IMG_9578
F1は先日行われた第3戦中国GPで無事に1,000戦を迎えました。様々なカテゴリーが生まれては消え、名前を変えて続けられている中、F1はオープンホイールレースの最高峰の一つとして、途切れることなく69年目に突入しました。絶好の機会なので、これまでこのメモリアルなタイミングで誰がポールポジションを獲得し、優勝したかをまとめてみました。

《1〜1,000戦の節目レース》
        1戦目 1950年5月13日 第1戦イギリスGP
                  シルバーストン
         P.P.:G・ファリーナ(アルファロメオ)
        優勝:G・ファリーナ(アルファロメオ)
                  〜4,054日〜
    100戦目 1961年6月18日 第6戦ドイツGP
                  ニュルブルクリンク(北コース)
         P.P.:P・ヒル(フェラーリ)
        優勝:S・モス(ロータス)
                  〜3,626日〜
    200戦目 1971年5月23日 第3戦モナコGP
                  モンテカルロ市街地
         P.P.:J・スチュワート(ティレル)
        優勝:J・スチュワート(ティレル)
                  〜2,477日〜
    300戦目 1978年3月4日 第3戦南アフリカGP
                  キャラミ
          P.P.:N・ラウダ(ブラバム)
         優勝:R・ピーターソン(ロータス)
                  〜2,360日〜
    400戦目 1984年8月19日 第12戦オーストリアGP
                  エステルライヒリンク(レッドブルリンク)
         P.P.:N・ピケ(ブラバム)
        優勝:N・ラウダ(マクラーレン)
                  〜2,268日〜
    500戦目 1990年11月4日 第16戦オーストラリアGP
         P.P.:A・セナ(マクラーレン)
        優勝:N・ピケ(ベネトン)
                  〜2,352日〜
    600戦目 1997年4月13日 第3戦アルゼンチンGP
         P.P.:J・ヴィルヌーブ(ウィリアムズ)
        優勝:J・ヴィルヌーブ(ウィリアムズ)
                  〜2,184日〜
    700戦目 2003年4月6日 第3戦ブラジルGP
         P.P.:R・バリチェロ(フェラーリ)
        優勝:G・フィジケラ(ジョーダン)
                  〜2,002日〜
    800戦目 2008年9月28日 第15戦シンガポールGP
         P.P.:F・マッサ(フェラーリ)
        優勝:F・アロンソ(ルノー)
                  〜2,016日〜
    900戦目 2014年4月6日 第3戦バーレーンGP
         P.P.:N・ロズベルグ(メルセデス)
        優勝:L・ハミルトン(メルセデス)
                  〜1,834日〜
 1,000戦目 2019年4月14日 第3戦中国GP
         P.P.:V・ボッタス(メルセデス)
        優勝:L・ハミルトン(メルセデス)

各節目のレースまでに要した日数を計算してみました。1戦目の1950年第1戦イギリスGPから100戦目にあたる1961年第6戦ドイツGPまで4,054日を要したのに対し、最近の100戦、900戦目2014年第3戦バーレーンGPから先日の1,000戦目第3戦中国GPまでは1,834日で到達したことになります。近年は1シーズンあたりのレース数が20レース程度に倍増した関係で、100戦は意外とあっという間にきてしまいます。
ポールポジションや優勝したドライバーをみていくと、概ねその時代を象徴するドライバーが名を刻んでいますね。1戦目のファリーナ、200戦目のスチュワート、600戦目のJ・ヴィルヌーブはポールトゥウィンを決め、メモリアルレースを独り占めしています。ラウダ、ピケ(父)はポールポジションと優勝のどちらも登場していますが、いずれも1回ずつ。しかし最近の900戦と先日の1,000戦でハミルトンが2連続メモリアル優勝しています。ハミルトン時代が長く続いていることを物語る記録ですね。

《1,000戦以降の節目レース予想日》
次の第4戦アゼルバイジャンGPは1,001戦目となります。当然また1からやり直し。でもさっきの定理でいけば次なるキリ番2,000戦までは69年もかからないはず。ということでmiyabikunはおバカな試算をしてみました。1,000戦を終えたばかりで気が早いけど「2,000戦は一体いつ頃か」です。現在のように年間で21戦、1,834日で100戦迎える条件で試算すると、以下のようになります。

    1,100戦目 2024年4月21日 日曜日
    1,200戦目 2029年4月29日 日曜日
    1,300戦目 2034年5月7日   日曜日
    1,400戦目 2039年5月15日 日曜日
    1,500戦目 2044年5月22日 日曜日
    1,600戦目 2049年5月30日 日曜日
    1,700戦目 2054年6月7日   日曜日
    1,800戦目 2059年6月15日 日曜日
    1,900戦目 2064年6月22日 日曜日
    2,000戦目 2069年6月30日 日曜日

2,000戦目は今から50年先、F1制定119周年にあたる2069年。日付はヨーロッパラウンドの真っ只中であろう6月30日と算出されました。そうだなぁ、初夏のオーストリアGPかイギリスGPかな。イギリスGPはまだやっているのかな、念願のオランダGPだったりして。と妄想が膨らみます。miyabikunはその頃89歳、果たして生きていられるのか、そもそもF1自体が継続開催されているのかって話にもなりますね。こりゃmiyabikunが先かF1が先か、生きていられたらF1は観ているだろうけど、今のようにブログでああでもないこうでもないと書く頭と気力は無さそうだ(笑)もしF1が続いていたら、この先の1,000戦はどのように変化し、進んでいくのでしょうか。将来のことを色々と想像や妄想するのも楽しいですね!

これはあくまでF1が継続されていた場合の「目安」ですので、50年後にズレても保証しかねます。ご了承下さい。
IMG_9577

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村