IMG_3166
今日5/10は母の日。母の日は父の誕生日に近く、逆に父の日近くが母の誕生日という家庭に育ったmiyabikunです。今は父がもういないため母が2つとも独り占めしています。今回のレースは先日書いたアロンソが過去最速のポールポジションタイムを記録した2006年第6戦スペインGPです。スペインGPはアロンソの母国。出身の国を母国、出身校を母校と表現しますよね。父国、父校とは表現しません。母はいつでもどの世界でも強しか?!
IMG_3160
カタロニアサーキットは前年05年にスペイン人初のF1チャンピオンを獲得したアロンソの記念碑を建造。希少なスペインを代表するトップドライバーです。エンジンがV8に変更になり、防衛できるか否かで臨んだアロンソはこの第6戦まで開幕戦バーレーンGP、第3戦オーストラリアGPで優勝を挙げて、他も2位は獲得する全戦表彰台獲得で突き進んでいます。一方で屈辱的な一年を味わった元チャンピオンのM・シューマッハもサンマリノGP、そして地元ニュルブルクリンクで行われたヨーロッパGPを2連勝してスペイン入りする形で猛追します。05年にアロンソと同数勝利を挙げたマクラーレンのライコネンは表彰台こそあるものの未だ未勝利でこのシーズンもお決まりのスロースタート。

IMG_3149
予選はフリー走行まで好調だったM・シューマッハと母国アロンソ一騎打ちの様相を呈しています。Q3の2本目でまずアロンソが1分14秒648のポールレコードでポールポジションを仮押さえ。フィジケラが2番手に並んでルノーのフロントロウを固めていきます。M・シューマッハは?!
IMG_3164
フィジケラも超えられず3番手に終わります。追い抜きに手を焼くカタロニアの予選は1台でも前からスタートできるのに越したことはないものの、まだまだシーズン序盤ですからカリカリせずです。日本勢はトヨタ、ホンダの2チームはQ3進出を決め、スーパーアグリから参戦する佐藤琢磨がQ1止まりの20番手となりました。

IMG_3165
《予選結果》
 1 F・アロンソ  (ルノー・R・MI)
 2 G・フィジケラ (ルノー・R・MI)
 3 M・シューマッハ(フェラーリ・F・BS)
   ※MIはミシュラン、BSはブリヂストン

IMG_3168
スタートで前に出る隙を探すM・シューマッハの前にフィジケラなる壁が右へ左へと揺れ動き、アロンソ様の護衛に付きます。アロンソは歓声にわくサーキットを先頭でラップし、早くも1周目でフィジケラに1.7秒、M・シューマッハから3.1秒ものギャップを築きました。
IMG_3170
5周目にはフィジケラからも4.3秒近くも離れて、完全な一人旅。飛ばす飛ばす!

IMG_3171
逃げるアロンソの一方でトヨタのエースドライバーを担う元相方トゥルーリは序盤でタイヤの劣化に手を焼いています。背後には現相方のR・シューマッハとチーム無線に煽られ気味。
IMG_3172
その直後、痺れを切らしたR・シューマッハは「動くシケイン」の狭いインを狙い
FullSizeRender
IMG_3173
フロントウィングを半分無くす。決勝でダラつくトゥルーリもよくないが、先を急いだR・シューマッハの狙いも安直でした。せっかく上り調子で来ていたトヨタの貴重なダブルポイントのチャンスを棒に振っています。

フィジケラから11秒近く引き離したアロンソは17周目にピットへ。フィジケラや4番手マッサも1回目を終えたことにより、上位で残るはM・シューマッハのみとなります。ガソリンも減り、軽い状態で暫定トップを走行するも、すでに給油を終えたアロンソとのギャップはなかなか広がりません。
IMG_3178
無限に引っ張るわけにもいかないのでひとまず23周目に1回目のピットに向かい、アロンソとはこの差。
IMG_3180
IMG_3181
争っているのはこちらの方ではないんだけどね。フィジケラ食いに止まる。フェラーリ248F1がルノーR26に比べて大きく劣っているわけではありません。フィジケラはピット戦略で抜けたわけですし、マッサはレース中盤の42周目に1分16秒648のファステストラップを記録しています。M・シューマッハのスペインGPは若手相手に制裁を欠いてしまっています。
IMG_3185
後半はイージーモードでレースを運び、ファイナルラップでは観客に手を振る余裕をみせるアロンソ。母国の後ろ盾強し。

IMG_3187
《決勝結果》
 1 F・アロンソ  (ルノー・R・MI)
 2 M・シューマッハ(フェラーリ・F・BS)
 3 G・フィジケラ (ルノー・R・MI)

IMG_3189
ファンサービスもたっぷり。頭一つ出た3勝目をポールトゥウィンで終えたアロンソは上機嫌です。方やこちらは終始笑顔無し。今まで勝つことに慣れっこになった怪物はこの状況が受け入れ難そう。長くF1やっていればこんな日もあります。
IMG_3191

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. yt20053
    • 2020/05/14 15:23
    • こんにちは

      懐かしいですね、
      子どもながらアロンソvsシューマッハの
      オンボード映像はとても好きでした。
      抜けそうで抜けない。興奮したのを
      覚えてます。

      同時にこの当時くらいのアロンソの勝利の時の猫?みたいなダンスは子どもながらめちゃくちゃ不快感を覚えました(笑)
      勝利ポーズも人それぞれですよね。
      個人的にはベッテルのは個人的に好きです。

      ルクレールやフェルスタッペンも勝ち慣れ
      すれば色んなことを言うのか、今時っぽく
      優等生なのか。今後が楽しみです。


    • 2. miyabikun
    • 2020/05/15 15:47
    • yt20053 様

      こんにちは。いつもありがとうございます。
      あの時代は「赤」VS「水色」とわかりやすい色で
      やり合っていましたね。
      抜けそうで抜けない、は以前にも振り返った
      サンマリノGPを思い出します。
      アロンソといえば、ウィニングランのコクピットから
      勝利数を示すアクションも思い出されます。
      アロンソではない方を応援している立場だと、
      これがなかなかカチンとくるというか、、(笑)
      今の若い子はそう戯けませんね。
      世界にも、モータースポーツ界にも世代によって
      反応は様々トレンドがあるということでしょうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット