FullSizeRender
前々回は2020年の開催GPカレンダー、前回は2019年終盤7戦のデータまとめ、そして今回はまた来シーズン2020年のドライバーラインナップについてです。諸用の意図と準備の関係でこんな感じになっています。行ったり来たりで頭が混乱してしまいますね。すみません。。
2019年は過去最大級ともいえる移籍ラッシュがありましたが、2020年は逆にあまり変化のないラインナップに決まりました。復帰参戦の者もいれば全くの新規参戦もいますので、一応確認しておきましょう。

 ◯は新規参戦、◉は復帰参戦、●はシート喪失

《F1ドライバー移籍状況》
 ◉ オコン → ルノー → ヒュルケンベルグ ●
 ◯ ラティフィ → ウィリアムズ → クビカ ●

2人出て2人入る。ニコラスが出て新ニコラスが入る。以上。とてもシンプルで小規模なもので落ち着きましたね。さらに先の話、2021年はマシンレギュレーションの大幅変更に加え、ドライバーの契約もガッサリ切れるため、こちらもシャッフルが予想されていますよね。それを見据えて、この辺の変更がおとなしめであることは仕方がないことかもしれません。オコンは皆さんご存知のオコンで、ピンクから元鞘の黄色に変わります。唯一の新参者ラティフィにとってはガチの同期がいないってのも何だか可哀想ですね。年齢はともかく、周りはみんな先輩なわけですから。一年先輩はみんな優秀だし、プレッシャーも大きいだろうなぁ。今のウィリアムズならば「おっかないおじいちゃん」は隠居しているから、ある程度の戦績は許される?!(笑)

《2020年新規、復帰ドライバー》
5003
 ◯ ニコラス・ラティフィ(カナダ)
  1995年6月29日生まれ
  2019年F2ランキング2位
  ウィリアムズテストドライバー

ラティフィは14歳となる2009年にカードデビューと近年のドライバーに比べれば遅めのスタートです。F3やフォーミュラ・ルノーなど下位カテゴリーを経験し、2014年からGP2(現 F2)にステップアップして、今シーズンはF2のドライバーズランキング2位を獲得。スーパーライセンス発給条件を満たしてF1の門を叩きます。F1はルノー、フォース・インディア、ウィリアムズで走行経験があります。ルクレール、ラッセル、ノリス、アルボンなどF2を上位で終えた若手となれば、F1での活躍も充分期待できますね。

5003
 ◉ エステバン・オコン(フランス)
  1996年9月17日生まれ
  2018年F1ランキング12位
  メルセデステストドライバー

多く語らずも皆さんよくご存知のオコンですね。一年の浪人を経てルノーから復帰となっても皆さん怒んないであげてくださいね(笑)「あの事件」以降、批判の対象にしかならないオコンですが、miyabikunはそう気にはしていません。少々ひいき目に、期待していたドライバーで2017年まで続いたデビューからの連続完走記録もすごかったし、降格による浮上や雨の波乱があったとはいえ予選3番手は大したもの。アルボンですらまだ到達していない位置です。もちろんやった行為は浅はかだったし、その効果たるやとても大きかった。しかしレースにはアクシデントや一瞬の過ちはつきものです。復帰がメルセデスからとはいかず、またもや中団「色んな意味で渦中」のルノーとなりますが、リカルドに負けない走りで汚名返上と信頼回復してほしいと願っています。
5003

《2020年ドライバーラインナップ》
まだシャシー名は定かではありませんが、それっぽい感じのものを仮に充ててみました。確定したらその名前に修正しようと思います。またコンストラクター順は2020年版に変えてあります。今シーズンとどこの順番が変わったかわかりますか?!

 メルセデス F1 W11 EQ Performance
  44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
  77 ヴァルテリ・ボッタス(フィンランド)

 フェラーリ SF1000
    5 セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
  16 シャルル・ルクレール(モナコ)

 レッドブル・ホンダ RB16
  33 マックス・フェルスタッペン(オランダ)
  23 アレクサンダー・アルボン(タイ)

 マクラーレン・ルノー MCL35
  55 カルロス・サインツ(スペイン)
    4 ランド・ノリス(イギリス)

 ルノー R.S.20
    3 ダニエル・リカルド(オーストラリア)
  31 エステバン・オコン(フランス)◉

 アルファタウリ・ホンダ(旧 トロ・ロッソ)AT01
  26 ダニール・クビアト(ロシア)
  10 ピエール・ガスリー(フランス)

 レーシングポイント・メルセデス RP20
  11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
  18 ランス・ストロール(カナダ)

 アルファロメオ・フェラーリ C39
    7 キミ・ライコネン(フィンランド)
  99 アントニオ・ジョビナッツィ(イタリア)

 ハース・フェラーリ VF-20
    8 ロマン・グロージャン(フランス)
  20 ケビン・マグヌッセン(デンマーク)

 ウィリアムズ・メルセデス FW43
  63 ジョージ・ラッセル(イギリス)
    6 ニコラス・ラティフィ(カナダ)◯

事前の報道によりご存知の方がほとんどかと思いますが、トロ・ロッソは来シーズンから「スクーデリア・アルファタウリ」に改称されます。母体は変わらずレッドブル傘下であり、エンジンもドライバーもチーム代表も変わりません。アルファタウリはレッドブルの扱うアパレルブランドのようですね。イメージカラーは白黒なのかな。
5003
ラティフィはカーナンバー6に決まりました(間違えていたので修正します)

《2020年ドライバーキャリアバー》
ただドライバーを並べて終わっては普通過ぎる!ということで今回も来シーズンドライバー20人の「生年とF1キャリア」を横棒で表現しました。白抜きはF1ドライバーではない時期(シミュレーターやサードドライバー期を除く)とし、黒がF1ドライバーシーズン、赤がF1チャンピオンシーズン、水色が来るべき2020年シーズンを表します。今回はさらに改良を加え「スポットドライバーシーズン」(離脱したり代走を伴うもの)を白でも黒でもないグレーで表現しました。
IMG_0897
見た目最年長、キャリア2番目の古さのクビカやニコニコノッポなヒュルケンベルグが抜けたことで、40歳ライコネンのおっちゃん率がまたまた際立つほか、日本式でいうところの「昭和生まれ」ドライバーが20人中4人にまで減ってしまいました。
ラティフィのF1キャリアは新人ですが、年齢でいくと中間よりやや若いあたりに位置します。1995年生まれで中間よりやや若いって、F1はますます若くなっていきますね。ちなみに最年少は来シーズンも変わらずノリス君です。

miyabikunはいわゆる松坂世代。まだライコネンが辛うじてF1界のお兄さんとしていてくれているけど、たぶん来シーズン限りでF1から離れるんだろうなぁ。ドライバー皆が歳下になる日も近いです。松坂大輔も来シーズンは古巣の埼玉西武ライオンズ復帰で骨を埋める覚悟だろうし、miyabikunもまだまだ頑張らなきゃな!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村