IMG_6982
前戦ベルギーGPで自身のF1初優勝でチーム今シーズン優勝に貢献したルクレール。チームの地元モンツァではルクレールへの応援が目立ちました。フリー走行も幸先よく入ったし、時代はボクかな。
IMG_6932

今回ホンダエンジン勢はベルギーGPで新スペック導入を見送ったフェルスタッペンとガスリーが交換したため、降格ペナルティを受けることとなります。miyabikun先日の予選順位予想でそれを考慮しない予想を立ててしまいました。ライバルとの位置関係やマシン、サーキット特性から順位を予想するのならまだしも「◯位で止めてしまうでしょう」という予想は立てられませんよね。大外しの予感がします。という予め逃げ口上を(笑)降格に甘んじず、ガチで取り組んでもらえないかなぁ。

FullSizeRender
モンツァの予選といえば「助け合い精神」がモノをいいます。Q1からトロ・ロッソは降格ガスリーを前にクビアトを引っ張るフォーメーションを採ります。
FullSizeRender
本当はアルボンを引っ張ってあげたい降格フェルスタッペンはマシンに乗ったままなかなか出発しません。まさか、走らないなんて言い出さないよね?!
FullSizeRender
フェラーリは少数派のミディアムタイヤを履いて、ベッテルがルクレールを引っ張りトップタイムへ導きます。続いてルクレールがベッテルを引っ張る番に。
IMG_6945
なかなかいいペースで最終パラボリカに入ったところで赤旗が。
IMG_6946
グランデでレーシングポイントのペレスがSTOPPED。予選も残り4分半で赤旗STOPPED。
IMG_6947
まーだ出ないの?いくら何でも「出ない」はナシじゃない?!残り3分でようやく出たと思ったら
IMG_6950
No power 78km/h
IMG_6951
結局No time。大きな問題ではないとのことですが、本当かなぁ、何だかアヤシイ。。Q1の結果はこちら。ヒュルケンベルグはスリップストリームをガッツリ使って2番手に来ています。さすが予選屋!15番手通過のクビアトまでがトップのルクレールから0.6秒以内ですから、かなり接近戦ですね。
IMG_6952

IMG_6956
Q2もルクレールがトップタイムでハミルトンが僅差でベッテルを上回り2番手タイムとなっています。最後のアタックで先陣を切ったのは、助け合えないアルボンでした。仕方ないよね、相方がいないもん。
FullSizeRender
1分20秒195。「クリーンエア」だとこのあたりのタイムになるのかな。トロ・ロッソ2台はここまで。ガスリーはクビアトの役に立ていなかったように思える。今年は昨年よりもチーム間のスリップストリーム大作戦が上手くいってないのが印象的でした。間合いを見計らって出発しても、コース上でぐちゃぐちゃ入れ替わったりしていましたよね。ご覧になった方ならご存知だと思います、それがこの後のQ3で珍事を呼ぶこととなりました。
IMG_6959

IMG_6962
Q3はメルセデス2台を先頭に、フェラーリ2台が続いて出発。ところが
IMG_6963
合流手前でメルセデス2台が停車。フェラーリが結局追い抜いていく形に。前に出てしまうと、ライバルからのスリップストリームは得られないことになります。このあたりからズルさというかこの予選を象徴する寸劇が始まります。
IMG_6964
第1シケインを過ぎると各車ワイドに広がり、ダチョウ倶楽部ばりの「どうぞどうぞ」状態に。
IMG_6966
ひとまずベッテルが車群を抜け出し、ルクレールから離れていく。ルノーはオイシい。
IMG_6967
IMG_6968
残り6分半でルクレールとハミルトンの間となかなかオイシい位置を走行するライコネンがパラボリカでバランスを崩して、珍しくクラッシュしています。また赤旗中断。
IMG_6971
赤旗が出た瞬間にタイム計測できたのは10人中7人でした。アルボンとストロールにとってはいい迷惑ですね。
IMG_6972
残り2分半。再開しても、誰も出る様子がない。出たらきっと乗じて後ろに続くはず。
IMG_6974
残り2分でワッと出始める。モンツァは1周が1分20秒かかるから、この時点で結構際どい。
IMG_6975
すごい、予選のタイムアタックというより、スタート直後みたいな収束具合だ。誰が前に出るのか、トランプの「ババ抜き」のよう。
IMG_6976
パラボリカ手前で残り14秒ですよ?!ちょっと、間に合うの?ポールポジションを決める最後のランなんだけど?
IMG_6977
はい終わりー。
IMG_6978
止めだ、止め止めー!揃いも揃って間に合っていないじゃないか。なんじゃこりゃ。

IMG_6981
《予選結果》
   1 ルクレール(フェラーリ・F) 1分19秒307
   2 ハミルトン(メルセデス・M)1分19秒346
   3 ボッタス    (メルセデス・M)1分19秒354

《予想との答え合わせ》
念のため確認しておきましょう。ポールのルクレール、他は17番手で止まったペレス。ウィリアムズすら外してしまった。一応2人正解だけどペレスはトラブルだから、実質ポールポジションしか当たっていないようなもの。グリッド降格ペナルティによるマジ走行なし云々の前に、あんな予選されてたら当てられっこない。まがいなりにも色々考えて予想しているこっちが恥ずかしいわ!(笑)

《Q3トップのルクレールとの差》 
    メルセデス(ハミルトン)が0.04秒落ち
    フェラーリ(ベッテル)は0.2秒落ち
    ルノー(リカルド)が0.5秒落ち※
    レッドブル(アルボン)は0.7秒落ち
    マクラーレン(サインツ)が0.9秒落ち※
    レーシングポイント(ストロール)は1.2秒落ち
    アルファロメオ(ライコネン)も1.2秒落ち
    ハース(マグヌッセン)が1.3秒落ち
    トロ・ロッソ(クビアト)も1.3秒落ち
    ウィリアムズ(ラッセル)は2.5秒落ち

Q3の本気走りが見られていないので正確さに欠けますが、タイム差の小さい中で争いとなりました。

《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》
    ストロール(レーシングポイント)

誰にあげようかな。今回は誰にあげたらいいかわかりません。誰にもあげたくない気分。強いていうならば、ベルギーGPに引き続いて牽引しているルクレールという見方が妥当な気もするけど、あのQ3を観ていたらあげる気になれない。ということで珍しくQ2を突破してシングルグリッドを獲得したストロールにしようと決めました。次にいつあげられるかわからんし(笑)

IMG_6943
《決勝の表彰台予想!》
   1 ルクレール(フェラーリ・F)
   2 ハミルトン(メルセデス・M)
   3 ベッテル    (フェラーリ・F)

決勝は当然ガチで走るわけですが、落ち着いた笑顔と自信に満ち溢れた表情を信じて、ルクレール2連勝してもらいたいです。本当はベッテルに勝ってもらいたい。

長年F1を観戦していますが、あんなにクオリティの低いクオリファイを観たのも久し振りです。マシン特性上またサーキット特性上、ああいった戦略になるのも理解できるけど、一応スポーツだし、ドライバーはお金を得るプロ、観客はお金を払って世界最高峰のモータースポーツを観戦しに来ているのです。タイム差は小さく伝統と高速のモンツァですから、なおさら変な駆け引き無しで純粋な速さを競う姿が見たかったです。
FullSizeRender
「おいお前ら、ちゃんと走れよこの野郎!」
うわ怖っ、いよいよハースの裏ボス登場か?!
IMG_6960
KM「いや、、ウチの親父っす。すいやせん」

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村