カナダがせめてベーリング海付近にある国だとにアジアの主力経済国にも近いんですがーって、それじゃあカナダでなくなるじゃん!ってことですよね。世界各地をグルリと転戦し、最速を決めるのがF1、日本中心には行われるわけがない!
IMG_0108

《カナダGPの基本情報》
   ジル・ヴィルヌーブサーキット
      全長:4.361km×70周=計305.270km
      コーナー数:14箇所
      高低差       :5.3m
      DRS区間数:3箇所
      母国GP      :ストロール

《カナダGPの個人的印象》
   ・スタート直後1、2コーナーは誰かがはみ出す
   ・燃費やブレーキに厳しいストップ&ゴー
   ・ウォールが近く、ラインの正確さが要る
   ・日本からの観戦も厳しく、忍耐と覚悟が要る

毎年期待してしまいます。大どんでん返しのあり得るカナダGPです。壁ドンはもちろんのこと、セーフティカー発動も多いし、過去にはピット絡みのアクシデント(インシデント)もありました。前回のモナコ同様にエスケープゾーンが少ないことも特徴ですが、DRSは3箇所となってパワー重視の車が優位に立ちます。ここにきていよいよエンジンのアップデートを導入するメルセデスは最高速のフェラーリ勢に待ったをかけてくるはずです。

《過去5年のポールポジション》
   2018年 ベッテル   (フェラーリ)
               1分10秒764
   2017年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分11秒459
   2016年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分12秒812
   2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分14秒393
   2014年 ロズベルグ(メルセデス)   
               1分14秒874

《ポールポジションレコードタイム》
   2018年 ベッテル   (フェラーリ)
               1分10秒764

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
   6回 ハミルトン(2007,08,10,12,15★,16,17★)
   4回 ベッテル    (2011★,12★,13★,18)

ポール獲得者はココも現役二強に絞られます。初ポールを獲るには、二強に打ち勝つ必要があります。

《過去5年の優勝者》
   2018年 ベッテル    (フェラーリ)
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
   2016年 ハミルトン(メルセデス)
   2015年 ハミルトン(メルセデス)
   2014年 リカルド    (レッドブル)

《現役歴代優勝者 回数》
   6回 ハミルトン(2007,10,12,15★,16,17★)
   2回 ベッテル    (2013★,18)
   1回 ライコネン(2005)
         クビカ        (2008)
         リカルド    (2014)

優勝経験者は二強にライコネン、クビカ、リカルドが加わります。カナダでは毎回「何かをしでかす」クビカですから、現状のマシンでできることは何でしょう?!最後尾脱出?!ファステストラップ?!またまた大クラッシュだけは避けてもらいたい。

《過去5年のファステストラップ獲得者》
   2018年 フェルスタッペン(レッドブル)
   2017年 ハミルトン           (メルセデス)
   2016年 ロズベルグ           (メルセデス)
   2015年 ライコネン           (フェラーリ)
   2014年 マッサ                  (ウィリアムズ)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
   4回 ライコネン          (2005,06,08,15)
   1回 クビカ                 (2010)
         ベッテル              (2012★)
         ハミルトン           (2017★)
         フェルスタッペン(2018)

ファステストラップは「ミスターファステスト」のライコネンが最多の4回。他は優勝のリカルドに代わってフェルスタッペンがノミネートされています。今シーズンからは「狙いにいく」ことができるようになりましたから、こちらにはまだいなくても中団付近までを走行するドライバーに獲得の可能性がありますね!

《使用されるタイヤコンパウンド》
   赤:コンパウンド5(C5)
   黄:コンパウンド4(C4)
   白:コンパウンド3(C3)

カナダも最も柔らかい3種が選ばれています。カナダはタイヤもキツいです。決勝はタイヤの使い方でストーリーが変わるかもしれません。何か流れが変わるといいなぁ。

《カナダGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                 (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.アルボン              (トロ・ロッソ)
 17.クビアト              (トロ・ロッソ)
 16.ストロール           (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.ペレス                  (レーシングポイント)
 14.ノリス                  (マクラーレン)
 13.サインツ              (マクラーレン)
 12.ジョビナッツィ    (アルファロメオ)
 11.ライコネン           (アルファロメオ)
〜Q3〜
 10.リカルド               (ルノー)
   9.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   8.グロージャン        (ハース)
   7.マグヌッセン        (ハース)
   6.ガスリー               (レッドブル)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ボッタス              (メルセデス)
   3.ハミルトン           (メルセデス)
   2.ルクレール           (フェラーリ)
P.P.ベッテル               (フェラーリ)

そろそろ本当に、直線最速のフェラーリに一矢報いてほしいのですが、この期に及んでメルセデスのエンジンのアップデートが行く手を阻んできそうな予感。今のところはフェラーリ有利のまま予想を組みました。今回はフェラーリエンジン勢、またメルセデスエンジン勢(ただし1チームは除く)を比較的上位に、チーム毎に並べてみました。フリー走行だけでいえば、メルセデスエンジンを積むレーシングポイントも良さげですね!何といってもカナダはちゃまの母国。縁石の扱いにもシビアなサーキットではありますが、さすがに3年目、少しはコツを掴んでくれるでしょう。逆にトロ・ロッソファンの方、ごめんなさい。ココでは少し後ろ目の設定です。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村