この前シーズン前合同テストを終えたと思ったのに、もう第5戦目のスペインGP本戦を迎えました。歳を取ると一年が早い。このヨーロッパラウンドから続々とアップデートが始まります。過去4戦の結果、戦いっぷり、勢力図から「マシンの弱み」を潰していきたいですね。
image
《スペインGPの基本情報》
   カタロニアサーキット
      全長           :4.655km×66周=計307.104km
      コーナー数:16箇所
      高低差       :29.6m
      DRS区間数:2箇所
      母国GP      :サインツ

《スペインGPの個人的印象》
   ・空力特性がモノをいい、風も気になる
   ・パワーだけじゃなくコーナー処理も重要
   ・一昔前は「優勝=その年のチャンピオン」
   ・合同テストからの進化に期待したい

《過去5年のポールポジション》
   2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分16秒173
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
               1分19秒149
   2016年 ハミルトン(メルセデス)
               1分22秒000
   2015年 ロズベルグ(メルセデス)
               1分24秒681
   2014年 ハミルトン(メルセデス)
               1分25秒232

《ポールポジションレコードタイム》
   2018年 ハミルトン(メルセデス)
               1分16秒173(一周4.655km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
(★はその年のチャンピオン)
   4回 ハミルトン(2014★,16,17★,18★)  
   2回 ライコネン(2005,08)

《予選タイム予想?!》(合同テストまとめより)
先日の合同テストのまとめを行った時に第5戦スペインGPでどんなタイムになるのかという予想を立ててみました(以下、転記)今年は昨年使用したスーパーソフトはありませんので、今回のテストでのC3最速レッドブルをベンチマークとしています。

   2018テスト     レッドブル SS:1分18秒327  
   2018予選        レッドブル SS:1分16秒816(5位)
                                                          差1秒511

昨年のレッドブルのスーパーソフト最速と予選タイムの差は1.511秒でした。今回のテストで叩き出したC3最速タイム1分17秒709から、難しいことを考えず単純に1.511秒を差っ引くと

   2019テスト     レッドブル C3:1分17秒709
                                                          差1秒511なら
→2019予選予想 レッドブル C3:1分16秒198

と算出されます。失礼ですが昨年同様にそのタイムが5番手のポールから0.643秒遅れと仮定すると、

   2019予選予想  レッドブル C3:1分16秒198
                                                          差0秒643なら
→2019予選予想  ポールタイム  :1分15秒555?!

いかがでしょう?!もしこうなればポールレコードを軽々と上回り、先日miyabikunがMobileRacingで記録した1分15秒628も破られてしまうのも悲しいけど、マシンの進歩にも期待したいですね。

《過去5年の優勝者》
   2018年 ハミルトン           (メルセデス)
   2017年 ハミルトン           (メルセデス)
   2016年 フェルスタッペン(レッドブル)
   2015年 ロズベルグ           (メルセデス)
   2014年 ハミルトン           (メルセデス)

《現役歴代優勝者 回数》
   3回 ハミルトン          (2014★,17★,18★)
   2回 ライコネン          (2005,08)
   1回 ベッテル              (2011★)
         フェルスタッペン(2016)

《過去5年のファステストラップ獲得者》
   2018年 リカルド   (レッドブル)
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
   2016年 クビアト   (トロ・ロッソ)
   2015年 ハミルトン(メルセデス)
   2014年 ベッテル    (レッドブル)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
   4回 ハミルトン  (2010,11,15★,17★)
   1回 ライコネン   (2008)
         グロージャン(2012)
         ベッテル       (2014)
         クビアト       (2016)
         リカルド       (2018)

ファステストラップはいつも見かけない面々がいますね。2012年のグロージャンは黒いロータス時代。この頃は復帰のライコネンと共にコンスタントな表彰台登壇があったりして「お、この若手、レギュラーシートを得てイケるかも!」なんて期待できる頃でした。今ももちろん現役だし、瞬発的に速さはあるものの「ネタ」もちょこちょこ繰り出すクセは変わらず。さらには今シーズンも現状ノーポイントです。
2016年のクビアトは「トロ・ロッソ第2期」ですね。このレースは忘れもしない「第2期降格初戦」の悔しき10位入賞レースでした。相対してこのレースに勝ったのは、まだ記憶に新しい「まさかの昇格初戦初優勝」を遂げたフェルスタッペンでした。だいぶ落ち着いてきましたが、今シーズンは様子見期間。ヨーロッパラウンドからそろそろピーピーし出すかもしれない?!

《使用されるタイヤコンパウンド》
   赤:ソフト  (C3)
   黄:ミディアム(C2)
   白:ハード  (C1)

合同テストでバシバシ速いラップを出していた諸君、本戦タイヤは硬めのラインナップですよ!ヨーロッパラウンド初戦にうまくアップデートできたチーム、ドライバーは誰になるでしょうか。順位予想に入ります。

《スペインGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                  (ウィリアムズ)
 19.ラッセル              (ウィリアムズ)
 18.ジョビナッツィ    (アルファロメオ)
 17.ペレス                  (レーシングポイント)
 16.ストロール           (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.リカルド              (ルノー)
 14.ヒュルケンベルグ(ルノー)
 13.ライコネン           (アルファロメオ)
 12.ノリス                  (マクラーレン)
 11.サインツ               (マクラーレン)
〜Q3〜
 10.アルボン              (トロ・ロッソ)
   9.クビアト              (トロ・ロッソ)
   8.マグヌッセン       (ハース)
   7.グロージャン       (ハース)
   6.ガスリー              (レッドブル)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ルクレール          (フェラーリ)
   3.ベッテル              (フェラーリ)
   2.ハミルトン          (メルセデス)
P.P.ボッタス              (メルセデス)

ボッタスが今回もキレキレですね。今年のボッタスは二味違う!そのままの勢いを維持してくれることに期待しましょう!フェラーリは新しいパワーユニットを投入してきたんでしたっけ。今後は是非食らいついてほしいんだけど、スペイン「も」辛いかなぁ。他の対抗馬は、、フェルスタッペンくらいかな?!フェルスタッペンの持ち味は「予選」じゃないんだよなぁ。
FullSizeRender
お、令和のマンセル!ダレでもイイから、ヤツらをタオして、くれない、カナ?

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村