F1後半戦ですよー!恒例のベルギーからスタートです。ゲームでスパ・フランコルシャンを先に走ってしまいましょう。

《サーキットの基本情報》
    スパ・フランコルシャンサーキット
        全長           :7.004km×44周=計308.176km
        コーナー数:20箇所
        高低差       :102.2m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
ファンなら周知の最長、最高低差でかつ各方面から絶大な人気を得るサーキットです。観ても迫力充分だし、ゲームで走ってもなかなかな爽快でスリル満点!
IMG_6187
短いスタートダッシュを終えると、カレンダーでも少数派の鋭角ブラインドターン「ラ・ソース」が迫ります。せっかくスタートで加速したのに、一気に減速させられるし、ライン採りは慎重にいかないとこの先が台無しになります。
IMG_6188
ダメですよ、外側にはらんだりしたら。「マンセルの縁石」も一応ゲームで再現されています。そして行く手に見えてきましたね、F1を代表する名物の「壁」が。
IMG_6189
上り坂を「オー・ルージュ」と呼ばれる方も多いかと思いますが、オー・ルージュは一番低い「谷」をなす緩やかな左コーナーのこと。画像でいうこのあたり。
IMG_6191
IMG_6190
右曲がりに駆け上がり、ブラインドの左「ラディオン」ここまで相当パンチの効いた1セット。ほぼベタ踏みで、それも一瞬で駆け上がってしまうんだから、F1マシン、F1ドライバーはやっぱりすごい。
カメラ割りではたまに見られますが、この区間をマシンに乗ったまま振り返ってみました。
IMG_6192
逆走だから怒られてしまったけど、見晴らし最高です。逆走はさすがにスロットルを戻すでしょうね。それとも、あの方達なら踏んでいっちゃうんでしょうか。無重力体験ができそう。

IMG_6193
進行方向を戻して、坂の先に待ち構えている「ケメル」も有名なパッシングポイントです。2000年のハッキネンが神がかりなパッシングをみせてくれましたよね。DRSを開放してこちらもベタ踏み。散々上ってからのロングストレートではぁはぁ息切れしてしまいそう。でもご安心を。上りがあれば当然下りもある「レ・コーム」の先からようやく下り坂です。
IMG_6195
下り坂は下り坂でも、かなり高速な下り坂です。ブレーキ操作の要る「マルメディ」「リバージュ」そして左2つの複合コーナー「プーオン」
IMG_6196
IMG_6197
次はまた左
IMG_6198

IMG_6199
左。
IMG_6200
まるでラジオ体操みたい。全く休む暇なんてありゃしない。
IMG_6201
右コーナー「スタブロー」ここも高速です。
IMG_6202
ほぼ直線「ブランシモン」こちらは超高速。

IMG_6203
ようやく最終パートのシケインがやってきました。一昔前までは本当にバス停のような線形の「バスストップ」と呼ばれる区間がありました。懐かしいですね。1周お疲れ様でした。
IMG_6204
F1界のドSサーキットですね。7キロの山岳サーキットを2分弱で走り切る。ゲームでは心配要りませんが、実際のレースではこれに時折「雨」というスパイスが加わります。難関と言われ、人気がある理由がよくわかります。miyabikunもこのサーキットは大好きです。

《2018年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分58秒179
    (Q2)ベッテル    (フェラーリ)
               1分41秒501

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
               1分42秒553(一周7.004km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
               1分41秒089

昨年はQ3で雨が降り出してしまったため、ポールポジションを獲得したハミルトンのタイムは参考になりません。参考までにQ2最速のベッテルのタイムも併記しました。一応これが現行スパの最速タイムです。miyabikunはそのベッテルから0.4秒ほど早いタイムを持っています。今シーズンはどうでしょうか、もう少しいいタイムを残しておかないと、ポールポジションは危うそう。頑張ります!
IMG_6205

IMG_6206
IMG_6207
さっきはよそ見しながら1速で駆け上がったけど、今回はマジです。7速全開!
IMG_6208
8速!踏め!

IMG_6209
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分39秒483   S1:30秒51 S2:39秒30 S3:29秒03

おーいったぞ、1.6秒削りました。最速ベッテル比は2秒ほど。これならば2019年規格ともやり合えそう。今のうちだけ「スパマイスター」でいたい。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村