image
日本も夕立や台風到来の季節になりましたね。気になるスパでの決勝の空も、厚い雲がところどころにみられますが、どうやらドライ環境でレースが行えそうです。ノーパワーなグループには申し訳ないけど、レースは晴れで行えるのが一番!
image
スタート直前にマクラーレンのサインツがエキゾーストに問題があるため決勝は欠場となりました。予選はルノー2台に先行を許しつつ、相方ノリスの前を獲得していただけに残念ですね。フォーメーションラップ時点でお留守番。
image
スタート前にタイヤチョイスを確認しておきましょう。上位3台はミディアムタイヤで後方からのソフトタイヤ勢を相手します。まあこの3人は問題ないでしょう。面白いところは12番手スタートのガスリーが唯一のハードタイヤをチョイス。すぐ後ろの13番手ルクレールは起死回生を狙うべくソフトタイヤを履いています。ルクレールからしたら早々にアルファタウリ2台の前に出ておきたいし、出られなければ速さがないフェラーリですのでかなり面倒なことになりそう。

image
ハミルトンはやや外向きにマウント。スタート直後に控える鋭角ラ・ソースを押さえきれさえすれば、あとは楽勝か。
image
ラディオンでボッタスの背後にピタリとついて、どうにか早々とハミルトンとのタイマン勝負に持ち込みたいフェルスタッペン。メルセデスVSホンダのパワー勝負!
image
しかし逆にレ・コームでリカルドに危うくインを狙われる。リカルドはソフトタイヤだし、ルノーもなかなか速い。決して侮れません。

image
スタートダッシュで一時期は8位まで浮上したルクレールですが、やはり今回のフェラーリでは太刀打ちできません。ハードタイヤのガスリーに抜かれ
image
ペレス、ノリスに抜かれ、
image
ケメルストレート出口でクビアトにもやられる。ボコボコ状態。序盤の時点でフェラーリエンジン勢が隊列の後方に寄せ集められています。

image
レース1/4が経過した11周目。アルファロメオのジョビナッツィがクラッシュ、トラック上にデブリをばら撒きセーフティカーの世話になっています。もうまったく、今回は何しでかしたの?!
image
image
縁石をまたいだ直後にマシンが急に右に向きを変え、ぐしゃり。
image
クルクル回転していると、後ろから白のウィリアムズ、ラッセルが近付いてきている!まさか、ラッセルはもらい事故?!
image
ラッセルカメラから。クラッシュしたジョビナッツィのタイヤが前方に転がってきて
image
避け切れずぐしゃり。マジかよ、怖っ!ドライバー2人に怪我はありませんが、ジョビナッツィのつまらぬ単独ミスにより、またレースの流れを止めてしまっています。ヤツは相変わらず下手くそだな。来年乗れるの?!乗せていていいの?!ハースの2人のと違って何か笑えないんだよな、ジョビナッツィのインシデントって。
image
あーあ、デブリを避けるのも大変だ。
image
当然この間に難を逃れたライコネン以下、つまりフェラーリ系の多くが早々とタイヤ交換に入ります。
image
1周遅れで上位勢も一気にピットへ。
image
2位のボッタスと3位フェルスタッペンのアウトが際どい
image
うーん本線優先おしい。漁夫の利とはいかず。ソフトタイヤユーザーからしたら、タイミング的にちょうどいいか少し早いくらいでしょうか。ただそんな中、2人のドライバー、ハードタイヤのガスリーとソフトタイヤのペレスがタイヤ交換をせずステイアウト。
image
ガスリーはともかく、ペレスはいいの?!順位だけはアップしたけど、後ろには新品タイヤでウィービングしている連中が虎視眈々と狙っている。

image
トップ争いをしているわけでもなく、特にファンというわけでもないのに、F1を観ている以上どうしてもフェラーリの動向が気になってしまいます。フェラーリのベッテルは同じエンジンを積む格下のアニキ、ライコネンにまでやられて
image
アニキは許すけど、コイツだけは許せないって?!ルクレールとニアミス。
image
奇策を採り、一度順位を交代させたガスリーにまで捕まり
image
ケメルストレートで簡単にやられる。挙げ句の果てには無駄な抵抗をしたばかりに止まり切れず
image
フラットスポットを作りながらコースオフ。みるも無残な昨年のスパ優勝チームです。
image
今日のボクはノーパワー、来年乗るマシンもノーパワー。心中お察し致します。

終盤に入り、徐々に順位を上げるガスリーに対し、前を走る先輩クビアトは
image
王道ルートをいったはずなのに、裏手を採ったガスリーに道を譲ることになるのは屈辱的ですね。決勝の走りは賢さや我慢も要ります。

予定よりもピットインが早まり、最後はタイヤとの我慢比べとなりつつも、キングは冷静にポールトゥウィンを敢行。ボッタスも何のそのの一人旅でした。

image
《決勝結果》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 ボッタス    (メルセデス・M)
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)

《ファステストラップ》
 リカルド     (ルノー・R) 1分47秒483
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ガスリー     (アルファタウリ・H)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
 ガスリー     (アルファタウリ・H)

トップのハミルトンはすごい!タイヤマネージメントもこなしてしっかりポールトゥウィン、さすが!でも、それでは普通過ぎ、つまらない!という理由でレースを思い返して決めました。世界中のファンの選択と同じ、アルファタウリのガスリーに一票。スタートは唯一のハードタイヤチョイスでしたね。ナンセンスじゃないかなんて首を傾げながら見守ると、思いの外早い段階でセーフティカーが入り、ペレスと共にステイアウト。一度後方まで落ちた時は終わったと思いましたが、ペレスと共に着実なリカバーを続け、入賞圏内でフィニッシュしましたね。アルファタウリ(当時トロ・ロッソ)に降格してから約1年、レッドブル時代よりも安定した速さと底力を見せてくれています。例えレッドブルに昇格しなかったとしても、再び表彰台を獲得できそうな心強さを感じました。
次点はライバル達がタイヤ温存に注力する中、何とファイナルラップでファステストラップを記録したリカルドでした。すごく迷ったけど、今回はガスリーを讃えたいと思います。

《miyabikunの選ぶ「ザ・ワースト」》 
 ジョビナッツィ  (アルファロメオ・F)

またヤツがやらかした。初めは単独スピンかと思いましたが、後方を走るラッセルを巻き添えにし、挙げ句の果てにはトラック上に多くのデブリを巻き散らかしてレースを止めてしまいましたね。ジョビナッツィ自身が自らの手でデブリをばら撒いたわけではないにせよ、発端は誰のせいでもなく、単なるコントロールミス。いつまたコレが出るかと思ってハラハラしていましたが、やっぱりちょいちょいしでかす。毎回ながら、マシンが悪いだの遅い言う以前に、ジョビナッツィはとにかくいつまで経っても「下手くそ」

image
《第7戦ベルギーGPのポイント》
 ・タイヤ奇策が結果ハマったガスリーの健闘
 ・タイヤが果てる中、ガッツ溢れる元気リカルド
 ・歴史的不名誉に終わったフェラーリ一派
 ・レース壊すジョビナッツィはやはり下手くそ

次は予定通りモンツァでのイタリアGPとなります。標高は低く、高低差もありませんがスパよりもローダウンフォースの超速サーキットです。メルセデスやフェルスタッペンのトップ争いよりもフェラーリにどんな試練が降りかかるのか、今から気がかりです。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ふう
    • 2020/09/01 05:36
    • ジョビナッツィ下手くそに同感!
    • 2. miyabikun
    • 2020/09/01 20:05
    • ふう 様

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      ジョビナッツィは、、下手くそですよね。
      貴重なイタリア人ドライバーであり、
      フェラーリの秘蔵っ子なんだけど、
      とにかく「下手くそ」なんですよね、まったく。
      新人ではないのに、なかなか進歩や上達がない。
      千歩譲って、マシンは恐ろしいほど遅いことを
      呑んだとしても、下手くそ。

      たくさん言ったら、少しスッキリしました(笑)
    • 3. 通りすがりの名無しっち
    • 2020/09/01 21:25
    • ジョビちゃんは、ほんとにやらかし癖がありますね。
      そうそうハースコンビとはタイプが違いますね、なんかただただ下手だなぁ、なんでそこでそうなるの?っていう感じです。

      リカルドが最後にファステスト出してたのには、何故か笑っちゃいました、よく頑張りましたよね。
      ガスリー、あの順位下がった時は、あぁ奇策成功せずだったかぁって思いましたよ。よく頑張りました!しかしタウリはどうしても一人しかポイント獲れないのですね。
      アルボン!予選がまぁまぁ合格点だと決勝で下がる。このパターンも改善してほしい。

      フェラーリはねぇ。漠然と優勝争いに絡んでないとF1がつまらない!なんて思っていたけど、ここまで酷いと存在を忘れてしまいそう。でもイタリア連戦だからそんなこと言ってちゃダメですね。頑張れ!

      フェルスタッペンにどうか、チャンス!と思えるシーンが今後のレースではありますように!!
      ハミルトン盤石過ぎるぞ!
    • 4. miyabikun
    • 2020/09/03 20:23
    • 通りすがりの名無しっち 様

      こんばんは。お返事が遅くなりました。
      台風の被害には遭われていないでしょうか。

      ジョビナッツィは本当に困った君ですよね。
      単に遅過ぎるとかではなく「下手くそ」が過ぎる!
      (こんなに今まで「下手くそ」言った週はないかも)
      色々な事情もおありのことと思うので、
      異国の一素人が意見するのは大変失礼ですが、
      久々に「ないドライバー」をお目にかかる気がします

      リカルドとガスリーのどちらを讃えようか、
      本当に悩みました。順位的にはリカルドの方が
      上だけど、リカルドは今までも今後も機会が
      ありそうだし、ココらでガスリーをアゲないと
      可哀想だということで皆さんと同じ選択しました。

      モンツァでフェラーリはどうなっちゃうんでしょう。
      レース中に赤い火炎瓶とか投げ込まれないことを
      祈っています。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット