普段はアメリカGPの次がメキシコGPなので、逆だとどこか慣れないですね。先日のメキシコも日本とは充分な時差があるのに、アメリカはもっと強烈。予選が日本時間の朝6時から、決勝は明け方の4時10分からです。日本にしてみたら、ナイトレースを通り過ぎて、モーニングレースとなりますね。朝からお酒を飲むような違和感がある(笑)ゲームはいつでも昼間です。

《サーキットの基本情報》
 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)
  全長   :5.513km×56周=計308.728km
  コーナー数:20箇所
  高低差       :30.8m
  DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
タイムアタックセッションですが、ポールポジションからのドライバービューをパシャり。
IMG_9500
見よ、初っ端からベルギーのスパ・フランコルシャンのように立ちはだかる壁!この先は鋭角な左ターン1となりますが、ココもスパ同様にその先がまるで見えません。
IMG_9502
エイペックスがまだ見えない。
IMG_9503
ターンインし始めてようやく見えてきました。ココはクローズドサーキットですし、この先がまさか崖というわけはないのですが、スタート直後やホームストレートで前車を捉えてインに飛び込もうなんて考える時はとても焦りそう。現にレースシーンもスタート直後は走行ラインが狭いですので外側に膨らんでしまいますよね。このサーキットもヘルマン・ティルケ氏が全世界の著名サーキット、コーナーを模したことで話題となりました。近代サーキットには珍しく高低差30.8mもあり、起伏をうまく取り入れたレイアウトだと思います。

IMG_9504
これはイギリス・シルバーストンの「三兄弟」を模倣した区間。どうですか、似ていますか?!
IMG_9505
IMG_9506

反時計回りの周回ですから、必然的に左コーナーが多くなるわけですが、先程のターン1をはじめ、鋭角の左コーナーが各所に目立ちます。
IMG_9507
IMG_9508
鋭角のターン11を過ぎ、バックストレートの先にあるターン12。ブレーキがキツい。
IMG_9509
「偽ホッケンハイムリンク」を経てターン15。
IMG_9513
最終のターン20も左鋭角。フロントタイヤが可哀想。

行き過ぎてしまったのでちょこっとだけ時間を手前に戻して、、COTAの真似っこで欠かせないのはこのターン16から18に位置するティルケ監修のイスタンブールパーク「偽ターン8」
IMG_9512
昔このブログで航空写真を使い検証もしましたし、トルコGPを観れば明らかですが、本場とはまるで逆ターンです。当初は左回りでなく右回りで検討されていた名残なんでしょうか。こちらは似ている?!似ていない?!逆ターンであることを差し引きしてもmiyabikunはあまり似ていないと思う。やっぱり本場には勝てません。

IMG_9514
COTAを走っていて「一周がだいぶ長い」という錯覚に陥ります。一周は5.5kmなので、鈴鹿より少し長いくらいなんですよね。それは速いS字や長めのストレートに合わせて、ビッグブレーキを要する鋭角コーナーで方向転換するからでしょうか。もし、鈴鹿も各セクターに一つずつヘヤピンがあったら、きっとそう感じそう。様々な要素を兼ね備えた近代サーキットですね。

《2018年のポールポジション》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《ポールポジションレコードタイム》
 2018年 ハミルトン(メルセデス)
    1分32秒237

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分29秒576

近年のアメリカGPといえば第2、第3の母国なんじゃないかと思えるくらいのハミルトンの天下となっています。それをジャパニーズのmiyabikunが3秒弱上回っています。今回はさらにさらにキング様を引き離すことができるか?!
IMG_9533

IMG_9537
《miyabikun今回の走行タイム》
 2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
 1分27秒819   S1:20秒33 S2:35秒76 S3:31秒09

よし、成功した!現実世界ではハミルトンがまもなく連覇を達成するでしょう。しかし、この仮想世界ならば、結構いい線いってるんじゃない?!(笑)

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村