IMG_8174
予選でマシンを壊したアルボンは結局ピットレーンスタートを選びました。最後尾のクビアトのみならずレッドブルグループにとっては当初の目論見よりも負担の大きい決勝を迎えています。メルセデス勢以外の中団以下もミディアムタイヤスタートを選ぶ中でクビアトは唯一のハードタイヤスタートを選択しました。母国で少しだけ目立つ存在に。

IMG_8203
4番手のフェルスタッペンが9位スタートに降格したため、奇数列の外側にフェラーリとマクラーレン、偶数列内側はメルセデスと綺麗に並びました。ココのスタートは長い直線でスリップストリームが使えます。フェラーリは要注意ですね。
IMG_8205
3番手のベッテルは出遅れ気味なハミルトンに付け入る隙を与えず、しっかりとルクレールのテールに追従していきます。
IMG_8206
勢い余って、ぶっちぎりポールのルクレールまでもターン2で捉えて前に。理想的なソチでのスタートを決めました。
IMG_8208
ハミルトンは出遅れましたね。5番手スタートのサインツに並ばれて何とかターン2は死守するも
IMG_8210
サインツ、思い切ってインを閉めちゃえばよかったのに、ちょっとビビったかな(笑)これで割って入れたら順位によらずmiyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ間違いなしだぞ。

IMG_8213
1周目から早速セーフティカー?!珍しく予選で好位置を獲得したグロージャンがマシンを停めてブチ切れのご様子。
IMG_8211
これか!右はリカルド、左はグロージャンに挟み撃ちに遭うジョビナッツィ。
IMG_8212
なす術無く、タイヤ同士が触れ合い、2台同時に闇に葬る。恐るべし破壊力。この件のジョビナッツィに非は無いが、ちょいちょいレースにネタを挟む人だ(笑)グロージャンよ、今まで何人か被害者を出してきたはず、やられる側の気持ちはどうよ?!

IMG_8216
3周までセーフティカーが先導し、ローリングスタートを迎えますが、上位の順位が入れ替わることもなく、ベッテルがファステストラップを更新しながらルクレールを引き離していきます。何やら無線でゴチャゴチャやっていますが、無言で突き進むベッテルに言わせればスタートで抜いたモン勝ちということか。予選では大敗したものの、レースの順位がナンボですもんね。
FullSizeRender
ルクレールの後ろにハミルトンが迫っています。入れ替えるの?このままいくの?フェラーリはモタモタジメジメしていますね。勝てるレースを棒に振らないといいのですが。

IMG_8219
9番手スタートを強いられたフェルスタッペンがレース前の宣言通り暴れ出しています。ホームストレートでノリスくんを捉えると
FullSizeRender
一気にズバっといく。同じ場所で先輩サインツも
IMG_8221
ズバっと。トップ争いを見ているよりもこちらを見ていた方が数倍気持ちいい。

IMG_8222
トップ争いの「唯一」となるタイヤ交換は23周目のルクレールから。
IMG_8223
トップに居続けるベッテルは引っ張る。流石のソチでもボロボロになるソフトタイヤでラップタイムも落ち始め、計算上はフレッシュなルクレールが徐々に詰めていく。
IMG_8225
ベッテルは27周目にミディアムタイヤへ。
IMG_8227
トラックに戻ればファステストラップで詰めてきたルクレールが前で「綺麗に」順位が入れ替わる。こうでもしないと、ベッテルは譲らなかったって?今のフェラーリって、ドライバーに「ある意味」すごく気を遣って、戦略が迷走しているように思えます。「コレはこう!」って、堂々としていない。
IMG_8228
後塵を拝したベッテルはその直後に突然出力が低下し、コースサイドにマシンを停める。それもこの位置。
IMG_8240
FullSizeRender
マシン撤去のため発令されたバーチャルセーフティカーの間にミディアムタイヤスタートだったハミルトンが満を持してソフトタイヤへ。またこのパターン?!これじゃルクレールは負けるんじゃない?
IMG_8230
はい、負けました。ルクレールがターン1を低速で通過する頃、ハミルトンは既にターン2に到達しています。あの予選を見せつけて、スタートも2台で壁をなしていたはずなのに、結局そのオチか。それも引き金が皮肉にもチームメイトのベッテルという。。もうトラック上で抜くしかない。

バーチャルセーフティカーが解除されるとともに、ウィリアムズのラッセルがオーバーランしてクラッシュしています。ブレーキが冷えすぎちゃったかな。今度はマジのセーフティカーの方。
IMG_8232
IMG_8233
ここで何を考えたか、セーフティカーで間隔が詰まった段階でルクレールが冒険に出ます。再びソフトタイヤを選んで、自ら進んで3位の道を選ぶ。
IMG_8236
ビノットもドSだ。メルセデス得意のソチで勝てるチャンスを試練で乗り越えさせるか。つまんないのー。

トップは31周目にしてほぼほぼ決まりましたので、miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ選びでもしようかな。ハミルトンじゃないし、残念ながらルクレールなわけも無いし、上位で三強に食らいつくサインツが候補かなぁ。
IMG_8241
ルクレールとは逆にラッセルのセーフティカータイミングを上手く使って浮上に成功したアルボンが猛スピードで5位のサインツ目掛けて飛んできました。ピットレーンスタートでしたよね、サインツをかわせばフェルスタッペンに続く順位となります。
IMG_8242
一気に仕留めます。いいですね。見よ、15人抜き!ガスリー先輩を大きく引き離していますよ。予選のミスは帳消しかな。よし、決めた!
IMG_8243

IMG_8245
《決勝結果》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)
   2 ボッタス (メルセデス・M)
   3 ルクレール(フェラーリ・F)

《ファステストラップ》
   ハミルトン (メルセデス・M)1分35秒761
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ベッテル  (フェラーリ)

《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   アルボン  (レッドブル)

miyabikunが選ぶのはアルボンヌです。予想を大きく上回り、絶妙なタイミングも相まって「三強チームの最低条件」の5位を獲得しました。それにしてもホンモノのドライバー・オブ・ザ・デイの「ベッテル」ってなあに?!確かにスタートダッシュを決めたし、リタイヤは自らのミスではないにしても、ポイントを持ち帰らなかった人なんですが、、。もしかしたら「メルセデスのソチを後押しした立役者」だから?!信憑性の無い統計ですね。

IMG_8239
《第16戦ロシアGPのポイント》
・ロシアはやっぱりメルセデスのモノ
・「息子2人」にいい教育指導できない「親」
・ベッテル、停めるのソコじゃないでしょう
・レッドブルは新スペックなんぞ関係無く抜く

ソチ、まだやる?!(笑)途中でタイヤテストを挟みますが、終えたらみんな早く日本においでおいで!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村