今週末は高速市街地のバクーですね。いよいよ来たか、miyabikunは未だにココが得意ではありません。

《サーキットの基本情報》
    バクー市街地サーキット
        全長           :6.003km×51周=計306.153km
        コーナー数:20箇所
        高低差       :26.8m
        DRS区間数:2箇所

《ゲーム上のサーキット眺望》
世界遺産や歴史的建造物が建ち並ぶバクーの中心地。F1が走っていなければきっと小鳥のさえずりなども聞こえてくるだろう、のどかなで上品な街なんだと思います。ご存知の通り、ここのサーキットレイアウトはいくつかの特徴的なセクションに分かれています。
序盤は区画された都市の中を駆け抜ける「とにかく真っ直ぐと直角ゾーン」入口でインに寄せ過ぎれば、こう
IMG_9904
出口で膨らめばこうなります。
IMG_9903
実際のF1でもよく見かけますよね。モナコと同様に市街地サーキットで一番の注意点です。壁を擦れば
IMG_9909
サンダー(グラインダー)のような火の粉が飛ぶ。火の粉で済めばまだいいけど、実際のF1ではホイールを割ったり、タイヤのサイドウォールを傷めるようなことがあっては大変ですね。ゲームではそこまでの再現はされませんが、痛々しい音が鳴り、速度とペースがガクンと落ちます。

IMG_9915
IMG_9916
中盤は幅員の狭い「世界遺産ゾーン」ですね。ターン5〜6は狭くて苦手だなぁ。縁石の掛け方は思考錯誤しています。ターン7もキツい。
IMG_9924
問題はココ!ターン8〜12の「F1どふネズミ」区間。あっても面白いんだけど、本当によくココをレイアウトに選んだよなぁ。
IMG_9925
IMG_9926
IMG_9927
IMG_9928
最近はわかりませんが、昔は横Gの強いコーナー通過時、ドライバーは息を止めていると聞きました。miyabikunもこの区間は毎回息を止めて、石橋貴明バリの怒り肩で力んでいる気がします。左ー、ちっちゃく右左、右ー、すぐ左ー、といった感じで、ちゃんと見てステアリングを切るというよりかは、リズムに乗って無心に切っています。だからたまにその波長が合わないと、当てちゃうん。。
IMG_9929
あと意外と難しいのがこのターン15。なかなかスピードに乗ってからの狭小ブラインドな左コーナーですね。今まで出口の右バリアの黄色いピレリに何回も「ご挨拶」させて頂きました。

IMG_9931
終盤は微妙に屈曲はしているものの、ほぼフルスロットル区間。DRSを開いて「いつまで回しちゃうの?!」ってくらい踏み続ける。今回のタイムアタック前までの最高速度は346km/hとなっています。あまりソコばかりを狙い過ぎると、
IMG_9905
ズダーン!と緑のロレックスをゲット(笑)ドッカンブレーキでちゃんと減速して、コーナーを曲がり切れちゃうリカルドって、やっぱりすごいんだなぁ。一芸だ。

《2018年のポールポジション》
    2018年 ベッテル   (フェラーリ)
                1分41秒498

《ポールポジションレコードタイム》
    2017年 ハミルトン(メルセデス)
                 1分40秒593

《miyabikun現時点のゲーム上ファステスト》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
                 1分40秒280

今の持ちタイムは1分40秒280とポールレコードを少し上回ってはいます。最新2018年のポールタイムはベッテルが0.9秒落ちのタイムでした。2019年の予選はタイヤは硬い側になるし、もう少しタイムが落ちちゃうんじゃないかな。このまま苦手なmiyabikunがココのポールを頂いちゃおうかな!
IMG_9982

IMG_9983
何回か擦った。。あまり手応えは、ないなあ。

IMG_9985
《miyabikun今回の走行タイム》
    2019年 miyabikun(えきぞーすとのーと)
    1分40秒620   S1:33秒85 S2:38秒40 S3:26秒81

げげっ、miyabikun自身にも負けて、ハミルトンのポールレコードに負けてとるじゃん。これってフリー走行の金曜日まで調子良くて、土曜午後に辱められるパターンだ。気温が低かったカナ(笑)リアルの2019年マシンは、理論上最高速度が低下して、ベタ踏みセクター3で伸びてこないはず。miyabikunにポールポジション獲らせてー!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村