image
サミットの先に見える空が厚い雲に覆われています。初走行、熱入れの難しい路面。そして各所にある起伏とルーティンサーキットには無い難解さがドライバー達にさらなる試練を与えます。初サーキットに名を刻むのは一体誰か?!

image
スタート直後の上りというのは他にもいくつか見かけたりしますが、この急激な下りのスタートはあまり見かけません。まるで箱根駅伝2日目のスタートのよう。この先のターン1はニュルブルクリンクほど鋭角ではないけど、ラインはタイトですよ。3番手スタートのフェルスタッペンがボッタスより前に出ています。
image
相変わらず湿気てるなぁ。
image
湿気てるのは何もボッタスだけではありません。この画像から誰のことを言っているかわかりますよね。完全に蹴り出しが悪い。4番手ルクレールもイマイチだったし、イン側の偶数スタートがこぞってよくありませんでした。
image
目が覚めたボッタスに抜かれたフェルスタッペンは加速が鈍り、そこをペレスが果敢に攻める
image
けど失敗。いいスタートから一転して最下位へ。
image

image
ターン1と同様に下りながらのターン5。こちらは鋭角左です。湿った路面かつスタート直後のココでは皆ブレーキング時にタイヤスモークを上げていました。
image
サーキットで一番のパッシングポイントかと思われましたが、結果的にココで追い抜くドライバーはいなかったように思えます。下りかつ温まりきっていないタイヤ、さらに湿った路面となれば差し込むのはリスキーですしね。
image
あれ、いつの間に77が先頭に?!44は何かあったのかな。
image
マクラーレンのサインツがかわし、ハミルトンは1周する前に3位転落。後ろからノリスも狙ってるぞ!

image
2周目に入るとノリスを先頭にフェルスタッペン、ルクレール、ライコネンがバトルしています。ってライコネン?!-9ってアンタ、16番手スタートからいつの間にジャンプアップしたの?!
image
ライコネンは2人かわして5位浮上。さらにはサインツがボッタスをかわしてトップに!このレース、何だか面白くなってきたぞ!!

今回はサインツの初優勝で決まり!というストーリーを願うのも虚しく、6周目にボッタスが
image
image
7周目にはハミルトンと儚く散る。ダメや、いつも通りの匂いがしてきた。

image
初開催のアルガルヴェ国際サーキットは慣れないコースレイアウトと温まりの悪いタイヤに手を焼くドライバーが多く、トラックリミットを超えた走行が目立ちました。病み上がりのストロールは予選こそ12番手とペレスに水を開けられる形となりましたが、決勝ではトラックリミット上等と黒白旗を掲げられつつ追い上げ、失速し始めたマクラーレンのノリスを捉えようとしています。
image
18周目のターン2手前。マシンをアウト側に半車身落としつつ狙っていく。
image
絡んだ。やっぱり。。無理がある。
image
今回のストロールちゃまは大荒れでいらっしゃる。トラックリミットで5秒、強引な追い抜きでの接触で5秒の合計10秒分の「ワクチン投与」が言い渡されます。まだ抜けきってなかったか。

image
スタート直後に意外な失速、そこから1台ずつ丁寧に捌いてきたハミルトンが19周目にボッタスを捉えています。ボッタスよ、ココが正念場だぞ、耐えろ!
image
ラップタイムは完全にハミルトンが上。ターン1に照準を絞っています。
image
ロックオンに気付いたボッタスはインに振る。当然ハミルトンは追尾。
image
勝負アリ。ポルトガルGPの勝者はレースの1/3に達する前の20周でほぼ決まりました。初であっても今シーズンの彼らにおいて例外は無い。

〜この後もちゃんとレースは最後まで観ました。ただ片目は閉じ、目が棒になりかけています。たまにある「レースを頭で観るのではなく、目だけで観ている」感じといったところでしょうか〜

image
ガスリーは今回も頑張っていましたよね。周回遅れではあったものの、マクラーレンをしっかり成敗し、フェルスタッペン、ルクレールに続く5位フィニッシュ。予選がもう少しいい位置となれば、もっと面白い結果になったかもしれません。
image
また、最下位まで転落したペレスも7位まで復帰しています。でも勝ったのは兎にも角にもこの方。
image
92勝目をあっさり獲り、F1最多勝街道への旅がここからスタートしました。

image
《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

《ファステストラップ》
 ハミルトン(メルセデス・M)1分18秒750
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ペレス  (レーシングポイント・M)

image
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ハミルトン(メルセデス・M)

レース中に映る機会はそう多くないけど、ペレスは最近本当に頑張っていると思います。今シーズンは近年で最も輝いているのではないでしょうか。あの走りをもってしても、来シーズンに正ドライブできる車が無いというのが信じられません。栄えある今回のドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれる立派な7位入賞を果たしたペレスは、このブログにおいて最近miyabikunは選び過ぎになってしまっています。そこで今回は他に目線をやり、予選でも久々に選んだハミルトンを決勝のドライバー・オブ・ザ・デイに選ぼうと思います。本来は選ばれて当たり前なドライバーなんですよ。予選からあれだけ力強い走りをし、ポールポジションでなくてもレースが終わる頃にはしっかり表彰台の中央を獲得、ポイントランキングでもずば抜けた位置にいるわけですから。今回の選定理由は「歴代最多の92勝を挙げたから」ではありません。予選は何とかポールポジションを獲得し、優勝と結果的にはポールトゥウィンとなったものの、予選を含めレースウィークはいつものようなキレを感じず、流れは一見ボッタスに傾いてるのかと思いました。スタート直後にいきなりペースダウンし、あわや4位まで順位を落としかけたあたりも「今週のハミルトンはどこか変だ」となんて思っていたのも束の間、スロースタートにペースアップし、レース1/3時点で優勝を決めたあたりが「これぞキング」という走りでよどみない完璧な92勝目を獲得しました。足の痛みはどこまで本当かウソかわかりませんが、ファステストラップを刻まなくても、アンタは速い。はっきり言って今のF1でハミルトンに敵うドライバーはいません。
スタート直後のライコネンのまさかの5位浮上は度肝を抜かれましたね。残念ながらレースが安定するとズルズルと後退し、11位入賞圏外で終えることとなりましたが、上位入賞すれば表彰台に乗らずとも間違いなくライコネンを選んでいました。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 ストロール(レーシングポイント・M)

見方を変えれば若々しくアクティブなんだけど、ちょっと今回のちゃまは荒びていたかなぁ。せっかく最近は速いマシンを得て、手強い後輩達と対等に張り合える位置で走れるようになったのに「若さ」が全面にむき出しとなって、ルーキー時代に戻ってしまっていました。前戦欠場の鬱憤を晴らしていたのかな、レース中には黒白旗を振られてしまうし、COVID-19の陽性反応について黒か白かの発表も遅かった。ポルトガルでのちゃまはピンクでなく終始「グレー」でした。
それを言うなら今回のボッタスもだらしなかったって?!いいえ、めくじらを立てるほどの事でもなく、至っていつも通りですよ。あれがボッタス。極めて正常な結果(笑)

image
《第12戦ポルトガルGPのポイント》
・珍しく失速、でも立て直せるさすがのキング
・パッシングは下りのターン5よりストレート
・大げさな起伏はカレンダーでも稀で面白い
・季節の変わり目はレース中盤で「目が棒」に

優勝すること92回目、制したサーキットは29箇所に及びます。次戦は久し振り開催のイモラですね。ちなみにハミルトンはF1でのイモラ未出走のため勝ったことがありません。この雰囲気だと勝てそうですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村