レース前に振り返る「過去のレース」今回1982年第4戦に行われたサンマリノGPです。先日の1988年日本GPはマクラーレンのセナとプロストによるチーム内確執を取り扱いました。近年ではレッドブルのベッテルとウェバー、またメルセデスのハミルトンとロズベルグなどがあったように、チーム内確執は歴代のF1で度々みられたものです。今回のサンマリノGPでもあるチームがある出来事をきっかけに確執が起きたとされるレースとなっています。他人のケンカは蜜の味、ってか?!(笑)
1982年シーズンはつい先日、第2戦ブラジルGPをやりましたね。このサンマリノGPとの間にはロングビーチ市街地でのアメリカ西GPを挟んでいるわけですが、実は一部話が繋がっています。ブラジルGPのレース結果を思い出してみて下さい。フラフラで表彰台の中央に立ったブラバムのピケ、それからウィリアムズで2位となったK・ロズベルグは「レース終了後に水を足して失格」になりましたよね。その裁定を不服とした当時FOCAに属するティレルを除いた10チームがこのGPを出場辞退するという事件が起きました。結果的に参戦は半数以下の7チーム14台というシラけたレースとなっています。

予選はターボパワーを強みにアルヌー、プロストのルノーフランスコンビがフロントロウを占めて、G・ヴィルヌーブ、ピローニのフェラーリコンビはセカンドロウでひとまず我慢。

《予選結果》
 1 R・アルヌー  (ルノー・R・MI)
 2 A・プロスト  (ルノー・R・MI)
 3 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 ※MIはミシュラン、GYはグッドイヤー

IMG_6660
決勝のレーススタート!スタート直後なのに、隊列がホントに短いし、数えるほどのマシンしか見えない。サミし。。
IMG_6661
敵陣でカッコよくフロントロウを奪ったルノーですが、早々にエンジンがお決まりのように果てていく。まずはプロストがヴィルヌーブの餌食に。
IMG_6662
そしてフェラーリの「紅い波」がアルヌーも捉えました。ココはフェラーリの地元、イモラ。シラけたスタンドのボルテージが一気に高まります。ヴィルヌーブに続いてピローニも勢いに乗っかり、フェラーリがワンツー体制を確立。
IMG_6663
IMG_6664
ルノーのコレは当時の「あるある」

IMG_6666
マクラーレンやブラバム、ウィリアムズといった強豪もおらず、出走台数が少ないとはいえ、フェラーリが単独の首位争いをしているとなればファンは嬉しい反面「どちらが勝つの?!」という心配も募ります。ちなみにカーナンバーはヴィルヌーブが27、ピローニが28。ということは契約上は「ヴィルヌーブの方がチームとしてエース扱い」ということがわかります。
IMG_6668
IMG_6669
ピローニは契約通りナンバー27に前を譲ります。
IMG_6670
しかしレースが進むも両者はピタリと連なり、ピローニが隙を狙っているようにもみえます。しつこいですがココはフェラーリの地元、ナニかが起きるのではないかと皆がハラハラ見守ります。
IMG_6671
ピローニが動いた!ヴィルヌーブをかわして前に。何かのデモンストレーションのようにも見えますが、今回のピローニが再び譲る気配は全くありません。こりゃ一大事だぞ!!IMG_6673
そのままの順位でフィニッシュ。フェラーリのワンツーには違いないけど、ピローニはチームの契約を違反する優勝となりました。またレースは出走14台中、完走はたったの5台という、2005年のインディアナポリスでのアメリカGPの上をいくシラけ具合と複雑な気持ちが混じる形でレースが終わっています。

IMG_6674
《決勝結果》
 1 D・ピローニ  (フェラーリ・F・GY)
 2 G・ヴィルヌーブ(フェラーリ・F・GY)
 3 M・アルボレート(ティレル・Fo)
 ※Foはフォード

IMG_6675
ウィニングランで早々とヘルメットを脱ぎ、颯爽と風を切りながら勝利に浸るピローニ。スポーツとしてみれば、速い者が勝つ。レースに、それもチームの母国で勝ちたいというピローニの行動に一切間違いはありません。しかし契約に反する結末はチーム内を揺るがし、ヴィルヌーブとの信頼関係を壊すきっかけになってしまいました。ヴィルヌーブは続く第5戦ゾルダーでのベルギーGPの予選でクラッシュし絶命。ピローニもまた第12戦ドイツGPの大クラッシュによりドライバー生命を絶たれるなど、この2人が和解することなく同じ82年で姿を消すという悲しい結末を迎えています。IMG_6676

近年においても明確にエース、セカンドと役割を明確にするチームがいくつかあります。しかしいずれも律儀にチームの指示に従い、エースを中心にレースを運ぶというシーンがみられます。このような過去の出来事から考えると、実に実直で行儀のいいドライバーが増えたと思います。それもこれも「時代のせい」でしょうか。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村