本当は違うネタをアップする予定で準備を続けていたのですが、思いの外時間がかかってしまいそうなので、こちらを先にやろうと思います。東京駅からポルトガルGPの行われるアルガルヴェ国際サーキットに行ってみよう!この企画は久し振りですね。ベトナムGPが健全に行われたら、その頃に復活かなと考えていたのに「不健全」になってしまって今回に至ります。ポルトガルであるのは周知の話ですが、アルガルヴェでのF1は初ですので、どの辺にアルンダヴェということも踏まえて進めていきましょう。

まずポルトガルの位置ですが、日本からめちゃ遠いです。スペインの西側にあり、地図に示すとこんな感じ。
image
今までみたいに線で結ばれていないので分かり辛いですよね。結ばれていない理由はこの後出てきます。参考までに東京からポルトガルの首都リスボンまでは約11,150km離れています。地球の周長は約40,000kmですから日本の真裏、ではない。緯度はちょうど近いのでその周長も小さくなります。

話を戻して、ポルトガルにおけるアルガルヴェ国際サーキットの位置は以前にも使った地図でみていくと
FullSizeRender
リスボンから300km程南方です。今までポルトガルGPが行われたエストリルサーキットはリスボン近郊でしたので、それに比べるとこちらはだいぶ南になります。

さて、ではここへはどうやって行くのか。まずサーキット近隣の空港探しです。
image
このGoogleマップでは空港の位置までは表示されないので、別のアプリケーションを使って探してみると
image
ちょうどポルチマンとあるところに空港があるではないか!!これはちょうどいいとポルティマオ空港の発着便数を調べてみると、、
image
定期便が1日2便、それもポルトガル国内を結ぶ便では我々東洋人にとっては敷居が高過ぎます。他は少し離れますが東側にファロ空港がありますね。こちらはどうか?!
image
image
便数も多いしブリティッシュエアウェイズが就航していて、こちらなら安心できそう。ファロ空港を目指して日本を発つことにしましょう!

この企画お決まりの「東京駅から成田か羽田のどちらを使うか」ですが、冒頭の地図にあったように残念ながら日本からファロ空港への直行便はありません。ファロ空港だけではなく、ポルトガル自体に直行便が存在しないようです。歴史の教科書に載っている「1543年の鉄砲伝来」「1549年のフランシスコ・ザビエルによるキリスト教布教」と昔からポルトガルと日本は貿易など繋がりの多い国ではありますが、現代はどこかを必ず経由する必要があります。ただ乗り継ぎ回数や所要時間を優先しても、成田も羽田のどちらからも乗り継ぎ1回でこのファロ空港には到達できそうです。
どちらかといえば羽田空港の方が早くて便利なので、そちらから最短ルートをみてみます。
羽田空港を13:15発のブリティッシュエアウェイズで12時間半かけてイギリスのヒースロー空港を経由します。そこで12時間の滞在し8:50発の同じブリティッシュエアウェイズに搭乗してファロ空港に11:35に到着します。13時に日本を発って、11時半に降り立つ。何時間かかるの?!乗り継ぎ方にもよりますが、トータルで31時間20分かかります。脅威の1日超え。ポルトガルは遠いですね。ザビエルさんは本当に苦労して遥々日本まで布教活動をされていたわけか。頭が下がります。

東京駅〜鉄道〜東京国際空港(HND)
・京浜急行空港線使用:19.3km  28分  470円
・東京モノレール使用:17.1km  56分  660円
東京駅〜バス〜東京国際空港(HND)
・リムジンバス            :21.0km  45分  950円

この企画をルーティンでやっていた2年前と比べて、実は大きな変化がありました。消費税が10%になったこのご時世、京浜急行線は値上げならぬ「値下げ」を行ったんです。打倒、東京モノレール!
image
JRの傘下である東京モノレールは揺るがず強気な料金設定(笑)

image
東京国際空港(HND)〜ヒースロー空港(LHR)
・ブリティッシュエアウェイズ:約9,600km 約12時間30分
ヒースロー空港(LHR)〜ファロ空港(FAO)
・ブリティッシュエアウェイズ:約1,700km 約2時間45分

もう一パターンである成田空港の場合も調べてみました。成田の場合はドイツのフランクフルト空港が最短で出てきました。成田〜フランクフルトは便数も多いし不安はありませんね。成田11時発の日本航空で12時間15分かけて、フランクフルトに15:15に到着します。ただここでまた乗り継ぎが18時間あります。ドイツGP決勝を余裕で観戦できちゃうくらいの時間調整ですね。一夜を過ごして、翌朝9:20にルフトハンザ・ドイツ航空を使ってファロ空港に11時半に到着。トータルは33時間半とこちらも1日以上の旅となります。

東京駅〜鉄道〜成田国際空港(NRT)
・成田エクスプレス    :79.2km  57分  3,070円
・京成スカイライナー:67.8km  63分  2,680円
東京駅〜バス〜成田国際空港(NRT)
・リムジンバス            :71.8km  87分  1,000円
image
成田国際空港(NRT)〜フランクフルト空港(FRA)
・日本航空     :約9,400km 約12時間15分
フランクフルト空港(FRA)〜ファロ空港(FAO)
・ルフトハンザ・ドイツ航空:約2,000km 約3時間10分

image
羽田からイギリス経由、そして成田からドイツ経由でポルトガル国内に無事降り立ちました。問題は空港からサーキットまでのアクセスですね。直近のポルティマオ空港であれば目と鼻の先といった感じですが、ファロ空港からはまだまだ距離があります。Googleさんに頼って公共交通機関を調べてみても、、残念ながら鉄道が繋がっていません。在来線の乗り換えも探してみたのですが、ハイウェイはあってもアルガルヴェサーキット近くに鉄道駅が無い!
image
サーキット周辺を見渡す限り、なかなかな田舎、いや「のどかな」場所のようですね。image
これではしがない東洋人が一人でサーキット入りするのは至難の業だ。車に頼るしかなさそうです。ハイウェイで83kmを52分、一般道だと79kmを1時間13分と出ました。image

ファロ空港(FAO)〜アルガルヴェサーキット
・車                             :約80km 50分

東京駅〜羽田空港〜ファロ空港〜サーキット
● 鉄道〜飛行機〜車   :約32時間20分
(チェックインや乗り換え時間を除く)

最後が残念な感じに終わりました。乗り継ぎも半日以上待つことになるし、ポルトガルってつくづく日本から遠いところなんだなと知らしめられました。ひょんなことからポルトガルGPが久々の復活開催となったわけですが、これも今シーズン限りになるのでしょうか。miyabikun一生行く機会が無さそうだ。


image
先日仕事で成田に行ったので、帰りは上野まで久々にこれに乗りました。image
空港に用のある仕事ではなかったけど、たまにはこんな楽しみもないとね。在来線を155km/hでぶっ放して、あースッキリ!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村