毎年恒例となってきた夏休み前最後のハンガリーです。休みの前、土日休みの方なら金曜が一番嬉しいですよね。金曜夜は休みじゃないのに休みみたいに次の日を考えなくていいわけだし「花金」とは上手い例えをしたものです。F1関係者にとっても、夏休みを前にテンションが上がるGPなのでしょうか。テンションは上がっても、ウカれるな!ですね。

《サーキットの基本情報》
    ハンガロリンク
        全長           :4.381km×70周=計306.670km
        コーナー数:14箇所
        高低差       :34.7m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
一見「自動車」を連想できないハンガリーでも実に古くからGPが行われていますね。鈴鹿での日本GPの1年前となる1986年から一度も欠く事なく同じハンガロリンクで続いています。出身ドライバーも知る限りは2004年にミナルディをドライブしたZ・バウムガートナーただ1人。戦績は、、ソラでは思い出せません(笑)

レイアウトはいくつかの小変更を繰り返していますが、骨子は変わりません。短い周回の中にクセの無い綺麗なRを描く大小コーナーと程よい高低差を含んでいます。実は今まではmiyabikunこのサーキットがあまり面白く感じていませんでした。ただ歳を重ねるにつれて、そしてゲームを通じて「走っているとなかなか難しく奥が深い」ことに気付きました。あまり詳しくは説けませんが、コーナー自体は中腹部などでRが変化する箇所も少なく、実に綺麗な円弧をなしています。それが右へ行くか左へ行くか。Rが大きいか小さいかがクネクネ短い中に込められています。
IMG_4944
ターン1はこのサーキット最長のストレートをDRS開放で加速して進入するわけですから、速度も高く深めのブレーキングを要します。重要なのはブレーキングもさることながら「コーナーでの走行ラインと通過速度」がモノをいいます。
IMG_4945
どうエイペックスをナメるか、そして
IMG_4946
どのような体勢で出口に到達して加速に繋げるかでラップタイムに大きな影響を与えます。

miyabikunはこのゲームに限らず、レーシングゲームのコーナーについて外側、内側の縁石を使って「トラック幅いっぱい」で走るクセがあります。場所にもよるし、実際にドライブした事はないけど、縁石でブレーキによらない絶妙な減速や荷重移動を制御できた方がmiyabikunは走りやすい。ハンガロリンクの走り方は人それぞれ個性が表れるように思います。
IMG_4947
こちらはターン4,5ですね。進入する手前、
IMG_4948
ターン5のコーナリング時、
IMG_4949
出口はこんな感じ。スローイン・ファストアウトが好み。
IMG_4955
IMG_4956
ハンガロリンクは右回り(時計回り)です。そうなると当然ながら右コーナーが多くなるわけですが、ココは右にも左にもバランスよく大小コーナーが続くため、不思議と「右ばかり」の感覚には陥らない気がします。8の字を描く鈴鹿も同様ですね。
IMG_4958
IMG_4959
クネクネしている割に、DRS区間は2箇所あります。ただし、いずれも作動可能距離は短い。
IMG_4961

《2018年のポールポジション》
    2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分35秒658

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ベッテル(フェラーリ)
               1分16秒276(一周4.381km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
               1分12秒901

昨年は雨の影響により予選が進むにつれてタイムが落ちるという逆転現象が起きました。よって最速は2017年のベッテルが築いた1分16秒276となります。
一方でココでのmiyabikunは1分12秒901という「F0規格」のタイムを持っています。あり得ないでしょう(笑)これならば今年のポールタイムにも負けないでしょう。何で苦手だ面白みが無いだ言っているクセにこんなタイムなのか。実はこのゲームを始めた当初、ココと鈴鹿を使って練習しまくったためです。他のサーキットに比べて、各コーナーの舵角や走行ラインをある程度習得しました。もちろんショートカットやインチキはしていません(笑)
ちなみに1/21記事「1ヶ月やってみて」では1分06秒442という「Fマイナス1規格」クラスの最速を持っていました。さすがに非現実過ぎる。3月くらいのアプリアップデートの際、抹消されてしまいました。速く走れるのは嬉しいけど、あまりにも現実離れしてしまうのはゲームとはいえ、、望みません。

IMG_4966
それでは今回も始めましょう!
IMG_4968

IMG_4969
《miyabikun今回の走行タイム》
  2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
  1分10秒526   S1:25秒68 S2:24秒67 S3:19秒55

なかなかいいタイムが出たな。これならば2021年問題にも勝てそうだ!さあハミルトン、かかってこい!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村