とうとう来た、このゲームで一番苦手なGPが。始めた頃よりかは少しはマシになったはずです(1月中旬の時点では1分17秒081もかかっていた)が、未だに「コツ掴んだー!」という手応えもなく今に至ります。得意不得意はあっていいじゃないか、にんげんだもの。

《サーキットの基本情報》
    モンテカルロ市街地サーキット
        全長           :3.340km×78周=計260.520km
        コーナー数:19箇所
        高低差       :41.8m
        DRS区間数:1箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
IMG_0841
他のサーキットに比べ、空の描写よりガードレールや建造物が多いこともあって「ゲーム感」は強めに感じます。全体的に暗く、グレーグレーしています。でもモナコらしさは伝わってきますね。
IMG_0842
まず要注意はこのターン1「サン・デボーテ」です。スタート直後の渋滞発生源であり、レースウィークで誰かが必ずと言っていいほどぶつけます。ちょっと奇妙にキンクしているんですよね。ピットアウトレーンのライバルが目に入ると、さらに焦ります。
IMG_0844
一昔前なんかは「ボー・リバージュ」の登りでエンジンが息絶えるマシンも多くいましたね。また、登り切ってからの左コーナー「マスネ」は右ガードレールにヒットする車が多くいます。ゲームもそれは同じ。
IMG_0847
「カジノ」を越えた下り直線にはお馴染みの「ぽっこり」もちゃんと表現されています。ゲームでココを直線的に抜けるとどの程度のロスかは検証していないのですが、実際のマシンをドライブする際は右側に避けて下さい。そして例のココ
IMG_0849
IMG_0850
普段走る分には楽しいんだけど、F1マシンで「フェアモント(ロウズ)ヘヤピン」走るのは苦手。ブレーキを強くかけ過ぎて停止しちゃっていたりして。
IMG_0853
IMG_0854
パッシングポイントでもある「ヌーベルシケイン」は観ている分には好き。ただ走るとなれば話は別。フェルスタッペンばりのショートカット上等(笑)
IMG_0856
あとこれも苦手です。お尻フリフリ「ラスカス」MobileRacing以外のレースゲームで何回も走ってきたはずなんですが、このゲームだとラスカスが綺麗に走れた試しがない。こんなタイトなラインでしたっけ?ヘヤピンより難しい気がします。
IMG_0857
最後の最後「アントニー・ノウズ」もギリギリ。右のピレリにぶつけるか、左のピレリにぶつけるかは、体調による(笑)
以上、苦手苦手の言い訳と文句ばかり(笑)

《2018年のポールポジション》
    2018年 リカルド(レッドブル)
                1分10秒810

《ポールポジションレコードタイム》
    2018年 リカルド(レッドブル)
                1分10秒810(一周3.340km)

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
                1分11秒738

このタイムアタック前までの精一杯がこのタイムです。これは2017年までであればポールタイムより速いのですが、2018年では怒リカルドから0.9秒も遅れた6番手となってしまいます。たった1年で飛躍的なタイム更新ですね。
やる前から全く自信なし。。でもやってみる!
IMG_0872
IMG_0873

IMG_0874
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分11秒376   S1:20秒19 S2:31秒77 S3:19秒40

うー悔しい。あそこがキマれば、そこでしくじる。あそこでしくじってもそこはキマる、といった定まらないラップを繰り返して、首や肩がカチコチになりそうだった。miyabikunにモナコマイスターは程遠い。苦手苦手言う前に、モナコGP自体が好きになるところから始めなければならないですね。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村