しばらくフランスGPという言葉を使わないできましたから、ヨーロッパラウンドのどこに差し込まれたのかとっさに思い出せないです(笑)
一度カナダを挟んでからの、正真正銘ヨーロッパラウンド初戦でしたね。カナダGPの前に行われたモナコGPからわずか180km程度しか離れていないという、かなりのご近所さんです。
IMG_2782
《フランスGPの基本情報》
   ポール・リカールサーキット
      全長:5.861km×53周=計310.633km
      コーナー数:15箇所
      高低差       :30.4m
      DRS区間数:2箇所
      母国GP      :グロージャン、ガスリー
                            ルノー

《フランスGPの個人的印象》
   ・ライフル、シマシマのチカチカ
   ・ランオフエリアのほとんどが舗装面
   ・どこかのサーキットのどこかに似ているような
   ・風向きに注意!

ホームストレートから突如消えるピットインレーン、今回改良されたんでしたっけ。図は横着して昨年のままを使ってしまっています。後日直したいと思います(翌6/23に差し替え済)
母国GPを迎える方は昨年から1人減って2人+1チームになりましたね。そのドライバーが早々と消えた苦いフランスGP復活初戦でした。今シーズンはどうなることでしょうか。
コースレイアウトからもわかるように、長いストレートがあるためパワーありき。でもこのサーキット、ストレート以外では抜き難いですね。中速コーナーでアウトからいくわけもいかないし、即座に訪れるコーナーの切り返しも怖い。カナダとはちょっと違う。やるとしたら、ミストラルストレートの一本目で真後ろにつけて、シケイン進入を使うのが王道ですね。

《過去のポールポジションタイム(参考)》
   2018年 ハミルトン      (メルセデス)
               1分30秒029(一周5.861km)
   1990年 マンセル          (フェラーリ)
               1分04秒402(一周3.813km)
   1985年 K・ロズベルグ(ウィリアムズ)   
               1分32秒462(一周5.810km)
   1983年 プロスト          (ルノー)   
               1分36秒672(一周5.810km)
   1982年 アルヌー         (ルノー)   
               1分34秒604(一周5.810km)
   ※ポール・リカールのみの記録

《ポールポジションレコードタイム》
   2018年 ハミルトン      (メルセデス)
               1分30秒029(一周5.861km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
   1回 ライコネン(2008)
         ハミルトン(2018★)
   ※2008年はマニ・クールでのフランスGP

復活2年目なので現在に通じるサンプル数は一つしかないし、過去は全く参考になりませんが、昨年同様に基礎知識として参考に載せました。今のところ最速はハミルトンが持っています。

《過去のフランスGP優勝者》
   2018年 ハミルトン           (メルセデス)
   2008年 マッサ                  (フェラーリ)
   2007年 ライコネン           (フェラーリ)
   2006年 M・シューマッハ(フェラーリ)
   2005年 アロンソ              (ルノー)
   ※2008年まではマニ・クールでのフランスGP

《現役歴代優勝者 回数》
   1回 ライコネン(2007★)
         ハミルトン(2018★)
   ※2007年はマニ・クールでのフランスGP

《過去のフランスGPファステストラップ獲得者》
   2018年 ボッタス               (メルセデス)
   2008年 ライコネン           (フェラーリ)
   2007年 マッサ                  (フェラーリ)
   2006年 M・シューマッハ(フェラーリ)
   2005年 ライコネン           (マクラーレン)
   ※2008年まではマニ・クールでのフランスGP

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
   2回 ライコネン(2005,08)
         ボッタス    (2018)
   ※2005,08年はマニ・クールでのフランスGP

こちらはフランスGPくくりで記載したため、2008年までのマニ・クール時代も絡めました。辛うじて現役ドライバー3人(ライコネン、ハミルトン、ベッテル)は先代フランスGPも経験しています。先代時代はライコネンがブイブイの頃です。懐かしいとともに、まだF1をドライブしていることもすごいですね。

《使用されるタイヤコンパウンド》
   赤:コンパウンド4(C4)
   黄:コンパウンド3(C3)
   白:コンパウンド2(C2)

パワーサーキットだから、パワー順で来てもらえると面白いんだけど、不気味なのはセクター3の「ライフルの柄」の部分。こんなのが大得意そうな人達、居たっけなぁ。

《フランスGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.ストロール          (レーシングポイント)
 17.ペレス                  (レーシングポイント)
 16.アルボン              (トロ・ロッソ)
〜Q2〜
 15.クビアト              (トロ・ロッソ)
 14.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 13.ヒュルケンベルグ(ルノー)
 12.ライコネン           (アルファロメオ)
 11.リカルド               (ルノー)
〜Q3〜
 10.グロージャン       (ハース)
   9.サインツ              (マクラーレン)
   8.ノリス                  (マクラーレン)
   7.マグヌッセン       (ハース)
   6.ガスリー              (レッドブル)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ベッテル              (フェラーリ)
   3.ルクレール          (フェラーリ)
   2.ハミルトン          (メルセデス)
P.P.ボッタス              (メルセデス)

モナコに近いということは、ルクレールにとってもほぼ母国。最近はちょっとなりを潜めてしまっているので、自慢のパワーで何とかねじ伏せてくれることに期待したいのですが、、そんなのをペイできるマシンがあるのも現実です。今シーズンは「どこまでいけるんだ?!」視点で観るようにしようか葛藤しています。クソゥこんな時期にこんな心境にさせられるとは。
日本のF1ファンを多く敵に回してしまいそうですが、今回は、ちょっと期待し辛い。。しばらく辛めなGPが続きますし。miyabikunを恨まないで下さいね(笑)逆にライコネンファンの方、ココは少し期待できるのではないでしょうか。中団勢はアルファロメオとマクラーレンがよさそう。頑張れノリス!でもマクラーレン推しも、よく思わないカナ(笑)まあまあまあ、ひとまず様子をみてみましょう!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村