられる実例の一つとなりました。
FullSizeRender
レースが果たして続行できるのか心配しましたが、懸命の修復作業により、1時間の中断で再開に運ばれました。ガードレールを切断して新たにバリアが設けられています。この光景はレースウィーク前の夜間工事のようで、とてもレース中とは思えない。
IMG_7356
変形する鋼製のガードレールとは違い、次に同様の事故が起きたらひとたまりもありませんね。

IMG_7360
乱れた順位を整えたのち、スタンディングスタートによるレース再開。57周レースのまだ3周目なんですよね。先はかなり長い。
IMG_7361
3番手発進となったペレスは再びフェルスタッペンにアウトから並びますが、フェルスタッペンは出口でうまく被せてターン2のインを易々と譲りませんでした。
IMG_7363
またセーフティカー表示。今度は何が?!
IMG_7365
ストロールが恥ずかしい格好で反転しています。
IMG_7366
どうやらストロールがアウトから浅く切り込んで、自分から弾かれにいった形になった模様。またもクビアト絡み。先程は斜行、今度はイン閉め。この件についてなぜかクビアトに10秒加算ペナルティが下っています。クビアトはただイン側を走っていただけなのに、飛んだとばっちりを食らった感じ。この裁定はちょっと解せない。あと、アクシデントに大小なんて無いけど、あのグロージャンの爆発的なクラッシュを見た後の反転は容易く感じてしまう。こりゃ感覚が完全に麻痺しているな。

IMG_7368
今までのことが何事も無かったように9周目にローリングスタートにて再開しますが、序盤にみたアレでその後が正直何も入ってこない(笑)
IMG_7377
チームの指示がアンダーカットしてしまう事態に陥ったルノー2台、ちょっとした小競り合い。
FullSizeRender
唯一のソフトタイヤ装着で挽回を図ったサインツの追い上げがよく、先日のイタリアGPの悔しさを少しは晴らせたかな?!
前戦トルコGPで久々の2位を獲得したペレスは今回は3位で安定、連続表彰台で締めくくると思われた矢先
FullSizeRender
あーあと3周なのに!!
IMG_7388
燃えた。最近のパワーユニットになってから、この白煙を越える出火も珍しくなりましたね。せっかくこれまで頑張っていたのに、やらかし横転のストロールに、バーレーンの夜空に派手に火を吹いて表彰台を逃したペレスと、ポイント争い真っ只中のレーシングポイントにとって苦いレースとなりました。

IMG_7395
《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 3 アルボン    (レッドブル・H)

トップに全く触れることもなく、ハミルトンは通算95勝目、シーズン5連勝を伴う11勝目を挙げても、どうもあの爆発の衝撃で全く印象に残らず。気になるグロージャンの容体は火傷とのことで次戦サクヒールGPは欠場。代わってリザーブドライバーのP・フィッティパルディが務めることが発表されました。E・フィッティパルディのお孫さんですね。
IMG_7336
グロージャンは今シーズンでハースを離れることとなっていますので、どうにか最終戦アブダビGPで完全燃焼する走りをしてほしいと思います。あ、グロージャンに完全燃焼って、そう言う意味ではありませんからね(笑)燃え尽きちゃイカン。

《ファステストラップ》
 フェルスタッペン(レッドブル・H)1分32秒014
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 グロージャン(ハース・F)

IMG_7349
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス(レーシングポイント・M)

本家はグロージャンかぁ。確かにあの火中と衝撃力からの自力の生還は奇跡的だし、火傷で済んだことに感謝しなければならないけど、、あのド派手なクラッシュって、そもそもがグロージャンのとっさの回避がきっかけであるということを考えると、誉め讃えるには値しないかなと感じてしまいます。miyabikun個人的には惜しくも表彰台を逃した形となったペレスの華麗なスタートダッシュを評価したいです。意識や特別なひいきは無いはずなんですが、今シーズンはペレスを評価することが多くなっていますね。
そもそもがスタートに有利な奇数側ではあったものの、5番手からもたつく偶数側を横目に3番手のフェルスタッペンに並びかけるダッシュは圧巻でした。2回目のスタートは3番手に変わり、ターン1までに2位のフェルスタッペンの前をうかがう位置につけていました。威勢のいいスタート、さらには今まで度々評価されている「タイヤに優しい走り」ができるペレスが来シーズン走れない可能性がある状況にあるのが信じられません。このような巧みな技を持つベテランをF1は手離していいのか?!

IMG_7389
《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》
 レース中にトラックを横切るマーシャル

スタートして間も無く、今回もズルズルやったボッタスで決まりかななんて思ってしまいましたが、それでは普通過ぎる。ということで「大爆発」のインパクトさめやらぬ状態でレースを観ていくと、終盤にアカンやつありましたよね。それにしました。ペレス車の出火に対処すべく、トラックを横切ったアレです。
IMG_7390
レース序盤にあれだけの爆発を目の当たりにして、マーシャルの方も迅速な救出と鎮火に気を取られていたのかもしれません。しかし、トラックでは(よくよく観返すとまだセーフティカーペースにはなっていない)イエローフラッグが出たとはいえ、一般道を走る自動車よりも速い速度で走行しており、言うまでもなく大変危険です。過去にもクラッシュしたマシンの救出に向かったマーシャルが後続車に轢かれ、衝突したドライバー共々命を落とすという二次的被害があったのは有名な話です。F1はドライバーだけでなくレースを支えるチームスタッフやコースマーシャルも命懸けであるということを再認識しなければなりません。

《第15戦バーレーンGPのポイント》
・久々(ある意味、初)にみたド派手クラッシュ
・ハロ様様、グロージャン軽症で何より
・大クラッシュの渦中になぜかクビアトあり
・クラッシュが衝撃的過ぎてレースの印象薄し

今週末は再びバーレーン国際サーキットでF1初の試みとなるアウタートラックを使った第16戦が行われます。開始は今回より3時間遅く(朝早く)なります。また睡魔と戦うことになりそう。気持ち入れ替え、変なアクシデント無く、でも楽しい攻防戦がみられることに期待しましょう。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_7063
ドライバーを苦悩させた路面。雨があがっての決勝となりますが、新しい路面に残る水がレースを困難にしていきます。画像からもわかる油に浮いた水。我々が使用する一般道でも虹色に浮かび上がるこの光景をよく見かけますよね。水も捌けないし、見るからにネチネチしていそう。
決勝前のレコノサンスラップでアルファロメオのジョビナッツィやウィリアムズのラッセルがクラッシュしていました。低速度であってもそれだけこの路面が厄介だということがわかりますね。レース前にウィリアムズの2台がピットスタートを選択し、アルファタウリのガスリーがパーツ交換によって後方スタートとなっています。
IMG_7077
注目のスタート、イスタンブールパークは走行ライン外となるイン側偶数列が不利とされてきました。それ以上に、今回は加速しない。
IMG_7078
2番手のフェルスタッペン、4番手アルボンは笑ってしまうくらい鈍い。3番手のペレスは労せず前に出て、レーシングポイントがワンツー体制を築くことに成功します。
IMG_7080
毎回混戦が起きる下りの左ターン1でルノーのリカルドがオコンに触れて同士討ち。
IMG_7069
チャンピオン獲得の可能性を微かに残すボッタスはそれに触れてもいないのにビビってつられてスピン。前でなく後ろの先頭に立っています。これでほぼほぼ終わたな、お疲れす。

スタート直後のドタバタ劇により3位に浮上し「チャンピオン内定」に近付いたハミルトンですがペースがよくなく、好スタートを決めたベッテルと悪スタートのフェルスタッペンにまくし立てられています。最近のハミルトンは序盤でややもたつくんですよね。結果的に勝っちゃうから問題ないんだけど。
IMG_7070
ターン12でオーバーラン。その隙にベッテル、フェルスタッペン、さらにはアルボンにまでかわされて、ハミルトンはスタート位置の6位に戻されています。
IMG_7075
ベッテルの-8はすごい。このレースから「鬼」がいないからかな。
IMG_7081
レーシングポイント2台はいつものメルセデスかの如くファステストラップで逃げていく。面白い。

FullSizeRender
7周目に下位で低迷するルクレールが深溝ウェットを捨て、浅溝インターミディエイトに履き替えていく。このラップタイムをうけ、ベッテル、ハミルトンといった上位もつられてインターミディエイトにシフトしています。
IMG_7090
12周までウェットを引っ張ったフェルスタッペンでしたが
IMG_7091
レーシングポイントの壁は厚し。オーバーカットなりませんでした。

IMG_7094
またもハミルトンはベッテルを狙っていきます。ハミルトンとベッテルのバトル、何だか懐かしいです。
IMG_7095
インからアウトに転じてターン12へ。
IMG_7096
またもオーバーラン。今回はアルボンがオマケでパッシング。キング7回チャンピオン獲得へのあくなき挑戦は続く。

FullSizeRender
先程オーバーカットに失敗したフェルスタッペンはペレスに対してトラックで勝負を挑んでいく。
IMG_7105
こりゃ近い。粘着走行できないっていうのに大丈夫か?!
IMG_7106
ほらやった。ガッツは評価に値するが、これは薄々想像ついた。

FullSizeRender
ずっと逃げ逃げ体制だったストロールもいつの間にかペレスに捉えられる位置に迫っています。
IMG_7119
インターミディエイトに替えてからパリッとしませんでしたね。たまらずピットに回避。初優勝がかかったストロールですが、この後浮上することはありませんでした。次はいつ来るかわからないけど、次回に期待しましょう。
IMG_7120
ストロールだけではなく、ペレスにとってもこの荒れたトルコで初優勝のチャンスです。しかしベッテルのタイヤ交換、アルボンのごっつぁんスピンを手にした黒い影が徐々に近付いてきています。タイヤはハミルトンの方が少し使い込んでいますが、
IMG_7121
かわしてトップへ。何だ、あんなにスロースタートだったのに、結局こうなるの?!タイヤ交換はたったの一度キリ。58周レースでインターミディエイトを52周使っています。このタイヤ、そんなに保っちゃうのか。
IMG_7128

インターミディエイトでファステストラップを連発してベッテルをかわしたルクレールはベッテルに代わってペレス崩しを図ります。
IMG_7133
止まれな、、いー
FullSizeRender
ルクレールを忠実に追尾していたベッテルが3位を取り返す。今回は予選から決勝までベッテルに軍配カナ。ようやくようやくのシーズン初表彰台。
FullSizeRender


IMG_7138
《決勝結果》
 1 ハミルトン(メルセデス・M)
 2 ペレス  (レーシングポイント・M)
 3 ベッテル (フェラーリ・F)

2位と3位の国旗が逆だよ(笑)

《ファステストラップ》
 ノリス  (マクラーレン・R)1分36秒806
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ベッテル (フェラーリ・F)

FullSizeRender
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ハミルトン(メルセデス・M)

今回も2人で迷いました。対象はハミルトンとベッテルです。どちらが先かわかりませんが、ダメダメ戦略にダメダメマシン、さらにはベッテル自身のつまらぬミスと、F1キャリアが危ぶまれる「暗黒のシーズン」にもがき苦しんでいるのは周知の事実です。そんな中、攻略が難しいトルコで絶好のスタートを決めて、ライバルからの攻撃も耐え抜き、一度抜かれた相方に対して最後の最後に順位を取り返し、久々の表彰台を獲得しました。miyabikun個人的に今シーズンは絶望的だと思われた表彰台に登壇できて一安心というか、本当はまだまだF1ドライバーとしてやる気や闘争心が感じられる走りがみれて嬉しく思いました。また奇しくもチーム代表が来シーズンに目を向けた最中に登壇するというのもどこか皮肉です。ベッテルについてはその結果や期待も込められてか「本家」でしっかり受賞しているため、こちらには迷ったハミルトンを挙げることにしました。
フリー走行や予選時点では「さすがのメルセデスとハミルトンは今回大苦戦か」という予感と若干の「喜び」もあったわけですが、レース序盤の流れからまさか逆転優勝をもぎ取るあたりは「7回チャンピオン」に相応しい締めくくり方でした。やっぱりこの方を敵に回すと恐ろしいし、この難解コンディションでタイヤが擦り切れるまで走り切れることこそ、最強ドライバーである証明だと思います。まだシーズンは終わっていませんが、ハミルトンのシーズンであったことに何ら異論はありません。

IMG_7122
《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 ストロール(レーシングポイント・M)

ワーストって言い切るのは可哀想だけど、とにかくガッカリです。一日前の天国から一転して、苦いレースをしてしまいました。レース1/3くらいまではギャップも築けたし、ポールトゥウィンもアリかななんてハラハラしつつ見守っていたのに、レース終盤はズルズルし出して結果いつも通りの順位に落ち込んでしまいましたね。miyabikun期待していたんですよ。ただ同じシチュエーションの相方ペレスは無理矢理タイヤを労って、表彰台は堅持してのけました。ココがペレスとの差であり、ストロールの今後の課題だと思います。来シーズンも競争力があるであろうマシンでドライブすることでしょうし、ポールポジションも自信になったと思いますので、引き続き頑張りましょうね!

IMG_7137
《第14戦トルコGPのポイント》
・インターミディエイトって、あんな保つの?!
・ストロールはまだタマじゃないか、、残念
・予選決勝とも舗装に翻弄され予想不能
・ハミルトン、チャンピオン獲得おめでとう!

チャンピオン争いは無事に?終わりました。でもレースは続きます。初ポールに初優勝、絶賛募集中!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ